| Admin |
岡田監督の年棒 たけぇ!
2009年12月11日 (金) | 編集 |
スポーツニュースを見たところ 日本16強入り確実と書かれており注目したところ なんと監督の年棒の話でした。

海外の強豪の監督が高いのはよくわかるのですが(最高は11億越えす)岡田監督でさえ1億強でワールドカップ出場国の監督の中で11位タイということのようです。

選手の年棒合計も出してみると面白いかもしれませんが、やっぱり選手の年棒でもそこそこ高いような気がします。
ブラジル人の選手が出稼ぎに出る人が多いのもブラジル国内では年棒が安いこともあるんでしょうねぇ。

それにしても、岡田監督の年棒 高すぎるでしょ?
大きな声では言えませんが 素人がやったってそうそう変わらない采配が振るえるように思いますw。

それに多分ですが、代表監督なんてJリーグの監督と違い一年を通して監督業やってるわけでもないでしょうし 試合の観戦、合宿地の見学など海外出張なども経費でいけてるんではないのでしょうか?
美味しい商売なきがします。

日本の監督なんて海外の強豪などとは以外に試合をしていないし、しても相手はベストメンバーが揃わないわけでアジアカップなどの試合がなければ戦績を理由に解任などされるわけでもないわけです。

おいらなどは代表選手と選考に漏れた選手の力量の差なんて微々たる物だという考え方なので 好調な選手を選んで当たり前の指示をしておけばアジアレベルでは無様な試合はしないだろうと思いますよ。

そう考えると、代表監督は美味しい商売でしょうw。

そんでもって、本来ならもっとマスコミに叩かれるべき目標ベスト4などとぶちあげても持て囃されることはあっても叩かれない美味しい日本という国ですからねぇ。

何度も言いますけど、日本は日韓大会以外で1勝もしていない国です。
そこの所を忘れてはいけないのです。
ドイツ大会と何が違う?監督が変わっただけといってもいいぐらいしかかわってないです。
それでベスト4など どの口が言うんだと思います。

チャンスだけで言えばワールドカップに出る権利を得たチームは全てベスト4を狙えるチームであることに変わりはありません。出れないチームじゃ狙えませんからねw。

おいらは大分の人間なので特に思うのですが、Jリーグの加盟チームのフロントは金策で頭が痛いところを協会は金があっていいですねぇ・・・・。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック