| Admin |
思い出したように内藤VS亀田戦
2009年12月07日 (月) | 編集 |
一応TVで見ました。
もっとも、前半はビフォーアフター見てましたので切れ切れしか見ておりません。

途中から見た感じでは責める内藤、なかなか捕まえみれない・・・っていう感じで見たのですが、なんで鼻の形かわってるんだ?ってところでした。

ビデオのリプレーなどを見ていると亀田の左で血がでてるように思ったのですが・・・。

試合は亀田が判定で勝ってるんですよね。

で、おいらはとりあえず次の日からネットで検索しまくってみたわけです。

すると、3Rに亀田のバッティングでどうやら鼻を折ったように書かれている記事、動画などがでてきました。

有効打は亀田が多い、手数は内藤だ などなど2ちゃんでは喧々諤々です。

その一方で、ボクシング関係者の記事をさがすのですが ないのですよ・・・。

スポーツ誌などのHPでは亀田が勝ったことや その後の亀田の記事はでているのですが、内藤の記事は奥さんが再戦を望んでいるみたいな記事ぐらいしか見当たりません。

TBSが判定は結果だけ読み上げるように要請したなど不可解な記事はありましたが、判定の結果は読み上げられ3者の支持を得て亀田が新王者になっております。

個人的には見ている分だけを判断すれば亀田の勝ちでも仕方がないかなとは思いますが、3Rにバッティングで鼻を折ったとすれば 当然 内藤のその後は厳しいものになる(鼻呼吸ができないってのは思ってるよりきつそうっす)のもわかるし、記事などでは序盤のポイントも不可解とする言葉が多く出ているので、本来なら再戦希望ってところなんですけど 次が決まっているような感じですねぇ・・。

個人的にはいまがどうかは知らないが 大昔からボクシングはチャンピオンに薬を飲ませたとか黒い話がたくさんあります。
そして、前回の内藤VS亀田戦(弟)などでのTBSの係わり方など 後味が悪い印象もあります。
兄の言葉で肘を入れろ!など動画で残っていますね。
小さい階級の選手では頭が当たってしまう場面も結構あってそれでどちらかに不利がでることもしばしばあるわけです。故意かどうかは別にして、結果的に内藤が不利になった形なのかもしれませんが、本当ならやっぱり再戦するべきでしょうね。
終わってしまったことについては周りでいくら騒いだって変更されることもないと思うし。

亀田にしたって結果的にまたこういう黒いイメージが残ってしまってはいくらチャンピオンになったって今後が開けてこないように思います。
前は防衛せずに返上という形でしょう?
すっきりした勝ち方でできないから 常々色々言われているわけですしね。

今後、ノンタイトルであろうと内藤ともう一度やるべきだと思いますね。

内藤選手については好きか嫌いで言えばどちらでもありません。
変則スタイルですし、圧倒的な強さは感じません。
が、強かったチャンピオンに勝ったという事実と再戦もしております。
防衛回数にしてもチャンピオンのなかで防衛できなかった人も多いなか立派です。
今回の戦いでも常に前に出る姿勢も良かったです。
呼吸が苦しい中、12R戦いきったことは賞賛するべきでしょう。

この問題の最後は内藤がいつ鼻を折ったか という問題を本人が口にしたときにハッキリするでしょうが、結果はすでに出てしまっておりますから内藤が再戦を希望するかどうかが焦点になるんでしょうね。

歴代の世界チャンピオンには数人のすごい人がおりますが内藤選手も結果で見れば中々すごいことです。

13度防衛した具志堅はちょっと別格ですが、長谷川選手は現役で次に勝てば10度の防衛となれば後世に残ることでしょうねぇ。
なにはともあれ、ボクシングというものが注目されることは悪くはないですが、もうちょっといいイメージで注目されて欲しいものですね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック