| Admin |
W杯4強について
2009年12月07日 (月) | 編集 |
日刊スポーツのHPで沢登氏は不可能ではないと書いています。

そりゃあ、可能性だけは不可能ではないと思いますが元Jリーガーで代表経験もある人が簡単に口にする言葉ではないように思います。
楽ではないとはしておりますが、ちょっと現状認識に甘いように思います。

昨日深夜の番組で17歳の少年がヨーロッパのサッカーキャンプで修行するという番組をやっていました。
技術やスピードなど優れた点は認められておりましたが、そこにいっていた風間八宏氏は練習に向う選手の姿勢に注文をつけておりました。練習に参加する意識が日本人は低いということです。
中には積極的な選手もおりましたが、最後の地元チームとの試合で数多くのシュートを打っておりましたがことごとく枠からはずれておりました。
3人が参加して3人とも長所のある動きをしておりましたし素晴らしい面を見せておりましたが、個人的には最後の部分にやっぱり差を感じずにはおれませんでした。
イニエスタが下の世代から伸びてきた映像なども多数紹介されておりましたが、そういったところで出てくるシュートがほとんどがグラウンダーのシュートであったことに対しキャンプの最終戦でみせた選手のシュートがことごとく浮いて枠の外にいくのです。

ほかに風間氏とおいらの嫌いな金子達仁が指導者のあり方などを話している時間があったのですが、日本の指導者が個性をつぶしすぎるという点について述べておりました。
メッシの指導者とイニエスタの指導者が逆になってもいい選手は育たなかっただろうという話もしておりました。
1選手の個性を伸ばすために負けたっていいというような考え方の指導者でないといい選手は育たないという話などもしておりました。
日本では中学生ぐらいのLVでも強いチームは組織だったプレーをしています。
すぐに一人で対応できないなら2人で、というように組織でなんとかするように教えられるのですね。
でも、サッカーの強い国では個対個の戦いを若いうちは追求するような余裕というか育成力があるようですね。

そのためか瞬時の判断や1-1に強い選手が育つようです。
日本では個よりチームを優先する傾向が強いように思います。
風土の関係か一人のスーパースターよりチームの和とかに力がいってしまう傾向にあるのではないでしょうか?
Jリーグの選手などでも外国のチームと戦って負けているとは思わないというような発言はでておりますが、技術や戦術ではそうかもしれませんが、サッカーが好きな人の多くは外国のいい選手にあるユース世代までに培った精神みたいなものにすごく差を感じているのかもしれないと思います。
それが大きな試合ではアジアLVや親善試合では日本は勝てるが 本番ではそうはいかないだろうと思わせるのではないかと思いますね。
2002年の日韓ワールドカップは特別だったのだと思います・・・。
フランスとドイツでは1勝もできなかったのが証明しているように思います。
日本でも育成システムはあると思いますが、現在のサッカーはフォワードもディフェンスを要求されていますが、多くの点取りやといわれるスター選手はディフェンスはヘタクソですよ。
点が取れないといわれ続けている割にそういった選手がでてこないのはやっぱり育成に問題があるとおもいますね。
(岡崎などが点を取っているように思えますが、本当に強い相手から取った点はないと思います)

おいらはそういったことも考えるとやっぱり予選で苦戦することは想像できても勝ちあがりは中々想像できません。
オランダはいうまでもなく、カメルーンにはエトー、デンマークにはベントナーという強豪チームで活躍するFWがいる点も大きな違いであり問題点だと思います。

さらに言えば、日本が力を出すとすれば90分間走り回りプレッシャーをかける戦い方になると思いますが、今回2試合が高地での戦いになるようで90分間戦い続けることが非情に難しい状況になると思うのです。
南米の強豪のように強弱をつけられるプレーができればいけるかもしれませんが、その南米の強豪でさえ高地のボリビア戦など試合を落とすことも多いわけですね。
相手も同様に力が発揮できないかもしれませんが、どちらがより影響を受けるかを考えれば日本は不利な気がします。

元日本代表の選手がこういう安易な意見をマスコミで書くってことはマスコミに踊らされているか 強豪国との差を選手自身が認識していないかということなんだろうと思います。
負けるつもりで試合をすることはないとおもいますが、まだベスト4を口にできるところまでは来てないと思います。

せめて実質的FIFAランキングで20位以内にはいるぐらいまであがらないと・・・。
(ちなみにFIFAランキングはあてにならない部分が多いです。親善試合など他国と多く試合ができる環境にあるチームは上に見られがちな傾向がまだあると思います)

まだまだ せいぜい予選突破が目標だと思いますね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック