| Admin |
民主党に違和感だらけ?
2009年11月24日 (火) | 編集 |
困ったもんです・・・。

民主党の動きに違和感だらけっす。

脱官僚・天下り禁止といいつつ 自分達がやっている人事はなんなの?

天下りの基準はなに?

事業仕分けに聖域はない!はずなんだが・・・・。

国家のビジョンはなに?

小沢氏・鳩山総理の疑惑は?

総理は強く出たかとおもえば すぐに謝る。

地方分権を訴えていたが いま本当にそういう方向で動いているの?

予算編成は大丈夫?

おかしなことばかりです。

昨日TVタックルに亀井大臣がでておりましたが、評論家の意見や一般人の意見の方がよっぽどまともに見えます。
郵貯のお金があるからお金はあるんですっていってたように思うけど、それは国民の財産ですからね!運用はできるけど政府の金じゃないと言うことは忘れないでくださいよ。

よく日本の借金にたいして国民の貯蓄がこれだけあるから大丈夫というような意見がでておりますが、運用で回すことが出来るお金には違いがないかもしれないが あくまでも国民の個人のお金だと言うことを忘れないで欲しいのよね。
借金は有利子の負債、貯蓄は預かり物でやっぱり利子をつけて返さなければいけないお金なんですが、日本は大丈夫?といわれると国有資産や貯蓄がこれだけあるから大丈夫っていわれるんだけど、借金は国の借金で国民一人一人の借金じゃないからね、実際は。貯蓄もそうなのです。
あくまで国の借金であって国民それぞれの借金じゃないと政治家は考えてくれるのだろうか?
不安ですね。
税金などで返さなければいけないわけだから国民の借金といえなくはないわけだが、政治家が国民のためを言い訳に作った国の借金なのです!

それにしても、インフラはまだまだという自民党議員がいるけれど、じゃあ いままで自民党政権でやってきたインフラはなんだったんだ?と大きな声で問いただしたい国民に自民党は気づいているのだろうか?
政治家とはこんなものかとおもわずにいられない・・・。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック