| Admin |
鬼武チェアマン激怒って・・・
2009年11月04日 (水) | 編集 |
ナビスコカップの決勝で負けた川崎フロンターレの選手が準優勝のメダルをすぐにはずす選手が多数みられ、中にはカンバンにもたれかかる選手がいたことに激怒したというニュースがあった。
川渕さんも同様だったらしいのだが、どうなんだとう・・・。

おいらは個人的に選手の気持ちはわかる気がする。

選手は冠が欲しいわけで1回戦敗退も準優勝もある意味ではかわりない部分があるのだと思う。
もちろん実際はサポーターの応援に応えて勝ち続けるのが理想なわけで、1回戦負けと準優勝では大きな違いはあるのだが、選手としては優勝という冠が欲しいのである。

チェアマンなどはスポンサーなどに気を使う面もあってそういう怒りに達したのだろうが、戦ってきた選手は準優勝のメダルが欲しいわけではない。

世界的にもそういう選手の態度が見て取れる傾向にあるというのだが、激怒するほどのものなんだろうかとおいらは思うわけです。

天皇杯などでもJ1のチームがベストメンバーを出さなくてはいけないなど、協会側は言っているが J1のチームとすれば控え選手の試合の場を作る意味でも格下と思われるチームとの試合でレギュラーを休ませる意味でもベストメンバーを組む理由は見当たらないと思うわけですね。
そういうチームの事情をわかっていながらも要求することについてもっと協会側も考える必要はあると思う。
J1にとどまれるかどうかのチームなどはリーグ戦をベストで戦いたいわけで そのためにほかを犠牲にする というのも戦術である。
にもかかわらず、協会側はそれは許さないというのはどうなんだろう?

個人的にはチェアマンの発言のいくつかに違和感を感じているので(数年前からですね)素直に聞き流せばいいのかなぁと思います。

あんまり年のことは言いたくはないが、70歳で協会のトップってのはどうなんだろう?
頭がすでに固くなっているんじゃないかしら?と思うよね。
年をとると権力に酔う部分もでてくるだろうし、新しい流れについていけているのか心配にもなりますし・・・・。
個人的には好きじゃないですね。鬼武さんは・・・。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック