| Admin |
日本代表、香港戦・・・
2009年10月08日 (木) | 編集 |
個人的には見るところが何もなかった。

とはいうものの、徳永などの活躍はそれなりに嬉しいです。

ビッグコミックスピリッツのコラムで岡田監督の批判記事がでておりました。

何がしたいのか見えてこないというような内容で、日本を強くするにはまずは監督交代から。。みたいな内容です。
新しい選手を呼んでも使いどころが微妙すぎるというようなことも書いてありました。

オランダ戦の本田の起用法などについてですね。

結局やってることは保守的に基本線のところは崩したくないということか 新しい選手が結果として試合にでてきてないってことですね。

今回はメディアが散々煽っているので森本などは90分見ることができるかもしれませんが、前の試合で活躍した稲本などでさえ、中々試合にでることもできないしディフェンダーなども 本来怪我が多いトゥーリオがいるというのにトゥーリオが故障中でないかぎり他の選手が起用されることもないわけです。
バックアップとしてしか考えられないようなLVの選手層でベスト4を狙うなど片腹痛いものですw。

そういった意味ではこのコラムには賛同できますね。

おいらは今好調の清水の市川選手や広島の柏木選手なども代表に呼ぶべきだろうと思うんですけどねぇ。
サイドバックは長友、内田、駒野で決まりみたいな考えでは本戦は戦えないのでは?と思います。

日本に圧倒的な攻撃力でもあるのであれば構わないのですが、彼らは基本的にディフェンスですが攻撃力が買われているわけでFIFAランキングの上位チームなどが相手の場合もう少し守備力のあるサイドバックも必要な気がします。
浦和の阿部などユーティリティー的に使われるようですが、日本にも専門職でいい選手がいると思うのですがねぇ。
そういった選手は合宿あたりまでは呼ばれても試合に出させてもらえないことが多く、呼ばれたり呼ばれなかったりというような形になっていることが多いと思います。
まぁ中盤についてはいい選手が多いのも事実で小笠原なども本来代表に呼ばれてもいいのかもしれませんし、前にあげた柏木なども運動量豊富だし積極的な選手ですし他にもいい選手はいると思います。
それこそパフォーマンスが落ちているときの俊輔などより活躍できるだろうと思える選手が沢山いると思います。

きょうも岡崎は点をとりましたが、玉田もずっと使われ続けているわけですが あまり点がとれておりません。大久保なども期待はできるかもしれませんが結果的に点が取れてないんですよねぇ。
柳沢なども点は取れてなくても陰の動きなどが評価されてずっと選ばれていたことなどがありますが
どうも日本のフォワードは前からのプレスなどにこだわって点が取れない選手ばかりになってしまっているようにも感じます。

森本はイタリアで求められていることと代表でやらなければいけない仕事が違うため代表に選ばれたくないような発言をしているという記事を見ました。

かの名フォワードの釜本氏もセンターフォワードは点を取るのが仕事。なんでプレスせにゃいかんのやと言っておりました。(某番組でですねw。その番組ではセンターフォワード専属のコーチをつけるべきでは?というような内容の話題も出ておりましたが日本は今セカンドアタッカーみたいなフォワードしかいないみたいですよね)
玉田も大久保も岡崎だって場合によっては2列目みたいな仕事をしている。

ゴールから遠くに離れて点を取るチャンスが減るということを監督やコーチは考えているのだろうかと思うんですけどねぇ。
そういう意味では浦和の田中達也などを見ているとゴールが見えたらシュートというような姿勢があって個人的にはこういう選手に試合に出てもらいたいんですけどねぇ。
いまの選手ではちょっと強いチームとあたればフォワードでも終わってみたらシュートが0とか一桁の下の方しか打ててないという結果でも仕方がないように思います。
釜本氏曰く、フォワードは(特にセンターフォワードはでしょうね)シュートを沢山打って点を取るのが仕事と言っておりますが、そういうフォワードを日本のチームも作っていって欲しいと思いますね。

香港戦は力量に差があって見るべきものはなかったってことですねぇ。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック