| Admin |
日本の水道水は世界一?
2009年09月27日 (日) | 編集 |
水道水が世界一というような番組がいくつか放送されていました。

しかし、結構前ですがおいらが市川市(千葉県)で飲んでいた水は美味しくなかったのよね。

それが改善されていたとしても はたして本当に美味しくのめるのだろうか?

おいらがつい最近までやっていた古本屋さんで水道水を使ってコーヒーやお茶を飲んでいたんですが
決して美味しくはなかった。

水道管が古く、トイレの水などは水道管のどこかで多少つまっているのかタンクに水をためるのに出てくる水の勢いが弱かったんす。
古い水道管のところは水道局で綺麗な水を作っても水道管を通ってくる段階で不純物が含まれることがあるのではないのでしょうか?

かつて市川の水道で作ったカルピスはカルピス本来の味がしないほど味がついていました。
そして今でも古い建物の水道ではやっぱり美味しいというのには違和感があります。

例えば近くで水道の工事(建売の家の建設などが行われているとか)があれば水道管は汚れ濁りがはいるのです。
水道局の人が綺麗な浄水システムを作っても、そこから過程の蛇口にいたるまでもキッチリフォローしていただかなければ安心して飲めないということです。

そこいらへんをちゃんとフォローしないで水道水は美味しいと宣伝するのはどうかと思うのですが。。。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック