| Admin |
なぜに連立?
2009年08月31日 (月) | 編集 |
今回民主党は圧倒的過半数を持っている。

しかし選挙速報中の鳩山党首の話では社民党と国民新党と連立するようです。

どういうやり方になるかはわからないが、協力体制をしくという。

しかしながら、マニュフェストによると、多くの点で民主党の考え方と食い違いを感じる。

そういった意味ではマニュフェスト実現のためには独自路線が正解なきがするわけです。

単純に演説を聴けば国民新党などは1丁目1番地が郵政民営化を元に戻す、2番目が道路はバンバン作ると言っていた。
個人的にはこれには異議がある。
いろいろな民主党議員の話でも これには異議があるところだと思う。

そして社民党にしても、どうにもこの党には楽観論で安全保障に当たる考えがあるように思えてならない。ちょっと浮世離れしている感じです。

こういった政党と共同戦線を張る意味ははたしてあるのだろうか?

どうせ組むなら みんなの党や新党日本といった政党がよっぽど現実的な気がします。


話しはかわりますが、自民 民主 共産 以外の政党が独自で与党になれないほどの立候補者数でマニュフェストをだしている不思議な感じにたいして 速報を見て思ったが 幸福実現党はとりあえず立候補者はそれなりに立ててやってたんだなぁと ある意味驚き感心しました。

少数議員にとどまるほどの政党は~します。というマニュフェストではなくこうならないように力を尽くします。とか防波堤になります。ぐらいの言葉でなければ政権を握らない限りうそつきのままなのではないのでしょうか?
実現できることが最低でも3割4割なければマニュフェストとは言えない気がします。

そもそもマニュフェストの概念がおいらにはわかっていません。
政権与党になったら実現しますというものなのか?
それとも国会議員になったらやります。というものなのでしょうか?
結果で言えば与党にならなければ実現できないことが数多くあるわけで、やっぱり第一党になるつもりがない政党のマニュフェストには違和感がありますね。


最後に民主党にはとりあえず連立せず独自路線でやるべきだと思います。
そして、しばらくは組む相手をもう一度見定めてから組むべきだと思います。

ある程度内政について成果が感じられるようならさっさと解散してください・・・・・。

正解再編が早くくることを望みます・・・・・・。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック