| Admin |
民主党の政策に結構批判的な
2009年08月06日 (木) | 編集 |
書き込みなどを見かけるんですよね、財源問題とかね。

けど、仕方がないと思うのよね。

政権党にならないと自由が利かないのも事実なわけで。

ちなみに個人的な意見ですが、完璧な政策なんてものを期待してるような書き込みをする人がいるけど そんなのは馬鹿が夢みてるだけな気がします。

いままでずっと政権を握ってきた自民党ができないことが民主党が始めて政権をとってできるわけがない。

アメリカの2大政党制が支持される理由は交互に政権を取ることでバランスが保てると言う理由からではないのだろうか?

そういった意味ではいままでずっと自民党の独裁政権だったものが(一時期連立で他党の総理は誕生しましたけど)くずれることで天下りなどの見直しが少しでも前進すればそうれは大きな成果なきがするんですけどねぇ。
なんせ見直すと言いつつ実行できない自民党よりなんぼかましってことでしょう?

そういった意味でマニュフェストの一部でも現実に行われればそれは大きな成果だと思うのです。

ただ、おいらは何度も書いておりますが 民主党のマニュフェストのすべてが正しいなどと思っていないわけで 個人的には自民党が分裂することで今後もっといい政党ができることを期待するわけです。
民主党にもいい政治家はいますが、おいらとは確実にことなる考えの持ち主もおりますし自民党にも同じようなことが言えるかもしれません。
(それでも自民党は与党の論理に固執してしまって頭が固いので大勢いるとは言い切れませんが)

まぁ財源なんてものは財布の中身に合わせるということなだけで、新たにその分の税源をどうするかという話しにこだわらず不必要とまでは言わないが 緊急性の薄いものは減らせばいいということだろうと思うのですけどねぇ。
例えば、道路整備や河川整備などの地方への税源と権限の委譲などで無駄ははぶけるわけでしょう?
天下りをなくすこと(もしくは天下りの内容の制限などで)で天下りを繰り返すことなどで何度も受け取ってきた退職金などが見直せることなどもそういったことなのでしょう。
埋蔵金というのは一時的なものとしか捉えられていませんが、毎年積み重ねられてきたわけで 毎年何がしかの無駄があるわけです。

まぁ民主党が政権をとっても政界再編が起こることを正直結構期待はしております。
ただ、その前にある程度の膿はだしていただかないといけないと思うわけですね。

自民党は患部の確認はできているのに治療ができないわけで、財政が厳しいとどの政党よりもわかっているくせに対策が消費税の増税ということしかできない政党なわけで それよりは民主党にまだ期待したいという思いなわけです。

まぁ政治については各人思うところがあって当然なわけで立場が違えば考えることも違って当然なんだろうと思います。

とりあえず自分の義務であり権利でもある投票にいって1票入れることが大事なんでしょうねw。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック