| Admin |
そういえば 日本代表の再選考をと書いたが
2009年07月14日 (火) | 編集 |
ふと思い出したので書いてますw。

以前、代表選手の再選考を促して、セルジオもそういっていると書いたと思います。

で、その記事に反論している人がいたわけです。

監督の構想を理解し、チームの力にするには時間がかかるんだと力説しておりましたよ。

しかし、大きな声でいうと挑発に聞こえるかもしれませんからここでチラッとかいちゃいますが 本当に力のある選手を抱えるチームってのは結構ギリギリに選手が集まって それでも力がでちゃうっていうところが多いとおもいませんか?

南米のチームは多くの有名選手がヨーロッパで戦っていますが、代表に選ばれても そこそこの活躍をしてしまいます。

勿論、日本代表は個の力で戦えるチームではないので チーム全体の熟練度で戦うために 早くから選手を集めてっていうことを言いたいのだろうと思いますね。

しかし、岡田監督は選考会みたいなとこには大勢呼ぶんですが 結局選ぶときは若手優先のヒラメキ的な気がします。
それはそれでいいと思いますが、やっぱり大事な公式戦に阿部をセンターバックで使うような選手選考はどうなんだろう?ということですよ。

内田とかもいい選手というのは認めますが、他にいい選手がいないでしょうか?とも 言いたいわけです。
玉田もいい選手ですが、ボールが持てるために下がり気味になったり それなりに問題点もあるわけです。

ワールドカップ予選のときも その直前の試合と本番で選手ががらりと変わるなんてのも、個人的には決していいことにはおもえませんでしたし、 これならば 選手が入れ替わってもそれほどの問題があるとも思えません。

ちなみにですが、全員変えろとはいってないのですね。

中心になる選手はそのままでいいと思います。

問題は、控えになってくる選手選考が一番大事なんだろうと思うのです。

例えばトゥーリオなどは代表戦ではふんばってますが、浦和では怪我が多い選手です。

その変わりを誰がやるのか?とか フォワードを誰を使って そのときに中盤の選手をどう使うのか?とかってことですね。
個人的には浦和の田中達也みたいに持てばシュートに繋げる選手を使って欲しいので 達也を生かせる中盤を作って欲しいし、長谷部、松井、大久保、入れたくはないが本田など中盤が出来る選手は俊輔、遠藤、憲剛などの中心選手とどう組み合わせるか 他にも中盤に関して言えば国内にもいい選手がたくさんいます。
そういう選手をどうとりあげていくか。
ディフェンダーは早くて大きい選手をどう使うかなどということも大事でしょう。

今のサイドバックは 早いけれど守備に不安がある選手が多いわけで・・・。

ともかく、いきなり呼ばれても使う選手はいるわけで だから選手選考を再考することでの問題点などハッキリいってない!と思います。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック