| Admin |
自民党の論理って不思議
2009年07月05日 (日) | 編集 |
小沢氏の問題などで石原氏などは 自民党なら議員辞職もの みたいな発言が昔あったはずなのですが 二階氏などの件が不起訴になったためかそういった話に全く触れないんですよね。

今回、鳩山氏の件でも小池氏が自民党では考えられないというような話をTVの番組でしていたそうな・・・。

いい加減な話をTVでするもんじゃないと思うのですよ。

民主党が潔白であるとか おいらは思ってないけれど 個人的には粗をさがせば自民党のほうが多いのではないかと思っている。
いまは与党だからとか大臣だからとかで 追及がないかもしれないが 野党になればどうなるかはわからないと思うのですが・・・。
まぁ例え下野しても 官僚が民主党に不利な情報をながすことでしばらくはそういったこともないと思うのですけどね・・・・。

自民党は ながく政権を握り続けたことから資金管理団体も圧倒的に多く そして実際に権力を持つ人が沢山いるという事実から 汚職などの可能性が他党より圧倒的に多いと思うわけですよ。

そういうなかで民主党の批判の際にはこうやって自民党ではありえないなどと言いつつ 二階氏などの責任には寛大な処置で済ましているわけで、自党の人間にはこれでいい他党だとそれではダメだ などという議論をしていることがおかしいと思うわけです。
たぶん、国民のほとんどがそれを感じているのに議員だけが それを馬鹿みたいに論じている。

国会議員は政治をやらずに政局を戦っているだけだと 感じているわけですね。

まぁ、東国原氏が自分が自民からでれば勝てるなどといったようですが いまの国民はそれほど馬鹿ではないと思いますよ。
本人や、宮崎でなら勝てるかもしれませんが 他では自民が全体で勝ちきることはできまいと思いますね。

まぁ、いまの政党は総合的に納得できる政党がひとつもない というのが一番の問題なんですけどね。
民主党などは安全保障などの考え方はまったく納得できないわけですからねぇ・・・。


国会議員の先生方には もうちょっと普通の考え方ができないものかとつくづくおもいますよね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック