| Admin |
コンフェデレーションカップ
2009年06月29日 (月) | 編集 |
南アフリカ大会も終わりましたねぇ。

根性で決勝を見ました。

まぁ一言で言えばブラジルの出来が悪かったですねぇ。

目に付いたのはトラップですね。
難しいトラップは簡単にこなすのですが、トラップで大きくはじいて取られる場面が多かった。

簡単なミスからボールを奪われピンチにしていたという印象ですね。

一方のアメリカは らしいサッカーを確実に点にしていったというところでしょうかねぇ。

それでも、ずっと負けなかったゴール前のヘディングで最後にルシオに決められたのは やっぱりブラジルの底力なのかなぁとおもいますね。

ただ、途中でブラジルがゴールかってときに審判の判定がノーゴールになったのは誤審でしたねぇ。
リプレーではほぼ間違いなくゴールを割っていたように見えます。キーパーがかき出したボールがバーに当たって外に出たわけですが角度的にも内側から外側にはじかれた形でゴールインしていたようです。
気の回しすぎなんでしょうが、スポーツにおいてアメリカ有利な判定が多いのが気になっているおいらには いやな判定でした。

それにしても、今回の大会で思ったのはエジプト、南アフリカの2チームの出来のよさにはビックリしましたねぇ。
当初はスペインとブラジルで決まりとおもっていましたが ゲームを見るとアフリカの2チームの出来が素晴らしかった。
南アフリカはサイドからの攻撃に早さもあったしいい形がいくつもできていましたね。

エジプトもブラジル戦では点の取り合いで敗れてしまいましたが、底力を感じます。

アメリカも結果的にはよかった・・・・。

予選リーグではギリギリであがって来たわけですが トーナメントではチャンスを生かすということが出来スペインに快勝、ブラジルにもひと泡吹かせておりました。

3位決定戦と決勝は意地とでもいいますか、スペイン、ブラジルが勝ったわけで南米チャンピオン ヨーロッパチャンピオンは伊達ではないなぁというところでしょうか。

でも、こういう試合を見ると やっぱり日本代表がベスト4などと言うことには抵抗を感じますね。

2001年のコンフェデで準優勝した事実は残っていますが、決勝のフランス戦ではあきらかに力の差がありました。

今回ブラジルなどは本調子には見えなかったけれど アフリカ勢の攻撃力 アメリカの堅い守りなどをみるとやっぱり中々世界の壁は厚いおもわざるをえません。

それでも、出るからには予選突破できるぐらいには頑張ってもらいたいもので、決勝トーナメントで間違いでも起こればベスト4ってのは見えなくもないわけですからねぇ。。。
まぁそれでもいいとこベスト8ってのが最大の目標ってとこではないかなぁ・・・。
まだちょっと差が大きいですよねぇ・・・・・。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック