FC2ブログ
| Admin |
橋下氏は好きではないが・・
2020年08月28日 (金) | 編集 |
橋下氏は過去においても今でも日和見的なところが嫌いだった底違うじゃんっていう部分が目立つときがあったわけでやっぱり嫌いだったんだわ。

政治家を辞めてからもその言動が好きになれなかった時が多かったんだがここ最近やたらと意見が合うんだなぁ。
もっともその言い回しや態度などについては相変わらずではあるんだが。

ちなみnなぜこういうことを書くかと言えば、今日の安倍総理の会見の時に質問する記者に対し最初に橋下氏が言った言葉がまさにおいらと同じ感想だったわけだからである。

一国の総理が長く勤めて辞職する際に最初にお疲れさまでしたと口にした記者はたったと一人だったことに対する文句だな。
おいらも質問が始まってすぐに思ったのが全く同じ感想だわ。

好きとか嫌いは別にして慰労する言葉が出るのが自然だとおいらは思う。

題材とは違うけど、ここ大事な問題だと思う。


スポンサーサイト




怖い怖い・・・
2020年08月23日 (日) | 編集 |
昨日届いたメールを見ていたら一つ気になるものを発見。

それはアマゾンプライムからというもので登録状況が不一致で現在の注文を保留するというものでした。

念のため再登録の状況を見ようと進めていったところ入力画面で違和感を感じたんですね。

それは再入力をする画面の上に出ている表示です。

アマゾンとヤフーが混ざったようなマークが表示されたんですわ。
でもって何度か同じことを繰り返しているとその画面に行く前の画面でヤフーに似た画面が一瞬出たわけです。

違和感しかありません。

メールからアマゾン(らしきもの)の支持で再登録するのにヤフー?関係ないじゃん。

不審に感じたおいらはアマゾンに問い合わせ。
チャットで状況を説明するとアマゾンはメールをしていないという返事でそのメールを廃棄してくださいというではないか。

一応念のために今注文している商品は届きますかといったところ届きますと言われたし、今日には明日配送されますよというメールも来たのです。

あのアマゾンプライムを語るメールはなんだったのか?

いや、普通においら宛にメールが届いてるんだから部分的にはおいらの情報を持っている人がそれ以上の情報を引き出すために送ったメールということにでもなるんでしょうかね。

おいらは不審に思って問い合わせたんで良かったんでしょうけど、そのまま再入力と称することをしてしまう人だっていると思うわけでスカラそこで引き出される情報が何に使われるかを考えると本当に怖いですわ。

注意しておかないと今どきはネットでできることが増えているわけですのでうかつに操作しないように気を付けないといけませんね。

良く考えることがあるんだが
2020年08月12日 (水) | 編集 |
ちなみにサッカーの話です。

フロンターレに見る違いについてですね。

一番わかりやすいのが田中碧と三好や板倉の違いです。

共に期待される選手ですが田中選手はフロンターレでやれて三好や板倉はレンタルに出されました。
その違いと、大卒ルーキーが割とすぐに試合に使われるのに対し斎藤学などはもう少し試合に出てもいいかもしれないとは思うがそれほどには使われないという点についてですね。

後半の斎藤については過去の実績を見れば使われるべきだと思うんですが現実的にそこまでフィットしているかを考えれば悩ましいってのは普通に考えるわけです。斎藤をうまく使えていないということかもしれないんですが一方で大卒ルーキーなどがうまく使えるという点を見ても回りがどうこうという問題ではないと思うわけです。
いま活躍中の三苫や旗手選手が大卒とはいえフロンターレにゆかりがあるという点を除いてもそれ以前にフロンターレでは大卒選手は活躍をしていますからね。

大卒選手とユースから上がってきた選手の差というものがあるかもしれませんが三好と田中の差なんてのはおいらにはわかりません。
おいらがわかるのはスタイルの違いだけです。三好はどちらかと言えばボールに多く触れることを大事にしてリズムをつかむスタイルと言えるでしょうし一方で田中は少ないタッチでボールをつなぐことを苦にしないタイプと言えると思います。
板倉はどうかと言えばポジションの違いはあるとしても質の差はあっても田中と同じようにもできる選手でしょう。
サイズにしても田中よりも板倉のほうがでかいわけでポジション的には向いているぐらいです。
まぁそこはチームとしてのスタイルが田中に有利なのかもしれませんが。

加えて言えば今現在はフロンターレ念願の優勝をした時がDzonが参入して賞金が莫大に入ったという点があるからこそだとは思うのですが現在のチームはJ1のチーム2チーム分ほどのクオリティーが或るチーム(フロンターレ2チームとはさすがに言えないが)になっていると言えるでしょう。
ベンチには先発とそん色ない選手が常に控えているわけです。

時期の問題はあるでしょうが、三好や板倉が修行に出ていた時でさえ他チームからの補強は行われていたわけで強いフロンターレづくりに不可欠だったと個人的には思う阿部選手なども移籍組なわけです。今はグランパスで活躍してますね。

結局三好や板倉選手はフロンターレに戻らずに海外挑戦という道になったわけですが海外志望ということでプレーする機会が欲しかったから外に出たんでしょうか?
とはいえ、田中碧選手が海外への道がないわけでもないだろうし外に出るよりも今のフロンターレは常に優勝のチャンスが或るチームで注目度が高いのでより多くのチャンスさえ得れるわけでしょう。

まぁ内部事情など探る気もないし結局は想像するだけですから言えることは少ないですしさというか違いを考えると面白いかもしれないですね。

いつも思うんだが・・・・
2020年08月12日 (水) | 編集 |
おいらはペットを飼っていない。

なぜならペットに対して責任を負えないと自分で判断しているからだ。

不規則な生活をしており食事時間も適当なわけでこういう生活をしていてペットを飼ってもペットが可哀想だと思うわけよ。
しかも好きなように生活をしておりペットに愛情を注ぐことが億劫にでもなったらペットが可哀想だと思うのだ。

一応、うちのアパートはペット可である。
当初は積極的に受け入れはしていたわけではないが建物が古くその割に大家さんは良い人っぽくて毎年しっかり植木の手入れ等行っているし何より賃料が安い。家賃のわりに部屋は広いのである。収納も豊富である。
強いて言えば玄関や風呂場の段差が大きいことや若干音漏れが大きいかもしれんといった点は気にはなるがおいらは結構気に入っている。

その割に部屋が開いてしまった後に入居者はすぐには決まらないのはもっと立地が良く新しい物件が結構あるのが原因だとおいらは考えているが大家さんと不動産屋さんは入居者をすぐに決めるためにペット可にしたようで今では角部屋のおいらを取り囲むように皆がペットを飼っているのである。
お向かいさんは小型犬の室内外。
その下の部屋はおそらくは猫様の2頭飼いだ。おそらくは白と黒。白猫は時々窓辺にたたずんでいる。一度だけ黒猫も見た。
そして最近越してきたのが真下の部屋だが大型犬の庭飼いである。
まだ見ていないのだが(おいらは窓を閉めっぱなしでカーテンを引いており常に電気をつける生活をしているため)こちらは若干の問題をはらんでいる。
結構吠える。そして屋外から直接声が聞こえてしまうのだ。

お向かいさんは小型犬の室内外だがおいらの部屋と接しているのがキッチン同士なわけでおそらくはおいらがキッチンに立つ時間が少ない分及び犬がおそらくはキッチンにいるだろう時間が少ないのだと思うのだが使わない部屋が緩衝材的な役割をしている分鳴き声が全く気にならないのである。

長々状況を書いてしまったが、そんなおいらは猫動画を結構見まくっているのである。

タイピー日記にポムさんにしまちゃん(ねこべや)、にゃんたまハウスにmomoと天空、あにまるほんぽ、pastel cat wourld、ねこパンチパラグアイ、ほか一時前まではkurosioなどもふくめ毎日の子三昧なわけよ。

こういうのを見ていて気が付くことがあるわけだ。

この中であるにゃんたまとあにまるほんぽに共通する点があるのである。

何かといえばパパさんがいまいち懐かれていないという点である。
(ちなみにブロガーブログのくららんちのパパさんにも共通しているのだが)

おいらは当初より感じているのだが、女性のほうがなつかれやすいのは確かだと思うが中にはパパ大好きねこが一定数いるというのはわかっているわけだよ。

タイピー氏などが代表ですが、より鮮明にわかりやすいのがmomoと天空のパパさんであると思う。
こちらの場合は帰ってくるとしっかり犬と猫に構っている。全力でである。
そのためにパパさんが帰ってくるのを特に犬は心待ちしているわけだ。
この場合犬に主に主導権があるようだが猫も一緒に動いているのは間違いがない。

タイピー氏を見ていればりんちゃんを捕まえて人形のごとく動かしていたりと遠慮はないのである。

一方でにゃんたまパパさんやあにまるほんぽのパパさん、加えてクララさんの旦那氏は猫に気に入られようと恐る恐るである。

おやつを定期的に上げたり遊びの時間を多くするなど効果があることは行っているようだが、個人的には猫も順位付けをしている気がするのである。
ねこは本来集団生活をしない生き物だが飼いネコは飼い主がいつもいるわけで順位付けされるのかもしれないわけよ。

いつも餌をくれる人は順位は自然と高くなるのは世の常である。

そういう中で天空のパパさんちやおいらが見てきたパパさん大好き猫がいる家庭では家の中におけるパパさんの地位が自然と高いように思えるのである。
同時にそういう家のパパさんの猫に接する態度は遠慮がない。
触るのも遠慮なしにガシガシ触るのである。

多少遠慮があるのはポムさんとしまちゃんの兄上だが恐らくは猫が大好きな妹氏が兄上に対して序列で下になっていることでうまく均整がとれているのだと思う。

にゃんたまパパさんとあにまるほんぽのパパさんは猫に接するときに遠慮することで猫より序列が下になっているのだとおらは思うのである。
そう気持ちが負けているのである。
そこは遠慮をしないで堂々と触ることが大事だとおいらは思うぞ。
それを続けることで自分より上で触られるのは仕方がないと思わせることが大事なのだと思うわけ。
まぁそれでも家庭内の順位でママさんの上に行くことは難しいだろうからそれまでなのだろうけど・・・。

でも猫に対しては引いてはいかんと思う。

その上でパパさん=遊んでくれる相手という認識を付けてしまえば猫から寄ってくるようになるのではないかと思う。
忙しいとか理由はあるだろうけど一度遊んでくれる相手という刷り込みをしてしまえばいいと思えばやれる気がします。

とにかく頑張ってほしいです。

とにかくペットを含めた家庭内順位を上げてくださいw。

結局は自分で判断をする
2020年08月07日 (金) | 編集 |
コロナ関連の話ですわ。

国が、自治体が基準をはっきりするべきなどという話を連日テレビでやっているようですね。

まぁおいらはほとんど見ませんが、当初より同じような話ばかりをして政府をたたきたいようにしか見えないんですが・・・。


先日もアジアで日本は悪いほうだってやってたんですが、おいら的な視点を言えばそれなりに医療体制があって正確な検査ができる国がアジアでどれほどあってさらに言えば日本レベルの人口がある国がいくつあるというのかを考えて発言をしているのだろうかと思うわけですよ。

例えば韓国ですが人口は日本の半分足らずでしょ?単純に比較してていいんですか?
事故があったって電車を土に埋めてしまいどんな事故だって一定の人数しか死者が出ない国のデータが信用できますか?
インドネシアが正確に感染者調べられていると思いますか?

台湾は抑え込みに成功しているみたいですが、それだって実は怪しいとおいらは思っています。

ヨーロッパで日本より人口が多い国ってのはほとんどないわけですがそういった国と比較しても現状の日本って悪くないって主張する人はメディアにはいないんでしょうかね?

まぁおいらはコロナ騒動ですが結局は他人がどうこう言おうが自分次第だと思っていますので。