FC2ブログ
| Admin |
今はラグビーだ!
2019年09月30日 (月) | 編集 |
ちなみにおいらはラグビーファンでもあります。

経験はないしそれほどに詳しくもないけれど深夜にケーブルTVで行われるラグビーの試合を割と好んで見ているだけの人種かもしれないぐらいではありますがファンだといっておきます。

スタジアムに行かないことはサッカー同様でありますが(大きな理由はアクセスを含め無駄な時間及び人混みが嫌いだからですね)テレビ観戦だけなら年間で10試合はくだらない程度には見ているわけです。

特にワールドカップの前回大会後には力が入ってみているのであります。

今回アイルランドに勝ったことの意味は前回とは異なるとおいらは思っております。

単純に前回は追い付け追い越せを具現化するように残り時間がない中日本が押し込みフェーズを重ねトライを狙える場所まで生き同点のPGを狙える場面を迎える中トライでの逆転を目指してスクラムを選び逆転したっていうだけでも今回とは異なるわけです。

今回はリードしていて押し込まれた中、福岡選手がボールを奪い相手ゴール前まで押し戻せたっていうシチュエーションの違いが大きく影響しているだろう。
加えて前回南アを倒した実績が日本というチームの任思惟を変えているのも大きな要因だ。

前回はワールドカップで勝率が一番良かった南アを勝率が一番低かった日本が倒した衝撃っていうプラス要素まであったことも加えておくべきだ。
それに対し今回は前回3勝しながらグループを敗戦した初めてのチームが日本になったという事実をを飲み込んだ日本代表という理解ができているのである。

試合後のスタッツを見てもあの強いアイルランドを後半無得点に抑えた日本の強さを考えればチームとしての認識が全く違うといえるはずだ。

ロシア戦後に見た記事の中にはA組を勝ち上がる予想でイギリスの新聞他スコットランドよりも日本を上げる国があるほどには認識されているのである。

まぁ今回おいらが一番言いたいのはそういうことではないんだが・・・。

勝った日本に対するコメントの中で出てくる外人部隊じゃん!的なコメントについていたいわけだ。

おいらの先入観によればこういうコメントをする人たちって実際にスポーツをする機会が乏しく国粋主義者なんだろうなと思っているのだがスポーツってのは基本的にルールがあってルールに従っているわけだ。

ラグビーの場合もこれにもれず各国の代表選手も日本と同じルールにのっとっている。
イングランドの選手にだってオセアニアにルーツを持つ選手だっているだろうしサッカー同様フランスは移民の支えられているケースだってあるだろう。
ニュージーランドだってミクロネシアやポリネシアにルーツを持つ選手だったり国籍を持つ選手がいるかもしれない。

ニュージーランドの場合は加えて国内で活躍するなどという条件があるのかもしれないが、日本代表になった選手だって3年以上継続して住むとか10年以上日本にいるなど多くの制限をクリアしたうえで母国の代表よりも日本代表を選んでくれたなどということがあって初めて代表になっているのである。

マイケル・リーチ選手がキャプテンを務めていることもあり有名だが個人的にはトンプソン・ルーク(ループ・トンプソン)選手のことを抜きにしてはいけない気がする。大阪でトモさんと呼ばれ自転車で移動する巨漢の男は日本人より日本人らしいともいわれるほど礼節を重んじるらしい。娘が目に問題をもって生まれた際に多くの関係者がいろいろと面倒を見てくれたことを感謝し日本のためにできることを探し続け今に至っているという。
今大会で4大会目に出場のこの選手のまじめなスタイル、特に今回はタックルする姿が目に付いている。
アナマキ選手なども含め日本代表を選んでくれた選手一人ひとり全員に物語があるのである。

こういうのを抜きにしてラグビー代表に外国人が多いという理由で批判をすること自体ハッキリ言って損をしているだけだとおいらは思う。
前回活躍し時の人になった五郎丸選手なども元々は外国人が日本代表ということに抵抗がある人間だったらしいが、母国の代表を捨て日本のために代表になってくれた選手を知り、君が代を一緒に歌い日の丸を背負ってくれる選手に対し今は大いに感謝し尊敬をしているというわけだ。

おいらはすべてのスポーツが好きだ。

サッカーが好きだが、ほかのスポーツも大好きなんだな。
テニスも見ればバドミントンも、当然ラグビーも見るのである。

しいて言えば日本の国民的スポーツである野球はあまり見ないのだがw。
普通にプロ野球は見ないし高校野球も見ない。しいて言えば国際大会は時々見る程度である。

F1は見ないが2輪の大会は結構見ているし4輪でもほかの大会などは見たりする。
2輪の免許は持っていないw。

要は楽しめればいいのである。

日本人が少ないからと文句を言いつつ試合を見るより外国人が日本代表になる背景も含めてみることで余計に楽しめると思ってみればより楽しめるのだということを知ってもらいたいのである。

こういうお祭りは楽しんだもの勝ちだと思う。

前回大会で南アを倒した奇跡というのはスポーツ史上最高の番狂わせかもしれないし日本で行われるラグビーのワールドカップだって一生に一度しかない、もしくは経験できないものかもしれないと思えば文句を言うより楽しめ!である。

ちなみにスコットランドに勝てば新たな奇跡・軌跡を生むかもしれないことも含めて楽しむべきだと思うわ。



スポンサーサイト