FC2ブログ
| Admin |
ボリビア戦 その3
2019年03月27日 (水) | 編集 |
ニュース記事を読むとビジャがコロンビア戦の中島を褒めたって書いてある。

これってテレビの冒頭のインタビューを記事にしただけなんだろう?別に取材をしたのかね?
いっちゃなんだがあれってインタビュアーが中島はどうでしたかと水を向けた結果でその他の選手について個別に意見を求められていたら話が違ったんじゃね?ってことだと思う。
なぜ意図的に切り取るのか不明だわ。

それにビジャなどは中島のプレーが好きかもしれないが、乾あたりは香川や乾のプレースタイルのほうに目が行くんじゃないかね。
リスクを負わずに広い視野でボールを動かせるし時に縦に速いボールも出せる。
まだ連携面では修正するところはありだが戦術的には全く問題がないだろう。

その2でも書いたが案の定前半に文句をいっている人たちが大勢いる。

しかしながらおいらは前半の戦い方は結果は思うようには出なかったが悪くなかったと思っている。
何度でも書くがおいらが日本代表に求めるサッカーってのは圧倒的な強さがあるなら大量点をとるサッカーでいいと思うが基本的にはポゼッションで圧倒しリスクを少なくするサッカーなんだわ。
そういう意味で決定的なチャンスこそ少なかったがリスクの小ささで言えば前半のサッカーで合格だと思っている。
結果的にメンバーが変わっても1-0だったが替えずに1点取れば同じだったわけだから相手に攻撃させなかった分悪くないと思うわけだよ。
メンバー変えなかったら点取れなかっただろっていうのはあくまで想像上の話でしかない。w(実際取れなかったかもしれないが)

文句を言う方々はこれぐらいの相手なら3点取れとか5点取れと思う方々なのだろう。
おいらはこういう相手にだって1-0で勝てば大満足であり複数点がはいれば涙ものだと思っているので考え方が違うのである。

まぁ前半でここはっていうのを挙げるなら右サイドの攻撃が圧倒的に少なかったわけで特に相手陣深くに入り込んだ攻撃は本当に少なかった。宇佐美は結果が欲しくて常に中に入ろうとしていたことが右を使えなかった原因だろう。
印象的だったのは左サイドでボールを保持したとたん右サイドから宇佐美が中央を飛び越えて左寄りに一気に走ったシーンである・・・。せめて真ん中より右目までにしとけって・・・。
スポンサーサイト




ボリビア戦その2
2019年03月27日 (水) | 編集 |
やはりというか普通に代表に長くいた選手はもういらない的な書き込みがあるんだな。

選手が変わった結果店が入ったのは確かだが、なぜ?を考えたときに点が入ったシーンなどにできたスペースの原因の一つには相手がボールを持って日本のフィールドに入ってきた結果ってのは忘れてはいけないと思うんだな。

詳しいスタッツは知らないがあるところの記事によれば前半のポゼッションは74%ほどだったらしい。
要はほとんどをバックスでボールを回したり相手陣地でボールを回した結果である。
従って相手は自陣にほぼ張り付いていたといえる。

選手が入れ替わって点が入るなどチャンスを迎えたシーンは中盤でボールを奪ってスペースがあったわけで明らかにポゼッションしていた状況と異なっているのだ。
相手の攻撃陣は引き出されており縦長になっていたといえるわけだ。

見方を変えれば相手にそれだけチャンスと思わせるものがあり日本の陣地に入ってくる人数が増えたといえる。

仮にだが、前半に乾が打ったシュートが決まっていれば失点のリスクがより少なかったのは前半だったのではないかとおいらは思う。
けれど、攻撃されることを恐れず攻めれたという点と決定機があったという点では後半の後半によりあったともいえる。

もう一つ言えるのが前半のポゼッションしている中で動き出す選手にほとんどパスが出なかったわけだが、動き出した選手にボールが出せる選手がいれば・・という気がしないでもない。
ロシアではそういうところに柴崎がパスを出してチャンスを作っていたし長谷部や吉田もそういうパスが出せる選手だと思う。
遠藤みたいな選手がいれば大きく変わってくることだろうと思うね。

基本的においらはポゼッションサッカーのほうを好むことは過去記事を見ればお分かりだろう。
そしてバックパス?結構結構、最終的に1点取って相手を抑えればいいという考えである。

美しいかどうかはともかく1-0に美学があるという立場であるw。
そりゃチャンスが多く点が入る残したことはないが、一方で相手に全くチャンスを与えない試合というのに惹かれるのである。
したがって前半の結果を決して悪いものという考え方はないのだ。

中島がいれば香川はいらないという声を聴くが、そもそも役どころが被る面があるとしてもポジションは被っていないしw。

前半がポゼッションサッカー、後半の後半がまさにカウンターサッカーでの3人の迫力みたいな試合だったと思う。

森保監督がどうしていくかはわからんが、両方できれば一番いいのだろうと思う。

チラシの裏です
2019年03月26日 (火) | 編集 |
新潟のNGT48の暴行事件に関して指原氏がいろいろと言っていることがニュース記事に取り上げられている。

書かれていることはいちいち正しいと思う。

しかしながら勝手な印象を言わせていただけば指原氏のような方こそ立場で発言がころころ変わりそうに思えてならないw。
おいらには指原氏がものぐさな部分があり面倒くさがりに見えるので自分が納得すればこれでいいじゃないという人間に思えるのである。

違うのならごめんなさいだw。

この言葉 嫌い
2019年03月26日 (火) | 編集 |
最近よく耳にするんだが、大迫の代わりのFWって言葉が嫌いなんだわ。


いや、大迫はいい選手で代わりの選手は必要だよ。
ただね、どうも大迫みたいなプレーができる選手という言葉の代わりに使われている気がするのが嫌なんだな。

個人的には今の大迫がしているようなプレーを求めている時点で日本がするべきサッカーじゃない感がするわけだな。

大迫のようなプレーができれば後ろのプレーヤーは楽だと思うよ。
だけど、それって少し長めのパスが通りやすいってだけの話でしかないと思うわけ。

それよりも適切な距離感でパスをつないだほうが確実だし日本はそれができるチームだと思うんだわ。
縦に早いってのは多くの監督がそう望むんだけど、あくまでそれってここっていう場面でって話でしかなく冒険するロングパスより確実につなげるなら短いパスでもつないだほうがいいに決まっている。
いろんな意味で今の大迫のFWのスタイルはハリルの遺産だとおいらは見ている。

でもって、日本はもっとポストを使わずにパスをつないでポジションをとるほうが相応しいと思うだけの話。

どうも一つ成功するとこうでなきゃダメみたいな流れになっているけど、それ違うと思うわけだな。
だってどう考えても歴代代表のFWでも今の大迫のようなプレーをする選手はほぼいないだろう。

ドイツから2点取った高原だってもっとスペースで受けるプレーをしていただろう。
サイドに流れてボールを収めるプレーしてただろ。
大迫だって前はそういうプレーをしていたがハリルが真ん中にいろと言い続けた結果が今だと思う。

同じことを鈴木武蔵がやろうとしていたがせっかくのスピードや身体能力を無駄にしているようにしか見えないのだ。
全体のプレーの質が変わっているのにそこだけこだわる必要もないとおいらは思う。

したがって今の大迫スタイルを基準に言う大迫の代わりみたいな言葉が嫌いなんだわ。

もう一つ言えば、今回の鈴木武蔵などJのプレーを見て呼んでるんだべ?
なんでJでやってるプレーと違うことさせるの?ってことだね。
海外組が多く過去を踏襲するってのはわかるが、経験が多いのが海外組だろう。
ザック時代を知る選手ならポスト以外のプレーだってやれるんじゃね?って話だな。
ちなみに岡崎だって今の大迫スタイルよりは武蔵のスタイルに近いと思うぞ。
たった一言岡崎みたいに使ってくれって言えば済む話だと思うね。

2012年10月のフランス戦
2019年03月26日 (火) | 編集 |
CS放送で日本代表の歴史みたいな番組があって昔の代表戦を放送しているんだな。

そして今は2012年のザックジャパンの欧州遠征でフランスを破った試合だったわけ。

まぁ先日にはこの後にあった欧州遠征のオランダ戦も見てたから再放送かなんかだろうと思う。

この試合のことは結構覚えていて今野の爆走でのカウンターで日本が勝ったのを覚えているんだが、改めてみると立場は違えど既視感を感じてしまうのだ。

これってワールドカップの日本VSベルギー戦のあの究極カウンターにそっくりなのだ。

時間帯は少し早かったわけだが終盤のフランスのコーナーキックでこぼれたボールを今野が拾って中央を爆走し右の長友(コーナーの守備でポジションを変えていた)に出し長友が中央に折り返して香川が倒れながら押し込んだわけだ。


相手は3枚残っていたんだが日本もカウンターの形ができるように乾が高い位置におり今野の爆走とともに長友、香川が走っていたんだな。
時間帯など多少の違いはあれど真ん中の爆走、右にはたいて中央に。
そして中の香川が決めるっていうパターンがそっくりなわけよ。

おそらくは海外の人たちもこの試合を見たら同じように反応するんじゃないかと思うわ。

それにしてもこのころのザックジャパン、強かったよなぁ。
まぁこの場面に本田はいなかったわけだが。

考えてみたら2010年のワールドカップが終わってアルゼンチンにも勝ったしフランスにも勝ち、オランダと引き分けベルギーにも勝っているんだから。

ワールドカップの本番で結果が出なかったという点ではジーコジャパンにも言えることだが、ジーコジャパンだってドイツと引き分けるなど叩かれるほど悪いチームではなかったとおいらはいつも思っている。
オーストラリアに逆転さえされなければもっと違った評価になったはずなのである。

なまじっか豪華な中盤で行けそうな感じで期待が高かった分だけ反動が大きかっただけだと思う。

まぁこの試合を見てコーナーの守備でしっかり3枚残していたって間が空いていたらどうしようもないってのはよくわかるシーンだわ。

羽生結弦を見るたびに
2019年03月24日 (日) | 編集 |
いつも思うことがある。

ああ、この人は演歌歌手だなぁと。
そしてミッツマングローブが好きそうな選手だなぁとw。

見せ方がまず演歌歌手だわ。
聞こえない声で有難うございますとつぶやく様がまさに演歌歌手だろ?
そしてどう見せれば相手が喜ぶかを考え自分に酔うようなしぐさも演歌歌手だと思う。

そしてこういうのが大好きそうなのがまさにミッツだろ。

まぁかっこいいから羽生選手らしくていいんだけれどw。

今日の代表選で見えたもの
2019年03月22日 (金) | 編集 |
今日のコロンビア戦で見えたものがいくつかある。
なかにはわかっていたことだが確認できたことってのも含めてだが。

まずわかっていたことだが改めてよくわかったのは乾と香川は一緒に使ったほうが圧倒的に面白いってこと。
それと、柴崎はゲームメーカーがほかにいたほうがプレーしやすそうだってことだな。
アジアカップで中島や香川がいないプレーといた場合では動きの質が明らかに違う。
マークが外れる分自由が利くのだろう。

関連するかもだが、南野は当初から書いているわけだが彼自身はフィニッシャーでドリブラーなわけだから彼を使うのはシャドーストライカーとしてでしかなく香川と役割が明らかに違うっていうことだね。

後半の最後のほうなんかある意味サービスタイムであってパスがつなげることのアピールのようだったわけだ。

もう少し守備が固い相手に対してああいうポゼッションができるかはわからないが夢が見れる時間だっただろう。

スペインのサッカーが終わったみたいに言う人はいるけれど、ポゼッションサッカーってのはポゼッションできている分にはやはり楽しいのである。
堂安だってあの中でもっとプレーしたかっただろうが、現状では堂安との連携よりも乾のほうが上だろう。

これはあくまで傍で見ているおいらの間隔なんだが香川がいるほうが中島などにパスコースが増える気がするのだ。
おそらくは一緒にプレーした人しかわからないかもしれないがフラフラしてるといわれる香川だが、それでパスコースを増やしているとおいらは思っている。
イニエスタなどもダッシュするシーンは少ないがいつでも受けれるように修正をしまくっているように思うのだ。

だからうまい人などは香川とプレーすることが楽しいと思うんじゃないだろうか。

チャレンジの試合はもう一試合あるのだから次はどういうメンバーが主体になって戦うのかが非常に興味深いね。

独り言だす
2019年03月17日 (日) | 編集 |
ブログニュースを見ていたら、子供の卒業式で君が代は歌いませんと書かれたプラカードを掲げた人がいたっていう話が紹介されていた。
絵を見ると高く掲げて後ろの人の視界を妨げている。

個人的にいつも思うのだが、左寄りの人って自分の主張をするために他人のことなど気にしない傾向が強いと思う。

沖縄などで政府の行動に抵抗するのもいちいち他人の邪魔をするというようなものでありまさに邪魔をする行為をしているわけだ。

こういうのっていつも思うんだけど、某お隣の国もそうなんだけど自分がどう思うとかは本当に自由で勝手なんだがそれを他人に強要するわけよね。
本当に迷惑なんだわ。
確かに一部には自分が嫌なことに対抗するっていう意思表示なのかもしれないが、他人からすれば全く関係ないし意思表示をしたい人の気持ちなど理解したくもないわけよね。

言葉は不適切かもしれんが、そういう行為って単純に迷惑でしかないのだわ。

だから。。。某お隣の国や左翼の人って嫌われるんだと思うわ。

きょうも立川志らく師匠はテレビに出ている。
2019年03月16日 (土) | 編集 |
何度もこの人の出演については苦言を呈しているおいらです。

あくまで自論ですが、人を笑わせる人に色がついちゃいけないと思うわけです。

落語界の大物といわれる人のだれが政治に口を出します?
人の行いに口を出します?

談志師匠だって望んで口を出すわけでもなく問われたら口を出す程度だったんじゃないでしょうかね?

それが志らく師匠だけはワイドショーなどの番組にでて辛口などと言われて舞い上がっているようにしか見えないんですわ。

おいらが思うにそれが許されている原因は志らく師匠に落語が見えていないからだと思いますね。
寄席などに顔を出している人などは師匠の芸を見ているんでしょうが、落語に興味が薄い人はほぼ印象がないわけです。

これが笑点などに出ている人だと世間から意見が出るのでしょうが志らく師匠は背景に芸はあっても表立って芸を見せない落語家(テレビで芸の見せていないっていう意味ですけど)だから許されているんだとおいらは思いますね。

ついでに談志師匠を追いかけているようですが談志は談志しかいませんから。

いま志らく師匠がテレビで人気なのは落語家という肩書で落語をせずにタレントやってるからですよ。

落語の勉強が背景にあるにせよ、落語以外が受けているだけにすいませんから。

雑談を二つほど
2019年03月15日 (金) | 編集 |
桜田五輪相 ピクトを知らず・・・という記事。

ピクト?記事を見るとピクトグラムだという。
なにそれ?なんだがスポーツの競技を表す絵というかマークらしい。

確かに競技場の案内などに競技を表している絵みたいなものがあったりするが、それのことらしい。

ピクトと聞いてわかる人はおそらくほんの一握りしかいないとおいらは思う。

こういう記事がニュースになったりするんだから日本は平和なのだろう。



もう一件はサッカーから。
スポーツニュースの記事を見ていたら香川の代表復帰で中島と背番号を南野とポジションを争うってことを書いているんだが、南野と司令塔のポジションを争うと書かれていたんだ。

それ言葉選びが違うと思うわけよ。

トップ下=司令塔って思うのが間違いであるということをメディアもしくは記者は弁上する必要があると思うな。
香川の場合はパスを出すことで意図を伝えるってことは結構あるかもしれないが、南野がやっているのはシャドーストライカーであって司令塔ではないだろう。
南野はアジアカップでもそうだったがパスを受けたらドリブル。
パスを受けたらシュートってことで結果を出してきた選手である。

おいらは南野の使いどころってのは実に限定的だと思っていて、中島がいれば中島がゲームの流れを作れることでシャドーの南野が生きれるし、中島がいなければ柴崎のパスに頼らなければ生きないだろうと思うのだ。
南野自身が流れを作れる存在じゃないってことだね。

一方で香川はドイツに渡ったころはその得点力にも魅力があったが今ではよりつなぎの部分を担う役目のほうが大きい。
トルコにわたって得点という結果にこだわっているようだが、香川には司令塔って言葉がふさわしいと思う。
香川の存在により例えば柴崎だってやりやすく感じていることだろう。
マークは香川にも就くわけだしパス交換もよりスムーズに行けるんじゃないだろうか?

こういう関係は南野では役不足だというしかないだろう。

要は監督がどの役割を重要視するかによって選手選びが決まるとおいらは考えていて森保監督の場合は、まだすべてにおいて手探りで可能性を広げることを第一に考えていると思うのだ。

中にはセルジオなども戦略が見えないなどと書いているわけだが、おいらは逆にずっといなかった日本人監督で森保監督には大きな権限が与えられていて それが十分試行錯誤できるだけの時間という猶予であると思っている。
その結果、多くの可能性を探るチャンスが得られるわけで選手を見て試していい方向を探せるのだと思っている。

おいらの持論で代表は結果が大事ってのがあるんだが、おいらは基本的に代表に呼ばれる選手ってのは実力差ってのはせいぜい経験値ぐらいの差でしかなく誰が出るにせよある程度の結果が出せると思える選手だと思っているので世間がいつンのメンバーと差を感じるほどにはおいらは差を感じていないのだ。
要はクラブでやれていることを代表でどうださせれるかが監督の手腕であって、よく代表戦で結果が出せずにもうあいつは呼ぶななどという批判はおいらから見れば見当違いでしかないのだ。
選手はチャンスをつかむために頑張るわけだが結果なんてのは時の運でしかないと思う。
少なくても代表に呼ばれるだけの結果を選手は出してきたわけで、クラブでできることが代表でできないのは代表のシステムが悪いのでしかないとおいらは思っているのだ。

まぁ監督とすれば自分が考えるスタイルに選手をどうフィットさせるかが課題で、選手がフィットしないのは選手にも問題があるが監督にも問題があるんだわ。
中には左サイドの選手をいきなり右サイドで使った監督もいたわけで・・・・。

長くなってしまったが、おいらは最近テレビなどの声が気になって仕方がないのだ。
言葉選びが下手っちゅーか。

ケーブルテレビの日テレG+でACLの再放送をやっていたわけだ。
そこではアナウンサーが前半とか後半とか両方を何度も繰り返して使っていて今前半なのか後半なのか全く理解できなかった。
解説の北沢氏が前半といったことで理解はできたがアナがテンパって前半なのに工法んと言ってみたりするのもダメだしいつも書くことだがアナの判断で反則とるなって思うわけよ。
アドバンテージで流したみたいに言うけど単純にファールとってないだけじゃんってシーンはいくつもある。

まぁ昔のアナウンサーってのは偉大でしゃべらないことで伝えたりマラドーナの一言を繰り返すだけで伝えたりと伝説はあるのだ。

個人的には最近ではラグビーワールドカップのスクラム組もうぜ!ってのはまさに日本の気持ちを伝える素晴らしいアナウンスだったと思っている。
割とラグビー界に人かと思っていたら、先日あるところでちゃっかり登場していたw。
ボーリングの桑田カップでアナウンサーで登場していて結構手広くスポーツアナやってるんだと思いました。

一言
2019年03月03日 (日) | 編集 |
NHKの卓球の番組を見ていて一番凝ったこと印象に残ったこと・・・・。

水谷隼って奥原希望選手(バドミントン)と同系列の顔だって思ったことw。