FC2ブログ
| Admin |
チラシの裏
2018年11月27日 (火) | 編集 |
ふと思う。

なぜKFCやマックでナゲットなるものを売るのか?

おいらはナゲットが苦手である。

こんなんうまいか?
普通の肉に比べて柔らかい感があるのだがおいらにはくず肉の寄せ集めにしか感じられないのである。
食感も苦手だ。

ファミリーマートのチキン。
これについてはあの後味が苦手だ。
好きな人にはあれがたまらんのだろと想像はしてみる。
が、おいらはあの後味が嫌いなんだわ。

ついでにおいらは基本的に安い舌をしていると自覚している。
そんなおいらだが、意外にもソーセージなど特殊に好き嫌いが多かったりする。
口に合わないソーセージが意外に多いのだ。どれも似たようなものに思うかもしれんがまずいものはまずいのである。
ちなみに肉類全般で好き嫌いが一口目で出てしまう。
ただ、不思議なもので馬鹿舌であることは間違いないと思うのがギフトでもらった神戸牛を自分で調理してたネタ結果がまずいであったことでうまい肉はどう料理してもまずくはならんだろということで舌がバカなのだと結論付けている。

牛肉はレアがいいとはいうけれど、おいらにとっては牛肉は豚や鳥に比べ匂いはきつく感じられるためによく火を通したほうが食べやすいのである。すき焼きは別物だがw。

大分唐揚げという大分では有名なチェーン店があるのだが、前は安くていい店だったんだが今は価格も上がっているし売りの安い弁当のからあげもナゲットみたいな肉になっている気がして食べなくなった。
それでもチキンカツはコスパがいいと食べていたんだがチキンカツもナゲットかつみたいになってからは食べなくなった。

店舗で違いがあるのかもしれんがそういうイメージがついてしまえば店に行かなくなるわけで味が変わっても気が付かないんだよな・・・。

まぁいまは自炊することが多くなったので構わんけど・・・。
スポンサーサイト




ドルチェ&ガッパーナ
2018年11月23日 (金) | 編集 |
中国人を馬鹿にしたとして大バッシングを受けているようだね。

これに対し西洋じゃ中国が過敏に反応している的な見方をする人もいるらしい。
日本でも同様の意見をする人がいるようだが、これに関しては個人的には中国人が正しいと思う。

まずは西洋人は黒人差別に敏感なくせに要用人差別に関しては本当に鈍感だ。

今回の件を整理してみよう。
中国で発表会をするために作ったCMでスパゲティーを箸で食べるのに巻き付けるにしても風豪だというような見せ方をしたり、ピザを箸で食べようとして見せたりと大きなお菓子を箸で食べさせようとして見せたりしているのである。
正直箸が未開の道具みたいに見せているようにしか見えないのだ。

このCMをSNSで意図を聞いた女性に対し中国人を糞だという表現をしたことが追い打ちになっているというわけだ。


正直、中国人と名指ししているものの日本人の箸の文化というものを考えたときに他人ごとではない。

まずはデザイナーが文化というものを理解していないことの問題だ。

箸の文化とナイフフォークの違いは文化の違いでしかない。
大きいものを食卓に出すか出さないかの違いである。

箸で食べる要用では食卓に出す前に小さくしているから箸だけで食べれるし多きまま出す西洋ではナイフが必要になる。
東洋人は器用だから箸で食べれるが西洋人は不器用だから工夫するわけだ。
肉料理と魚料理でナイフフォークが違うとかカタツムリを食べるために殻を挟む道具を工夫する。

一方で東洋では食卓に出す前に食べやすいようにして出すので食卓では箸一本で食べれるようになっている。
東洋でも日本は食器を口元に運ぶが韓国や中国は違うわけで箸の文化でもスポーンに関しては違いがあるようだ。

こういったことは食器にも表れているわけで西洋では皿と深皿が大きさが違うというだけで種類は少ないのに対し、日本では平皿や深皿に加え椀や小鉢などがある上にその素材にも大きく種類がある。

こういう違いは食事の習慣の違いによるところが大きく影響をしているわけだ。

デザイナーという感性が大事な仕事をしていながら他国の文化にケチつけるような人は尊敬に値しないとおいらは思う。
実際、おいらは機能性を除けば切るものに対しこだわりなどないといえるしファッションに興味はほぼない。

ちなみに控えめな日本人として今回のCMについて言わせてもらえば、まずスパゲティー。
箸で食べるのに巻き付けるなんてありえない。それをして許されるのは子供だけである。
箸はそもそも摘まんで口元に運ぶためにもの。
フォークはさして口元に運ぶための道具で細く手させないものを口に運ぶために巻き付けるという塚相方をしているのでしかない。
箸は細くても問題がないために巻き付ける必要がないのだ。

ピザや大きく作られたお菓子。
これについては上で上げたように箸で食べるための料理ではないのでなナイフフォークで食べればいいだけのこと。
東洋では食卓に大きいまま出すことはしないのである。

さらに言えば、日本では刺すことが下品でしかないわけ。
指で人を指すってのもあまりいいことではないし、箸で刺すなんてのは下品でしかない。
だが、日本人はフォークで食べる西洋人を見てもそれを下品だとは言わない。
文化の違いによる食習慣が違うだけだと理解しているからだ。
西洋料理を食べるときはナイフフォークで食べればいいし、箸で食べるにしたって刺して食べるような真似はしないけれどフォークというものの機能として認めている。ただ箸のマナーとして刺さないのである。

おそらくは中国人がフォークの刺すという機能を否定したら西洋人は不快になるだろう。
西洋人は批判されるまで自分の差別意識に気が付かないほどに鈍感なのだとおいらは思う。

黒人差別が概念として薄い日本では物まねで黒人の真似をした黒塗りがあるが一般的にはそのことが差別につながる意識はない。それを見た西洋人が差別だと騒ぐのである。
一方で彼らは東洋人差別に対し意識が低い。

日本人が白人の真似をする際に日本人の特徴でもある鼻の低さを補うために付け鼻をするが差別とは言われるケースは少ない。
しかしながら大きな鼻がコンポレックスになっている人から見れば差別的ではあるだろう。
まぁ文句なんてつければいくらでもつけれるわけよ。
それに対し一般的に意識とせ差別を感じるかどうかであって黒人というワードや肌が黒いことに対し黒塗りを差別と思わない意識が日本人にあるから差別と思わずにいられるわけだ。

おいらはパラリンピックに関してのCMなどで手足に問題を抱えていることに対し当の本人がこれを自分の個性だというのが嫌いではない。
背が低い。太っている。剥げている。視力弱い。
は普通の人が抱えている個性であるわけで肌の色が黒いも同様なことでしかないと思うのだ。

日本で活躍するボビーオロゴンはたどたどしい日本語を使って受けているが本当はペラペラだという話がネタになっている。
一方で英語やフランス語など多言語を話す知識人でもあるわけだ。
こういう黒人は日本に消え入る人には少なくない。

ついでに父母が違う国の子供をハーフというのが一般的だが、なかにはダブルと言っていた番組があって個人的にはその言い方が好きである。
二つのルーツを持つことにほかならず半分しか受け付けないわけではないからだ。

まあ今回の騒動では文化の違いを受け入れることについてもっと考えるべきだと思う。
ドルチェ&ガッパーナは全部で三百数十店舗を持っているらしいが中国にも44店舗抱えているらしくすべてがもしかするとなくなってしまいかねない行いをしたということになる。

その原因はデザイナーの無理解と差別的な思想によるものだとおいらは思う。
そしてそのことに気が付かない人が多いことに驚きと永川志位思いを感じるだけだ。

まぁおいらの生活そのものに全く影響はないけれど・・・・。

浮かれすぎっしょ・?
2018年11月21日 (水) | 編集 |
キルギス戦 4-0で終わった。

8日前に来日し鹿島と練習試合をして0-2だったキルギス。
鹿島も控え組中心だったらしい。

実際に試合が始まってすぐに点が入るわけでおいらの目には緊張しまくっていたように見えた。

1点目はゴラッソだったが2点目は明らかなキーパーのミス。
その後も落ち着かずに伊藤が2点ほど取り損なったし杉本にも2点ぐらいのチャンスがあった。

後半になると緊張がほぐれたのだろうか少し調子が出てきたのか攻めに入るシーンもあったが、おいらはすでに興味をなくしておりネットをしながらテレビを見ていた。
前の人間が総入れ替えになるまで点が入っていなかったわけだからキルギスがよかったのか日本が空回りしたのかはわからないが中島が入ってからすぐに得点が生まれその得点直後に中島にもゴールが生まれている。

ゴールが認められなかった三浦のヘディングもVARなら点になっていただろう。

決して悪くはなかったといえるんだが、テレビでは戸田や福田までもが替えが聞かないなどと言ってしまっているのだがまだまだ甘いとしか言えないだろう。
今でなければキルギスのような相手に勝っても評価のしようがないっていう雰囲気だったものが中島、南野、堂安に大迫を加えた4人は凄い的な評価を得ておりキルギス相手だろうが凄いで終わってしまっているのに驚きを覚える。

アジア大会では今日のような試合はほとんど期待できないだろう。
もちろん日本代表・日本人選手リスペクトのおいらだから負けるなどとは全く思っていないが、今の浮かれ具合にはビックリしているのである。

ロシアが終わってなお日本は弱い・下手だのと言っている人が多かったわけで今とのギャップが凄すぎるといっているのである。

そのうえでおいらは予防線を張っているといってもいいかもしれないが、大迫以外の評価はある意味不当であると思っている。
中島、南野、堂安の中ではおいらは堂安の評価が高く一方で中島には不安が付きまとう。

ボールを持たない中島にはポジション取りにも不安があるし今はうまくいくほうが多いのだけれど、ドリブルが引っかかることや強引なシュートが引っかかることがすでに非常に多いわけですよ。
いまはまだそれが失点につながるようなことになっていないからいいのだが、日本を相手にひいて守りカウンターを狙っているチームとあたった時に狙われる可能性は低くはないだろう。

加えて後ろからのビルドアップが遅いと低い位置まで下りてきてボールを受けようとすることも多く全体的に位置が低いのも気になるのだ。
キルギス戦は攻める時間が長く下がる必要もなかったためにそういう部分は感じることすらなかった試合で評価に影響がないのが逆に心配でしかない。

試合前にこういうスタメンなら柴崎が出たほうがいいと書いたが、柴崎が出るまでもなく攻め込んでいたわけで・・・。

キルギスとしても前半が悪すぎたこともあり後半も負けていながら攻める気を見せていたわけだが日本が本番で当たるチームは得失点差もあるので負けていても引いて守ることがあるわけだ。
そうなれば狭いスペースしかもらえない中で点を取りに行く必要があるし中島のドリブルもスペースに出て幾分にはファールがもらえるかもしれないが狭いところに突っ込んでいけばファールももらえずにカウンターのチャンスを与えかねないと思ったほうがいい。
まぁそれも中島の気持ち一つで突っ込んでいきながらパスを使えればいいんだけどね。

まlなんにせよ個人的には評価するには弱すぎて相手であって本番前の練習とはいえ逆に時間を置くことで全く意味がない試合にしか思えなかったわけよ。

ワクワクしたって人は多いかもしれないが、トーナメントに行くころまでそれが続けばいいなぁと思うだけでしかない。

まぁおいらとしてはいつも書いていることだがワールドカップに出た選手が悪いと思っていないわけで今騒がれる人間が悪いというわけでもなくうまく融合するのが一番だと思うわけよ。
公式戦で結果を出すまでは浮かれすぎるのは怖いというのが本音だす。

少しネガティブな意見なんで一応書いておくが、おいらはずっと日本人は下手じゃないし試合展開次第になるが強いとさえ思っているわけよね。
たとえJリーガーだろうがね。
代表選で活躍できないのは代表がうまく使ってやらないからであって下手だからではないのだと何度も書いている。
中島が輝いているのはポルトガルで王様をやり日本でもある程度それに準じてわがままが許されているからだと思う。
我を殺す必要が出たときにどうなるのかが大事で ある意味早くそういう場面が来てほしいと思うのだ。

まぁそうはいっても代表は勝たなければならないって言い続けているおいらとしては勝ってよかったとしか言いようがないw。

これから代表戦だが
2018年11月20日 (火) | 編集 |
先発メンバーを全員替えてきた。
悪くはない、むしろ戦術理解度を高めるためにやってもいい交代だと思う。

中島、南野、堂安に浮かれているが今までは割と彼らに自由にやらせてきているわけで おいら的には中島がボールに触れたがり下がってくるのが気になりまくる。堂安はそうでもないがロシアのメンバーに比べればおいじしょんが低く感じる。

まぁ彼らはテクニックがあり自分である程度は確実に運べるから有りといえば有りなんだが、今の中盤では1トップにはまる人が少ない気がしてならない。
中盤のサイドがもう少し高いポジションがとれるなら使える選手は増える気がするのだが。

ちなみにおいら的には中島、堂安がロシアのメンバーに比べて低いポジションをとるためにボランチが柴崎であるよりもむしろ今日出るメンバーのほうが相性がいいきがする。

今日のメンバーでこそ柴崎だと思うわ。

こういった大胆なメンバーの使い方は悪くはない。
前の試合は途中で前を全員替えているが、これは個人的にはナシであり替えるなら一気に全員替えるべきだと思っている。
ああいう交代はシステムが残りがちなために選手が自分らしいプレーをしにくいのだ。

そういう意味では今日の大胆なのはいい。

選手に合わせる戦術をするところがおいらは見たいのだ。

イッテQでやらせより
2018年11月19日 (月) | 編集 |
個人的にはイッテQのやらせの話題などどうでもいいと思う。

もともとこの番組は出川のはじめてのおつかい以外は興味がない。

そして祭りがやらせだとかどうかよりもこの番組の番宣で出てくるような女芸人がポロリするような企画や酷いいじめ的な罰ゲームなどがパワハラだったりセクハラに該当すると思えてならない。

海外なら確実に訴えられていると思う。

日本でもセクハラやパワハラの話題が出るとワイドショー的なもののMCに収まっている芸人などがコメントをしているが、実は芸人の世界が一番パワハラ・セクハラをしているであろう温床だと思う。
食えない芸人が売れている芸人に飯を食わせてもらっていたりすることで多少の無理は許される的な面があるだろうことは理解ができる。
しかし、そういうのを番組等で利用し女芸人に対し触るなど破廉恥な行為をするような企画をすることや過度な罰ゲームを強いることが日常化していて視聴者もそれを受け入れているのが個人的には異常に映る。

いや、正直おいらだってエロは嫌いではないのだが決して女芸人のエロが見たいとは思わない。
そりゃダチョウ倶楽部の熱湯風呂などが本当に熱くなくても形式美で認められるようなものならまだしも、極寒の地で湖に入るなど望んでやっているとは決して思えないわけよ。
おいら的には好きではないから見ないし、番組制作側は安易に笑いを取りに行っていると思うんだな。

こういってはなんだが、こういうのを放送しているテレビ局ではニュースやワイドショーでパワハラ・セクハラを否定していながら一方ではそういう番組を作っているわけよ。

なぜそういうことができるかがおいらには理解ができない。

ある芸人はワイドショーか何かで芸人をセクハラの専門家みたいにいっていたのだが、笑いのためなら許される的な思想がおかしいと思う。
いじめなどもいじめる側は面白がっているのだろう。
芸人のセクハラ・パワハラとある意味一緒だぜ。
同時にやらせ批判はするけど芸人がポロリする企画は良しとする視聴者もどうかと思うわ。

おいらはエロはエロとしてみたい。

日本のドラマ
2018年11月18日 (日) | 編集 |
正直、配役おかしいよな。。。

まぁ人によって異論はあると思うんだが、役者っていう存在があるのに素人同然のアイドルやアナウンサー、芸人が主転する意味ある?
中にはビートたけしや役者以上に芝居ができる人はいると思うが、そんなのはごく一部でしかない。

おいらはドラマで池井戸作品の下町ロケットの続きの存在を知ったわけで知らせてくれた意義は感じてはいるのだが、配役に関してはおよそドラマを見る気から遠ざけている。

前作で下町ロケットのガウディー計画においてはチラっと見たおかげで悪い流れの中に突きこまれてしまっている。
医師の一村役で今田耕司がでてきたわけでお察し通りに見るのは止めたのだが原作の本を読んでも一村が出てくる場面が今田耕司で再生されてしまっているのだ・・・。

今回のはドラマが始まったおかげで本を買ったのだが、天才技術者がいってQで今日のチャンネルを変える際に出てきていたのが(どの役なのかもしらないが)古館に福沢・・って池井戸氏はこの配役に納得されているのだろうか?と思わずにいられない。

ちなみに下町ロケットは地上波のドラマよりもwowowのドラマのほうが好きである。
神谷弁護士が女になっていたり脚色部分も多いけれど縁起の臭さ的なものはずっとマシであると思っている。

倍返しで一躍有名になり売れっ子になった感はあるが、壇蜜を除けば基本的に役者により演じられたものだということを忘れるべきではないとおいらは思う。

その後のルーズベルトゲーム、花咲舞などいろいろとドラマ化されてはいるが、クオリティーは下がる一方に感じている。

なぜ役者でもない存在を役者にしたがるのかが理解できない。
一人や二人ならまだいいとしても名の売れている人とはいえ大勢の素人を入れていいドラマができると思っているのは視聴者を甘く見ているとしか思えないのである。

まぁおいらはもともと読書が好きで原作を超えるものは決して多くはできないと思っているわけだから余計にそう思ってしまう。

名前は売れていなくても役者が演じることでいい作品になるケースってのはあるんじゃないの?
おいらはまだ見ていないが、カメラを止めるなっていうのは売れてる役者さえ出ていないのにヒットしてるんじゃないのだろうか?

有名というだけでキャスティングをすればその分お金もかかり人件費で制作費が圧迫されるってもんだろう。
いい作品をわざわざ作りにくくしているとしか思えないのだよ。

まぁ面白そうなら見るけどね・・・・。

池井戸作品でいえば花咲舞以外は見る価値なしっすよ。
あれだけは作品の一部を取り出したオリジナルドラマ(基本、一話完結ってのがいいわけで)だからちょっと色合いが違う。

まぁ原作者がこれでいいと思うのなら仕方がないが、ちょっと違うかなぁと個人的に思うわ。

独り言ってことで
2018年11月18日 (日) | 編集 |
そこまで言って委員会に広島の堂林と結婚した舛田アナが出ていた。

おいらはこの人結構好きだったんだが、改めてみるとどこが好きなのかと考えてしまった。



結論はやっぱりおっぱいだった・・・・。

日本代表の試合
2018年11月17日 (土) | 編集 |
きょうは試合前に選手の到着が遅れるなど地元の不手際があったので若干申し訳なく・・・。

まぁ事故って話もあるので仕方がないかとは思う。
明後日には大分の伝統?の車いすマラソンがあるわけでそっちはうまくいってほしいと思うね。


ちなみにこの到着遅れは選手にはアップ不足だったりミーティング時間の不足など問題はあったと思うが、前半から結構緊張感がある試合だったと思う。

試合を通してみて先発メンバーと控えで戦術的に課題を抱えている気がするね。
特に大迫選手がいるいないの差が大きい。
ロシア以降、大迫の重要度が増しているし中島や堂安の売り出しのままに戦術が行われていることが自然な感じになっていると思うんだわ。
一方でそういう代表の戦い方を考えたときにその全員がいなくなった時の戦い方 そのものがどうするべきかを選手全体で分かっていない気がするね。
おいら的には特に柴崎選手がらしさを見せていないで見失っているように思える。
ロシアで見せたようなするどいパスが影を潜めただのつなぎ役にしかなっていないように思える。
守備とつなぐだけなら柴崎よりいい選手はいるわけで存在意義にかかわると思うのですよ。

まぁ中島や堂安はボールを持って自分たちに推進力があるために高い位置を取らない傾向があることも柴崎がらしさを見せれない理由なのかもしれないと思う。
乾などはボールが来ることを想定した走りをしたわけで中島や堂安のスタイルとは異なるわけで柴咲のパスを引き出す動きというところで違いがあるのだろう。

仮にだが出場順が逆だったらもっと違う展開にできたのではないか?とおいらは思う。
中島、堂安がいるリズムのまま交代した選手になったのではなく逆になっていれば伊藤などが裏を取る動きをしそこを柴崎が狙う展開がある中で後から中島や堂安ならということである。

試合を見ていれば中島などはボールを触りに低い位置に下がるのを何度も見たわけでこういうプレーに対し柴崎はらしいボールを出せないだろうのは明白だ。
堂安にしてもそこまで低い位置でボールを受けないまでも自分で行くことに躊躇がないわけで高い位置でもらう動きが多いわけでもないってことである。
原口や伊藤はそういう選手ではない。

杉本にしたって大迫とは元々持ち味が違うのである。
杉本はでかいためにポストを期待されがちだが完全に違うプレーが持ち味なわけでこういう言い方が適切かはわからないが、典型的な代表になってプレーになってしまったように思う。
要はクラブで見せるいいプレーとは違うプレーをしようとして何もいいところが見せれなかったというところだ。

ちなみにこの試合の選手交代ってのはおいらが嫌うタイプそのものである。
代表っていうところがクラブと違うのであり代表らしいプレーを学ぶ意味でも代表でやっている選手の一部(一人とか二人までかな)を変えて代表スタイルを作っていくものだと思うのだ。
ところが今回森保監督は前を全員変えてしまっている。
選手はただ戸惑っただけだろう。さすがに原口はその中では自分らしさは多少出せたかもしれないが試合展開がいいところなしになっている場面では印象が薄いものでしかないだろう。

親善試合ってのが交代枠が6人とかってなっていることで使わなきゃと思うのは理解できるがスタイルが浸透しないままなら少しだけ変えるの繰り返しが大事だと思う。
そうすることで微調整が行われ新しい選手の個性も引き出せるというもの。

おいらから見ればこの試合で交代で新しく入った選手は監督の交代の被害者だと思うのである。

ってことだわ。

まぁ本来なら失点しないまま終わってほしかったのだが失点もついてしまい出来としてはよくはなかったとおいらは思う。
采配で勝てなかった試合だと思うわ。

前園と吉沢
2018年11月16日 (金) | 編集 |
飲酒によりタクシー運転手に暴力をふるった前園選手。
反省のコメントはもう飲まないでした。

飲酒して信号無視でひき逃げをした吉沢さん。
反省のコメントはもう運転しないですわ。

違うと思いますけどねぇ・・・・。

韓国人、どうなん?
2018年11月14日 (水) | 編集 |
BTSの話題がネットに出まくっている。

もちろんおいらも気に食わないといえばそうなんだが、基本 韓国人とは理解しあえないと思っているので気にするだけ無駄だと納得している。

だが、いつも思うことだが韓国人は日本を下に見たい欲求のために大事な部分を見誤っていると思えて仕方がないのだ。

今回も自分たちが日本を嫌いという理由でだろうが原爆=日本を懲らしめたみたいに思っている人が多いのだろうと思う。
地震=お祝います というパネルを掲げたのもサッカーの試合だったけれど、日本の不幸=自分たちが幸せみたいな感じなのだろう。
だが、絶対に彼らが忘れるべきではないと思うのが 常に被害者の中に彼らの同胞も含まれているんじゃないの?という思いがおいらにはあってそこを抜きにして自分たちの満足に思えてしまう彼らが理解できないのである。

彼らのことはカイカイ通信を見ればわかるが、全羅道?だかの地域を差別的に表現し下に見る傾向については顕著であるわけ。
日本でも一部では大阪の一部や九州の一部を蔑視的に表現する声もあるわけだから日本人だって同類であるのかもしれないが自分の満足のためには他者を顧みない傾向が強いように思える。

慰安婦の問題だって日本を下げる手段に用いられているだけで実際に慰安婦に金銭などが入るという点では嫉妬に似た感情だって持っているのかもしれないと思える。

日本人を戦犯国などというわけだがBC級戦犯には韓国人もしっかりいるわけよ。
朝鮮人は日本人としてアメリカと戦ったことを彼らは忘れているのだ。(まぁあえて無視している)

日韓請求権条約に関してもある人たちはサンフランシスコ講和条約を持ち出しているんだが韓国はそれに批准していない国である。この条約では日本が権利を放棄する旨を言いたいのだろうが、そこに署名した国は日本にたいする請求権を放棄するという項目は無視しているわけで あくまでも彼らは何事も都合のいい部分だけを抜粋して話をするのである。

まぁ結局言いたいのは彼らは日本を下げるためなら自分たちの同胞が被害にあっているようなことでも留飲を下げるために喜んでしまえる民族なのだということだわ。

日本人はセウォル号やデパートの崩壊事故などを見て馬鹿だなぁとは思うが喜びはしない。
ましてやそこで日本人の犠牲者でもいればそれを喜んでは不謹慎としかみないだろう。

彼らは違うらしい。
大勢の日本人が被害にあえば同胞にも被害者が出ていようが喜べるようなんだな。
ここが大きな違いであり 決して日本人が相いれない部分なのだと思うわ。

また?
2018年11月06日 (火) | 編集 |
チャンネルを変えていた際に池上彰の番組でグルカ兵というワードにつられ少しだけ見たんだが、入隊試験の一つで30キロの石を背負って走るというもの。
籠に石を入れて背負うのだが日本のスタジオで元水泳選手の松田が背負っているのだが、背負い方が酷くてあれじゃあ動けないだろっていう形でやっているわけよ。
向こうでは籠の形を普通に使った形に対し松田氏はわざわざ重心が後ろに行く形で背負ったわけ。

そりゃ走るのは無理っていうわな。

おいらは基本的に池上彰の番組は見ないので事実は知らないが、池上彰の番組では意図的におかしなグラフが出てきたりするという話をネットで目にしているわけで、これもまた?って思ってしまったわ。

そりゃ無理だろっていう形で感想を言わせるのってどうなん?

まぁどうでもいいけど。