| Admin |
歴史的な大一番が
2017年08月28日 (月) | 編集 |
近づいてきました。

怪我明けの選手が戻ってくる一方で長友選手が違和感で途中交代とかいう話もある。

おいらが昨日というか今朝見た柴崎もどうにも体が重そうに見え途中交代の一番手だった。

前回の試合でも先発で出た久保の調子が悪かったように見えたわけで27人を集めたっていうけど結局誰を使うかという面でハリルには大いに不安を感じる。
スポンサーサイト

思うんだけど・・・
2017年08月28日 (月) | 編集 |
バドミントンの世界選手権・女子シングルスで奥原選手が優勝したのは書いた。

奥原選手についてはリオオリンピックで銅メダルを取ったことでも実力者であることは間違いがない。

ただ、オリンピック後に肩の故障で一時期は練習さえできずにいたわけだ。


おいらが奥原選手を知ったのはテレビ東京の番組でメーカーに密着するもので奥原選手に対しラケットを供給しているのが紹介されたことによる。
バドミントン自体はケーブルテレビで見れるスカイスポーツでも見ていたがどちらかといえば世界で通用していたダブルスにしか目が行っていなかった気がする。
オグシオペアからこっちフジカキペアそしてリオで金を取ったタカマツペアと実績があるからね。

比べてシングルスは名前さえ知らずにいたんだな。
番組を通じて奥原を知り、そこから山口などの選手を知ることになったわけだ。
一応はうえで書いたようにバドミントンの試合は実業団の試合も放送はあったんで時々は見ていたんだよね。
まぁ主に藤垣ペアのころだけど。

で、全英で奥原が勝ち高松ペアが結果を出したこともありリオでは奥原を注目していたんだな。

リオではメダルを取ったことはよかったけれど金をとれなかったことが残念だと思っていた。
なぜなら世界ランク1位のマリンに対し相性が悪くなかったわけで結構期待をしていたから準決勝さえ勝てばという思いがあったわけよ。
まぁ過去の話ですけどね。
で、故障があったにもかかわらず今回結果を出せたことが非常にうれしいわけです。
決勝はリオで負けた相手だったがなぜか奥原のペースに付き合ってくれた感じはあって見ていても本当にしんどい試合でしたが優勝できてよかったと本当に思いますね。
山口選手が負けた中国選手などが当たっていればもっとしんどかった気はしてるんですよね。
なぜなら奥原選手はネット記事では157センチと書かれておりテレビの中継では156センチといわれているように決して大きな選手ではなく決勝で当たったインドの選手などが179センチとか大きな選手と戦うわけでとにかく戦術と粘りで勝つタイプなわけです。
リオで負けた際もそうなんですが、相手に先に責められるとどうしても対処できない場面が出てくるように感じます。
相手がせめてミスにつながればいいのですが、押し込まれるとやはりつらいと思うので山口選手に勝った中国選手やインドの選手などが攻めて来たらやばいと思ったんですよね。
まぁそういう意味でも先に書いたように攻めるよりも守りに入っていたようでよかったと思います。
もっとも守ってもそれなりに強く一進一退で最後のポイントが決まるまではどちらが勝つかわかりませんでしたしね。

まぁ奥原選手についてさんざん書きましたが、本題はこれからですw。


あくまで個人の意見ですが、奥原選手がわかりやすいかなと思うんですが世界と対等に戦う際に同じことやってちゃいかんと思うわけです。
おいらが好きなサッカーで外国基準で考える人が結構いるんですわ。
海外ではこういう風にやってて日本人はそれがうまくできないと会いうわけですね。
たとえばゾーンディフェンスです。
日本の多くのチームがマンマークを基本にしています。
したがって選手はゾーンの経験がほとんどありませんしましてや海外では言葉の壁もあり海外厨には日本下げの代表的な文句になっているんですね。
まぁ吉田や内田、長友に加え両酒井などセンターバックの一人以外は海外勢が占めているわけでゾーンができないってことはないと思うんですが実際はうまくありません。
まぁボランチなども含めて全体がゾーンを理解sていないといけないとこともあるのでしょう。
(まぁほかのポジションも海外勢がほとんどなんですけどね)

でも、おいらは同じことを同じようにやったら日本人は上に行けないと思うわけですよ。
個で戦っても負けるなら二人がつけばいいし運動量で勝てばいいと思っているわけです。
そういうのを海外の人が見ると無駄な動きが多いなどというかもしれませんが、そういうのってあくまで流行に外れた外国人目線でしかないとおいらは思っています。

海外の人から見れば奥原選手は強いと認めるのは認めるでしょうが真似したいかといえば決してそうではないでしょう。
体格に恵まれた素材がいるわけですから相手よりも早く攻めて主導権を握ったほうが印象もいいし決まればそれが勝つ近道でしょう。
奥原選手だって体格に恵まれていれば違う戦い方をしたかもしれませんが現状で勝つ道を考えたときに今の戦い方があるように思います。
つまりは、サッカーだって同じでまねをしてたら劣化版にしかなりえないと思うんですよね。
まねて改良を加えればいいのでしょうが、そもそも体格などで劣っているのですから厳しいのは間違いなく持久力に優れる日本人だから戦える術ってものがあると思うわけですよ。

黄金の中盤なんて言われるような時代においてもどちらかといえば守備で頑張るチームだったと個人的には思っていて、それが今は少しぼやけているように感じてるんですね。
だから守備について海外と違うことをダメだと思うのはやっぱりちょっと違うと思うのかもしれません。
おいらはゾーンじゃなくマンマークでいいと思うし一人で負けるなら二人で行って後は運動量で守ればいいと思います。


今の選手の技術は基本的には優れているはずで、日本が苦戦するとすれば言われたことをきっちりやるが応用力が弱いということが問題なんだと思います。
リードしているのに早く攻めて相手がボールを持つ時間を長くしてしまうなど戦術の切り替えを自分たちでうまくやれないことなどに大きな問題を感じます。
ザック時代なら選手の自主性ってもっと出せたかもしれませんがハリルになり言われることをやろうとしすぎてそれを変えるリーダーシップを持つ選手が出てこないことが問題を大きくしていると思いますね。
本田はそういう面ではリーダーなのかもしれませんが、遠藤のようなベテランが年齢を理由に代表に呼ばれないことでチェンジペースなどがうまく機能しなくなっている感じはしています。
若手を使うということの悪い部分が目立ってしまっている気がするってことですね。

次の点を取ってしまえば決まるかもしれませんが失点をしなければ勝てることも理解したうえでAプラン、Bプラン療法を見据えた試合ができるようになってほしいものです。

おいらは選手が言う自分たちのサッカーというのは好きではありませんが一方では日本字ができr負けないサッカーを自分たちのサッカーと思ってやることはもっと必要なことだと思います。

きょうもいいニュースが続々と
2017年08月28日 (月) | 編集 |
まずは卓球。

張本がツアー最年少優勝だ。
女子ダブルスでも伊藤・早田ペアが優勝し、シングルスの決勝も日本勢で争い石川が優勝したらしい。
うっ、石川の優勝は前の大会記事だった・・・とほほ。
だが石川と伊藤が決勝で当たるのは間違いないようだ。

バドミントンもやってくれた。
決勝に残った女子ダブルスは敗れたがシングルスで奥原が優勝した。

前回不安視していたソフトボールもアメリカに競り勝ち優勝したようだ。

U17の国際大会でサッカーもチェコに逆転勝ちしたようだ。

さてさて、この時間からはリーガの2試合を見なければいけない。

乾の試合と柴崎の試合だな。。。


今日も寝るのが遅くなるw。



アメリカの映画と
2017年08月27日 (日) | 編集 |
テレビでカリフォルニアダウンという映画を見た。

まず最後のシーンで感じた日本との違いから書いてみる。

そもそもレスキュー隊員である主人公がいてアメリカで大地震が起こったという映画なわけだ。

最後の場面でレスキュー隊員の主人公が家族を見つけて乗り切り安全な場所に避難して家族と海を見つめるっていう場面だな。

おいらが感じたのは、レスキューの仕事をしている日本人を描いたとすれば家族を放っておいてでもレスキューに出動しているのを見せる気がするんだな。

こういうとこがアメリカ人と日本人の違いなんだろうなとまず思ったわけ。

ついでに書いておくと娘を探している最中に津波の被害にあった人を助けているボートの横を通っているのに見向きもしないで娘を探しているのにも違和感があったわけ。

まぁお国柄の違いなんだろうが、主人公おいらが見始めた場面ですでにヘリコプターを操縦していたんだが、その後車にセスナ、ボートと操縦しているんだ。
日本なら最低4つの免許がいるだろうな。
アメリカなら主人公がトラックなどの大型を運転することも普通だからボートやヘリ、セスナもありかってことなんだろうw。

それにしても家族を大切にするのは外国人の常なんだろうな。
日本の漫画で『め組の大吾』で主人公が言うのが身内は最後だ!ってのが象徴的なんだな。

ついでに書いておくと、災害でパニックになっている光景が描かれているわけだから アメリカなら当然略奪の場面も描かれている。
日本の映画ならおそらくは助け合うことが描かれるのとある意味対照的なんだなぁとも思うわな。

いや、スケールはでかくて悪くはないんだが やっぱ日本人基準だとヒーローの描き方が違うなぁと思うわけよ。

そういう意味でも日本とアメリカのヒーローを描いた映画の最後の部分が象徴的だと思ったから少し書いてみた。
おいらは日本人が作ってれば最後の部分でヒーローはすでに別の誰かを助けに行っていると思うわ。。。

連日の朗報!
2017年08月26日 (土) | 編集 |
おいらは今、毎日バドミントンの世界選手権の放送を見ている。

バドミントンは今全盛期ともいえるほど充実してきている。

昨日は準決勝の日で日本人が大活躍をしている。

男子ダブルスでメダルが確定する勝利を挙げたのに続き女子シングルスで奥原が世界選手権連覇中で先のオリンピックの金メダリストのマリンに競り勝ちメダルを確定させた。女子ダブルスもベスト4に2チーム残りメダルを確定させている。
惜しくもミックスダブルスと男子シングルスはメダルに届いていないが男子シングルスでは違法賭博問題で謹慎をしていた桃田選手が復帰しているから今後には期待が持てるだろう。
まぁ現在は謹慎により世界ランクが落ちているから出場すらできなかったわけだが・・。

また、スポーツを扱う記事では現在レスリングでもいい話題が続いている。
女子は大御所が出場していないがそれでも世界選手権で4つの金メダルを獲得している。世界選手権はオリンピックより体重別の種目が分かれている分競技種目が多いわけで強いクラスは世界選手権の金メダリスト同士で出場枠を争う可能性もあるんですよね。若い選手も活躍し吉田選手などがたとえ引退しても安泰の感すらある。
男子も金メダルを取っており東京に向けいい感じじゃないかと思う。

ユニバーシアードの大会でも水泳を始めいい結果報告が届いているようだ。

別記事では女子のバスケットが勝ち進んでいるという話もある。

サッカーでもU17の世界大会で日本が4連勝で決勝に進んだという記事もあった。

サッカーはもうすぐワールドカップ出場に向けた大一番があるわけだが勢いをつけたいところだな。

ボルダリングもケーブルテレビを見ていればスカイスポーツで頻繁に放送されているが常に上位に日本人が進出している。

まぁすべてが順調にも見えるがソフトボールだけは大エースの上野が年を取り不安はある。
少し前まではアメリカにも勝っているイメージだったが最近はアメリカに負けた記事を多く見ている気がする。
カナダに負けたというのも見た気がする。
まぁ時間はあるわけだから改善するところは改善しオリンピックには期待をしたい。

それにしてもさきほど大誤審があったサッカーだが、何とかならんのかと思う。

前半に誤審があったわけで おそらくはハーフタイムに誤審はわかったはずだ。
にもかかわらず試合が終わりリーグから正式なコメントが出るまでなんの対応もしないってどうなの?
誤審が分かった時点でハンドをした選手は退場でもさせるべきなんじゃないかと思うわ。
おそらくは後になって処分が出るんじゃないかと思うが、誤審によって不利を受けたチームに対しての対応が何もないなんてのはどう考えてもおかしいだろ。

ああ、それたw。
なんにせよ、いま世界から伝わる朗報が多いのはうれしい限りだ。

ウソをつくな!www
2017年08月26日 (土) | 編集 |
いまBSでサッカー中継を見ている。

サッカー中継を見ていて時々必ず突っ込みたくなることになる。

何に対してかといえば中継するアナウンサーにである。

彼らはレフェリーの行いに対して自分の意見を言うんだな。

って・・・・、書いてる最中に大誤審だわ!

手でクリアしたのが見逃された!


まぁいいわ、これは荒れるw。

ちなみに今日の突込みは線審が下向きにコーナーフラッグを指しているのにスローインと中継したアナウンサーがコーナーにボールを置くのを見てコーナーに変わりましたというのだ。

ちゃうだろ、お前の言葉が間違ってただけだろうが!

線審はコーナーなら下向きにコーナーを指すわけでサイドラインを割っていれば旗を揚げるんだよ。

これが正しい判定だ。


アナウンサーがよく間違うのが自分はファールがあったと思うのだろうがそのままプレーが続く際にアドバンテージという言葉をよく使うのだ。
ところがよく見ればわかるんだが、アドバンテージってのはファールを受けた側が続行したほうが有利になる場面でしかありえないのだがファールを受けた側が不利になるケースで続行されているのがよくあるわけだ。
これは単純にファールはない!と判断されただけであるのだがアナウンサーはアドバンテージという言葉を使ったために取り消せないで矛盾のまま進んでしまうんだな。
ほかにも多いのがファールの内容を勘違いして言うってのがある。

ハンドを取られたのをオフサイドと言ったりするケースだ。
まぁこの場合横にいる開設者がまれに指摘するんですが、多くのケースでアナウンサーの間違いは指摘されない。

おいらはこうアナウンサーの間違いを指摘するが決してアナウンサーを批判するつもりはない。

サッカー専門のアナウンサーの場合むしろ逆に尊敬をしている。
サッカーは瞬間瞬間の連続なわけだが、アナウンサーは画面に映る瞬間でその選手がだれかを判断し視聴者に対し誰がプレーにかかわったかを伝えるんだな。
おいらなどがテレビを見ていてろくに背番号が見えない局面でもアナウンサーはその選手が誰かを理解し伝えるんだよ。
つまり選手の身体的特徴などでも誰かがわかるぐらいには知る必要があり実際に覚えてるってことなのだろう。
しかもである、海外の中継をしている人は長ったらしい日本人的には発音しにくいであろう名前まで覚えているんだよ。
バルサやレアルの選手ぐらいなら覚えられるんだろうがごくたまにしか中継されないような選手の名前まで覚えるんだから凄いだろ。

だが、日本で中継される場合のアナウンサー、お前らはダメだw。
ウソをつくんじゃねぇw。

ふと思うこと
2017年08月25日 (金) | 編集 |
おいらはスケベだが。

ネットでエロい記事を見るとパンツが見えただのブラ紐が見えただのというのが結構あるんだな。

おいらが見たいのはパンツが隠しているとこだったりパンツが見えるあたりの肉体なわけでパンツが見たいんじゃないんだ。

同様にブラジャーが見たいわけではなくブラジャーが隠している部分が見たいわけですよ。ましてやブラ紐が見えたと興奮する要素などないんだが・・・・。

代表選手27人
2017年08月24日 (木) | 編集 |
大一番に向け招集選手が発表された。

まぁ誰が選ばれても良いっちゃ良いんだが・・。

選手を見て基本は海外組重視の姿勢を感じる。

これまでの発言などからすれば今回の原口などは選ばれる資格があるのか?など考えられるが過去の戦いでの実績は無視できないってことなんだろう。
また微妙なのが小林選手とか浅野選手だな。

小林選手が悪いということではないんだが、代表での実績とほかの選手を見たうえでの出場の可能性を考えたときに微妙と言わざる負えない。
今回FWが9人呼ばれたらしいんだが、果たしてコンディションはどうかという部分は興味深い。

ついでにいえばいくら慎重になったところで肝心なハリルの判断という大問題が残るので決して安心はできないだろうな。
前回、勝たなければいけない試合で見るからに体調が悪そうな久保を使いアクシデントがあったにせよ足まで攣った久保が最後までプレーしたのは明らかに采配ミスといえるだろう。
香川と井手口の交代はアクシデントだがもう一枚は使えた中で監督の選択は原口だったわけだが多くの人が指摘したように久保だったのではないかとおいらも思う。

まぁ現段階では出場できる可能性を広く持つということで邪推しても仕方がないが、おいらからすれば前回の招集で怪我明けで無理をして呼んだ今野を今回外す意図が見えない。
攻撃的という意図はあるのかもしれないが、前回もリードしながら追いつかれたことを考えれば今野は重要な位置づけにあると思う。
長谷部がいけると踏んだのであればそれなりに説明はつくかもしれないが当の長谷部も怪我明けでしかない。

選ばれた選手を見ればそれなりに国内組もいて日本の暑さ対策にも配慮しているようにも思えるが主に後ろの人間が多く、また実際に使われるかどうかも含めれば結局のところベンチのメンツが少し変わっただけにも見える。

まぁMFなどで小林や柴﨑といった選手がFKを蹴れるしガンバでは井手口も蹴っていると考えれば多少の対策は考えているようにも思えるがここも実際に試合で使われるかという問題がある。

つい最近だが、CS放送でACLの再放送の後に時代ごとの日本代表のゴールシーンを見せてくれていた。
ザック時代の後期になりFWが点を取れない時期が思い出されるが、2010年以前と2011,2012年前半ぐらいまではFWがそれなりに点を取っていたんだよな。
こういうシーンを見ると一昔前の代表のMFが出すスルーパスってのは結構鋭くとるべき人が取っていた感じを思い出させると思うな。
俺たちの~って言いだしてからはどうも特定選手しか点が取れなかったが・・・。

まぁこうやって記事を書いているがすでに選ぶという作業は終わってしまっている。
出場の可能性がある選手に頑張ってもらうしかないのだ。

そして何より重要なことだがハリルが選手を把握しうまく使ってくれることを望むだけである。選手はそれにこたえワールドカップに行けることを決めてほしい。

いまいえることはそれだけだと思う。

ふふふ。
2017年08月22日 (火) | 編集 |
ネットサーフィンで記事を読んでたら面白いのがあった。

まぁ普通の人にはどうでもいいし面白くもないかもしれんが・・。

趣味でシュークリームを作ってたら警察に捕まったっていうものだが、趣味が高じて土日にスーパーの店先で販売するようになり利益を得ていたが資格もなくやってたので捕まったという話。
まぁ本人はそう言う資格がいるとも知らず副業禁止なのが会社のもばれて怒られたらしい。

結構物を売るにも実は資格が必要だったりするんだよな。

加工された食品を売るのだって食品衛生管理者っていう資格が必要だったりするんだよね。

食品は場合によっては調理師の資格が行ったりするし調理師でなくても上で上げたような衛生管理の資格がいる。

まぁこういったものって一定時間以上いる有資格者がいればほかの人は資格がなくてもいいんだけどね。

船舶免許なども実は資格者がいれば実際の運転者は別の人でも良かったりするんだな。(今でもそうかは知らないが)
自動車なんかは運転する人が資格者じゃなきゃいかんけどな。

ちなみに衛生管理者は自治体で定期的に行われる講習を一日受ければ資格が取れる。

おいらの前にやっていた古本屋は古物商の免許がいる。
これも有資格者がいればほかの人は必要ない。だからアルバイトには資格はいらないってわけだ。
弁当屋でバイトする人なんかも同様で資格者がいればバイトは別に資格がなくても仕事ができる。

古物商の免許などは結構いろいろなところで必要になる。
いわゆる中古品を扱う場合に必要になるために古本に限らず、中古車などを扱う場合や古着などを扱う場合にも必要になる。

これは警察署に申請し審査をされて問題がなければ資格が取れる。
その際に、どういう仕事をするのかを聞かれ結構限定的な資格として交付されるんだわ。

実際は詳しくは知らないが親族の犯罪歴などが調べられると聞いたw。

いまおいらが履歴書を作れば免許などでは普通免許しか書けないが、一応衛生管理者も資格は取った(執行するのかどうかも記憶にないんだが)し個物の免許もとったが古本屋の廃業に伴い免許を返還した形になっているからもはや資格はないw。

おいらはよくは知らないが世の中にはそれこそ一日攻守を受けるだけで取れる資格なんてものが他にもおそらくは存在しているのだろう。
まぁ普段はほとんど気にはしないが床屋なんてのも国家資格が必要だからね。
実際髭剃りなんてのはお客に刃物を充てるわけだから資格が必要ってのもわからんでもないわけだ。



関連して・・・
2017年08月22日 (火) | 編集 |
先ほどの続きw。

ふと思ったんだが、仮に小池知事が移転延期をしなかった場合を考えてみた。

共産党が調べていたからどのみち地下の問題は発覚したわけだし、地下水の汚染も検査結果は移転後に出たわけだよね。

つまりは汚染も建築内容を変更したことは後になって大問題として噴出しただろうことはわかるんだよな。

たまたまというか予測されたから知事は延期したんじゃないかという見方もできるわけだわ。
まぁもしかするとたまたまで結果的にかもしれんけどな。

建築内容が帰られたってのも地下水が汚染されているってこともハッキリ言って小池知事とは無関係だよな?


ならなんで小池知事が悪いっていう話になるかがおいらには全く理解ができない。


まぁ小池さんは政党を渡り歩いてきたわけで 本当にいい政治家かどうかは後になるまではわからんけどな。
もしかすると最悪の知事になるかもわからんよ。

おいらが今知ってることは旧自民党と議連と対決することで知事になりオリンピック問題では結局会場は変更はしなかったが予算を削減したってことと、豊洲移転を延期したってことだ。
結果、盛り土問題と地下水汚染が発覚し結果的に移転を決めたが延期に伴い多くの税金が使われたってことだな。
これを無駄遣いという人がいるってことだが、おいらは移転する前に問題が発覚し議論されたことは無駄ではないと思うってことだ。
もう一つあったな。
小池氏が都政改革のために立ち上げた地域政党 都民ファーストの会が オリンピック問題や豊洲問題があった中で支持され第一党に選ばれたってことだわ。

だが、政治家やメディアは小池知事をどう思うかを盛んに議論し 都民の選択とは違う風に評価をしているってことだなw。

またまた偶然だが・・
2017年08月22日 (火) | 編集 |
たまたまチャンネルをいじっていて見ないと公言していた橋下の番組が目につき少しだけ見てしまった。

何人かが自分の意見を言い見に来ている人がどれだけ共感するかが目に見えるという形式のもの。

ちなみにすでにチャンネルは変えているw。

おいらがパネラーの主張を聞いたのは小池都知事がやりたいことができていると思うかを問うたものでパネラーの主張を聞いた時点でチャンネルは変えている。

一応、スタジオで投票した結果が竹山が一番共感しているところまでは見た。

ちなみにおいらはひろゆき氏が一番客観的で正しいように感じる。
彼の主張は責任の所在がはっきりしている分いいんじゃない?っていうものだろう。

一方でおいらが一番懐疑的というか理解できない主張が正に竹山氏が言ったやつかな。
彼はいろいろ取材をしたともいったんだが、内容としては豊洲問題で移転を伸ばしたけどそのために百何十億かが使われたことを知るべきといったんだわ。
だけど、おいらからすればそういったお金が使われたことはさんざんワイドショーなどで国民に伝わってるんじゃね?ってことに加え 本当に議論すべきことって別のことなんじゃないかとおもうんだよね。
結局、元の通りに移転しますってのはただの結果論でしかなく 小池知事が判断し伸ばしたことで分かったことをどう受け止めるかに本当の意味があるんじゃねってのがおいらの考えだわ。
つまりは移転に至る過程を改めて検証したということや汚染物質が見つかったってことは延期して調査しなければわからなかったことなんじゃね?ってことで、知らなくてよかったことなのかということだわ。

なかにはただの時間の無駄だったっていう人はいるとおもうけど おいらはこういう調査結果が出たと知って議論しそれでも移転すべきっていうのと知らずに移転してあとでわかったら?ってのは全く違うってことだと思うんだな。

延期した結果汚染が発覚、当初に約束し得いた内容と違う建築になっているともわかったわけで それらをずべてしって議論された結果移転が決まったってことは何もしないで移転したこととは全く意味が違うと思うんだけどな。

ちなみに結果が同じなら意味がないってのなら現政権に反発する野党なんかは存在意義などないんじゃね?w
さんざんメディアも含め政権批判してきたが今では支持率も戻りつつある。
まぁアンケート結果の支持率に大きな意味などないとは思うけどな。

つまりは、権力を持った人間に対し批判的になるのは結構だし将来に向けて意見を持つのも結構。
だけど、結果が同じだったら意味ないっていう発想をしてしまうのは違うんじゃね?
実際小池都知事の場合は検討した結果築地跡地の利用はこれまでと違う結論なんじゃね?

うまくいくいかないは今後のことで失敗するとも成功するともわからない。
結果は後にしかわからないものだわ。

豊洲に移転し他結果、もしかすると仲卸の存在はもっとすたれることになるかもしれず(実際費用は築地にいるよりもかかるわけだからね)10年20年のスパンでしか結果はわかるまい。
小池知事がいい知事だったかの評価はそういった年月が過ぎた後でなければわからないってことだわ。

メディアなどの反応はそういう事実に反して今すぐに結果は知りたいという謎の展開でしかないとおいらは思う。
そして同様に自民党政権と関連させてどうだとかっていう考えに縛られ関連付けされていると思うんだわ。

個人的にはある意味、知事ってのはそういった国政とは別の次元で考えたほうがいいと思うし実際に東京以外はそれで成り立っていると思うんだ。
そういう点ではワイドショーなどで元どこそこの知事なる人物たちがこうだろうって話をたくさんしているがおいらの目には見当はずれにしか見えない。
そりゃそうだ、東京以外の知事は国の援助なしに何もできないわけだが東京は逆に国に吸い上げられ地方に金をとられている唯一の自治体だからな。

話がそれたが、基本的に議論しても当然結論などでないものをやっているのでこの番組の続きを気にする必要もないし、ましてやおいらは大分県民で東京都のことは口をはさむ立場にもない。

ただ、小池都知事について語るときに彼女が何かをしたことで結果が変わらなかったというような議論になることについては異論があるってことだわ。
オリンピックの会場問題もそうだが、議論され予算が削られたことは評価するべきだし会場が変更されなかったって言うことに焦点を当てているがそれだって予算は削減されたってことについて語ることがないのが不思議でしょうがない。
上で書いた豊洲移転についても延期したからわかったこと、議論されたことの意味を考えずに結果的に豊洲に行くんじゃんと言って延期した結果わかったこと、議論された事実をなかったかのようにしてしまうのはあまりに乱暴な考え方だとおいらは思う。

豊洲に移転し営業されている中で汚染が分かった時のどうなるかってことを考えれば事前にわかり議論された結果移転したってことと市場を利用する人が受ける印象は大きく違うとおいらは思うけどな。

どうも単純に何かにもっていこうとするメディアの意思をおいらは感じてしまうな。



害悪?
2017年08月20日 (日) | 編集 |
おいらは最近というかここしばらくユースを見ていない。
一応暇なときにチャンネルを変える際太目についてみるということはあるが、大抵は内容のくだらなさもしくはコメントのくだらなさで結局すぐにチャンネルを変える。

それでもニュースは知っておきたいからネットでチェックはしている。

そしてネットでまず見るのがそういうことを扱うブログ記事であり目で追うのが見出し記事である。
まぁおいらもネトウヨ化してきているのか目に付くのが最近のひるおび!への不評記事である。

おいらはセウォル号事件のころからか普通にひるおび!を見るようになっていたが、いまではほぼ見ない。
今思えばひるおび!もTBSでありいわゆる反日要素はあったんだろうことにくわえもともとひるおび!のメインの一端が単なる天気予報を詳しくやる番組なわけですよ。

そこにきて昨今の不評の原因たる安倍政権批判の急先鋒的な批判の代表格としてネットで認知されたんでしょうね。
まぁ今のようなひるおび!への批判記事が多く出る前においらは見るのをやめたんですが、基本的には報道姿勢の偏りをよく見ていたがために早く知っただけなんでしょうね。
まぁ今ではひるおび!を含めいくつもの番組制作にかかわる会社への批判とともに代表格になってしまったんですけどね。
ひるおび!への不満でほかの番組も多少見ましたが出てくる演者っつーか評論家はほとんど変わり映えなく結局各局が取り上げる内容も同じになっていて伊藤某氏などを見るのが嫌になりテレビではバラエティーとスポーツ、映画以外は見る価値がないという結論になりましたよ。

伊藤某氏に限らず元市長なども出ているのを知ればチャンネルを変えますし、元知事でコメディアンの方も完全に敬遠している次第です。

この元県知事のコメディアンの方、使い勝手がいいのかどこにでも現れるんですがたいていはろくでもなく批判ばかりしているわけです。元市長も結局のところ誰かを批判するための話になるケースが多く、過去からおいらはこの方は基本的に他の人の話を聞く姿勢に欠けていると思っておりますので当然のように見なくまりましたね。
いや、一応は聞くんですが彼理論で言い訳をし結局自分の話を押し通しますよね。
おいらが一番この方を見限ったのが竹島の話です。
共同管理などとのたまいましたよ。んで、日本の態度を批判していたんですが まず自分が言い出した話ですが相手である韓国がその話を飲みますか?という視点が全くありませんよ。まず飲まないでしょう。
よくこんな話で人を批判するのかと思えばあとは聞く気にもなりません。

元県知事さんも、県民のためにやるべきことと今の東京都だったり国だったりの話は次元が全く違う話であり彼がやってきたこととはかけ離れているにもかかわらず訳知り顔で語ってますよね。
でもって、批判は簡単なんですよ。野党に加えメディアが後押ししてますから。
じゃあそこで具体性があるような批判の仕方をしているかといえば論理性にかけ心情的な物が中心です。
もちろん、政府側に立った意見など全く取り上げません。テレビと一緒で報道しない自由を堂々と使います。

こういう人が重宝がられてテレビで発言している姿こそが今のテレビの醜悪性を表していると思うんですよね。

いやぁ、テレビだって過去にはそれなりに見れる番組ってあったんですけどね。
いまは見たい番組がほとんどない。

まぁおいらはケーブルテレビに入っていますから24時間、どこかで見れるスポーツ、映画、バラエティーなどが放送されていますからね。
加えて、ネットやってますからテレビはBGM的な要素が大きいわけです。
まぁネットの合間にガッツリ見ることもあるからその時間(もちろん不定期ですから)にいい番組があるってのは微妙なんですけどね。

とりあえず、いまは出演者によって見ないっていう判断をする番組が増えちゃってるんで余計にみるものが減ってますw。

おいら一つだけ本当に不思議に思うことがあって・・・。
ネトウヨが嫌う人っているじゃないですか?(おいらも一応はネトウヨの一部を認識はしてるんですが)

嫌いなのに情報を持ってるってことなんですよ。
左翼認定されて嫌われている人たちのツイッターをフォローしていたりろくな番組じゃないと批判しているのにしっかりチェックされてるんですよね。
おいらはそういうのはキッパリ見ませんから記事一覧などで出てくる中で見るものがなくなった時などしか基本的にはみませんよ。

いまでは浦和レッズがらみでなんちゃらっていう女性議員さんが嫌われていますが、その人の行動がチェックされまた、テレビなどへの出演があったりやっぱりどこかで需要があるように演出されちゃってるんですよ。

おいらは基本、いやなものには関わらないという姿勢でいるわけです。
仮に目にしてもロムってるだけです。
書き込むと結局人気があるかの如く錯覚する人がいる気がするんですよね。
おいらはSNSやりませんから余計に不思議なんですよ。
批判する行為のためにフォローするってどういうことかが理解できませんw。

まぁ批判することが好きな人が今の世の中には大勢いるんでしょうねぇ。

某サッカーブログ・・
2017年08月18日 (金) | 編集 |
相変わらず謎の論調で笑える・・・・。

スゲェよニッポン!!!
2017年08月18日 (金) | 編集 |
テレビをつけたら女子のラグビーワールドカップをやっていた。

相手はオーストラリアだ。

そういえば先日もアイルランドと戦っていた。
日本はアイルランド相手に前半リードしていたが後半逆転され負けていた。

日本は圧倒的に体格で劣る中、反則をもらった際にことごとくスクラムを選択していたのだ。
そしてしっかりボールを保持しなかにはスクラムで押し込んで認定トライさえ奪っていたのである。

半面、ラグビー独特のルールであるがボールを後ろにつなぐわけで陣地をとる動きがままならないのだ。
パスはつなぐがなかなかゲインしないんだわ。
足が遅く縦への推進力がないのが欠点だし、今日気が付いたのがハンドオフがうまくないってことだ。

たった今前半が終わったのだが、普通に圧倒されている中、自分たちらしいラグビーをしようとするメンバーの姿に大いに感動した。
終了前に押し込んだ中からミスでボールを奪われ独走を許し点差を広げられたわけよ。
残り少ない時間で得たファールで選んだのが またまたスクラムだ。
確かに時間はもう40分になる、賢明な選択だ。
さらにボールを内で押し込む。ゴール前のいい位置で再びペナルティー。
時間はすでに40分を回っている。
一矢報いるキックかと思ったら彼女たちの選択はスクラムだ。

実際FWはしっかりスクラムが組めておりいい形はできるんだが時間を考えればキックのほうがあ無難なわけだ。
ラグビーはあと1mが本当にしんどいあけでフェーズを重ねてもほとんど進め中たりする中、反則やエラーができないんだわ。

ゴール前でラックになり日本は再度を連続してついていきフェーズが進む。
サイドを突く攻撃は本来は体格に劣るチームが連続しても効果は小さいがそれでも連続攻撃でサイドを突き続け ついにトライを奪ったのだ。
正直体が震えた。

男子に比べてテクニックは未熟だが気持では決して負けないところが出ている。

すでに後半も始まっているが、押し込まれ厳しい展開が続いているが起死回生のトライを奪ったのは日本だ!

面白い!

サッカーでもそうだが、男子に比べれば女子は拙く見える。

が、そこに見える意志の力は決して男子に負けない、いや、むしろ男子を上回るものを感じる。

これまで男子しかプレーしなかった競技を女子もできるようになって今ではワールドカップが開かれている。
男子に比べて見劣りする面はあるが それでも女子は面白いというしかない。

最高だわw
2017年08月06日 (日) | 編集 |
たまたまいってQを見たんですが(普段は見ていないんですが)、出川哲郎のはじめてのおつかいが相当に面白かったんですよw。

おもわずにユーチューブで過去のも見てみましたよ。
ついでに日本人が見て相当面白いんだけど日本語ができない外国人が見ても相当面白いと思うんですよね。

まぁこういうのをテレビ局はとりあげないだろうけど日本にいるユーチューバーが取り上げるには著作権的な問題はあるのかもしれませんが、これは相当に受けると思うんだよな。

だれかやってくれないかしら。
テレビ局も話題になれば損はしないし出川哲郎的には海外にも名を売るチャンス?かもしれんわけでw。
まぁ英語なりに翻訳するのも難儀かもしれんがぜひとも見てみたい。