| Admin |
やっぱり・・・
2017年05月19日 (金) | 編集 |
ミヤネ屋で中村獅童の病気に伴い肺がんの話をやっていた。

ここで、気になるのは喫煙以外での肺がんリスクについての話と、どうあっても喫煙を批判する内容との関係である。

いくつか気になる事柄がある。

まずは以前は喫煙による肺がんのリスクが上がるのは少し前までは50代から増えるといわれていたのが最近では40台になっていること。

もう一つは出演された先生によれば喫煙者以外での肺がんではタバコが原因は比較的多くはなく喫煙以外のリスクいよるものが多いといわれたことだ。

おいらはここ最近では前に発見した記事から、ハッキリと光化学スモッグなどの環境的要因に触れられていないが肺がんが増えた時期ははっきりと時間差で公害と関係があると感じられたことにある。
肺がんの患者数は公害の減少に伴い少し遅れた形で肺がんの患者数も減っているといえる結果だと思えるのである。
これは喫煙者数の減少とも時期的には重なるわけではっきりとこれが原因であると断定はできないが可能性としては決して低いものではないと思う。

またアメリカでは喫煙者数の減少とリンクして肺がんは減っているという話も出たが、個人的には公害との関係を同時に示した資料がないことなどにより喫煙だけを悪者にするのは間違いだと思う。

まぁアメリカの環境基準が甘いのは理解しているが、とはいえ以前に比べれば相当改善はしているだろうから喫煙率の減少イコール肺がんの減少とはいいがたいと思う。
環境改善の資料はともに提出されるべきものだろう。

ついでに、中村獅童の肺がんにより喫煙以外の肺がんリスクについて公に発表されることを望みたい。

おいらは以前より喫煙以外の肺がんリスクについて言い続けており喫煙よりも公害のほうがガンのリスクが高いのでは?と書いてきたつもりである。(残念ながら科学的根拠はない・・・。)

だが、肺がんについて喫煙との関係を示す資料を見れば公害との関係があるのでは?と思える点に気が付ける気はしてきたのだ。
それは今では見ることはできなくなっているが 関西の大学の発表した喫煙と肺がんについての記事などからも喫煙が原因とするには不都合な矛盾があったと感じれたことによるものだ。

記憶では喫煙年数との関係や喫煙していたのち喫煙をやめた人のがんリスクなどでどうにも説明しにくい矛盾?があるものだったと思う。
そうしたことってのはある意味喫煙以外の肺がんリスクの存在を気づかせるものだったとおいらは思っている。
(記憶では10年以上喫煙して喫煙をやめた人の肺がんリスクが意外と高かったりしてたと思うんだが)

また冷静に考えたときに今とは違う当時の車の排ガスなどを吸った経験があれば喫煙よりも環境のほうが肺がんリスクが高いと思えるほうが普通のことだとおいらは思っている。

とはいえ、新聞やテレビで肺がんの原因は喫煙だとずっと言われて来れば考えることをやめた人たちには喫煙こそが最大の悪であるとおもうのは普通のことだろうとは思う。
また、このことを書くときに必ず書き添えているわけだが、喫煙が体に良くないのは喫煙後タンなどが黒くなることを見れば明らかであり喫煙が体に悪いこともまた事実である。
タールなどを体に入れているわけだからね。
まぁ食事で焦げたものを口に入れれば喫煙とは違いごく少量のタールは口に入ってしまうかもしれないが微々たるものだろう。

どちらにせよ、喫煙外の肺がんリスクが今回の中村獅童への報道で明らかにされることは大変望ましいことであるとともに中村獅童氏が回復し元気になってほしいと心から思う。

スポンサーサイト

ふふふ、やぱり赤い人の・・・
2017年05月19日 (金) | 編集 |
はい、いつもの日刊スポーツウェブ版の記事からです。

そしていつものK氏なる人物の記事です。

今回は共謀罪についてで、表題は 共謀罪成立なら刑事ドラマなくなるかも というものです。

まぁ、内容はといえば公安警察が活躍することになり対象には一般市民がなりかねない。
そしてドラマで冤罪が取り上げられるようになるかもしれない というもの。

しかし、どう考えても一般市民は反政府で共謀罪になるようなことを画策するとは思えないのです。

こういう思想に至るのは反政府の協賛しそうの持ち主ではないでしょうかね。
それも、より行動的な思想の持主です。

わかりやすいのが政治家やメディア関係者ではないでしょうか?

こういう職業を選びがちなのがまさに共謀罪で問われる可能性を秘めた反政府主義者な気がします。

だからこそ政治家とメディア関係者がこぞって反対している気がします。


ついでに言えば、一般人?で反対しているのも、そういう政党の支持者だったり所謂プロ市民といわれる人たちだと思います。

なぜなら、自分を含め一般人はそもそもそういう思想に至らないからです。

~について気に入らないことは当然ありますが、そのことを理由に共謀罪を問われかねない行動はまずとらないからです。
共謀罪といわれるものは基本的に複数の人間がかかわることが前提です。

ここがまず大事なのですが、気に入らないことについて反対行動をする際に他人を巻き込むことを良しとする人がそもそも少ないでしょう。
思い悩んだとしても他人とともに行動するというのは普通はありえないとおいらは思います。

仮に反政府デモをするにせよ、他人に危害を加えることを目的にするケースなど本来ありえないからデモ行為自体は問題になることはないと思います。
もし問題になるとすれば初めから人を傷つけることを目的にする場合になるでしょう。
沖縄の反基地デモなどでは政府側の行動に対し、初めから顔をいじったりする挑発行為などはあらかじめそうすることを決めていたりすれば共謀罪に問われるのかもしれませんが、ふつうはそういうことは決めませんよね?
いわゆる過激派って人なら決めているかもしれませんが・・・・。

過去にモデルになった過激派って人たちはどうにも他人の意見を聞かずに行動をし粛清などという他人を傷つける行為に走る傾向にあるようです。
そういう行為さえなければ共謀罪にはなりえないとおいらは思いますよ。

まぁそういう過激な行為に走りそうな輩こそ おいらの目からすれば政治家やメディア関係者になりがちだと思いますね。

つまり、今の共謀罪反対!のキャンペーンこそ自分たちの身を守るための手段であり自ら危険人物ですよ!と言っているようなものにしか見えないのです。

おいらからすればそれこそ一般人は過激な行動にでるという思想がそもそもないと思いますからね・・・。