| Admin |
喫煙関係・・
2017年04月08日 (土) | 編集 |
ネットを見ていろいろと調べた結果。。疑問が。

健康保険協会のホームページでしょうか?日本人に増えているがん減っているがん という記事が見つかりました。

ここでは
 肺がんの罹患率は50歳代くらいから増加しはじめ、こちらも高齢になるほど高くなります。肺がんによる死亡率は、1960~80年代に急激に増加しましたが、1990年代半ば以降は、年齢調整死亡率は横ばいから減少傾向を示しています。

と、書かれています。さらに
 これには、男性の喫煙率の移り変わりが関係しています。戦前や戦後しばらくは物資不足でたばこが貴重品だったことから、当時若者だった人は喫煙習慣がつきにくく、喫煙率が低くなっていました。そのため、1940年前後生まれの人は肺がんで死亡する人は少ないという特徴があります。

その後、日本が経済復興を遂げて、たばこが安価に入手できるようになると、たばこの消費量本数は急増し、それ以降の世代の肺がん死亡率が再び増加しました。しかしながら、1970年代からは、たばこの消費本数は減少に転じ、喫煙率と共に、一貫して減少傾向にあります。こうした1970年代の喫煙率減少の効果が20年の時間差を経て1990年代半ばからあらわれたものと思われます。
これらのデータをみても、肺がんの原因が圧倒的にたばこであることがよくわかります。

と書かれているんです。

つまりは60~80年代に50歳を超える年齢の人が肺がんになったのが爆発的だった!?という理屈なわけです。
しかし1940年代は物資不足?普通に喫煙できるようになったのは50年代以降?
爆発的に増えたとする60年代にわずか10年です。
さらにいえば戦後すぐに子供を作ったとして60年で25歳ぐらいなわけです。80年代でも45歳ぐらいですか?
しかし最初に書いてあるように肺がんリスクが高くなるのは50歳以降なんですよ。

まぁ生き残った人たちが皆肺がんになったんですかね。戦争で喫煙もままならなかったのに吸い始めたら肺がんになった?

ちなみに日本は戦後に奇跡の経済成長をした国であるわけです。
60年代~80年代なんてのはまさに高度経済発展の最中ですわ。
テレビでいつも公害問題をやってましたよ。

ずばり、肺がんが増えた理由はこれじゃないんでしょうか?
光化学スモッグにアスベストが原因ではないのでしょうか?
光化学スモッグは警報も出るほどすごかったですし、アスベストも結構長く使われていたわけです。
日本経済の発展の象徴ってのは公共建築でしょう?
そういったところで正にアスベストが使われていたんじゃないでしょうか?

そして喫煙率の減少などもあるのでしょうが、公害が減ったのがまさに80年90年代ではありませんか?
90年代後半には団塊の世代も50代を迎え始めます。

戦後にできた子供が成人するのが1965年以降で50歳を迎えるのが1995年以降なわけです。
でもって、この年代が一番人数が多いんですよ。

つまり、95,6年よりも後ろでも肺がんは多くてもおかしくないと思うんですよね。

その根拠になるものは喫煙年数に関するものがあります。喫煙は10年吸えばその後に辞めても大きく差がないなんていう話も見た記憶があります。
まぁもっといえば抹消された資料などでは一度やめて吸い始めたほうが吸うのをやめたより数値がよかったなんてのも見た記憶があるんですけどね。ですから、必ずしも途中でやめたって無駄だとは言えないと思いますけどね。
こういう統計ではたまたまってのはあるものなんでしょう。
(ジャパニーズパラドックスなんてのもそれです)
ちなみに団塊の世代が30台40台のころのとき、その世代の喫煙率は70%を超えていますから。(男子)
(現在の30代40代は35~38%ですね)

肺がんの羅漢率は50歳から増えるわけで必ず50でなるわけでもありませんから60でなる人もいるわけですよ。
つまりは20年の時を経てなどと理屈をこねていますが筋は通っていないと思えます。

そして最後の一文、これらのデータを見ても~とありますが、ここでは喫煙しか話をしていないではないですか?
喫煙以外のデータは存在しませんから喫煙狩り湯だという証明にはなりませんよ、国立がん研究センター 社会と健康研究センター長 の津金 昌一郎 先生。

ああ、もう一つ。

女性の肺がんは増加傾向と書かれていますね。
女性の喫煙率も下がってますけどね。矛盾ですわ。
おいらの仮定にも痛いです。








スポンサーサイト

韓国の次期大統領候補が・・・
2017年04月08日 (土) | 編集 |
全員 慰安婦合意に否定的だという・・・。

まぁかまわんけど。

おいらは基本的に韓国人個人が全員悪いとは思わないけど、進んでかかわろうとは思わない。
理由は単純でニュース等でみる韓国が自分の価値観とは大きく違っているからだ。

自分が感じている部分で嫌なことの一つが、日本の野党などと同じでいったん自分が嫌えばどういう事実と向き合おうが受け入れないという点だろう。
都合が悪ければ 自分で目も耳もふさぐことに何ら抵抗がないってところだな。

もう一つが、これも韓国の特徴的な部分だと思うんだけど 自己顕示欲の塊的なところである。

まず、韓国の日本嫌いな部分っていうのが、自分たちが日本より上という意識を持ちたいということが根底にあると感じている。
慰安婦問題なども含めて過去の日本統治時代を暗黒時代にしたいのもそういう意識の表れだと思う。
したがって、どんなことを突き付けられても都合が悪ければ単純に目をつぶり耳をふさぐのである。
そして自分に都合のいい情報をどこからともなく探し出してくる、たとえそれが突っ込みどころ満載でも自分が納得しさえすればいいのだ。

また、韓国人の主張の強さがおいらには歪んでいるようにしか見えないのも近寄りがたい理由の一つである。
例えば、期限の主張や呼び名へのこだわりに表れている。
日本海を東海というのも彼らの自由だが、韓国人はそれを他国にも強要したがるのだ。

日本人には日本人が理解している名称はあるけれどそれがどの国にも当てはまるものではないという意識はある。

竹島だって日本人の呼び名であり独島というのは韓国の名称なのだが、それを全く関係のない国にも使えというのが韓国なのだ。

まぁおそらくは自分に自信がないのか(もしくは国に力がないと卑下してか)日本に接する場面で海外のと殻を利用しようとする傾向にあるように見える。
アメリカやオーストラリアなどに慰安婦像を作るなんてのがわかりやすい部分だ。

まぁこう書いてきたが、基本的に韓国に限ったことではないが情緒主義な点は理解しがたいのだ。
昨日たまたまインドのパール判事の話が出ていたが彼は東京裁判を事後法だと批判した。
おいらはこれが正しいあり方だと思う。

ところが一般的に法治国家だといわれている国だって事後法が認められたりするのだ。

まぁ歴史的に見て仕方がない部分があるけれど・・・。

ちなみに韓国ではセウォール号事件のような話は全く理解できない。

なぜ民間企業の事故に対し国があそこまで関与するかはわからないし、船長などの犯罪に対しても事後法をもって不通に当たっている。ここまで露骨に情緒法が顕著な国もありません。

つまり価値観が全く違うのですよ。

法的な根拠に感情が勝つのが韓国なわけです。

したがって彼らには日本との間で絶対に分かり合えない部分がある上に国民性により自分たちだけで消化できずにや国に対しても日本が悪いと認めさせないと気が済まないわけですよ。

仲良くできますか?




ほ~ん?て感じ?
2017年04月08日 (土) | 編集 |
共謀罪?テロ等準備罪?

個人的には全く問題がないので、法案が可決しても全く構わない。

そもそもテロ組織などが複数で行うという前提がありおいらには当てはまらないだろうからね。

ではなぜ左寄りの人たちはこれほど反対するのか?を考えればおそらく簡単に想像ができる。

たとえば沖縄。
基地反対などでデモなどやっていますよね。
これが内容的にちょっと過激になった場合捕まる恐れを感じているんじゃないでしょうか?
飛行機やヘリが飛ぶところで風船を上げるとかね・・・。

または、代執行で来た職員などに接触する行為が暴力などという判断でもされそうになったら?と考えれば実行前につかまるかもしれないんですよ。


ちなみに、個人情報保護なんてのを気にしてる風に言っていますが、そもそもそんなものはこそこそやってたら人知れずに個人情報など調べられてしまうわけですから、足掻いたって無駄だと思いますよ。

おいらは若干の危うさは隠しませんが基本的に法案が可決したって困らない自信はあるので反対する人に対して ほ~ん>って感じなわけです。