| Admin |
グッデイで
2017年03月30日 (木) | 編集 |
得意げに筆跡鑑定をしたことを口にしていたんだが・・・。
それと官僚の職場に必ず資料はあるということでグッデイは信じますなどと言っていた。

ついでに、昭恵夫人を証人喚問しないのはおかしいと持論もぶち込んでいる。
安藤さんがまず自分で意見を言い、周りの人に同意を求めるというやり方、まったくもっておかしい。
正直、それ以外にもこの番組気に入らないので基本見なかったんだが筆跡鑑定という話と辻元疑惑にきりこんだらしいと話題だったので途中からだが見てみたらやっぱりこれでしたよ。

何が気に入らないって、多くの情報番組のMCってのはほとんど自分が立ってやっている。
恵氏だったり宮根氏だったりとそういうのが普通だと思っていてメインMCが一番口を出しながらとっかえひっかえコーナーごとにアナウンサーにMCを任せ評論家然として口を出すのは正直気に入らないのである。

こういう番組のMCの人ってまず専門家に話を聞くのが普通なわけで自分がまず意見を言い話を聞くってのはどうも腑に落ちない。
まぁメディアなんかここまで大っぴらに話を誘導するケースもないだろうと思う。

ちなみにだが、筆跡鑑定の話を得意げにしていたわけだが、ネットででた振り込み票は総理の寄付を振り込んだものではありませんと証人喚問で加安護池氏は言っているのでフジテレビは何を鑑定したのか大いに疑問でもある。

官僚の8億円値引きの資料は必ずあるという話は微妙だとおいらは思う。
なぜなら昨日書いたように仮定でだがおいらにはどうやら財務省や財務局は籠池氏というか森友学園にゴミ情報を隠して定期借地権の金額を払わせていたという説が出てきて個人的にはこれだろうと思うのだ。
ではなぜ売却話で8億円の値引きになったかといえば、そこは本当に谷氏のファックスでわかる問い合わせが大きく関与していると思うのだ。
ただ、総理に対し忖度したというわけではなく谷氏が経産省の人間だったことで財務省が森友学園に対しごみ問題を隠して貸し出していたことがバレる恐れが浮上したからではないかと思うのだ。
籠池氏はお願いを書いた手紙を書いたわけだが、ごみ撤去費用の立て替え分を早く払ってくれないかということもあったわけで、これが書いてあったことで財務省・財務局がごみ問題を知らせずに高い金額で貸し出していたのは豊中の公園に補助金と突き合わせばバレる可能性があったわけでバレる前に売ってしまおうとなり高く貸していたことにつながる資料とともに破棄したというのは都合がよすぎるだろうか?

ちなみに総理に対する忖度ではなく自己防衛をしただけってのが筋書きだ。

まぁ総理に対し安藤氏がいうのは野党と同様に悪魔の証明を促すものでしかない。
それも政治の世界独特の説明責任という言葉に踊ってである。

法律的に言えば違法な行為をしたという側が違法性を立件しなければいけないのが普通である(痴漢案件を除く)。

本質を追求しなければ水掛け論が続くという正しいことは言っているんだが、訳のわからない筆跡鑑定などをする前に豊中の土地取得に関するケースの検証とゴミ勝利費用の8億円値引きが適正かどうか資料が出てこないならなおさら自分たちで検証して見せろよと言いたい。

結果的にフジテレビの立ち位置は野党に近いままなのだろう。

安藤氏がキャスターをやっている割に物事を正確に正しく伝えようという意識の低さとともにテレビ局に人間よろしく民衆受けすることに捕まって視聴率を稼ごうという根性が見て取れる。

ついでに、伊藤氏も正しく衆知させることよりも総理おろしを野党に寄り添いながら面白がっているようである。

本筋に戻るべきと言いながら与党が森友だけ安いわけではないという部分を周知しようという話を一切しないのである。
確かに豊中の土地の問題と同様であることがあすなわち財務省の値引き価格の正当性を表すものではないけれど、財務省・財務局の考え方がわかるはずである。
あえてそこには触れないようにしているところなど野党と全く同じでしかない。
ついでに、ひるおび!でフリップがおかしく恵氏の言い回しも変だったにも拘らず全く指摘することもなかったわけでテレビ局側の意向とでも言いましょうか、に、乗っかることを知っているようですよ。

そもそもニュースは私情や予見をまみえずに報道するべきでアメリカの番組をまねしてMCが考えを述べたり推測を交えて語るようになったのは非常に悪いことだと自分は思っている。
どうではないか?というのは事実が確定するまで伏せておくべきものであり人の判断に影響を与えるからなくすべきだと思う。
スポンサーサイト

ボランチ・・・
2017年03月30日 (木) | 編集 |
タイ戦でうまくいかなかった分、なぜかボランチがいないというようなのが記事になっていた。

おそらくメディアにつられてそういう記事が出たんだなぁと思う。

しかし、個人的にはいい選手がいないのではなく監督の趣味に合わないという理由で呼ばない、使わないだけどと思う。

今回は所属チームでやっているからということで酒井高徳選手が使われたわけだが、かみ合わなかった。

そりゃそうだ、酒井選手は所属チームでやるときはキャプテンという立場でやっている。
日本代表でやるのとは全く勝手が違うだろう。

ちなみに守備のやり方について本田選手が言いたいことがあるらしいが今の自分の立場で言いにくいらしく復活してからいうと言っているらしい。
まぁ漏れてきている分には再度が守備に走り低い位置になることを問題視しているようだ。

ちなみにこれについては原因の一員なのかもしれないが問題はそこではないと思う。


理由の一つは本田選手が今のように認められた大会である南アのワールドカップの際を思い出してもらうと当時の両サイドは大久保と松井、さらにはサイドで使われた岡崎と今回と同様に上下に激しく動いていてそのことを多くの人が褒めたたえている。
守備の体系として機能していたからだ。

前にも書いたが日本人に合ったプレーという意味でも攻守にわたり頑張るのはらしいことで悪いことではない。
何が悪いかといえば意思統一ができていないことこそ問題であって両サイドが守備で下がって頑張ることが問題ではないのである。
本田の思いは別にして下がりすぎているとハリルが感じたなら試合中でも修正するように声がかかるだろうしインタビューなどで問題視する発言が出るように思うがまずかったとは言っているが下がりすぎとは言っていない。
また、キーパーやディフェンスリーダーであろう吉田選手も後ろから指示は出しているだろうから問題はそこではないと思う。

ただ、タイがボールをつなげたのはボールを持った選手がパスを出す相手をすぎに見つけられるところにいたということとタイの選手がそういうポジションに行く際にマークを外した結果なのだろうし逆に日本がパスミスなどが多かったのは距離感だったりボールのないところの動きが悪かったということだろう。

長友なども試合に出ることが少なくなっていたりするし代表でのボランチ経験がない高徳なども勝手が違うという部分での戸惑いは少なからずあった結果だろう。
パスなんてものは出すタイミングで相手の選手と呼吸が合わなければ躊躇するわけでそこを詰められればミスの出る。

もう一ついえると思うのが本来サイドの選手が守備で頑張ればそこはボールの奪いどころになるべきであるが奪えていないことが問題なんだと思う。
いい試合はボールを奪う場所、だったり連動があるわけでそういうところが機能しなかったからタイはボールを回せてシュートも多く打てたのだろう。
ある意味タイを舐めていたわけでもないんだろうがどこか共通認識は取れないでいた部分があったのだろう。

まぁある種テレビで見ていて原口などが守備で戻りきつそうな顔をしているのを見ると長友はどうした?と思えてくるのである。
テレビで見ると全体の動きは見れないから・・・。

とはいえ、使われる選手が変わったせいもあるのだろうがUAE戦などを見てもそれまでものすごく目立ち得点をしていた原口がどちらかといえば守備で写るケースが多く感じたのはやはりどこか違う部分があったのだろう。

ちなみにおいらは基本的に本職のプレーヤーを使うことがいいと思っている。個人の乗る力が高いと選手を選びコンバートするのを好むケースが多い気がするが代表は一緒に練習する期間も短くなれないポジションでやることが選んだ選手の能力を出すことの妨げになるのがもったいないと思うし実際に選手も慣れた感覚というものがあると思うからだ。
さらにはおいらは海外組と国内組の選手で能力に大きな差はないと思っていて国内組でいい選手を呼ばないことに憤りすら覚えている。ましてや年齢で呼ばないなんていうのももってのほかだと思う。
調子がいいと思うなら中村憲剛を呼ぶべきだと思っている。
そういう選手をベンチに入れておけば使う使わないは別にしても調子が良ければ代表に呼ばれるという意識は持てるのは大事なことだと思う。
それと前にも書いたがプレースキッカー枠は絶対に取っておくべきである。
いいプレースキッカーはいるのだから使わない手はない。
アジアではセットプレーは重要な武器になる。オーストラリア相手だと厳しいが決して大きい選手が多いわけではないのでいざ店がほしい場面などでは絶対にあったほうがいい武器である。
ザック時代には遠藤というプレースキッカーがいたしそれ以前にも日本にはいいキッカーが代表で常にプレーしてきている。
ある意味、いいプレースキッカーがいる!というのも日本のスタイルだと思う。
それがザック以降、もしくはオシムの時もいない時期はあったかもだがw、いないケースが増えてきたことも確かだと思う。
しかしこれは正直もったいないことでしかない。

経験豊富なボランチができる選手でいえば中村憲剛もいれば青山だっているし柏木なんてのももはや経験豊富な部類だろう。
また井手元など若手もいるし代表には呼ばれないが各チームに経験豊富な結果を出している選手もいるのだが、海外選手枠とお気に入り選手をどうしても呼ぶためにそういった選手が代表に呼ばれないのも個人的にはマイナスだと思う。