| Admin |
日本のメディアおかしいでしょ?
2017年03月26日 (日) | 編集 |
証人喚問は23日に終わったはず。

昭恵夫人が総理から預かり寄付したという100万円。

証人喚問の席で午後に自民党から質問に立った葉梨議員の質問がある。

ネットに出回っている100万円を振り込んだという振り込み表を元に籠池氏に問いただした部分で、安倍晋三の名前が修正テープで消されたものです。葉梨議員は普通の人はここに注目するんですが今回我々はその後ろにある安倍と見える部分に注目しましたという話から進んだ会話が重要です。
27年に寄付されたというこの振り込み表、総理になった後のことでここでも断られてすぐに使わなくなったという安倍晋三記念小学院のスタンプが見えると指摘したんですね。
籠池氏は使用していたのはほんの一瞬(それでも5か月は使用していたと説明するわけですが)総理に就任する前までですと語っていたことが嘘だという指摘をしたんです。

おそらくは籠池氏動転したんだろうと思いますが、話が理解できずに葉梨議員の質問に対し自ら論点は2点あろうかと思います。
一点目は振り込み表は総理の100万円を振り込んだものではありません。2点目はどういった理由からかはわからないが前から持っていた振り込み表が使用されたのだろうと語っているんです。

さて、ここで一点目の話になりますが、総理からいただいた100万円を振り込んだものではありませんという点です。

森友学園の会計資料を当たれば同日、もしくは近日中に本当に振り込んだ100万円の会計記録がなければおかしいことになりますよね。
それも匿名での郵便局振り込みのものがあるはずなわけです。
ないとなれば少なくても偽証、そうでなければ間違った答弁をしたことになります。
加えて誰が持ち出したか知りませんがこの振り込み表なるものが総理を陥れるための怪しいものになるわけです。
また、郵便局が調べられればこの伝票ナンバーを調べることもできると思います。

昭恵夫人をめぐる疑惑についてはほかにも講演料の受け取りと籠池氏の口利きがあったのかどうかに焦点があろうかと思いますが、これは100万円同様に証言以外に証拠はないものでしょうし夫人同氏のメールでも受け取りましたか?という質問に対し籠池夫人は話をはぐらかせております。
つまり結果的に証言しかありません。

もう一点の口利きですが、ご存知のようにFAXでも谷氏からあったという電話においても籠池氏が証言しておりますがいわゆるゼロ回答だったわけでこれらから見ても口利きをしていないことがわかります。

で、野党やメディアがいまどういっているかといえば 昭恵夫人が知っていて指示したことが官僚の忖度を促した可能性がありこれは昭恵夫人が国有地の問題に関与した証拠だと言っているのですよ。

それもこれらのことが法律的に違法性がないと知りながら総理が関わっていたら総理も辞任し議員辞職まですると言っていたからですね。
つまり安倍おろしのためになんにでもすがるということなわけです。

さて、ここでいう忖度を考えてみましょう。
森友学園の国有地売却が不当に安くなされたかに戻るんじゃないでしょうか?

野党が言う忖度ってのは総理夫人が聞いてきたから安く売却されたと思うから説明責任を果たし夫人を証人喚問しろと言っているということになります。

そして、メディアもそれに乗っかっている状況が今でしょう。

はっきり言ってこの問題すべては安く売却したという一点なわけですよ。


それも証人喚問で葉梨議員が説明しているんですね。

近隣の場所は森友学園より前に売却されゴミ撤去費用が約14億円かかったといっています。
また隣接する公園も区に対し14億2000万円で売却されましたがゴミが見つかり最終的に区は2000万円しか払っていない。
森友学園の土地に関しても驚くほど安く買えたと驚いたと籠池氏は語りましたが、その土地は8億円ほどごみ処理費用として安く売却され補助金がさらに支払われたわけですが、森友学園が必ずしも特別ではないという話があったわけです。
これらについてはユーチューブに映像がありますから確認することができます。

さらに本日維新の会合後に大阪の松井知事が記者会見でいろいろと語っております。
松井知事は忖度ってなに?
こちらから役人に対し忖度は要求するものでもないし役人は忖度しようが忖度しておきましたよとは言わないといい、こういったものをいかにも悪いことのように扱うがこういったあことについて松井知事がかかわったといえば関わったことになるでしょうねと言ったわけです。
つまり権力がある人は相手が勝手にやったことでも忖度に関与したといわれる可能性があると言っているのですよ。

そして公開されたメールの中で出てきた辻本清美議員について民進党が決して広めないようにメディアに口止めし現実メディアはそれを報道しないことにこれこそ忖度なんじゃないのですか?と疑問を投げかけたわけだ。

ここで何が言いたいかといえば証人喚問も終わっている中、昭恵夫人をめぐる疑惑ってのはどう見ても調べようがあるんじゃないですか?ってことと、メディアも含めて野党はいまだに昭恵夫人を悪者扱いしていることについて大いに問題だと思うのです。

まず、100万円について籠池氏は証人喚問でその払込票は総理の100万円を振り込んだものではないといったものの確認です。
郵便局と森友学園の会計を調べればわかることでしょう。
ついでに総理も言ったらしいですが、総理がお金を受け取った収賄ならこれまでもあっただろうけど政治家が払う?訳が分からない状況なわけですよ。
そもそも選挙区以外での寄付は問題もありません。
せいぜいそういう程度の問題です。
結局忖度なるものがあったかどうかにかかってくるわけです。

で、森友学園の地と売却価格の問題に結局戻るわけです。

上でも書きましたが、野党も調べれる状況なわけですよ。
最初に売却された14億円のごみ撤去費用が掛かった場所、森友学園に隣接する区が買った土地に関して14億2000万円で売却されたが結果区は2000万だけ支払ったということなわけです。

つまりは野党がいう忖度なるものがあったかもしれない状況を自分たちが確認しさえすれば忖度があったかどうかわかるわけですよ。昭恵夫人をわざわざ呼ばなくてもです。
そしておそらくは結果的に忖度はなかったという結論になると思いますね。
公園が14億200万円で区に対し売られたわけだが結論は2000万円しか支払っていない。
これでわかるのはごみ撤去費用として値引きされた金額に加え補助金的なものを加えれば14億2000万円の土地が2000万円になったことを意味している。森友学園に隣接する土地でですね。
同様に考えれば資産価値9億なにがしかの土地が1億なにがしかで売却された上に補助金もおり実質何百万円かで買えたということが不当に安く売ら荒れたことにはならないというのが葉梨議員の話からわかりますよね。
ネットの中には公園の土地費用と土地価格から見たらゴミ処理費用で森友学園はある意味ボラレタんじゃね?ぐらいの話を語っています。
調べてみたら豊中に売却されたという土地が9492平方メートルで実質2000万円なら値引き額は14億円になりますね。
森友の土地は8770平方メートルで補助金を含めれば数百万円としても安いかどうかは不明ということになりますね。

実際に考えれば豊中に売却された土地より若干狭いだけですから豊中よりは若干安くなるのは当たり前としてもごみ処理費用は12億ぐらいの算出であってもおかしくないという計算は成り立つかもしれないわけです。
9億なにがしかの金額がありますがゴミ撤去費用が隣接する場所に比べて安いというならわかりますが、高すぎるという指摘は違うというしかありません。

これらは豊中に確認すれば2000万円しか払っていないかどうかはわかるでしょう。

たったこれだけです。電話一本で済むかもしれません。
忖度なるものがあったとされるのは安く売られた証拠があってのことだろうと思いますからね。

昭恵夫人と森友学園に付き合いがあったことはだれも否定はしていません。
これは明らかです。

そして、これまでにわかっていることは違法性はないということです。

単純に忖度があったかもしれないという疑惑が独り歩きを始めている状況が今ですよ。

さらに証人喚問では葉梨議員より近接地区の売却に関して情報も出たわけです。
この話では森友学園の土地売却が必ずしも安いとは言い切れないという話です。

でもってその話の裏付けはもしかすると電話一本でもできるような話なわけです。

ではなぜ今もって昭恵夫人の話をさも疑惑のようにメディアで報じられ野党はあ証人喚問などというのか理解に苦しみます。

一応ネットで調べたら評論家の須田氏が出た虎ノ門ニュースで津夜中の支払った価格は2380万円だと出ていました。
つまり森友に売却された土地より少し広い場所が14億円の値引きがされていたわけです。
道路一本はさんだ場所なわけですよ。
やや狭い場所が9億なにがしかの値引きで神風が吹いたと思ったらしいですが・・豊中の土地のが良くないかい?

ここまで見れば明らかでしょう?
忖度はなかった!

この一言につきます。

いま野党やメディアでいう忖度があったかもしれない疑惑は まったくの見当ハズレです。
そしておそらくは内容を知ったうえで安倍政権批判に真相を語らないまま昭恵夫人を取り上げているのでしょう。

もはや野党は日本にとってただの害虫といっても過言ではないと思いますよ。

大阪府知事の松井氏が言うように正論を言ったところで野党は引き下がらないと思うので総理が前言を撤回するしかないかもしれません。
忖度がないとわかっても関りがあったら辞めます発言で国会が空転するなら前言を撤回し、これも含めて関りがあったというなら権力をもって介入していたらということに言い換えますとでも言うしかなかろう。

関わったとうのも言いがかりですが、これ以上昭恵夫人をに違法でもないことで追及されるのは本意でないからとでも付け加えればいいだけです。
前言を撤回したうえで堂々と総理を続けますと言えばいいのです。

そうすれば意味のないやり取りを続けるモチベーションは一気に衰退することでしょう。
一時的には総理は責められるかもだが、忖度はなかった、総理は辞めないと言い続ければいい。
もし言い返したいなら忖度はなかった。豊中市に確認の電話一本で隣接した土地の売却状況がわかるのに その結果を国民に報告せずに私の発言のために家内にいつまでもストーカーのように付きまとわれるのであれば前言の撤回は仕方ないでしょうぐらい言ってやればいい。
スポンサーサイト

アジア予選A組・・
2017年03月26日 (日) | 編集 |
ここは非常に難しい。

1位のイランは可能性が非常に高い。
理由は守備力にある。
これまで5戦を終えていまだに無失点である。

加えて現時点での勝ち点が2位に5差、3位には6差あるわけだから当然だろう。
残りの試合も韓国戦はアウェーだが韓国には近年負けていないというか勝っている。

さて2位争いでは韓国が最下位だった中国に敗れたがウズベキスタンもシリアに敗れ2位を保ってはいる。

しかし、相性が悪いイランともホームとはいえ試合を残しているし 何よりも韓国の試合はすべて1点差の接戦なのでありアウェーの試合もあるために安心はできないのだ。
最下位であるシリアに対しても韓国はホームで3-2と接戦だったわけで次での対戦はアウェーである。
一番のライバルになりそうなウズベキスタンもアウェーが残っている。

とはいえ、ウズベキスタンもシリアにホームでは勝ったが今回アウェーで負けたことで2位浮上のチャンスを逃している。

シリアにしてもホームでイランに分けるなどホームで強いところを見せるが韓国戦は韓国での試合を残しているのが気になるところ。

韓国は次戦のシリア戦をホームで迎えるがここで勝ち切らなければかなり厳しくなる。
最下位とはいえカタールのアウェーとホームでの無失点イラン戦、最終戦も一番のライバルになるウズベキスタンのアウェーである。ただ、カタールは出場の可能性が無くなった後になるかもしれないのが唯一のいい情報だろう。

ウズベキスタンは次戦のイラン戦と中国戦はアウェーであり、イランはホーム全勝と厳しく、監督が代わり韓国を下した中国とアウェーで戦うのも条件的には厳しいかもしれない。
残るカタール戦と大一番になりそうな韓国戦をホームで戦えるのはウズベキスタンにとってはいいことだろう。
そういう意味ではアウェーの中国戦に勝つことの重要度は高い。

シリアはアウェーの韓国戦、ホームの中国戦、ホームのカタール戦、アウェーのイラン戦が残っており、ある意味次戦の韓国戦の意味は大きい。
ライバルになるウズベキスタンに今回勝ったことで3位以内に入るチャンスが来ているわけで場合によっては韓国に対し引き分けも勝ちに等しくなるかもしれない。

また、シリア、ウズベクが直接のライバルとの試合を終えたのに対し、韓国は両チームとの試合を残している。

もうひとつイランはアウェーではシリアや中国と0-0の引き分けがあることを考えればホームで戦う韓国には勝ち点はほしいところだろう。この部分でイラン戦がアウェーになるウズベクとシリアは厳しい。

Aグループは次戦の韓国ーシリア戦が今後を左右する大一番になりそうだな。
2次予選で日本のグループにいたシリアだが韓国戦で引き分け以上なら大いにチャンスありだと思う。

逆にウズベキスタンが結構厳しくなるかもしれないからイラン戦であろうと勝ち点を積み上げるべく戦う必要があると思う。

なんにせよ、ライバル同士の戦いにくわえ監督が変わった中国がジョーカーになるかもしれないし目は離せない。

個人的には2次予選でけちょんけちょんにしたシリアが勝ち上がってくれれば嬉しいかもしれないが、かつて敗れたウズベキスタンや連続出場を続ける韓国にも頑張ってほしい気もする。

3月28日に韓国‐シリアの直接対決があるわけだが、日本がタイに勝つことは疑っていないしB組は上位が優位なわけでおそらくは順位は変わらないと思う一方、A組は試合の結果によって順位が変わるかもしれず注目だろうね。
韓国は引き分け以下でホームのウズベクがカタールに勝つと2位が入れ替わるのだ。
韓国はシリアに負ければシリアとも順位が入れ替わるのである。

まぁ韓国はこういう試合ではことごとく勝っている・・・・。(疑惑こみで・・だが)

とにかく注目である。



つれずれ その2
2017年03月26日 (日) | 編集 |
森友問題で証人喚問も行われたわけだが、野党においては是非とも考えてほしい。

籠池氏は証人喚問に出廷し証言をした、しかしよーく考えてほしい。
自分に不利になることは証言の拒否が許されており、事実拒否している。

野党は昭恵夫人の証人喚問を求めているがすでに昭恵夫人は100万円の事実無根、講演料も受け取っていないという意思表示をしている。
この状況で喚問しても都合が悪ければ拒否できるうえ、おそらくはこれまでの発言しかできないだろう。
しかも、たとえ証言を変え記憶にありませんとした場合でも、そもそも寄付や講演料事態に違法性がなくせいぜい税制的な問題と安倍総理の発言の揚げ足取りにしか意味をなさないことでしかないのだ。

野党は揚げ足取りだろうが安倍政権にダメージを与えることしか考えていないだろうが、基本的に罪というものは誰が立証責任を負うのかである。
野党が求めるのは無実の説明責任であり、それは証人喚問でも都合が悪いことは言わないでいいことなんである。

メディアもこれに乗っかって説明責任を求めるなどと言われているが、これもおかしいのである。

断罪するほうが罪を証明しなければいけないのである。
無実の説明を求める行為はかの国の方法と同じだというしかない。

道義的責任?違いますよね、なにがなんでも安倍政権にダメージを与えたいがための印象操作でしかなく証言以外に照明されなければまったく問題がないものでしかありえないのです。
法廷にいったとしても証言以外に証拠がなければ立証できないわけで、立証責任は告発した側にあるんですよ。

ちなみに籠池氏はといえば、これまでの情報で十分に偽証罪や詐欺に当たるであろう証拠があります。

まずは与党は籠池氏の偽証罪、詐欺などに関する告発をするべきでしょう。

そして、昭惠夫人に関してはこれまで通りに証人喚問を拒否すればいいのです。

だって総理の辞任、議員辞職といった発言への責任以外に何もない問題でしかないからです。

あとは粛々と野党が自分たちで阿呆行為、もとい違法行為の証拠をつかむまで待てばいいのであります。

その間に与党は籠池氏に対し偽証罪、詐欺の告発をし、成り行きを見守ればいいだけですよ。


安倍総理をかばうつもりはありませんが、道義的責任だの説明責任だのは法律的に何の意味もあり得ないからです。

野党にも法律関係者はたくさんいるはずなんですがねぇ・・・。

つれづれなるままに・・(チラシの裏)
2017年03月26日 (日) | 編集 |
セルジオの記事に対するコメントで相変わらず南アの際の岡田監督を称えるものを見た。。。

常々書いていることだが、岡田監督は選手育成に失敗した?監督でしかない。
まぁやろうとしたことは確実に選手の実になったことは確実だろうから失敗は言い過ぎかもしれず、またシステム変更を臨機応変にやって勝ったわけだから確かに名監督なのかもしれないんだが・・・。

でだ、当時岡田監督がやろうとしていたことってのを おいらはこう理解している。

日本人の勤勉さと持久力を生かして前線からプレッシャーをかけた守備からボールを奪い、ワンタッチプレーで縦に早いサッカーってのを目指していたと思っている。

ハッキリ言ってこれは正しい!!

南アを振り返る記事などでオランダの監督がシステム変更について これでわれわれは楽になった と語っているわけだ。
日本人のプレーは早く勤勉だという印象を持っていたようで守備的なプレーへの変更はオランダにとって楽な展開になったということらしいのだ。

こうまで言わしめる日本のプレートは?である。

この話の裏付けても言えるものが後のザック時代のオランダ戦だとおいらは思っている。
試合は3-3の打ち合いの末引き分けたのだが一時は3-2と日本が勝つ勢いだった。
この試合、日本はおオランダボールでも相手陣地でボールにプレッシャーをかけ楽なボール回しさえさせないプレーで相手のミスを誘いボールを奪い攻め込むのである。
そして印象的な得点シーンも狭い地域でワンタッチでボールを回すプレーをつなぎそのままシュートまでいっている。

まさに岡田監督がやろうと目指したプレーだとおいらは思う。

ちなみに、こういったプレーはその前を遡っても同様のプレーをしたゲームはあるのだ。
日本が世界の強豪といい試合をしたといえば大抵はこういったプレーをした試合のことである。

前から組織だってボールを奪いに行く行為は奪う時点で相手のゴールに近くそこからの攻撃が早くなる所以であり多くが目指すものだ。日本のこういうプレーが日本を早いといわせる理由だが それに伴う持久力的なものが日本人に合っていることも大きな特性だとおいらは思っている。

実際のプレーの質において日本人のプレーはパススピードも遅く、判断スピードも遅いなどといわれるわけで何をもって日本人が早いと言われるかといえば前から組織だって追うプレーだとおいらは思っている。

また、ワンタッチで縦に早いプレーってのも日本人向きでありいい得点シーンではこういったプレーが多くの場面で見ることができる。
つい先日の原口が本田から受けた抜け出すシーンも長谷部のパスを本田がトゥーでパスを送るのがまさにそれである。
古くからこういうプレーは日本人は見せているわけで自陣で中田が半身で前に送ってフリーで抜け出すシーンなども正にこれ!
オランダ戦のプレーも抜け出したわけではないがワンタッチをつなぎそのままワンタッチでシュートを決めたわけで日本人に合ったプレーだろう。
体格などの理由で個人のプレーで勝負するよりも日本人の技術を生かして抜け出したりプレッシャーを受けないままにシュートに至るプレーは日本人が目指すべきプレーだとおいらは思う。。。

つまり、わざわざ岡田監督が目標にしたプレーってのは昔から日本が世界に通用したプレーそのものを形としたものでしかない とおいらは思っている。

ちなみに最近でもないが、同様のプレーを目指す言葉を聞いた記憶はないだろうか?

おいらには八百長問題で首にされたアギーレ監督が口にしていたものが まさにこれ!ではないかと思っている。

まぁこれについては意見はわかれるかもしれないが・・・・。


それにしても、おいらは過去からにおいて日本代表が素晴らしい試合をした際にまさに日本人の特性を生かした前からの組織だったプレッシャーを与え続けて、奪い、早く前にワンタッチでプレーしシュートに至る が行われてきたと思っている。

そしてこうしたプレーこそが日本人に合った日本人らしいプレーであり、これこそ日本人のプレーが早いと海外に認められるプレーだと思うのだ。

イングランドの縦ポンはイングランドを象徴するプレーだし、スペインのポゼッションもかつてのイタリアのカテナチオも同様にそれぞれを象徴するものだと思う。
おいらは(岡田監督をはじめ日本にこういうものを求める人は)こういうプレーこそ日本を象徴するプレーにしたいと思っていると思っている。

とはいえ、いつでもこういうプレーができないこともまた事実なのだろう。

それは実際には選手の自主性に重きを置いたジーコ時代やポゼッションを基本にしたザック時代にだって結果的にできたことはあってもこういうプレーを続けられたことはないし、目指した岡田監督時代も結果を見れば頓挫しワールドカップ本番では違うシステムで戦うことになった事実からわかると思う。

さらにはうまくはまればいいんだが、特にブラジル戦などにみられるように奪いに行く行為は自分たちのスタミナを(精神的にも)消耗するのであり、交わされ続けると自分たちのプレーにも大きく影響するのであり、事実ブラジル戦では0-3という結果が続いている。
ブラジル人からすれば日本は怖くないという印象を持たれても仕方がないのが実情である。

一方で似たようなプレーをするチームというのがメキシコであるが、そのメキシコはある意味ブラジルキラー的な側面もあるのが現実である。(ユース世代やオリンピックでブラジルをメキシコが破っているのである)

こういったことからも日本が目指すべきプレーにメキシコスタイルが言われるのだろう。


最後に言っておくがおいらの持論的に言えば、日本人はサッカーには向いていない。
なぜなら海外の人に日本人に足りないものを聞けばほぼ必ずと言っていいぐらいにマリーシアというポルトガル語に表されるものが返ってくる。
日本語的にいえばずる賢さである。
日本人の美徳的に言えばもっとも嫌われるものと言っていいかもしれないものだ。

日本人はスポーツにおいてずっとフェアプレーこそ美徳とされてきたわけでそういう意味においてサッカーは日本人には向いていない。
ほかにも接触があり体格面でも不利はある。

一方でサッカーは90分に渡って走り回るスポーツで日本人には向いているし和を大事にする精神性からもチームプレーは向いているのである。

そう考えれば自ずと日本人は動き回り接触されないプレーを目指すのは大いに理にかなっているのである。
接触されないためにがワンタッチでボールを回すということだろう・・・。

そういうことを踏まえて考えれば おいらからすれば目指すのはイタリアとスペインを混ぜたようなプレーだと思う。
まず負けないことこそ至上とすべし!
勝つときに大量点は必要ない。まず失点しないことに注力すべしである。
ポゼッションすることを重要視すべし!
自分たちでボールを持っていれば失点はしない。
其のうえでワンタッチプレーを心掛けすれば接触も最低限に抑えられる。

おいらは代表はどのような試合だろうと負けることはダメだと思う。

ついでに現状からしてアジアでは日本は取りこぼしはあれど基本的に負けることはない、と思っている。
そのうえで大量得点を考えない気運が広まれば負ける要素はさらに低くなると思う。

イタリア人は正直結構テクニックはあると思うが1-0で勝てば良しという雰囲気があってよろしい。
スペイン人は更にうまいが敢えて無理をして点を取りにいかないのが良しである。

一番大事なのは負けないこと!もし運よく勝てれば1-0でいいのである。
大量点は必要ない。

ちなみにワールドカップ予選で次がホームのタイ戦である。
いま日本はサウジと勝ち点で並び得失点で2位なわけだが、日本は別にタイ戦において大量点は狙わなくていいと思う。
勝つこと些末である。ワールドカップ出場は別に首位通過でなくてもいいのである。
本番の抽選はFIFAランクであり通過順位ではないのだから。

そういう意味ではタイ戦は勝つことだけで十分であり大事なのはイラク戦で負けないこととオーストラリア戦でぜひとも勝つことである。(まぁイラクとオーストラリア戦の結果は逆もありだが)

オーストラリアは日本戦で負けられないし、そのうえでホームで全勝が求められている。
そうなれば少なくてもサウジはアウェーのオーストラリア戦に負けることになる。
サウジが引き分けでもオーストラリアは苦しいわけでサウジは引き分けても日本に対しリスクになることは間違いがない。

日本は残る4試合で勝ち点7を目標しすればいいのだ。
これだけでオーストラリアはホーム全勝とアウェーの日本戦で引くわけ以上が必要になってくる。
加えてサウジがこの場合はオーストラリア戦で負ける前提だからたとえイラクとUAEに勝ったとしても最低でも最終戦での日本戦に厳しい条件がついてくるだろう。
最高では日本にホームとはいえ勝たねばならないわけだ。まぁ得失点差で日本より有利ならば引き分けも有りうるが決して楽ではない。
最終戦のホームは有利なようで必要以上にプレッシャーもかかる場面であることも忘れてはいけない。
ましてやサウジはここ最近ワールドカップに出ていないわけで国民の期待も相当と考えられる中だからね。

しかもおいらの考えでは日本以上に取りこぼす機会はオーストラリアやサウジのほうが確立が高いと思う中でのことである。
こういった状況も日程が進めばさらに日本に有利になってくる可能性は高いと思える。

例えば個人的には組織力などでUAEよりも今回のサウジは強いと思うが評価はどうもUAEのほうが高いようだ。
まずサウジが戦うのがイラク戦だがイラクはこれを落とせば3位の望みもおそらくは消える戦いになるため相当の覚悟で戦うだろうし、その次がアウェーのUAE戦である。
UAEにせよワールドカップ出場のためには3位は狙えるポジションにいたいだろうからここもきつい試合になるのは必至である。
オーストラリア戦もそれぞれに厳しいわけで最終戦までは本当に厳しい戦いが続く。

日本はサウジ戦が終わった段階でイラクの状況が変わる恐れがある。
イラクは目標を失くしているかもしれないのだ。ワールドカップへの出場チャンスが無くなった場合にイラクは気持ちが折れているかもしれず、日本戦で必死になるモチベーションがないかもしれないのだ。
仮にイラクに望みがあるという場合はサウジの状況が変わっているということになる。

とにかく現状ではサウジは残りの試合、当たる順番さえも厳しいことになっているのだ。
サウジが頑張れは頑張るほど日本はタイにさえ勝てばその次のイラク戦ではイラクに出場の目が消えた後になっているかもしれずオーストラリアも3位狙いになっているかもしれない戦いになっていて日本は勝ちたいところではあるが引き分けでも十分でこの試合で出場が決まるという試合になっているかもしれないのである。
とにかく日本も厳しい試合は続くがサウジやオーストラリアのほうが状況はより厳しいのである。


まぁとはいえ、サッカーファンは自分の好きな選手を称え嫌いな選手を貶す風潮を持つ人ほど声高にネットに書き込み主張するわけでメディアも危機を煽ったほうが記事が読まれるとでも思っているようですよw。

おいらはそれぞれの試合に対し正確な状況を考え、とにかく頑張れ!と応援していきたいですね。

おいらは基本的に選手は監督によって選ばれ皆が努力した結果が試合であって選ぶのも出場を決めるのも監督でしかないのである。したがって、おいらはまずい試合をしたら選手ではなく監督へ批判はするべきだと思うし選手選考に対し監督に文句を言うべきだと思っている。選ばれた選手が頑張らないわけがないと思っているからだし、選手がかみ合っていないとすればそういう選手を使って戦術を支持した監督が悪いのだと思う。
そしてその監督を選んだJFAを批判するべきだと考えている。

また、初戦でUAEに負け日本の危機を、メディアは煽ったわけだが今の状況を冷静に分析してみてBグループで一番いい状況は日本だろうと考えればあの煽りはなんだったのかとさえ思えるんじゃなかろうか?

WBCで連続優勝をした侍ジャパンだが、今回のように全勝でグループを抜けたのは実は初めてで過去には負けてから頑張ったわけだよ。
そういうことを考えればサッカーファンのほうがこらえ性がないように思えるw。