| Admin |
今更だが・・・
2015年10月20日 (火) | 編集 |
おいら実はラグビー日本代表にやられた口。

元来スポーツは好きで何とは言わずに試合を見ているほうなんだな。
九州に来てからは衛星放送やケーブルTVなどを見るようになり余計に多くのスポーツを見ている。

ましてやある程度年齢が行っているスポーツ好きならラグビーもそれなりに見ているだろう。

大学ラグビーが人気だった頃があり、また釜石の連覇や神戸製鋼の連覇などラグビーに日の目が当たっていた時代があったわけだからね。

おいらもまだ倒れこみにの販促になる場面の定義などは良くわかっていないがおおよそのルールは知っているつもりである。
ラグビーにしても見る機会は少ないとはいえ年間に2桁に行くか行かないかの試合はテレビで見ているはずだ。
Jリーグが終わったあとはラグビーの中継が多くなるしね。

ケーブルTVを見るようになってからはそれこそ卓球やバドミントンの試合だってみているからね。

話を戻すと土曜日の昼間だったかにたまたまTVをつけチャンネルを合わせているとラグビーの試合をやってたんだな。
ジャージを見ると日本代表と南アフリカだわ。(ジャージを見ただけでどこかの見当がつくくらいには知っているんだな)
なんだこれ?と思っているとワールドカップだという・・・。

ちなみに見始めたのは前半の途中からだったが点数を見て驚いた。
同点である。
すぐさま南アフリカに離されるが 日本はまた追いつくのである。

ケーブルTVで前回のワールドカップの様子をおいらは知っているんだ。
過去の日本の成績もである。
カナダにこそ引き分けの試合をしているが正直散々な結果しか残せていないのだ。

というわけでエディージャパンのことは良く知らないでいた。
おいらの中ではカーワンジャパンで止まっていたのだ。

テレビで流れている試合ではあの南アフリカと堂々と渡り合っているではないか?
驚きをもって集中してみることになる。
前半を2点のビハインドで折り返したが無駄なファールをせずにタックルで相手の前進を阻んでいるいいゲームをしているのだ。
後半になっても日本の勢いは衰えない。
常に先手は取られるのだがミスの少ないプレーであきらめない。
その上ラインアウトやモールなどでは本来日本が弱い部分だったはずが相手を押し込んでさえいるのだ。
それだけではなく勇気を持って前へと突っ込むプレーも堂々とゲインしているのだ。
最近みたあるブログでは日本は奇襲を続けたと書かれていたのだが 個人的には間違っていると思う。
多くの場面で正攻法の前へ出るプレーをしたからこそスペシャルプレーが生きたんだと思うんだわ。
実際にトンプソンをはじめボールを持ったらとにかく前へ出るプレーが随所に見られる。
一つ一つは大きなゲインは見られないが反則やハンドリングエラーをしないことで連続攻撃ができていることが相手に大きなプレッシャーを与えたとおいらは思っている。

それが29-29の場面で南アフリカがゴール前でFKを貰った場面でトライを狙わず3点を取りに行った気持ちに繋がっていると思うんだな。
残り10分を切るような場面では順当な選択肢かもしれないが南アフリカはFWが売りのチームであるわけで増してや日本を相手のゴールを目前にした選択肢としては弱気に感じたんだな。
ひそかにこの選択が日本のチャンスになる予感がしてきたんだ。

そして迎えたラスト数分の場面。
日本代表は同点を狙わず逆転を狙ってスクラムを選択。
結果は世界中が知るとおりに日本のトライで逆転である。

試合途中から攻撃的であきらめない日本の姿勢に見ているファンがジャパンコールをし始めていたが最後のスクラムの選択は更にファンの気持ちを日本に持ってきたのである。

試合後に多くの動画をユーチューブで見たが後から思えば最後のヘスケスのトライのダイブの瞬間、実況のアナウンサーや日本のファンと共に日本代表に魅了された人たちの気持ちが後押ししていたように思う。

自分が生きているうちに見れるとは思ってなかった という人がいたほどのことが起きたのだ。

後で知れば 南アフリカに勝った北半球のチームの少ないこと。。。。
ヨーロッパの強豪と言われるチームでもなかなか出来ないことをワールドカップの勝率が最も低いチームである日本がやってのけたのである。(勝率NO1が南アフリカ)

おいらは感動した。
久しぶりの感動だ。

ついでだが、ベストタックルも五郎丸のシーモアへのタックルがNO1、松島のゴール前でのタックルが3位に選ばれている。

新たに知ったことだが南アフリカは今年に入って南半球の大会でアルゼンチンにも敗れて最下位になっていたらしい。
そんな中 週末には準々決勝が行われ南半球税が全て勝ってベスト4を独占した。

基本、オールブラックス派であるおいらだが いまは南アフリカを応援している。
南アフリカが優勝すれば そこに唯一勝った日本の価値が上がるからだ。
次が正念場だが・・・。(ニュージーランド戦だからね)

後に動画を見てみて知るのだが 日本代表は着実に強くなっていたようだ。
ウェールズにも歴史的勝利を上げたりマウリオールブラックスに善戦したりと成果を出していたらしい。

最後に外国人が多いことを問題にしている人がいるらしい。
おいらは気にしない。
主将のリーチ選手は高校から日本でプレーし奥さんも日本人で日本語はぺらぺら。
マフィーは母国代表の声も掛かったらしいが日本代表を選らんだという。
そしておいらの今のお気に入りがトンプソンだ。
同僚の助っ人も語っていたが目上の人にはしっかり敬語を使うほどの人格だという。
それでいてプレーはおいらの目から見て愚直にみえるプレーをする。
所謂縁の下の役割だろう。

正直、メディアでは活躍した選手をスタジオに呼んだりしているが トンプソンの姿などない。
アメリカ戦後にトンプソンのインタビューにスタジオにいた清宮が声をかけたが 我々の中ではトンプソンがMVPだと言っていた。
トンプソン自身はそんなことはないと謙遜していたがトンプソンや立川など自分の役割をしっかりこなす人間がいてこそほかの選手のプレーが引き立つのだと思うわ。
五郎丸がキックで得点を重ねたが、ファールも貰うプレーってのは前でプレーした選手が貰ったものだし 前に出るプレーがあるからバックスのプレーも生きるんだと思う。

まぁおいらも元々はどちらかと言えばバックス好きなんだが、この大会で見る目が変わったようだ。
トンプソンを例にしているがリーチ選手だって基本的には似たようなものである。
トリッキーなプレーをするわけではなく体を張って前へ出るプレーをただただ何回もしていくのが持ち味だろう。
その気持ちの強さがなんとなくわかった気がする。

最後に・・・全くの偶然だが、あの試合を生ではなかったが生感覚で見れたことがすごく良かった用に思うわ。
結果を知らないまま見れたってことがね。
これまでブログには書かなかったけれど、心の中で大きな衝撃を受け心が震えた感覚を持ったのは間違いないわ。
あの日一日、なにかにつけあのシーンと比べていたのを今も覚えているんだ。

とりあえず今は頑張れ南アフリカ!!である。
スポンサーサイト

なんちゅーか・・・
2015年10月10日 (土) | 編集 |
いや、チラシのウラ的な話なんですが。

地上波で池井戸作品の下町ロケットが放送されるコマーシャルをやってるんだな。
阿部寛主演でやるようだね。
阿部寛ってでかいんだよね。

過去作でおいらは下町ロケットを見てるんで どうしてもイメージがついちゃってるんだわ。
こちらは三上博主演でどちらかと言えば小柄な主人公なわけだ。

ちなみに主人公の役どころは研究者あがりの下町工場の社長というもの。
おいらの印象でいけば三上博のほうが会ってるように感じる。


テレビで池井戸作品が人気になってからというものネットで漁るように探してみたんで結構見てるんだよね。
倍返しで有名になったものからルーズベルトゲーム、花咲舞がだまってないとヒットは続いているが ついにリメイク的な作品もでてくるのか  という感じである。

おいらが知る池井戸ドラマはい仲村とおる主演の空飛ぶタイヤなどこれまでに名前を挙げたもの意外にいくつかある。
BSなどで放送されたものだがネットで当時探してみたらなんとか見ることが出来た。
(まぁ著作権的にはよろしくないんだろうけど)

そのなかにあったのが下町ロケットである。

いやぁ、人気がでたおかげで古本でもあまり見かけないしハードカヴァーのまま売られていたので少し高かったんで本を読まずにドラマで知った感じだな。
最近になって(とはいえ数ヶ月は前だが)パチンコで買った際にBABYMETALのCDと一緒に池井戸作品を本でも読むことが出来たんだ。
探しても見つけられなかったのが文庫で買えたんで一気に何冊も読めたんだな。

ちなみに本ではあっさりしている内容がドラマでは面白く見せていると思う場面も結構多く(とはいえあるものなどは主人公からして違うものがドラマにされてたりと課するんだけど)ドラマはドラマで別物で楽しむものだとおいらは思うわw。

ちなみに知ってる人は知ってるんだろうけど おいらは地上波でほとんどドラマは見ないんだが 以外に衛星放送のドラマは面白いように思うわ。

池井戸作品は多く見ているのでおそらくは阿部寛主演の下町ロケットもネットで見るとは思うがどんな風に料理されているかこわごわ見てみたいと思います。

シリア戦
2015年10月09日 (金) | 編集 |
選手の出来をどうこう言うのが基本的に試合を見ていた人たちの楽しみでもあるのだろう。
この試合を扱った記事ではどこでも選手の出来や感想などであふれている。

ちなみにおいらも基本的にはそういう感想を持ってはいるが 敢えてもうひとつの感想だけを書いていこうと思っている。

おいらは日本のサッカーは悪くはないといつも思っているわけだが それについていくつかの持論を持っている。
たとえば、世界の一流選手ってのはどのような条件でも一定以上のパフォーマンスをだせたりするがおいらが思うに日本の選手はそうではない。
ピッチの状態が悪ければ実力が出せなかったりある条件下においてのみ力が出せるみたいな縛りがあるように思う。
代表になるような選手はエリートでいつもいい状態のピッチで試合ばかりしているからそういう状況にない場合に手を焼くのである。
外国人は結構どんな状況でもやれたりするのはそういうケースの経験地が日本人より高いからだろう。

話を戻すが、ワールドカップ予選はやはり特別なのである。
アジアでは抜けた数チームでさえ苦戦する試合が出てくるのだ。
当然のことだが世界一面積の広い地域での予選であるから環境の差ってのが激しい。
したがって日本と言えども全部勝つなどと考えずにホームで勝つことを第一に考えアウェーでは少しでもいい結果が出ることを臨むべきだとおいらは考えている。

つまりシリア戦の結果についてどうこうと言うのがあっても試合結果についてはベストだったというだけだろう。
日本はグループの首位に立っていた相手を相手のホームにおいて勝てたことになるからね。

過程での動きなどをどう言おうがこの試合肝は勝つことだけでしかないのである。
ブラジルでさえもワールドカップ予選などで相手のホームでは勝つことが出来ずに負ける試合もあるのだから中東の気候などを考えれば引き分けでもいいと言う考え方だってある試合だった・・とおいらは考えている。

ワールドカップの予選とはそういう試合の連続だろう。

まぁ最終予選ではないことを考えればどの試合も勝つ気になるのは仕方がないのだろうけれど・・・。

ちなみにもうひとつだけ。
あくまでおいらの考えではあるが・・・年齢を基準に年寄りを使わない監督には異論がある。

おいらにとってワールドカップ予選ってのはワールドカップに出ることが目的であり本線を戦うことを前提に戦うものではないんだなぁ。そういう意味においては今現在戦えるのであれば多少年寄りだって使うべきだろう?
日本はかつて予選で苦戦をしていた際にゴン中山を代表に呼んだこともあるようにワールドカップお酔いその予選は若手だけのものではないはずである。
そのときのベストを使うべきってのがおいらの主張なわけだ。
したがってロシアの本番のときの年齢を考えて選手を選ぶなんてのはナンセンスでしかない。

ついでだから・・、ハリルホリッジの代表でセットプレーでの得点がないというのをアナウンサーがいっていたがそりゃそうだろ。
まともなプレースキッカーを入れていないで戦っているわけだから。
代表では過去においても本田が蹴ることは多かったがそれでも遠藤などのキッカーがいつでもいたわけだ。

ハリルホリッジになって本田が蹴る琴は減ってはいるが変わりに蹴っている選手はと言えばこれまでの日本代表のようなプレースキッカーは試合に出ていない。
得点においてセットプレーの割合が大きいということを知りながら使っていないハリルホリッジってのはどれほど優秀なのかと疑問を感じている。
ちなみに遠藤を使えていっているわけではないよ?
例えばだが同じように蹴れる選手で動ける若手はいるわけだ。
今のチームなら柴崎だってその候補だろうし所属チームでと考えれば柏木あたりだって十分に雨後得るキッカーだろう。
これまでの日本代表を考えてもいつのときもそれなりにいいプレースキッカーが試合に出ていたことを考えると今の代表のメンバーでその部分は物足りないと言えると思うし実際問題セットプレーで点が取れていないわけだろう。

清武にして所属チームではプレースキックでアシストなどいくつもしていることを考えれば蹴れる選手を試合で使うべきだとおいらは考えるのだが・・・。
更に言えば、ハリルホリッジはワールドカップアジア予選というものがわかっていない気がする。
本戦で戦えるメンバーを考えてアジア予選を戦うことの意味ってものを知るべきだと思う。
日本はアジアで戦う際に基本的には守備的な相手西なければいけないのである。

ハリルホリッジがとく意図するカウンターサッカー、前からの守備の重要性ってのはアジア予選で発揮しにくい状況でしかない。
つまりアジアでの戦い方と世界での戦い方の二通りをこなさなければいけないのが日本などアジアの強豪には求められるのである。その中でも日本はイランや韓国、オーストラリアとは違いフィジカルの強さなどで強豪になっているわけではないのである。より特殊性が強いのである。
そういうチームにあって核になるプレースキッカーがいない中を戦うのはおいらが思うに自分で縛りを設けて戦っているようにしか見えないのである。
遠藤を使えとは言わない。しかししっかり蹴れる選手を使ってくれw。

日本が苦戦をしたケースってのは基本的に押していても点が入らないと言う場合が多いのは最近の特徴である。
どうすればいい?の答えはオプションを増やすって答えに行き着いているわけだよな?
ヘディングの強い選手を入れろとかってやつだわ?
ではそれが実践されているか?といえば疑問でしかない。
ヘディングが強い選手を入れても底を使う選手がいないってのももんだいだろう?
トップの入れ替えは後からでもいいけれどそこにパスを出せる選手はいつでも使っておくべきだとおいらは思うんだな。
裏を取る選手にパスもだせるはずだろ。
まぁできればボランチにパスが裁ける選手がいれば攻撃陣をもっとうまく使えるようになる とおいらは思っている。

ともあれ、今回のハイライトはやはりイラン戦である。
イランとの対決は本当に久しぶりである。
ある意味アジアでもっとも評価されているチームとの戦いであるわけだ。
ここで結果を出して欲しいなぁ。
予選でもないので負けを恐れる心配が両チーム共にないのも真剣勝負が出来るいい条件に思える。

ワールドカップやトップにいるようなチームとの戦い以外ではここしばらくでもっとも興味部会試合のはずである。