| Admin |
おかしなこと
2015年09月20日 (日) | 編集 |
サンデーモーニングは普段見ないんだけどたまたまテレビをつけたらやっていたので見ていたらパネラーの人がおかしなことを言っていた。
安倍政権の言う安保関連法案の言い分は抑止力になるというが自衛隊の危険度は直接増すのに対しアメリカとの同盟強化は三段論法でしかないというのである。

ちょっと待ってくれ!
三段論法だろうが結果的にアメリカとの同盟関係が深まって抑止力になるというのであればプロセスに大きな意味はないのではないか?

過去の政権で見送られてきたことが安倍政権で行われると言うことも暴挙のように言われているが 実際に考えてみれば今の中国の強引なやり方に加えISISなどテロの危険性も増えていることに注目して欲しい。
過去には抑止力を考える必要性が今ほどなかったのである。

中国が軍拡を行っていて更に領土を広げようと行動を起こしている現在、加えて日本のそばには北朝鮮もあるわけだ。
世界一の軍事力を持つアメリカとの同盟関係強化は抑止力にはなるのである。
まして日本は原発の保持を考えていない。

対する中国も北朝鮮も原発を持っているのである。

いますぐ日本が中国に戦争を吹っかけられ直接的な戦闘行為は行われる危険性は少ないだろうが 実際には中国は隣接する多くの国と領土問題を抱えていてそのほとんどで中国が行動を起こしているのである。

基本的に西側諸国と日本は考え方が一致している部分が多いわけだが中国とは一致していないのである。
中国は中国の論理で動いているわけだ。
話し合いが大事だと言うことを言う人がいるのだがおいらは話し合いが出来るのは考え方が同じもしくは似ている国の場合に限ると思っている。
話し合っても自分の主張を曲げることがない国とは話し合いによる解決など出来ない。
せいぜい妥協案で落ち着くのだろうが日本の場合は日本が折れる部分が大きいだろう。
そう考えれば向こうが手出しできないようにすることが大事ではないだろうか?

評論家の方々などはすぐに話し合いというが 話し合いでどうにかなるケースってのはどこかで妥協が行われ話し合うことは日本にとってリスクでしかないことを考えるべきである。

もうひとつ今だからこそ安保関連法案が出てきた理由はあるだろう。
それはアメリカはかつては世界の警察を自負していたがいまはそれを変えてきている。
そのことも大きな理由だろう。
世界の警察であれば何でもかんでも出ていくだろうがそれを止めれば戦闘行為に関わるリスクも減るのは当然だろう。

安倍政権で安保関連法案がでてきたには出てきたなりの理由はあるのだと思うわ。

何度も言うが安保関連法案を戦争法案だと言う人がいるがいまどき戦闘行為はあるけれど戦争はないといえるはずだ。
ウクライナの問題も基本的には内戦である。
中東の問題も戦闘行為をしているのは国として認められていない。
つまりはクーデターもしくはテロ行為である。

日本はテロ行為と戦うのかどうかである。
安保関連法案を出してきた人は戦争を始めたいのか?といえば決してそうではないだろう。
アメリカにしてもおもてだって戦争を始める国ではない。
イラクのときは大量破壊兵器を持ち出し戦争を始めたが いまはその大量破壊兵器も出てこなかったことも理由でより戦争反対の風潮が強いわけだ。
アメリカにはもうひとつ戦闘行為をしたがる理由はある。
武器を作っている会社、売っている会社があるからね。

ところが日本には基本的にはないといえる。
自衛隊の武器を作っているところはあっても海外には売っていない。
潜水艦をオーストラリアに売ると言う話はあるが・・・。
つまり政治家も戦争が好きな人はいないだろう。

左側の人はすぐに裏を考えるがここは素直に政府の言う抑止力と言う言葉を信じてはいかがかと思うわ。
日本人ってのはすぐに安全とか考えるけれど普通に考えて自分が安全にいるために犠牲を払っている人がいることは忘れてしまうのである。
警察がいる。消防がいる。自衛隊がいるのである。
ほかにも今日では普通に警備会社もあるわけだ。
それらの人はリスクがある仕事をしているのである。

世界情勢が日本にとってよりリスクが増えていることを考えれば払わなければいけないリスクが増えるのは当然のことだろう。
保険金はリスクが大きいほど高いのが相場である。

国を守るためには相応のリスクは必要だろう。
かといってすぐに自衛隊員の生命の危険性が直ちに脅かされることはないだろう。
ちなみに法案が成立しても緊急時以外は基本的に肥大側の世辞蚊帳メディアが海外に出て行く自衛隊員に関して常に大きな問題意識で言い立てるだろうからね。

ある意味では法案が成立しても自衛隊員がリスクが増える心配はほとんどないと個人的には思っている。
死ぬ危険性がある任務はこれまでにもたくさんあったのである。
日本が特異にしている機雷の処理などは常に生命の危機にあるが事故が起こっていないだけのこと。
海外で戦闘行為に巻き込まれるリスクがでてきたというがそれもこれも海外のことではなるだろうが現地の人のためと考えれば納得するべきではないだろうか?
まぁ自衛隊員にも海外への赴任に対し拒否権はあっても言いと思うが個人的には拒否する人はほとんどいないと思う。
そもそも自衛隊員には愛国心や人の役に立つことに命を懸ける勇気は仏の人以上だと思うからである。

安保関連法案を議論するうえで常に言われるのが戦闘行為に関わった場合の話である。
つまりは仮定の話である。
それをいうなら日本に紛争が起こる想定もしてみればいい。
尖閣に中国が行動を起こしたとかね・・・。
反対している野党はそこには考えがあるのだろうか?
彼らには常に日本が悪事を考える元凶であって他国にはそういう考えがないと思っている節がある。

だが現実には世界にあって大戦後に最も安全であった国が日本である。
その事実を知っておくべきで おいらは政治家を信用していない人間であるが こと戦争に関しては今時点で信用してもいいと思う。
スポンサーサイト

安保関連法案・・・
2015年09月18日 (金) | 編集 |
これがすぐに戦争に結びつく発想がおいらには理解が出来ないでいる。。。

日本にとって主に対称になる国ってのはアメリカを初めとする西側諸国だろう。
テロ以外でこれらの国に戦争を仕掛ける国があると思いますか?

テロは国家が行っているものではない!ということをまず知っておくべきだと思う。

ちなみにだが 反対している人の意見に非常に曖昧な感情をおいらは感じている。
よく聞かれる声として憲法の違反していると言うのがある。

おいらはこの法案にとって憲法に違反しているという意見が微妙に聞こえて仕方がない。

なぜなら戦争をするための法案ではないと言う観点に立ってみればこれほど的外れなことはないと思うのだ。
基本的にこの問題は自衛のための法律であると言うことを理解するべきだと思うんだな。
仮にアメリカがなんらかの戦闘行為に巻き込まれたとしても 必ずしも日本が戦争に巻き込まれることはないんではないだろうか?

安倍総理の声がおいらにtどいているかはわからないが 国連の安保理の中でアメリカが戦争行為に巻き込まれるケースもほぼ相手は国ではないだろう。
おいらが思うに戦争行為が起こったときでも相手が国ではなければ果たしてその戦闘行為ってのは戦争にあたるんだろうか?ということになると思う。
反対派の声で戦争と言う言葉が使われることにもこういう点で個人的には疑問を感じる。

以前に底まで言って委員会でも言われたことだが そもそも憲法違反という点が大事ならそういう人はまず自衛隊の存在にももう一度考える必要があるってことである。
自衛隊が認められるのなら同様に日本を守るために命を懸けるアメリカ軍が攻撃されたときに日本が助けられない現状をかえることは個人的には絶対にあると思うんだな。
憲法がどうこうよりもおいらには同義的に必要な法案に思えて仕方がないんだわ。
だからといっておいらあ戦争を可能にしようということに賛成するわけでもないことは一応書いておく。

基本的に日本が集団的自衛権を行使できるようになるってことがアメリカとの同盟関係を強固にすると考えれば日本に対する戦闘行為の抑止に繋がることは間違いがないことである。
普通に考えればアメリカが仕掛けない限りアメリカに戦争を売る国はあるはずがない。
あるとすれば上でも書いたが国としてではなくテロ行為などを行う組織でしかないだろう。

それに学者の意見であったがこの法案によってほかにも在外日本人の安全を守る上でもこの法案は重要な役割があるらしい。
個別的自衛権だけではありえなかった連携が取れることが大きいというのだ。
同盟国における日本人の安全を守るために日本として同盟国と連携できるというのは確かに大きなことだと思う。

ちなみにおいらが住む町では共産党の街宣車が連日でて戦争法案だと批判をしているんだわ。
おいらはうるさくて文句を言いたい。
テレビの音が聞こえないんだわ。
この法案を戦争法案という理屈はもし同盟国が戦闘行為に巻き込まれたらという家庭の話が元になっているわけだわな。
ではとおいらは聞きたいんだが、中国が日本にちょっかいを出した場合ってのは反対派はどう考えるんだろう?
実際問題、尖閣の件にとどまらず南沙諸島の問題も中国がらみだし 普通に考えてこの時代(アメリカやロシアでさえ軍縮傾向にある中)軍事費に膨大な予算を使っている国である。
日本はその国のすぐそばにある国だということを忘れてはいけないように思う。

日本が戦争をするという仮定はする人たちだが 日本が戦争を売られるということはその人たちには発想することができないのではそもそもの考え方に問題があるとおいらは考えるわ。

同盟国が戦闘行為をするという場合には上でも書いたが基本的には安保理という前提に立っているはずであるということを忘れてはいけないと思う。
そういう状況で戦闘行為を仕掛けられるということは基本的にテロと一緒なのだ。
日本がテロ行為を仕掛けられた場合に 反対している人たちはどう対処すると考えているのだろう?
今までの日本のように遺憾の意を表するだけで済ませるのだろうか?
西側諸国だけではなく普通はテロ行為と戦うという意思を持っているのではないだろうか?
日本だけは安全だと勘違いをしているのではないだろうか?
そもそも普段は感じないのだろうが日本の安全てのは日倍安保条約によって担保されていると士って尾kべきではないんだろうか?その日米安保をより強固にすることは大事なことだと知っておくべきであると思う。
尖閣問題で過激な思想の中国人などは日本と戦争を従っている風でさえあるんだが それでも仕掛けてこないのはアメリカがいるためだともう一度考える必要があるだろう。
現在のままなら日米安保があったとしても本気でアメリカが日本を守る保障はないという声まであるのも知っておくべきだろう。
日本のために命をかけるのがアメリカ軍の任務であるが鐘のために命を懸けるのは馬鹿らしいことだろう。
日本がアメリカの危機に立ち上がるkとが出来ることが出来て初めて対等な関係になるといえるだろう。
つまり良く日本がアメリカの犬的なことも言われているがこの法案により日本は寄り台頭に近づくんじゃないかとおいらは北もしているのである。

ちなみにこの法案に賛成している人は抑止力と言う言葉を使う。
一方で反対している人ほど戦争と言う言葉が出ているはずである。
おいらには反対をしている人ほど戦争が身近な気がしてならないのである。

おいら的には戦争ってのはよっぽどのことがなければ起きないものだと思っている。
(テロはまた別物だ)
古くはフォークランド紛争などもおきたが本格的な戦争にはいたっていない。

過去の世界大戦語に争いは起きるがほとんどの場合は内戦でしかなく 安保理などへの反発のテロ行為である。

まぁこの問題の本当の問題ってのは、反対する野党がくだらない論争ばかりを持ちかけ政府が国民に対して正しく説明するのを妨害していることに加えメディアがその片棒を担ぐように法案の内容の説明を正しくしてこなかったことにあると思う。
憲法違反という言葉だけを大きく持ち出し自衛隊と同じように日本の安全保障上必要な法案であると言う理解に立てば憲法違反がそんなに大きな問題か?とおいらは考えている。
くれぐれも間違えて欲しくないのだが戦争をするための法案ではなく安全保障上必要な法案であると言う観点に立つことが大事なことだとおいらは考える。

過去の日本でも日米安保反対などとあったが今日の日本があることに必要不可欠の条約ではなかっただろうか?

この法案ってのは戦争法案といって雇うが反対しているわけだが 正しく知ればコン法案ってのは日本の安全保障の強化が最大の目的であるということが大事なことだとおいらは考えている。

その中で日本人が戦うことがあるかもしれないがその好意は決して戦争行為ではなく テロとの戦いだと考えるべきものではないのだろうか?
これって警察が危険な行為があるのと同じことでしかないだろう。
刃物を持った犯人を捕まえるのが世界にでれば相手が拳銃などの武器を持っていると言うだけのこと。
刃物だろうが拳銃などの武器だろうが危険なことには変わりはないではないか。
大事なのは正しいことをするために警察も自衛隊も危険とも戦うということだろう。
ちなみにアメリカと同盟国ということは非常に大きなことであることも忘れてはいけない。

アメリカの軍事力ってのはアメリカ単独で世界を相手に戦えるほどだと言われていることを知っておくべきでもあるw。