| Admin |
球際っちゃなんね?
2015年04月27日 (月) | 編集 |
ACLで苦戦をするJのチームにかつてJで活躍した鄭大世がJのチームに共通する弱点として話している。

球際の激しさがないと。
スライディングなどで体をぶつけると日本のチームはボールを下げると韓国では対策が解っていると言っているのだ。

では聞きたいのだが、ACLのグループリーグの後半は日本のチームはほぼほぼ勝ち越しているように思うのだがそれはなぜか?
ついでにいえばザック時代からこっち日本の弱点を知る韓国が日本に勝てないのはなぜか?

おいらはここでいわれるような球際の問題は間違いであると思う。

ACLで日本のチームが苦戦するのは単に仕上がっていない状態で本番を迎えるからだと思っている。

JのチームはJの開幕に合わせてスケジュールを組んでいるからACLの開幕時にはまだ仕上がっていないのだと思う。
球際が弱い?それって単に選手の動きに問題があるためにパスコースがなかったり判断が少しおくれるなど そういう事が原因で起こることなのではないのか?と思うのだ。

実際、毎年グループリーグの後半に持ち直しトーナメントに進出しているチームは多い。
今年にしても柏はすでに突破を決め鹿島とガンバは次に勝てば突破をする状態である。

浦和はJでは連勝をしているがACLでは早々に敗退となっている。
これもあくまで見方でしかないがJに主軸を置いていることが原因といえるんじゃないだろうか?
なによりJリーグで勝つことを優先する傾向は今後Jのチームが勝ち進んだ際にも見受けられると思う。
日程が厳しくなるわけでそこでACLとリーグとどちらかを優先させることが求められた時にこれまではリーグを優先させてきたとおいらは思っている。
これはACLで勝った時に得られるものが決して大きくないことは前から知られていてそのために協会は独自に補てんしているわけだ。
トーナメントまでいけばボーナスが出るなどである。

またACLで過去にレッズやガンバが好成績を残しているがこれもCWCが日本で開催された頃のことである。
ある意味、日本国内でのACLへの関心のなさも大きな要因だといえる。

話を戻せばACLのグループリーグの後半で日本がそれまでと違って勝ち越しているのは球際云々の問題だけではないという証拠だとおいらは思う。
上でも書いたが日本の球際がそれほどの問題なら韓国代表がココの所日本に勝てない理由の説明がつくまい?

球際に問題があるとしてもアジアで問題にするほどの大事ではないのである。

一方で実際に日本は球際に問題を抱えていると個人的には思っている。
それは特にブラジル戦で見せる弱さに代表されると思っている。
かつてはこれほどではなかったがザック時代から顕著に表れていることで守備に際して相手との距離を取りすぎる傾向にあると思う。
最初はガツガツ行こうとするのだが結局躱され続けいいようにあしらわれている。

結果的に相手に余裕を持たれ好き勝手にされるのだ。
ひとつわかりやすいのが韓国のブラジル戦である。
韓国は激しいプレーで(レイトチャージを取られるほどの)嫌気をさそい終わってみれば0-1の敗戦などという事がある。
一方で日本はらしいプレーなどという合言葉のもとに0-4とかいう試合をしてしまうのだ。

おいらは毎回こういう試合をしてしまう日本代表チームにはブラジル代表に対する敬意がかけていると思うのだ。
なぜならブラジルの強さを過小評価していると感じるからである。
一つに守備での圧力が足りなさすぎる!レイトファールを取られるほどの厳しさがない。
おいらは球際問う言葉を使う際に思うのはもう30センチ、50センチ相手に近いところで守備をして欲しいと望んでいる。
躱される可能性も増えるかもしれないがそのことをなれることで補ってほしいと思うのだ。
ブラジルと戦うには自分もブラジルリーグと同じようにやるとか守備に定評のあるアルゼンチンのチームのようになって戦ってほしいと思う。

反面、攻撃時には多くは求めたくない。
ボールを失わないというのはいいが持ちすぎてはいけないと思うからである。
寧ろオフザボールのプレーの質を高めて相手が寄せる前に常にパスが出せるというのが理想的だと思っている。

まぁときに変化を求めドリブルなんてのも悪くはないが 理想的なのはパスをつなぎシュートを決めるであって華のある自分で持ち込みシュートを決めるよりも優先したい。

球際という言葉ではフィフティーのボールを勝ち取るという時や厳しくいくという時の言葉であり覚悟の問題として個人的にはとらえたいと思う。
そういう意味では今は足りないかもしれないが伝統的に足りないという事でもないと思っている。
過去の代表戦を見るとそれなりにいっているのは感じられるからだし、ザック時代にだっていい感じだったことはあるおいらは感じているからだ。
そして今言われる理由は(おいらはそう感じる意味がないと思うのだが)日本代表が自信を失っているなどと言われるように気持ちが前向きでないことへの反省としてだと思っている。
だって実際に自分たちでやれていたことでもあることを言われているのであってずっと足りていないことではないと思うからだ。

アギーレになってからこっち代表はけっして恥ずかしい結果など残していないとおいらは思っている。
過去を見てもかつてないほどのプレーをして結果が出なかったアジアカップでさえ恥ずべきではないと思っている。
むしろ相手には次は勝てないだろうという印象を与えれたと思うほどだ。
チャンピオンになったオーストラリアにも直前に勝利しているわけだしね。
間違った思い込みをしてはいけないとおいらは思うぞ。

ハリルホリッジに関して言えば、協会を通じ選手に求めていることに関しては正しいと思う。
個人的には選手に対してよりも協会の姿勢など ときにガラパゴス化しそうになる傾向を止めグローバルに考えることを要求していると思えるし日本の環境が良すぎることが日本の弱点になりかねないことをしっかり警鐘を鳴らしていると思う。

まぁとにかく今はすべてがいい方向に向いているように思える点が尚良いw。
あの宇佐美が走っている、ディフェンスをしている、そして何より高い意識で点を取っているし その他の選手の励みにもなっているように思えるのが良い。


最後に置くまでおいらの考えだができれば海外が日本の選手を獲得する意思を持つならできれば選手はセットで買ってもらいたいw。
昨今、日本の選手を買ってもらっているがおそらくは思うような活躍を得ていないのではないかと思う。
サッカーは個人でできることは限られているからだ。
だから選手のいい面を出せる環境を少しでも整えて買ってほしいのだ。

おいらがJを見ていて思うのは外国人選手を日本人はすぐに頼る面があるがそれでも活躍ができていない部分も感じる。そんな中、より脅威に思えるのは外国人によるコンビプレーである。
ACLなどでも実際に脅威というのは外国人のパス交換からのプレーである。

ヨーロッパに出ていく日本人は助っ人ではなく単なる一補強であってチームメイトにもライバルが増えるくらいのものでしかない。当然パスも日本のようにはいかないのである。
この中で自分らしいプレーを発揮するのは難しだろう。
できれば息の合った選手と一緒にプレーをさせてみて欲しいと思うわけだ。
実際には難しいのだろうけど・・・・。
そういう意味ではドイツなどは単独で言っている選手が偶然でも同じチームに所属することがあれば日本人の選手をセットで使うメリットを発揮してくれたらうれしいのだが・・・・。
清武と乾とか岡崎、大迫などと香川だっていいんだけどw。
百歩譲って韓国選手との組み合わせも有りかもしれん。
是非見てみたいと思う。
スポンサーサイト

そもそもの議論の問題でないかい?
2015年04月25日 (土) | 編集 |
自民党がテレビ朝日とNHKから聴取したという件、いろいろとメディアで自民党批判になっている。

おいらはここでメディアがいう放送法の精神という部分の理解に問題があるからだと思う。

何が問題かというと メディアの人間の主張は総じて言論の自由という部分に主眼が置かれているわけだ。
放送法の解釈についても今チラッとみた番組でも語られていたが言論の自由を守るタメの法令というとらえ方をしているように感じたんだ。

一方でおいらhそこに違和感を感じているわけだ。
おそらくは他の二も同様の疑問を感じる人がいるだろうとも思っているのだが、放送法ってのはそもそも公共の電波を使うための規制というようにとらえているのである。
一般人が使えないシステムをつかえる特権を得るわけだから当然規制が必要だろうと思うしそれを規制するのが放送法だと思うのである。

更に今テレビで出た発言は(元総務省で正に放送法を扱ったという人間が言っていたのだが)放送法の規制はメディアが自主的に規制するべきものだというものだったのだ。

正直、これはおかしいだろうと感じる。

今のメディアの在り方を見ているネット民はメディアの報道しない自由や自分たちが作ったルールでの一方的な表現に疑問を持っているのではないだろうか?
例えばアンケートを独自仕様で行い一方的に発表をするのだが意図的にそのルールを作れる立場なのだから操作もできると言える。
また取材した中でどれを使うかも選択ができるわけで事実とは異なる主張の元まで作れるのである。
そういったことも含めて言論の自由と言っていいのか?という点で疑問を感じるのだ。
基本的に個人が何を言おうが自由だが そういった中でメディアは公共の電波という誰もが使えるわけではないものを使える立場にあるという事は理解する必要があると思う。

自民党が圧倒的に強い件での安倍総理の支持率と沖縄での支持率は大きく違うかもしれないがメディアは電波を使って何を報道するかによって全く違う印象を視聴者に与えることができるのが現実だろう。
ネットでそういうものを常日頃見ている人なら違和感を感じてすぐには信じないかもしれないが世間的にはメディアが与えた情報はネットよりも生きているものになるだろう。

おいらなどはそういう部分を危惧するのである。
ちなみにだが、おいらがチラッと見た番組だってテレビ朝日の番組だわw。正に当事者の局のね。
しかもそういう発言をした人間は見た感じ自民党の議員の反対側に座っていたわけだからおよそどういう姿勢の人間かは明白だろう。

琴事件を報道するのに際し今までメディアがどういう態度を取ってきているかを考えればメディアは自己防衛本能と反体制の姿勢に凝り固まりすぎていると言わざるを得ない。
報道の自由を訴え反面、独自に報道しない自由を持ち勝手にエリート意識の塊化している輩である。

個人的には放送法を扱う総務省がこれまでいろいろあった問題を自主規制に任せて放置してきた結果が今の体制になっていると思う。
本来もっと総務省が規制をするべきものが放送法だと思うわ。
甘やかしてきた現実が公共の電波を扱う会社がどこもかしこも高給取りの集団になっていることでもハッキリわかることだろう。
メディアは美味しい仕事と言論の自由という憲法を盾に勘違いのエリート意識の偏った存在になっていると言わざるを得ないと思う。
もしメディアが本当に自由に発言できるということならもっと放送局を自由に作らせればいいとおいらは思うわ。

いまネットでやっているチャンネルを地上波でやっても同じことが言えるかどうか試してみたい気持ちになるわw。

ZERO 相性抜群!?
2015年04月23日 (木) | 編集 |
しばらくお預けと思っていたが急きょ行くことにした。

勿論狙いはZEROである。

しかし当然のように空いていない。

そこで何を思ったかエヴァに座って打ち始める。
そのうえなぜか回らない^^;。
それでも意地になって打つが回らないのである。
台は変わるが何故か回らないエヴァを打ち続ける。
しかし回らない。おいらが知る限りエヴァの機種で今出ているのが一番客がついていない気がするが理由はこれでハッキリわかる気がした。
結局35000円を投入し2000円分残りで移動。

ZEROが空いていた。
昨日はおいらの周りもみんな出していた。両隣はもちろんその両隣まで出していた。
今日はと言えば皆苦戦したらしくおいらが座った台があたりが1回で500回ほど回していた。
昨日おいらが出した台もあたりが1回で700回以上回していたしおいらの隣も同様だ。

おいらは残っている2000円分を投入したところちょうど2000円目で保留ランプがいきなり赤になりそのまま当たった。
真魔界ラッシュZには入らなかったんだが時短に入りすぐにレインボー保留を引き当てる。
もっともこれは単発で時短抜け。
しかしこの台、なかなか状況が一変した。
2箱残しのあまり玉のうちに次回予告を出すがハズレたんだが その後まもなくいつのまにか保留球に剣が刺さっていたw。そしてそのまま当たり。
ここでは魔界ラッシュに突入しあっという間に7連チャン。

終わってみればZEROで使った金額が2000円でトータルで35000円。
回収が82000円となり見事にきょうもZERO様様である。

ZEROを売った回数3回で3回とも大勝したと言っていいだろうw。
初回は3000円で、2回目も1万円弱、今回は2000円で勝ち取ったものw。
相性がいいというしかない。

個人的にはガロもたくさん打ってきたがガロは基本熱い演出がないと当たらない気がしていたし熱い演出を外すのもガロだという気がしていた。
ZEROに関してはいまのところ熱い演出でなくても当たる気がしている。
まぁそうはいってもそこそこの演出は有りの上でだが・・・。

一方でほかの機種での勝てなさも痛感しているw。
おいらはウルトラマン系とかプロレス系では勝ったことがないw。ルパンだってどちらかと言えば苦手機種である。

さぁて、明日からは本当にしばらくは禁パチンコにしようw。

アジア・アフリカ会議とメディア
2015年04月23日 (木) | 編集 |
はい、安倍総理が過去の反省を口にしたが誤っていないという事について韓国が声を上げ、日本のメディアはその声を拾うわけだ。

ここで面白いのが日本のメディアの姿勢なんだな。

日本のメディアは常に中国と韓国の目線しか気にしていないのである。
中国と韓国以外のアジアの声は決して拾わないし まるでパククネ韓国大統領と同じようにいちいちアメリカの反応をうかがおうとするのである。

ネットではその少し前にニューヨークタイムスに反省をしない日本という内容で記事が出ていて それに対し外国人がいつまでこの話をするんだ?という批判が集まっているというのがあるのだが、いつものようにメディアは報道しない自由でこういった内容は日本国内には決して記事にはしないのである。

近年話題になっていることでも韓国に対する差別的なことをメディアは懸念しているが当のメディアは中韓以外のアジアの声を日本人に知らしめることは決してしないのもある意味充分差別的だとおいらは思うわ。

おそらくテレビなどで報道する際には韓国の話はするが ほかのアジアの声についてはニュースにすることもないだろうね。それが日本のメディアの姿勢だからね。

ちなみにメディアだって本来なら今の中国と韓国の日本批判が全くおかしな話だと分かるはずなんだが 基本的にわかりたくない気持ちが強すぎるんだろうね。
そもそも、韓国は70年前の戦争では日本と共に日本側で戦った国であるわけで戦争被害者面をしていることは全くナンセンスである。ついでに併合を快く思わないことに対しては日本は韓国と戦争をしていないわけだから戦後補償とは違う形で資金を拠出して日韓基本条約を結びすべてを解決している。
中国はと言えば日本が戦った相手は中国国民党で今現在中国を支配している共産党ではないわけだ。
中国は日本からの戦後賠償を受け取らなかったとはいえ、この戦争によって日本本土以上に新しい設備などを備えた満州という地域を得ている。
これを得ることは戦後賠償などを得るよりも利益になるものだという話は良く語られている。
本来なら満州の土地は中国のものになるんだが日本の場合そこにあった財産も放棄しているわけで 仮にこれらを請求していれば日本は戦後賠償をしてもプラスになると言われている。

そして、日本と国交を結んで事実上アジアのどの国よりも発展したのがこの二か国であり その二カ国だけが日本批判を続けているのが現状だろう。
ぜひメディアはそれ以外のアジアの声というものも報道してほしいものだ。

上で書いたNYTも同様だが、日本のメディアも本来の報道の在り方を間違っているとおいらは思う。
メディアってのはある意味 部分的には公正な立場が必要だが昨今のメディアはメディアの政治信条のために偏りすぎているとおいらは思う。
それを当然のように考える関係者がいることも今のメディアが信用されない大きな理由だとおいらは思うわ。

シッカリ精進して特定アジア以外の声も報道して頂戴w。

追伸
2015年04月22日 (水) | 編集 |
先日来発症しております痛風が悪化しておりますw。

足首が微妙に痛いのもそのままに、現在は右ひじの痛みも出ているんですね。
飯食うのもおいらは右利きですので痛みます。
今日行っていたパチンコのハンドル押さえてるのも痛いんです。
キーボードを打つのも痛いんですw。

しっかり栄養のないものを食うしかないかw。

怖いわw
2015年04月22日 (水) | 編集 |
勝った時だけの自慢のようですが、パチンコの調子がいいのです。

正直最近までは負けていましたよ、もちろん。
行くたびに3万程度は行かれるのが続いていてしばらく言ってなかったんですが、何を思ったか今月に入って何度か行ってみたわけです。
案の定下心を持っていくと勝てなかったのですが、金曜日に髪が伸びていたので木曜日に空きはあるかを床屋で確認し行ってみたら確認後に予約が入ったとのことで散髪が出来ずに急きょパチンコにいったわけです。
時間にして2時過ぎだったかと思うんですが、ちょうど行ったときに店で一番新しい?ZEROの台が空いたわけです。
この台はいつも埋まっててやったことがなかったんですが前の人が景品に好感して辞めるタイミングだったところを座ったんですね。
ちなみにおいらは人が出した後の台ってのは嫌いじゃないんですわ。
少なくても当たりが出た台という評価をするんですね。
まぁ時にはその後のオオハマリにあうこともあるんですがw。

で、このときは運よく訳が分からないうちに大当たりを引き(一応ガロをやってたんで熱い演出はなんとなくわかるんですが熱いと思わないまま当たってたんです)そのまま10なん連荘かしちゃったわけで、3000円の投資が11万オーバーになりましたよ。
んで、月曜日にもう一度行ったんですがZEROは空いておらず猪木とエヴァで35000円ぐらい負けたんですかね。

そして今日!
また床屋に行ったら今日は一杯だというのでまたパチンコにw。

最初はやっぱりZEROは空いて無くて運よく?入ったばかりのデビルマンに座ったんですが15000円ほどでやっと当たったんですがこの台出るスピードも迫力に欠きそのうえ厚そうな演出でことごとく外しちゃったんですわ。
隣の人も高確率と低確率の抽選ゾーンの当たりを何度も引いてたんですが結局外れてばかり。
普通なら厚そうな7リーチも普通に外れる。
途中なんとか3箱まで言ったが結局飲まれて移動。

時間も夕方になっていて運よくZEROが何台か空いていたんで素直に20回ほど当たっていて150回ほど回して辞めた台に座る。
当初は全くいい演出も来ないんですがなんとなく資金を投入し続けると 前回同様にちょっと暑いかな?ぐらいの演出でまた当たった!。演出自体はそこそこだったんですが最後の~を倒せ!ってのが見事に緑だったし当たる場面もボタンを押すでもなく進むんで当たっちゃった~!的に感じるんですわ。

するとこれがまた連荘が止まらないw。
途中であと4~5回まで来たんですが運がいい時ってのはあるようでそこで当たりを引き直し、そろそろ帰りたいと思い始めてもあたりが途切れず終わってみれば21連チャン。
出玉で29箱。

ZEROの魅力は圧倒的な出玉の速さ。ダブルアタッカーなので取りこぼしの玉も少なく、連荘中は当たれば2400発だしね。
はい、デビルマンで失った分や出るまでにかかった費用を抜いても15万以上の儲けが出た。

ちなみにおいら、パチンコでは結構ジンクスみたいなものを考えるんですわ。
以前はあることをジンクスにしていたんですがそれが今は出来なくなっていたんで結構いってなかったんですわ。
ただ、最近なんとなく儲けようという気持ちが湧いてた中で負けていたんで床屋でカットできなかったときにパチンコに行くと勝つ!ってのを当分信じようかとw。

ちなみにおいらが行ってる床屋さん、基本的に一人でやってて予約制なんです。
でも、おいら予約が嫌いなんで予約しないんですわ。
行きたいときにふらっとよるのがおいらにとっての床屋の正しい在り方なわけですよ。
普通の人は待つのが嫌みたいで予約制ってのは有りがたいのかもしれませんが おいらは行きたい時間に行きたいので予約をしないんです。
少しぐらい待つのが当たり前でそのために床屋さんには漫画などがおいてあるでしょ?
そのお店だって漫画がたくさん置いてあるし、なんなら以前おいらがやってた店の残りの漫画のセットをいくつか上げた利してるんですわ。
だからおいらは待つのは構わないんですが予約は嫌いなんですw。

まぁこのパチンコの小さなブームもしばらくはお休みかなぁ。
そろそろ給料日が近いしゴールデンウイークともなればパチンコ屋は稼ぎ時でしょう。
おいらはパチンコ屋が混んでいるのも嫌いなんですわw。

やっぱり!
2015年04月20日 (月) | 編集 |
きょう見た記事できになったのが 自民党が社会保障費を削減する方針だというもの。

消費税を上げる目的が社会保障費に当てるためというものだったはずなのだが、現実には法人税減税や公務員の給料を戻すために当てられたと思われても仕方がないだろう。

現実は大方が予想したように社会保障費というお題目を使った国民に対する詐欺だとおいらは思うわ。

前から書いているようにおいら個人は今の自民党を信じていない。
とはいえ、今現在で一番真面な政党であることも間違いはないと思っている。
野党をはじめ連立を組んでいる公明党などは言っていることは庶民にとっていいことだが実現性という点では破たんしているとしか思えないわけだ。

ちなみにおいらは社会保障費の問題について政治家ってやつらは根本的に考え方が間違っていると思うんだな。

例えば薬の問題があるが、おいらはもっと薬を自由に買えるようにすればいいと思っている。
先ごろ市販されたロキソニンSのように本来医師の処方箋なしに買えなかったような薬を普通に市販できる程度のものはすればいいと思うのだ。

おいらはこれだけで医療費の国庫の負担は減らせると思うわ。
取扱注意の薬品なのかもしれないが その中でも普段多く使われているものなどは市販すればいいのだ。

たったそれだけで処方箋がないと手に入らない薬の入手ができることになる。
ちなみに市販されれば国庫に負担をかけないでもいいことになる。
おいらはロキソニンは結構市販品も買うのだが処方箋があれば安く手に入るわけだから当然補助の対象になっているのだろう。市販されていれば医者に行かずとも手に入れられる=医者に行かなくても大丈夫ということになる。
先日も痛風の際に医者に行くおいらの理由はボルタレン座薬を手に入れるためと言っていいものでしかない。
これが市販で買えれば医者に係る必要もないと言えるんだわ。
ほかにも脳梗塞で入院したわけだが その後2年以上定期的に医者に行っているが現実は簡単な問診と処方箋を貰い薬を貰うこと以外の何物でもない。
例えばこういう薬が市販されれば(薬剤師のいる薬局限定でもである)医者に行く必要はなくなるんじゃないだろうか?

つまりだ、薬が欲しいから医者に行くという人が多いはずなんだわ。
調剤薬局でも手に入る形を作れば医療費の負担を上げなくたって受益者負担を増やして医療費を抑えることはできるはずなんだ。

おいらのような一般人でさえ普通に社会保障費の内容を落とさずに負担を減らすことなど簡単に考え着くわけだわ。
政治がそうしないのは既得権で得ている利益を減らさない為以外に考えられないと思うんだ。
まぁ政治家でなくても官僚がそうであるかもしれないし関連企業がそうなのかもしれないができることだとおいらは思う。

医者に行けば患者が並んでいて1時間待って5分の問診で終了なんてこともあることを考えらば慢性化していて処方箋をもらうために医者に行くという事態を無くせば税金の負担は減らせることだとおいらは思うわ。

ちなみに市販で扱える薬についてはいくつかの関所を設けることで危険は回避できるとおいらは考えている。
今現在薬屋ではお薬手帳などというものを盛んに声がけしているわけだがこれによって過去に使った薬がわかるわけだ。
つまり過去に処方された薬はわかるということだから処方箋化過去に使ったお薬手帳を持参すればいいということになれば簡単にできることだと思うぞ。

おいらが政治家を信じられない理由の一つがこういう利害関係にまみれていいと思う事が出来ない人たちだという認識だからである。

安倍総理自体は嫌いではないがおいらから見ればそういう人であっても国民に平気でうそをつく政治家という仕事をしている人だということだ。
そしてそういう安倍総理よりも利権にまみれた組織が自民党という政治集団だと思っているのである。
仮に志を持った政治家がいたとしても今現在、国政に影響を及ぼせるほどの力を得るには政党に所属せねばならないわけで個人では良くても集団になった時にその志は維持できないものだと思っている。
彼らには志を成し遂げるためというお題目の上で守るべき政党というものができてしまうからだ。
結果的に折れてしまう事の言い訳ができる。

自民党が一番真面と言えど その自民党も平気で嘘をつくし大事の目には理想を捨てるのが現実なんだわ。

ついでに言っておくが社会保障費などは年金機構などによって一般会計とは違うお別会計がある。
一般会計分で考えるなら社会保障費よりも削るべき項目のものがあるとも思っている。
その一番が公務員も給料であることは間違いがない。
日本が豊かになるためには公務員だって給料が良いに越したことはないのだが、地方に行けばいくほど今の公務員の給料が一般からかけ離れていることがわかるはずだ。
県民所得が300万で公務員が600万とかって明らかにおかしいでしょ?
ここは普通に公務員の給料に対して防波堤をつくるべきなんじゃね?
県民所得の1,5倍を超えてはいけないとかw。(本音で言えば1,2倍でいいと思うが)

ま、所詮政治家は金持ちの代弁者としての役割が低所得者の代弁をするより儲かるわけで・・・。
期待をしてはいけないものだと思うわ。

伊藤みどりから中村憲剛w
2015年04月18日 (土) | 編集 |
一昨日の番組をネットで見ていたら伊藤みどりについての話を目にした。

見てみると女子フィギュアにとって伊藤みどりがいかに凄い人物だったかをしらされるもので思わずWIKIを見てユーチューブで動画を見ることになったw。

あらためて知ることになるわけだが伊藤みどりがいかに凄かったかw。

芸術性を求める競技だったものがスポーツに変わったという人もいるのである。
伊藤みどりが出てきたころは今のような技術に重点が置かれておらずコンパルソリという規定でいかにきれいにトレースできるかなどが審査されるものだったのが伊東の出現でコンパルソリがなくなりより技術系のジャンプなどにポイントが移行していったわけだ。

手足の短いアジア人がトッププレーヤーでさえ3回転2種類もとべれば上出来だったのに対し伊藤みどりが5種類の3回転とトリプルアクセルというものを持ってきたのである。
ある意味圧倒的だったわけだよね。
実際に伊藤みどりは技術展の高さでギネスにも載り殿堂入り模している唯一のアジア人選手でもある。
中には当時伊藤みどりは男子選手の中に入ってもそん色ないという人もいたらしい。

おいらはそこまで知っていたわけではないが改めて知るとやっぱり凄かったんだなぁ。
浅田真央が日本人で最高の選手だと思っていたが 実は伊藤みどりこそが最高の選手なのだろう。

とユーチューブを見ていたら次にサッカーの動画に行くべくして行ったんだなぁw。
カズと前園、旅人の3者会談の動画に始まりブラジルワールドカップ前のFW論的な動画にいって当時Jで得点王を取っていた大久保に興味が移り そこに大きくかかわる中村憲剛の動画に行くわけだ!

あくまで個人的になんだが おいらには今あでも含めた現在海外で一番活躍できそうな選手は中村憲剛のように思えて仕方がないのである。
なぜかというとサッカー選手としては体に恵まれているわけではないがポジションに必要なセンスがずば抜けているように思えて仕方がないのである。
憲剛自体は日本代表では同時期にいい選手がいたために出番も多くなかったし代表にいながらも試合に出れないことが多かった選手である。
しかし、狭いところでも落ち着いたプレーが出来るし豪快なミドルを打つ気持ち的なものや狭いところを通す技術も広い視野もある上に これが個人的に好きな理由でもあるが走っている選手をよく使うというのが素晴らしい。
おいらは個人的に失敗しても走っている選手を使ってやることが非常に大事なことだと思っている。
上手くいかなくても走っている選手を使ってやることは必ず次につながると思うし そういうプレーがほかを使う場合にも生きてくると思うからだ。

中村俊輔ともタイプが違うし当然中田とも小野とも違う。小笠原といういい選手もいるのだが 個人的にはそういったいい選手と組んだ時にも一番生きるのが憲剛だと思うのだ。
今書いたほかのいい選手と同様に憲剛もボールを持ってプレーすることもあるが、その中でもワンタッチプレーで誰が一番うまいか?と言われればおいらは憲剛だと思うのだ。

いまの代表で言えばトップ下に入るような本田や香川のような選手のようにペナルティーエリアの中でのプレーは上手くはないかもしれないがその分両足が使えるミドルは誰にも負けないと思う。

大きな展開も作るし狭い隙間もとおし思い切りのいいミドルも打てる、そのうえワンタッチでボールをうまく裁けるのもいい。
憲剛が外国語をしゃべれるかは知らないが、プレーで海外で一番力が出せそうな選手はおいらには憲剛だと思うわ。

ロシアでワールドカップに出るには年だという人はいると思うが そのプレーは今でも若いとおいらは思っている。
正直、本番は別にしてもアジアで戦う時なら憲剛をボランチに置いたプレーで代表を見てみたい気がしてならない。
いや、本音で言えば本番でも憲剛のプレーを見てみたいとおいらは思っている。

ちなみに今はフロンターレをひいき目には見ているが本来はおいらは決してフロンターレのサポーターでもない。
どちらかと言えば選手個人を見ていて出来るだけ多くの試合を見たいという人間である。
かつての代表ではスターにはなれずにどちらかと言えば歯車だったかもしれないがどういうシチュエーションでもやれてしまう凄さというものを個人的には感じているのだ。
そしてそういう選手だったからこそ今代表に足りていないものを与えられる選手のようにも感じている。
フロンターレの伝説になる選手だと思うが 個人的には今からでも海外でプレーする憲剛も見てみたい気がしている。

おいらが考える・・・
2015年04月15日 (水) | 編集 |
武藤がチェルシーからオファーを受けているという話がある。

個人的には今の段階でのチェルシーは武藤にとってはマイナスにしかならない気がする。
なぜなら今が伸びる時期と考えれば試合に出れない環境がマイナスだと思うから。

良く言われることだが試合に勝る練習無しですよ。


んでもっておいらが考える日本人にとって理想的な移籍を考えたときに選手とチームにとってプラスになるシチュエーションがあるように思う。

それは日本人を取るときに複数選手を取るという事だわw。

たとえば昨期良くなかった乾が良くなっている原因の一つが長谷部の移籍獲得だとおいらは思うんだな。

ほかにもACLなどでもそうなんだがブラジル人のコンビなどがいるケースが彼らの力を発揮するチャンスになっているとおもうわけだ。
二人のコンビネーションを見ることでほかの選手が学習できることが大きなメリットになりうるとおいらは考えている。

また、日本人は語学力の点でも問題を抱えているケースが多い。
この部分を補うためにも日本人同士のコンビネーションを見せることが外人がどういうパスが有効かを知る機会になると思うんだな。

そういう意味でも日本人を使うチームは出来れば同じように使える日本人をもう一人抱えてほしいとおいらは思う。

ドルトムントの香川が今季苦戦しているがおいらとしてはその最大の理由が彼に入る縦パスの少なさがその一つの原因だと考えている。
ギュンドアンなど縦パスを出す選手がいることはいるんだがかつて在籍していた当時に比べれば少ない。
シャヒンが同時に起用されているときは結構縦パスが入るので香川も活躍できるのだが今のドルトムントは縦に早くというときに香川なども飛び越えてパスをするケースが多すぎると思うのだ。
ドルトムントにはもう一人の日本人がいることはいるのだが同時に起用されることがないのが問題だと思う。
そういう意味ではもし仮に武藤が移籍するならドルトムントで見てみたいというのが個人の希望である。

もし武藤が日本でまだやるならばそれこそ乾がいくとか清武がいくとか香川介護という人がいるかもしれないが香川がボールを触る時間を増やせることを考えることが大事だと思うわ。

今季ドルトムントの出来が悪い理由のひとつはクロップが選手をいじりすぎる傾向に問題があると思うわ。
ターンオーバーを考えることは悪いことではないと思うんだが、たとえそうであるにせよ相性などを考えた組み合わせを考える必要はあると思うわ。
香川の調子を上げたいならある意味簡単だ。
香川にボールを集める試合をしてやればいいだけのこと。
日本に戻った後香川は一時的にも調子が上がるように見えるが それは日本に戻れば香川にボールが集まるからだとおいらは思うのだ。香川という選手はボールを触り続けることで自信を持つ選手だとおいらは思うのだ。
ドルトムントで存在感が薄くなっても日本に帰れば香川にボールは集まる。
起源が良くなった香川は一時的にせよドルトムントで輝けるのである。
そういう意味では1試合捨てるつもりで香川にとにかくボールを集めてやるのも手だと思うがw。
ちなみにただ集めてもダメだよ?
日本式に香川を中心にかんがえなきゃねw。
香川の周りにパスコースを作るタメに人がいなければいけない。
本田との関係においてはパスをすれば帰ってくることが前提になっているようでありパス交換によってマークを外すことが可能になってくる。
またいい形で香川にボールが入れば裏へ抜ける動きにはパスが来るものとして選手が動けばいいのである。
ドルトムント復帰戦のグロスクロイツの走りに対してのスルーパスや先日の代表戦での宇佐美へのスルーパスなど香川の視野は広いし対応するテクニックも持っているのだ。

今現在で活躍できない最大の理由は香川の好む形でボールを受ける機会が少ないことが最大の原因だと思う。
チームが作れないならもう一人日本人を入れるというのは良い手だと思うぞw。
乾や清武にはかつて一緒にやっていた信頼もあるわけだから同じチームで同時に使うことで得られるメリットはあると思う。

おいらは個人がスゴイという評価のほかにもセットですごいという見方もあると思うんだわ。
2年連続で得点王になった大久保は凄いが憲剛とセットで見たいと思わせるものがあるわけだ。
こういうのって大事なことだとおいらは思うぞ。
代表にはいい選手が呼ばれるわけだが そういう選手であったとしてもパスの出し手としての優先順位に加え出せるセンスを考えたときに憲剛の勝る選手がいるとは思えないのである。

最近の宇佐美がスゴイ結果を出している。
それは本当にすごいことではあるんだが、おいらがたまたま見たACLの試合での印象はガンバサポーターが口にしているようにやはり足元でもらいたがる宇佐美の姿だったと思うんだな。
ボールを持った見方に対するマークの影に宇佐美はいたんだが、たまたまそこが宇佐美をマークしている選手のプレッシャーが遠い場所だったんだろう。宇佐美はボールを貰いに行く行動よりも自分に対するマークがずれていることを優先していたと思うんだ。
それはそれで一つの考え方だがそれではボールを持った選手の行動に任せるだけともいえる。
おいらとしてはいい選手なら動き回ることで自分へのプレッシャーは増すかもだがもう一度動き出すことでマークは外せると考えればボールを貰える場所への動きを起こしてもいいんじゃないかと思ったわけだ。

まぁ所詮はおいらの独り言みたいなものだが。

とにかく個人的に思う事だが日本人選手を海外のチームが取るとき、おいらの考えではできれば一人で考えずに二人で考えてみるのもいいことじゃないかと思うぞ。

比べることはできないかもだが、Jでプレーしているブラジル人なども一人でもそれなりだがセットのほうがより脅威だとおもわないか?


ふふふ、これは発作だな
2015年04月14日 (火) | 編集 |
おいら数日前より両足首に痛みが出ている。

痛みとしては捻挫に似ているんだが 経験上これらは痛風の発作であるw。

本来痛風は足の親指の付け根付近に発作の症状が出るもんなんだが、病歴25年ほどのおいらにはいろいろな形で症状が出るのである。

例を少し上げると 足首、膝、肘などに主に出ている。

痛風は尿酸値が高くなり関節に結晶ができそれが痛みにつながるのだが正直どこに出ても辛いw。
初期に出る足の親指の付け根などは場所的には比較的楽な場所である。
なぜなら痛む中心が親指の付け根なら初期段階の酷い症状の時以外はその場所を庇えばそれほど大したことがないからです。
痛風になり始めたころにはその発作自体がスゴイ反面 ごく短期間で治ります。
その後痛風の発作が増えてくるとすごい痛みではなくなるんですがその分治りが遅くなるんですね(おいらの場合です)。
そうなったときには部分的には痛むんですがどういう状況でも痛いというのではなく荷重がかかった時には痛くそれ以外は大した影響がないという状態になります。

ここまでくればほかの部位がいたくなることもあるんですね。
比較的楽なのが肘です。
まぁご飯を食べるにも痛いので苦労はするんですね。おいらの場合なぜか利き腕の右ひじにばかり発症するので困ります。
次に厳しいのが膝です。この場合被弾経験しないほど膝付近が腫れます。
一時は医者に行き関節にたまる液体を抜くんですが、水を抜くのと違い注射器が詰まるため太い針のものを使うため非常に痛いんですわ。
そのため今は医者に行くのを敬遠しておりますw。
治るまで我慢ですw。
この場合有りがたいことに右ひざのみに症状が出ております。

んで、結構やっかいなのが足首です。
今現在はそこまでひどい症状ではないのでトイレなどに行くにも痛いのは痛いのですがとりあえずまだ歩けているのが幸いです。
足首の場合はまずは片方に出て結構な確立で両足に症状が出ます。
ちなみに一番厳しいのが足首の症状が出た場合の中でも一切体重をかけれないほど傷んだ場合です。
まだ1~2回しか経験ありませんがほぼほぼ動けませんw。
トイレにも立つ気になれません。
簡易トイレを作ってその場でするしかなく這って動ける範囲ぐらいしか動けなくなります。
大のときは死ぬ思いでトイレに行くわけですw。

まぁ今回は初めは左足だったんですが現在は両足に症状が出ております。
ですが、とりあえず歩ける範囲の痛みです。当然足は引きずっていますが。

ちなみに時にこういうときに痛みどめを使用することで痛みが早々に消えることがあるのがおいらの場合の特徴です。
まぁ今回はいまのところ痛みどめを使用する気にはなっていませんが・・・。

おいらの場合、痛みどめはロキソニンSかボルダレン座薬を使用します。
ロキソニンは使用しても遺体が引く可能性が低い、もしくは使用後に効くのに時間がかかります。
座薬は効きが早いので好んで使っていたのですが、いつだったかネットで見ていたら使用続けると年を取った時に締りがゆるくなるということなんですよ。
したがってできるだけ今は使わないように気を付けています。
まぁ実際締りがなくなってきている実感はあるわけですよw。
思わぬ拍子に緩んでしまって漏れるってことがあるようになってきたわけです^^;。
もともと便がゆるい傾向にあるおいらにとっては非常に問題なわけで・・・・。

つーわけで、おいらの現状は痛風の発作がでているという・・・。
まぁ尿酸値がいつも高いんですから仕方がありません。
本来は毎食後に薬が必要なレベルなんですがおいらは薬を飲み続けることができないでいます。
だって面倒くさいんだもん。
こうやって医者を避けているから発作で苦しい時もできるだけ行かないわけです。
そして耐え切れずに行ったときに医者から小言を言われるわけです。
自分のことなんだから・・・ダメですよ、続けなければと。

いい年をしてなんですが、どうしても続けられずに小言をいわれるのが嫌なもんだからやっぱり敬遠しちゃうんですよねw。
もっとも、調子がいい時は問診と処方箋の為にだけ時間を作って医者に行くのが面倒なわけで2週間とかおきに行くのは無駄に思えて仕方がないわけです。
しかも発作が起きているときだって基本的には痛みどめを処方してもらうのと尿酸を輩出する薬を出してもらうだけなんですよね。
痛みが引くまで尿酸を抑える薬は出してもらえないんだから・・・。

こういう事がわかると痛みがない時に薬を飲む必要性はわかるんですが 反面、発作が出ている際に医者に行ってもらう薬の意味が薄いことを知っているわけです。
痛みどめはそれなりに必要性を感じるんですけどね。いまではロキソニンSは薬局で手に入りますからね。
よりおいらにあっている座薬は処方箋がないともらえませんが・・・・。


というように今現在のおいらは痛風の発作が出ていますw。

チラシの裏
2015年04月11日 (土) | 編集 |
アメリカと日本の関係が今一番よくなっていると伝えている記事がある。

個人的にはあまり関心はないw。

ただアメリカについては個人的にはどうしても感じてしまう思いがあると言える。

それはアメリカの政治信条的な部分かもしれないんだがアメリカの国益のために他国を犠牲にすることへの配慮の無さという面に関してだ。

昨年もドイツの首相の電話を盗聴していただのって話があったが、おいらはWW2の日本に関する情報で自身に都合の悪いものや日本を完成するうえで隠しておきたい情報を敢えて公表していないのでは?という思いが多分にあるのである。
アメリカ人が慰安婦問題で発表してくれた中にも多額のお金を投じて調べた資料で慰安婦の強制性を示すものが出なかったというのがある。
そのために膨大な資料を隅々まで調べたらしいことが書かれているわけだ。

つまりWW2での日本の行いについてかなりの資料を調べたのだろう。
おいらはその中には南京の件や731部隊についての資料だってあったのではないか?と思うのである。
個人的にはそういった日本にとって負のイメージにかかわる件も同時に否定的な発言をしてくれればそれに越したことはないと思っているのである。

もっともアメリカは対中国などを考えて政治的判断で敢えて発表をしないという決断をしたかもしれないし もしかすると日本にとって都合が悪いことが出てくるかもしれないが(本音で言えばそんなものがあるわけはないと思っているのだが)アメリカの国益というもののために発表されないのだろうと思っている。

だからアメリカの国益のためにという政治的判断が個人的には嫌いである。

もう一つ言えるのは とはいえアメリカ人の己惚れは好きではないが比較的に論理的思考ができる国の一つであることも間違いはないと思っている。
だがきゃつらもどこかの国同様に雰囲気に流されやすい国民性は否定できない気はしているw。

チラシの裏
2015年04月10日 (金) | 編集 |
某その方面では有名なサイトで韓国人が嘆いていた。
井戸の外の韓国人の悲哀を訴えている内容である。
韓国の政治家や研究者などが井戸の中にいることで論理的な思考ができないためにまともな人間の居心地が悪いといっているのである。

おいらは正直彼らと話し合う事には意味がないと思っている。
基本的に話し合ってなんとかなるのは共通の価値観、意識を持っていることが必須条件でこちらが納得する内容を相手も理解することが必須条件だからであるんだが、彼らにはそういう部分が欠落しているのだから意味がないというわけだ。
彼らが求めるのは日本が自分たちよりも下に位置するという快感を得たいというものでありそのためには事実を曲げても構わないという姿勢が話し合いの価値を無くしているのである。

この時期いつも話題に上がる話がソメイヨシノの起源を主張するのが彼らの慣わしだ。
彼らをどうしようもない人たちにしている原因でもあるのがそれを主張する先頭に立っているのが学者先生だということだ。
真面な学者ならこういう事は起こらないと考えるのが日本人だ。
なぜならソメイヨシノは交配種であり接ぎ木などをしなければ自然界で増えていかない種類だからである。
この事実を知っていれば起源を主張することがいかにバカげたことかが理解できるはずなんだわ。
それが韓国では学者がそれを口にしてさらにはメディアが記事にしているのだからどうしようもない。

別の有名サイトでは韓国人の偉い人が我々は恵まれている、近くに反面教師の日本がいる と言っているのである。
まぁ普通には役に発展した国を途上国がまねるのは当然のことであれが良かった、あれは失敗だからマネをしないようにしようというのは正常なことだろう。
ところが彼らは失敗した部分だけに焦点を当てるからいいことを真似することができないのだろう。
折角日本がすぐそばにあるのに日本が成功した分野を真似しているようで大事なところを学ばないのである。
サムスンが調子よく飛び出したり現代自動車などがシェアを伸ばしたりしたわけだが技術を独自に開発したりということをせずに単に製造コストが安いことで順調だったことに胡坐をかいているだけだったわけだ。
結果的にウォン高になった瞬間から苦戦している。
更に独自技術を持っていないから特許を巡る起訴をいつも抱えているのである。

日本をまねるなら基礎研究をするべきだったのに肝心の部分を他人に頼るばかりだったことでいつだって不安を抱えているのが彼らなのである。

日本人が英語が下手な理由として最近言われているのが日本語でなんでも学べてしまうために英語への接点が少ないというものがある。一部の国を除いては学問を専門的に学ぶためには英語を知らなくてはいけないという事が言われておりそのためには勉強をしていけば自然に英語に触れる必然性が出てきてしまうものらしい。
ところが日本語は明治の時代に日本語にない言葉を日本語とするための努力がされたおかげで今では日本語だけで最高の専門知識を得ることができる数少ない言語になっている。

日本という国は敗戦後から今に至るまでには相当ひどいものも作ってきた。
バックトゥザフューチャーの最初のものでは過去に飛んでいるがその頃は日本製は今の中国製並の扱いの安かろう悪かろうのものだったのが1980年代にはいいものは日本製と言われるようになってきたわけだ。
これはもともと学ぶことが好きな国民性の元培われてきた技術によるものだろう。
海外のいい商品を見て研究しより精巧に小さくする技術を磨いた結果こうなったのだと思う。
また、日本人は真似て小さく(精巧にする)のが得意で新製品の開発という部分では劣るという考えがあるようだが、おいらは基本的にそれは間違いだと思っている。
ライト兄弟が飛行機を飛ばしたのと前後するように日本でも作っていた人がいたように自分で考えている人は実は少なくないとおいらは思っている。
数学でも和算などは独自に発展したものだし今では世界で使われているローソクチャートなんてのも日本初である。
オセロも日本初なら世界で流行ったパズルを作ったのも日本人らしい。
音楽を外に持ち出したのも日本の発明だし温水洗浄便座なんてのも日本人らしいものだし紙おむつを手軽に使えるものにしたのも日本人だろう。
確かにパソコンやアプリケーションはアメリカ人の大発明かもしれないが日本人にも開発は出来るのだとおいらは思っている。

まぁ韓国人はそういう日本のいいところを学ぶべきだったのに経済発展の形だけを真似して肝心な姿勢を見落としたのである。
その上に独自の悪い風習である両班を復活でもさせるかのように財閥主体の経済政策をしたために財閥企業以外の発展を自分たちで締め出してしまった。
結果的に財閥の危機は即ち韓国経済の危機に成りかねない(最早なると断言できるんだが)状態になっている。

反面教師になると解っていて良い所を学ばなかったのが個人的に笑えて仕方がないのである。

おいらの意見に異論はあると思うけど、基本的に彼らと話し合う気にはなれないのだ。
まぁだからと言って韓国人が悪いと言っているのではない。
日韓の関係性についてを度外視すればいい人ってのは大勢いるのだろう。
日本の食事を美味しいと言ってくれればそれはそれで嬉しいわけだし親切にして喜んでくれ有難うと言ってくれればうれしいのがやっぱり日本人だと思うんだな。
逆も然りで海外で日本人に親切にしてくれる韓国人だっているだろう。
決して悪い人ではない人は大勢いるんだろう。それは理解している。

ただ日韓関係については話し合う気にはなれないってだけだ。
無駄な努力はしなくないんだ・・・・。

面白いねぇw。
2015年04月02日 (木) | 編集 |
サッカーファンが自分たちの楽しみなんだろうけどこの二戦を見た結果をもとに代表には誰が相応しく誰を使うべき的なコメントをたくさんしている。

ささやかな楽しみなのはわかるが面白いよねぇw。


普通に考えてハリルホリッジがまだ呼びたい選手がいるようなことを言っていることや彼がブラジルでどういう事をしたかを考えればメンバーを固定化して戦うとは正直考えにくいとおいらは思っている。
彼はブラジルで相手によってフォーメーションから選手まで毎試合入れ替えていたわけだ。

そのうえまだ日本の選手を完全に把握していないわけで今の時点でたった二試合を見て勝手に誰が相応しい敵なことを言っても全く意味がないとおいらは思うわけだ。

今回呼ばれていながら試合でいいポジションで使ってもらえなかった大迫を含め柿谷などにもチャンスは与えられると思うし工藤などの選手も今後呼ばれる可能性は高いとおいらは考えている。
そのうえ、ザック時代とはハッキリ戦術が違うわけだからザック時代に輝けなかった選手も今のように早く前にボールをつなぐサッカーなら輝ける可能性さえあると思っている。

したがって今の時点でベストメンバー的な発想で誰を使うべき的な意見はあんまり意味がないだろうね。
それだけでなく選手の特性を生かすと考えれば相手によって選手を入れ替えることを躊躇わないだろう。
相手がアジアの引いて守るチームなら裏を取るのが得意な選手よりも背が高くヘディングの強い選手を使うとか考えたり守備の機会が減るだろうから宇佐美を先発で使い相手が攻撃的なら宇佐美より守備意識の高い武藤を使うなど普通にしてくることが予想できる。
ついでに出来が悪ければメッシでも使わないと言ってのけた監督であるから香川や本田がクラブで出来が悪ければ呼ばないこともあるかもしれない(まぁクラブの出来が代表でリンクしていないような結果もあるからおそらくは呼ぶだけは呼ぶと思うが)。

まぁ今後時間を見つけては選手の把握に努め発掘していくことだろう。
だからファンにとってはあれこれ考えるのは楽しみだろうが おそらくは意味がないことだと思うわw。

違う気がする
2015年04月01日 (水) | 編集 |
スポーツニュースの記事に元代表選手の秋田氏がハリルホリッジにセンターバックを育ててほしいという記事があった。

元代表の話だが少し違う気がする。


代表に来る選手はそれなりの能力を持った選手である。
そして監督が指導するのは代表で戦うための意識を植え付ける物だろう。
ハリルホジッチの始動でいきなりつよくなるとしたらそれは元々選手に備わっていた能力が開花しただけのことでしかない。

さらに言えばクラブの指導者などが無能と言っているようなものだ。

ついでに言えば個人的にはおいらはセンターバックであれ日本人選手は戦えると思っている。
今の代表が戦えていないというなら秋田氏をはじめ今のサッカーに携わる日本人の駄目さ加減のあらわれだというしかないだろう。
普通に考えて世代を重ねるにつれ選手の技術は進歩しているわけで戦えていないのは技術を含めた進歩を止めてきた指導者のせいだと言えると思うからね。

おいらは日本人が戦ううえで単純に海外と同じではいけないと思っている。
日本人には日本人らしい戦い方があるというものだ。
それでも失点はなくならないだろう。
なぜなら単純に昔に比べ今のサッカーは点が入るようにできているからだというしかない。
大きな変化はボールが変わってきていることだろう。
ついでに時代と共に各地域の特性に加え皆がうまくなっているのだから失点するのは仕方がないのだ。
個人技に長けていた南米も組織力が身に付きヨーロッパの選手が個人技を身に着けてきているのだからどやったって体格に劣る日本人は不利でしかない。
そうした中日本人は勤勉で細かい動きができるし我慢強い。
そのうえルールを守る傾向にあるわけだからそういうスタイルで守ることができるはずなのだ。
だが、それでも失点は無くならないだろう。
理想的に言えば大量得点をしても失点するのはもったいないと思うかもしれないが、どんなに強いチームだって無失点はそれなりに難しいことだからね。
最近の試合でもドイツとオーストラリアの試合が引き分けている。
ヨーロッパ選手権でも強豪国が思わぬ苦戦をするわけで失点はある程度仕方がないんだよ。

大事なことは勝つことだけだ。
そして最も大事な試合で負けないことだとおいらは思っている。

強豪国がそういわれるのは大きな大会ほど強いことからだろう。
親善試合で負けたり引き分けても大会なら勝てることが彼らを強豪と言わせる所以だと思う。

日本が5点も得点する試合で1失点にグチグチ言うのは全く笑える話だとおいらは思う。
完璧を求める性質はわかるがおいらはそういうのって無意味にしか思えない。
勝つこと以上のことを求めても仕方がないと思うw。
勝つことでリズムができるのに勝った上に失点しないことを考えるときに余計な考えがよぎることで形を崩すことだってあり得ると思うんだな。
おいら的には勝ったんだから次も勝とうぜ!でいいと思うんだ。

ついでにいえば秋田氏だってCBだったんだからわかると思うがCBの連携が簡単にできるものではないわけで初めての実戦で全てがうまくいくわけはない。

解説者で評論家だから何か言いたいのはわかるが 今のハリルホリッジの試みでこういうのは違う気がする。

ウズベキスタン戦
2015年04月01日 (水) | 編集 |
結果は良かったというしかないが まだ安心できるかと言えば微妙な気はする。

何故かと言えばやっぱり後半の終盤に点が入っているからかなぁ。

条件は同じというけれど結局は時間がたってスペースに余裕ができてからしか点が取れていないってことであってそれは条件が同じとはいえ攻める時間が長い日本のほうがより有利な展開になっているわけだからね。
それも含めて実力と言ってしまえばそうなんだが とはいえ今日はシュートが決まる日だった結果に過ぎないと思う。

前にも書いたかもしれないが代表の本番の結果なんてのはその日にシュートが決まるかどうかでしかないんだよ。
このことは守備でしっかり守ることよりも運に影響されることだとおいらは考えているからだな。
勿論相手の守備の出来にも関わることではあるんだが・・・。

そういう意味では今日は日本により運があったとおいらは思っている。


おいらはサッカーが好きなために一応こういう試合のあとにはサッカー関連の記事が出ている記事とコメントを見るんだが相変わらず自分が応援する選手を上げるために他の人を下げるコメが多いことを残念に思うね。

取りあえずウズベキスタンは良く組織化された戦い方をすることは伺えたし悪いチームではないが最近の成績を見ても出来にむらがあるチームだとおいらは見ている。
そういう中で今日の出来がどうだったかと考えれば決して出来は良くはなかったと思うな。

それにしても今日の5-1に大喜びしている人が大勢いて記事にコメントしている内容に正直びっくりしている。
なぜか新しい選手が得点して普通に喜びザック時代の選手に厳しい意見をする人がいるようだが こういうところにコメントしてきた人の多くはザック時代には代わりになる選手がいないとずっと言ってきていたわけだろ?
なぜ今のような喜び方ができるのか不思議で仕方がないw。
少し前まで自分らが行ってきたことが覆されてるんじゃないのか?と思うが、昨年のワールドカップ以降急激にいい選手になったんだろうか?と聞きたくなる。

まぁ自慢じゃないがおいらは海外組も含めて選手なんてのは多少の特性の差はあっても実力的に大きな差があるわけじゃないと言ってきているわけだから いつだってその時調子のいい選手を使うべきという主張を変えるつもりはない。
この二試合を見て宇佐美を呼び続けろ、乾や武藤は思う呼ばなくていいなんて記事を見ると こいつら何もわかっていないとしか言いようがないと思うだけである。

乾のプレーが芳しくなかったらそれは乾が悪いというのも間違ってはいないが 乾がそういうプレーをしたのはなにも乾だけの問題ではないとおいらは考えている。(あくまで乾を例にしているのだが)
乾駕したプレーを選択するにはそれなりの理由があるわけだ。カットインするプレーが多い時は余裕があるのかもしれないがある意味パスコースがないという理由もあるかもしれないわけだ。
外で見ていればコースはあっただろ?と言えるかもしれないがその場でプレーをして感じる距離感ってのは外で見ているものとは違うはずで特に今は監督が選手に求めるものが強い時期であることを考えればやり直すという選択肢がないともいえる中プレーをしているわけだよ。
先日のプレーでもやや強引に縦に入れる長谷部の姿もあったし本来なら足元に収めてプレーしたであろう本田が右足で強引に前にボールを送るなどと言うシーンがあったことでも明らかで彼らよりもポジションあら相違が厳しい乾にはやるしかないことも考慮するべきだというしかない。
ついでに乾がいいプレーが出来ない選手ならどうでもいいが彼が関わってプレーが良くなる結果は過去にもあったわけだしいい選手は出来のいい時にはプレーをさせるべきだとおいらは思うんだよね。
このことは他の選手にもいえることで今日出来が悪くてもリーグでいい仕事をしている選手はいつだって呼んで使ってやってほしいとおいらは思う。

個人的に今日最大の良かったことがまえっで使われた選手が大勢点を取ったことなんだわ。
おいらはこの事を喜ぶ理由として前の選手にいいボールが入っている証拠に思えるからだ。

ずっと言い続けていることではあるがザック時代の途中から日本代表が前の選手が点を取れない問題を抱えてきていた。前田が点を取れなくなりいろいろな選手を試してきたのがそれであり時には点を取ったが基本的に岡崎や本田が点を取らなければ点が入らないチームになってたことをおいらは大きな問題と捉えてきたわけだ。
で、もっと単純にFWの長所を生かすプレーをし前に点を取らす戦術にするべきだと言ってきたわけで 今日の結果はそれにふさわしい結果だったとおいらは思っている。
もっとも、上でも書いたがあくまで今日は点が入る日だったということもあるんだが。
そういう意味ではFWがファイトしても点が入らない日(まぁUAE戦のように)にも同じように戦えるかが大事なんだが、とにかく前を見て早く前にボールを出せと言っているハリルホジッチなら今後も前の選手が点を取れるような気はしている。
(ちなみに今は岡崎も本田も前の選手だからどんどん取ってくれればいいんだが)

ついでに言っておけば今のように先発メンバーを大きく入れ替えて戦う事にも大いに期待している。
ハリルホリッジになって結果も出てそのことに異議を唱える人が少ないようだが もう一度言うが少し前まで皆 日本は選手層が薄い!と言ってきたことを忘れてる気がしてならないわ 本当に・・・。

折角だからもう一つ書いておくけど、遠藤とか憲剛とかも普通に選考してほしいと思っている。
ワールドカップの本戦を見据えることは確かに大事だが走れてさえいるなら年齢は関係ないだろ?
ワールドカップにしたって勝っていった結果でしかないわけだから目の前の試合に勝つためにより戦える選手を選んでほしいだけである。
3年後戦えなくても今一番輝いている選手は今呼ぶべき選手だとおいらは思うのだ。
まぁ監督の望む戦いができるという前提ではあるんだが。。。。。

宇佐美が良い働きをしたと言っても基本途中出場でしかなく90分戦えるか?また、本当に強いチームに通用するのか?まど考えたときにもっと守備的に戦う必要があるときなら宇佐美より武藤のほうがいい場合だって当然出てくるはずなのである。
自分が贔屓の選手を試合で見たいという気持ちは理解するが関東は戦術に合わせて選手を使うべきで使える手札は大いに越したことはないのだ。

おいらは好きな選手は確かにいるがそれでも代表の勝利に勝るものはないと思う。
そういう意味では自分たちらしくなどと言う言葉で言い訳をせず勝つ試合、負けない試合をしてくれる選手が代表で戦ってほしいと願うだけである。

マイアミの奇跡ってのがあるがあの試合がいつまでも言い伝えられるのも南アの岡田監督が評価されるのも結果的に勝ったからである。
おいらは自分らしい戦い方よりも勝つ戦い方をしてくれる選手を評価したいと思う。

是非次もハリルホリッジにはその時いい選手を呼んで試合に使ってほしいと思う。