| Admin |
チュニジア戦
2015年03月27日 (金) | 編集 |
ハリルホジッチの代表の試合がついに始まった。

先発メンバーは思ったより斬新なものだったわ。

正直結果にはまぁまぁ満足している。
ランキングでは明らかに格上だが相性という面では日本では負けなしだろ?
勝つべくして勝ったってだけのことだな。
収穫は失点に結びつきそうな場面を作らせなかったこと。

後半途中からザック時代からのメンバーを入れ落ち着いた感はあるのだが、可もなく不可もなくでしかないというのがおいらの感想だ。

この試合の記事を扱ったものではバカみたいに本田のアシストで岡崎が決めた場面、香川のミスパスを本田が繋いだなどと言う輩もいて案の定荒れている。
香川のパスが少し遠かったっていう感はあるがアシストにつながったパスがミスパスとは言わないだろうし本田以外の選手だってあれで十分挙げれただろう物でしかない。
イチイチアシストが突くパスにつながったパスをミスなどと言うならそれこそ本田のコーナーキックの精度についてはもっと議論されるべきものだと思うんだがw。

ちなみにおいらがハリルホジッチの選手起用に若干不満があるわけだが それこそがFKなどのキッカーについてってことなんだわ。
実際は代表では本田が蹴ることが多いわけだが明らかに精度に欠けると思っていて 日本にはいいプレースキッカーがいる中 そういう選手をうまく組み込むことを考えるべきでは?というのがおいらの考えである。

別に守備や普通にプレーする面で不自由するわけではないがプレースキックができる場面ってのはチャンスになり得る場面なわけで制度の劣る本田が蹴るのではなくしかるべく人間が蹴るべきだと思っているのだ。
そういう面では年齢で遠藤がはじかれた感があるがほかにもプレースキックのキッカーはいるわけでそういうメンバーが試合にうまくかみ合う形でプレーすることを個人的に望んでいるのだ。
まぁおいおいそういう組み合わせなんてのも気にしてくれればいいなぁという程度ではあるんだが・・・。

ついでにいえばチュニジアはどうやらベストに近いメンバーを呼んでくれたようだが正直内容が悪すぎたわけでアフリカのチームってのはアフリカ選手権やワールドカップ以外では真面目に試合をしているかどうかさえ分からんからねぇ。
協会の支払い状況が悪いとかでもめる話はよく耳にするからね。
親善試合でモチベーションが上がらないってのは普通にある話だろう。

そういう意味では次の試合ウズベキスタンこそ大事な試合だと思うな。
ウズベキスタンは相手の調子次第だがワールドカップに手が届くかどうかのチームなわけだからね。

ハリルホジッチは国内組に球際を求めているようだが日本の協会は審判には厳しい判定を求めている。
正直ACLで日本が勝てない理由の一つがアジアと日本の審判の差ってのは思っているより大きいと思うんだな。
このことは別に日本の判定が正しくほかがそうではないというのではなく日本の判定が厳しくとる傾向が強いのに対しほかの判定は割りと流すわけで日本の選手が球際が弱いというのもそういう審判の判定にも影響されているとおいらは思っているのだ。
日本では選手が倒れると笛が吹かれるがほかはそうでもないということで 笛に慣れ過ぎている日本の選手は突っ込めないのだろう。
そういう意味では協会はACLで勝てというけれどバックアップも薄く判定などの麺で世界基準と違う事をしているから日本のチームは益々かけ離れていくんじゃないかと思うわけだ。

ちなみにハリルホジッチは順調な出発ができたわけだが正直これからがもっと大事なのである。
チュニジアはワールドカップに向けて大きな問題ではないがウズベキスタンに始まるアジアとの試合で勝っていくことこそが大事なわけで単純に世界基準ばかりを考えているとしっぺ返しを食らうかもしれないんだよね。

まぁ基本的に守備で不安が亡くなれば選手には過去の経験があるわけだから苦労するとは思わないが、問題はそこでの監督との融合がうまくいくかってことだわな。



さてっと、ついでだから・・・オーストラリアがドイツと引き分けたし イランがチリに2-0で勝利したようだよね。
オーストラリアは順調に勝ってきているらしい(昨年11月の韓国戦からこっち7戦6勝1分けらしい)が直近で最後に負けたのはおそらくは日本だという事をわれわれこそ知っておくべきだと思うわ。
メディアや一部のファンはアジアカップベスト8という事ばかり強調するんだけどね。

ベスト8で終わったから若返りを願いつつ今日の試合が終わればやっぱり海外組が・・・などというのがイチイチ騒ぐ輩だと理解しておくべきだねw。
まぁおいらは理解しているつもりだから彼らが書き込む場所ではおいらは書き込まないw。
わざわざもめる必要もないし議論したって無駄だと知っているから。価値観が違うんだから理解し合えないんだよね。

まぁなんにせよ勝ってよかったし次はもっといい勝ち方(若手が活躍するようなw)をして欲しいと思うわん。
スポンサーサイト

ふふふ
2015年03月14日 (土) | 編集 |
ネットの記事を探していると昔の記事が目につき見てみたw。

内容はワールドカップでの西村主審のPKの話題。
西村氏はあの前にFIFAから相手を引っ張る行為に対し厳しく取り締まるようにと通達を受けていてあの判定に問題はなかったということが記事内で書かれていたのだ。

そして一番気になったのが この記事を見た人のコメントw。

外国人はルールを理解する気がなくレベルが低いなどと言うものだわ。


個人的にはある意味こういうコメントをする人のレベルが低いと思えて仕方がない。

それはなぜかというと現実に試合を見ていればわかることだがコーナーなどのFKも含めてだがゴール前にボールを放り込まれる際に相手をフリーにしたままでいるディフェンダーが果たしているのか・という点についてこのコメントを残した人は解っていないと思うのだ。
ほぼディフェンダーは相手選手に体をつけ場合によっては両手で相手を挟み込んでいたり またシャツを引っ張っていたりするのが現実である。
では、それらについてファールが取られているか?といえばゴールにつながりかねない状況のファール以外はほぼ見逃されているのは誰もが知っていることだろう。
さらに言えば多くの場合でファールをされるという判定について手がかかればファールが取られているかという点も考慮する必要があると思うのだ。
シュートを打つ選手にどう影響したかという点が実際には大いに考慮されたものだろう。
と、同時にファールの一つにシミュレーション行為ってものが存在していることを忘れてはいけない。
西村氏の判定の場合言葉をそのままに受け取れば肩に手がかかった時点でファールという事だろうが、それでいえばほとんどのケースで海外ならファール認定はされないだろう。
実際には手がかかった段階でフレッジが倒れたからこそあの場面PKが判定されたと感じた人が多く その倒れたことについてシミュレーションと感じた人が多かったことが誤審と感じる大きな理由だったと思うのだ。
手がかかったからファールならセットプレーの最下位の時に同様の行為に対しすべてがファール認定されなければおかしいわけでもあるが実際にはほとんどの場合はファールの判定はないだろう。
では倒れたからファールの判定だったというのであればシミュレーションと捉える人が少なくなかったということであるわけで西村氏の判定が正しかったと簡単にいえないのではないだろうか?
FIFAは公式にあの判定は間違いではないと言っている。
それはそうだろう、しょっぱなから誤審ではバツが悪すぎるしルールの解釈は間違ってはいないともいえるからね。
ある意味フレッジにうまくやられたというしかないだろう。

ただ、あれをもって西村氏が正しかったと簡単に言うのは間違いだということである。
あれを見て誤審だと思った人が少なくないからだ。
上でも書いたとおりに手がかかっていたからではセットプレーの再開時にもっとファールを取る必要が出てくるし、倒れたからというならシミュレーションという行為についても議論されなければいけないからだ。
誤審と思った人にはシミュレーションだと映ったから誤審だといっているわけだからね。

まぁ過去の話だからワールドカップの件はどうでもいいが、今年のJリーグが始まってやっと2節目になった。
スーパーカップ以来Jリーグの判定でずっと誤審と思われる判定が続いていることに非常に問題を感じる。
今日の試合でもゴール判定で審判が詰め寄られることがあったらしい。
残念ながらその場面のプレーはおいらは見れていないのだが、試合に大きく問題となる判定が続いているとしか言えないだろう。

前にも書いたかもしれないがJリーグの結果はtotoというくじの結果につながっている。
前節では6億円の当たりが二本でたわけだが判定結果次第では当選者が変わっていたかもしれないわけだ。
今節も同様に誤審が疑われる判定があったならtotoの結果も同様に問題を抱えたことになる。

totoの発売に際しサッカー協会は責任があるといえるわけで審判の判定については誤審がないように特別に考える必要があるだろう。
協会がそれを怠るならtotoの発売そのものが問題視されかねないと個人的には思う。
誰彼を意図して優遇することはないとしても判定によって高額当選者が変わる可能性は否定できないことについてもっと真剣に取り組む必要があるとおいらは思うのだ。

まぁそうでなくてもサッカーの試合の結果に大きく影響することを考えてもプレーヤーは結果によって報酬を得ているわけだから誤審がない方が素晴らしいのは間違いはない。

だから・・・頼みますよ、誤審がないように判定してください!

ハリルホジッチ
2015年03月09日 (月) | 編集 |
日本は良いチームと評価しているという話を大仁会長が聞いたらしい。

このことは基本的にどうでもいいが、これに対しての日本人のコメントがある意味笑えると思ったわ。

若手を使えというのである。
ザック時代には若手が成長していないからこういうメンバーになるとか国内組は使えないだの散々言っていたのはだれなのか?と言いたくなる。

ついでに言えばおいらは強いチームなら選手の年齢などにこだわる必要はないと思っているのだが、コメントをする奴らはワールドカップで成績を出せなかったメンバーを見限るつもりのようである。
思い出してほしいのだが、他にいい選手がいないからと彼らを擁護していたのはほかならぬ彼らだったはず・・・。
そもそもJの選手を呼べという人に対しては代表ってのは若手を育てる場所じゃない!と言っていたのが彼らだったはずなのだ。

どの口で若手の起用を口にしているのだろうかと思うわ。

アギーレが解任されたのは協会的には八百長問題なわけだが、アギーレを気に食わなかった連中からすれば選手が育っていないというのも理由の一つにしているようだ。
重ねて言うが代表は選手を育てる場所ではなかったはずなんだが・・・。
そして結果が出なければ真っ先に叩く人たちがこういっているのが今の日本のファンなわけで・・・・。

ちなみにオーストラリア代表ってのは選手がある程度固定化されていてやっと若返りに成功したとみられているわけだ。
それまでは高齢化していた選手をずっと使い続けてみたわけで仮に日本が似たような状況になったとしても決して悪いことではないはずなのである。
それは日本の選手の最高齢が遠藤であったはずだがその他の選手だってせいぜい次の本番時に34歳にもなっていないんじゃないかな?(遠藤は除くだが)

おいらは個人的には代表ってのはワールドカップに向け選手を使い続けて育てる場所ではなく 常に一番強いチームを作っていってワールドカップを迎える際にはその時強気チームを作って戦うべきだと思っている。
したがって年寄りでもいい選手がいるのにあえて若手を使う必要などどこにもないと思っている。
これならば負けた際に言い訳はできないだろう?

敢えて若手を使って負ければ力不足だったと言えるかもしれないからね。
代表は負けてはいけないというのが持論だからな、おいらはw。

ちなみにアギーレを擁護しているように見えるかもしれないがUAE戦は負けではない。(公式には引き分けであるからね)
アギーレが負けたのはブラジルとウルグアイだけなのである。解任派八百長問題であって成績が理由ではないのである。

そうそう、開幕戦をいくつか見たけれど宇佐美はやっぱり微妙だわ。
シュートを外した後悔しいのはわかるがそこで余韻に浸りすぎだろう。
試合はその後にすぐに展開しあっという間にガンバのゴール付近にいっているのにようやくそろそろと戻っている姿を見るとこいつは悪い意味で変わらないだろうと思えて仕方がない。
同時に誤審が多く出ているわけだが、簡単に笛を吹く日本ではいい選手と評価されても笛がなかなか吹かれない海外ではこういう切り替えができない選手はやはり評価されないのも仕方がないと思うし 逆に言えば日本の審判が簡単に笛を吹くことが日本の成長を止める要因になっていると思うわ。

日本がACLで弱いのは審判の笛によって選手の判断力が海外の選手と違うためじゃないかとさえ思える。

Jリーグの審判団が反則を厳密に取るという姿勢はある意味悪くはないはずなんだが おいらには現実的にそういう姿勢が日本を弱くする原因にも思えて仕方がない。
選手はシミュレーションばかり上達するんじゃないかしら?

そうそう、ハリルホリッジw。
どういうサッカーを見せてくれるか楽しみで仕方がないが基本的に強いチームを作ることを期待するわ。
おいらはアギーレは間違っていないと思っているので同じように作ってほしいという思いがある。

ファンの中には選手の入れ替えを期待する声があるようだが アギーレは少なくてもベンチのメンバーを大きく入れ替えてきていた。
そのうえで試合に勝つために必要なメンバーを使っていたとおいらは評価している。
上でも書いたが、おいらは常にその当時一番強いメンバーで試合に臨むことが一番求められることであり そこには年齢や世間的な評価よりもその時期戦えるメンバーを選ぶことの方が大事だと思うからね。

大事なのはワールドカップに向け選手皆が精進し強くなることであってよりいい選手を押しのけて代表に選ばれ成長させてもらうというような消極的な姿勢ではいけないと思うのだ。
若手には代表の座ってのは実力でつかんでほしいと思うね。

上にも書いたがファンの声の多くは自己矛盾しているだけである。

この状態で日本人代表監督の招聘など夢のまた夢だろう。
日本は今の力では必ずある程度負けるのであり 負ければ騒ぐのがきゃつらである。
今現在、日本人で代表監督をやりたがる人はいないと断言しておく。

totoビッグで6億円が2名とからしいが・・・
2015年03月09日 (月) | 編集 |
Jリーグが開幕しtotoでさっそく6億円が2本でたらしい。

しかしこの当選者たち まさしくラッキー以外の何物でもないと思う。

なぜなら審判の誤審ラッシュの結果が個の当選といえるからだ。

おいらが見た試合ではガンバとFC東京で宇佐美が持ち込んだバールはラインを割っているのがVTRで確認されるのだが 審判は笛を口にしk-奈央を指すようにてをあげているのに流した結果直後に遠藤のクロスにパトリックが頭で合わせ先制点を挙げている。
FC東京の選手たちは猛抗議をしたが判定はかわるはずもなく結果的にその試合はその後の武藤のゴールなどで引き分けた。
そしておいらは見ていないのだが、きょうの鹿島と清水の試合でも大きな誤審が二つもあったようでこれも試合結果に大きな影響をあたえただろう。
そうした結果が6億円の受け取る資格になったわけだよ。

ある意味審判の誤審がなければ受け取る人間が変わっていたかもしれないのである。


ちなみに今年のサッカーの始まりを告げるスーパーカップでもガンバが先制した後にキーパーが手で受けたボールがレッドからバックパスの指摘をされるものであったが審判は取らなかった。
後ろ向きにボールを扱った選手の足に当たったボールをキーパーが手で受けたものだが 審判はバックパスの意図ではなく当たってしまったものという判断をしたというところなのだろう。

こういう判断にしても審判はルールに従ってというかもしれないがルールの見方なっど人によって変わるもので必ずしも審判が正しいわけではない。
この場面でも意図したかしなかったかはボールに触った本人が判断をするわけではなくあくまで見ていた審判の判断であり正しいかどうかはわからないだろう。
サッカーでは曖昧なルールというのが非常にたくさんある。
例えばホールディングであるが 基本的に多くの選手が程度の違いはあれどやっているのだが、多くの場合は見逃されるものだ。
なぜそうなるか?といえばその行為が決定的に影響したかどうかが問われる判断がされるからだ。
その結果ワールドカップ初戦の試合でのPK判定のように大きな問題になるわけだ。
ルールの解釈では手がかかり選手が倒れたわけだからPKは正しいといっても問題がないはずだが、問題になるには理由がある。
それは多くの場面で見逃される影響が出ていないという判断があることに加え 反則の一つである審判を欺く行為シミュレーションというものに該当したかもしれないという判断があるからだ。
そしてあの場面をみた多くの人がそれだったという判断をしているから議論になるのだ。
ルールがわかりやすければこういった問題にはならないだろう。
サッカーではあくまで審判の判断がすべてであることも大いに問題だと言えるのだ。
しかし大きな試合ではテレビの中継や後になって放送されるためのVTRが取られているわけでものの数分でVTRが再現されるのだからもはやチャレンジシステムがあってもいいのではないかと思う。

ガンバとFC東京の先制点はチャレンジシステムがあれば点が入っていなかったわけだし どうやら鹿島と清水の戦いではゴール判定されたものが点になっていなかったわけだしさらにはゴールを防いだ選手の控井はPKにされレッドカードものだったことで大きく結果に影響を与えたといえるだろう。

ある意味ではtotoを購入していた人間この結果に対し裁判を起こしたっておどろきはしないだろうw。
まぁ結果が覆ることはないとは思うが、サッカー協会は誤審がないようにする努力をすることは確実に言い渡されるだろう。
ちなみに、Jリーグの審判の誤審の話は毎年少なからず出てくる。

サッカー協会もしくはJリーグは果たしてそれに対し真摯に向き合って取り組んできたかは結果としてかいぜんされていないことで判断するしkないと思うわ。

代表監督であったアギーレも八百長問題で解任されたわけでイタリアでも八百長問題がある。
日本にはないというかもしれないが ある意味では日本も賭け事の対象になっている競技であることを考えれば試合の結果にかかわる大事な問題であり協会の努力は結果になるまで続けなければいけないものだと思う。
個人的にも人間の判断でジャッジする競技であることには異論はないが賭けの対象でもあることを考えれば明らかな岐信が多発するようならチャレンジシステムは必要かもしれないと思う。