| Admin |
STAP細胞の小保方氏を批判する理由が知りたい
2014年03月15日 (土) | 編集 |
表題の通りでしかない。

小保方氏の研究発表は世界が評価したわけで 小保方氏を批判しているのが日本のメディアってのが理解できないんだよね。

すくなくてもハーバードの共作者は撤回に否定的だったし雑誌ネーチャー?だって独自に審査した結果載せたのだろう?

おいらは結果的にこの論文が間違っていたとしても それを証明することができるのかについてよくわからないんだよね。
論文通りではSTAP細胞ができなかったとしても それで批判されるのはどうかと思うんだよね。
過去にも高速より早い者の存在で論文の見直しがされたケースだってあったと思うんだが、これほどの反発をうけたわけでもないだろう?

そもそも武田氏なども指摘するように過去にない発送が論文で発表されたわけで今後の検証でしか結果はでないだろう。
たとえ間違っていたとしてこれほど叩く理由があるのだろうかと思うんだ。

ひとつ言えるのはこの論文の発表者が若い女性であったことが考えられるが そんなものが批判の理由なら極めて残念だとしか言い様がない。

不備についてはいろいろあるかもしれないがこの年で多くの論文を発表していたなら批判も起こるかもしれないが経験の浅い人が書いた論文に不備があったとしてなんだと思うんだよな。

ちなみにおいらも大学で論文を書かされたわけだが、概ね誰かの書いたものから了解も取らずに引用してページを埋めたものだった。
文系の人ならそうした論文を書いているって人は少なくないだろう。
ましてや武田氏の指摘によれば結果が同じなら同じような表現になるのも仕方がないわけでだれかの著書などと同じになっても問題はないと言っているよね。

肝心なのはSTAP細胞の可能性という一点だろうとおいらは思う。

メディアは思い切り持ち上げ思い切り突き放しているが後になってこのSTAP細胞が確認された時にどういう対応をするのか非常に興味がある。

まぁ想像はつくけどね。基本的にメディアはみ責任だからね。

最近のメディアっておはずる賢く テレビなどを見ているとある表現が多いことに気がつくだろう。
それが 他人の言葉を使ったかのような~だとか、とかという他人の言葉を用いた表現だ。
これなら間違っていたとしても誰かが言っていたというだけで済んでしまう。
一部の研究者の声を引用して批判をし 仮に確認できれば そういう声を上げていた人間が悪いのだというだけなのだろう。

おいらは個人的にこのSTAP細胞というものの存在を見出しただけでも大きな意味はあると思っている。
これまでの研究よりも安易に利用できそうな細胞の取り出し方を提起したわけで実際にその可能性はあると思うんだよね。
それ自体は近い将来には無理かもしれないしできるかもしれないというだけのことだ。


オイラが本当に不思議に思うのはこの批判が外国によっても足らせれたものなら理解ができるがこれほどの状況を作ったのはおいらには日本のメディアによるものだと思えてならないんだよね。
日本がこういう研究にたいする文化的な素養がない理由がこういう日本の行動に出てきているように思えてならない。

まぁIPS細胞での一件があるのは仕方がないし大きな予算がつくつかないという点もありはするが将来的に大きな意義のある研究に予算がつくことに何の問題も感じないんだが どうだろう?
スポンサーサイト

馬鹿かと!!
2014年03月14日 (金) | 編集 |
いやぁ笑ったw。

たまたま国会中継をチャンネルを変える最中に見つけ なんとタバコに関して話をしていた。

JTの民営化云々があったが、売れば2兆円の収入だとか言っていたが 麻生氏のいうように売るのは簡単だがJT株は利益を上げているわけである意味利ざやを上げれる株でもあるわけだ。
このことってのは結構大事なことだと思う。
国が持っている債権である意味確実に利益が出るものってのは貴重な存在だろう。

更にちょっと驚いたのがタバコ利権?を強調していた。
ここは笑うところだと思ったね。
政府やJT、葉たばこ農家、議員の利権がどうとか言っていたが、 質問者の松沢氏はその直前に麻生氏に対して葉たばこ農家が10分の1以下に減っていると指摘していたではないか。
つまり、この利権の構図はでたらめだと自分で説明をしていたわけだ。
利権が存在していれば葉たばこ農家は保護されているわけで廃業する必要はないのではなかろうか?

そこは保護はされているかもしれないが それは生計が成り立つほどのものではないといえるだけだろう。
成り立たないものでは廃れていくわけでそれを保護という形で言うのは無理があるといえるだろう。
生活が成り立たない形でしか保護されない政府を支援するというのも無理があると思う。

個人的にはこの方、タバコ嫌いなんだろうね。
記憶が正しければ元横浜市長だか神奈川県知事だった人だろ?

喫煙で無茶な条例を作った側の人だな。

まぁ得意分野なんだろうけど、発表はお粗末だと思う。

どこの国でも喫煙に関して条約なり作っているが実際に喫煙が法律で止められた国は聞いたことがない。
つまりが生かさず殺さずにやっているということだろう。

それにしても麻生氏は面白い。

喫煙率が下がったが肺がんは減ったのか?と逆に質問をしていたw。
答えてくれ!!wwwww

日本は長く喫煙率が高い国だった。
一方で日本は長寿国でもある。そのことを知っておくべきだろう。

ちなみにだが、いつも書く事だが 受動喫煙の問題などで喫煙の危険性などを示すことが結構あるのだが 人間ってのは呼吸をしているものであり喫煙だけが原因と特定できる方法などありえないだろう。
マウスなどで実験を下結果が出ているのだろうが、基本的にマウスなど小さな動物と人間では影響力が全く違うと思うんだよね。

喫煙の害悪を示す資料は認められても逆に害はないとする論文などは日の目を見ない。
WIKIなどではそういう論文はタバコメーカーなどから資金援助を受けていることが多いという理由だったように書かれているんだがすべてとは書かれていない。
資金提供を受けていないところが出したものも黙殺されているということなのだろう。

まぁ欧米での評価が今のところ絶対なわけで、致し方ないところだと思うが そういう西洋の評価が絶対に正しいということではないとオイラは思っている。

まぁある意味では喫煙は絶対に体には良くないとは思うけどね。
なんせ吐いた痰の色が黒かったりするわけで体に良いわけはない。

いまどきタバコが体に悪いっていう状況になったのは人間が長生きすぎるからだとオイラは思っている。
50代ぐらいで人が死んでいたころなら対して大きな問題にはなっていなかったと思うんだがさすがに80ぐらいまで生きる人が増えたらタバコが体に悪いということになるのだろうw。

実際にガンなどになる率が上がるのが確か50代からだったと思う。
50代や60代が寿命だったころなら大した問題にはならないだろうがさすがに80近くまで生きるなら体に悪いという結果は出てくるのは仕方がないだろう。

おいらからすればこういうのは調査されないだけで たとえばコーヒーを毎日飲めば寿命がどうだろうとかこれがコーラを飲めばどうだろうという数字を見てみたいものだと思う。

そこまで言って委員会で精神科医の人が生きていること自体が体に悪いと言っていたのをおいらはお今でも覚えている。

食事は生きるもの全てに必要だが食事には体に悪いものもとっているということを知るべきだと思う。
人間ん限らずだが体に悪いものも口にしながら排出することで生きる力をもらっているわけで食事には必ず体に悪い成分もとっているはずなのだ。息をすれば有害物質も吸い込むわけで 生きるものにはそれを浄化する力があることで成り立っているのである。

まぁあれだ。
体に悪いものは全てやめろではなく まぁ嗜好品なわけだからそれなりに理解を示し受け付けろ!と思うw。
JT株は優良株だからもっとけw。

アメリカ嫌いが絶賛増殖中!!
2014年03月14日 (金) | 編集 |
ネットの書き込みを見ていると ここ最近 アメリカを嫌う人のコメントが増えていると思う。

何を隠そう おいらもその口だろう。

ウクライナ問題ではハッキリオバマを嫌うコメントが数多く存在しているよね。
まぁEUなども同様だが、基本的にEUはロシアへの経済制裁に消極的だがアメリカがひとり意気込んでいる。
そもそもウクライナの革命政府を支持しながらクリミアの自治権を否定することに大きな矛盾を感じる人が多いようだ。
中にはアメリカ>ロシアだがプーチン>オバマだという書き込みなどもあるが、個人的には北方領土などについてを除けばもしかするとロシア>アメリカだって成り立ちそうな気がする。
考えてみて欲しい。
日本にとってはアメリカは中国や韓国の反日すら利用しているのがアメリカだと思えるし、最近ではドイツの首相の通話すら盗聴していたのが発覚している。
アメリカの国益のためならなんでもやるのがアメリカだとしたら アメリカって国の姿勢ってやつは相当にゆがんでいると思えてならないんだよな。

ほかにも考えてみれば分かることだがアメリカには必要以上に軍隊があり、同様に兵器があるわけだ。
軍事産業を栄えさせるには戦争が必要で 実際にアメリカが絡まない戦争や紛争など少ないんじゃないだろうか?

まぁアメリカ以上にいま厄介なのが中国だが いまどき軍拡をする国などほかにはないんじゃないかと思う。
とはいえアメリカがもつ軍事力に関して言えば世界中<アメリカと言えるだけの差があるとも言われているわけで こういう時代には不釣合いな軍事ryクを持っているように思えてならないね。
まぁ一部では兵器の開発がその他の製品の技術革新に役立っているという面はあるのかもしれないが 日本など兵器産業などない中 技術革新は起きているわけで必ずしも兵器産業が技術革新に必要というわけでもあるまい。

個人的には 最近やっと反日を助長させているのがアメリカなんだと思い始めたわけだな。
慰安婦問題も結局のところアメリカに慰安婦像を作ったことが世界へのメッセージの助長につながっているように感じるしアメリカの政治家などが自分たちで行った長所などを見ずに韓国の発言を支援していることや 日本を牽制するのに利用しているフシがあることに個人的に反発を覚えるんだよね。

ウクライナ問題にしても日本への協力を要請しているわけだが 基本 日本にはアメリカへの同調に関して今回は得がないように思える中 共用しているのは明らかだろう。
EUにも言えることだが、ここぞとばかりに日本を財布のように扱うのはどうかと思うね。

ちなみに対戦時にイギリスの首相が言った言葉に 困難に強いならもっと早く言ってくれれば良かったのに・・だっけ?
あったと思うんだが。
日本っていう国は基本的に摩擦を嫌いある程度まではいいなりにはなるが切れると怖い国って学んだはずじゃなかったんだろうか?
いまでこそアメリカの飼い犬的に言われているが 本質では変わっていないと思うんだよな。

政府はいまでこそアメリカ追従は変わっていないが 普通にそのことに反発する勢力はあるわけだしいまの流れはアメリカへの反発は十分に溜まっていると思うよね。

アメリカが世界への影響力が有り日本の同盟国であるわけだが そのアメリカが日本を抑えこも虚するならば日本だって世論として十分に反米に向かうだけの要素は持っていると思うな。
まぁそうはいってもさすがに対戦のことそのもので反米になるわけではなく 今のアメリカがなんでもかんでも捏造する中韓を支援するかの様子が同盟国らしからぬという点が問題なわけだが。

今のアメリカを見ているとどうにも日米同盟は形だけのものにしか見えないからね。
NHKの取材にたいしてケネディー大使が言いたいことは言い合える関係と口にしたが その言葉はアメリカが一方的に言えることというわけでもなかろう。
今のアメリカに同盟国として日本を守るという意識のうスレを感じるわけで反米に動くのは自然の流れだと思う。
アメリカに保護してもらっているという面は確かにあるだろうが そのことで日本がアメリカに遠慮していることや基地の維持などに使われる予算をそのまま防衛費に回せばそれで十分な気がする。

日本は他国と戦争をしたいわけではないし一時的に一定期間日本を守れればいいわけだから過剰な軍隊も兵器もいらないってことになるだろう。
そんなことやアメリカに予算を割くぐらいならミサイルの数十発でももてばいいと思うんだが・・・。

個人的には日米安保という幻想に踊らされている面はあると思う。
中国が日本に対して攻撃的に入れるのは自分たちが核を持ち日本が持っていないからだろう。
個人的にはだからといって核を持つ必要はない(原発などで核を持っているに等しい面はあるからね)が、長距離ミサイル自体を持つだけで十分だと思うんだよな。
そのことが日米安保の代わりになるとは言えないが、いまの日米関係を考えるときに日米安保の代わりにする必用はあるのかもしれないと思う。

心配しても無駄だが
2014年03月07日 (金) | 編集 |
ザックジャパンについてですね。

正直、ニュージーランド戦を見て残念に思いますが(昨年のいいとこと悪いとこが同時に出た試合)、心配しても無駄だと思います。

理由は同じ選手が出た試合でも分かるんですが、このチームのムラとでもいうのでしょうかね いい試合をすることもあればひどい試合もしちゃうチームなんですよね。

いいときは前線からのプレスが効いた全員の動きが連動し走るサッカーが見れます。
悪い時はパスの連携が悪く横や後ろへのパスが多くなりミスも多いんですよね。
両方に共通しているのはつまらない失点をしてしまうところかな。
もっとも、その分過去の代表に見られない爆発的な得点力を持ってはいるんですがね。

問題なのはいい試合をしたとしても代表選が続くケースは稀でいい時が短いってことかな。


とはいえ、これまでの代表選と比べワールドカップってのは長期にわたる試合であることに加え本大会までに代表が揃って練習する時間が長いということ。
つまりワールドカップの本体会ってのはそれまでの代表の試合とは全く別物になる可能性があるってことだね。

2010年のときもワールドカップイヤーがはじまって散々だったチームがグループリーグで高試合をし勝ち上がったわけで本大会は別物になる可能性があるってことだね。

前から書いていることだが、今の代表の能力自体に問題は全くないと思っていて 問題なのはそのポテンシャルが正しく発揮されるかどうかだけなんだな。
よければオランダやベルギーにだって勝てるチームになるだろうし悪ければベラルーシあたりに負けるチームになるってことだね。

実際にワールドカップの時に日本代表がどちらになっているかだけが問題なんだな。

2010年には岡田監督の(私の嫌いなですがw)選手の気持ちを盛り上げることに成功した結果 それまで散々だった評価が一変したわけである。(個人的な評価は全くかわっていないんだがw)

ザッケローニもアルゼンチンに勝ちとりあえず最短で危なげなく予選を勝ち抜き本大会出場をもぎ取ったことなどで評価をする人が多いが 個人的にはその内容に大いに疑問を持っている。
しかし、そんなものは本大会の結果というモノの前では小さなものでしかない。
本大会で結果が良ければ監督の評価は上がるし悪ければ下がり解任されるだけだ。

まぁおいらは結果が良ければ選手を褒め悪ければ監督を責めるんだがw。
ついでにいえばオイラの場合は本大会の結果が良かったとしても本大会までの道のりでしてきた結果を監督の力として考え必然的にザッケローニを肯定する気にはなれないけどね。
なぜならザッケローニは選手を試したということをずっと言っているが個人的に少ないチャンスを公平に与えたとは言えないと思っているからだね。
ザックの起用法には偏りがいつも見られるんだ。それは新しい選手を試すやり方と言っていいと思うが その場合にベストのメンバーと絡ませるということをほとんどしないんだよね。新しいFWを試すときにMFも変えていたりするんだよな。
ほかにも相性にいい選手同士を組み合わせることをしないということもある。
監督の起用法を重視するためみたいなコメントを見たことがあるがおいらにはせっかくのチャンスなら相性がいいことも含めて武器にするべきだと思うんだよね。

ほかにも柏レイソルの工藤のような選手がいるわけだが、彼は代表で結果を残したが使われていない。
ほかにい選手がいる!といえばそうかもしれないが結果を残した選手を外し結果が出ていない選手を呼び続けたり新たに新しい選手を呼んでいる。
チャンスを与えたと言っているが結果を残しても気に入られなければ定着しないというのもある意味問題だろう。
選手を試したと言っているが結果的にいつだって海外組中心のいつものメンバーしか残っていないんだよな。

そして過去の実績でいま活躍している選手を呼ばないことをサポーター気取りで当然だという人もいるが、過去の時と今は違っていることを気にしないのはおかしいだろう。
大久保などは今の代表との絡みなどほとんどないわけでなぜ試さないのかという気がしてならない。
過去に結果を残せなかったのは今の代表とは違う選手解くんだからであろうし、過去に活躍しなかったという点でもチームを変わり得点王という結果を残したい的では状況も違うではないか?

それこそ過去にこだわるならば今の長友などの存在もありえないだろう?
刻々と人間も変わるのだ。特に相手が変われば相性だって変わるだろう。

ちなみに寿人などはJで実績があっても海外勢には通用しないなどという声がある。
ちゃんちゃらおかしいw。
確かに海外勢とでは簡単に活躍はしていないかもしれないが、寿人のプレースタイルがどういうものか考えてみて欲しい。彼はもともと個人で突破したりするプレーヤーではないはずだ。
オンタッチで局面を変えるプレーヤーであり彼が活躍できないということは彼にパスを出す選手がいいパスが出せていないということでもあるわけだ。
極端にいえば負け試合で出ても彼が生きるチャンスなんていうのはあまりないかも知れない。
いいパスが出ないから負けているわけで ある意味彼の特徴が消えている可能性は少なくない。
一方でオンタッチで局面を変えれるということは負け試合でもたった一本のパスで試合を変える可能性は否定できないわけだよね。
だから、点に絡めないことで彼が劣っているということにはならないし一方で負け試合での一発の可能性も彼にはあると言えると思うんだ。
本来は広島での実績よろしく先発で長く使われる中でその一発の可能性を探るってのが一番ふさわしい使い方なんだと思うけどね。
そのために同じチームの選手がその可能性を信じパスを出すということが行われていると思うんだ。

まぁ代表にはそういう下地がないわけだから 寿人は使わないという選択肢ももちろんあると思う。

それとは違うのが大久保だろう。
大久保は個人での突破もできるわけだから何かを変える可能性は少なくない。
チームが変わり結果を残せた自身もあると思う。
とりあえず今試さないでいつ試す?とさえ思う。

まぁこんなことが各ポジションごとにあるわけだから代表監督ってのも中々ハードなポジションだとは思うw。


話は戻るがいくら今代表の状態を議論したって本戦の現実の前には全く意味がない。
そして今の代表ってのはその状態ってのはやってみなければ誰にもわからないような気がする。
もっと安定してくれると見ている方は楽なんだが、仕方がない。
まぁ本大会前には十分な時間があるだろうから失点グセだけは直しておいて欲しいと思うw。

欧米と日本
2014年03月07日 (金) | 編集 |
ネットで記事を見ている中でウクライナの状況に対し日本の反応を批判する記事があり またそこでのコメントを見て感じることがある。

ウクライナへのロシアの介入はロシアの事情があるわけで、その裏には欧米の事情というものも存在するのだろう。
一方で日本は欧米の事情とは別に北方領土の問題などもあり単純に欧米へ習って行動するリスクを負う必要もないだろう。
ウクライナの状況をおいらはよく知らないが、ロシアでオリンピックをしてきて更にパラリンピックが行われる前にこういう状況になったかを聞けばどうやらロシアへの批判よりもEUのし掛けが悪いという声までネットにはあるようだ。

そんな中で大きな声になってきているのがアメリカ特にオバマ大統領への不満が日本には出てきているということだね。
同時にウクライナの問題は日本と中国や韓国の話題に対して欧米が取る態度と日本と遠いウクライナの状況を欧米での日韓や日中の対応と同様に語る日本人のコメントが目に付く。

また それらの反応が割とおいらの感じている今の状況に似ていることが面白い。
面白いというのは不謹慎かもしれないが、ネトウヨってのがどういう基準かはわからないが自分の主張に対し批判的なやつを在日認定したりする人たちとすれば オイラは当てはまらないが単純に理解し合えない相手として韓国人や中国人を取り上げるならおいらもネトウヨになるかなぁと思うわけで そういうおいらと同じ反応を示すってところが興味を引くんだよね。

安倍政権に関しておいらは基本的に資本主義に法った判断を下す政権(いいかえれば経済主導過ぎる政権かな)というイメージが強く、安倍総理に対しおいら個人は心を許しているつもりはない。
それは必要なら一般人の声を無視してでもやることはやるという姿勢が根本にあると思うからだ。
国民より日本の企業を大事にすると言えるかもしれない部分だね。まぁ政治家にとってどちらが大事かといえばおそらくは政治家に金を出す企業の方が大事なのだろう。

ただ それだけではなく これまでの総理に対し安倍政権は明確に日本の主張は打ち出すことだけは本当の評価している。それは何も中国や韓国だけではなくアメリカに対しても同じだろう。
もっともアメリカには中国や韓国と同じようには名はせないのは致し方ないところなんだけど・・・。

おいらは個人的には一部分でもはやアメリカを信用することは危険だと思っている。
なぜそうなったかといえば、これまでの中国や韓国の反日ぶりに対するアメリカの姿勢の問題と 現在のように嫌韓、反中の時にアメリカがとっている態度が日本人の心にアメリカへの不信感を募らせてきたのだと思う。


いま反日に国の日本批判の材料が遥か70年近く前の世界大戦の問題であるわけだ。
日本のほかでそういった資料をもとももっているのが連合国として敗戦後の日本を統治したアメリカなわけである意味そういった日本批判への資料を最も持っている国がアメリカなわけだ。
当事者同士の問題と位置づけるのは構わないが、残念ながら今のアメリカはそういう資料を持っている国なのに調べもせずに中韓の意見ばかりを尊重する声を政治家までが口にするということが不満なのだ。
また、仮にそういう意見を口にするのは個人であって政府の意見ではないというかもしれないが、オバマ政権が出す答えはギリギリになってぎりぎりの答えしか出てこないのが不満なのだ。

あくまで個人的な意見だが、今の世の中で全面戦争は考え難く それなら日本の場合受動的な戦争しか考えられないわけだから ある意味アメリカの後ろ盾はもはや不要なのではないかというのがオイラの考え方にあるんだよね。
日本を守るための軍隊は認める一方で在日米軍の役割はもはやいらなくなってきているとも考えられるのではないかということなんだよね。
それはアメリカ軍の基地をなくし思いやり予算をやめその分日本の軍備に当てたりするという方向もアリなんじゃないかと・・・。
大所では沖縄の米軍は日本だけを守っているのではないという声に対しては 日本国内で不満もある中 感謝されるではなし 日本が犠牲になる必要の有無まで議論するべきかも知れないとさえ思うんだな。
(ちなみにですが、米軍の撤去には日本の軍隊の強化はセットで考えるのは当然だと思うのだが)

日本を守るが最優先であるから沖縄にきちが必要なのであればアメリカはいつだって日本よりの立場をとるべきだし そうでないなら日本には一時的にでも中韓の圧力に対応できる戦力があるわけで そうであるなら沖縄にきちを持つ意味もない。(日本寄りになれないアメリカなら日本に基地を持っている意味もないということだね)

まぁそれは置いておいて、さきほど上げていた記事の中でも ほかの記事などにでも出てくるコメントにアメリカやEUが中国や韓国よりだという意見があるわけだ。

まぁ確かにそうだよね。
日本で起きたことには国連の機関などからも批判的な声が聞こえる一方、日本より過激な行動がある中国や韓国に対してはそういう声がでないんだから日本人にとっては不満は貯まるだけだ。

個人的にはなぜそうなるかと考えれば それが彼らのとって都合がいいからとしか言いようがない。
過去の戦争にさかのぼっても自分たちが正義だといえるし、なにかの折に中国や韓国が過去の戦争を持ち出すことでディスカウントジャパンが行われることも彼らには都合がいいことだと思うんだよね。
そこには戦後に集めたアメリカの資料などを持ち出すことさえ拒否しちゃうほどの国益なわけだと感じている。

日米安保はあるがそれは国同士の条約であって民間の企業等の商売などには関係のないところで軋轢がありそれらを調整する役割に反日が利用されているのだろうと思う。

まぁアメリカやEUの声や国益はそうであるならば日本ももっと日本の国益を考えた行動をとることも必要だと思うな。
韓国がロシア製の武器を使ったりすることが可ならばエネルギー問題などを背景に日本がロシアと結びつくのもありだろう。

まぁ結局はそういうことだと思う。
なんでもかんでも日米安保に結びつけて考えるのもか違いだし日本が世界のATMになる必要もないだろう。
日本は日本の国益をもっと考えるべきなのだ。
日本の右傾化を叫ぶ国ほど中国や韓国の声を聞く存在だろう。
また日本の左翼が好きなのだろう。
いま日本は確かに右傾化していると言える。
だが、それは左により過ぎたために起こることであって真ん中に戻そうとしていることでしかない。
世界の常識に戻そうとしていることが右傾化なら右傾化で結構を声を上げるべきだろう。
ま、そういうことだ。
少しロシアと仲良くなったら日米安保が揺らぐぐらいならいっそ日米安保はやめて日本が軍備をすればいいのだ。
何も日本は拡大路線を撮りたがっているわけではなく日本を守ることだけを考えているわけだから、それを信用できない国と同盟って ちゃんちゃらおかしい。

ニュージーランド戦
2014年03月06日 (木) | 編集 |
正直、前半の初めだけを見たら今の代表は別次元かと思えたが 結果的にザッケローにの代表チームらしさを見せそれなりの結果にしかならなかったように感じる。

結果は4-1だが後半だけを見れば0-1である。
ニュージーランド相手にである。

ついでにいえば4点の内訳にも大いに懐疑的に感じている。

おいらがずっと書き続けてきたことのひとつがFWが点を取れないチームという点であるが今回もまさにそのままの結果菜わけだ。
まぁ右サイドにいるFW的な岡崎が点を取ったという点は悪くはないが、個人的にはそうであるなら岡崎はトップで使ったほうがもっと日本には武器が増える気がしてならないのだ。

FWが柿谷のときもそうだが、柿谷が動き出してもなかなかボールが出ないと言うケースが多い。
これは大迫の場合も同様なんだが、サイドから上がってくる岡崎はなぜか皆良く見えるらしいw。
それならばサイドで岡崎よりボールが持てる清武などを使い岡崎をトップで使う手はあるんじゃないかとずっと思っている。

正直いまのMF陣は自分で点を取りたい人が多いわけで早くからトップに当ててボールを前に運ぶやり方はあまり使わないわけだから相性がいい岡崎がトップに入ることこそがベストだと思う。

それにしても選手交代で雰囲気を悪くするのや失点癖は相変わらずのザックジャパン・・・。

折角ヨーロッパ遠征でFWも点を取りいい雰囲気にもなったがこのニュージーランド戦ではどうやら元に戻ってしまった気がしてならない。

このままでは本大会が不安だが、実際には本大会を前にすれば選ばれた選手で長く時間を取って練習をすることも出来るわけで実際にはどういう結果がでるか想像がつかないのだ。

個の力と言う面では今の代表が過去最高かもしれないが、チーム全体の力という点では不安なままだ。
ブラジルでどのような練習が出来るかが実際一番大きな要素なのだろう。

まぁ個人的には監督の力と言う点でものすごく不安なんだが、そうであっても日本の力として勝てるかもしれないと思うのは仕方がないんだろうねw。

それにしてもメディアの本田上げにはちょっと引くw。

あくまで個人的に思うことだが、途中で本田があまりボールに絡まない方が日本のパス回しはうまくいくと思っている。
これはある面ではパスの出しどころが多いから本田を経由させないでいられるということでいいことなんだと思う。
それにしても、本当にFWには受難のチームだと思うよねw。
本田がらみでいうと香川が自分で持込PKを得たせいか その後ゴール前で本田が持ち込む場面が増え 同時に本田がドリブルから奪われる場面が増えた。
自分でどうにかしてやろう>結果、取られる という場面になってるわけだ。
これまでは、狭い場面でもパスで崩すケースが多かったのに。
ついでにいえばああいう場面では本田、香川、そして柿谷がいれば三人でパス交換で崩すのだが残念ながらシュートはFWの柿谷ではないんだよな。
特徴的に日本代表で一番シュートをできるポジションはFWではないという・・。

おいらはこれの改善こそが失点グセの処方箋になると思う。

いみじくも解説で言っていたが、ワールドカップで先制されればもっと大きなリスクになるわけで、日本代表は忍是雨雨をかけない点の取り方への手段を持つことが課題だと思う。
それには相手ゴールに一番近いポジションのFWをもっとうまく使う必要があるとおいらは思う。
点が入れば誰がいれてもいいというのは確かだが、一番攻撃的なポジションにいるFWが点を取れないのはもったいないだけだ。

FWが下手だという人もいるようだが、最近のベストゲームと言えるのがヨーロッパ遠征だろうが、あれらの試合ではFWガテンを取れていることをもっと認識するべきだと思う。
FWの能力云々よりもFWをうまく使うことができたかどうかのほうがFWの能力云々言うよりも大きなことだと思うね。

今度はパラリンピックですが
2014年03月01日 (土) | 編集 |
明治天皇の玄孫にあたる竹田氏がオリンピックで負けてヘラヘラするななど言いたいことを言っていましたが、一部は正しく一部は間違いでしょう。

税金を使ってるんだからみたいな言葉は正直あまり適切な話ではないと思うね。

確かに税金は使われているだろうが考えてみてくれ、国民ひとりあたりで一円も貰ってる人がいるのだろうか?
おそらくはいないと思うんだが?

それにオリンピックが国別で国の代表に選ばれなければ出場できないシステムだから代表になっていくんだが、もし仮に自分で出場できるのなら国が金を出さずとも出たい人は大勢いるのではなかろうか?
そもそも選手なんて普通に考えて国の支援よりも支援してくれる人や自分の努力でやってきた金額のほうが大きいはずで それをヤレ税金が~だの言う人の方がよっぽど無粋で理解していないと思うんだがどうだろう?

仮に竹田氏のいうようならそもそもメダルに絡みそうにない選手の派遣などするべきではないということにだってなりうる。
ついでに言えばコーチなどはまだ理解できるがその他もろもろでついて行く人たちに費用を使うことのほうがよっぽどダメだろう。

たとえば浅田真央とかフィギュアの選手は振り付け費用、衣装代、練習場の確保など莫大な費用をかけていると思うのだが、それに見合うお金は出されているのか?という疑問にはっきり答えられるのだろうか?
おそらくは国とは別に支援してくれる人たちのちからの方が大きいのではないだろうか?
浅田選手などはCMなどに出演し 費用の半額を協会に取られ協会の費用として使われているわけだがそれでも税金で~とか言われなければならないんだろうか?

ついでに言わせてもらえば国の代表で行くからというならルール改正などについて国がもっと口出しするべきことってあるんじゃないんだろうかしら?
不思議なジャッジに対してもっと意見を言うべきところで口をつぐみルールだからと納得しちゃうことについて批判はするべきで選手がやってきた努力など見ずに選手の一部分を批判することが正しい判断だとは思えない。

竹田氏の意見が正しいなら金メダルを取れそうな選手だけを国費で賄い それに該当しない選手は自費で行きたい人でも募って行かせるべきだと思うね。
そのほうがよっぽどスッキリするだろう。

まぁ負けてヘラヘラさえしなければ良いと言われればそうかもしれないが、そんなものは見る人によって感じることが違うのだから分別のある人が言うべきことでもないと思う。
縁起を担いでヒゲを剃らないことだって人によっては不快に思えるかも知れないわけだからね。

ちなみにだが、そもそも勝とうが負けようが選手が選ばれれば国民は喜んで応援をすることができるわけで夢や希望をもらっているのではないのだろうか?それを大げさにひとりあたりで一円にも満たない援助を持ち出すのもどうかと思いますよ。国以上に選手を応援してきた人たちが言うのならまだしも。。。。

個人的には竹田氏のようにスポーツに理解のない人は 公に声を上げるべきではないと思う。

竹田氏の場合、父親がオリンピックに関係しているだけに余計にである。

肝心な選手がエコノミーで移動し役員がビジネスで移動するなどもっと突っ込むべきことがあるだろう?

実際に日本はスポーツにお金をかけていないわけでメダルのコストは良いほうだろう。
それは選手たちの努力によってまかなわれていることにもっと注目するべきだと思う。

言葉は悪いが頭でっかちが陥りそうな穴に落っこちたってのが今回の竹田氏の発言だろう。