| Admin |
歴史を知らない日本人?
2013年12月31日 (火) | 編集 |
中国の中央電視台が海外向けの日本人に南京事件を知っているかをインタビューした内容や歴史家が東京裁判に否定的なコメントをしていることを伝えている件で外国人の反応を載せたものがあった。

まぁいつものことだが、一応意見しておくw。


反応の中には戦後70年もたってこんな話をしているのか?という声や アメリカやほかの国だって戦争犯罪はあるだろう?という意見もあるが日本がいまもって反省をしていないという意見を言う人もいるわけで(日本人のコメントでは多くは海外にいる中韓の人間だろうとかかれているのだが)放っておくわけにもいかない。
とはいえおいらに英語gできるはずもなく世間に向かって大きな声を挙げれるほど立派な人間でもないわけで ほとんどの人が見ていないだろうここで書いておくわけで・・・・。


まず確認すべきことがあって日本を批判している国ってのが基本的に中国と韓国ということだね。

そこで必ず知っておいてほしいことってのがあるわけdね。
それは韓国と日本は戦争をしていないという事。韓国は当時朝鮮であって(南北別れていなかったってことね)日本の統治下にあり日本軍として戦争にも出ていた国だということだね。
中国についても日本と主に戦った中国は国民党政府であって今の中国の共産党ではないということだね。この二つについてまず知っておいてほしいということだな。

中国についてはいくつかそこから知っておいてほしいことがあるわけですよ。
国民党政府が落ち着いた台湾は今でも決して反日国ではないということ。
日本と中国が国交正常化した1970年代においては日中関係は良好だったということを知っておいてもらいたいってことだね。
国交正常化に当たり中国は戦時賠償を断ってきたわけだが、それに対して日本はODAでそれ以後ずっと支払い続けている。GDPが日本を上回った今でさえ払い続けているという事を知っておいてほしい。

国交正常化したころ関係が良かったということも重要で、なぜ今関係が悪くなっているかという事を考えるきっかけになるはずだろう。
中国は内政問題が出たころから外敵を作り国の団結を図ったわけでその相手が日本だったという事でしかない。
いまの中国の国民感情は共産党が作ったということだね。

韓国も漢江の奇跡なんていわれているがそこに働いた日本の力を国民に隠してきた事実がある。
その過程で政府が日本から受け取ったお金をインフラなどに使ったことや韓国人の力でやり遂げたという事にするために結局中国と同じように日本を外的にして教育の場から反日を植え込んだことが今日の反日の問題だといえるだろう。

東アジアの歴史問題ってのは結局のところその一点でしかないだろう。

戦後賠償などでよくドイツが日本と比較されるが、あえて日本に言わせてもらえばドイツが羨ましくて仕方がない。
ドイツの隣には中国や韓国がないわけだから・・・・。

韓国は日本をドイツと比べるが韓国と似た立場だったオーストリアと韓国を比較することはしないだろう。
オーストリアはドイツと共に戦ったことで謝罪をしているが韓国はと言えば戦ってもいない(むしろ日本と一緒に戦ったのに)日本を批判するだけでしかない。
ドイツと日本がやったことは実際に違うわけでドイツと単純に比較するのも全くおかしいのだが。。。。。

日本はアメリカに原爆を落とされているが今そのことで両国間で大きな問題にはなっていない。
アメリカのアーリントン墓地に政府関係者が参拝したとしても何の問題にもなるまい。

日本の靖国神社にA級戦犯が祀られていることが問題だというが、A級戦犯について中国や韓国の人がどれだけ知っているかを逆に聞いてみたいものだ。

南北戦争(アメリカ)の南軍の子孫は罪を背負って生きているかと言えばそんなことはないだろう。
奴隷制度杯までは悪だが当時は普通に存在していたものである。
日本において公娼制度は当時は合法であったわけだ。そのことで今も日本が問題にされることは決して気持ちのいいものではない。ましてや事実と反する問題である。

南京の問題も多くの疑問が残る。
東京裁判当時でさえ中国の主張は20万人だったのではないのだろうか?
それに日本は異議さえ言えなかった状況である。

いまになっても南京についてはNHKなどで検証の番組なども制作されているが、大いに疑問を感じる。
例えばだが東北の一般人が日本兵が残した手帳などに記されたものを元に南京事件を検証しているのだが、おそこで南京入場前に殺されたという兵士の話があるわけだが食料のない中殺害されたのは兵士だという点を無視しているとしか思えない。仮にそういうことがあったとしても ここで出る結論ってのは南京入場前に捉えられた兵の処刑であって虐殺というものではないと思うのだ。さらにいえば現状で出てきたものをいくら足しても10万にもはるかに届かないものでしかないということだね。

まぁここまでは中国と韓国に対しての話だ。


個人的には一番の問題はアメリカだろうね。アメリカだけではないけど・・・。
太平洋戦争についてはアメリカなりに調べた事実がいくつもあるのだが、アメリカは中立の立場を取り続けている。
慰安婦についてもアメリカには資料があるがそれを公に口にはしない。731部隊などについても資料があるのだろうが決して公にはしない。
もしかすればアメリカで調べれば調べられるかもしれないが自分たちからは声を上げることはないのだ。
それだけならいいのだが、知りもしないで中韓の言い分だけを聞いて声を上げる輩がいるのが問題なのだ。
知らぬ存ぜぬでいくならやり通せよって話なのだ。

副大統領でさえ日本が韓国と戦争をしていないと知らないってのは問題だと思うぞ!

まずは日本と中国や韓国との関係について一から知っておくべきだと言いたいね。
最初に書いたとおりに韓国とは戦争をしていないし日本が戦った中国は国民党であって共産党ではなく国民党の流れをくむ台湾はどちらかと言えば親日国だということを知っておかなければいけないし国交を正常化した当初は関係は良好だったことも知っておくべきことなのだ。
それを知っておけばなぜ反日なのかが見えてくるだろう。
スポンサーサイト

一言だけ・・・・
2013年12月22日 (日) | 編集 |
冬にこそアイスクリーム!アイスキャンディー!

おいらの心の叫びですw。


冬ってのは基本的に乾燥しているのでアイスがうまい!
ついでに寒いので部屋を暖かくするわけですよね。
すると冷たいアイスが余計に美味しくなるわけです。


アイスを外で食べなくなるからといっても個人的にはアイスが一番うまい季節は冬だと思う。

ここに書いたって意味ないんだけど
2013年12月18日 (水) | 編集 |
海外の翻訳ブログの一つにドイツ人が日本の捕鯨に対しシーシェパードを応援するってのがあったんだな。

おいらはいつも書いていることなんだが、文句があったらIWCに言えってことに尽きるんだな。

日本人ってのはある意味キチッとしちゃってるもので捕鯨に関してはIWCで認められている範囲でしかやってないんだよね。
調査捕鯨で取ってるっていう人たちもいるわけだが、その分にしたってしっかり認められているわけだな。
そこに文句を言う人たちは日本に文句を言う前にIWCが日本に認めているという事についてまず考える必要性をおいらは感じるんだな。
IWCに文句を言わずに日本に直接文句を言ってる人しか見かけないのも愚かしいだけの話だろう。
日本ってのはIWCが認めなきゃ捕鯨できないってことに尽きるんだが しっかりIWCに認めさせてるわけなんだよね。
日本に文句を言う人たちは認めちゃうIWCに文句を言わなきゃいけないんだな。

こういうところでよく出てくるキーワードってのがあって絶滅って言葉なわけだが 日本が取ってるクジラってのは基本的に絶滅しないって話で話題に上らないアメリカの(アラスカかな?)の捕鯨は絶滅危惧種が含まれるってのはどこかの漫画で見た話だっただろうかね?
多少冷静な人は日本だけでなくほかの捕鯨国にも文句を言えって言ってるんだが、実際には絶滅に関係のないクジラのことをよく知らないでいる人が少なくないんだな。

ちなみにだが毎年のように日本と韓国を結んでいる連絡船がどうやらクジラに当たって事故にあっているとかいう話もあるほどクジラに当たる可能性ってのがあるんだよね。

世界の話題には上がらないが韓国の沿岸に打ち上げられるクジラの話は目にするが世界の話題にはなっていないのか日本人が知らされていないのかってこともあるよね。
太地町だっけかのイルカ漁で取られるイルカよりも韓国に打ち上げられるほうが数も多いんわけだがなぜか攻撃されるのは日本だけという。

そんなわけだから捕鯨を批判する人たちのモラルが低いとおいらは思うんだね。
クジラを食べることが悪いことなのか?という事からまず考えるべきだろうね。
日本人なら鳩はまず食べないんだが普通に食材でしょ?平和の象徴を食っちゃいかんだろとは日本人はいわないでしょう。
クジラは食べちゃいけに理由としては絶滅危惧種なら理解はできるが絶滅にひんしていないクジラは食ってもいいんじゃね?てことだわね。

世界には猿を食べるとこもあれば犬を食べるとこもあるわけで白人のおかしな基準でものを決めるのはそろそろどうにかしてほしいと思うわね。

個人的にはよくわからないときは黙ってればいいと思うんだけど、よくわかってないのに批判するってのはどうかと思うってことだな。
まぁそうは言ってもおいえらだってよくわかってないことでも批判するってことはあるので仕方がないことなのかもしれんけどね。

まぁできるだけ自分の意見を言いつつも人の意見を否定しないようには気はつけるんだけどね。。。。


とりあえず捕鯨問題は日本に文句を言う前にIWCに文句を言えということだなw。

テレビってやっぱり信用できん
2013年12月11日 (水) | 編集 |
たまたまチャンネルを変えているときに目に留まり少しだけ見てたんですが、おじゃマップとかいう番組で骨董品を扱っている場面に出くわしたわけですね。

その中で業者の人の倉庫の紹介で300点ほどで8000万円とか出ていたのに、中尾彬が壊した像が4500万円 ザキヤマが見ていた書画が2500万 香取が見ていたのが700万とか言っているんだよね。
たった三点で7700万なわけなんだが どう思いますw?

残りの297点ほどで300万ってことはなかろう。

これだからテレビは信用できないわけだね。
まぁチャンネルからしておそらくはフジテレビ・・・。
(地方なもんでチャンネルによってはキー局がバラバラだったりするw)

某ほこたてでのヤラセ問題もあったわけで 番組的にこうしたほうがいいってのもあるんだろうがどこかおかしいだろと個人的には思う。

まぁここ最近はろくに地上波はみていないんだが だーかーらーテレビを見なくなるんだなw。

大詰めだね。
2013年12月08日 (日) | 編集 |
サッカー関係のことですが。

ワールドカップのグループリーグの対戦相手が決まりました。

個人的には微妙な感じです。

11月のヨーロッパ遠征で日本と同じ相手と対戦したコロンビアと当たるのは因縁でしょうか。
南アフリカ大会の寸前に試合をしていたコートジボアールにも円を感じます。
ギリシャは特にありませんw。

まぁ個人的には今でも帰れるものならザッケローニは代えるべきだと思いますが肝心の雇主である協会が変えないと言っているわけですから仕方ないでしょうね。


ついでにJリーグもほぼ終わりましたね。
J1は最終戦で負けてしまったマリノスに変わり後半安定していたサンフレッチェが優勝を飾りましたね。
まぁドラマですねぇ。
最後にきて調子を落としたレッズや最終戦の前に負けて優勝の可能性を無くしていたセレッソや最後にきて大迫が退場してしまうなどドラマは沢山あったと思います。
フロンターレも終わってみればACLの出場権を勝ち取るほどのところまできたわけでこれもある意味驚きでしょう。

そして昨年の大分のように新しいシステムでJ2の最後も盛り上がったんじゃないかと思いますね。
J1にあがる最後のイスを徳島が勝ち取りましたね。

残るは天皇杯です。
まだ少しだけ年内も楽しめます。


ただ、来年がワールドカップイヤーなわけですが 日本の年明けしばらくは調子が悪い伝統は何とかしてほしいと思いますね。

本当に知る権利を守るタメ?
2013年12月07日 (土) | 編集 |
おいらにはメディアの氷見と保護法への反対は都合のいい理論にしか聞こえないんだよね。


だって彼らは自分たちにとって都合が悪いことを報道しない権利も使っているわけだからだね。
これって今回彼らが言う国民の知る権利にメディアが反していることでもあるはずなわけだよね。

都合のいいようにことがを使うのって非常に愚かしいことだと思うんだな。
もっとも、犯罪者が都合の悪いことについて黙秘する権利は確かにあるのかもしれないが それなら他者がそれを行使することも認めなければいけないとおいらは思うんだねぇ。

都合のいいことは要求し都合の悪いことは伏せておくメディアってのは本当に恥知らずだと思うね。


おいらは保護法が必要ならもっと慎重な議論の上で成立させるべきだと思う。
政治の世界では政治家が与党にただ反発するだけの勢力に野党が成りきっていることが本当に問題なんだと思うね。
政党の争いに国民を巻き込んでいるように思えて仕方がないんだな。
まぁ政治家の中に反日勢力がいるわけだから仕方がないのかもしれんが・・・・。

秘密保護法の審議に見えるもの
2013年12月05日 (木) | 編集 |
おいらは今の強硬な採血のやり方には疑問を感じるんだよね。

民主党政権時にも書いたことがあるけど 子ども手当の時などもそうだったわけだが事前にこういう問題がでるよっていうのがわかっていながら法案を可決させたわけでしょ?

今回の自民党の特定秘密保護法案にもどうやら同様にそういった問題があるように感じるよね。
内容はよくわからないが福島原発事故に関する資料の提出を求める行為がもしかするとこれに引っかかり処罰の対象になりうるというのなら やっぱり少なからず問題がある法案だろうと感じるんだよね。

この法案の裏にあるものってのを一般人は知る由もないが、これにアメリカとの関係が絡んでいたりするのかという疑問は感じるし なぜ問題点を残したまま法案を通すのかというのがオイラには疑問でしかない。

個人的には安倍政権には期待はしていたが正直 すでに裏切られた感は否めないでいるのだよね。
まぁとはいえ それでもまだ自民党が一番まともな政党だとは思うんだけど だからこそ今の政治に全く期待するところがないと感じているのも事実なんだな。


正直にいって民主党政権時などはこのブログにも政治的な問題などについても結構書いたと思うんだけど おいらはもう政治に関心がなくなったっていう感じかもしれないね。
だって、民主党に限らず自民党にだって何度も裏切られてきたわけで安倍さんならという期待もしたが それもやっぱりダメだったという感じしか受けないんだよね。

政権を取る時に行っていたことの何割が裏切られただろうと考えても 言ったとおりになったことのほうが少ないのは目に見えている。

安倍政権の誕生でハッキリ見えているのは経済界重視の姿勢だけだろう。
日本にとって必要なことと見る人はいるとは思うが、産業の空洞化や経済界のトップの視点や姿勢で日本が失ってきたことを考えると絶対にそれが正しいとは個人的には思えないのだ。

おいらが思う大きな勘違いの一つが法人税の問題だね。
世界で戦うためには下げないといけないというものだね。
ところが世界一の経済力があるアメリカは日本より高いわけだ。
なぜそれでも維持出来るかを考えればアメリカが持っている消費力というものがあるからだろうと思うんだよね。
日本が経済大国になれた原因の一つが日本の消費力にあるとおいらは思っている。
そうであるならば内需を大切にする考えをもっと持つ必要があると思うし法人税が高くたって日本の企業の国内での購買力は下がらないと思うんだよね。

ある意味では世界で二番目に購買力がある日本という市場には多少高い法人税も悪くはないんじゃないだろうかと思う。
ある意味では海外で商売している人たちのためだけに優遇するようなものだろう。
そりゃあ実際は国内向けの企業も安くなると恩恵は受けるがその分 確実に国民負担になるわけだということは忘れるべきではない。
一番恩恵を受けた企業は自分たちだけが高給を得ていたり 実際にはそういう企業こそが派遣社員を使っていたり内部留保を溜め込んでいたりするわけで社員などにさえまともに還元されていないんじゃないだろうか?
役員報酬はまた別口だろうから業績が上がれば報酬は増えたりするんだろうけど・・・。

そう考えれば本当に一部の人間のためだけの政治ってのが今行われている政治の実情のようにオイラには感じられるんだよね。

安倍政権において結局TPPの話も進んでいるし、靖国参拝など特定アジア向けの問題も結局先送り野感はある。
惹かない面もみせてはいるが配慮だけはしているわけで。。。。

正直もうね、なにを言っても無駄な気がしているんだよね。

原発問題も何度も書いているように廃棄物の処理方法も決まらないまま問題の先送りをして使う続けようとする姿勢を感じている。
このことが全てに通じる気がするんだよね。。。。。。。


まぁ気が向いたらまた書くわって感じでしかないね、もう。

誕生日が近づいてくるね
2013年12月02日 (月) | 編集 |
おいらの誕生日が12月なんです。

12月と言えばその一年を振り返る機会が多くなってくるわけですが、韓国のネットをやってる人たちの一部だけは相変わらずのようですね。

ここにきてやっぱり日本が悪いというかのような自分たちの理屈を日本人のネット民に向け発信しているようで。

それを受ける日本人は お前らは何度言ってもわからない奴らだな・・ という反応で。

言ってくるのは 相変わらずの日本人と韓国人の認識の違いであって相変わらず自分たちの都合のいい言葉の抜き取りなわけです。
おいらは思うんですが 一度自分たちの立ち位置を変えて調べてみることってのをお勧めしたい。
韓国人は自分たちの理屈の正当化をするための資料を必死で集めるわけですが、逆に日本人の主張が正しいという立場にたって資料を集めてみればいいと思うんですよね。
おそらくはその方が資料が沢山集まるんじゃないかと思うわけですよ。
そうするといかに自分たちの主張が感情論にしか基づかないものだというのが理解できると思うってことですね。

おいらは個人的に 欧米人でさえも日本人ほどには道理的にものを考えていない気がするんですよね。
勿論 個人差はあるわけで日本人でも感情論に支配される人もいれば外国人にも冷静に判断できる人ってのがいるわけです。
所謂テキサス親父なんて人は自分の立ち位置を理解していて証拠をもって物事を判断できる存在なんでしょうねw。(これは個人的な好みが判断に大きく影響をしていると言っていいでしょうがw)

面白いですよぉ、最近の韓国人が日本人向けに翻訳をしているブログへの日本人向けの記事w。

一生懸命自分なりに調べて書いているんですが、結局のところ最終判断部分では感情論で自分なりの判断になってしまうわけです。
なかにはベトナム戦争の韓国軍の虐殺などについては国の問題ではなく個人の問題にしてしまってるんですね。
これが通るなら何事も簡単です。
全て個人の問題で通りますからね。
慰安婦の問題もそうなんですが 日本人による慰安婦集めはあったわけですが そのことは日本も認めているわけでその際にはそれにかかわった人たちは日本の軍により処罰されていることまでわかっているわけですね。
日本にとってはこのことがある意味で日本の国としての関与を否定する材料になるんですが 韓国の虐殺についてはそういう例をおいらは効いたことがありません。
別の問題について考えてもよく日本の戦後処理についての問題であげられるドイツの場合があります。

日本でよく言われているのがドイツが誤っているのはナチスの非道についてであってドイツとして誤っていないというのがあるわけです。
ドイツ人がWW2の問題で日本のように卑屈にならないのも酷いのはナチスであってドイツではないというものにあるのではないのでしょうかねぇ。
つまり責任を自分たち以外のものに置き換えることができているんでしょうね。

おいらが良く書いているので討論番組で中国人が言った言葉で 私がやったわけじゃないというのがあるんですね。チベットなどへの侵略に対していった言葉なんですが、それが通るなら今の日本人のほとんどは其れに当てはまりますよね。
政治かなんかにしたって基本的に戦争にかかわった人は今 政治家をやっている人はいないでしょ。
国民にしたって同じことです。

面白いのが日本を批判している中国や韓国の人たちだってほとんどの人たちが実際の戦争を知らない人たちなんですよね。
教育によって教えられた言葉を信じていることで日本を批判しているのでしょう。

中国はどうしようもないのですが(一党独裁ですからね)、法治国家であるべき韓国は裁判所が法に基づかない判決を出している国なわけで ある意味国家の根幹が揺らいでいる国といえるでしょう。
企業の責任について裁判で支払い命令を出したようですよね。
そこまで言って委員会でも言われていましたが 個人の補償について基本的に2~3年で消滅するはずの請求権を認めている問題や条令を無視している点など司法の崩壊をしていると指摘しています。
かの国では世論が真理を超えているので仕方がないのでしょうが、どうかしてるというしかありません。

面白いのは根幹の問題を今になっても慰安婦問題としている点が注目すべきなんでしょうね。
うえであげたブログでも日韓関係の最大の問題が慰安婦問題と書いてきていますね。

おいらは何度でも聞いてみたいんですが日本でこの問題が大きく取り上げられたのが1990年代だと何回も書いています。それまで出てこなかったからという意見もありますが、実際にはそれ以前にも慰安婦の給金を預けていた金融機関からの払い戻しの問題での慰安婦問題はあったわけで慰安婦問題自体がなかったわけではないんですよね。
要は払い戻し問題がいつのまにか人権問題にすりかえられたということを知るべきでしょう。

おいらは韓国人について本当に不思議に思うのが ある種の熱病的な思想なんですね。
旭日旗のことでもわかるように2010年まで何の問題もなかったものがいつのまにか国を挙げて否定しているわけです。
2010年までの感情はどうなってしまったんでしょうね?

メディアなどでこう書かれていて日本が悪いという事柄には何の疑いも持たずに無二重がそういう考えに染められてしまうわけで おそらくはこういう国ってほとんどないんじゃないでしょうかね。

ほとんど知られていない国のことならあり得るんでしょうが 隣の国でありずっと交流がある国への感情がここまで極端な国ってのはそうそうないんじゃないでしょうかねぇ。
よく隣国は仲が悪いって言われますが、ついこの間まで問題になっていなかった旗をこうまで嫌うことってのは普通の国ならあり得ないでしょう。
ブラジルとアルゼンチンが仲が悪い?にしたって昨日まで気にもしていなかったものを急に嫌いになれる国民性ってのはないんじゃないでしょうかねぇ。

中国人はちょっと違うでしょうね。
冷静な判断ができる人たちと情報に踊る人たちがある程度ハッキリわかれているのでしょうね。
防空識別圏を巡る話にしても、中国の側の発言を冷静に考えれば日本は無視すればいいだけで中国が実際にそれにのっとった行動をしてくれば宣戦布告に等しいわけですよね。
そして現段階で日本の行動に言葉で圧力をかけてくることも宣戦布告に等しいわけですね。
単純に日本が無視をすれば中国は今までの識別圏を受け入れるか、行動に移すしかないわけでしょう。
行動に移す=宣戦布告に等しいということでしょう。
識別圏がダブって化ければ侵犯したほうが引けば済むわけですがお互いに自分の識別圏ならお互いに引けないわけで・・・。
お互いが引けない状況を作る=宣戦布告だと思うわけです。
まぁ世界の認識がそうであるかはわかりませんがw。

でも、中国人の最近の記事には必ず冷静な人のコメントもあるんですよね。
こういう見方もあるんだよってやつが。
賢い人はそもそもそういうところには書き込みしないんでしょうけどねw。

おいらも2チャンネルとか見ますが、書き込みませんw。
だって決めつけるような言葉で全て済ましてしまう人たちが大勢いますからね。
賢ければわざわざ書き込みしないでしょう。
同様に海外でもネットがどういうものかを知っていれば掲示板で意見を書くなんてのは普通の人ならしないでしょう。(書き込みすべてを否定するわけでもないんですけどね。時には政治家や評論家などよりよっぽどいい意見も書き込まれるわけですから)

ああ、そうそうおいらの誕生日が近づいてきたって話でしたね。
もう嬉しいとかっていう年でもないんですが、来年はワールドカップがあるわけで その前にオリンピック!

いい年になるといいですね。

失敗したー!!8.1
2013年12月01日 (日) | 編集 |
無料で更新できるってんで飛びついて後悔している^^;。


IEのスタートアイコンなどが表示されデスクトップでのネットサーフィンなどはやりやすくなったが、8.1を入れたがため?にFC2がダウンロードできなくなった。
これは個人的な現象かもしれんが おいらには痛手すぎる^^;。

Orbitでこれまでダウンロードしていたんですが、全く表示されなくなった。
いろいろと見てみたがほかの方法を試みようとしてもやはりFC2の落としたい動画の表示が出てこないのだ。

したがってダウンロードはいまだにXPのセカンドパソコンを使う羽目に・・。

ついでに変な現象も時折起こる。
ページが振動するかのように震えてしまって進まなくなったり更新してもうまく表示されないなどと言う現象が起こるのだ。

まぁいろいろあってマイクロソフトに登録したのだが、携帯の番号を間違えたので変更しようとしたらメールアドレスを変えて登録しなおさないとできない模様などという問題もでてきてしまった。

正直8.1に更新して散々な思いをしているのが現状なわけですよ。


もっとも、こういうのって前にもあった気がするにはする。
ウインドウズ8を入れたばかりの頃、Orbitが使えなくなったのがいつのまにか理由はわからないが使えるようになったってことがあったっけ・・・。
今回も同様になればいいとは思うのだが 難しいのかもしれ ないな。
ちなみに8.1を入れたときになぜか付属というわけでもないんだろうが多くのほかのものがインストールされた模様なんだよね。
詳細を表示するアイコンが見慣れないものに変化していたりしたわけで ダウンローダーなど使っている人間としてはソフトが動くかどうかわからないものは早々に使うのは慎むべきだと学習したとするしかないんだろうね。

おかげさまでメインのパソコンが古い方に再び戻りそうで残念すぎるんだよね。

動画の見た目などが明らかに新しい方がいいわけで古いPCを使うのが残念すぎるんだよね。


戻すにはウインドウズ8をインストールしなおすしかないらしくPCに保存されている動画を移すのが非常に面倒でやるきにはなれないんだよなぁ・・・。


困った困った・・・・