| Admin |
ふっふっふ、ボルタレン座薬
2013年10月29日 (火) | 編集 |
痛風で動けない私は昨日の月曜日に知り合いにロキソニンSとシップを買ってきてもらって なんとか今日医者に行くことができ処方箋をもらってボルタレン座薬を手に入れることができましたよ。

昨日までは何とか屋内では伝い歩きがやっとできるほどでしかなく車に乗るなどができる自信もないので医者にも行けなかったわけですが、シップやロキソニンのおかげで騙しだまし病院にいったわけです。

おいらは困った時のボルタレン座薬だったわけで、これなしに安眠もトイレもないってぐらいだったんですね。

経口の薬よりもすぐに効果が出るし確実に痛みが減るわけですから本当に頼みの綱なわけです。

しかし、おいらは基本的に医者が嫌いなもんですから一旦もらったこの坐薬は貴重品になります。
したがっていよいよヤバい時しか使いません。

処方してもらったこれをできるだけ使わずに次の大きな痛みが出たときのために残しておくわけです。
それで医者にいかない・・・。

ボルタレン座薬をもらうためにだけ医者に行くといってもいいほどなわけですw。

まぁ病院にいってボルタレン座薬を手に入れるというミッションを行った際に動けなかったために碌にいいものを口にしなかったこともあって食材も購入。
その時に大いに体力を消耗しちゃったんですよ。
思ったよりしんどかったわけです。
理由の一つが飲み物を買ったこと。
ペットボトルのお茶とコーラが重いw。
病院で歩くときの安定のために松葉杖を借りたことで重いレジ袋を持ちつつ松葉杖で歩くのが非常に難しかったわけです。
結果、家にたどり着いたときにしばらくの放心状態w。
数分間 動けず ですw。

部屋に落ち着いて最初に行ったのが座薬を入れることだったわけで、そのおかげですぐに安静時の足の痙攣などの症状の改善につながり野球のワールドシリーズの観戦後にゆっくりと眠ることができたわけです。

おいらにとってボルタレン座薬が嬉しいのは歩くなどをする際の直接的な痛みの軽減などよりも安静時における足の痙攣などといったものの肉体的や精神的な安定ってのが最も大きな効果だと言えますね。

昔は疼くことで眠れなかったものを経口の痛みどめで抑えるなどをしていたんですが効き目が遅いことや効き目が薄いなどという問題を感じたんですがその不満を十分に解消してくれたわけですね。
したがって依存する気持ちも高くなっています。

まぁ、反面で後遺症などで頼りすぎると老後に締りが悪くなってお漏らしをしやすいなどという事があるようでちょっと怖いんですが背に腹はかえられずです。
医者嫌いなおかげで頼ってはいるが貴重品のようにケチって使っているわけで常用という形になるのかどうか・・・w。
まぁ経口の痛みどめと座薬の使い分けをうまくするのが適切なようですね。

でも、痛みがきついときにこれほど有効なものは おいらにはないわけで。。。
ありがたい薬です。
スポンサーサイト

U17日本代表 負けちゃったね
2013年10月29日 (火) | 編集 |
決勝トーナメントの初戦でスウェーデンと当たり1-2で負けてしまった。

失点の場面が日本の弱点が現れたとこだろうね。

人数をかけて攻めるのでボールの奪われ方が悪いと即ピンチになる。
そういうところはA代表と一緒だね。

U17のほうが優れているのは個人で持つ時間が短くボールを奪われた後のディフェンスに入るのがA代表よりも早く見える点だね。
したがって奪い返すのも早い。
A代表よりもスペインに近いサッカーだろう。
残念ながら組織だったいい守りを崩すのはまだ未完成というところかな。

それにしても負けたとはいえポゼッションでは圧倒的に上回っていて70%以上だったろう。
相手選手は足がつる選手も出ていたしフィニッシュへ持ち込むことをもっと学べば楽しみだね。

前半に2点を失ったがもう少しで得点というチャンスも作っていたわけで最初の得点かと思われた場面がオフサイド、完璧に崩したと思えた難しいシュートはわずかにゴールをそれた。

まぁとりあえず日本のサッカーの良さは十分に見せれたんじゃないだろうか。

心配なのは個のサッカーに継続性があるかという点だね。
今日でこの代表は解散になるのだろう。
協会が同じような方針で個の世代を指導していくならいいが上の世代に行ったときに違う方針になったりすることが心配だね。
ヨーロッパの強豪などを相手にこんなポゼッションができているんだからね。



辛い・・・・
2013年10月28日 (月) | 編集 |
個人の近況です。

ここ二日ばかりほぼ部屋から動けません。

おそらくは痛風の悪化でしょう。
若干痛風以外の可能性もあるんですが。

多少調子が良くなってたという印象があって土曜の朝にスーパーに買い物にいき 食料を調達したんですが その影響で食べ過ぎてしまったのか昨日から左足の痛みがひどくて碌に立てません。

足の甲当たりの痛みに始まってからすでに3週間ほどですが、いまがピークです^^;

元々は右の足から始まった痛みはいつしか足首の少し上の一番細くなっている当たりの痛みがひどくなってるんですよね。
まぁ普通の人には経験のない痛みだろうと思います。

どう表現すればいいかわかりませんが、個人的には立つだけで足首の上あたりが骨折しそうなほど痛むとでもいいましょうか・・・。そう、骨が痛いという感じなんですね。

おかげで体重がかけられません。
そして体重をかけた際に来る痛みで思わず足への負担を減らそうとすればコケルしかありません。

トイレに行くのもつらいわけですか階段を下りて食事を準備するなんてのも当然厳しいわけです。
したがって昨日は一食。
飲み物をどうしても補充しなければと意を決して降り丼にコメだけを準備しあとはお茶とペットボトルの水だけを用意して部屋に戻り おかずは納豆とフリカケです。
おそらく痛みがあるうちは今日は食事抜きになるかと・・・。

ちなみにそういう状況なので気分はずっとすぐれません。

そして今は終始うずいています。

寝てる間に無意識に足は痙攣するわけで そうすると寝ても足の疲れが回復しません。

つらいですw。

普通の人はこういう痛みを味わったことがないでしょうからわかりませんよね。
くるぶしの上5~7センチ上あたりが傷むんですよ。
今が最悪なのはすでに3週間ほど傷んでいたために普段備えていた痛みどめなどが無くなったあとに今の痛みが来ちゃったってことですね。
普通にロキソニンSなどもあったんですが使い切ってますし、経口薬はおいらにはあまり効かないので座薬もあったんですが数日前に切れました。
本来医者に行くべきなんでしょうが、今はいけません。
部屋から出るのさえつらい中 階段はもっと厳しいし医者に行っても駐車場から歩くのは家で移動するよりハードルが高いです。家では身近に体重を預けるところがありますが駐車場にはないですからね。

ちなみに足首の上が痛いと書いてはいますが、足首も痛いのは痛いんです。
ただ、そこは歩く際には影響が少ないってだけで。

とにかく いまは腹は減ってるし足は痛いし・・どうしようもありません。
一人暮らしのつらさを味わってます。

サッカー記事ってやっぱ面白い・・
2013年10月27日 (日) | 編集 |
いまは解説などをしている城氏でさえ今の代表で本田がかつての中田のように浮いて代表そのものが崩壊しかかっていると言ったり、きょうは佐藤寿人が代表はリハビリの場ではないと言ったらしいことにコメントが寄せられている。

面白いよねぇ。
おいらは寿人の言葉は吉田を含め香川にも向けられていると思うんだが、中には香川は違うだろという人もいるしいつものように国内組に否定的な人も多く代表の調整という意味でならありえるだろ などと言う人もいる。
そもそもお前がいうな なんて人までいるんだから笑うしかないだろう。

コメントを出してる人の中にはほかの意見をニワカと決めつける人が結構いるのだが、何をもって自分が正しいと言えるか聞いてみたいね。
そういう人ってのが元代表の専門家の意見さえ否定しているのが面白いよな。

おいらは専門家ではないがサッカーだけで言えばとりあえず40年以上は見ているが 自分の意見だけが正しいなどと思ったことはない。

サッカーが好きな人なら皆が意見を言うことはできると思うし それに対して相手をニワカとか馬鹿にするのもどうかとは思うんだけどね。
一つだけ個人的にこういうのは嫌だなってのはあるんだけどね。
それは誰かさんには△やさんづけをして他の選手と区別する人だね。
個人的には本人がその選手を好きだというのは結構なんだが盲目的になることはどんな時も否定的にしか映らないんだよね。

おいら個人は日本代表にはこうあって欲しいという思いがあるわけでそれがこういう戦い方をして欲しいという思いになって今の代表を批判しているのだ。
そして基本的にはいつだって選手を尊重したいのだ。
だから、批判の主な対象には監督になっている。
今の代表では中心に本田の存在が感じられて そのために改革が必要になっていると感じるので本田にも批判的にはなるがそのことで本田だけを責めるつもりはないのだ。
悪ければ香川も遠藤も代えるべきだと指摘しているし、そもそももっと多くの選手をただ招集するのではなくいい形で実戦で使うことが必要だとおもうんだよね。

柿谷を使うなら柿谷を生かす戦術をするべきで代表のやり方に合わせろなんてのはナンセンスだろう。
わかりやすいのが負けてる際にハーフナーをだしてパスでつなぐサッカーをやってどうするってことだよね。
使う選手に合わせてサッカーはやるべきで臨機応変にできないのなら今のMFは皆変えればいいと思うんだ。

今日の記事を見ていて、国内組でサッカーをやってグループリーグで戦えるかもしれないが今の代表が目指しているのが優勝なわけで目指しているポイントが違うなどと言う人もいたよ。
笑っちゃうしかないでしょ?
否定する気持ちはないが少し盲目的すぎると言わざるを得ないでしょ?

ワールドカップに出れるようになってからいつの時代も日本代表が海外遠征をやっているが基本的にいつだってヨーロッパの中堅クラスといい勝負をしてきているが今の代表は勝たなければいけない相手にも負けているのが現実で今の代表が過去最強などと思っているのは夢を見ている人たちしかいないだろう。
今の代表も同じメンバーでも戦えた時は確かにあったとは思うよ。
アルゼンチンに勝った、フランスに勝った・・過去のことです。
今の現状はセルビアに負けベラルーシに負けるのが結果なんだよね。
それもキリンカップと国内組で戦った東アジアカップを除けばアジア以外の国に勝ったことがないんじゃないだろうか?

東アジアカップの前にはザッケローニが選手を育てないという話がどこかであり代表は選手の育成の場ではないというコメントが沢山あったんだよね。
おいらは代表に帯同することで伸びる選手ってのはいると思うんだ 一部では同意だが一部ではこの考えには否定的だ。
さて、寿人が出したリハビリの場ではないってのには完全に同意だね。
おいらは海外組と国内組の選手の差なんてのは本当に小さな差だと思っているわけで、そう思っているから今活躍している選手は使うべきだと思うんだな。
それは本田であっても香川であっても遠藤であってもコンディションが悪いならほかの選手を使うべきだという気持ちを持っているからだ。
ましてや今の日本代表の癌は中盤だと思っているから中盤の選手は特に変えるべきだと思っている。
いつも書くことだが中盤が悪いとは書くが選手が悪いのではなく選手をうまく使えない監督が悪いのだ。
MF陣が自分たちでボールを回してつなぐよりも球離れが良く縦にパスが出せる選手を使うべきだという個人的な希望もあり本田や香川も外すことを望んでいるともいえる。特に彼らの同時期用についてはもはや否定的だと言ってもいいほどにだ。
サイドをやれば香川や岡崎よりもふさわしい選手はいるわけでオシムが言っていた汗をかく選手の必要性をつくづく感じているのだ。

個の力は招集前にするべきことだし代表はリハビリの場ではないだろう。
代表でするべきことは正しい戦略を正しい戦術で戦うすべを身に着け国を代表して戦う場だという事だと思う。
調整の場っていう位置づけはあるかもしれないが日本代表である以上負けていい試合はないと思っている。


本田は自分の武器は使うべきだが 監督が本田ありきでチームを作ることは間違いだろう。
チームの戦略、戦術のなかで生かすべきは生かし殺すべきは殺してチームとして成熟していく必要があると思うんだな。
代表は日本人らしい戦いをするべき場だと思うわけで誰が入っても同じように戦えるチームを作るべきだというのがおいらの主張だ。
異論はあると思うが おいらから見てもいい選手を集めながら勝てないのは戦術以前に戦略が間違っていると言えると思うね。
フィジカルが強くない日本なら一人が持つ時間を短くしパスをつないで早く前にボールを持っていくサッカーをするべきじゃないんだろうか?
岡田監督は好きではないがワールドカップ前に負けっぱなしだった時の彼がやろうとしたサッカーは間違いじゃないと思うんだよね。
結果として負けが続いたのは戦略は正しかったが戦術がよくなかったのか、選手の技量か気持ちがついていかなかったのだろう。

まぁコメントで自分の意見を言うのはいいと思うんだが、その時に人を見下したり貶すのは良くないと思うよね。
おいらは人の意見はそういうコメントで見るが 意見を戦わせる気はない。
おいらはおいらが理想とする代表が見たいわけで こうあって欲しいという気持ちを書いている。
こんなのは100人いれば100通りの理想があると思うわけだからね。

とはいえ、まわりがどんだけ騒ごうが肝心の協会が動く気配もなくどうにもならないと思うんだけどね。。。。

U17の評価があがってるね。
2013年10月26日 (土) | 編集 |
グループ最終戦も先制されたが慌てずポゼッションをして残り僅かで同点にしアディショナルタイムに逆転してグループ首位を勝ち取った。

全体でポゼッションが70%、後半だけなら80%とも言われるサッカーでリードされていながらも冷静なサッカーで相手を動かし続け相手選手には足をつる選手が続出したらしい。

そういうのを聞いた人たちが日本人は若い時は世界的にも強豪だなどと声をあげているようだが、現実を知る人たちからはU17は高校に上がるために一番試合から遠ざかる時期でアジアでも予選で負けることが多い時期だという指摘をされている。

おいらは監督の吉武氏をよく知らないが、本当に日本らしい戦略を持っていると感心させられた。
メキシコの教育にも似てパス重視のサッカーのようだが、日本人が劣るフィジカルなら接触しないサッカーをするというのは素晴らしい発想だと思うね。

確かに上の世代でヨーロッパに行ったら通用しないなんてことを言う人がいると思うが それは彼らが劣るということではなく ある意味ヨーロッパのサッカーが彼らに追いつかないためだろう。
マラドーナやメッシが体の小さいプレーやなのはもちろんだがシャビやイニエスタも同様で体の大きい小さいではないし彼らのフィジカルが強いというのもおそらくは間違いだろう。
ネイマールなども細い体で決して強い体というわけではない。
個人的には彼らは自分たちの国で常に体の大きい強い選手とやっているので単に慣れているだけだと思うんだよね。

日本が常にヨーロッパで戦っていれば日本人だって慣れると思うよw。

おいらはU17のサッカーを基本に日本代表のサッカーを作っていけばいいと思うんだよね。
それこそ80%のポゼッションをしていればそうそう危険なこともあるまい。
ちなみにだが、そういうポゼッションをするってことは単にボールを失わないだけではできないことだろう。
要は相手ボールをどうやって奪うかができることが大事で組織でボールを奪うことができているということだろう。

前にも書いたがそういうプレーを多くの選手を入れ替えてもできるってことが一番すごいことであり、これを上の世代まで続けることが必要なんだと思うな。
ただ、問題はU17の代表を外れた後同じように動ける選手がいなくなった時に真価が問われることになるってことだね。
上でも書いたがヨーロッパなどに行った選手が活躍できない理由の一つがやってるサッカーの質の違いなんだと常々感じるんだよね。
持ち味がフィットするかしないかっていうところの問題なんだと思うんだ。
これは人によっては能力が劣っているから活躍できないって思う人はいると思うんだが、おいらは単純に日本人の持っている能力が違っていて単純に使う側がその能力を生かせていないからだと思うんだよね。
だから、たとえばだがヨーロッパで活躍できなくてもメキシコでなら活躍できるとかいうことがあるかもしれないって思うんだよね。
香川などもクロップ監督でなければドルトムントでも活躍できなかったかもしれないと思うんだね。
まぁ香川の場合はこれまでの日本人選手の中でも異質でワンタッチプレーがうまいことや反転力という武器がこれまでの日本人とは違ってるんだけどね。
単にパスがうまいとかっていう選手は その選手の個性が生きる形を周りが作ってくれないとやっぱり厳しいんだよね。
今回のU17の選手みたいに皆が同じコンセプトでやれているから強いっていうチームは違うコンセプトでは必ずしも強くはないかもしれないよね。

ただ、いまのU17のコンセプトは本当に日本人に合っているという気っしてならないんだ。
フィジカルが弱いならフィジカル関係なしの試合をすればいいってのが個人的にはしっくりくる。
誰かみたいに個の力を言い続けるよりは組織の力の強さを見せつけてやる!ぐらいの発想でいいんじゃないかと思う。
まぁ海外でプレーしたい人には個の力ってのも必要だろうけどね・・・。

おいらはA代表でもこういうサッカーをして欲しいと思うんだよね。
まぁそうなったら今の代表よりふさわしい選手は大勢出てきて逆に有名な選手が代表落ちしてしまうんだろうね。

個人的にはザッケローニの後釜はもはや吉武氏一択だな。


代表がダメなのかメディアがダメなのか?
2013年10月24日 (木) | 編集 |
ニュース記事で日本代表がベラルーシ戦のあとに緊急みーていんぐをして話し合い これまで通りに攻撃的にいくことで一致したなどと伝えている。

あくまで個人的にだが、今のままのスタイルで続けるというのなら代表の選手たちがどうかしてると思うし、攻撃的にいくのはいくがやる内容は状況に応じて変えることも検討するなどというのならメディアの大雑把すぎる伝え方がどうかしてると感じてしまうんだよね。

直前に行われたCLでのドルトムントの速攻の場面を見たが ある意味理想的な素晴らしいものだった。サイドからの早い速攻は中央に走りこむ4人と合わせて5人が攻め込み相手DFは4人でクロスはマークのいない大外にピタリとあってのゴールだった。
今の日本代表には求めるべくもないプレーだろう。
まず早いプレーができないのが今の日本だ。常に本田を経由しMF同士でボールを回しながら攻めるスタイルではいつだって相手DFの守備が完成てしまっている。
これを崩すのは並大抵ではない。
ドルトムントが見せたような相手の守備を上回る攻撃などは大きな得点のチャンスなわけだが日本代表は常に完成された守備と戦うわけだから困難でしかないだろう。

おいらだって基本的には攻撃的にってのはある意味では正しい方法の一つだとは思っている。
点が入れれなければ勝つことができないわけだからね。
その方法が今のままならこの代表には全く期待ができないわけだが・・・。

いつも書いているように一番攻撃的な位置にいるFWをうまく使えていないのがひとつ。
また、相手の守備が整う前に攻撃しようとする気持ちが弱いのがどうしようもないだろう。
結果的の攻撃のほとんどが遅攻になってしまう。これでは強いチームでなくても崩すのは困難だ。
そしていつも書いていることだが人数をかけた攻撃をすることで奪われるボールによっては後ろに大きなスペースができてしまっているわけだ。

これを続けるならリスクが大きいわけで失点が減ることもないと思うのだ。
しかも日本は一番弱いグループに行くだろうからグループリーグの相手は皆日本より強いチームになるだろう。
今のスタイルを貫くと選手が言い監督や協会がそれでいいと認めるならば今の代表はワールドカップに負けに行くということでしかないだろうね。

おいらはワールドカップに行けると決まった時から日本が徹底していくべきことってのがあってそれが連動した守備の組織を作ることだと思う。
相手のボールをどう追い込みどこでボールを取るかを徹底することで自分たちのボールにすることができるはずだ。こういう守備ができれば攻撃にも同様の連動は効くわけでポゼッションにも応用できるだろう。
基本的に攻撃的なスタイルの選手が多いわけでほっといても攻撃はするだろうさw。

まぁこういうのは正しいかどうかは解らないが、協会には日本独自のスタイルの確立という目標があったと思うんだよね。
個人的には過去の代表にはある意味共通した部分があったように感じているが 今の代表にはそれが亡くなってしまっていると思う。
それが前線からの守備だな。そして過去に比べて走らなくなったという印象だ。
走りに関してはおそらくは印象だけなんだと思う。実際には走っているのだろう。

ただ、見ている人間にハッキリわかる効果的な走りが見えていないだけだろうと思うんだ。
後ろから追い越してくる選手をうまく使わない、裏に走る選手が使えないなどと言うのが見えにくくする要因だろうと思うのだ。

個人的には本来目指すべき日本スタイルとは全く別に王様本田スタイルのチームが出来上がってきただけなのだと思う。
それはワールドカップで勝つためのチーム作りではなく本田を中心にした攻撃陣のオナニーシステムだろう。
いつだったかの負けゲームで相手より点が取れなかった攻撃陣が悪いと言うニュアンスの答えがあったと記憶しているが、ある意味これは自分が攻撃陣にいて点が取れないことが悪いと言ったのだと思うが、サッカーは11人で戦うもので攻撃にはDFの押上げなども受けているわけだ。
一方守備は本来斬銭から守備をして全員守備の意識があっていいのだが この時の発言は自分を攻撃陣という形で失点には無関係であるかのようにさえ取れる言葉だったと感じた。
おそらくはそういう気持ちからではなかったのだろうが、攻撃に重きを置く発言が多いことで余計にそういう気持ちにさせられるのだろう。

本来は10月の遠征などは本田が率先して無失点という言葉を使うべきだったと個人的には思っている。
こうすることで全員が守備への意識を強く持つことができただろうと思うのだ。
結果は攻撃陣も完封され失点は止まらずの連敗だ。

11月はオランダとベルギーだが選手のミーティングで決まったのは攻撃的にいくこと?だという。
相手が強いので守備への意識は確実に強いものにはなるだろうが、メディアの伝える今までのままでは代表への期待は減るばかりだろう。
良くなる要素などどこにもあるまい。
中には大久保や寿人が呼ばれるかも?で変わるという期待をする人もいるかもしれないが、基本FWを使わない戦い方なわけで変わると思う方がおかしい。
協会やメディア、それに一部の解説者はそういうことがわかっていない。

今回も欧州組が国内組より一日早く集まるかも などと言う記事があるが そんなことで何かが変わるなら今のようにはなっていないだろう。
いまのようになっている原因を元から改善すること、それを一日も早くすることが大事なんだが中心にいる選手にそれをする気がないのが最大の問題だと思うね。

とりあえず早く11月の試合が終わるのを見たい。
本来見たくはないがもはや大敗するしか当人たちが気づくことができないようにさえ感じているんだよね。
したがって大差で連敗ってのが今の一番望ましい結果だとおいらは思う。

ちなみにおいらは選手の能力にはいささかも不満はない。
したがって戦略と戦術さえ変えれば同じメンバーで十分通用するという気持ちはずっと持ち続けている。
だからある意味短期間で日本が強くなることも可能だとも思っているのだ。

今日本に必要なのは正しい戦略と戦術を選手に指導できる監督でしかない。
たったそれだけで日本は変われると信じているのだ。

ただそれが非常に難しいのが困った問題なんだよね。。。。

成人力テストで2部門がトップIT関連が10位というが・・
2013年10月24日 (木) | 編集 |
この記事に大いに疑問があるんだよね。

日本のIT関連問題の10位という理解においらは訳が分からんのだ。

調査の中でIT関連の問題でレベルの高い問題に進めた割合が日本は10位という理解なんだが、その日本の平均点はトップだというんだよね。
単純なおいらの考えでは平均点が高い=トップじゃないかと思うわけだ。
じゃあなぜ10位と考えれば理解している割合を重視したからなんだろうね。と想像するわけだ。
しかしある意味平均点が高いという点を考えればレベルが上がった問題に対し正解する人の点が高いともいえるわけよね。

フィンランドがすべて2位らしいんだが、フィンランドの国民は540万人ほどらしく1億を超える日本と単純に比較する必要性を感じないんだよね。

個人的にはよく北欧の社会保障制度を羨む政治家などの声を聞くが正直参考になるまい。
日本の県レベルの規模でしかないわけでそれらの国が持っている資源や環境レベルが違いすぎると言うしかないだろう。

IT関連の問題にしたって平均点が高いことこそ教育レベルの充実度の現れなんじゃないかと思うんだよね。
わかる人はより深く解っているといえる結果なわけだから。

おいらはIT関連の問題には多分弱い・・・。
なんせPCはエロ目的で入ってるわけでいまだにメールなども良くわからん。
つーか、相手が発行するパスワードやアカウントが面倒すぎて・・・いまだにヤフーのメールぐらいしか使えないわけだ。本来はケーブルテレビで使えるメールサービスなども使えるはずなんだが設定が面倒すぎるしヤフーのメールだけである意味充分だ。まぁ本来はヤフーは使いたくないんだが変えるのも面倒で・・・。

携帯のメールは言語道断。
全く使えないわけではないが、迷惑メールは多すぎるしそもそもあのサイズを使うにはおいらの指は太すぎるんだな。ボーリングでも指を入れれるのは決して大きくないおいらが15ポンド以上のものしか指が入らないわけで。
ブログを見て気が付いている人も多いと思うが おいらには画像を挙げる技術もないw。

ちなみに検索はする!
エロには執念があるからねw。
画像や動画を落とすためには学ぼうという意欲もあったんだw。
ふた昔前にはモザイクを外す方法なども一生懸命探しましたよw。
しかし、いまだに自分で動画や画像を挙げる方法を知らない・・・。
興味がないからね。


必要性が能力を挙げる力になるんだな。

このことが日本の成人力に大いに影響してるんじゃないだろうかね。

おいらは今回の結果はそういう日本人をある意味現していると思うんだな。
そしてできることに特化するようなところも結構好きかもしれないね。
交通整理のプロなんかがいたりするじゃない?

また、テレビなんかでも時々紹介されるけどドラム缶を回して運ぶすごい人やショベルカーでタバコに火をつけるほど正確に操れる人が出てくるのが日本人だろw。
普通のレストランやチェーン店のマクドナルドで受けれるサービスが世界一だってのも日本人ならではじゃないんだろうかね。
そこにはIT関連の問題の理解率なんてものの影響をおいらは感じないんだがどうだろう?


そうはいいつつ、おいら的にはIT問題の平均点がトップなのは日本という点にはこだわっているw。

ほこXたて でヤラセ テレビの演出ってどう?
2013年10月23日 (水) | 編集 |
ラジコンカーVSスナイパーでヤラセをラジコンカー側が告発したようですね。

おいらは番組は見ていないんですが 記事の内容に興味を持ちこの記事を見たわけです。
本来ラジコンカーとスナイパーは対戦するようなものではなくお互いにルールを決めルールに基づいてやるべきなんでしょうが実際にはルールを無視されたりして しかも順番や結果などが編集で変えられるということが行われているようなんですよね。

面白ければいいとかいう風潮がどこかにあるんでしょうけど、それによって人の気持ちを傷つけたり事実を捻じ曲げるのはバラエティーだって許されるものではないと思うんですよね。

ちなみに編集ってのはどこでもやってるんでしょうね。

前においらが何かの番組の編集のアラを指摘したことがあったと思います。
目隠しをした芸能人が何を食べたかを当てるゲームで対戦者が交互に食べ勝敗を決めるというもの。
さすがに結果は変えていないとは思うんですが、画面に映った皿の数で実際はおそらくは二戦目で勝敗はついたであろう勝負をそのまま続け三戦目を外すことで二戦目の映像と入れ替えたのでしょう。
二戦目にもかかわらず画面に映った皿の数が三枚だったことをおいらはヤラセだと指摘した記事にしたんですね。

ストレートで勝負がついてしまったら面白くないだろうと言うヤラセはバラエティー的にはありなのかもしれませんがテレビ局のこういう姿勢ってのは個人的にどうなの?という思いで書いた記事だったと思います。
実際にはテレビ局側の思惑にのってそういう番組を喜んでみる人たちがいることで制作側の勘違いをさせるのを助長してるんでしょうけどね。

個人的にはたまに見る番組で体育会TVってので その中のパター対決なんてのに大いに疑問を感じますね。
あれってどう打っても惜しいコースにいくようにピンを切ってるでしょ?
昔聞いた話で北朝鮮の金正日がホールインワンを連発!って話でグリーンがすり鉢状になっているってのと同じでしょw。

斜面の低い位置にカップを切っていて例えば右側のほうに打てばある程度どう打ってもカップのそばをボールが通るような位置にあらかじめカップを切ってるわけですよね。
是って実際にパットが下手な人でもうまいように見せることができるわけですよね。
まぁ見ている人も大抵はそのことに気が付いているでしょうから敢えてヤラセとは言いませんが、先ほど書いたように順序を入れ替えて結果をいじるなんていう状況はヤラセというしかないでしょうね。
二戦目で結果が出たのに面白くないとその後に間違った場面を敢えて取り順序を差し替えるってのもやっぱりヤラセでしょ?
所詮バラエティーですからこういうことをするんでしょうが、それなら初めからストーリーを作りそのまま演じてもらえばいいんじゃないんでしょうかね。

ほこXたての場合は出演者や企業の名前などの名誉にかかわることもあるわけで、本来ドキュメント的な面があるのはルール作りをしていることでもわかるんですが、出演者に対し約束を破ってねつ造した結果を流す行為には道徳的な問題を感じますよね。

今回も告発文にはあらかじめこういう内容で放送しますと連絡があり、出演者がそれでは困る 放送されれば告発文を出しますよと言っている中放送されてしまったわけですよね。
正直問題行為だというほかないでしょうね。
記憶では前にもこんなケースあったような気もしますし・・・。


バラエティー番組では出演者がブログなんかの中にうっかり事実を書き込んでヤラセ部分を伝えてしまうケースが
ときどきありますが、面白ければはたしていいんでしょうかねぇ?
大家族の番組でも食うに困るような状況で家を買ったり店を出すのに お金はどうしたんだ?という単純な疑問を何度も見せられてきたわけですが・・・。

まぁバラエティーを単純に見れる人にはいいんでしょうけどね。
おいらなんかは時々お笑いの中にも暴力を感じたりするわけでバラエティーってのを単純に楽しめなくなってるんですよね。
ある意味、いまどきってのは上下関係がある意味体育会系にあるお笑い芸人が自分たちの行いを棚に上げニュースなどを伝える番組で視界をしてニュースにコメントまでしているんですから違和感ありますよね。

加藤浩次なんてのは嫌いよりは好きな部類ですが、彼が後輩にムカっときて手を出さないって思いますか?
これがダウンタウンの浜田でもいいんですが、ニュース番組で校内暴力に問題行為だー!って言っても説得力ないでしょw。
島田紳助が時々真面目にニュースなどを扱う話をしても 人によっては博学だとか思うかもしれませんが 楽屋でマネージャーに手を挙げた話などを考えればやっぱるどこか違うという事にだってなるわけです。

芸人の世界が一般とは異なると言ったって芸でのどつきとは別にこういった暴力の問題だってあるはずで それらは明らかに分けて考える問題ですよね。
お笑い芸人が相撲界の暴力問題に口出すっていう構図は全く見るに忍ばないでしょう。
学生野球のパワハラと同じ問題は芸能人でもあるんじゃないんでしょうかってことですね。

芸能界なんてのはすでに社会人でもあるわけですからある意味学生野球より厳しいとおもいますしね。


演出と言えば聞こえはいいですが、おもしろければいい なんて考えはおいらには正しいものには思えませんね。
バラエティーに演出が必要ならはじめからバラエティードラマを作ればいいと思うんですわ。
最初に台本をわたしてね・・・・・。




ワールドカップ予選 アフリカの展望
2013年10月23日 (水) | 編集 |
ヨーロッパのことを書いたんでついでにアフリカも見てみた。

アフリカも決定戦のホーム&アウェーの一戦をすでに終えている。

結果は  ホームチームを左側に
    ブルキナファソ 3-2 アルジェリア
    コートジボアール3-1 セネガル
    エチオピア   1-2 ナイジェリア
    チュニジア   0-0 カメルーン
    ガーナ     6-1 エジプト

になっている。

この結果でアウェーで2点取ったアルジェリアは有利だろうし、ホームで6点取ったガーナも有利だろう。
カメルーンはホームで勝利すれば決まるのも有利と言えるだろうね。
コートジボアールはセネガルのホームに行くが0-2で負けても決まるわけで有利と言えるだろう。
ナイジェリアはアウェーで勝利してるわけで引き分けでも決まるってのも大きいね。

今の有利と思えるチームが勝ち上がるとすればアフリカの5チームは
 アルジェリア、コートジボアール、ナイジェリア、カメルーン、ガーナになりそうだね。

この5チームで日本よりFIFAランクが下なのはカメルーンしかいないのですよ。

大会ではランキング通りに勝敗が決まるわけではないけれど、ランキング的には日本より下のチームはアジアの3カ国とカメルーンの合計4か国しかなくなりそうだね。

ガーナは先日試合をして勝ってはいるが日本のホームでメンバーも劣り何よりコンディションが悪かったようにしか見えなかったわけだから参考にはなるまい。

ブラジルでの大会ということで環境的にはヨーロッパのチームが一番慣れない環境になり 高温多湿の状況は日本にとって悪いものでもないと思うよね。
とはいえワールドカップでは各チームがブラジルで合宿までするだろうからコンフェデの時よりは適応するだろうけどね。
まぁ日本の場合は南アフリカ大会で現地での環境に対しスタッフがうまく調整をつけたこともグループリーグ突破の原動力だったわけである意味期待はできるんだが 総合的に考えれば日本にとってブラジルは厳しいものになるだろうね。。。。

おいら的には本命がドイツ、対抗はアルゼンチン、スペインだがスペインにはブラジルの環境が課題になりそうな気がするな。
ブラジルの実力は申し分ないと思うけど、おらの記憶では南半球の大会で勝っていない気がするんだよね。
地元開催というのがプレッシャーになる気がして取りこぼしそうでしかたがないんだね。

ドイツはバイエルンが絶好調だしグアルディオラがスペイン・バルサ流も持ち込んでいて今の時点では欠点がないように思えるね。体が屈強で規律があり精神面も強い。
加えてバルサ流の早い守備まで完成していったらしばらくは手が付けられなくなる気がするな。

なにはともあれ、12月の組み合わせは楽しみだね。

U-17に学ぶべき
2013年10月22日 (火) | 編集 |
U-17のワールドカップが行われている。

日本はD組で戦っており、欧州チャンピオンらしいロシアを初戦で破り昨日?第二戦でベネズエラにロシア戦から先発を8人代えて3-1で快勝したようです。
最終戦はチュニジアとグループ1位をかけて戦い引き分け以上で首位に立つ。

ベネズエラの監督は8人もの入れ替えにもかかわらずロシア戦と同じように戦えることに驚いたらしい。



おいらはこの事ってのは結構大事だと思うんだよね。
ロシア戦は相手も強く 全く同じように戦えたとは思えないんですが、日本代表として戦略や戦術の共通理解のうえに個性を生かした戦い方が選ばれたメンバー皆ができるってことが大事だと思うんだよね。

A代表のようにおいらはそう思っていないが 誰々がいないと日本は勝てないなどと言うチームを作るのは失敗だと思うんだな。
U-17などと言う若い世代だから失敗を恐れないこともあるんだろうし まだ壁にぶつかっていない世代なのかもしれんが試合に出ればだれもが活躍できるってのは素晴らしいよね。

おいらはこれがA代表でも 日本のスタイルというものを考えてチームを作っていれば本田や香川がいなくても同じように戦えなきゃいかんと思うんだよね。

そういう意味でもザッケローニが本田と心中しているような今のチーム作りには賛成できないね。


ザッケローニは本田さえ使っていれば負けても皆が納得してくれるという甘さを知って府抜けていると思えてならないんだな。
だから香川は時々代えることがあっても本田だけはどんなに悪くても代えないよね。

代表にあっても本田は個が大事と口を酸っぱくいうが、おいら的にはそれは代表に来るまでの問題で いざ代表で戦うに当たっては代表の戦略なり戦術がどうかという事だと思うんだ。
それがチームの完成度を高めるポイントだろう。
個が大事なのは代表でなくたって同じことで、所属チームで練習や試合で培っていく目標みたいなものでしかないだろう。
代表ってのは日本を選ばれた時点から背負っているわけで 選ばれた選手で勝つための最良の方法を実践する場だよ。
そのために試合の前に集まって練習するわけで、そこで重要なのが指揮官の的確な指導だろ。
ザッケローニは一回呼んで次がないってことが多く、固定されること自体大きな問題だが その固定されたメンバーがやりやすいようにしか練習していないんじゃないか?
豊田や工藤に期待がかかり呼んだのならしばらくは呼び続ける気持ちがなければ代表の雰囲気など身につくはずもないだろう。
それこそ工藤など呼ばれて点まで取ったが次がないじゃないか。

こういう選手の使い方をして選手を評価するのは決していい方法ではないだろう。
50人試したって重要なのは試し方じゃないんだろうか?
絶好調の大久保や安定して結果を出し続ける寿人を呼ばないのがある意味わかりやすいよね。

話題になった選手も呼んでは見るがこんな使い方でいいのか?っていう程度の起用ですぐに切ってるよね。
試合に出れた選手はまだ恵まれているよね。ベンチで次はないっていう選手はいくらでもいるだろう。

おいらはそれなら常設でB代表ぐらい作ってもいいんじゃないかと思うね。。。。

代表にはその時々で選手を生かす方法ってのはあってもいいと思うが それでも基本的に日本らしいスタイル、国内組がやっても海外組がやっても同じように戦えるというプランも大事だと思うぞ!

ヨーロッパはやっぱキツイね。
2013年10月22日 (火) | 編集 |
ワールドカップ予選の組み合わせが決まったね。

フランスはウクライナと対戦し勝った方がワールドカップだ。

ほかにもポルトガルがスウェーデンと、ギリシャがルーマニアと、そしてアイスランドはクロアチアと戦って勝者がワールドパップに行くことになる。

単純においら的にはフランス、ギリシャ、ポルトガル、ウクライナが勝つのではないかと思うんですが こればっかりは15日と19日のホーム&アウェーの結果次第だね。

フランスのウクライナやポルトガルのスウェーデンなどはある意味どっちが勝ってもおかしくない気がする。
ギリシャとルーマニアだってどうなるかわからん。

クロアチアの相手のアイスランドだけはクロアチア有利な気はしますが・・・。


日本はアジアで良かったねw。


まぁ個人的には日本がヨーロッパなら普段から厳しい試合にも慣れ それなりにもっとランキングを挙げれる気もするんですが初めはやっぱりしんどいでしょうね。
日ごろから外人に慣れさえすれば日本人の特徴の規律だったり個人の技術だったりはもっと際立つ気もするんだよね。
でもまぁ いまのところはアジアで良かったというしかないw。

協会から脳筋なんだろうね
2013年10月20日 (日) | 編集 |
いやぁ、あんまり書く気になれなかったんだが悪口ならいくらでも出てくるんだな。

原強化委員長が柿谷にお前が決めれば変わる、ファンペルシーなら決めてた。などと言ったらしいんだが、協会の強化委員長からして問題への目線がズレているというしかないだろうね。

おいらが思う本来の10月の遠征での最大の課題ってのは無失点で終えることだったと思うんだな。

南アフリカのときのサッカーをドン引きなどというのも間違っているだろう。
オランダ戦はドン引きだったが、日本は取るべき点を入れた結果グループリーグを勝ち上がったのだという事をもっと評価するべきだろう。
勝つ方法で一番に思いつくのはまず相手に点をやらないことの上に一点でも点を取ればいいわけで、それをやったのが南アフリカだろう。
岡田監督が本大会前に評価を落としたのはある意味点を取るための岡田監督のやり方がうまくいかなかった末に守備がオウンゴールを繰り返し負け続けたからだ。
おいらはあくまで岡田監督のやりたかった事は間違ってなかったとは思っている。
結果的に選手が消化できずにバランスを崩したことが負け続ける結果になったわけで、バランスの修正能力で岡田監督がダメだったとおいらは思っている。
ザッケローニはバランスの修正以前の問題だろう。
勿論バランスの修正ができているはずもなく問題の分析からしておかしなことになっている。

柿谷への発言が端的に表していると言えるだろう。
柿谷や豊田、工藤を東アジアカップまで呼ばなかったのをはじめ大久保や寿人は未だに声がかかっていない。
点が取れない前田を使い続けたのがある伊美ザッケローニを表しているわけだ。
原氏の発言はあくまで点が取れないのはFWの責任という事を表しているが誰が入ったって点が取れてないわけでもはやシステムの問題ということに気が付いていないんだろうね。
おいらは工藤が右サイドハーフで点を取ったことで改めて感じたんだが点が取れないのはFWだからだと確信したね。
原氏は逆に工藤は点を取ったぞ!とでも思ったんだろうね。
おいらに言わせれば工藤が点を取れたのはMFだったからで工藤の能力や柿谷の能力の問題ではないと思うわけだ。
ザッケローニをしても工藤はその後外れたが柿谷は呼び続けているだろう。

南アフリカから日本ももっと攻撃的にと言う気持ちもわかるが 考える基本が逆なんだろうと思うな。
日本の守備がもっとうまくなれば日本がボールを持つ時間が増えるんじゃないだろうかね。
厳密には守備がうまい=ボールが持てるではないが 守備が良くなる=守備の組織が安定するなら組織的にボールを動かすは関係性があるしこのことは守備だけにとどまらず攻撃でも通用するだろう。
結果的に攻撃面でもボールは回るんじゃないだろうか。

おいらは攻撃的にいくことを否定はしていない。
今の代表の攻撃的には問題があると思っているだけだ。
攻撃的に人数をかけ高いポジションを取った挙句のボールの奪われ方が悪いし その後の守備の対応がまずいと思っているだけだ。
前に人数をかけた挙句に中央から攻め相手に引っかかりクリアされるのでもなく繋がれてしまう奪われ方が悪いし奪われたボールへのプレッシャーが遅いからしっかりつながれ危機に落ち失点につながるのが悪いと思っている。
簡単にそれを解消できるなら今のままでもいいが、個人的には難しいと思っているのでもっと手数をかけないで相手ゴールに近づけるようにもっとFWに早くボールを渡すなど早い攻撃をするべきだと思っている。
人数をかけることを優先するより相手の守備が整わないうちに攻撃することに重きを置きたいわけだ。
必然的に日本も攻撃に人数は欠けれないがボールを奪われても人数的にはこのほうが余裕があるだろう。

南アフリカよりボールの保持率を上げるのなら守備の組織をもっと洗練することが一番それに近づく方法だと思うんだよね。

日本サッカー協会が攻撃的にといって点を取ることに思いを置くってのは悪くはないが 今のやり方なら負けるのも覚悟の上でしかなく正しい方法には思えない。

おいらは日本は組織力と言う武器があったはずだと思うんだが、それを消してまですることではないと思っている。
磨きをかけこれまでただクリアしていたボールをつなげられればそれだけでポゼッションが上ることにもっと注目するべきだと思う。
個のレベルが上がることで攻撃面にもつながり所謂強豪とも渡り合える結果になっていくんじゃないだろうか?

そのためにはもっと走れ!だと思うね。守備ってのはDFがやるべきことではなく皆がやるべきことでボールをロストした選手が筆頭になってボールにプレッシャーをかけ続けることが相手へのプレッシャーになり相手のミスも誘い結果的に日本のポゼッションが上るにつながると思う。
傾向で前半の終了間際や後半に失点が多いのは選手の気持ちの甘さだろう。
特にMFの気のゆるみがそこに集中している気がしてならないんだよね。


原氏が攻撃に注文を付ける点で優先順位がおかしいと思うんだ。
前からの守備にもっと焦点を絞った感想こそふさわしいとおいらは思う。

ようやくザッケローニの解任論が出始めた。
2013年10月20日 (日) | 編集 |
まぁ遅すぎるだろうね。

11月の試合は相手が厳しいから負けてもおとがめはないだろうし、そもそも協会にはザッケローニを代える気もないだろう。

南アフリカで岡田監督の扱いをガラリと変えた人たちならこういうときは岡田を呼べなんて言ってるみたいだが、おいらは南アフリカを終えても岡田監督への評価は変わっていないんだよね。
信条は悪くないがあの方ではダメだ。

責任を取って原強化委員長になんてのももってのほか。
彼もザッケローニ同様に今の状況のまずさを理解していない。

10月の二試合で試してみたことがあるらしくザッケローニや本田がそれがなければもっといい試合ができたみたいなことも言ってるらしいが、果たしてその試みは周りが見て気づくようなものだったかと言えば決してそうではなかっただろう。
少なくてもおいらの目にはいつものようにやっていつものように負けた試合にしか映っていない。

おいらには今の代表の問題はMFを中心にした今のやり方にあると思っているわけですよね。
MFにメンバーが悪いという事ではなく あくまでやり方が悪いということだね。
だから監督であるザッケローニを代えろと言っているわけだ。

だからある意味では今から代表監督が代わってもやっていけるという気持ちはあるんだよね。

ところがザッケローニや本田など代表選手の中に今のままでもいけるという気持ちがあるのが問題だと感じている
。わかりやすいのは本田などの発言は彼の中ではすでに自分はワールドカップメンバーだという気持ちがあるのが透けて見えるんだよね。
おいらなら本田はまだ代表メンバーに決まっていないんだが。
正直、チームの中心にするならおいらなら憲剛などのほうがよっぽどいいと思っている。
体の強さやキープ力なら本田が上だろうが早いボール回しやスルーパスの精度などは憲剛のほうが上だろう。
また、走れる周りができるなら香川がトップ下のほうがより可能性を関jるチームができると思っている。
まぁザッケローニは本田と心中下みたいな感じにも見えるんだがおいらにはザッケローニの指導力からこれが泥船にしか見えないのだ。
ザッケローニの擁護をする声にはアルゼンチンに勝ったなどと言う声もあるが、それは過去のことでワールドカップ後のことで皆に守備の意識が強かったころの夢の結果でしかない。

メンバーの怪我などがおさまりMF陣が安定するとともにFWが点を取れないシステムも出来上がってきたと言えると思うんだよね。
そう考えると本田と香川は彼らが満足する結果は得られるかもしれないが個人的には同時に使うのはリスクが増えると思うな。
彼らが点を取るのを見たい人はそれでもいいのだろうがおいらは日本代表が勝つところが見たいわけだから 彼らが同時にピッチに立つのは他あの不安材料でしかない。
いつも書いているがこれらの能力を疑っているわけではないがザッケローニが正しい展開を支持できないのならリスクが期待を上回るという判断だ。
そうそう最後に強豪に勝ったのが本田がいないフランス戦だろうことでも、こういう試しもしてみればいいのだ。

もしザッケローニが解任された場合の監督候補でネルシーニョと言う声に レアンドロ・ドミンゲス頼みとか書いてる人がいるが そういう人はそれこそレアンドロ>本田、香川、遠藤などと認めているという事だろうね。
柏の核は確かに彼だが日本代表のメンバーも柏のポテンシャルに勝るとも劣らないと思うんだよね。
気に入らなければ海外組やJの中から好きな選手も呼べるのは悪い条件ではないはずだ。

昨年から降格圏にいながら連勝し続け、今年の序盤を引っ張った大宮のベルデニックなども外国人頼みの面は否定できないが降格争いのチームを勝てるチームにした手腕は評価できるわけで選手を選び放題の代表監督になったら?と期待するのもおかしな話ではないだろう。
ストイコビッチはまだ早い!攻撃面ではいいけれど負けるときの守備のもろさへに対応にはまだ不満が残るだろう。



ちなみにだが、今の代表と地元のチームトリニータがやたらイメージが被ってるんだよね。個人的にね。
大分はどちらかと言えば守備を頑張るチームだったイメージがあってそれも海外と戦う際の日本と同じだったんだが今の大分って意外に点を取るんだよね。
反面、失点が多い。
大分の過去や現在も詳しくは知らないんだがイメージでは今年は点を取ってるイメージなんだよね。
一方で点を取ったら同点にされ逆転される。先制されても一時的に追いつくんだが直後に失点するんだよね。
また、監督の田坂氏はベルマーレで守備的だった人間だが結果的に攻撃力が高まり守備が崩壊するのが問題で個人的には監督を代えれば大分は勝てるチームになる可能性を感じているんだが財政的にもJ2からJ1に上げた実績や得点できるチームにしたという実績からも代えれないんだろう。
まぁ予算面が大きいとは思うんだが・・・・。

ザッケローニもカテナチオに代表されるイタリアの監督でありながら、代表は点が入るチームにはなった木がする反面 失点が続いているわけで個人的には監督を代えれば結果が変わる気がするのだが、大分のフロント同様に財政面なのか監督を代える気がないようである。


おいらには大分トリニータと日本代表が被って見えるんだ!

クルピも体空いてるんじゃない?
西野氏でもいいんだがとりあえず選手にハッキリ口を出せるだろう外人監督がいいかなぁ。



ま、協会が代えないだろうけどね。


間違ってた!?
2013年10月19日 (土) | 編集 |
日本代表はランキングで最下位のグループっぽい・・・。

第三ポッドいけるんじゃないかと書いたが、日本より下はアジア、アフリカと勝ち抜きそうにないヨーロッパ勢しないないじゃん。
北中米のチームがみんな上だったわけで日本は第四ポッドだな。


ああ、とはいえ組み合わせ上の問題があるから第三ポッドの可能性は残るのかなぁ?
ヨーロッパがグループリーグで3チームにはせんだろうしな。

ヨーロッパの最終の組み合わせ次第でどうなるかだな。

第一 ブラジル、スペイン、アルゼンチン、コロンビア、ベルギー、ウルグアイ、スイス
第二 オランダ、イタリア、イングランド、チリ、アメリカ、(ポルトガル)、(ギリシャ)、ボスニア

第三(コートジボアール)、(クロアチア)、ロシア、(ウクライナ)、(フランス)、エクアドル、(ガーナ)、(メキシコ)、(スウェーデン)
( )は決定戦に行ってるチームなんですが、この時点でヨーロッパが二チームオーバーしてるんですよね。
更にルーマニアとFIFAランクで日本より下のアイスランドが残ってる。

したがって少なくても最低1チームは第三ポッドに入るわけでコスタリカがほぼ当確。
結果次第ではホンジュラスも第三の可能性が残るって感じかな。

第四が 日本、オーストラリア、イラン、韓国と
  アフリカが5チームなんでランキング上位のコートジボアールとガーナが勝ち残ればホンジュラスとアフリカ3  チームでコートジボアールかガーナのどちらかが負けたらアフリカの4チームってことにあるわけかな。
  コートジボアールとガーナが負けても日本より上位にアフリカのアルジェリアとナイジェリアがいるから日本  が第三ポッドにいくのは無理っぽい。

つまり、グループリーグで戦う相手は皆 日本よりランキング上位の国ということになるようだね。

前に書いた第三ポッドは夢でした・・・・。

まぁ可能性は若干は残ってるんだけどね。
ウルグアイが負け、加えてアイスランドが勝ち残るとか…複合して番狂わせがないと無理だね。

救いようがない サッカー協会
2013年10月18日 (金) | 編集 |
日本代表の10月のヨーロッパ遠征での不振で11月の遠征に向け動きがあるようだ。

FWには大久保や寿人の招集という声が出ているようなんだよね。
これに関しては基本的にFWのせいというよりはMFの戦い方によるFWが得点しにくいという結果になっているとおいらは思っているのである意味誰を呼んでも変わらないと思っている。
ただ、ベテランの場合ボールの要求などをするであろうことを考えると少し違う結果がでるかもしれないという期待感は出るんじゃないかな。

これらはザッケローニの招集にも尽力した原強化委員長が常にザッケローニと話し合ってる中 結果が悪いチームには新しい力が必要という判断のようだ。

一方で原氏は柿谷に対しお前が決めればいいことと言ったらしい。

ここに協会が今の代表の問題点に気が付いていないことが見て取れると思う。


先日の試合で山口が柿谷は常に裏を取る動きをしていたがチームが生かし切れていないと言い、遠藤は見えているがタイミングやフォローの具合で使うか使わないかを判断してるという言葉を返していた。

個人的には遠藤の言葉も嘘ではないんだろうが、今の代表って結局まず本田を見るからタイミングが合わないんじゃないかと思うんだよね。
常々思うんだけど、おいらはサポートの動きに対しもっと単純に使うべきだと思うんだ。
追い越していく動きをおとりに使い結局自分で持ち直す場面を多く見ている気がする。特に香川だが。

山口も指摘しているがサイドでボールを回す場面が多いがもっと単純に上げてもいいんじゃないかと言っていた。
全くその通りだろう。これはシュートも同様でとりあえず打つという気持ちが大事な気がする。
先日も香川が決めたシュートに股抜きになったものがあったが あれだって股を抜くってことは基本的に自分の前に相手が体を入れてきたわけだよね。
それでもシュートを狙った結果が得点になったわけだ。

シュートが相手に当たってコースが変わりキーパーの動けない得点になるケースも珍しくもないわけで打てる距離なら打つという気持ちが大事だろう。

人によっては今のMF陣はスルーパスを皆出せるというかもしれないが実際のプレーを見ていると自分たちでのパス回しに酔いしれていてFWは見ていないんじゃないかと思うんだよね。
遠藤などは比較的に視野が広いんだが先日見た本田がパスをした相手では香川と遠藤へのものが圧倒的に多かったわけでパス交換では逆も含めて遠藤だって本田とのパス交換が多いというものになってしまうだろうね。
本田のパスが加賀をと遠藤が多いってことは横や後ろへのパスが多いともいえるだろうね。

こういうサッカーをしている結果がこの一年日本代表でFWに誰が入っても点が取れないっていう結果になっているわけですよ。
それをFW個人の問題ですませる協会のしかも強化委員長ってありえる?
前田、ハーフナー、柿谷、豊田、大迫などを使って誰も点を取っていないだろう?

もう一つザッケローニの言葉が問題だろう。
選手に代表のやり方に合わせてもらうっていうやつだね。
これって選手の個性をつぶすだけですよ。
おそらくは前田が都合がいいFWだったんだろうね。
だから結果が出なくても使い続けたわけだが、勝ててるうちは良かったが負けだすとFWが点を取れないことが目につくから目先を変えたわけだが代表のやり方にFWを合わせようとするから個性が消えるからやっぱり得点できない。
ハッキリいえば前田が都合が良かった戦い方をしてるんだから前田以上の結果など出るはずもないんじゃないだろうかね。
おいらはFWの能力に合わせた戦い方をするべきでMFの質ってのはいかにタイプの違うFWを生かせるかという点が重要だと思うわけだ。そういう点でいまは全くダメだろうね。
代表のやり方なんて言ってるようでは気持ち的にもFWを生かすなんていう風になってないんだろう。

まぁザッケローニ解任論が今の時点でないのが協会の気持ちを表していると言えるだろう。
なんせ11月に戦う相手は今回より強いわけで負けるのはある意味当たり前なわけだ。
11月に負けても仕方ないで済んでしまうだろう。
そうであるならば今が一番ザッケローニに対して厳しい風が吹いているべきだが、協会は数名の選手の入れ替えで乗り切ろうとしているという風にしか見えないんだよね。

そもそもザッケローニ批判が遅すぎる。
最低でもコンフェデの結果を見て批判するべきでウルグアイに徹底的にやられた時はもっと大きな議論になるべきだった。
キリンカップでお茶を濁したのも問題だ。
勝てるチームに勝っても意味がない。勝たなきゃいけないチームに勝つ もしくは勝てると感じさせるサッカーをすることが求められたんじゃないかと思うんだよね。
ザッケローニと代表はそれができなかった。
おいらは選手の能力に問題を感じてないから監督を代えろと何度も言っている。
今の代表がすでにワールドカップメンバーになったかのように言っているのもザッケローニのせいだろう。
メンバーを固定化してきたツケですよ。

ある意味ではメディアが持ち上げた選手を監督が否定するなんてことは結構あったがザッケローニはない。
逆にメディアが持ち上げる選手を使い続けて負けてもスター選手を使い続けて負けたんだから仕方ないという雰囲気を作ってしまった。
結果的にスター選手の脇にいるCBやボランチ、FWに問題をすり替えてきたと思うんだよね。

おいらは言いも悪いも今の代表はMFが中心のチームなわけだからFWが点を取れないのはMFの責任、失点が多いのもMFの責任だと言うしかないと思っている。
実際にFWに誰が来ても点を取らせることができないし失点の起点は大抵MFの好ましくないボールの奪われ方によるものだろうし相手へのプレッシャーがゆるいだろう。DFのミスは確かにあるが厳しい対応を迫られた結果でしかない。彼らには何度も失点のピンチも防いでもらっているだろう。

11月の遠征で憲剛を同行させ使ってみて欲しい。FWが点を取れる気がするんだよね。
憲剛なら遠藤とも長くやっているしバランスは取れるだろう。
まぁ憲剛を使うってことは本田か香川を外せってことだからやらんだろうが・・・。

勝とうが負けようが口出ししない協会が全部悪い!!
今更口出し立って遅いっての!!!!!

FAFAランク44位かぁ
2013年10月17日 (木) | 編集 |
まだ高すぎるよね。

ワールドカップのポッドは今月の順位で決まるんだっけ?
スポーツニュースの記事では一位スペイン、二位ドイツ、三位アルゼンチン、四位コロンビア、五位ベルギー、六位ウルグアイ、七位スイスと開催国のブラジルが第一ポッドになるという。
ウルグアイは大陸間プレーオフに回っているのでもしワールドカップに出場ができなければ代わりにオランダが第一ポッドに入るという事らしい。

逆に言えばウルグアイがワールドカップに出場すればオランダが第二ポッドに入るわけでオランダが入るグループは間違いなく死のグループになるんじゃないだろうか。
いや、考えてみればイタリアやイングランドでさえ第二ポッドになるわけだからどこも厳しいだろう。
更にさらに、出場が決まっていない国にはフランスやポルトガル、ウクライナなどもあるわけだからブラジル大会の難易度は高いと言えるんじゃないだろうかな。

反面、日本にとってはある意味好都合でヨーロッパの強豪国が多いことでグループリーグでは第一ポッドの南米勢を外せばヨーロッパのチーム2チームと戦う公算が強い気がする。
個人的には今のままなら何も変わらず日本にチャンスはないと思うんだが、何かが変われば苦手な南米勢よりは組織的に戦うヨーロッパ勢のほうが戦いやすいとは思うんだよね。

それにしても、日本が戦った強豪の中でメキシコやウルグアイですら大陸間プレーオフにまわる激戦なわけで、すべてに敗れている日本が本戦で戦って勝つってのがどれほど厳しいものかをうかがい知ることができるんじゃないだろうかね。
日本はワールドカップに出れない国にも勝てないわけだから敢えて語ることもないっちゃないんだが。

BSでイングランドが出場を決めたポーランド戦も見たんだけど、ポーランドも強いじゃん。
今の日本はポーランドにも勝てないだろうなぁ。
個人的にはポーランドには若干の思い入れがあるんだよね。
西ドイツ大会などで活躍した快速FWラトーという選手が実はおいらが最初にあこがれた選手なわけで・・・。
もちろん見てたのはダイアモンドサッカーだ。

個人的には西ドイツ大会には思い入れがある。
ワールドカップで優勝したメンバーが多く所属したバイエルンが日本に来て全日本(日本代表だね)と国立で試合をしたのを見に行った記憶があるんだよね。

一方では個人的に強い国という意識があったエジプトはガーナに大差で敗れてるんだよね。
エジプトはアフリカの中でも組織だったプレーが特徴の強い国という意識なんだが国内の問題などで実力がはっきできなかったんだろうか・・。まぁガーナだって日本と戦ったときは大したことはなかったが近年のユース世代などの充実ぶりを考えれば実力があることは明白なんだよね。

ワールドカップ本戦では相性の良くないアメリカなども第二ポッドに入るだろうからグループリーグには2~3の強い国が間違いなく入るだろう。日本は今にままならアジアでトップという事からも第三ポッドに入るんじゃないかと思うんだが第四ポッドに入る国も侮れないんだろうね。
日本が第三ポッドに入った場合に第一ポッド次第だがヨーロッパ2チームか南米とヨーロッパの強豪と最後にアフリカ、または北中米のチームと戦う事になるように思う。
これはアジア勢の中では恵まれた相手になると思うんだけど、それでもグループリーグを勝ち上がるのは厳しいだろうね。アフリカ勢でもFIFAの順位が低いチームになるだろうし北中米のチームも同様になるだろうからね。
勝てるとしたらここしかないだろう。。。

まぁどんどん悪くなる日本だが今の時点でアジアトップだってことは結果的に本戦での日本にとって大きなプラスになると思うね。

おおうw日本の中盤を叩いてる人 ほかにもいるんだな。
2013年10月17日 (木) | 編集 |
サッカー関連の記事に対するコメントでやっとおいらの考えに近い人のコメントがいくつか見れたw。

元記事はこちら
ttp://soccermatome2ch.seesaa.net/article/377643174.html

ベラルーシ戦での柿谷の動きを同僚の山口が
曜一朗くんは外から見ていても、ボランチが持ったときは常に裏に飛び出して
いたので、それを誰も見ていなかったのか、見てて出していないのか分からない
けど、そこが曜一朗くんの一番の持ち味なのに生かせていなかったと思う

とコメントをしたことに対して様々な意見が出てたんだよね。


個人的には山口のコメント通りなんだと思うな。
いまの代表で顕著にわかるのがFWが点を取っていないことなんだよね。
更に個人的には日本がいま失点が多いのも同じ理由が原因の一つだと思っているんだね。

それがMF陣のボール回しに原因があるということだね。

柿谷に限った話ではないが誰がFWにこようがDFやボランチ、また本田あたりからFWに直接わたるパスが極端に少ないってことだね。
本田にしろ香川にしろボールに触りたい人間が自分たちでボールをつなぐことを基本線に組み立てているから前にスペースがある方がうれしいタイプのFWには本当に厳しい戦いになっていると思うんだ。
これは前田もそうだったしほかのFWでも同じ結果になると思うんだな。
本来ならそういうのと関係のないFWがいるんだがハーフナーっていうんだけどそこにもボールがこないんだよね。

そんでもって唯一使われていたのが岡崎なんだけどザッケローニが何を思ったかMFにしちゃったんだよね。


本田や香川を外せ!という意見も出てきているわけで その点もおいらと同じなんだよね。
もしくは彼らの才能は惜しいので彼らを使いこなせないザッケローニを代えろと・・・。
おいらの意見と全く一緒なんだな。

こういう声ってなかなか聴けないんですよ、実は。

どこにでも本田信者や香川信者がいて彼らを擁護するしJでやってる選手を完全に見下しているんだね。
おいらは海外組もJでやってる選手もその才能はわずかな差しかないと思ってるんだけど、まぁそのわずかな差が海外に出れるかどうかの差かもしれないんだけどね。

例えば本田より走れるMFもいるしスルーパスがうまい選手だってJリーグにはいると思っている。
体が強くキープ力は本田にはかなわないだろうし日本人の大人しい性格などもあって本田ほどづけづけものが言える選手も少ないだろう。

いつも書いていることだが東アジアカップではFWがしっかり点を取っていることを絶対に忘れるべきではない。
柿谷の飛び出しで取った点などは全く同じようなケースは難しいかもしれないがああいう形は日本なら作れる形だと思っているんだよね。
ある意味 その昔センターライン手前から中田が倒れながら前にパスを出したシーンが被るわけで点に結びつく大きなポイントだろう。

中には柿谷に周りが合わせるんじゃなくて柿谷が周りに合わせろよ!という人がいたが、それは違うでしょ?というしかないだろう。
チーム戦術で勝っていくところにはしっかり点を取るFWがいるんだよね。
FWを生かすことが得点に一番近いってことだね。
そもそもそのために一番相手ゴールに近いポジションにいるんだから。

ボランチが持った時に柿谷が動き出しても今はダメなんだよね、みんな最初に本田を見てるから・・・。
本田が王様をやってちゃ日本は勝てない!とおいらは思うんだ。

個人的にはチームの戦い方を仕切るのは監督の仕事なわけでザッケローニが仕事をしていないと言うしかないだろうね。
それに異を唱える選手ならだれだろうと外すべきだろう。

ザッケローニの好みに合わないから佐藤寿人や大久保は呼ばれないのだろうから、戦術に異を唱える選手を外す方がよっぽで理に適っているだろ。

個人的には日本がワールドカップに出るようになって以降 今が最も可能性を感じていないんだよね。
日本がグループリーグを突破したのは2002年と2010年の二回のみだが本大会前の恭香試合などでは強豪相手に善戦するケースだってあったわけだ。
2010年だけが開催年度にボロボロになっていたのを守備的な戦い方で勝ち上がった。

おいらは2010年は勝てる唯一の方法で勝ち上がったけれど、いまはあの戦い方以上のものができると期待もしていたんだが・・・。
結局、あのときよりも可能性を感じないんだよね。
理由は単純に監督の差だね。

おいらは前にも書いたが好きではない岡田監督の少ないタッチでボールを前に運ぶ戦術は気に入っているんだ。
それこそ本田のいう個の力で劣る日本が相手と接触せずにボールを運ぶプランが相手が来る前にボールを離すという事につながるわけで 個の力なんてのは代表で身につくものでもなく代表に選ばれるためにつけておく力でしかない。
そして一旦代表の中に入れば共通の理解のもとに勝つべく戦術に従ってチームプレーすることが大事なんだよね。

昨日も書いたが、勝つためなら所属チームの連携だって使えばいいんだよ。
気心が知れてる方がパスもつながるってもんだよ。

それをザッケローニが自分の権威でも示したいのだろう、代表に合せてもらうってのはゼロから始めるんじゃなく選手が持ってる長所も消してマイナスから始めろって言ってるようなものでしかない。
おいらはチームってのはストロングポイントで攻めるのが得策だと思ってるわけで今の代表は一見Mfがそうであるかに見えるが彼らの我が強くマイナスポイントだと思うんだよね。
岡崎や香川よりサイドにふさわしい選手がいるのに彼らを使い続ける。
自分たちでパスを回すことに一生懸命になってFWをつかえない。
彼らの好きに真ん中を攻めて悪い形で良くボールを奪われている現状をもっと冷静に分析してほしい。

失点が多いのは攻撃のシステムが悪いからだと知ってほしいんだよね。

ディフェンスの仕方も何もヨーロッパ式にする必要もないんだよね。
日本式でも結果的に守れればいいわけだ。
誰かが抜かれてもカバーできれば問題ないんだよ。

攻撃陣はとりあえずシュートは打てw。
相手に当たってコースが変わって入るかもしれんじゃないか。

一度でいいから本田、香川抜きで試合してくれんかな・・・・。
柿谷や大久保みたいなタイプ、憲剛が好きそうなんだがw。

いまさら・・・
2013年10月16日 (水) | 編集 |
ザッケローニが試合後に 原因を先頭に立って調べていくと言ったらしい。

何をいまさら・・といった感じを受ける。

基本的に日本がホームでは自分たちの試合ができるがアウェーで自分たちらしさがでないのを解消する目的で欧州遠征の4試合が組まれた と、この試合で勝つことよりも課題を見つけ克服していくことが大事だといっているんだよね。

ザッケローニの記事で彼は最近イタリアよりも日本が好きといっているらしい。
個人的には当たり前だと思うんだ。
だって代表監督っていうポジション、チームの監督ほどいそがしくもなく日本では負けたからといって叩かれまくることもない。
どこへ行っても代表監督というポジションで丁寧に扱われるわけだ。
ハッキリ言って天国だろう。
彼の場合は食事もあっていたようで今の立場はこの上ないだろう。

そういう立場にしてしまったのは日本人としてもある意味はずかしい事だと思う。
代表が負ければ本来は監督に対しもっと責任論が出なければいけない。

イタリアなら負けた試合の後は外出する気も無くなるだろう程文句を言われるのではないだろうか?
それが日本ではないのだ。


昨日の試合で大陸別のザッケローニの結果が出ていた。
南米での一勝はアルゼンチン戦だろう。
あれで彼の幸せが始まってしまったのだ。
しかしあの試合は原強化委員長のおぜん立てでしかないのだ。
誰かが書いたコメントであの試合に出たメンバーで栗原がいて吉田がいなかったわけだが、若干を除いてあの試合のメンバーがほぼそのまま今の代表にいるわけだ。
途中、清武などが加わっているが普通のチームならメンバーにこれほど変化がないのは異例のことだろう。

個人的にはザッケローニはJを見下していると思う。
あれだけ試合を見ていながら また合宿などに招集しながら選手をゲームに使わないのだから。

また、ベラルーシもそうだったが一つのチームから大勢の選手が選ばれていたりするのだが その利点は選手の連携がうまくいくという点はあると思うんだ。
これに対しザッケローニは東アジアカップの際に同じチームの選手は同時には使わないなどと言ったらしい。
それはチームのやり方を否定し代表に会わせてもらうという意味のようだが、こういったこだわりがせっかくの利点さえも捨ててしまっていることでもあるだろう。

柿谷はセレッソで香川や清武、乾とプレーした経験があるわけだが そういう組み合わせを使わないのが一例だと言えるだろう。

また選手にも言えるかもしれんがスタイルにこだわるあまりに出ている選手の個性を消している気がしてならない。
今後についてもたとえば宮市などにも期待されるが、永井や柿谷も同様で彼らは前にスペースが欲しい選手たちだ。いまの代表にはそれをつかえる形はないだろう。
それは選手に合わせた戦い方を否定しているかのようだからね。
選手に合わせればスペースが欲しい選手にはスペースを与える形で戦うべきだと個人的には思うんだな。
したがってFWがいないという話は当たり前だろう。
皆FWは所属チームで自分たちの長所を生かすために戦っていて代表では違うことが求められるんだからね。

CBがいないという声も聞こえるが吉田以外に海外でプレーしているCBはいないわけで代表のやり方と日本のやり方の違いは考慮すべきだろう。
おいらは日本人にあった戦い方をすれば日本人のCBは十分にいると思っている。
そんな中で本職でない今野がずっとCBをしているのもよくわからないね。
基本、日本にはMFが豊富なわけでチームでボランチにいる今野をCBで使わないのはなぜかという事も考えてみればいいと思うんだ。

それにしてもザッケローニはのんびりしてるよね。
いまさら これから考えるだよ?

おいらはすでにコンフェデのときからダメだと思ってるんだが・・・・。
いやその前のブルガリア戦からだったか。

近況だす
2013年10月16日 (水) | 編集 |
いやもうね・・・・


先々週の週末から痛風が発症中なんだす。

それも個人的に非情に厳しい奴が!

前から右ひざがおかしなことになってたのが収まってきてたとこなんですが、急に右足の甲の部分が痛みだしてきてやばい!と思った直後にやっぱり来ちゃったんですね。
実際には甲から足首まで痛みが来たわけです。
追い打ちで右足を庇ってたら左足にも痛みがすぐに追いかけてきて。

はい、立ち上がることも困難です・・・・・

痛風になり始めたころは本の二~三日で治ってたんですがおいらのように20年以上もつきあってきてるといつ治るかわかりません。
酷いのになると一か月以上二か月近く治らないことがあるんです。

とはいえ、生理現象と食欲には勝てないので一日に何回かは立ち上がるしかなく普通の痛みどめは効かないのでやっぱり座薬の痛みどめを使います。

ちなみに立ち上がる際に両足首が傷むので力が入らずまず最初に立ち上がるのさえ不安定でこけそうになります。
そして一歩一歩が怖いんですね。
踏み出した足は足をついたときに来るであろう痛みが怖いし、軸足になる方も体重を支えるときに来るかもしれない痛みに不安定になるんですね。下手をしたらバランスを崩してこける恐怖もあるわけです。

一応足に体重をかけないときはそれほど痛みはないんですが 時々足のむず痒い感じがあってそれも気持ち悪いんですね。
そんなわけで気分がずっとすぐれずなんとなく無性に寝たり 反対に眠れなかったりになっちゃうんです。

はい、ここしばらく情緒不安定だす!


あはは・・というしかない。
2013年10月16日 (水) | 編集 |
いや、とりあえずベラルーシ戦の記事のコメント見てて思ったんだ。

記事はセルジオがいつもの辛口でザッケローニ解任の時だ!ってあって、コメントはじゃあ具体的に誰を?とか誰を呼べば勝てるんだ?ってあるんだよね。

おいらはザッケローニ解任派だし次期監督についても具体的にJリーグで監督経験のあるネルシーニョやクルピなんてのを上げている。
Jを見ていて日本人プレーヤーの特徴をよく知っているだろうしね。
彼らは決して強くなかったチームを強くしているよ。
まぁ補強の外国人の力もあるけどね。

でも、日本人を知ってるってことは重要なことだと思う。
ザッケローニを見てみなよ、日本人で点を取ってる佐藤や大久保に見向きもしないだろ?
海外組は確かにある面外国人の目に留まったんだろうけど国内にもいい選手いるよ。

誰を呼んで来れば勝てる?ってのも見当はずれだと思う。

おいらは今のメンバーがいて国内組もうまく使えば勝てない理由がわからんw。
そりゃ一流どころに勝つってのは厳しいが戦術や戦略を変えるだけで十分だと思うね。
今のまんまって意味ではないけどね。
おいら個人は調子のいい選手はいつだって代表に呼ぶべきだと思うんだな。
個人的には斎藤なんかは通用しないと思ってるんだけど(オリンピック前の遠征で結構ボロボロだった印象もあってね)調子がいいんならザッケローニだって呼ぶもんね。使わないけど。

じゃあ誰を呼べば勝てるんだ?なんて聞く人は大きな入れ替えがない中ガンバがJ2に落ちたり磐田が勝てないのは選手が悪いと思ってるんだろうね。
インテルだって世界一になっても次の年不調じゃなかったっけ?
選手より戦術、戦略が大事なんだなぁ。
オシムが来てジェフが変わったよね。
走るサッカーをやってチームに勢いが出た。
攻撃でも前からあたり後ろから人が飛び込んでくる。
同じ人間でも戦術、戦略が違えば結果も違うってことだよね。

ザッケローニってなイタリア人なわけだが守備の基本を教えることができないってのはどうしようもないでしょ。
百歩譲ってイタリア人になら伝わるってことでも日本人を使いこなせなきゃまったく意味がない。
おいらが日本をよく知る外国人監督がいいってのは日本人を継続的に指導した経験を持つからなんだな。
日本人に伝わる教え方を知ってるってことが大事なんだよね。

誰に関しても海外組全員ではないがチームで継続的に起用されてる選手ってのはチームが必要としている選手なわけでいい面は必ずあるわけだ。
おいらは細貝なんかについてはあまりよく書いていないが、彼がふさわしくないとは思っていない。
単純に日本代表の中では彼の力が出せないことが問題なんだよね。

外国人の多くは代表に行っても普段通りの自分が出せるってのが日本人との違いなんだろうね。
中には外国人でも監督とのいざこざが話題になったりもするけど、ある意味 監督に対してでも言いたいことは言うっていうのができるってことだよね。


ちなみにほかの記事でもベラルーシ戦のあとに本田が周りの声に負けずに自分たちを貫くことが大事などとのたまっていたが、これは本田のチームならいいんだが日本サッカー協会というところが選ぶ代表なわけで本田が考えることではないかもしれないが世間の声はそれなりに重要だよ。
代表ってのは代表に選ばれた選手だけのものではないからね。
遠征費用なども営利目的のチームではないスポンサーや教会に所属する人々の資金も入ってるし税金だってあるわけだ。
本田はすでにワールドカップメンバーみたいに言ってるがまだ選ばれたわけでもない。。。。

セルジオは選手がすでにワールドカップメンバーになったかのように発言することにも触れていた。
その通りだと思う。

数日前かあだったと思うが本田と香川は同時に使うべきではないだとか、場合によっては本田をはずせ、香川を外せと書いている。

おいらが勝てないチームの監督ならいろんな方法を考えるわけで その中の一つがMF陣の入れ替えだよね。
なんせFWをうまく使えないサッカーをやってるわけだからうまく使える選手に変えるっていう方法を試さない手はない。
問題はザッケローニがそうし指導をしているか現状に満足しているかが重要なんだけどね。

いまのままのメンバーで攻撃の質が変わるのが理想だが今に拘ってるようじゃ入れ替えるべきだとおいらは思ってる。
別に本田や香川がいなくてもサッカーは出来るからね。

加えて本田や香川より走れる選手なんてのはいくらでもいる。
チームとしてバランスさえ取れるなら今程度の結果は出せるんじゃないかな。
現に東アジアカップは国内組だけで勝ってるわけだし、そのときの得点は大半がFWによるものだ。

加えて言えば初招集のメンバーが大半だろ?
時間をかければもっとよくなるさ。

海外勢との対戦についてだって今の代表が格下にしか勝てないのを考えればプロができて以降の代表はそれぐらいやってきているっての。

昨年の日本代表は結構強かった。
香川も怪我をしたし本田や長友もそうだったわけで同時にでれないことが多かったから強かったんじゃね?ってつくづく思うわけだw。

個の力ってのは陰で選手を支えるものでチームにおいては個人よりも戦術や戦略のほうがもっと大きな問題ですよっての。

ベラルーシ戦 終わったけど
2013年10月16日 (水) | 編集 |
進歩ないなぁw。

ザッケローニの選手交代とかフォーメーションの変更って終わってからも良かったっていう印象がほとんどないんだよね。

試合中の解説でも選手は50人ほどの候補から選ぶみたいなことを言っていたが、個人的にはもとになる戦術が間違っている上に 結果的にザッケローニってのは何がしたいのかわからんのだよね。

最近の例で行けば豊田なんて言う選手がいるが、個人的にはもし今後も使う気持ちがあるなら試合に出る出ないは別に呼び続けるべきだとおいらは書いてきた。
理由は帯同することで代表の考え方や雰囲気も理解してもらえるだろうからだ。

おいらはある程度の代表のスタイルはあっていいと思うが基本的には呼んだ選手の個性を生かす戦い方をしてもらいたいんだが、ザッケローニは自分のスタイルに選手を合わせたいのだろう。
ならば、やっぱり期待する選手は呼び続けるべきだと思うんだよね。
ある意味では前田なんかも同様だろう。
もはや代表落ち感満載だが結果からいえばまだ誰も残しておらず前田がやっぱり良かったっていうのもありだと思うんだ。
そうでなければ結果が出なかった前田を使い続けた理由が説明でいないだろう。

正直にいつも書いている通りに個人的にはFWの責任と言うよりも代表の戦い方がMFがFWを利用するだけで点を取ってくれ!っていう感じの試合をしないのだから仕方がないと思っているんだよね。

ちなみにアナウンサーが今後について本田と香川には期待すると言っていたが、おいらは彼らは一緒に使うべきではないという思いが強くなっている。
一部には連動して素晴らしいプレーもあるが結果的にリスクが大きいと言うしかないだろう。

香川はやっぱり中央でプレーするスタイルでなければ生きないと思うし、サイドでは良さが半減するうえ差塩のプレーヤーらしいことは本職には負けていると思うんだ。
かといって本田を王様のようにしている現在 サイドをやらなければ香川にはポジションはない。
もっとも個人的には今のように代表がまず本田を見るみたいなことを止めなければプレーのスピードが遅いだけの相手にとって怖くない試合しかできないだろう。

セルビア戦もそうだが押していると納得できるほどでもないがポゼッションで勝っているというのは単に横パスやバックパスが多いからに他ならない。
バルサはポゼッションで試合を作っているが日本と違うのはボールを奪われた後の動きだろう。
素早いプレスでバルサはすぐに取り戻すのに対し日本は単純にピンチになっている。
アナウンサーがバルサやバイエルンをまるで日本のお手本のように伝えていたが全く別物ですよ。

それにしてもまだ監督を信じ切ってるかのように伝えているが本来今回の遠征相手はワールドカップに出れない国と二試合であって両方とも勝たなければいけない試合なんだよね。
セルビアはランキングも近いし実際に強豪だが、ワールドカップに出れない国に負けているようでは本番で必ず当たるヨーロッパ勢に勝てないんですよね。

個人的にはいつも書いているように今の選手で十分に戦えると思っていて、そのためにはしっかり戦術を伝えられたり指導できる監督に変えるしかないと思ってるんだけど・・・。
同じようにしていても選手のポジショニングが少し違うだけで今のようにはならないと個人的には思ってるんだよね。
まぁ今と同じようにってのは言葉のあやだが、もっと勝つための戦い方ができると思うんだな。
一つの考え方が皆がもっと少ないタッチでボールを前に運ぶという事なんだよね。

ある意味、これっておいらの嫌いな岡田監督が勝てないころによく言っていた言葉と同じなんだけどw。
選手が結果的に手詰まりでボールを後ろに返しちゃうんだけどねw。


個人的には本田がいくら優勝を目指すって言ったって日本はまだ競合相手にポゼッションできるチームでもないし結果的に今の時点で価値を目指すならディフェンスを頑張ってカウンターを決めるスタイルが一番だろう。
これだって南アフリカの時のようなものからもう少し上の段階に行ければ大成功だと思うんだよね。
守備的がダメなんじゃなくてあの当時は守備がメインだったわけだから守備的にだって上のレベルがあるだろう。
ウルグアイだって基本的には守備をしっかりやってカウンターで点を取るチームなわけだし、イタリアは方向性を変えたようだがあのスタイルでワールドカップにも勝ってきたチームだという事を忘れるべきではない。

イタリアは格下には時々苦戦するが絶好調のドイツにも勝てるのもイタリアの伝統のスタイルがあるからだと思う。

そうそう、今日の試合でほとんど見たことがなかった本田の直接出ないフリーキック・・・。
あれはいいと思うんだが、それならやっぱ遠藤が蹴るべきだと思うよね。
精度でいえば遠藤のほうが一枚上だろう。
本田好きにいわせればあの位置では遠藤は直接狙えないから本田が蹴る意味があるってなるんだろうが、だれが蹴ったて最終的には精度の問題でしかないんだよ。
本田のキックは代表では三年間直接狙い続けて入らなかったわけだしね。

一つだけ(実際はもっと多いんだが)本田には大きな武器があるとは思う。
それは大きな舞台で活躍してきた運みたいなものだね。それまで駄目でも肝心な時には何とかしちゃう的なものは持ってるんじゃないかと思うけどね。
個人的にはそのことは実際の本番では重要だがその他の試合でもそのつもりでいられては困るんだな。
本田が結果も出ないのに頑張るとデータをどんどん相手に与えることにもなるわけでw。

オーストラリア戦でのPKもデータで真ん中とわかっていても飛んじゃったって話で次はサイドを狙ってたがあれを見ていた多くの人間が真ん中だと予測できてしまったわけで・・・。

まぁおいらが何を言ったって日本代表の何が変わるという事もないわけだ。
実際にはおいらが望まないザッケローニのまま本大会にいくのだろう。
ただ、よっぽどのことがない限り良くはなるまい。

代表候補を何人試したって試す方法を間違ってたら意味がないでしょ?
あくまで代表に選手を合わせるなんて考えると選手選考でミスをすると思うね。

ジーコは指導力が足りなかったとは思うが選手を生かすという考え方は正しいと思うね。
柿谷と豊田はプレースタイルが全く違うのは誰でもわかることだろう。
代表スタイルに合わせるなんてことで二人の個性死んじゃえば全く意味のないことだろうと思うけどね。

ハーフナーが出てくるがあれなら勝ちゲームの時間つぶしでならいいかもしれないが負けてる試合ででてきてあの使い方ってのは誰が考えたってあり得ないでしょう。
なんで協会は文句の一つもいわないのかね?というしかないでしょ。

今のままなら勝てっこないって。。。。

ベラルーシ戦 前半まで
2013年10月15日 (火) | 編集 |
いやぁ笑っちゃうね。

あまりにいまの日本代表らしいというか・・・。


日本はボールを後ろで回すだけ。
確かに少ないシュートは相手ゴールを脅かすものだったかもしれないが、基本的にボールのだしどころがない。

個人的にはアナウンサーや城氏の話がいちいち面白い。
おいらの見解と全く違うものだからね。

柿谷の動き出しがどうとかいったって基本的にいまのMF陣は縦に入れるパスが少なく柿谷の問題よりも単にパスを出したがらないMF陣の問題だとおいらは思っている。
本田がめづらしく縦にパスを入れたシーンもあったが予想通りこういうパスの制度は本田にはまだない。
日本でプレーする選手のほうがうまいだろう。

最初のほうで言っていたんだがこの試合で点の取り合いになるとかいう人がいたらしいんだが、日本がまずしなければいけないのが失点しないことだと言う考えの人間がいないのだろうかと不思議になったよ。

ちなみに日本代表もそれなりに支持派出ているようでざっけローにガファール覚悟で厳しく行け!といったらしいが実際にも文字通りファールを犯すだけでしかないようだ。
ベラルーシのほうがよっぽどきれいなプレーしている。

個人的にはボールを持った選手のフォローするような動き出しが少ないように見える。
後半は後ろでボールを回すだけのプレーが目に付くよね。

チャンスを作ることは出来るんだが基本的にボールの動きが日本は少ない。
動いてはいるがそれはチャンスをつかめず単に相手から逃げるボールの動きでしかないんだな。
チャンスになったシーンを考えれば相手の守備が整うまでに早くボールが動いたシーンや相手のミスに漬け込んだプレーでしかない。

おいらがいつも書いていることだがいまのように遅攻しかできない日本のプレーは相手からしても守備をしやすいんじゃないだろうか。

香川がこの試合でも自由にポジションを変えているが今のままなら香川はダメだとおいらは思う。
香川に対するアプローチをする選手が少ないうえ、折角香川を追い越した内田などを肝心の香川が使わないなど自分からプレーを難しくしている気がする。
ベラルーシは放送で言っていたがFIFAランクでは80位だとか言っていたがヨーロッパではこういうチームが80位にいるってことだな。経済的な理由などで年間に行われる国際試合が少ないのだろう。
ただ、先日はスペイン相手に1-2の試合をしたほどらしい。

おいらはこれまで日本はヨーロッパスタイルには相性がいいと思っていたが、どうやら今の日本代表にはヨーロッパといえちょっとまともに守備が出来るチームには全く歯が立たない感じがする。

おいらはコンフェでのイタリア戦はあくまでイタリアの出来の悪さが原因だと思っている。
なにより日本は自由にボールを回せる相手だけには強いんだよ。
あの試合でイタリアはボールを持った選手へのアプローチがなさ過ぎたわけで・・・・。
それでも負けたくない気持ちがチャンスを確実に決めるってのがあの試合のイタリアだろう。
日本戦以外のイタリアのプレーは悪くはなかったわけで。

正直おいらは今のMF陣を総とっかえしたほうが強いチームが作れる気がするんだな。

まぁ代えることはないだろうが・・・。

さぁ後半が始まった。

さっそくFWを代えてDFを入れた・・・。
ザッケローニは何がしたいんだろうね。。。。。。。。。。。。。

ブラジルワールドカップ  ピンチだね。
2013年10月15日 (火) | 編集 |
選手のは無しではなくテレビ中継の話だ。

記事によると98年の笛安栖大会までは放映権料が6億円で全体でも110億円だったのが南アフリカ大会では日本が払った放映権料が250億円、全体では2700億円に上ったらしい。
そしてブラジル大会の放映権料は日本で400億円の設定らしい。

これまで日本での放映を支えてきたスカパーも早々に断念の声が聞こえている。
南アフリカ大会では250億のうちの100億をスカパーがだし地上波分をNHKと民放で負担したらしい。

個人的には正直 バカバカしく思っている。

こういうのって貧困地区にいる人間と金持ち国で不平等に金額が設定されているわけだし 商業主義がいきすぎた感じがしてならない。
オリンピックも商業主義が行き過ぎた感があるがワールドカップはそれ以上だろう。

ワールドカップ予選でも中東での試合の放映権料が高く地上波で放送がなかったこともあるわけで、ワールドカップの本大会で放映されないなんてことが現実味を帯びてきた感じだね。

個人的には最近やっとだがネットの無料放送で多くのサッカーの試合が見れることを知り 今の商業主義に歯止めをかけるためにも日本が放映権を買わないという選択肢を選ぶべきだという気がしてならない。
サッカーの世界ではどの地域とも順調に交流できており また短期間に強くなったことでも注目されている日本であるわけで 金満国のイメージのある国でもある日本が放映権料を理由に放送しないというニュースは世界でも注目されると思うんだよね。

ヨーロッパなどでも選手の移籍金の高騰などは問題視されているわけで(まぁ反面ブラジルの経済などは好調で違う動きもあるかもしれんが)スポーツの精神とは反する商業主義にはもっと疑問の声が出る場気だと思う。

おいらとしてはワールドカップの優勝国が莫大な賞金を貰う事にも疑問を感じているんだよね。

まぁおいらが直接金を出すわけじゃないからいいんだけどね。



でも、行き過ぎた商業主義ってのは誰かが歯止めをかけるべきだと思うよね。


独り言ですが・・・
2013年10月14日 (月) | 編集 |
最近面白い番組がないとケーブルTVで釣りビジョンを見ている。

いまもなんとなく見てるんですが たまたま九州の地域の番組なんですね。

釣り番組では地域に特化した番組があって関東沖釣り爆釣会やこちら東海です、関西~、そして九州~などと言う番組があるわけです。
基本的にメインキャストが女の子なわけです。

ほかの地域はそれなりの女の子なんですがなぜか九州は可愛いではなく面白いが女の子の基準みたいなんですよね。
九州ってのはほかにも番組などでかわいい子もいるんですが良く出てくるのは面白いっていうタイプが多いんですよね。
一つには吉本があってタレントがそういう女の子が多め?っていう事なのかもしれないんですが、個人的には福岡には九州中からかわいい子なんかもいるわけでもっとかわいい子を取り上げるべきなんじゃないかと思うんですよね。

おいらは関東(主に東京、千葉、埼玉に在住)から九州は久留米にそして今は大分にいるわけで、九州の女の子への最初のイメージは足が綺麗な子が多いのかな?って感じだったんですよね。
可愛い子がいるにもかかわらず地域を押し出すような番組に九州だけが面白い子(残念なことに面白い+少し馬鹿っぽいってのも残念なんだがw)を選んでるのが不満ですw。

九州の限ったわけではないんですがちょっと田舎になるとかわいい子がちやほやされ普通に地元でモテて遊んでる子で満足しちゃうこが多い気がするんだよね。
まぁそれも幸せでしょうけど・・・。

ま、個人的には九州ではテレビに出る子って少し勢いがある子が多い気がするわけで傾向的にはあってるんですがもっとかわいい子がいるでしょ!っていつも思うんだよね。

まぁ千葉の田舎も似たようなもんだが、あっちはまだかわいい子がちやほや傾向があるような気はする。
テレビに出てる女の子の差みたいなものかしらと。

釣り番組だからいいってのはあるかもしれんがほかの地域がそれなりにかわいい子なんだから是非九州の女の子もかわいい子にして欲しいってのがおいらの望みですw。

セルビア戦 その後のその後
2013年10月14日 (月) | 編集 |
相変わらず本田はスターだねw。

どんなプレーをしても褒めてくれる人が大勢いるらしい。
まぁサッカーは人それぞれの見方があるわけだから おいらが特殊なのだろうwww.

それにしても記事ではザッケローニは日本のほうがいいプレーをしたと思っていてミハイロビッチも同意見だとか書かれている。
ビックリした!
戦術的には日本のほうが形を作っていたかもしれないがザッケローニは自分の立場が分かっていないのだろうね。

日本は今年失点が多く日本と同等以上のチームに全く勝っていないばかりか日本で戦ったオーストラリア戦以来全部負けてるんだよ。
日本が勝ったのは東アジアカップとキリンチャレンジの格下相手だけだ。
東アジアカップもワールドカップ予選と違い国内組だけで戦った結果が初優勝なわけだ。
東アジアカップでは柿谷が得点王に大迫もしっかり点を取っている。
そう、メンバーが違えばFWが点を取れるんだよ。

ワールドカップを見据えた代表では柿谷は無得点だが工藤は点を取っている。
おいらには能力の問題と思えず単にポジションの問題だろうと思っている。
工藤はMFで使われたから点が取れFWで使われる柿谷は点が取れないんだよ。

解説の城が柿谷の動きに不満を言っていたが、おいらには城の頭の中にはいい動きをしていればFWにボールは入るものだという常識があるんだと思うね。
しかし実際は岡崎がFWでもなければボールはでないんだな。

日本ってのは翼君や岬君のようにパスを尊ぶ文化みたいなのがあるんだが本田や香川は俺が俺がが強すぎるのだろう、FWは彼らが点を取るための囮であり壁パスの壁でしかないように見えるねw。

おいらは本田が海外でいいのはチームで本田が王様じゃないからいいんだと思うんだな。
常に本田以外の選択肢が同等にあるからね。
日本じゃFWを見るより本田を見てるんじゃないかと思うんだな。
これ自体本田の好きな人にはFWが頼りないからとか言いポジショニングをしないからと言うんだろうけど、本田を見るからFWが動き出してもパスがでないんじゃね?

ああ、話がづれたけどザッケローニは日本のファンにセルビアレベルの相手に勝つ、もしくは失点をしない姿を見せる必要があったとおいらは思っている。
セルビア人の声にはうちもベストメンバーではなかったがスタンコビッチを送る試合で勝つことが求められ結果を出したというようなコメントがあったと思う。
日本にとってのセルビア戦は最低でも失点をしない戦いをする必要があったとおいらは思っている。
後ろからのボールを大きく後ろに戻すトラップがおいらの目についたがグラウンドのコンディションの問題もあったかもしれないが日本代表のプレーの質一つ一つが良くなかったのも間違いないと思うな。

まぁもう期待はしていないがおいらならもはや本田と香川の両立は無し!だね。
憲剛も必ず呼んどけって話だわ。

なかにはボランチの守備が~って人がいるが、個人的には攻撃的になった際に全体が前がかりになってるんで誰が出たって一緒だと思うよ。
そもそもロストの仕方が悪いし、ロストした選手が追わないなんてことも少なくない。
ボール運びの段階でのロストは追うがゴールに近い場所や後半の本田などセンターラインとペナルティーエリアの中間でロストしたって歩いてたしな。
これじゃ後ろにばかり負担が来るだろって。
攻撃には後ろはしっかり支援してるのにだよ。

ベラルーシ戦が年内最後の勝つチャンスだけど、おいらには今の日本が勝てるとは思えない。

コーナーも本田が蹴りに行けばショートコーナー、フリーキックも遠藤よりも率が悪いのに本田が蹴るではどうしようもないでしょ。そうそうPKは真ん中ねw。

ボランチが~って人に聞きたいんだけど今野のセンターバックやめてボランチでよくない?
今野は当たり負けしないがヘディングも強いけどやっぱ背が足りんだろ。
森重呼んでるなら森重使って守備を厚くする際に今野をボランチで使えばいいんじゃね?

ザッケローニに呼ぶ人間についても違和感だらけでしょ。
ハーフナーや細貝って本当にいるんだろうか?って話。
また今野をセンターバックで使い続ける必要あるん?って話だわ。

ザッケローニは確かにJリーグを見に行ってる姿がテレビなんかで良く見かけるが見に行くのってレッズ戦ばっかじゃね?w。そんなんだから槙野なんかがときどき代表になっちゃうんだよ。
守備で不安があるチームを指揮してるんだからどうせ見るなら阿部とかじゃね?
トゥーリオもCBで使うのは否定的だがボランチならありかもしれん。

とにかくおいらには日本人の選手でどんなサッカーがしたいのかがザッケローニからは見えてこないんだよね。
本田が好きそうなサッカーはしてるかもしれんが そんなのは監督のサッカーではないと思うんだよね。
意味不明なのがハーフナーが出たときが顕著でしょ?
頭を期待してるのかと思えばそういうボールを出さないわけで・・・。
一事が万事こういう訳が分からないサッカーをする。

強いて見えていることをいえば 調子が良かろうが悪かろうが本田とは心中してる気はするってことかな。
代えないからね。

まぁこの後年内全敗でもすれば協会も少しは不安を感じてくれるんじゃんないかと思うがそれじゃ遅いんだけどw。

テレビで最近聞く言葉
2013年10月13日 (日) | 編集 |
特にバラエテイーで聞くんですが ~だとか、とか さも他人から聞いた言葉でテレビが言ってるんじゃないですよ的な言葉が気になるんだよね。

正直聞き苦しい。

ネットなどで聞く言葉でステマってのがあるんだけどステルスマーケティングですが、ニュアンスは違うんだが情報元を明かさないでこういう話ですってのはある伊美都合のよすぎる言葉だよね。

仮にだがテレビ局の社員食堂で聞いた言葉が情報源かも知れないわけだ。

新聞やテレビがネットの情報の不確かさを言うケースがあるが どっこいどっこいだろうね。


個人的にはネットでは盛んに情報元の提示が言われるのに対し 新聞やテレビが逆に情報源を隠して情報を流す傾向にあるんじゃないかと思うんだよね。
ただでさえ、新聞やテレビがネットで話題になった情報の後追いをするケースが目につくようになってきているわけだから ある意味逆転現象が起きている気がするね。
そしてそういう傾向が新聞社やテレビ局員の質の低下に拍車をかけるんじゃないかな。

新聞やテレビで犯罪を犯した人間の特定者の名前を出さなかったり通名というもので情報を出すってのもおかしな風習だろうね。
ネットには出てくる特定国の都合の悪い話も新聞やテレビが報じないのはある意味日本国民の国益も損ねていると個人的には思うんだが主要メディアにはそういう倫理はないらしい。
東亜の国の名誉や利益が大事らしいんだよね。

おいらは新聞やテレビが無責任な言葉を使って情報を流すことが非常にふさわしくないと思うんだな。
まぁ腐ってるから仕方がないんだろうけど。。。。

セルビア戦 時間がたっての考察
2013年10月12日 (土) | 編集 |
他人の意見を見たけど、相変わらず不思議なのがザッケローニを擁護する声。

なぜこうもザッケローニを擁護するのか不思議だよね。

強豪チームなら二戦続けて負けても交代の声が出るだろうが。



最近とみに思うんだが、もしかすると本田と香川を同時に使う事ってのはすごくリスクが高いんじゃないかと思いだしたんだよね。
基本的に王様的に攻撃に特化した人間を二人同時に使うのは守備への負担が増すだけに思えるんだよな。

昨年までは香川がマンUに映った後に怪我をしたり、その後は本田や長友が怪我をしたりで以外に同時に出場っていう機会は多くはなかったと思うんだな。
今年は幸か不幸か同時に出ている。
得点は増えたが同時に失点も増え結果的に負ける試合が増えている。

失点での責任で吉田や今野、内田という名前が出るんだが なぜこの三人かと考えれば基本的に攻撃的なスタイルを取った際に守備をおもにする人間だからだろう。

長友は前がかりになった際に子劇的なポジションを取り反対側の内田が下がり目のポジションになる。
内田が上った際にそこをカバーするのが吉田になるわけで香川サイドにボールがあれば岡崎は中に入るだろうからサイドは内田がカバーするのだろう。そして吉田が左目に構えるわけでボールを奪われれば吉田なり今野への負担は大きいのだ。
基本的な攻めのパターンが中央と左サイドなわけで香川が左に張ればサポートに長友が入るから左の後ろも空きができる。先ほども書いたが岡崎は絞るから内田もカバーに行くわけで(そうでなければボランチの長谷部かな)。
更に香川が中にボールを出した後はすぐに中に行くから中央だけに人が多くなるんだよな。
結果的にボールを奪われると守備が圧倒的に薄くなってる。
バルサなら奪われた瞬間ロストした選手や近い選手がボールを持った選手にプレッシャーをかけるのでいいパスは出ないんだが今の代表選手は奪われてもすぐに動けないんだな。
そこでボランチの後ろにボールを出されれば一気にピンチになりディフェンスも広がってるから対応が厳しい。

これらの動きが速い展開で行われれば後ろの押上げなども不十分で人数的に後ろも余裕があるんだが攻撃陣が前でパスを回した挙句なら十分に押アゲてるからボールを奪われるときびしいんだよね。
運よくボールがラインを割ったりシュートで追われればいいんだけど相手に奪われれば厳しいんだ。
本来こういう場合監督がポジションを練習で支持するものだと思うんだがザッケローニはそういう指示をしていないんじゃないかと思うんだよね。

そういう意味ではもっと再度にふさわしいプレーヤーを使った方が展開が楽だろう。

ちなみに解説者なんかも本田のキープ力を褒めたりしているが本当にそうだろうか?
おいらはキープってのはボールに対して直接プレッシャーをかけられているわけで決してほめられる行為ではないと思うんだな。
おいらならプレッシャーをかけられる前にボールを話せという指示を出す。

ドリブルがうまい選手もいまではそれほど評価されまい。
なにせボールのほうが早いわけで周りが十分にいい動きをしていればパスのほうが有効だろう。
ただ、リベリーやロッベンは十分に脅威なわけだが彼らほどの選手はそう多くはないだろうね。
また、彼らがスゴイだけでプレー的には周りが動いていいパスが出るほうがより脅威だろうとおいらは思うんだ。

本田がキープしたってその後に出るボールのほとんどが横や後ろに出されるパスならキープの意味も少ないだろう。逆にキープする際に周りの動きが止まる分ブレーキを踏まれるに等しいんじゃないだろうか。
おいらはそういう意味ではトップ下には香川のほうが素晴らしいと思っている。
理由は今書いたようなもので香川の本質は少ないタッチでいいプレーをするからだ。
代表では残念ながらサイドでディフェンダーを前にさてどう料理しようとボールをキープしている形を何度も見るが彼のいい面、少ないタッチですぐにボールを話すのが消えていると言える。

昨日の試合で二点目を取られた場面 細貝のパスミスだが、彼は最近前のほうでもプレーしている。
しかし彼がそういうプレーをする際に自分より後ろに人数が少ない場面でそういうプレーをしているかと言えばそうじゃないだろう。そういう意味ではそういう戦い方をするなら長谷部のほうがよりふさわしいと言えるんじゃないだろうか?細貝にはもっとふさわしいプレーが求められていると思う。
同様にハーフナーを投入しているが不思議なことにからの頭を武器にしない戦い方にも疑問を持たない人はいないだろう。
戦術的にそうしないザッケローニの支持はどう考えても異様だ。

何度も書いているが個人的には選手のポテンシャルに疑いはないが監督が仕事をしていないと言うしかないのである。
攻めるときのポジショニングや守備のポジショニングなどもっとはっきりした指示が必要だと思うし、攻撃にももっと徹底した規律が必要だと思う。
個人的には本田と香川は両立が難しいようにも思える。
サイドには香川や岡崎よりふさわしい人間がいると思わずにいられない。
逆にFWはいまのままなら岡崎が最もふさわしく、戦術を変えない限りは誰がやってもしっくりこないと思う。

今の形でやるならワールドカップどころかワールドカップに向けた戦い全てが絶望的だろう。

本来ザッケローニは予選を勝ったことで終わるべきだったということだな。

そうだなぁ・・、もし引き出しを作るとすれば本田と香川を両立させずに本田仕様と香川仕様の攻撃陣でも作るのが良かろう。
個人的には縦をつかえない本田よりも香川を使う方がFWは生きる気がしてならないがw。

まぁ今日本が変わるいい方法は監督を代えることだと思うね。

セルビア戦
2013年10月12日 (土) | 編集 |
負けるべくして負けたね・・・・。

まず香川に試合感がないんだろう、ボールの受け方もパスもおかしい。
ついでに日本代表はこういうのが連鎖する。

長谷部などもフリーで行ったサイドチェンジで見当違いの所に蹴っていたし、本田も相変わらずだ。

解説の城氏は柿谷の出来が悪かったみたいに言っていたが、個人的にはMFの出来が悪くただでさえ今の代表はFWにパスが行かないのにMFでのパス回しもうまくいかないんだから柿谷にいいパスが出るはずなどないのだ。
柿谷を下げて岡崎がトップに入ったが本来はこの形が一番日本代表に会っていると個人的には思っている。
岡崎は基本的にFWのプレーヤーでボールを動かすことにはもっとうまい人間がいる。
岡崎は々裏を取る動きをしてくれるのでチャンスも作れるはずだ。
柿谷も裏を取る動きを盛んにしているが残念ながらオフサイドになるケースがまだ多いよね。

言っちゃ悪いが今の中盤はある意味では過去最低だよ。
それは試合も終わろうかと言うときにハッキリ見られたが守備しねぇぇぇl!!!!

本田なんかが最たる人間だな。
関係がない時に一生懸命ボールを追ったりしているが自分のミスでロストしたボールを追わないなんてのが結構あった。

MFが高い位置を取ることで攻撃に厚みが出るなんてことはわかるんだが、細貝のパスミスで相手にボールを奪われたらもう守備をする人間がいなかっただろう?
あれが今の日本代表のスタイルってやつだな。
バルサは日本ほどにボールを取られない上にロストすれば奪われた人間からすぐにボールにプレッシャーをかけに行っている。
そのために相手はボールをうまくつなげずハーフラインあたりで再びバルサボールになることが多いんだよね。

日本はと言うと失点につながるプレーになることが少なくないんだよ。
最後の失点はウルグアイ戦でも奪われてすぐにボランチの後ろにパスを通されていたが全く同じだと言えるだろう。
正直この一年、日本はどんどん弱くなっていると思う。
おそらくは選手も勘違いをしているしそれを正せないザッケローニが一番悪いんだろう。

選手が勘違いをしていると書いたがわかる人は解っていると思うけどね・・・・。

おいらが相手チームなら本田がボールを持てばとりあえず誰かがあたりに行けと言う指示を出す。
そうすればボールは前には出ない。横か後ろにしか出ないんだよね。
香川は仕掛けてくるのを待てという指示だな。
香川がつっかけて引っかかりボールを奪われる場面を何度見たことか・・・。
遠藤には距離を近めに守れというね。彼はドリブルがうまいわけではないので近いとパスが出しにくいだろう。
攻め込まれても慌てなくていいから切り込まれないことだけ注意をして前に二人は残ってろと言う指示を出すね。
ヘディングが強いわけじゃないから押し込まれても攻め手があるわけじゃなくパス交換で裏を取るしか道がないわけだからパスを出した選手を放さないことを徹底するわけだね。
狭いところを抜けるプレーが結構あるので逆手にとってボールを奪えばボランチの後ろにとにかくボールをだし前線に残っていた選手がそれを拾うように徹底すればチャンスは作れるだろう。

それにしても・・・あ~あ、ワールドカップに出れない国に負けちゃった。
このままならベラルーシ戦もヤバいと思うな。

巷では日本が欧州選手権に招待されるなんて話もあるわけだが、現状がそこまで追いついてないよね。
去年より弱くなってるのは間違いないね。
無駄走りはするけど肝心な時に走れないんじゃ仕方ないわな。

いつも書いていることだが、メンツはいるが指導が悪いってことだね。
本田や遠藤以外は代表に来ると力が出せないって感じだね。まぁ長谷部あたりまでは頑張ってる方かな。
個人的に世界水準で戦える可能性を見せている代表って長友だけしかいないでしょうね。。。。

ザッケローニはアジアで勝ち続けたせいで守備の意識を中盤より前の選手から失わせたんじゃないかと思うな。
選手同士でははなしあってはいるんだろうが、結局攻撃的な選手はそっちに気持ちが引っ張られボランチは高い位置を取りがちになり裏を取られる。
何回同じ失敗を見せるんだろうね。

おいらなら本田を前で使うかボランチにして使うか、まぁトップ下では使わない。いっそはずすっていう手もある。
ボールを持ってる選手が本田ばかり見てるようじゃ駄目だよ。ザッケローニがそういう指示を出してそうで怖いんだが。

香川だって悪ければ外すさ。


香川だって基本的にはサイドの選手じゃないわけで絶対に療法とも使わないとダメなんて規則があるわけでもあるまい。
いまのようなプレーしかできないならMFを丸ごと変えたっていいと思う。
ネームバリューは無くなるかもしれんが実質的にうまくいきそうな気がするね。

正直、ベラルーシ戦はどうなるかはわからないが11月のオランダとベルギーは結果が見えたというしかないだろ。
本大会もグループリーグで勝ち上がる気があれば南アフリカ大会のように戦うか、攻撃的にいって玉砕するかしか道が無くなっていると思えて仕方がないね。

言いたくはないが攻撃時のボランチの位置や守備に回った瞬間からの動きの徹底などチーム戦術としてもう一度再構築する必要があると思うね。
敢えて言わせてもらう!今は個の力よりチーム戦術の見直しからだ!!!!

データでわかること
2013年10月11日 (金) | 編集 |
本田からのパスのデータである。

http://worldfootballnews.doorblog.jp/archives/33818849.html

柿谷の出現で変わったって言いたいのかもしれないが比較の意図も見えなければ出場時間の短いほかのポジションの選手と比較しても意味がないだろう。

ただ、本田がトップ下に位置していることを考えるとこのデータでハッキリ見えることがある。
それは前へのパスが少ないということ。
岡崎は最近の出場が短いので参考になりにくいが前8試合のデータで左右に出す場合に香川へのパスが岡崎の倍もある。
そして遠藤や長谷部へのパスも多いことがわかるよね。
バックの選手へのパスが入っていないわけだが、バックパスが多いってこともわかるだろう。

岡崎や香川のポジションはFWの位置の場合もあるかもしれないから単純にはいえないが基本的には前に出すパスが少なく後ろや横に出すパスが圧倒的に多いといえるんじゃないかな。
どうせなら香川や岡崎のポジションから出たパスの数までわかればいいと思うんだが、柿谷がどういった評価であろうと基本的にFWを使っていないのが今の日本代表の特徴に感じるよね。
おそらくそのことがFWが点を取っていないことにつながっていると思うな。

柿谷がシュートを売った場面は多くはないし、ゴールに近い狭い場所でのポストプレーの印象があり そのことはFWが点を取るプレーというよりもやっぱりMFが点を取りますっていうパスが出た結果に思えるんだな。

個人的にはFWには数多くシュートを打ってもらいたい。
一本のシュートで一本決めれば省エネだが、できれば試合では最低でも10本は打ってもらえる場面を作ってほしいと思うんだよね。
実際にはMFでボールを回す場面が多くシュートチャンスは少ないし、いけるかな?っていう場面でも遠慮からかパスを戻すことまである。
バルサやスペイン代表ではない日本のFWがシュートが少ないってのは個人的には日本はチャンスを作れていないっていう事につながっていると思える。
まぁサイドからクロスが入ったりするケースなどでは中央に飛び込む選手は一人のFWよりも後ろから飛び込むMFのほうが人数も多く得点につなげる数も多くなることは普通に考えられるが、本来誰よりも相手ゴールに近いポジションにいる選手がシュートを打っていないってことは単純にもったいないことだと思う。

特殊なチーム以外ではJリーグの得点ランキングなどもそうだがFWがたくさん点を取っているだろう。
そういう意味では日本代表は特殊なチームだと言えると思う。

そしてこれが日本のスタイルならJのチームにもこういう偏った点の取り方のチームが出てくるはずだが特殊なのは代表だけだろう。
つまり日本代表は日本のチームとしても特殊なのだ。
CSKAにしろマンUにしろFWが点を取っているので海外でも異常なことだと言えるんじゃないだろうかね。
バルサもメッシはFWとして出ているわけだし ある意味Cロナウドぐらいが異質なんだと思うんだよね。
とはいえレアルではFWも点を取っているわけでいかに日本代表が変なチームかがわかると思うな。
こんなチームはスペイン代表があると言えばあるんだが、スペイン代表は0トップである時以外はそれでもFWのシュートが多いチームだろう。
その点日本は常にトップを置いていてなおFWのシュートが少ないわけだ。
これでも点が入っているのはある意味MFの攻撃力があるともいえるが、そういうには結果的に失点が多いのが問題だと思う。
異様なバランスが失点の元にもなっているとおいらは考えている。

この傾向は今年になって強くなった物でアジアではなんとかなったがアジア以外と戦う際には格下にしか通用していないといえるだろう。

個人的にはこういうデータを見て思う事はもっとFWをつかえってことだね。
本田だけの結果だがいかにMFだけでボールを回しているかわかるってもんだね。
トップ下がFWと絡んでいない証であるともいえるだろう。

長友や香川などはもう少しマシかもしれないが、いかに日本代表のFWが囮的にしか使われていないかを表していると言えるんじゃないかな。

ある意味わかりやすい本田
2013年10月11日 (金) | 編集 |
本田圭佑「だから、俺はずっと“個”だと言っている!!」 

という記事があった。

チームや代表での連携なんてのは当たり前で・・・とも書いてあるけどね。


ある意味、この言葉ってつければ何でも許されるっていう話だよね。

逆説的に言えばサッカー選手なんてのは基本的な個の力をチームでどう結ぶ着けるかのゲームだよね。
チーム作りの基本で考えても個の力が弱い人ばかりで強いチームなんてのはあり得ないだろう。
そして、この力なんてのはチームで戦う場面では練習でやっとけよって話でしかない。

チームで戦う際にはチーム戦術に基づいて動き点を取ること失点しないことのために連動して動くことが大事なんだろう。
本田がいう個が大事ってのは否定はしないが、個の力ってのは簡単に見につくものではないだろう。
海外でプレーする人間は外人のプレーに対する慣れってのは積めるんだろうが、それで個人の能力がアップするわけではないだろう。
単純に引き出しが増えただけだよ。
本田のように足が速くない人間が早くなるわけではないのだ。
たまたま本田は外人に当たり負けしないからだは持っているがそれだけのこと。

スルーパスなどは日本にはいくらでもうまい人間はいる。
単純に今の代表ではそれを生かすチャンスは少ないし求められていないのだろう。

チーム戦術や試合の進め方なんてのは監督が云々書いているが、オリンピックで監督批判をしたのは当の本人だろう。結果的にそれなりに有望視されていたチームは勝てないで帰ってきた。
本田を含めて選手をうまく掌握できなかったコーチ陣の責任もあるが選ばれて従わない彼の本質も問題はあるのだろう。
まぁ本田はその後のプレーが変わったっていう点では自分なりの答えは見つけたのだろうが、それは本田にはあった答えなのだろうが万人に同じことが正しいわけではないだろう。

香川は本田のようなプレーはできないだろうし逆も同じだろう。

個人的には代表でこの力を強調する意味がわからない。
ある意味、選ばれた選手の力で戦うわけで足りないものを補うのがチーム戦術だったりするわけだろう。
点を取ることに拘るから失点を続けているとおいらは思っていて、それはそのまま監督であるザッケローニが一番悪いってことなんだが、選ばれた選手で戦う中での最善の方法を取ってないと思えて仕方がないのだ。
本田は日本人はもとより外人を含めてもボールは持てるとは思うんだが、残念なことに本来個人でぼるを持つ意味は希薄なんだよね。メキシコでの教え方がパスが基本だというが確かに人間はボールほど早く動けないわけで個人でボールを持つよりボールを回す方がリスクが少ないだろう。
そう考えると本田の特徴ってのは今だからまだ生きているが将来的には大きな意味など無くなる気がする。
ボールを奪われそうになった際にだけその特徴が出るのはいいが、普通にわざわざボールを持ち続ける必要などないと言えるだろう。
保持している最中の視野よりも不利の人間のほうが視野も広いというものだ。
しかも体の向きなども考えるとフリーの選手にパスをした方がよっぽど健全だろう。

ちなみに本田の言うように個の力ってのもチームのことを考えれば 本田はセットプレーは遠藤に蹴らせるべきだ。確率で行けば圧倒的に遠藤のほうがいい!
先日の得点が本田のワールドカップ以来の得点なわけで本田は基本、シュートしかしない。
遠藤はアシストになるボールも蹴ればシュートも決めているわけで、合理的に考えても遠藤が蹴ったほうが本田よりも点に近いと言えるだろう。
それでも本田が蹴るってのはエゴだとおいらは思う。

おいらは、内田も言っていたように守備の練習が少ないってことが今の代表を表していると思っている。
過去の代表に比べ失点が多いのが今の特徴だと思う。まぁ反面得点も多めだとは思うがね・・・。

いまの代表の特徴は相手を崩したMFの得点ってのだと思うが、個人的にはわざわざ難易度を上げる今の戦術はダメだと思う。
似たようなことをするのがバルサやスペインだがボールをロストした瞬間からの動きがまるで違っている。
彼らは奪い返すために皆が連動しているが日本はボールウォッチャーになる人が少なくない。

ちなみにだが個人的には今度にワールドカップはブラジルだが優勝はドイツだと思っている。
南米でワールドカップが開かれた際にブラジルは勝ってないんじゃないだろうか?
本来はアルゼンチンを推したいところだが、バイエルンミュンヘンがバルサスタイルを取り入れたことなどを考えてもドイツには+材料があると思う。

個の力についてはチームで連携するのが当たり前ってのなら同様に個の力ってのは代表に選ばれることとは関係なしに選手皆に求められている部分でしかないだろ?
敢えて代表で口にする言葉ではないとしか言いようがない。
代表に選ばれれば個の力ってのが短期間に伸びるのならともかく、基本 代表に選ばれたら代表の戦術やチームに選ばれた選手の特徴の理解などについて考え語るべきで わざわざ代表のインタビューで個の力なんていうのは見当違いだと思う。
負けた原因や反省点が個の力ってのは言い訳にしかならないし、何が悪かったかを考えるにしても万能だろw。
ちなみに失点なんてのは一つの原因で起こるわけではないと思う。
ゴール前でのクリアがスアレスにわたり点を失った場面だって あそこまでボールを運ばれた結果であり ボールを得たスアレスがそのままシュートに結びつけられたのはあの時点でスアレスがフリーになっていたからだろう。

どうにも本田の言葉の裏にある個の力ってのはクリアをミスらない力に聞こえてくるんだよね。
嫌、本人にもそのつもりもないのかもしれないがね。

本田は自身も足りていないという考えがあるのは事実だろう。
しかし、本田を持ち上げる人間の声はそうは言いつつも本田が一番日本人を抜けているといつも言っているわけだから間接的にほかのメンバー向けに言っているように聞こえてしまう部分はあるかもしれない。
とはいえ、上で書いたように代表選手が基本的にトラップやパスができるのと同様に個の力なんてのも代表合宿でいきなり身につくものではないわけでわざわざ代表のインタビューで言う話ではない。
過去の代表が強豪相手に接戦をしたことがあるように戦い方によっては個で負けても通用するわけだ。
そういう面を捨てて話すのはある意味、意味がないんじゃないかとしか言いようがない。
日本人が当たり負けするのは伝統的なことで当たり負けしないように・・・なんて叫び続けても仕方がない。
当たり負けするなら当たらないようなプレーを考えればいいのだ。
早いパス回しが可能なら当たり負けは小さな影響になることだろう。

日本人らしいサッカーと言うのを考えるのは海外に比べて同等以上の能力が身に付くという考えならば何も日本人らしくと考えずに肉体改善に取り組みヨーロッパなり南米スタイルをそのまま真似すればいいわけだ。
同じようにはならないだろうと考えるから日本人らしいサッカーと言う模索があるんじゃないのだろうか?

結局はそういう事だとおいらは思う。
そして今の日本代表は日本らしい戦い方っていう考えを捨てていると思えてならないんだよね。
本田は確かに個人的には好きではないが、こと代表の戦いと見る分には監督であるザッケローニのほうが圧倒的に問題が大きい。
おいらはFWをもっと使うサッカーをするべきだと思うし相手が守ってから攻めるよりも守り切る前に崩すサッカーを期待しているのだがやってくれないのだ。
こういう戦いができればボランチなどの動きにも余裕ができると思うんだが・・・・。

言っている内容には間違いはないんだが、敢えて言えばサッカー選手が練習する存在なら個の力なんてのも当たり前じゃね?ってことだし、その内容も外人と同等になることではなく対応できる引き出しを作ることだとおいらは思う。
ホンダ個人が同じにできる=他人もできるって意味ではないし、おそらく本田もそのことは解っているとは思うけどね・・・。香川は本田にはなれないし反対も同じだ。