| Admin |
うがぁぁぁぁ!だーかーらー
2013年07月30日 (火) | 編集 |
YoutubeでGilleのIkuze!Kaitousyoujyo(いくぜ!怪盗少女)を聞いてコメントを見てきた。

さすがに時間がたってきていわゆるももクロ愛にあふれたコメントを見てしまった。。。。
チガウな・・ではじまりフライングゲットの二番煎じ。
うますぎる。この曲は出ない印息を必死で一生懸命、笑顔で歌わないと心に響かないなどと書いていたのだ。


うがぁぁぁぁ!ですよ。

いや、まじで。


あまりに笑えるw。
この歌はもっと下手くそが必死に笑顔で歌わない取ってももクロそのままってこと!?
さらにイヤミにも見えるだっていうんだから。

おそらくは普通に事務所に所属している歌手が9月に出すアルバムに入っている曲な時点でももクロの関係者から少なくても許可は取っているであろう曲に対してイヤミってー!!だよ。
歌うことにOKを出したももクロ関係者ひっくるめて文句を言っているのだろう。
しかもうまく歌いすぎだと・・いうのはどうなんだろう。

恥ずかしすぎるだろ。
大好きなももクロ以外は認めないって意思表示なんだろうが、出ない音域がある曲をさらっとうまく歌いやがってーっていう文句なわけだから恥ずかしいだろ?

ちなみに当のももクロは他人様の曲も歌ってます。

有名なところがミヒマルGTのツヨクツヨクなわけですが、今年の西武ドームまで本人たちの許可もなく歌ってましたとステージの上でやってたわけです。
Gilleの怪盗少女を批判した人はももクロの歌う他人様の曲をどういうつもりで聞いていたのか不思議な気持ちになってしまう。
いや、実はわかっています!
からのような人はももクロなら何でも許しももクロ関連で自分の思い通りでないものには何でも噛みつくっていうモノノフなんでしょう。(ファンではなく敢えてモノノフと書きます。その心は過去の記事でみてw。)

個人的には(あれ、理由を書いちゃいそうだ^^;)、いわゆるアイドルオタクのももクロファンの一部にみられる対象=絶対と考える存在がモノノフの一部にはいると思えるからですね。
ももクロファンの中で自分と違う意見をもももクロ愛で否定する輩のことです。

いいじゃん、ももクロ以外を認めたって。
あ、一応彼らも認めていたわ。ももクロのステージなどで彼女たちを褒めてくれた人は認めていたわけでした。

おいらにとってはももクロは画面の向こうの人なわけだから そこまで思い込みはない。
だが一部のファンにとってはそうじゃないんだろう。
8月4日に行われる日産スタジアムに行けなければLVに行けなければファンクラブ止める、ももクロのファンを辞めるなどと言う人からすればおいらなどはライトである分、思い込みがないからファンを辞めるなどという発想には至らないわけだ。

ももクロなどは世界のももクロNO1とやっているわけだから英語でカバーをしてくれるGilleなどはありがたい存在でもあるわけだ。
個人的にはそうでなくてもGilleのタイムトラベルが大好きなわけでGilleを否定する気などはなから存在しないが、Gilleのファンが大騒ぎをするほどではないとは思っている。
もっとGilleらしい曲はあるからね。

常々いっているようにおいらがももクロのファンを辞める時の原因はモノノフのせいだろうという思いは変わらない。盲目的になった人間の仲間への中傷的なものが一番おいらの鼻につくからだ。
文句を言われるためにアイドルのファンなどやってられないからね。

だって恥ずかしいでしょ?うますぎるからダメなんてのがいるんだよ?
ももクロは人の歌も歌ってるのにだからね。

でもまぁ許せちゃうんだけどね、いまのところ。
だってももクロ愛の結果だから(恥ずかしいけど)。

できれば出ない音域を必死に一生懸命笑顔で歌わなければならないっていう理由で批判はしないでくれw。
歌がうまい子は歌えなくなるからw。
スポンサーサイト

おいらには不思議だ
2013年07月30日 (火) | 編集 |
東アジアカップが終わったわけだが、あのメンバーのだれがどう代わってはいるかなどという記事がある。

ハーフナー➡豊田は確かに有力なのかもしれないが、無得点だった豊田がなぜ柿谷や大迫より評価されるのかという質問への答えが不思議なんだよね。
その理由は、代表の本田、香川、岡崎の前でプレーするのにボールが収まったりスペースを作れるというのが重要だみたいな答えが結構あるんだよ。

おいら的にはそこは違うだろうと思うんだけど・・・。

メンバー的に本田、香川はザッケローニが代えたがらないだろうが岡崎は日本では本来FWな扱いだったはずなんだよな。んで、本田や香川は点が取れる選手ではあるが、FWではないわけだ。
なんで初めからFWで点を取るということを考えないのかが理解できないわけですよ。

基本、本田にせよ香川にせよラストパスが出せる選手なわけでほかにも清武や憲剛などもパスが出せる選手なわけだ。乾だって香川との連携でいくらでもラストパスは出している。
そんな選手がいる中でFWの動きで重要なことの中に本田や香川のためにスペースを空ける動きってのは何なのって感じなのだ。
違うでしょって。

一般的に知られるポストプレーってのは相手を背負ってボールを納め周りの選手を生かすプレーなわけだろ?
ペナルティーエリア近くで前田がそういうプレーをしたのは多くはないんじゃないだろうか?
イタリア戦だったかメキシコ戦で前を向いてキープして走りこんだ長谷部にパスをしたのは思い出せるが、強気なFWならあそこはシュートだっただろう。
ある意味ポストプレーなんてのはパスをつなげないチームが押し上げる時間を作るタメにするプレーだろ?
本田のキープでサイドが上る時間を作ってるって言ってる人なら余計に前田はいらないって話だろう。
FWは基本的にボールにつながるプレーを単純に求めるべきだと思うんだ。
豊田はゴールにつながるプレーを見せていたとおいらは思っている。

したがって今の時点ではハーフナーの代わりではなく前田➡豊田であるべきで、場合によっては、前田➡岡崎だったり前田➡柿谷であるべきだと思う。

これは前田の動きだけが問題なのではないとも思っている。
イタリア戦で見せた香川からのボールをヘディングでシュートをしたのなどは素晴らしかった。
いまは結果が出てないから決まらなかったが、本来本田にしても香川にしても二人で連携するよりもFWを使うべきだのだ。そうすることでデコイとしての役目ももっと効果的になるはずだ。

おいらはゴールの近いポジションでポスト的な役割をするなら本田が最適だろうと思っている。
そのためには本田はセンターラインとゴールラインの半分より前でもっとボールに触るべきでセンターラインに近い位置は遠藤に任せるべきだろう。下がってはいけないと思う。

今回豊田は結果も欲しい立場であったために代表での前田よりも積極的だったことが高い評価につながっていると思う。
いまのように自分がフィニッシャーでアランとする姿勢こそが大事でそこには大きさは重要ではない。
ただ、豊田のような選手は体格的にも恵まれていてチャンスが大きいと言えるだろう。
それに加えて豊田のタイプは若干岡崎とかぶる。
ならば岡崎のポジションはもっとほかの選手が使えるという利点も出てくると個人的には思う。
まぁおいらは岡崎は買っているので第一の選択肢は岡崎のFW起用なんだけどね。
代表での実績なら岡崎のFWが一番結果が出ていると思う。新戦力を考えた場合は右サイドで動ける選手なら岡崎以外の選択肢はあると思う。使うならFWだ!

そして個人的には森重の存在も大きい。
森重は個の部分で負けていなかった。
森重がセンターバックで使えれば今野がボランチっていう選択肢も見えてくる。
コンフェデで今野はやらかしたが基本的に能力は高い。
フランス戦でのドリブルを見ても多少前に出ても戦えるのは間違いがないだろう。
そもそもがボランチの選手だし。
つまりディフェンスに関してはセンターバックが一人見つかればそれなりに落ち着けるというものだ。

コンフェデの結果は一部には川島の状態が影響している気がする。
ブルガリア戦だったかのパンチングミスの失点からどこか思い切りが悪い。
前に出るプレーに躊躇が見られたと思う。
メキシコ戦の失点がその例だろう。目に前で触られ失点をしている。(2点ともね)
これも彼の状態が良くなれば解消すると信じたい。
彼などは守備範囲が広く一対一も決して弱くないわけで、状態が戻れば心配ないと思っている。
しいて言えば少し前に出るプレーが(メキシコ戦のようなだが)問題だろう。
いまの日本人ではいまのところほかに選択肢はないと思う。
できればだが、控えの中に楢崎あたりを入れておくのは精神的にいいかもしれないとは思う。
ついでにだが、今回働きが大きかったのが意外に徳永だろう。
攻撃的ではないがオリンピックでも今回でも安定していた。
守備的にする際には一つのオプションになるかもしれない。

というわけで とりあえず豊田がハーフナーの代わりや前田の動きを期待するのは大きな間違いだと個人的には思っている。おいらは豊田に今の前田以上の期待をしているしましてやハーフナーの代わりなどとは思っていない。

前田基準でFWを考えている人は不思議だと言わざるを得ないね。

ザッケローニ  韓国が褒めている。
2013年07月30日 (火) | 編集 |
退会後にザッケローニが韓国に対し常にいいパフォーマンスだったが結果がついてこなかった。
一戦目と三戦目は特に良かったが結果がでなかった。最初の試合で勝てなかったのが大きい。
攻撃的なスタイルが好きだというような話もしたらしく韓国のサポーターに謙虚で素晴らしい。ザッケローニを呼んで来いなどと言われたらしい。


個人的に どーぞどーぞで差し上げたいぐらいだ。

前にも書いたが守備は練習で確実にうまくなる。
クリアが相手に広われ防戦一方になった件もしっかり練習できれば何ら問題がないのだ。
今回の代表がよかった点はチャンスをものにした力である。

あくまで個人的な考えだが、ザッケローニは韓国でこそ力が出せるのではないだろうか?と思う。
基本的に日本より体格に優れていてまさに彼好みなのが韓国だろう。

ザッケローニはワサビが好きらしいがもしかすると韓国の唐辛子文化も口に合うかもしれない。
いいじゃないか!韓国代表監督ザッケローニ!おいらには素晴らしい響きに感じるw。

日本には日本人をよく知る監督がふさわしいとおいらは思う。
よくじゃあ誰ならいいんだよ?という声を聴くがおいらは常にネルシーニョ、クルピ、西野の三人を上げている。

西野監督は唯一日本人で若干の不安はあるといえばある。
それは彼が作るチームが攻撃的でレイソルの頃から失点するケースでは時々大量失点しているチームを作っている点だ。もう一つ、攻撃的なチームではあるんだがストライカーが外国人になっているケースが多いということだ。
オリンピックでブラジルを破ったチームを率いたことは評価できるだろう。

ネルシーニョは言うまでもなく長く日本で監督をやっている。
日本人の特性を十分理解している監督だろう。チームの実績も申し分ない。

クルピも同様だ。
特に若い選手の起用がうまい。毎年、海外に主力を引き抜かれてもやっていけてることにも注目できるだろう。

ザッケローニは予想通りに大会が終わった後に今後もリーグの試合で結果を残してほしい。スタッフがいつも誰かが試合を見て注目しているといったらしい。
わかりやすく言えばザッケローニはおそらくこれまではろくに見てなかったんだよ。どうせ海外組のほうが的なあつかいしかしなかったんだろう。
はがしアジアカップを戦ってみたら予想外に点が取れたわけだ。
代表で今年になってイタリア戦以外は点が取れずに困っていたのに・・・。

したがってやっとまともに国内に注目することになったのだろう。
おそらくは東アジアカップで勝つにしても守り勝つぐらいのつもりだったのが点を取って勝ったことに一番驚いたのだろう。

ある意味わかりやすい男である。

49人呼んでみたと言っていたが、今回のように試合で使ったケースがほとんどなかったのは前に触れたとおりだからね。

まぁザッケローニ韓国代表監督を見てみたい気がするのも本心だが、どうせ無理なんでそれは我慢する。

であるならば、今回をいい薬にして予選を戦ったチームに新風を入れることや手数をかけないで攻撃するなど良い試みに目覚めてもらいたいものだ。
おいらは海外組の素材としての価値に疑いはないわけで、彼らのやりたいようにさせるのではなく早い攻撃の日本スタイルを作り戦ってほしいと望んでいるだけなのだ。
そこでは本田のトップ下に拘らずにいい攻撃ができるシステムにあう選手起用、状態のいい選手を使うなど本田がいないとダメなチームではなく誰が出ても戦えるチームというものを作ってほしいのだ。

そういう意味では今回の東アジアカップの結果は捨てたものじゃない。

守備は時々失敗をしていたが守備は時間をかければ修正できるものだ。
個人が当たり負けしたものはどうしようもないが・・・。そういうケースは決して多くはなかっただろう。

ザッケローニが今後取り組むべきことは予選を戦ったメンバーと新しい可能性を持ったメンバーの融合だったりするはずだ。
彼の固定観念など意味はないだろう。
チームが機能するなら同じチームの選手を同時に使ったっていいはずなのだ。
FWはでかくなければいけないってのも違いだろう。

今回は押され続けた場面でトップにボールが収まらずに苦戦したケースが韓国戦だ。
そこで豊田はそれなりに結果も出したと言えるかもしれないが、ボランチの位置でボールさえ収まれば前田や豊田のような選手がいなくたって勝負できるのは柿谷が示したはずだ。
本当は代表で岡崎が一番点を取っていることでもっと早くわかるべきなんだが・・・・。

まぁ個人的にはザッケローニ韓国代表監督!悪くないと思うぞw。

タックル  途中で見るのを辞めたが
2013年07月29日 (月) | 編集 |
おかしな話だw。

そのまんま東君、国家防衛軍とか?笑わせてくれる。

略していってみればいい。国防軍だろw。

テレビの番組の討論ほど無駄なものはないだろう。

佐藤氏の話の腰を折って切り出した阿部氏のアメリカでしょ?の続きをなぜ見せない?
集団的自衛権で日本が行使したい相手は同盟国で日本の安全保障を請け負っているアメリカが主な対象だというのはなんら間違っていないだろう。
肝心なのはその範囲であって日本の防衛に関するという但し書きでもつければいいだけだろう?

日本が近隣国から(まぁ中国と韓国、北朝鮮以外にありえないのだが)攻撃されるような事態になった時実際に行動をすぐに起こせる国などアメリカ以外にはありえないだろう。
忘れてはいけないことだが、現状で中国が責めてきた際に抑止力たりえるのはアメリカの核あってのことでしかない。日本は核を作る技術はあって保持をしていないのだから。
ではアメリカが日本の防衛の任務に就いたとしてアメリカが攻撃された際に日本がそれを助けないときにアメリカが日本の防衛に本気になるなどあり得ないだろう。
反対する人たちはそれで日本が守れると考えているのだろうか?
というよりは反対する人たちは本気で日本が中国に飲み込まれてもいいとさえ思っているように思えてならない。
わかりやすく言い換えれば、彼らはそれらの国にパイプがあったりして仮に共産党傘下ン入っても特権階級でいられるとでも踏んでいるのだろう。
ハッキリ言って庶民は見捨てるか覚悟があるという事だろう。
わかりやすいのは昔あった赤軍派などだと思うが、目標達成のために犠牲は必要だという考えを今ももっているのだろう。
そうたとえそうなっても自分たちが生き残り権力側にいて市民は犠牲にしてでもいいぐらいにしか感じていない輩でしかないだろう。

彼らの身上のためには誰かが実際に被害にあったとしてもそれは必要な犠牲ぐらいにしか感じないと思うのだ。
そうでなければ責められてもいいみたいな発想は出てくるまい。
中国や韓国の言いなりになったって庶民がその税金を奪われようが自分たちは損をしないで彼らに媚を売れるのだからね。

仮にアメリカが責められて日米安保が無くなったって彼らがいれば核を持つこともできずに日本は攻撃にさらされることにだってなりかねない。
否定する人たちは自分はそれでもいいが他人を思いやれない人間だと言えるかもしれないだろうよ。

こうやって書いているがおいらだって決して戦争をしたいわけではない。
普通に考えて日本の周りに日本に攻撃的な国が存在し彼らには核まであるのに日本は未だに軍隊と呼ぶとか呼ばないとかやっていること自体おかしいだろって話だ。
上でも書いたが、普通に戦争を慕って相手国の判断で核を使うと決められたら日本には抑止力はないのだ。
核の抑止力を持っているのはアメリカでしかない。ならば日本はアメリカが責められた際には日本もアメリカを守るよぐらいの態度は必要だろう?

本気で日本を守る気持ちがあるならだ。

それ以外の行動を規制する法案を出せばいいだけの話だろう。

尖閣が望みなら中国に差し上げます的な発想はしてほしくないが彼らはそれでもいいと思っているのだろう。
おいらが会場にいれば、よし!じゃああなた方で中国が納得し日本の国益を守る形で話をつけてきてくださいというだけだろう。
ついでにお約束でおいらは決して戦争がしたいわけじゃないと言っておけばいいだけだ。
実際そう望んでいる。

彼らは中国や韓国の顔色を見るのが役目だから反対するのだ。
わかりやすく憲法を改正したら戦争をしますと言ってだ。
バカバカしいにもほどがある。

東さんにはいう事はないw。
最初に書いたとおりに国家防衛軍と呼びたいならそう呼べばいいw。
略してなんていう?国防軍だろう。
こういう人間でも国会議員様だと思うと情けない。

韓国戦
2013年07月29日 (月) | 編集 |
夜が明けた。

振り返ってみると、東アジアカップの代表のいい面と悪い面の両方が出た試合だったと思う。

良い面は日本の代表らしく早い攻撃で少ないチャンスを生かし切ったことだろう。
おいらは前から書いているが点を取るチャンスってのは早い攻撃で多く、そういった攻撃で2点を取ったということだ。相手もボールを奪った瞬間に柿谷が飛び出し それを見ていた青山が長い縦パスを通して柿谷が冷静に流し込んだのが一点目。
2点目も原口が一対一をドリブルでかわしてシュートを放ちキーパーがはじいたボールを柿谷がディフェンスの動きの逆をついて流し込んだものだった。
両方とも相手のディフェンスが整わないうちに攻撃したことから点に結びつけているわけで、日本が本来やるべき攻撃で取った点だと思うのだ。
これはワールドカップ予選を戦った代表では見られない点の取り方で点を取るのに一番有効な手段だろう。

悪い面は相手のボールおクリアすることに集中しているためかセカンドボールをほとんど相手に拾われていた。
そのために防戦一方になってしまったわけで、この点ではワールドカップ予選を戦った代表に比べボールをつなげないという点で圧倒的に劣っているという事だろう。

ただ、やられっぱなしになったことは一つには練習時間の短さによるものも大きいだろう。
攻撃は寄せ集めでもある程度は出来るのだが守備は寄せ集めでは圧倒的に劣るのは仕方がないことだろう。
ラインの上げ下げやディフェンスのマークの受け渡しなど時間をかけないとできないことなど少なくないわけだ。

寄せ集めでもできることをやったと言えるのかもしれない。
実際に一戦目より二戦目、二戦目より三戦目と守備は安定してきた。
起用された選手は変わっても結果として優勝を勝ち取ったという事は大きい。

まぁ個人的には三戦目の選手交代以外はザッケローニがやったことなんてのは大してないと断言する。
これまでの彼の選手交代は選手に対してのメッセージ性が薄いものでしかなかった。
三戦目で初めてウイークポイントに手を入れ疲れが見える選手を交代させたわけで、ここしばらくというかずっとわけがわからなかった選手交代が大事な場面でやっとまともな後退をさせたと言えるだろう。
とはいえ、8割がた相手に攻撃された試合だ。
手放しで喜べるものではない。
なぜこうなったかを考えれば、選手を呼ぶ際から代表の経験がある選手をほとんど呼ばなかったことにあるのだろう。
選手の核になる中心がなかったことで落ち着かないボール回しになったりしたわけだ。
栗原や駒野、そして高橋など経験者と言え 控えの選手でそもそもリーダーシップを発揮する選手ではないだろう。

もう一つ日本が世界に決定的に劣るのがメディアだ。
この大会をラストチャンスなどと煽ったのがいい例だろう。
確かに元々代表の固定に熱心なザッケローニは今後代表の熟成などに時間を費やすだろうことは明白だが、決してこの大会がラストであるはずはない。
簡単なことだが代表が戦ううえで駒が足りないという声が上がればいつだって追加で招集できる選手を熱望する声は上がるのだ。
ディフェンスの替えがいないなどというのも大きな間違いだ。
昨日頑張っていた森重のように普通に選手はいる。
代表の中で戦える経験を積むことができれば戦える選手はいくらでもいるのだ。
上でも書いたがディフェンスは練習した時間が強さや安定につながるのだから。

話は変わるが本田の調子がいいようだ。
チームに野どり攻撃的な仕事をこなしている。
これは非常にいいことだろう。彼のポテンシャルが生かされているのが今の現状なのだろう。
しかし、代表で任されるトップ下に入った時にボールをもらいに下がる、ためを作ると言われるが相手ゴールに向かわないボールのキープなど決して良くないパフォーマンスに戻らないことを祈るだけだ。
いつも書くことだが本田は代表でプレーするポジションよりももっとゴールに近い場所で存在感を示してほしいのだ。ともすればスペインのような(ちょっといいすぎですけど)ポゼッションをして(あそこまでキープする力もなく、途中で取られれば一気に大きなピンチになる)相手の守備を固められて点を取れなくするよりは速い攻撃をするべきだと思うよね。
本田はトップかまさにトップ下の位置でボールを触ってほしいものだ。
チェスカではサイドでも仕事ができているようなので右サイドでのプレーも面白いかも知れない。
チェスカやもしかするとミランで高い位置でプレーすることに慣れてくれれば日本代表にとってもいい結果につながると個人的には思っている。
できなければ体格を生かしてボランチだぁw。

それにしてもセレッソの育成システムはしっかりしてるなぁと・・・。
柿谷いがいでも注目される南野や丸橋など次から次だ。
クルピの手柄のように言われているが、育成システムが優れているわけでこの点ではクルピは関係ないだろう、ただ次々に上がってくる優秀な選手をしっかり使う点ではクルピの力なしでは成長できなかっただろう。
育成では大分から移った清武がセレッソの選手が皆うまかったと言っていたわけで、選手の育成という面ではいかに優れているかがよくわかる。
それにしてもだ、トレセンシステムなど多くのことに協会が力を入れる中セレッソがたった1チームでこれだけ次々にいい選手を作り出していることはある意味奇跡的だろう。
たった1チームの下部組織がやっていることを全国的にやれば・・・と個人的には思ってしまう。

柿谷のプレースタイルは純粋なFWタイプではないだろう。
初めから純粋なFWタイプでセレッソが選手を育成したら・・など非常に楽しみである。

日本代表おめでとう!
2013年07月28日 (日) | 編集 |
ヤングジャパンが勝った!

今日の勝因はザッケローニが失敗しなかったことだろうw。

すご~~~い久しぶりにまともな選手交代をしたことが!!!!

予想通りに攻め込まれた。
しかし予想以上に韓国のシュートがダメだったw。

そして日本は予想以上に最後の場面で頑張ったと言えるだろう。
ただ、個人的には選手の能力を疑ったことはない。
あるとすれば代表での練習不足や戸惑いが足かせになっているとは思うのだが・・・。

ディフェンスも森重も栗原も悪くなかった。

もう一つ、審判だがやはりレベルは高くなかったが それでも公平であろうとしたことは評価したい。
少しだけ思ったより多くのことでいい方に行ったのだろう。

負けを予想したことは謝るw。

それにしても柿谷は最後の場面での落ち着きは本当に評価できる。
ほかの選手もそれぞれの立場で場面で頑張った結果が勝利につながり初めての日本の優勝につながったのだろう。

たった一つ、心残りはこれもザッケローニの手柄の一つになってしまうのかということだな。
まぁ今日のザッケローニの選手交代だけは良かったからね。

武田がザッケローニの招集人事に文句があるらしいが
2013年07月28日 (日) | 編集 |
元代表の武田が大久保や寿人、闘莉王が招集されなかったことに惨敗なら批判活動をすると言ったらしい。

個人的には共感部分と反対部分がある。

反対部分はなぜ闘莉王?w

名古屋は守備が崩壊していただろう?

守備に関しての問題ならそこは栗原と一緒に戦っている中沢だろう。



話は少しそれるが、すでに結果はでているが惨敗はしていない。
最終戦の韓国戦で例え負けようがすでに2試合で6得点、5失点で1勝1分けの結果を出している。
まぁ最終戦で負けた場合、韓国に上に行かれ中国がオーストラリアに勝てば4チーム中3位という結果になるかもしれないわけだが。

個人的にはワールドカップの予選を戦ったメンバーのほとんどいないチームで一部を除き若い世代を集めた選手がこの結果を残していることにある意味では満足している。
おいらに言わせれば さらにザッケローニという能力のない監督の下でだしているからすごいというものだ。

攻撃的な選手でいえば代表の控えとはいえ中心になれる憲剛などがいない中での結果でもある。Jでやっている選手だけでここまで戦えるのは十分力を証明していると言えるだろう。
失点に関して言えばそれこそザッケローニ以外の監督なら更なる失点の前に手を打ったはずで多少は割り引いてみてやれるだろう。

最終戦を前に一応書いておくが6得点も正直手放しでは喜べないことも書いておく。
オーストラリア戦では3得点で勝ちはしたが、オーストラリアの守備は決して良くはなかった。
正直中国戦よりも緩かっただろう。
長い縦パスが簡単に通っていたのは見ていた人間はよくわかっていたと思う。
ボールに近い選手へのマークに比べその辺は間違いなくルーズだっただろう。
斎藤の動きの良さは認めるが それでもあのルーズさの分は差し引かねばなるまい。
オリンピックやその他の年代の大会で斎藤が引っかかっていたのを見ると・・・ね。


あと1時間足らずで試合が始まる。
状況は厳しいがいい結果が出ると素直に喜べるだろう。
頑張ってほしいものだ。

というわけで残念ながら武田がザッケローニを批判するのは難しくなるかもしれないだろう。

おいらは一貫して批判するけどねw。

アメリカで従軍慰安婦の記録がなどと
2013年07月28日 (日) | 編集 |
おいらもよく見ているがテキサス親父の動画でアメリカがフィリピンでと構えた慰安婦からの聞き取り調査の内容をやったらしいんだな。

この話自体は慰安婦問題に関心がありちょっとは調べた人なら見な知っていた話だろうと思う。
ただ、この話をアメリカ人が動画にしたことが大事なのだろう。

アメリカでは過去においても今後もどこかの州や町で韓国人により慰安婦像の建設が計画されたり作られたりしているのだろう中 アメリカ人の手でこういう発表がされたってのが重要なんだろう。
ただ、個人的にはこの資料の存在などは上でも書いたがずっと前から知っている人間は日本人には少なくないはずの話でしかない。


ちなみに個人的に最近感じているのは、こういった話を言葉ではなく漫画で韓国人に伝えることができないかということだな。
よく聞く話だが、韓国人は日本人の戦争責任などといっているのをネットなどで目にするわけだ。

まるで当時の朝鮮人が全くの被害者であったかのように話をしているのだ。
おいらは朝鮮人が日本軍と一緒になって戦ったことや彼らが言う慰安婦だって当の朝鮮人も使っていたことを知るべきだと思うんだよね。
文章などでそういう話は知ってはいるのだろうが、彼らはそれを信じようとはしないのだろう。
文章だといったんそれを頭の中で処理しなければいけないから途中で否定してしまうのだろう。
ならば絵にしてしまえばもっとわかりやすく判断できるのではないかと思っているんだよ。
ただ、おいらにはそういう力がないんだが・・・。
嫌韓流では一部に漫画化されたものもあったとは思うが、戦争に際し朝鮮での徴兵の様子や実際に戦地で朝鮮人が日本人と共に戦っている絵、そして慰安婦の列に並ぶ朝鮮人を書いてやればいいと思うのだ。
彼らはいつも自分たちが被害者のように言っているが、実は日本が戦争犯罪者なら彼らもまた犯罪者だと知るべきだと思うのだ。
彼らが言うドイツはどうだこうだというならば韓国と同じような立場のオーストリアはどうだということを常に考えるべきだろうと言わずにいられない。

文章よりも単純に視覚化してやったほうがわかりやすくていいだろう。
彼らは自分たちの祖先も日本人と一緒に戦い、慰安婦w求める列に並んでいたことを知ればいいのだ。
慰安婦問題についてはついでに終戦後に起こった朝鮮戦争で韓国政府が連合軍のために慰安所を作ったことも教えてやるべきだろう。

実は少なくない韓国人が日本たたきのために問題にしていることを知っているはずで自分たちがやっても問題ではなく日本人だから叩いていることも知っているのだろう。
ならば単純に知らない人間に視覚的に訴えてやるのは一つの手だと思う。
嫌韓流という本はまだ文章で訴える手段としての漫画だったがもっと単純に一緒に戦っている朝鮮人や慰安婦を求める列に並ぶ朝鮮人などという絵を使って現実を知るべきだろう。


とはいえ、日本にいる韓国人やアメリカにいる韓国人がそうであるように真実を知る機会があったとしても彼らの根本はどうやら変わらないのかもしれないが・・・。

なでしこが負けたけど・・
2013年07月28日 (日) | 編集 |
中継を見ていた中でとても鼻についたことがある。

それはナデシコを表する際についていた言葉の世界王者という言葉だ。

確かにワールドカップで世界一にはなったが、その後のオリンピックや大会では負けている。
なのにいつまでも世界王者なんて言葉を使っていることに違和感を受けるのだ。

ランキングも三位であって実際にドイツやアメリカには分が悪い。
この状況で世界王者を言い続けているマスコミや、きょうの記事では協会の会長までが世界王者といっているようで違和感でいっぱいだよ。

ちなみに こんなことを言ってはしらけるかもしれないが女子サッカーのレベルはやっぱり低いと思っている。
ポジショニングや一部ではきらめきはあるのだろうが、基本的に精度が低いし男子に比べて圧倒的にボールがルーズになってしまうのが詰まらない理由だろう。
日本のようにパスをつなぐサッカーをしていてもなお でたらめなパスが多いのもしらける。
相手がプレッシャーをかけてきた際にとりあえず自分の足元からボールを離す的な適当なパスが結構ある。
彼女たちはそれに慣れているのかもしれなくてそれが繋がることもあるのだが見ていると行き当たりばったりのパスに見えるものが少なくないだろう。

アメリカやドイツに勝てないのも体格や走力において大木はハンデを負っていることが原因の一つだろう。
ある意味これは男子と女子の差でもあると思う。
したがって女子の代表も男子の高校生のまともなチームには勝てないと個人的には思っている。

さらに、今回の男子の選手はほとんどが初代表のチームであるのに比べ女子は多くの大会などで代表経験を積んできたメンバーだということも頭に入れておく必要があると思う。
ワールドカップの時のメンバーで今でも重要な選手なのかもしれないが鮫島や近賀選手が出ていないというが、それでも出れないとわかり十分な時間があったはずだしそういう戦い方はこれまでにもあったはずだ。
想像するに勝てなかった一番の原因はこの時期の戦いだったってことだろうと思う。
この時期のアジアでの戦いが過酷だったということなんだろう・・・・。


ついでにもう一つ、あくまでも個人的な意見だが チームの攻撃のリズムになっていると思う川澄のポジションだが昨日は右だったが個人的には左のほうが機能すると思う。
こういうポジションの一つ一つも勝敗につながる要因だったのかもしれない。

今日は男子だが、負ける気がする。
理由は日韓戦だからだな。
韓国のチームはワールドカップ予選から決していい状態ではない。
しかし、実際には意外に圧倒的に攻めていたりする。
単純にシュートがゴール枠に飛んでいないのだ。キーパーの守備範囲にいっているのだ。

日韓戦でこれが今までと異なり枠にいき決まれば普通に強いということになるだろうということだ。
加えて今の代表の守備がボロボロという現状を考えれば日本は失点するだろう。
逆に日本はこれまでのチームより堅い守備を相手にすることになるわけでこれまでのように3点取ることはないと思う。
もう一つが基礎体力の問題でこの時期に頑張れるのは韓国の体力だろうと想像するわけだ。
最後に、これまでのこの大会の実績が日本は勝てないと言っていると思う。

なでしこの審判の判定も一部で逆だろ?ってのがあったが、アジアでの判定はやっぱりちょっとおかしい。
きょうはアウェー感満載だろう。
判定も的になりそうに感じるのだ。

とはいえ、選手の方々には期待しているし頑張ってほしい。
できればいい結果も期待したい。
個人的にはそれができる選手が選ばれていると思うし ある意味ワールドカップ予選を戦ったチームより期待もしてワクワクしている。日本らしい早いサッカーができるチームだからだ。
予選を戦ったチームは強いチームなんだろうが おいらにはどこか日本らしさがないチームだと思えるのだ。
今回の代表はある意味よっぽど日本らしいチームに感じている。
したがって結果も欲しいと思うのだ。
楽しみにしている。

メディアの真価!?
2013年07月27日 (土) | 編集 |
山口の田舎で起こった事件の容疑者が捕まった。
犯人に対してもメディアはいろいろと伝えているが、おいらはきょうある記事を目にした。

そこには被疑者がほかの村民からいじめを受けていたという内容だった。

若いからと何でもやらされ、草刈をやらされる際には機械の購入から燃料代まで全部自腹を切らされた挙句に機械をその場に置いておいたら草と一緒に燃やされたという話が出ていた。
更に犬を飼ったところ犬が臭いだのなんだのと言われ殺されそうになったなんて話まで出ていた。
ほかにも被疑者が刺されていたというはなしまであった。
窓に張ってあった文章は彼がやろうとしたことを書いたのではなく やられたことを書いたという話まで出ていたわけだ。

結果的に殺人にまで至ったわけだが、閉鎖的な地域で行われていたイジメ的な行為の積りに積もった感情があったためだという話まで出ていたのだ。


メディアはと言えば面白く人に興味をもたれるように事件の報道をするのが今までの傾向で 事実に基づいているかと言えば不安なところも少なくないだろう。
四国だったかで子供が行方不明になった際には親までが疑われたなんてこともあったし、騒音おばさんとして有名になった事件も実は被害者が加害者だったのでは?という話もあるのだ。

メディアは広告料で食ってたりするわけで中立のようで実は中立ではないのはわかるが実のところワイドショーやニュースの視聴率が取れる内容に偏見を持って誘導してくる節があるだろう。

しかし、本来はそうであってはならないはずだ。

しっかりした取材に基づき 事実を把握し報道してほしいと思うね。

被疑者との間柄の話をする村民のニュースで報道された場面の写真がでていたが、そこにはテロップで鋭利なものが当たったことがあったとなっていたが、これが刺されたでは意味が全く違ってくるはずだ。

とにかくメディアには事実に基づいた取材をしてもらって犯行に及んだ原因をしっかり偽りなく伝えてもらいたいと望みたいね。

追記
2013年07月27日 (土) | 編集 |
Gilleの怪盗少女なんですが、Youtubeでは3分4秒なんですが、i-tunesなどの配信では3分49秒になってます。
おいらは聞いていませんが、全部聞いてみるのもいいと思いますよ。

Gille(ジル)が ももクロの いくぜ!怪盗少女をカバーしたんだが
2013年07月27日 (土) | 編集 |
いま話題らしいGille(ジル)がももクロの怪盗少女をカバーした。

カバー曲のセカンドアルバムGille2に入っていて9月に発売されるのだが、24日に選考配信されYoutubeにも25日の未明からあがっているらしい。
24日の夜中に思い出してYoutubeを見たんですが(実際の時間は25日になっちゃってたんですよ)この時点ではYoutubeにはあがってなかったわけで、ももクロの情報ブログで25日の夜にはYoutubeにあがっていることを知りましたからこの間にあがっていたようです。

最初にこの曲を聞いたときは再生回数が1700回程度だったんですが26日に再び聞きに行くと17000回ほどになってしました。(27日の現時点では26000回ほどになってますね)

最初に聞いた多くの人はおそらくは元々Gilleのファンの人が多かったのでしょうGoodの評価をした人が多く、100回ほどの再生回数にたいしてGoodがすでに200ほどあったんですよ。
中にはももクロのファンのかたが(まぁおいらもそうなんだがw)批判するつもりで来たがすごく良かったなどと書いたコメントもありBadをつけている人は6人ほどだったと記憶しています。
その後Badの評価も9人になりいまは16人になっているようですが、Goodは300人を超えてますね。

個人的には正直悪くはないが良くもないという感想です。(ざっくり言えばのなりますが)
Gilleの歌がうまいので曲自体の完成度は高いとおもうんですが、さすがの原曲が5人で歌っているものなので早口になってしまいGilleの良さが今一つ出ていない面を感じてしまうのです。

同じようにIdolの曲を歌ったものでAKBのフライングゲットなどはかなり良いんですけどねw。
あれは秋元氏の曲でもともと歌いやすいってのがあるんでしょう、GilleのうまさでAKBとは違う良さをみせていると思いますね。昔にあげたやつで再生回数390万回を超えさらに別バージョンもありますからね。

個人的には前にも書いたことがありますが、原曲は大昔に原田真二が歌ったタイムトラベルという曲をGilleがカバーしたやつが一番好きです。
これも普通バージョンで100万回を超える再生数を上げてますが、個人的にはアコースティックバージョンが一番好きですね。
ギターの音がすごくいいのとGilleの声が非常にあっていると感じてます。
ほかにも森山直太朗のさくらなども好きなカバー曲になりますね。
多くの人の曲をカバーしているので原曲を好きな人も英語バージョンとして楽しめると個人的には思ってます。

Gilleがなぜ英語で歌っているのかを知りたければフットボールアワーの岩尾氏がGilleをインタビューした動画もありますので見てみると面白いですよ。
インディーズでデビューしていた彼女が事務所に内緒で動画をあげ20社ほどからデビューしませんかとオファーを受けたという話などが聞けます。
インディーズデビューのきっかけはWikiによると留学中に地元が口蹄疫の被害にあったことで両親や皆を勇気づけるために歌った曲が目に留まったためとありましたが、まさにシンデレラストーリーですよね。

怪盗少女もGilleが歌うと確かにかっこいい曲になっちゃっているんですが、おいらはやっぱり彼女のバラードのほうが好きなんですね。元々ももクロの曲ってカラオケ向けじゃないわけで5人で歌うための曲ですからねw。
ついでにももクロファンやモノノフにはももクロってのは曲の歌詞にもあるように歌って踊って笑顔でなんぼのももクロですからGilleの曲は違ったインパクトを感じるでしょうね。
普通にカッコイイ曲になってますからw。

モノノフの中には日産にゲストでこないかしらなんて声もありましたしね。

ももクロファンにはGilleの入り口としてフライングゲットと個人的なおすすめのタイムトラベル(アコースティックバージョン)も聞いてほしいと思いますね。
Gilleチャンネルがありますので彼女の歌をガッツリ聞くことができますから。

一応YoutubeんのタイムトラベルのURLを上げておきます。

http://www.youtube.com/watch?v=xi42dihpZDM&list=RD02zscwmZlvAt0

是非聞いてみてほしいです。
ついでに怪盗少女のURLも。

http://www.youtube.com/watch?v=WLYhPFvHuPU

できればGilleを応援してね!

メディア ディフェンスいない・・バカ?
2013年07月26日 (金) | 編集 |
代表の選手全員使ったが失点は続きディフェンスの選手がいない?という記事を書いている。

馬鹿じゃなかろうか?

オフェンスはセンスでできるがディフェンスはそういうものではない。

守り方だってマンマークやスペースを守るやり方、またマークの受け渡しなどは練習で身につくものでしかない。

代表のようなチームでは相手も変わるためサッカーなどでは代表よりもクラブチームのほうが一般的に強いと言われているだろう。
海外のチームなどは結構相手が変わっても平気でプレーできたりする場合もあるが日本人の場合は特に体格など劣るために組織の力を大切にしているはずだ。
つまりディフェンスは練習すればうまくなるんだよ。

オーストラリアの1失点目は連携のミスでありこういうのは練習で防げるだろう。
また、2失点目もボールを取りに行ってラインにギャップができたからドリブルで入るスペースとシュートコースが生まれたわけで個人のミスともとれるがこういうのも防げるはずだ。

人に対した時当たり負けしないか、走り負けしないかなどは重要だし、スペースを消すマークなどができるかなども重要だが肝心な連携が乱れただけでしかない。
1戦目の中国戦は相手に押されズルズル下がってしまったが これは合流して2日しかなかったのも大きな要因だろう。
個人的には一つの方法として中沢を使うという案がある。
栗原とマリノスでやっているうえザッケローニには呼ばれていないが代表経験は豊富だ。
クラブで一緒にやっていて連携にも問題は少ないはずだ。
こういうパターンを持つことも重要なことだと個人的には思う。

メディアなどには闘莉王の声もあるが彼の場合は上がり癖があるし戻りが遅い。
チームも失点癖がついているし現状ではベストではないと思う。


ザッケローニは全員見ることが大事などとコメントを出しているがこれってこれまで呼んだ選手は見てないともとれるよw。
少なくてもこれまで呼んだ選手の中の多くは実際の試合には使われた選手は多くはなかったはずだ。
宮市などが試合で使われた時間などを見ればわかりやすいだろう。

東アジアカップで失点をしているのはコンフェデの失点とはある意味違った意味合いがあると思う。
コンフェデの失点は崩壊であり今回は練習不足が大きな原因だろう。

早計にディフェンスがいないなどと言うのは間違いだろう。

いつものようにここでザッケローニを批判したいところだが、きょうは我慢しておこうw。

いやぁ楽しいねw。
2013年07月26日 (金) | 編集 |
オーストラリア戦が終わって代表の記事を見ているんだが、ザッケローニがメディアに49人も使ってるんだがってやつでザッケローニを擁護する人の多いことw。

おいらが前に書いたように過去の代表のブラジル戦と比較したりしている人がいたんだが、トルシエの時のブラジルは3軍だろとかブラジルの強さは一定なのかとか書かれていた。
別にブラジルだけを比較の対象にするつもりなどないしね。
ただ、トルシエの時はワールドカップで初めて勝ち、決勝トーナメントにも出たということは忘れてはならないだろう。しかし、イタリア相手に引き分けたのもこの時代だよ。(ホームでだが)

しかも、昨年フランス戦で勝ったことをあげて今のほうが強いなどと言っている人がいたが、彼らが大好きな本田がいない試合だったね・・・。
本田がいればあの速効は出ていないんじゃないだろうかと懸念しているよ。

アルゼンチンにも勝ったと書かれていた。
その通りだ。
ザッケローニが岡田ジャパンの遺産で勝った試合だな。
このころはまだ守備も悲惨じゃなかったから。

おいらはザッケローニが過去の遺産を食いつぶしてきたことで今勝てなくなっていると思っている。
そして中盤の選手にいいようにやらせすぎているから点が取れないのだとも思っている。
いつも書くことだが、日本の特徴は早いことが挙げられてきたが、今の代表は攻撃が遅いのが欠点だろう。
イタリア戦では点が取れたが あんなものはアジアでもないほど相手の緩い守備のおかげでしかない。
しかし、失点はコンフェデで9失点、東アジアカップも今までで5失点だ。

プレーは選手がやっているが試合には監督の影響は少なくない。
先ほども書いたが、ザッケローニが選手を代えると失点が多いなどというのもそれに含まれると思う。

東アジアカップで点が入っているのは相手の守備がまずいのととりあえず相手の守備を掻き回せているというのが理由だろう。
ワールドカップ向けの代表ならもっと攻撃が遅くなり相手の守備を掻き回すのも難しいように感じているよ。

おいらはワールドカップ向けの代表を否定する気はない。
過去と比べてもおそらく選手の質は高いと思う。
ただ、まともな戦術をもらっていないのが最近の成績の悪さにつながっていると思っているだけなのだ。
それが過去の実績と比較しても負けちゃいそうなぐらいになっていることに我慢できないのだ。

東アジアカップで失点が多いってのは練習時間が少ないっていう問題があるがコンフェデはいつものメンバーで失点しまくったわけだ。
こっちは言い訳ができない。
今回だって本来ならこうした失点をするようなメンバーではなかったはずなのだ。

個人的にはメンバーがどうこうではなくザッケローニの支持や指導のせいで選手がいつもより下手になっていると感じてしまうのだよ。攻撃陣は失敗しても取り返せるが守備は違う。
失敗が失点につながるのだ。

そこにはザッケローニが関係していると思っている。

一応ザッケローニのために書いておくが代表も去年までは悪くなかったのだよ・・・・。

今年酷くなった原因は、怪我明けの本田や長友を使い続けたり点が取れていない前田を使い続けていることが少なからず問題なんだと思う。
ついでに言えば、49人呼ぼうが使える選手をつくってこなかったことはザッケローニの責任だろう。
ザッケローニがどう判断して49人の選手を試したかは別にして結局代表のバックアップメンバーを作れなかったことが問題なんだと思うな。
同じチームのメンバーを同時に使わないなど変なこだわりが選手の長所を生かせない理由の一つだとも思うしね。ザッケローニがこういうチームにしたいという理想があったとしても結果的に見合う選手がいなければ選手に合わせた戦い方が必要になるわけだ。ザッケローニはおそらくそういう選手の見方をしてこなかったとおいらは思っている。
そしてメンバーを固定化させたための控えの選手が経験を積んでいないという結果だけが残ってしまったことでメディアに選手を固定化させている、新しい選手を使わないという風に言われたのだ。
実際に宮市などを招集してもすぐに使わなかったのがわかりやすい。
オリンピックで日本が戦術永井をやったが、ザッケローニは永井がいてもああいう戦い方は出来ない人間なのだろう。それがザッケローニの限界だと思う。

今年うまく勝てなくなっているのはそういうことが原因だよ。
選手を生かすも殺すも監督次第なわけだよ。
東アジアカップでは引き分けと勝ちだが特典が6で失点が5だ。
得点は選手の力、失点はベンチワークだとおいらは思う。
実際に失敗を犯したのは選手だが、皆実績がある選手なわけでベンチワークが選手に失敗をさせてしまったということだ。選手が悪いとザッケローニを擁護するのは構わないが、いまどきは誰が出たって多雨量失点をしてしまっている現実は否定できない。
過去にさかのぼってもこれほどの失点が続いた例などないだろう。

オーストラリア戦
2013年07月25日 (木) | 編集 |
メンバー総入れ替えになってしまった。

ザッケローニは何をしたいのか理解できないね。

選手をすべて入れ替えてしまって何がわかるのだろう?
選手同士の組み合わせで展開も全く変わるわけで組み合わせの運不運みたいなものもでてしまうというもの。

ザッケローニはメディアに対しこれまでに49人も選手を読んでみてきたといったらしいが、どうせロクでもない組み合わせで試した気になっているのだろう。


それにしても攻撃陣はある意味予想通りに活躍してくれている。
選手の力自体はあるのでそれなりに活躍するだろうことはわかっている。

ただ、日本のMF陣は選手層が厚い。
MFではよっぽどのことがない限りポジションを取るのは難しいだろう。しいていえばボランチか。
肝心なのはFWとセンターバックだが、FWに関して言えば柿谷も豊田も大迫もよくやっていると言える。
これもひとえに中盤の展開が早いために相手の分厚い守りを崩すような形にしていないことが原因だろう。

今回の代表に比べワールドカップ向けのチームは中盤が遅すぎるだろう。

それにしてもセンターバックはもっと人を呼んでも良かったように思う。
中盤はある程度固定化するのは仕方がないと思うが守りについてはザッケローニはいくら指示を出しているとしても失点しすぎだろう。
人材がいないなどといったってこれまでの代表だってこれほどの失点を繰り返すことはめったになかったはずだ。

もうひとつ。
ザッケローニがメンバーチェンジをすると失点をするという傾向はなんとかならないものだろうか?
ある意味これだけ見てもザッケローニの采配というものが的確でないという現れだと思う。

セルジオ越後がノルマがない試合など意味がないと言っていたが、その通りだろう。
この大会は勝っても負けてもザッケローニは痛くもなんともないだろう。
勝てばそのまま手柄だし負けてもワールドカップ向けの代表との力の差という言葉で片づけられてしまうだけだろう。
優勝のノルマがあればもう少しまともな選手起用になるのだろうが、勝っても負けても問題がない試合など意味がないと思うね。

あはは!TBS
2013年07月24日 (水) | 編集 |
昨日のマンUとマリノスの試合のMOMが香川になった。

笑うしかないだろう。
点にもかかわっていないし負けたチームの途中出場した選手がMOMになったのだから。


考えてみるとこういうのも仕方がないのかもしれない。
だってTBSの仕切った番組だから・・・。

しかも次の番組もこの試合同様やらせが言われ続ける亀田家のボクシングの試合だという。

長男はそれなりに力があるのは認めるが、初めから強かったわけではないだろう。
最初の世界戦からして何かの力が働いたかのような試合でチャンピオンになったとみられている。

長男は普通にしていれば普通にチャンピオンになる選手だったのだろうが、TBSとかかわったおかげかもしれないが疑問の残る試合を重ねてチャンピオンになりいくつかの灰色の試合も経験してしまったことで引退後に尊敬されるチャンピオンになれるかどうかとぴう疑問も残るのではないかと思う。

まぁボクシングはとりあえず関係ないが、個人的にはTBSはスポーツにかかわらない方がいいと思うね。
言いたくはないが、スポーツをやっている人間に失礼なことを平気でやるイメージがついてしまっている。
マンUの試合は世界に配信されているらしい。
香川のMOMも同様に世界に伝わったということだ。
すなわち、日本のスポーツのレベルの低さが世界に伝わったという事になる。

その責任は小さくないと言えるだろう。



参議院選挙が終わって
2013年07月22日 (月) | 編集 |
ニュースなどでは国民が選挙に参加しないといけない(特に若者が)と言っているが、これって正しい意見なのだろうか?と思わずにいられない。

おいらは今の政党の中では自民党が一番まともだと思っているが自民党には投票はしない。

政党政治に限らずマニフェストを掲げてやっているのが今の政治であり全く一致する意見の政党など存在しないのが実情だろう。
さらに、概ね賛同できるのがおいらの場合は自民党なのだがそれでも信用がおけないしいくつかの選択で決定的に違っているのも事実だ。
そうであってもおいらから見れば一番真面な政党が自民党だと思えるっていう状況で政治にかかわる意味など果たしてあるのか?という気になっても仕方がないと思っている。

実際に今回の参議院選挙では自分の意見とは違うが予想通りの結果になったと思っている。

一番真面だと思っている自民党の政策ではTPPや原発問題、さらには経済優先は結構だが結局のところ大企業優遇の姿勢だったり金持ち優遇の姿勢は変わらなかったりする点で支持できない。
与党になったすぐに地元の自民党議員は高速道路の話をしたし何も変わっていないと感じたものだ。

野党はただの反体勢力でしかないし その中でも政治になんの足しにもならないような政党ができもしない公約を語るのを聞かなければならないってのも苦痛でしかない。


おいらはずっと選挙には行っているが もう選挙に行く意味を見いだせないでいるのも事実だ。
位階将来、選挙に行かなくなるような気がしている。


果たして選挙に行く意味などあるのだろうかと思う。



中国戦のザックの言葉
2013年07月22日 (月) | 編集 |
柿谷が4点目を取っていれば!?ってなに^^;。

最後に力が残っていなかったってのもあったな。


アジアのこの時期の気候を考えればバテるのは仕方がないと思うが、選手の交代がどう考えてもまずいでしょ。
試合直後にも書いたが、勝っている試合を終わらせることができないイタリア人監督ってのはなんなの?って思うよね。
日本に足りないものがそういう部分だからわざわざ外国の監督を呼んでいるのではないのだろうか?
(日本に足りないとは書いたが、日本人だってこういう試合は勝って終わらせているだろうよ)

やられ続けた相手への対応が最後までできなかったなんてのは大和洗い以外の何物でもない。

中国戦での戦犯を指摘し非難するコメントは結構あるが そこにザッケローニの対応についてのコメントが少ないことに少しびっくりする。

前半の入り方で相手にスペースを与えすぎていたのは驚きだったが、後半それを修正したといったザッケローニさすが!って意見には驚くよ。
確かに良くはなっていたが、あのプレスを続けたおかげで最後に体力がついていかなかったわけだろう。
加えて日本の右サイドはやられまくったわけでその対処は結局何もなかったと言えるだろう。
日本の体力が落ちたころから同じパターンでやられまくったわけだ。
選手交代も攻撃的な選手に2枚使ったことで最後には守備の立て直しもできなかったわけだ。
なぜザッケローニが批判されないかが不思議である。

その攻撃的な選手の交代の中で斎藤を使ったのも理解しがたい。
確かに今乗っている選手であるが、斎藤のポジションは普通に考えて一番日本には人材がいるところなわけで敢えて使う必要があったのかという疑問も感じる。
加えて斎藤は背が低い。ザッケローニはこれまで背の高い選手に拘っているではないか。

もうひとつ、おいら個人は柿谷が見れたのは良かったと思うが 本来一番試すべき選手ってのは豊田だったと思っている。
今回の対戦相手は皆でかいわけで、外人相手に豊田がどれほど通用するかが一番の関心事だと思っている。
柿谷はほかのポジションでも使えるわけで豊田を使うべきだったと思う。

柿谷が点を取ったが、ああいうプレーは日本人がやるべきプレーだと思うしあれなら背の高さはあまり関係がないだろう。ならばFWの背の低い選手の使い道はあると思うんだが・・・。

イタリア戦や中国戦では日本は点を取った。
しかし勝てていないということはザッケローニの指示が悪いという事だと思う。
選手が悪いというのも間違いではないが明確な指示で選手のやることをしっかり支持していれば負けなかったとおいらは思う。

ワールドカップの戦いにおいては直接は意味がない試合かもしれないが、一応この大会は公式戦であって勝てるなら勝つべき試合なのだ。
負ければFIFAのランクも下がる。
勝てた試合は勝って終わらせなければいけないのだ。

おいらにはこの試合の最大の戦犯はザッケローニだという事だ。
これだけは間違いがない。

日本VS中国
2013年07月21日 (日) | 編集 |
引き分けでしたね。

まぁ個人的には妥当な結果だろうと思いましたね。


ザッケローニは勝つための試合はしなかったからですね。


前にも書きましたが、今回の招集でチームから複数の人が選ばれるところがいくつかあったわけですが、ザッケローニは代表のスタイルのために同時には使わないと言っていた。
実際に柿谷がトップに入ったわけだが、相性がいいであろう扇原は使わなかった。

とはいえ、攻撃陣はそれなりに能力を見せたが結果的に時間がかかるであろう守備は案の定崩壊している。

日本の右サイドが穴のようになってしまったが、ザッケローニは結局その手当ができないまま試合を壊したともいえるだろう。
駒野は攻撃ではいいところがあるが決して守備的にはうまくはないし高さもない。
ザッケローニは選手交代はしたが結局最大の問題点の修正はしなかったのだ。

これはある意味自分で勝てる試合を落としたと言えるのではないだろうかね。

イタリア戦でもそうだったが、勝っている試合を終わらせることをザッケローニはできなかったのだ。
と言えるだろう。

選手が戦っているのだという人はいるかもしれないが、代表に初参加したメンバーも多くザッケローニがしっかりとした支持を出していれば終わらせることはできたはずなのだ。

わかりやすく言えば相手のストロングポイントをつぶす戦術を選手交代でしていればこういう結果にはなっていないはずだという事だ。
ボランチの交代はザッケローニらしいが、これをしていい結果が出た記憶はない。
ほかの交代は言うまでもなくこれで終わらせるという意思ではなく点を取りに行くという意思表示をザッケローニがしたのと同じなわけだ。
その結果が3-1から引き分けに持ち込まれたということだ。

中国が一番本気でこの大会に臨んでいるというコメントを見たことがある。
しっかりフル代表を送り込んできたからだが、その中国はタイ代表にボロクソに負けたという話もついていた。

いい選手を集めても意思統一ができていなければ勝てないというのが今日の代表の試合だと思う。
(人によっては本田などワールドカップに行くであろう選手以外の選手層が薄いなどと言う人がいるが決してそうではないのだ。現に途中では3-1で勝てていたわけで終わらせられなかったのはザッケローニの選手交代など試合を進める上での支持が悪かったからだと言える)



おそらくは一番弱いだろう中国に引き分けた今は代表は結構ヤバい気がしますね。

一応攻撃陣はいいところは見せたわけだからそこは評価したい。
ただ、一番の問題のディフェンスの課題は残ったままだね。

何度も書くが今日の敗因は何度もやられていた右サイドの手当てをしなかったことだ。
それはザッケローニの責任だと言っておく。

ザッケローニの手記?
2013年07月20日 (土) | 編集 |
ザッケローニ自身の書いた内容なのだろう。

ttp://samuraiblue.jp/fanzone/ilmiogiappone/vol27.html

東アジアカップに向けた記事が書かれている。


言いたくはないが綺麗ごとしか書かれていないと思う。

選手を読んだら結果を残さしてやりたい?試合でほとんど使わないじゃないか?
時間がないのであれこれ詰め込まないで大まかな約束事だけを守らせるってことが代表の戦術でJのセットを組ませない理由になるんだろうか?
おいらから見ればやりにくい状況をわざわざ作っているようにしか見えないのだが・・・。

システムの3-4-3をイタリアで成功した話などはかつての栄光をひけらかせているようで仕方がない。
おいら、思うんだが外人ってのはシステムがどうとかってより試合に出れれば世論婚で頑張るだけだからシステムに悩まないんだと思うよ。日本人ができないのは指導力がない指揮官に違和感しかないからだろう。
言うとおりにやったらどうもうまくいかないってね。
外人は言われても自分がやりやすいように勝手に変えちゃうからうまくいくのだろうw。
うまくいけば結果オ―ライで手柄だけは指揮官がもらっちゃうんだろうな。

大事なのは結果ではなく成長を続けられる選手ってのは同意だが、成長を判断するのがザッケローニってんじゃ話にならない。だって彼のスタイルに合うってことが重要な人だから。
そうでなければ寿人のような選手を外す理由がないはずだろう。
寿人が結果を残せないのは(代表でだね)寿人を生かす方法を取らないからだよ。
サッカーは点を取るゲームだがなかなか特典ができないゲームでもある。
チームにおいて結果を出してきた寿人のような選手は大事で彼が点を取れるし捨て鵜を考えるべきだと思うな。
仮に彼がマークされることでそのチャンスが作れないというならわかるが、これまで代表では寿人のための戦術はとられてないだろう。
MFの選手が有名になり評価されてきたことでFWを生かす戦術が取られてこなかったのが日本の代表だとおいらは思う。FWは何度もチャンスがあるのだからもっと点が取れる形を作ることが大事なはずなんだが代表ではそれが行われていないのだ。
結果的に今の前田のようにMFにチャンスを作る仕事だけが評価されるFWってのが出来上がっているのだろう。


ついでに書いておくがザッケローニは今回選んだ選手をよく知らない選手と書いている。
中には代表を全く知らない選手ばかりではいけないので経験者も呼んでいると書いているが、初代表は皆よく知らない選手なのだ。
おいらはこれだからザッケローニはダメだと言っているのだ。
Jをよく知っている監督、ネルシーニョやクルピを代表監督にというのはそういうことだ。

海外からふとやってきた代表監督は何人かはいたが、トルシエなどは下の世代の監督も兼ねてやることで多くの選手を見てきていた。
ザッケローニはやっぱり日本人選手をよく知らない監督でしかないのだ。

一応ほかにも書いておくと、まるで岡崎や吉田、前田などはザッケローニが取り立てたみたいに本人は書いているが皆代表には選ばれていた人間で過去にも実績を上げた選手ばかりでしかない。
言い換えれば過去の代表監督の遺産で生きてきた人間だという事だ。
新たに加わったと言えるのが酒井や乾、清武あたりだろうが、彼らが選ばれたのも海外に出た選手だからであってザッケローニ以外の人間がその能力を判断した選手だとも言い換えることができるだろう。
ザッケローニは自分ではほとんど何もしていないのだ。

ザッケローニは点が取れないと嘆いているという。
おいらからすれば当たり前だ。
点を取る方法を自ら拒否している監督だからだ。
点が取れるFWと代表のスタイルなどと言う名目で点を取る戦術を拒否しているからだ。
そしてMF任せのパスが基調のスタイルで遅くなっている攻撃では点が入る確率は低いのも当たり前だろう。
ずっと書いていることだが、点が入りやすいのは速攻なのだ。
相手の守備が整わないときにこそ点は入るのだ。
ザッケローニはそういう戦いを拒否しているのだろう。
点が入らないのは当たり前だろう。アジアだから勝てているのだ。
ワールドカップの最終予選でも弱い相手には勝てたがオーストラリアには勝っていないのだ。
一番最近の強豪に勝った試合がフランス戦で本田がいないときに速攻で点を取って勝ったのだ。
そのことを忘れてはいけないと思う。

なんにせよ、ザッケローニではワールドカップで戦えても勝てないだろう。
選手任せなんで選手が覚醒すれば勝てるかもしれないがザッケローニの戦術で勝つなんてことはあり得ない。

過去から見て選手層が一番厚いのは今かもしれないが、一番強いのが今だということはあり得ない。
実績がそう言っているだろう。ワールドカップ前のコンフェデで一番成績が悪いのが今回ですよ。
南アフリカの後アルゼンチンに勝ったことで多くの人間が勘違いをしたと おいらは思う。

少なくない人間が本田がいなければなどと言う声を上げているが、おいらは少なくても代表監督は誰々がいなければ勝てないなんてチームを作るべきではないと思う。結果的にそうなるにしても本田が出れ根くても戦えるチームを作る義務があると思う。そういう面でもザッケローニは失格だろう。

やっぱわからんねぇ。
2013年07月20日 (土) | 編集 |
柿谷のワントップから始まるのだろうか?スポーツニュースにはそういう記事が書かれていた。
とはいえ、そのまま始まらないのもザッケローニのスタイルという気がしているがw。

さらに慣れた相手とは組ませないという記事もある。

代表のスタイルでやってもらうためらしい。


おいらにはここがわからない。
代表のスタイルってなんだ?

おいらには本田や香川の能力に任せた中盤にしか見えない。
戦術があるのだろうか?
サイドに開けってのは聞いた、しかし乾は距離が広がりやりにくいという感想も聞いている。
本田がボールを受けに下がってしまうのも戦術だったのか?

おいらには違うと思うけど・・・。

セレッソや広島の選手などが複数選ばれているんだが、これらのチームは得点力があることはJを見ていればわかるはずだ。
しかし敢えてその得点力をご破算にしてあるとも思えない代表のスタイルをするために違う組み合わせをやる意味があるのだろうか?
それでいて得点力がないと嘆く指揮官の真意が理解できないね。
おいらならセットごと代表のスタイル?ってものに合わせう努力をしてみたいけどね。

個人的にみれば海外組主体の代表では選手から意見が出てザッケローニのやりたい事?がうまく出せない中、国内組の若い世代相手に持論をぶつけたいだけに思える。
今回選ばれた選手にはザッケローニの話を聞いたふりをして自分なりの動きをして点を取ってもらいたいものだ。
手柄はザッケローニが持っていくのだろうが、若い分海外組より走って結果を出してくれることを期待したい。


おいらは選手の能力を疑っていないので善戦できる自信はあるのだが、反面 ザッケローニの進退につながるなら惨敗しても良いとも感じている。
まぁ協会がわざわざ面倒臭いことはしたがらないだろうから負けても監督人事については世論が動かない限り動かないだろうことは解っているのだが。

まぁ初代表が多く一緒に練習する時間も短い中代表スタイルなどというものがあるのかどうかも知らないがあるとしても体がなじむまでに時間は少なすぎるだろう。
そんな中、セットをわざわざばらして使うメリットなどどこにもないとおいらは思う。

個人的にはザッケローニと おいらの考え方はほとんど逆なので今更だが おいらにはわざと勝てない状況を作り出しているようにしか見えない。

片腹痛いわ・・・
2013年07月18日 (木) | 編集 |
東アジアカップの代表選出で元代表の武田が惨敗ならザッケローニの責任論も浮上と言ったらしい。
個人的には賛成だが、惨敗でなくても代えるべきだと思う。

ついでに割と真面目に惨敗しないと思うんだけどな。

惨敗しない理由は簡単で選手は若いがいい選手は集めているのは間違いない。
負ける理由があればザッケローニの指導力と選手起用の問題だろう。
おいらがザッケローニが嫌いな理由が 彼の好むスタイルがハッキリ言っておいらが考える日本代表と異なっている点にあると言えるだろう。
ザッケローニはまずサイズに拘っている面があるのは言うまでもない。ディフェンス時の大きさを決行重視している。FWで大柄の選手を徴用しているのがいい例だろう。
そして海外勢を重用しているのも問題だと感じている。
いつも書いていることだが体調などが悪い時などはほかの選手を使うべきなのだ。
海外勢が悪いわけではない、使い方が問題なのだ。

また、おいらが指摘している本田の悪い面(ボールをもらいに下がってしまったり長く持ちすぎること)を治そうとしていないのかもしくは治せないのだろうことは大きな問題だと思う。

東アジアカップで結果云々の話でこれを見た人のコメントがまた残念だと思うのだ。
寿人や大久保を外した理由を彼らが語っているのだがシステムに合わないなどと書いていたりするわけだ。
ザッケローニのスタイルってのはなんだか口にできるのだろうか?
おいらには彼のスタイルがさっぱりわからない。
代表でみれることは中盤の才能のある選手に任せていることしかわからないのだ。
戦術などというものも見出せないと言えるだろう。
南アフリカが守備重視でわかりやすかったしオリンピックも同様だが、いまのザッケローニは何がやりたいのだろう?プレッシングにしたってしっかりやれることもあるがほとんどがそれほどきついプレスも書けないケースが多い。
うえであげた二つの大会で見せたスタイルはこの試合で走り切るんだという姿勢が見えたのに対しザッケローニのはそういうスタイルではないのだろう?
ではパスをつなぐサッカーなのかと考えてみても、相手が格下であろうとこういうスタイルでは日本が点が取れないのは今までの試合でハッキリしているだろう。
昨年は格下なら点が取れたが今はダメだといえるだろう。
メンバーは大きく変わっていないが点が取れなくなったともいえる。
錬度を上げる?おかしな話だ。
メンバーが変わっていないのに得点力が下がってしまっているではないか。

ある意味理由になりそうな事柄がいくつかある。
FWの前田が昨年のような調子ではないこと。
本田と長友がけがをしていたことで十分な力が発揮できていないことなどがあるだろう。

いつも書いていることだが、本番でも同様の状況が起こりうるわけでこういうケースでも勝てるような選手起用やスタイルの確立がザッケローニは出来ていないというしかないと思うのだ。

東アジアカップでザッケローニのスタイルに合うとか合わないとか言ったところで 選んだ選手の中でザッケローニのスタイルを体現できる選手がそもそもいないではないか?
ザッケローニのスタイルを知る選手が今回の代表の中核に入る人間を選んでいない中行き当たりばったりで何を見るというのかってことだ。
わかりやすく言えば選手個人の能力任せの試合をやって結果を出した選手を評価すると言っているようなものだろう。
そこにはザッケローニが今の代表でやっている形のようなものとは全く違う中で試合をやった結果を見るだけのことで今までの代表とのマッチングなどというものでは決してないということだ。


日本代表は2000年頃からは世界的にもそれなりの結果は残してきていることをまず忘れるべきではない。
そして今の日本代表が最強だという妄想も捨てるべきだろう。
ブラジル相手でここまでひどい負けを続けた代表は今の日本代表ぐらいだろうことを言っておく。

選手の能力が今が一番高いかもしれないことは否定はしない。
しかしなぜ一番強い代表ではないかといえば監督がダメなんだろう。
昨年の代表は同じメンバーでもよかった。今年はダメになっているということはわかりやすい。
先ほど上で書いたような状況があるからだろう。

南アフリカ後に代表監督を探すうえで日本のスタイルという重要な課題があったと思うのだが、結果的にザッケローニはそういうものを一切考えていなと言えるだろう。
中盤の人材に任せっきりをスタイルというならあまりに情けない。
誰だそこに入るにせよ同じようなスタイルで戦えるってのがスタイルと呼べるものだと思う。
本田がいないと勝てないなんてのは妄想だと思う。
いや、ある意味正しい。
ザッケローニが本田がいないときの戦い方を練習させていないのだろう。練習させているとしてもその場主義なのはトップ下を長く香川で行くか憲剛を使うか迷っていたようなことからもわかるだろう。
同様に香川がトップ下に入った場合の選手の使い方もザッケローニ自身が迷っていて戦い方の指示などもできなかったのではないだろうか。
これでは勝てないのも仕方がないだろう。

ちなみにだが、FWに誰が入っても日本の形は大きく変わっていないだろう。
攻撃面では前田やハーフナーの高さは生きていないのは解るはずだ。
そうであるならば寿人が選ばれることもあっていいはずなのだ。
守備での高さ云々という声が出るかもしれないが、本来守備でFWを使うなよと言っておく。
寿人で高さがというならセンターバックを大きくするとかボランチを大きくするという考えの方が本来正しいはずだ。

ザッケローニを選んだ協会はザッケローニを批判しにくいのかもしれないが、今のままではダメだろう。


とはいえ、去年の前田は悪くなかったし来年の本大会前に調子が上がっていないとも限らない。
同様に長友や本田がいまよりも昨年よりもよくなっているかもしれないという事がありうるんだよねぇ。
本来、監督ってのは何人かが不調でも戦えるチームを作るべきなんだが 今の代表は選手の調子さえよければそこそこ戦えてしまうわけでザッケローニの手腕とは関係なしに活躍することも考えられるんだよね。

ただ、個人的には今年勝てないってのが気に食わないのだ。
コンディションが悪い選手や結果が出ない選手は代えるべきだと言っておく。

なんでイタリアのメディアに前田は動きはいいが点が取れないのは日本で質問してはいけないことといわれなければいけないのか 考える必要があると思う。
海外のメディアは試合ごとに点をつけているが、高得点になるのは点に絡むケースが多い。
FWなら点に絡んでこそだと思うな。

ザッケローニがすることに大きな考えなどあるわけがない。
選手を試すってったって大きな影響はないだろう。
それほどの大会でしかないってことだろう。

しかも、協会がザッケローニに対し強くでないことがうかがえる中での話で負けたところで処分もないと思える中での話だ。

茶番でしかないだろう。

鈴木良平氏 本田はいらない香川がいる
2013年07月16日 (火) | 編集 |
S級ライセンス保持者らしい。

本田はいらないと言っている。

ザッケローニも就任当初は良かったが 今はダメだと言っている。

ttp://worldfootballnews.doorblog.jp/archives/30483903.html

日本が目指すべきサッカーがプレッシングサッカーであることから今のザッケローニがやっている本田を中心にしたサッカーがふさわしくないと言っているのだ。

現状ではどこの国でもセンターバックが体格のいい選手を使っていることからも今野を変えるべきだとも言っていて個人的には共感を持てる。
遠藤、長谷部のスタイルについても本来ボランチに求められる役割で言うと適切なポジショニングとは言えないと言っているんだが、そこについては個人的にはケースバイケースでいいのではないかと考える。
厳しいマークを欲するならばおいらとしては今野をそのポジションに使えばいいというのがおいらの考えなのだ。

ちなみに本田についてもおいらとしてはそのシュート力などを考えても不要というのはどうかと思っている。
南アフリカで本田が1トップに入ったケースのように彼を生かす方法はあると思っている。
また本田の体格を考えれば早いサッカーがこなせなくてもボランチなら十分にその力を発揮できると思うのだ。

鈴木氏の考えはおいらの考えに割と似ていると思う。



ちなみにだが、相変わらずというか当然のように本田がいないと日本は勝ててないという人間が少なくない。
おそらくどこか勘違いをしていると思う。
勝ててないのは人材がどうこうではなくザッケローニが勝てるサッカーをしないから勝てないのだ。

前にも書いたが日本は世界の強豪に対しいいサッカーをしてきている。
コンフェデの2001年は有力選手の出場が少なかったかもしれないが日本は準優勝して予選でブラジルに引き分け決勝でもジダンこそいなかったがフランスに0-1という試合をしている。

フランス大会では予選グループにアルゼンチンと3位になったクロアチアがいて全敗したがアルゼンチンにも0-1ぼ試合をしている。
コンフェデでは2005年だったかにやはりブラジルと当たり引き分けている。
数え上げればいくらでも接戦ならしているのだよ。
柳沢のゴールでイタリアに引き分けた埼玉ドームだってある。

日本が今の代表で強豪に勝ったのをみれば最初にアルゼンチンに勝った以外ではフランス戦になるのかもしれないがフランス戦では本田は出場していない。

アルゼンチン戦は本田もいたが日本は早い攻撃ができていて今の代表のスタイルとは違っている。

ザッケローニがアルゼンチン戦のように戦ってくれるならおいらも文句はないが 今の代表はそういう試合ができていない。
今野代表を強いという人間には過去の試合を見てほしいと思う。
ユーチューブにはいくらでも過去の代表の勇士が見れるはずだ。

おいらは今の代表選手がダメだとは思っていないことも言っておく。
おいらがダメだというのは指導力のないザッケローニがダメだと言っているのだ。

本田がボールをもらいに後ろに下がったりボールをもって横移動したりすることをザッケローニが止めさせ日本の早いサッカーに切り替える必要があると思っているのだ。
いくらボールを保持していたって守備を固められてしまえば強豪相手では得点は難しいのだ。
日本が点を取るチャンスを考えれば早いサッカーをするしかないのだ。

本田についてもザッケローニがその役割をはっきり伝え早いサッカーを代表に臨めばできるはずなのだ。
現にロシアやオランダではやっていたわけだ。

ただ個人的にはトップ下には少ないタッチでボールを動かす香川のほうが日本代表には会っていると思っている。
そういう意味では今の代表で本田を使うならトップかボランチになってしまうだろう。

日本が体格などを含めた個の力など求めたって無理なんだから組織の力や90分走り切れる走力をつけることにした方が賢明だと思う。

おいらからみれば本田にもそういった力はあるはずなんだが、今の代表でそういうサッカーができないのはザッケローニがそういう形を望んでいないか指導力の問題だと思う。
イタリア戦では早いプレスができていたが、それができたことも要因になってイタリアがプレスをかけなくなったことで自由にボールを回せたことが善戦できた理由だろう。

日本が強豪に勝つチャンスってのはいまのところ南アフリカスタイルかオリンピックスタイルということにしかなるまい。
そこで必要とされる能力を持った選手が本来必要な選手だとおいらは思う。
そういう意味では今現在の選手選考にはそれなりに不満はないが(FWを除くだな)使い方には大いに不満を感じている。

まぁ鈴木氏の考えには納得できるが いろいろなケースが起こりうるわけだからできるだけ多くの戦術や選手がいたほうが今後に結び付くというものだろう。

東アジア選手権 代表・・
2013年07月15日 (月) | 編集 |
この大会はこのメンバー選考の時点で意義も減ったくれもない気がするが、セルジオはこの大会にもザッケローニにノルマを課すべきだと書いているらしい。

ザッケローニの言葉で成長していないというのがあったが、個人的にはこの言葉は表裏一体だろう。
選手に能力があったって使う側の問題を避けて通ることはできないだろう。
先ほども書いたがこの選手選考でザッケローニが見たいものってのが個人的にはよくわからない。
代表の胎動してきたメンバーをほとんど選んでいない中、この戦いの毛㏍が意味するものが何なのかがよくわからないのだ。
試合に勝つことが目的なのか?また、誰かが活躍することが目的なんだろうか?

おいらにはザッケローニの考え方がよくわからないんだよな。

佐藤寿人画家kつやくする陰には彼にパスを出すシステムのようなものが存在していると思う。
柿谷が活躍するにしても同様にパスの交換をする相手があってこそだろう。
豊田にしても同様で水沼のパスなど相性がいいのかもしれない。

そういうものを得て彼らは活躍している。

そう考えると点を取る選手を活躍させるのはほかの選手とのかかわりが大きいと思うんだよね。
ザッケローニは新しい選手を呼んだ時にそういう選手の役割を誰かにさせているのだろうか?と疑ってしまう。

いまのシステムに合う選手を選ぶんだよ、という人がいるかもしれないが それってのは点が取れなくても動いてスペースを作ることを言うのだろうか?
いつも書いているがおいらは前田の才能を疑ってはいない。ただ、今年の前田には運がついてきていないのを問題にしている。
点が取れないとザッケローニが悩んでいるという記事もあったが ザッケローニ自身が点が取れるように動いた形跡が見えないことが最大の問題だと思う。
先日の試合が終わってJリーグの得点上位者は皆日本人だが、だれも代表に呼ばれていない。
ランキングの低い前田だけが呼ばれているのだ。


どこかの記事に本田や前仇は守備で大きな役割を果たしていると書かれていた。
彼らがいると失点が減るらしい。

コンフェデを見ても同じことが書けるのだろうか?
背の低い岡崎がヘディングで点を取り、本田や前田がいても失点を繰り返していたではないか?
南アフリカでは守備が硬かったが今のディフェンスシステムはザッケローニの好みで作られているんじゃないんだろうか?
背が足りないのならセンターバックに今野ではなく栗原を使うべきだろう。
今野はボランチにいれればいいではないか?

データは重要だが、トータルで考えて判断するべきだろう。本田はボールを受けているしパスもとおしているが彼が絡むと攻撃が遅いのも特徴だろう。
中にはそれによってサイドが上る時間が稼げているという人もいるだろうが、点を取っているケースでは圧倒的に速い攻撃ができているはずだ。
時間をかけ攻撃に厚みを出しても点が取れなければ意味がないというもの。
そんなことをするよりは速い攻撃を仕掛けることのほうが点に絡む確率が高いはずだろう。

ボールをもらいに下がることも問題で、そうしないことをザッケローニが支持しなければならない。
本田を使うならボランチかトップで使うべきだと個人的に思う。
いつも書くことだが本田のキープ力を生かすならもっとゴールの近くで生かすべきだと思う。

まぁんにせよ、ザッケローニに対する協会の甘さが最大の問題で新しい選手の発掘なんて言えば聞こえはいいが、今のままならたとえ活躍したってこの大会におけるフロック的な扱いでしかないだろう。
チャンスには違いないがすでにザックの頭は固くなっており今後の少ないチャンスで再びチャンスをものにするしかないだろう。
それにしても折角の宝を使わないのはどうにも言いようがないと思う。
寿人や大久保の実績は申し分なく同等にチャンスを与えるべきだと思うな。
何度も使ってきたってのは意味がない。
ザッケローニが使い方を知らないだけだからなぁ・・。
進言できる教会関係者がいないのが最大の問題だ。

いまの日本のメンバーならネルシーニョやクルピならもっと強いチームを作るだろうとおいらは確信している。

代表発表があったが
2013年07月15日 (月) | 編集 |
明らかに若手中心のメンバーだ。

大久保や寿人は選ばれていないし憲剛なども選ばれていない。


個人的にどういえばいいのかわからないが、果たしてこういう選考でザッケローニは選手の能力がわかるのかどうか疑問に思う。

これまでの代表選考などでは基本メンバーにどう融合するかを問うたものだと推測するのだが、この若手ばかりのメンバーで戦いそこに何が見えてくるのかが分からないのだ。
仮にだが、憲剛や柏木などがいるのなら多少なりともこれまでのザックの考え方に元ずいたものが出るかもしれないが、今回のメンバーでは今回のメンバーだけで新たなものを作り出す必要から始まるともいえる。
更に期間も短い中でだ。


いつも書くことだが、本来選手選考にはある程度の意図があるはずでこの選手が代表に入った時のどう使えるのかを見るものだと思う。
(まぁザックの場合はそれすらも無理かもしれない。ハーフナーが入っても攻撃スタイルを変えないなどというのがいい例だろう)

現状使われている選手は実績がある選手で清武などはたまたま使われた際にインパクトを与えられたから使われる機会があるだけだ。その清武も基本的には控えでしかない。
すでにザックが望む選手は完全に固定されているだろう。

活躍すればチャンスが来るのは間違いないが、そのメンバーに寿人や大久保が入っていないことには不満が残る。
ある意味大久保などは岡崎と似たスタイルの選手で前線からの守備もできればMF的な動きも岡崎よりもできるしスペースに抜け出す動きもできる選手で調子がいい。
こういう選手を使わない姿勢がすでに問題だろう。
寿人に関しても言うまでもなくいまJで一番点が取れる選手なのは間違いがない。
しかし、ザックは使わない。
体が小さいからだろう。ザックが気に入らないタイプだからとしか言いようがない。

違った見方をすれば寿人などは点が取れる選手なのは明らかだが、ザッケローニは代表で寿人を生かすフォーメーションを作れない監督なんだろう。

おいらの考えでは過去にも日本は誰々のチームみたいに言われることはあったが、いまほど本田頼みと言われているケースはないと思う。個人的には決してそんなものではないと思うのだが、一部のファンやメディアはそういう見方をする。
本田が出ていないと勝てないとかいうのだ。

おいらに言わせればそれこそが問題だと思う。
香川をはじめドイツで活躍する乾や清武、長友など選手はいるのに本田がいないとというイメージを植え付けてしまうほどほかの選手が使えていないのだ。。。。
このことが一番の問題だと思う。

ザッケローニは基本的に雰囲気を作るだけで何も教えられない監督だとおいらは思う。

海外で活躍する選手が増えたのにトルシエの時にできたスリーバックがザックは教えられない。
今と昔、トルシエとザッケローニで教えようとするスリーバックの内容は違うとは思うが、結局はそこが指導力なのだと思う。
イタリア人にできて日本人にできないわけがない。普通に日本人ってのは戦術理解度は高いと言われているのだから。

選手起用、交代からも彼の戦術は理解できないケースは少なくない。

まぁ今回の東アジア選手権で選ばれることになった選手ももしワールドカップに向けた代表に選ばれるとしても結局最終的にはザッケローニが好む選手たちとの相性という大きな壁が存在していることを忘れるべきではない。



それにしても日本サッカー協会ってのは100年構想などとぶち上げ力を入れている風で結局 いつも 監督の人事には消極的でどうしようもないと思う。
海外から大物をなどというのもいいけれど、ザックを見ればすぐにわかることだが本当に日本人選手のいいところを理解できるのは日本で監督お経験がある人だけだと気づくべきだと思う。

サッカーが好きだから見つづけるが、ブラジルのワールドカップでは大きな期待は持てそうもないと思う。
ザッケローニは宗旨替えすれば話は変わるけどね。。。。

ちょっと独り言だす
2013年07月15日 (月) | 編集 |
カーラジオで教師による体罰の話が聞こえてきた。
生徒同士のいざこざがあり職員室に連れて行こうとしたところ反抗的な態度を示したらしく殴ったり蹴ったりして肩を骨折したらしい。この教師はほかにも体罰をしたとして云々だ。

いつものことだが、日本ってな不思議な国だと思う。

そもそも学校で教師なんてのは警察官と同じようなものだろう。
暴力を振るってもいいというのではないが、そもそも生徒が反抗的な態度を取ったことに問題があるはずだ。
これは普通に道路交通法違反の車を止めようとして逃げる奴らと似たような話で追跡して事故でも起こされれば警察が責任を問われることに似ていると思う。

悪いことをして逃げる奴が悪いのに正義のために追いかけて責任を問われるってのはどういうことなのか理解に苦しむ。
まぁ若干体罰の問題は内容が違うが、今の世の中必要以上に教師に対して求めることが多くなっている傾向に問題があると思う。
いまではほとんどの人が大学などに進んでいるために自分より学歴のない人間が教師になっているなどという事が原因の一つと言われているが、そういう事とは別に権利などという言葉が多用されることが問題なのだと思う。
多くを教師に求めるより自分たちで何とかしろと思うね。
学校に預けるならもっと学校を信頼し何かあれば子供が悪いと言える親にならなければいけないと思うよ。
そうでなければ自分で全て子育てしろと思うね。


アメリカの映画もよく見るんだが、先日はハイジャックされた飛行機に核爆弾があるなどと脅され 政府は飛行機の撃墜を支持するというのがあった。映画なんで主人公が頑張り飛行機は撃墜されなかったが、同じことが日本で起きた場合にどうなるかを考えるとゾッとする。
政府は相手の要求をのみ かといって飛行機の撃墜などという指示はできまい。。。。
アメリカでは犯罪所の要求は基本的に飲まない姿勢がある。
簡単に考えれば犯罪者はすでに社会のルールを破った存在でそういう人間の約束などが守られることを信じていないのだろう。
一報で日本のメディアはというと、犯罪者である交通違反者が警察の制止も振り切っているのに まだそういう人間を庇うかのような発言がでてきてしまうのである。
言いたくはないが逃げた時点ですでに罪を重ねている人間が事故をおこしたらその責任を警察に問うなどというのはまったくもって間違った判断だろう。
逃げたやつが悪いのである。逃げなければ危険な運転をする必要がないのだ。
追いかけるから危険な運転をするというかもしれないが、追いかけられる前にその人たちは交通違反という危険なことをしていることを忘れるべきではないと思う。

先ほどのハイジャックの話でもアメリカ的に考えれば市民には犯罪者の逮捕に協力する義務でもあるのだろう。
逮捕できなければそれこそ犠牲になって殉職することも国民の義務とでも考えるのだろう。

メディアの話といえば 先日堀江もんが朝日新聞の取材についてツイートしたらしい。
朝日から取材を申し込まれたらしいのだが、記事にする際に確認したいと申し出たところ朝日新聞の取材を断られたらしい。
取材はするが好きに書かせろという事らしい。
そうでなくてもメディアは取材の中からつごうのいい言葉を選び出して作り話にしてしまう傾向がある。
特に朝日新聞は・・・。

中田英寿がメディア嫌いになったのもないことを書かれたことが原因だったわけだが、真実を伝えるのが仕事のはずのメディアが自分たちの都合のいい嘘を流すことが増えているように思う。

仕方がないのかもしれないが、このままでは日本はダメになってしまうのも間違いがないことだと思う。

ラジオでは今回の参議院選挙はかつてないほど盛り上がっていないという政治記者の話も伝えていた。
概ね自民党の圧勝は間違いがないのだろうが、消去法で自民党以外にまともな政党がないというのが実情で、その自民党もワタミを担ぎ出したからさらに問題を大きくしているのだろう。
ワタミに入れるぐらいならほかに入れるという人も少なくない。

一番真面に見える自民党ですらワタミを担ぎ出すのだから自民党の信用も糞もないのだが、いかんせん ほかの政党がひどすぎるから・・・・・。
投票したくなくなるのも仕方がないと思う。

メディアや政党は投票することで自分の意見をというけれど、どこにいれたってよくなるように見えない政治に何を期待し炉というのかと思うよね。
ワタミを擁立して自民党が勝てばワタミが承認されるという事になるのだろうか?

こういう考え方を突き詰めていけば投票する意欲などなくなってしまうのも仕方がないだろう。

政治が国民に責任を負う友利があるなら投票の仕方の中に 支持する政党なしや支持する政治家なし というのも対象にしてみればいいと思う。
かりにそれが一番票を集めればその選挙区や比例候補は落選で空白のままにすればいいだろう。

まぁ愚痴ですよ。

遠藤選手のついての記事があった
2013年07月13日 (土) | 編集 |
遠藤は攻撃で貢献している、もっと評価してあげてって話に対して皆が好き勝手に書いていたw。

いつもいうことだが、100人いれば100通りの味方があるわけで 他人の意見にニワカ扱いや批判的になる必要は全くないことだと思う。

おいらにしても遠藤の才能は評価するが今では扱いは確かに難しいと思う。

イタリアのピルロなんて選手もパスの名手で守備には難があるが、イタリアなどはほかのディフェンダーの力があるから日本と一緒にするのもどうかとは思う。
これはおいらがいつも書いていることだが、決して日本のディフェンダーの質が低いということではないと思うんだ。まぁ日本人よりは対人での強さはあると思うってことだね。
日本のディフェンダーは組織で守ることが多いのでそういう面では弱いのだろう。

おいらの基本的な考え方には調子のいい選手をつかえというものがある。
したがって調子が悪い選手は本田であろうが遠藤であろうが代えるべきだと思う。
そして相手によっても選手は代えればいいということだね。

本田や香川が替えの効かない選手みたいに扱われてしまっているが、ほかの選手との相性などを見てもおいらには彼らが絶対的な選手には思えない。

ハーフナーに合わせられる選手が駒野だけと書いている人を見たことがあるが、そういう相性みたいなものも選手起用の条件になるんじゃないかなぁと思う。

おいらがよく書いていることだが、この選手は絶対的存在などという人はその選手が故障したらワールドカップはあきらめちゃうってことなんだろうかと思うんだよね。
代表選手になろうっていう人は試合に出続けているのがほとんどなわけでいつ怪我をするかもしれないわけだ。
その選手の替えがいないって国はどうすればいいのだ?
おいらは監督がそういうことも頭に入れてチームを作るべきだと思うし、替えが聞かない選手ならその代わりを務める選手の育成にも力を入れるべきだと思う。

もっともおいらは選手の能力にはそれほど大きな差はないってのが持論なわけで、ある一面でずっと劣る面があったとしても相手を上回る面を持っていれば使い方次第で十分に戦えると思うのだ。
香川のボールタッチや冷静さは真似できないがもっと守備で頑張れるっていう選手は別のチームなら香川より活躍できるかもしれないだろう?

よく代表の選手の層が薄いなどという人がいるが、そんなものは間違いだと言っておく。
昔から結構いい感じの選手はいるんだが、実はそういう選手をうまく扱える監督がいないだけのことだと思う。

代表合宿まで呼ばれる選手ってのは基本的に所属チームで結果を残しているわけで能力がないわけではない。
問題なのは代表が寄せ集めのチームであるために選手一人一人のスタイルを発揮しきれないことで、そういうマッチングがうまくいけば今試合に出ていない人間や最終的に代表落ちしている選手だって活躍するチャンスがあると思っている。

おいらの見方では本田や香川が練習していることと同じことをほかの選手もやっているという事が大事なんだと思うね。代表に呼ばれた多くの選手が誰かの代わりに入ってもいいプレーができるというぐらいにね。

特にFWはMFのスタイルに合わせてしまっては持ち味が半減してしまうかもしれないからMFがFWにいかに合わせられるかがだいじだとおもう。
ザッケローニはそれができているのだろうかという懸念がおいらにはあるのだ。

遠藤の守備などに結構問題視している人がいるがそれなりにカバーもしてるしパスカットもしている。
もし問題があるのならば対戦相手によって守備的に戦える人間と代えればいいだえのこと。
おいらにはメンバーを固定したがる理由がわからない。
攻撃も守備も完璧な存在はもともとそうはいないだろう。
多くの強豪チームだって決まりきった選手ばかりで戦うなんてことのほうが稀だろう。

普通に対戦相手によって選手起用を代えるだけでいい話だと思う。
決まった選手しか使わないから代わりの選手がいないととらえる人もいるが、言っちゃなんだが そんな戦い方は古い戦い方でしかないと思うな。
疲れた選手は代える、調子のいい選手を使うというほうが勝つ確立は上がるはずだ。
調子がいい選手ってのはここ一番で体が動いている証拠なのだろう。そういう選手を使ってまずいわけがないと思う。

おいらが前から書いているように、ワールドカップ予選からコンフェデとまともに練習さえできなかった本田を途中交代さえもさせずに使い続けることのほうがおかしな采配だと思うな。

遠藤の話でもそうだが、遠藤にはストロングポイントも弱点もあるわけで使うところと代えることをしっかり使い分ければいいと思うね。

おいらは凝り固まった頭で選手を使いこなせていないと感じるザッケローニでは日本は強くなれないと思うだけだ。選手は使っていいところを引出し それを普段一緒に練習できないほかの選手に見せることも監督の仕事だと思っている。
新たに選手を呼んでは使わずに帰すザッケローニはそういう能力に欠けていると思うのだ。

選手は交代枠がある限り代えるという方針がザッケローニには欲しいと思うね。
残念ながらザックの交代は意味の薄いものが多い。
こういうことが彼の能力の低さを表していると思うね。

東アジア選手権の選手召集に
2013年07月13日 (土) | 編集 |
前園が4人の選手をFWで試してほしいとコメントをしたらしい。

4人とは豊田、柿谷、佐藤、永井だった。
個人的には納得できる。が、他にも調子がいい大久保など選んで使ってみてほしい選手はいくらでもいる。


個人的にはザッケローニを使い続けるならワールドカップに出ている選手は、今と変わらないだろうことは想像できる。
ザッケローニの印象がすべてなのだろうから。そういう意味ではコンフェデのイタリア戦で一番満足しちゃった人が当のザッケローニだった気がしてならない。
それでいて得点力不足を嘆いているらしい。
笑ってしまう・・・・。

おいらにはザッケローニは考えなしの監督に過ぎないと思っている。ある意味いい選手を集めれば強いチームが作れるというジーコの思想に似ているのだろう。
それでもジーコはほかにも調子がいい選手も使った。ザッケローニはジーコにすら及ばないと思う。
ザッケローニの失敗の原因はヨーロッパで実績のある選手を使っている中で彼らの個の力に頼ってしまっている部分が大きすぎることがあると思う。
これは信頼され任されている選手は満足かもしれないが、結果的に戦術に対する気持ちが弱くなり点が取れていないのではないかと懸念する。
過去の日本の海外の強豪などとのしい亜での得点シーンの多くが速攻によって得られていると思うのだが、実際に今の代表のスタイルがパスを回すのはいいとしてもボールをもらいたがる人が多く攻撃が遅くなり得点のチャンスを降らしているように思う。

おいらが思うには監督が戦術をうまく教えれないことが原因だと思うね。
岡田監督の時には少ないタッチでボールを動かすという目標があったと思う。
これってある意味香川などの得意とすることなんだと思うんだが、なかなかうまくいかずにワールドカップ直前には負け続けた経緯がある。
本大会ではスタイルを変えたことで結果は残したが、なぜうまくいったかを考えれば本田を前に置いたことが大きいと思う。
トップ下では彼がボールをもらいに動きすぎることで流れが遅くなったりするのだが最前線の位置にいることである程度それを抑止できたからじゃないだろうか。

上で挙げた記事に対して佐藤寿人だけはいらないんじゃね?という人がいた。
何度も試されて結果が残せなかったという理由らしい。
おいらも確かにそういう面で呼ばれない可能性はあると思っている。
しかし、おいらがそう思うのは寿人の能力に問題があるのではなく寿人を使いこなせないザッケローニの問題のためだと思うからでしかない。
ザッケローニは最終的に代表を選ぶ前に選手は読んでいるが結果的にいつものメンバーばかりになってしまう傾向があると思う。

おいらが思うには新たに読んだ選手を今までの戦術に当てはめようとしているからだと思う。
確かにザッケローニが戦える戦術で戦っているのならそういうやり方もありかもしれないが、ハッキリ言えばそういう戦い方では勝てないのは明らかだ。
おいらは使う選手にあったやり方をするべきだと思う。
日本は中盤が強いという先行したイメージがあるために中盤に自由を与えすぎているために前で受けようとする選手は個性を消されてしまうのだろう。
ある意味本田や香川が頑張ろうとすると自分たちで何とかしようとしすぎてしまうのだろう。
おいらはそんなことをするよりは寿人などの能力をうまく引き出すことをもう少し心がければ自分たちの能力ももっと出せると思うんだよね。

寿人が10年連続して10点以上取ったというのがつい先日のことだったと思うが、これはJリーグでは初めてのことだし彼の能力が優れている証明だろう。
彼がザッケローニのシステムに(システムと呼べるものがあるとも思えないのだが)あっていないということなのかもしれないが、おいらなら寿人が点を取れる形を代表でも作ろうとするけどね。
ハーフナーを入れても前田と同じシステムで戦うザッケローニなのだから仕方がないことだが、本来は使う選手によってこう戦いなさいぐらいのメッセージがあるものではないだろうか?
選手の能力はある程度あるからボールは回せるが点の取り方ができていないというザッケローニの日本代表にそのまま結果として点が入らないという事が表れているように思うね。

本田や香川が個の力を強調している姿もそういう意味では印象的だろう。
ザッケローニがフォーメーションにケチをつけているシーンはよく見かけるが戦術と呼べるほどのものではないという印象を受けるのはおいらだけではないと思う。

おいらなら日本の中盤(ボランチや本田かな)にボールが入ればサイドが飛び出すイメージを共有し早く相手のゴールの迫ることを優先するサッカーをやってほしいと思う。
日本には遠藤や本田以外にもそういうパスを出せる選手が大勢いるのだから。
おいらには中盤の低い位置から縦に早くなるサッカーを見せてほしいと思うんだよね。おそらく日本が得点チャンスを一番作りやすい方法だと思うからだね。
ところが今の代表は中盤で仲良くパスをつなぐサッカーをしている。
相手が守りに入って狭くなった隙間を狙っている。
中盤にボールが入った時に両サイドの位置が低いために早いサッカーができていないのだ。
ただでさえ、決定力がないと言われる中で相手が守りに入ってからではチャンスが少なくなってしまうのは仕方がないだろう。
おいらがやってほしいと思うサッカーなら相手の裏を狙う動きができる岡崎や寿人のような選手にも十分チャンスがあると思うのだ。
そういうプレーに際して仲間の動きをよく知るという事が重要でかつてのセレッソラインだある香川に乾や清武といった間れた選手のプレーというものも重要なんだろうと思う。
日本人よりも大柄で守備範囲の広い外人相手なら守りの形を作られてから攻めるよりは早い攻撃で相手の裏を狙う事の方が確かだろう。

日本がアジアで戦っていくうちはどうせ相手は引いてしまっているケースも少なくないわけで 日本はアジアで戦うときと世界を相手にする時で戦い方を変えなければいけないことになってしまうのだ。
そういう意味では日本のスタイルというものの作り方は難しいのかもしれない。


最終的には誰が判断するのか知らないがザッケローニが監督である以上ワールドカップでブラジルの地に立つ選手はコンフェデと同じである可能性が一番高いと思うな。
もしザッケローニの方針が変わるとすれば選手が故障するときしかないような気がする・・・。

久しぶりのP報告
2013年07月11日 (木) | 編集 |
いやぁ勝っているときばかり報告していましたが、最近は散々でした。

実は16万出した日ってのはデリで遊んだ帰りからだったんですが、その後の勝ちっぷりは前に報告した通りすごいものでした。

でもって、効力が切れるかと思い再び予約を入れていたんですが 当日になって熱が出たと急きょ休みになってしまいほかの子で遊んじゃったんですよね。
するとどうでしょう、その日に8万、その次は7万と負けまくりです。
その後も3万4万と負け儲けのほとんどを使い果たしてしまいました。。。。

まぁ全部使ったかといえば、支払いをしたり服を買ったり差し入れの果物を買ったり 漫画喫茶で飲食などとしていたので そういうのを含めて全部使っちゃったんですよねぇ。

運が悪いってんでしょうねぇ。次に予約を入れようとした時も予定時間の30分前に電話を入れてもすでに予約で埋まっていたりで遊べなかったわけで、やっと今日遊ぶことができましたよ。
するとどうでしょう、終わった後にさっそくパチンコにいきましたが、わずか5千円で当たりを引きなんと8万円ちょっとのプラスではありませんか!
福マンでしたw。

最初にクロユリ団地をやったんですが早々に見切りをつけガロに移動、700ちょっと回して出ていない台に座りわずかに5分足らずで大当たりを引き4連、2~3箱使って引き戻し11連だったかな?12連だったかをだしちゃって都合88000円、正確には83000円の儲けです。
ガロのいいところはあたりが16ラウンドだったことですね。

実は昨日もやっていて3万負けたんですが、初めての台で火曜サスペンスってので出たり減らしたりで最終的に全部飲まれたんですが、熱いと言われるピンクヒョウ柄を何度もだしすべて外すというツキのなさを感じてたんですよね。
きょう女の子と遊んでツキを取り戻すぞという気ではいたんですが、まさか本当にそれができるとは・・・って感じです。



追伸

全く関係ない話ですが、ロッテがももクロとコラボしているんですが 対象のガムを買うとエチケットミラーが貰える(先着20名)ってのがあったんですが、なんかきょう家の裏のローソンにいったらエチケットミラーがたくさんガム売り場に残っていたんですよね。
どうやら訳を知らずにとっていかない人が大勢いるようなんですよね。
もしかすると穴場になっているのかしら・・・・。

適当に代表について
2013年07月10日 (水) | 編集 |
最近ブログを書こうとしたときにブログページにアクセスができないことが多いんだよね。

だから書こうとしたことをすぐに忘れるw。



いろいろ代表については言いたいことはあるんですが、ユーチューブなどを見ると選手のいい場面を集めているせいかやっぱり皆よく見えるんだよね。

で、おいらとしては東アジア選手権はおいといて 代表でセレッソにいた人間を多く見てみたい気がしている。
トップに柿谷、MFは乾、香川、清武に本田を遠藤に代えたボランチで長谷部も外して今野。
後ろはやっぱなんだかんだで長友(もしくは駒野、これは長友の調子次第ですね)と吉田、栗原、内田かな。
後ろを守り主体にする時は今野をサイドバックにしてボランチに長谷部でいんじゃないかと・・・。
キーパーはちょっと川島も外してみたいが、誰がいいかはわからん。
西川でも林でも誰でもいいわ。
本来なら楢崎がいいんだが、年とっちゃったしねぇ。

とりあえず個の布陣で一試合見てみたい。

FWには日本で最も安定した佐藤寿人や豊田もいいし、フロンターレに移って点を取りまくっている大久保も調子がよさそうで見てみたい。
ああ、おいらは憲剛も見たいんだよなぁ。。。

誰が日本にはタレントがいないなどと言ってるんだろう!?
セレッソにはうまい選手がゴロゴロいるだろうし、大迫も見たいし芝崎は外国人に通用するのかも見てみたいしなぁ。

Jのチームのような動きができるなら海外でもやれそうな人間はいくらでもいると思うんだよな。
Jに引っかからなかった人間が海外でそれなりにやってるなんてこともあるわけで外国での暮らしや生活に対応できるなら日本人は結構いけそうな気がおいらはしているんだよな。
コミュニケーションさえうまく取れればやれるとおいらは思っているよ、割と本気でね。

まだ代表には遠いのかもしれないが水沼なども注目したいよね。
宮市や永井もいるしそれなりのチームで経験を積めば日本人は化けそうな気がしている。
まぁそこのところは日本にいてもダメで外国に行った方がいいケースもあると思うし外国ではダメだけど日本で個を生かせる環境があれば。。というケースもあるかもしれないが。



いまJリーグって実は結構面白くなっている気がするんだよね。
セレッソが若手の育成に力を入れてきて 香川に清武、乾と立て続けに海外に選手を送り出してもまだまだいい選手を出しているし、昇格してすぐに勝った柏も面白ければ、予想もしなかった鳥栖の快進撃もあるし、降格争いの常連だった大宮が首位争いをしている。
反面、強豪のガンバはJ2落ちしてしまったわけだ。

なぜこうなっているかと考えれば力を出し切れていなかった選手が力を出し始めたり、若手が一気に力を出してきているんじゃないかと思うんだよね。
一つには指導者やクラブの質の向上もあるだろうし、昨今多くの選手が海外でプレーしだしたことで選手のモチベーションが上がっているのだろう。

もう少し若ければ海外から声がかかってもおかしくない選手もいると思うしね。

Jリーグは間違いなくいま成長期にあると勝手に個人的に感じているんだよね。
セレッソ・クルピ、柏・ネルシーニョ、大宮・ベルデニック、(鳥栖・ユン)など、注目チームは外国人監督だ。
しかも、若手をしっかり起用してきたことで強くなった気がする。

そう考えると、代表のザッケローニのような試合で結果を残した選手(それもザッケローニが監督でだ)を徴用し若手のチャンスを多く与えないのは残念なことに思えるね。
理由の一つがおそらくザッケローニはまだ日本人をよくわかっていないように感じる。
おいらからすれば期待できる若手をザッケローニが伸ばすという考え方があってもいいと思うのだが、彼は代表は伸ばすところではないとでも考えているのだろうが、じゃあなぜハーフナーを使うのか理解できないよなぁw。
しかも実績重視なら本来佐藤寿人は常に代表の呼ばれるべきだが、ザッケローニの元で結果を出していないことやおそらくザッケローニはFWには体格を重要視する気持ちがあるのだろうために呼ばれることもあまりない。
矛盾だらけのこだわりだと言えると思うな。

やはりおいらとしては日本をよく知る外国人監督というものを欲してやまない。

そうそう、コンフェデでディフェンス崩壊を受け闘莉王待望論などが出ているという記事もあったが、Jリーグを見ているのだろうか?と思う。戦力はあるのに低迷している名古屋もいまはディフェンスが崩壊していると言えるだろう。その中心の闘莉王は代表なら大丈夫だなどと思っているとしたら大間違いだろう。
南アフリカの直前にオウンゴールをしていたのは闘莉王であり今の吉田と同じようなものだよ。
試合中いそいそと前へ上がり戻るのが遅いのは誰もが知っていることで彼が代表に入ったら守備が安定するなんてのは妄想でしかないだろう。ディフェンスに専念できる人間なら少しはいいのかもしれないが、Jリーグを見ていてもわかる通り彼の反則もそれなりに危険だと覚えておく必要があると思うぞ。
ブラジル人だけあって審判に気づかれないテクニックはあるようだが。

いやもうね、代表でいろいろな選手をいろいろな形で(新たに使う選手が働きやすい形が望ましい)使ってやってほしいと思うね。
一部で言われているように選手層が薄いなんてのは間違いだとわかると思うからね。
オリンピックで永井が活躍できたのは戦術永井を皆がよく理解していたからだと思うぞ。
ザッケローニが試す選手がうまくいかないとすれば それはザッケローニの選手の使い方が下手なんだろうとおいらは思うな。
ハーフナーを前田と同じで扱えばうまくいかないのは当たり前だ。
今年点が取れていない前田をずっと使い続けて点が入らないと悩んでいるザッケローニは馬鹿かとおいらは思うぞ。選手にこだわり戦術で戦おうとしていないザッケローニは代表監督にふさわしいとは思えない。

まぁあくまでここに書いているのはおいらの考え方でしかない。
ほとんどの人間はおいらとは違う事を考えていると思うけどね・・・・・・・・・・・・。

そうそうザッケローニ君、ユーチューブの日本人選手のプレー集をもっと見てみればいい。
香川と乾の連携なんてのは見といて損はないはずだ。香川は清武とも相性がいいと思うし、清武と乾もいいはずだよ!?
セレッソで固めた前線 考えてみてほしいな。