| Admin |
音楽の日 ももクロ
2013年06月30日 (日) | 編集 |
おいらは生では見ていないんですよね。

一応ユーチューブなどで歌は見ているんですが。

ももクロのまとねブログなどのコメントでは やらかした?いや、安定のももクロだろ!?などというのがありました。

個人的にはももクロの本当の強みはモノノフとの一体感があってこそだと思っています。


彼女たちは逆境に向かっていく姿勢というのが売りでもあるんですが、おいらにはそこに駆けつけるモノノフの姿抜きにももクロは語れないように感じるんです。

おいらはももクロのライトユーザー?のつもりでいるんですが、好きになる切っ掛けもコンサートでのモノノフとの一体感抜きにはあり得なかったと思っております。
(おいらがライトユーザーを名乗るのはモノノフにはなれないだろうという実感があるからなんですが)

そういう意味でももクロを押してくれる人の存在は必要なんだろうと思っています。




最近、コンフェデなどを見るために生活のリズムがズレ ももクロ成分が足りていないような気がしております。
ももクロの醍醐味はコンサートでのパfp-マンスだと思うのですが、今のおいらに足りないのは裏で見せる彼女たちのgdgd感が足りていないように思いますね・・・・。

そういう意味では昨日一昨日と過去のサマーダイブや春の一大事の映像を見たんですが、まだ物足りないんですよ。

きょうは(正確には明日なんですが)コンフェデの最終日でもあり見なければなりませんが、合間合間にももクロも補給しなければならないと考えています。
スポンサーサイト

スペインVSイタリア
2013年06月28日 (金) | 編集 |
ブランデッリがイタリアの前線を手放しで喜んでいる。

馬鹿かとw。

今日のスペインは相当出来が悪かった。
最初から距離感が長くスペインのペースが作れなかった。
イタリアは日本戦と比べてプレッシャーを与えていたことを見るといかに日本戦のイタリアがダメだったかもわかるだろう。イタリアがグループリーグを勝ち上がったわけだが対戦する順番が違えば勝ち上がれなかったかもしれないだろう。
日本より早くブラジル入りして初戦の一番いい状態でメキシコとやったことがイタリアの今回の最大の良かった点に思える。そこで圧倒できたことがいまのイタリアにつながったのだろう。

スペインも結構酷かった。
イタリアに責められるときは最後には守り切ったわけでそこは認めるがゴールに近い場所でのシュートを浮かしている場面を見ると体がついていっていないことが想像できる。
全くスペインらしくないだろう。
スペインよりに考えればもう少し縦に裏を取るパスを使っていればイタリアの最終ラインを下げることもできたのかなぁと思う。

南米でのワールドカップではヨーロッパのチームが勝つのは無理な気が益々してきたな。
(南半球と書こうとしたが前回があったのを思い出した)

気候的にヨーロッパの人間にはきついんだろうが、これは日本が戦ううえでは+なんだろうかと考えてしまう。
基本、日本代表って南米勢にくらべヨーロッパ相手のほうが戦いやすいだろう。
それを考えれば対ヨーロッパでは追い風だがグループリーグにはFIFAランクの上位チームに加えヨーロッパのチームと南米もしくはアフリカのチームと当たることになるだろう。

そうなると一番望ましい組み合わせはヨーロッパの強豪チームとヨーロッパのチームに加えアフリカ勢との組み合わせという事になりそうだ。


まぁおいらに言わせれば まずはザッケローニを解任してからだということだな。

類は友を呼ぶだったんですねぇ
2013年06月28日 (金) | 編集 |
維新の会の松井幹事長が 琉球は独立した方がいいと言ったらしい。
日本より中国のほうが沖縄のことを考えているかもしれないとも言ったという。

あははは。
やっぱり橋下の元にはこういう人物が集まっていたんですねぇ。

日本における沖縄の立場と中国における沖縄の立場っていうものの差がこういう判断をさせているのだろう。

個人的には独立したいならすればいいと思う。
ただ、沖縄の米軍が中国軍に変わりこれまでの自由主義に共産主義が入り込む隙ができるだけだろう。
沖縄の人間は裕福になるかもしれないが沖縄には中国人がわんさか押し寄せ中国化し結局香港のようになってしまうだろうよ。
カジノでも作れば沖縄事態も発展するのだろうが沖縄に中国の裏社会が入ってくることも間違いないだろう。
ただ結局中国に飲み込まれることになるだけで飲み込まれてしまえば中国化していくだけだろう。

まぁ構わんよ、自分で決めればいいことだ。

しかし、現役の日本の政治家がこのようなことを口にしてしまう事には大きな問題を感じる。
政権への皮肉かもしれないが口にしていいことと悪いことはあるだろう。
橋下の発言と同じ匂いがするね。

今日のニュースには与野党が参議院選挙に向け動き出したかのような記事があるんだが、維新の会はどうやら政治的な判断ができない人間が党の幹部をやっているのだろう。党の看板をしょって出馬しようとする人間にはたまらないだろうね。

おいらの予想では関西圏ではそこそこに議席は取るだろうが全国では失速する毛㏍になるのは間違いがないと思う。
少数の人間には受けるが同時につくらなくて良い敵を作っているようでは選挙で勝てるわけはないと思う。

石原氏や平沼氏などを維新の会に合流させたことは結果的にマイナスだったかもしれないが ぐ握のことも言えるだろう。平沼氏などは保守で知られていたわけだが、維新の会の中韓に甘い面を見ると彼らにもダメージは大きく結果的に共倒れしたようだ。
中山議員の示した姿勢と橋下氏が示した慰安婦の関する姿勢は似ているようで全く違っている。
それに輪をかけたのが今回の発言だろう。
日本の政治はダメなのだろうがそれでも中国や韓国よりはいいと思っている人間には松井氏の発言は容認しがたいものがあると思う。

言いたくはないが 維新の会ってのが本当に自爆が好きな政党だと思うね。
流石に参議院選挙でおもうような議席が取れなければ橋下・石原に松井を加えた体制の問題が浮上し結果的に維新の会が空中分解するのではないだろうか。

ついでに言えばそういう政党と連携を模索したみんなの党などもその頭の悪さは目についてしまうw。

とはいえおいらなどには大きな問題でどこにもまともな政党がないわけで選挙に行く意味すらないのだが、投票が権利であり義務だと思うので投票には行くのだが投票したい人間がいないと素直に書くしかないのだ。

次はだれがバカをやるんだろう・・・。

ザッケローニ批判は楽しいな3?
2013年06月28日 (金) | 編集 |
「ザッケローニ監督を解任すべき?」 ネット調査の結果 という記事があった。

・解任すべき:30.1%
・解任すべきではない:62.3%
・わからない:7.6%

(ヤフーニュース「クリックリサーチ」調べ、対象は18万2887人。
6月25日1時35分時点 数値は小数点第2位以下四捨五入)

あははは、ありえんw。


【解任すべきではない】

 「選手起用には疑問が残るけど.まちがいなく日本代表を今のレベルにもっていったのはザック。 あと一年きっとチームも選手も監督も成長してくれると信じてます」

 「アジア予選全敗だったら、解任すべきなのは当たり前だけど、 世界のトップチームとやって負けたからって解任て残酷すぎるだろ(笑)」

 「ザッケローニと10年契約せよ。日本にはもったいないぐらいの監督だ!!」
 「現イタリア代表とあのスリリングなゲームができたのは誰のお陰か考えるべき」

 「日本人の一番悪い癖だ! ちょっと成績が悪くなると、ダメになると必ず犯人、容疑者を作りたがる! 野球でもそう! 相撲でもそう! スケートでもそう!」

今でこそW杯本大会出場が“当たり前”のように語られていますが、まだまだ日本は“サッカー発展途上国”であるはず。
確かに最近の采配には疑問が残るものの、ザックは日本にとって奇跡のような存在。
そんな人を解任すべきかなど言語道断……これが大方の意見のようです。

だってw。

言いたくはないがどうやら昔のことはイメージで忘れてしまうのが人間ということなんだろう。
現イタリア代表と云々など正に過去を忘れたという典型だ。
ザッケローニが残したことってのはアジアレベルでは打つ最寄り勝てるチームを作ったってだけのことでしかない。
前回も書いたが、過去のワールドカップの代表チームは前回を除いて皆強豪チームといい試合はしたんだよ。
2001年のコンフェデでもブラジルと引き分け決勝でフランスに0-1で敗れている。(まぁフランスにはその前に0-3で負けているわけだが)
2005年もジーコのもとコンフェデでヨーロッパチャンピオンのギリシャに勝ち、スター揃いのブラジルに引き分けている。柳沢のゴールでイタリアと引き分けたのもこのころでなかっただろうか?

ちなみにだが単純にイタリアを比べても2006年のワールドカップのイタリアは優勝したんじゃなかっただろうか?
直近の2010年のワールドカップではグループ最下位がイタリアだろう。

アジアの予選で楽に戦えたという結果以外はザッケローニのありがたみなど何もないと思うし、逆に言えば今ほど海外で活躍する選手がいてアジアぐらい楽に勝てなければおかしいだろう。
世界にどれほど近づいたかが問われているわけで強豪相手に連敗は仕方がないなどという声は見当はずれでしかない。

ちなみに続投を支持している人間でさえザッケローニの選手交代には一言あるらしいw。

ちなみに解任派の声は紹介しない。
理由はおいらと結構違ったことを問題にしていて的外れ的なものもあるから・・・。

ブラジルとはコンフェデではいい試合をさせてもらってたんだよ過去には。本大会では負けてるんだけどね。

ちょっと成績が悪くなると~日本人の悪い癖だ。というのも面白いね。
でも悪いけど協会は計画を立てワールドカップで優勝することを目標にしている。
今すぐというわけではないが、前回がベスト16でそれ以上が望まれている中就任したのがザッケローニだ。
そう考えれば世界の強豪の一角を崩さなければいけない世界を望まれているわけだ。
コンディションが悪く最低の試合をしたイタリアと善戦をしたと言って喜んでいても仕方がないだろう。

まぁザッケローニが受けている理由を考えれば日本びいきと言われることとバカみたいに盲信している本田信者の望む形で本田を使っているところなんだろう。
悪いがバカみたいと言わせてもらったのは本田信者に多いのだが本田△などと書く輩が多いからだね。
おいらはワールドカップ以降に代表で本田のフリーキックで点を取った記憶がないし、強豪相手に点を決めた記憶もない。アジアでは点を取ってはいるがね。

まぁ人それぞれ感想が違うのは仕方がないだろうけど。
でも、冷静に過去の代表とアジア以外のチームと戦った成績を比べてほしい。
決して今野代表が最強ではないとわかるはずだ。
特に今年の代表はよくない。
理由は複数あるが、コンディションの良くない選手を使っていることや点が取れていないFWを使っていることが無関係ではないだろう。おいらはザックの指導力にも問題があると指摘している。
トルシエは流行語になりそうなフラット3を掲げ選手に教え込んだ。自国開催とはいえベスト16にもなっている。
ジーコは初監督で考え方は理解できるが結果的に指導力には問題があっただろう。
ザッケローニもおそらく同様に一般論的なサッカー理論はしっかりしているのだろうが、個人的には明らかに日本代表にはフィットしていないと思う。
それでも結果が出ているのは選手の力でしかないと思える。

まぁ解任するべきだね。

ブラジルVSウルグアイ
2013年06月27日 (木) | 編集 |
おいらの予想通りに南米勢がブラジルにとっての難敵になった気がする。

それにしてもあのFW陣は羨ましい。

献身的な守備もこなしそのうえで決定力もある。
本当に羨ましいFWだ。

一報のブラジルだが、オフェンスがほかのチームとの対戦に比べやりにくさが見えた気がする。
南米勢のディフェンスは相手そのものを止めるのでやりにくいのだろう。
もちろんファールの判定を受けるケースは多いのだが南米ではそうした守備が一般的な気がする。
日本相手ならファールにならない程度でもフィジカルで勝てるのだろうがさすがにブラジル相手ではもう一歩踏み込んでファールになっても止めるという形でやっていたように思える。

個人的にはファールにならない範囲で頑張るメキシコタイプのほうが好きなんだが。

それにしても最初のPKさえ決まっていたらもっと面白い試合になったと思うのでキーパーにセーブされてしまったのは残念だな。

次のブラジルの相手はおそらくはスペインだろうが相手に囲まれる前にボールを話すスペインのパス回しにはブラジルも苦しむだろう。
ただ、気候的にもブラジルのホームであり決定力は無視できないので楽しみではある。
またスペインに対しネイマールがどの程度通じるのかも興味がある。

きょうも朝まで起きているのはしんどいが滅多にないことなので頑張るしかない。

ザッケローニ批判は楽しいな3.
2013年06月27日 (木) | 編集 |
ザッケローニを批判している奴は解っていないという記事があった。

そうやら合宿などには若手も呼んでいる。その後の成長がないから再び呼ぶことがないのだという話をしている。
海外組を優遇というのにも前田、遠藤、今野を使っていると言っている。

若手を読んでもおそらく基本的にザッケローニが決めたレギュラーと軽く合わせることしかしていないのだろう。
いまなら本田の流れに合わせたサッカーができなければダメというような・・・。

あまり言いたくはないがそれでは日本は勝てないだろう。
本田の調子が良ければボールもまわるかもしれないが プレッシャーがきつくなればボールは前に進まず再び本田がボールを持っての繰り返しでただでさえ遅くなっている日本のプレーが遅くなり長所を生かせない選手もいるだろうよ。
それをもって成長がないなどと言っているようでは指導者の資質に問題があるというしかない。
ある意味新しい選手を使う場合にその選手を生かすシステムで動くべきなのだ。
本田や香川を生かすために新たに入った選手が個性を消すようではチームとして機能していないという事だろう。
香川をトップ下で使っていい結果が出ない試合が結構あったが、それも仕方がないことだろう。
香川はドリブルで抜く力もあるが基本的には個人で抜くというよりもコンビネーションを使ったり香川がいい位置に入ってボールを受けるのがうまい選手なのだ。
そのためには近くにプレーする選手が必要なのだが、ザッケローニはサイドに張れという指示を出すのだから距離感が合わずにいいプレーができないのだろう。
ようはザッケローニが考えるサッカーは日本人にフィットしていないのだ。
本田が入った場合はどうかというと左サイドは香川だからお互いが寄ってくることで距離が近くに保てるのだろう。
遠藤や今野、前田の起用についてはなぜこれで海外組優遇ではないと言えるのか不思議だというしかないだろう。
今野などそもそも吉田以外にセンターバックをやっている海外組などいないだろう。
ボランチで出ている選手だって長谷部と細貝以外にいただろうか?
細貝と遠藤を比べる意味があるんだろうかw。
前田のポジションに関して言えば海外組でFWのレギュラーポジションを取っている選手がいないだろう。
こんな例えで海外組の優遇はないなどというのはおかしいだろう。

逆に言えば前田や遠藤、今野を使っていること自体に問題があると言っても言い過ぎではないと思うんだが。
J1で常に上位を争っていたガンバのJ2落ちの責任ある立場の二人が代表になっているという事でもある。
弱かったチームの中心選手が代表でポジションを得ているのが実情なのだ。
前田も同様で昨年の前田は否定しないがいまは最下位争いをしているチームのFWである前田が当たり前のように出ているのがおかしいとおいらは思っている。
豊田は前田のような動きは出来ないという人がいるが、その選手が得点王争いをしていることを忘れてはいけない。豊田は点が取れる位置にいてミスが少ないからそういう位置にいれるのだ。
FWというポジションで一番大事な仕事は点を取ることだろう。点が取れずにオフ座ボールの動きだけでいいならそれこそ0トップでいいのではないんだろうか?


いまの日本代表が最強だという人がいる。
ビックリしたw。
何をもって最強などと言えるのだろうと思う。
必死で考えた結果、今の代表がアジアで一番通用したという事だけは言えるのかもしれない。
しかし世界での力を見るといいチームから上げた白星などは過去の代表のほうが上だろう。
昨年のチームなら少し様子は違うかもしれないがアルゼンチン戦はホームだったしフランス戦は本田がいなかったから勝てたともいえるんじゃないだろうかね?
ましてや今年の代表は決してほめられる実績ではないだろう。

仮に選手の名前で強いなどと言っているなら それこそ昨年ガンバがJ2落ちした例を見るまでもなく意味のない話だろう。ワールドカップでイタリアがグループ最下位になったことも忘れてはならないだろう。

まぁメンバーは揃っているとはいえるかもしれないが、そんなのはジーコジャパンだって似たようなものだ。
ジーコの時はコンフェデでブラジルと引き分けギリシャに勝っている。それでも本大会では勝てなかったのだ。
今野代表が最強などというのは妄想でしかない。

何度でも書くが、今のザッケローニのままでは本番前に本田がけがをすれば日本は全く勝てないということになるがそれでいいんだろうか?
おいらはそうじゃないと思っている。本田がいなくても勝てるチームを作るべきで本田が出れたらより強くなるというチーム作りをする必要があると思っている。
そのためには本田にもプレースタイルを変えてもらいたいし勝っているときに積極的に本田を下げてほかの選手を使ってもらいたいと思っている。これは本田に限らず、香川や遠藤も同様に後退させてほしいと思っているのだ。
そういう経験をほかの選手が積むことで選手層が厚くなると思うからだ。

だがザッケローニは勝っている試合は動かしたくないらしい・・・。

負け試合で動いて失点を重ねるなどした今後はもっと動かなくなりそうだ。
協会が変えてくれる気があるなら代えてほしいと真剣に願っている。

株主総会と原発
2013年06月26日 (水) | 編集 |
カーラジオから電力会社の株主総会の話が伝えられていた。

電力会社の株主からは多くの原発廃止の提案がされたようだが全て否決されたというもの。

実質的に国有化と言えるだろう東電も自民党の政策が当面原発を活用するという方針があり各電力会社もそれに習った方針だという事を伝えていた。

おいらは基本的には原発は廃止を望んでいる。
しかし、すぐにとはいかないという意見は尊重したいのだが、昨年の実績を考えれば原発は即時廃止でも行けるのではないかと思えるのだ。
電力需給の話をする時によく考えてほしいのが、この問題で考えることってのは本来はお金の話だけのはずなのだということ。
日本は最新鋭の火力発電技術を持っていて自分たちの選択で作ることができるわけで何がそれを阻んでいるかといえば今ある原発を使っていれば既存の電力会社は新たな投資をしないで済むということと、火力のほうが費用が掛かると言われていることだ。
これって単純に火力で賄うようにすると消費者の負担が増えますよと言っているだけで方針が決まるまでは火力発電所は作りませんよという事で電力不安がついて回っているだけだろう。

そして個人的に不思議な話を聞いた気がしているのだが、原発を廃止することになった分何十年かで償却するはずだった費用を一気に徴収するので電気代を上げますという話だったような気がする。
おかしな話だろう?
だって今までも捕られていて原発を停止したために電気代が安くなったのならわかるが何も変えずにあげるというのだ。本来ならそのままの料金で原発の停止費用の償却が終われば安くなるだけの話のはずである。
ところが現実は電気代上げますよなのだ。
これは原料費が増えた分を違う理由で徴収しようとする姑息なやりかただろう。
(廃止にかかる費用が当初の予定のものと違うというなら仕方がない面もあるかもしれないが、それって事前の判断の甘さを言ってもいいレベルだろう。)

百歩譲って原発を稼働させるというのなら 個人的には原発の安全の担保できる政治の見本とでもいうのだろうか廃棄物の最終処分場ぐらいの目途は立ててしかるべきだろう。

原発の安全性は原発を動かしたい人間の基準で作られているわけで しかもその人たちには事故があっても責任が取れない(取らない)人間なのだ。
本来廃棄物の処理場を決めずに稼働させてきたことがおかしいのだ。

日本の場合は少なくても事故があって原発の議論が行われているわけで稼働させるにせよ廃止するにせよ処分場は必要になるのだ。
それが決められない政府に判断をゆだねるのは信頼できる状態にはないと思うのだ。

おいらは衆議院選挙の前は安倍さんを頼もしくも思たんだけど自民党が信用できずにいた。
だから自民党には投票しなかった。
自民党が政権を取り民主よりはよっぽどいいがそれでも期待するような政治はしてくれないでいる。
いまでもいまのところ自民党が一番マシだとは思うが期待できない政党でしかない。
安倍さんでさえ中枢に入ってからは自分を殺しているようにしか見えないわけで参議院選挙も自民を押す気にはなれないでいる。

ちなみにおいらは選挙を完全義務化し選挙に行かなければ罰金を取ればいいと思っている。
そうしてこそ本当の国民の声が聞こえるというものだろう。
支持政党がなければ白紙で出せばいいのだ。
白紙が多いという事が国民の声として反映されるだろう。
選挙に行かなければ無関心と都合よくとられるのだ。白紙投票は意思表示だろう。

都議会選挙で自民党が勝ったが投票率が落ちたことは結構重要なことだ。
自民が支持されているのなら投票率は落ちないだろう。
支持されていない中、ほかに投票できる政党がないから投票率が落ちるのだ。

まぁ政党にとっては今のまま都合がいいのだろうが。

それにしても電力会社なんてのは地域の経済界の中心にある企業で民間人よりも経済界に近い存在だから株主が声を上げても否決されるのは仕方がないだろう。
だが、それで済む話ではないとおもうけどね・・・・。

代表のディフェンスを心配している人
2013年06月25日 (火) | 編集 |
コンフェデを見て代表のディフェンスを心配している人は安心するべきだ。

岡田監督が南アフリカを前にボロボロだったことを忘れないでほしい。
DFは自殺点を繰り返してしい亜も負け続けたではないか。
それが本大会では堅実な守備は見るものがった。
ディフェンスの調子なんてのは基本的に心構え一つですぐに変わるものでしかない。
少なくてもそれぐらいの技術を持っているから選ばれた選手たちがやっているのだ。

今の日本の場合は指導者や選手の意識の問題がディフェンスの崩壊のようになっているだけでしかない。
日本のように動き回るチームなら全体が守備の意識を強く持つだけで十分対応ができるものだと思う。

南アフリカで直前まで批判されていたチームが善戦したのはバランスを変えたからだろう。
攻撃をする気持ちを抑えまず守備を固める意識が全体にいきわたっていたことで前線から徹底した守備を行い反撃でチャンスを作っていた。

今の代表にしてもフランス戦やアルゼンチン戦を考えれば十分に硬いディフェンスができることは証明されている。
いまなぜこういうような崩壊をしているかを冷静に考えるだけで十分だろう。
普通に考えれば日本が強豪と戦う際にイタリア戦で見せた吉田のような失敗はあり得ない。
あの時は2点を先制したという油断があったのだろう。また、吉田がプレミアで戦って得た自信が招いたものだろう。今野のパスミスも痛かったが、今野のこれまでの実績からしてたまたまでかたずけていいと思う程度の問題だと思う。
不思議なものでこういうときにこそ普段では考えられないプレーが続くのだろう。



おいらは今の代表が失点が多いのは仕方がないように思う。
ちょっと考えればわかることだが今の代表は万全ではない。
本田の運動量や長友の身体的不安などが挙げられるだろう。

特に長友は出場はしているが100%には程遠いのではないだろうか。
誰かが指摘していたが長友は左足でクロスを上げることがかなり減っているのではないだろうか?
また失点のスルーを通された場面でも長友はすべっていない。
体に心配を抱えていると言えると思う。

もしワールドカップでの守備に不安を感じるとすればザッケローニが体調に不安がある選手を使い続けることによる不安だと思いますね。
もう一つはザッケローニの選手への考え方によるものでしょう。

彼は海外組を尊重しすぎていると思っている。
おいらにはこれはザッケローニが自分で判断できずに誰かが評価した海外組というポジションが必要に見える。
また正しくない基準を持っていることも問題だ。
それはサイズに拘ることと自分の成功体験に拘ることだろう。
それにより自分でFWの選考基準を狭めているのは明白だ。
本田や香川を使い続けるのも悪い結果が出ても彼らを使い続けても批判されないからだろう。
ほかの選手を使えば批判されるだろうことを回避する目的だと思う。

おいらにはザッケローニの一番の問題は指導力不足だと思っている。
いつも書くことだが、おいらは多くの選手の力の差はわずかだと考えている。
したがって普通に選手を選んでいても指導力が優れていれば少なくても代表にふさわしい試合は出来ているはずだ。
今の代表は優秀な選手を多く使っているわけで指導力や采配に間違いがなければもっといい結果が出ていてもおかしくないんだよ。

おいらが前田を使うのは間違いなどというのも組織的な攻撃などがしっかりできていればこういう話をする必要もないはずなのだ。
結果的に個人の力頼りになっているからツキのない前田を使うなとおいらは言っているのだ。

乾が出ていた試合でザックはサイドに張れと支持をしていたらしいが結果乾は距離が空き連携に問題を感じたらしい。
こうした指導力がいい選手を使いながらいい結果が出ていない理由だと思いらは思うのだ。

最近おいらがトルシエの話を持ち出しているが、トルシエはその指導を徹底することで結果を出した監督だからだ。
しかもわかりやすいことにトルシエが指導したのがフラット3と呼ばれるものだったからだ。

ザッケローニが3-4-3がしたいなら徹底した指導をすればいいのだ。

日本で3バックがうまくいかないのは彼の指導力不足でしかないだろう。
一般に日本人に言われていることが戦術理解に優れていてテクニックがあり従順だという点だろう。
言い換えれば指導者にとってやりやすい民族だと言えるだろう。
なぜうまくいかないかといえば単純に指導力が足らないのだろう。

想像するに昔長友が言った言葉にザッケローニはボール保持者に自分が向かった際に後ろは気にしないで自分の仕事をしろと言ったらしいのだが、その場合後ろをカヴァーする人間がそれに見合うケアをしなければならないのだろう。それにはカヴァーする人間の心構えも指導しなければならない。そうするとそれに合わせたほかの人間のポジショニングもしなければならないわけだ。
それらすべてがうまくいって初めて彼の言うフォーメーションは機能するわけだ。
それがいつまでたっても3バックがダメというひょうかになるのはどこかでカヴァーの仕方が不十分なのだろう。

そもそもイタリアと日本ではパスの距離感に違いがあるのではないのだろうか?
イタリアでできる距離感が日本人にフィットしないのであればうまくいく確率も低くなっても仕方がない。
3バックをやるには日本人に合った距離感の3バックを作らねばならないのだろう。
しかしこれまでのザックの発言などから見えるのが彼が成功体験に固執する姿であって日本人に合った3バックというものを考えられない性格が見えてくる。
トルシエがフラット3を教え込めたのは日本人に合った形で教えることができたためだろうとおいらは思う。
結果的にトルシエは2001年のコンフェデに準優勝しグループリーグで名だたる選手をそろえたブラジルと引き分け決勝でフランスに0-1で敗れたとはいえ結果を残したのだ。
ワールドカップでもベスト16に入ったが日本に勝ったトルコは3位になったと記憶している。

おいらにとって日本に大きく貢献した代表監督はオフトとトルシエという事になる。
オフトはアジアで勝てなかった日本をワールドカップに導きかけた監督だ。
彼の行ったことは小さくはない。
トルシエは言うまでもないだろう。
まぁ2002年を迎えるための協会の努力も評価できるが(強いチームとマッチメークしてきたことなど評価できるだろう)結局は選手が頑張ったのだろうなぁ。


まぁなんだ・・・ディフェンスの崩壊なんてのは今のままでも修正できるし国内で活躍する選手にだっていい選手はいるから心配する必要などない。
何度も言うが問題はザッケローニだということだ。
この事だけは間違いない。

いやぁ橋下批判は楽しいなぁw
2013年06月25日 (火) | 編集 |
おいらは橋下氏の慰安婦発言を全面批判している人間ではない。
どちらかといえば肯定的なほうだろう。

公務員改革なども賛成だが、橋下氏は嫌いである。
理由は簡単で彼の言葉に説得力がないからだ。

決定的なのは体罰問題だ。
元ラグビー部の橋下は元々は容認派だったらしいが、突然体罰はダメとなってしまい挙句にすべてを敵に回してもぐらいで強権までつかって対策をしてしまった。

今回の慰安婦の問題でも たかじんNOマネーで生放送?で番組視聴者の声を背景に またほかのパネラーの無力のせいで言いたい放題だった。

おいらはあの時 ほかのパネラーは素直に番組視聴者の声や橋下氏の意見はこうであって我々を含めた少なくないのん元がやはり橋下氏の意見はまずかったと思っていると突っぱねればよかっただけのことだと 前にも書いている。
強気になって発言をすれば結果は選挙に出るよぐらいのことは行っても良かったかもしれない。

おいらは維新の勢いが完全に止まっていて選挙にはかてないだろうと予想できていた。
まぁこのこと自体は慰安婦発言がなくてもそうだったろうことは間違いがないんだけど、メディアは慰安婦発言をその理由に位置づけようとしているので橋下を大人しくさせるにはちょうどいい。


それにしても維新の会の惨敗感も半端ないだろう。
自民・公明が候補者全員当選らしいし 維新の会はおいらの記憶では30人以上が出馬していたはずが2人だけの当選だろう。維新の会は自費での出馬が条件ではなかっただろうか。
出馬した人の中には橋下氏に費用を負担してもらいたいとかんがえるひともいるのではなかろうか。


おいらは橋下氏を見ていて党首である自覚がないように思えてならない。
最初に立ち上げた維新の会のままならそれでも良かったのだろうが、所帯を大きくした今 橋下氏の独断思い付きような発言が政党の意見であるかのように取られてしまうリスクを考えないのが悪いと思うよなぁ。

維新の会の代表で国会質問をした中山議員の慰安婦に関する話を政党の考えで通していれば今の慰安婦問題はなかったはずだろう。橋下風に話をしたことで問題を大きくしてしまったのだ。
橋下氏にとっては内容は俺が正しいというのだろうが、おいらからしても根底がおいらと違っているので評価できないのだ。結果的に主張は似てしまっているけどね。
大体韓国とともに検証するべしから間違っている。
国家の関与があれば改めて補償すべしも間違っている。

日本人だけが非情な軍隊だったみたいな扱いに納得せずほかの国はどうなの?は一緒だが、国家の関与があれば保障するべきからは全く違っている。
韓国は朝鮮戦争で日本を悪く真似して国家的に慰安婦を作ったしアメリカは国家が目をつぶるという形で風俗を黙認してきているだけのこと。
黙認することで責任逃れをしているだけでしかない。
彼らは戦争に勝つことで慰安所の建設を強要し続けてきた国なのだ。

それをいうべきだろう。
現在の慰安婦問題のいびつさを日本人慰安婦を置き去りにしている実態をもって教えるべきだろう。

欧米人の思想のいびつさを教えるべきだろう。

そこまで言って委員会で竹田氏がいっていたが性犯罪に対していまやヨーロッパでは売春を合法化する国が増えていると言っていた。
そのことをもう少し深く掘り下げる必要があるように思うな。
女性の人権問題はそれとして売春が必要と判断されてきている実情を考えることは必要なことだろう。

まぁなんにせよ、橋下氏は都議会選挙とこれから行われるはずの参議院選挙で自らを反省する機会をえることになるだろう。

それにしても反自民で一番真面なのが共産党と国民に判断されたことはある意味面白い。
野党の人間が反省する必要があるということだろうな。
民主党の人間やみんなの党、維新の会などが何を言おうが結果は野党でいちばんまともなのが共産党とみるしかないわけだ。
それほど民主党政権がダメだったし維新の会が信頼を得ていないということなのだ。

橋下氏に少しレクチャーしておくと、あなたは地方分権と公務員改革だけを口にしていた方がいいだろう。
それ以外は自分たちの首を絞めることにしかならない。
発言で賛同する声は上がるかもしれないが、同時に多くの敵も作っていることを知る必要がある。
地方分権と公務員改革が敵を作らない話なのだ。

体罰問題や今回の慰安婦問題でも橋下氏を支持する声は少なくないだろう。
しかし、支持していた人の中に敵を作り支持していない人の賛同を得たとしても票は増えないという結果が出たんじゃないのだろうか?

党首であり選挙で勝つことを目標にしているならもう少しお利口さんになる必要があると思うね。
それこそ小遣い稼ぎのコメンテイターなら好きなように言っていても結構だがねw。

ザッケローニ批判は楽しいw
2013年06月24日 (月) | 編集 |
ザッケローニが3連敗で言い訳をしている。

何人かは休息が取れなかったとか、長友や本田が怪我で試合から遠ざかっていたなどと言っている。

あはははは、休息云々はイタリアと一緒の話だし、長友や本田の怪我なんてものは長期にわたっていたわけで そうであったなら本田や長友に頼らないチーム作りをするのがあなたの仕事でしょう?と言いたい。

そもそも、控えで呼ばれている選手は無能な選手ではないだろう。
疲れている選手がいるならフレッシュな選手を使えばいいだけのこと。

ザッケローニは普段から控え選手を含めた良い練習をしていないから本番で控え選手をつかえないと自ら口にしてようなものだ。

イタリア戦のようなプレッシャーがなくボールが回せる試合なら3バックにして長友を前に挙げることが可能なら
左サイドのMFでいい活躍をしていた乾がいただろう。
乾を使ってやれば長友は休めたはずだ。

何度も書いているが本田は代表に合流して以来まともに全体練習もこなせていない。
そういう選手を使い続けたのがザッケローニである。
日程や環境を問題にするのは間違いだろう。
ザッケローニが本来やるべきだったのは怪我で万全でない長友や本田を使うことではなくフレッシュな選手を使い戦えるチームを作ることが彼の仕事だったはずだ。
過去の実績のある選手を使うだけならそれこそ素人でもできるというもの。

ちなみにいつものようにFWについても触れておく。
Jリーグで一番いいフォワードは佐藤寿人だろう。何をもって一番というかといえば何年も安定して得点を取ってきていることが挙げられる。
背は高くないが良いポジションを取りスペースを作る動きもうまい。そして何より点を取り続けている点がすごい!
元来日本のチームは前田が出ようと攻撃でハイボールの攻撃は不得手だろう。
セットプレーではバックスが入ってくるために点に結び付くケースもあったが流れの中ではハイボールは跳ね返されるのが当たり前のようになっている。
岡崎や前田が点を取るケースは低く速いボールを相手の前で裁くものだろう。
更に日本では少し大きくても世界レベルでは大きくないので中央でのポストプレーなど得意ではないのだ。
岡崎がいい仕事をするがそれは彼が何度も動き出しスペースに走ることで生まれている。
Jリーグで今期点を取っている豊田や佐藤、工藤などを呼ばない監督はハッキリ言っていらないと思うね。
いつも書くことだが前田のポテンシャルは否定しない。昨年の実績のままなら何の問題もないんだが不幸なことに今年の前田は点が取れていない。チームの問題かもしれないが代表でも点が取れていないことを考えれば何か歯車がずれていると言えるんじゃないだろうか。
もしかするとツキに見放されているのかもしれない。
しかし、今年活躍している選手がいるのも事実でそういう選手のツキを利用しない監督は二流だろう。

ついでにもう一つ。
今野の起用についてだ。彼は人に強いがセンターバックにするには大きさが足りないって話が一般的だ。
J1、J2を合わせた多くのチームのセンターバックがチームでボランチで使われている今野に劣るとはおいらは思えない。
ある意味、J2落ちした責任は彼にもあったはずで そういう選手を代表のセンターバックで使い続ける理由もわからない。(言っておくがおいらは今野は買っている。使うならボランチで使うべきだと思っているのだ。センターバックにはふさわしい人間がいるとも思っているので)

長谷部はいい選手だろう。人間的にも優れているしイタリア戦での守備などにも大きく貢献していた。
攻撃的センスも悪くないが、守備的に戦う相手のは長谷部よりも今野のほうがふさわしいと思うのだ。
(長谷部もイタリア戦では良いシュートを打ったが1本でも枠に行ってほしかった・・・)



考えてみてほしい。
FWで使える選手は今は前田が一択で交代で使われるのがハーフナーか岡崎を前に挙げる形になっている。
おいらの考えるスタイルではポストは背が低くてもサイドに機転を作ればいいわけで背は高くなくてもいけるはずだ。そうならば初めから岡崎がトップに入ってもいいし佐藤を使うなど多くの選択肢ができるはずなのだ。

MFにしても本田を使い前田を使うから香川の左や右の岡崎が固定されてしまうのだ。
本田や前田を使わなければトップ下には香川も使えれば憲剛も使える。
そうなれば乾や清武も使えるのだ。トップに佐藤を使えば岡崎をMFで使えばスペースに飛び出す選手が増え決定的なパスが出せる日本のMFにはより有効ではないのだろうか?
ボランチも攻守のバランスがいい長谷部も使えれば守備的になる予想なら今野を使うのも手だろう。

今野って選手は嬉しいことにサイドバックまでこなすのだからありがたい。
センターバックに今野を使わなければ守備的になってしまう試合で今野はより有効に使えるとおいらは思うのだ。

ザッケローニ批判は本当に楽しいなw。
ザッケローニは選手をすでにほぼ決め込んでしまっている。
残念なことに本番のときに誰かが故障していればその時点でベストメンバーは組めなくなってしまう事も忘れてはいけない。
ザッケローニの批判の対象の中にはこういうのもある。
彼は試合でも積極的な選手交代をしないというものだ。
勝っていればそのまま終わらせようと考えるし負けていても的確な指示だ出せない。
多くの試合で意味不明な選手交代を告げているのは皆知っているだろう。
勝ち試合でそのまま終わらせようとすることで選手を使い続けてしまう。
ブラジルだってこれで行けるとなればネイマールもベンチに下げてしまうのだ。
主力選手の体調管理に意味でも勝ち試合ほど積極的に選手は代えるべきだろう。

おいらが嫌いな岡田監督だって南アフリカでは攻守に頑張った松井など 後半ばてれば交代させている。
ザッケローニよりはマシだと思うね。

ハーフナーを出すことについても考えてみたい。
背が高いのでパワープレー要因という意見はあるだろう。
前田に代えてハーフナーを使ったらこういうプレーをしようとザッケローニが徹底していればそういう香華にになったはずだ。
しかし実際はハーフナーははいったが攻撃のパターンは変わらなかった。これでは意味がない。
ブルガリア戦だっけか?ハーフナーが先発した試合があったよね。
この試合でのハーフナーの役目は前田の代わりだったはずだ。
つまりハーフナーの仕事を選手に明確に指示していないように感じるのだ。
ハーフナーの仕事を徹底していればハーフナーはいつだって途中から入ってパワープレーでなければいけないのだ。(ちょっと強引だがねw)
それで初めてハッキリしたメッセージになるというもの。

ちなみにコンフェデでのザッケローニの発言も微妙だ。
イタリア戦後には 満足してもらえたと思う。と言ったらしい。
サッカーを知っている人間の少なくない人が勝たなければ意味がないといっているのに・・・
海外の人間の声など意味はない。悪いが日本でもイタリアと引き分けたこともあるしコンフェデ2001年ではロナウジーニョやロビーニョのいるブラジルと引き分け決勝ではフランスに0-1で負けたが準優勝している。
南アフリカ大会のあとに日本で戦ったアルゼンチン戦でも日本が勝っている。
海外はそのたびに驚きの声を上げるがすぐに忘れてしまうだけでしかない。
勝たなければいつまでもそういうものなのだ。

日本のサッカーファンが危機を感じ新たな戦力をと望んでいる中、ザッケローニはすでに基本は今のままで行くというような発言もしている。
問題点は把握したと言っているが、最大の問題は監督の頭の中だという事は判っていないようだ。

このままでは仮に運よく主力選手が何事もなくワールドカップに出れる状況になったとしても、主力選手ほど酷使され結局グループリーグを突破することに力を使い果たしてしまうだろう。
ザッケローニの采配はベスト8やベスト4、それ以上を望む体制づくりではなくグループリーグの突破ぐらいまでしか見据えていないとしか思えないのだ。
本田や長友、香川をいかに休めながらほかの選手で勝っていくかということを考えなければ長期にわたるワールドカップで勝つことはできないだろう。
シェフチェンコがいたウクライナだってドログバがいたコートジボワールだってワールドカップでベスト8やベスト4にはなれないのだ。
ドログバなどがいなくても勝てるチームにドログバが入って戦うというぐらいにならなければいけないのだ。

本田がいなければなどという声が出ているようでは日本は決して強い国ではないということを監督こそが一番知るべきだろう。

書いても書いてもw
2013年06月24日 (月) | 編集 |
いやぁサッカーの話は書いても書いても飽きないねぇw。

それにしても本田シンパってのが予想以上に多いよね。

万全でない本田>その他っていう決めつけで見ている人の多いこと。
また負ければ香川や本田をほかの選手が足を引っ張ったなどと来ている人もどうかしていると思う。

何度でも書くが代表ってのはあくまで監督が選ぶ自分が必要に感じた選手であってその時点でのうまい選手や強い選手ではないことを理解するべきだろう。
そのうえでおいらは選ばれる選手とそうでない選手の差ってのはそれほど大きくないと思っている。
(まぁ一般的な選手とでは違うのかもしれないがチームで重要な位置にいる選手なら差は大きくないと思う)
もっともその小さな差が海外に行けるかいけないかだったりもするわけだが。

ちなみにさすがにメキシコ戦で動きが悪かったことに対し選手の体調管理などという言葉がでてきているが、そんなもの今更な話だろう。

ワールドカップ予選でもそうだが、本田は帰国以来チームの練習のほとんどを別メニューでしかこなせていない。
ブラジルでは同課は知らないが、明らかにベストにはほど遠いだろう。
そういう選手をずっと使い続けているザッケローニはハッキリ言ってどうかしている。

これが本大会ならいざ知らず。
メキシコ戦で長友が傷んだがこのことでインテルが今後の代表日程へ協力に慎重になっても仕方がないだろう。
サブのメンバーには酒井高徳などもいたわけで無理をする必要などなかったはずだ。
本田も同様でドイツで詰責を積んだ乾や清武、また憲剛などいい機会だから試せばよかったのだ。
本田や長友はあくまで負傷明けの選手でしかない。
Fwも前田がベストというのも間違いだ。去年の前田ならそうだったかもしれないが今年の前田ではダメだ。

皆知っていると思うが選手なんてのは毎年コンディションが違う。
ガンバ大阪はずっと優勝争いをしていたが昨年は不振でJ2に落ちたではないか。
こんなことは普通にあることで今の日本のように国内リーグの上位から選手が出ていない国などほとんどないだろう。
ザッケローニの選手選考などはそういったものでしかないのだ。
国内リーグの上位を占める数チームがほとんどの国で代表を出しているはずだ。
スペインなどもバルサやレアルに海外の選手でほとんどだろう。
ドイツにしたってバイエルンが中心で間違いがないだろう。
イングランドだって中心選手は上位の数チームでかなりの数になるはずだ。
あくまでこれらの国は自国のリーグが強いのも間違いはないが日本のような国ってのは完全に特殊だろう。
自国にリーグを持ちながら海外のチームで故障なども含めて試合に出続けているわけではない選手も含めてレギュラーになっているのだから。
かつて長谷部が監督の交代によりレギュラーを外されていたがそのときは試合勘が心配されたはずだ。
悪いが長友や本田だって同じことが言えるはずなんだな。
本田も怪我明けでフル出場をしないまま(した?)代表に入っているが結局全体練習のほとんどがこなせないまま出場している。

悪いがJリーグでずっと出ている選手のほうが心配なく使えるだろう?
まして本田や長友は怪我の再発も怖いんだから。

おいらはだって本田の才能を否定しているわけではないが言われるほど絶対的な選手だとは思っていない。
彼が結果を残しているのは日本代表と超一流ではないリーグでしかない。
乾や清武はロシアリーグよりは評価が高いリーグで結果を残していることも忘れてはいけない。
長友もある意味微妙だろう。
インテルは一流かもしれないが最近のインテル自体が調子がよくないってのが問題だろう。
香川だけが移籍3年で全部リーグ優勝を果たしている。
12-13シーズンはユナイテッドで出れない試合も多かったが結果がすべてだろう。
ただ、悪ければ外すべきだと思うな。

まぁ選手選考なども含め協会がまったく干渉していないわけでもないと思うのだが、ザッケローニである以上、いま代表に入れていない人間は厳しい状況が続くのだろうと思う。
少なくても選んでいる選手はもう少し多くのチャンスを与えるべきだと思うな。
ちなみにだが、多くの人間が日本のスタイルが早くてよく動くチームと見ているわけで選手の疲労に合わせて積極的な選手交代をするべきチームだと思うんだよね。
したがって負けているときの交代とは違い勝っているときの積極的な選手交代について考えることが大事だろう。
悪いが前田に代えてハーフナーなんてのはそれとは違うと言っておく。
日本のスタイルはスペースで合わすプレーが得意であってパワープレーは不得意と言える。

代表がうまいとか強いなんてのは妄想だと知ってほしいね。
海外組は置いといてもJリーグで上位に入っているチームの選手がいい祖語とをしているのであって下位のチームの選手は比較的にそういう良い面が出ていない結果がチームの成績に反映されているのだ。
したがって本来は代表には上位のチームの選手を呼ぶべきであってJ2から呼んでいるなんてのは誇らしい話ではない。
同時に国内リーグのレギュラーが海外組で出場機会の少ない選手より下などという見方は間違いでしかない。

普通に考えて柿谷とハーフナー、どっちが可能性を感じるよ?柿谷でなく工藤だったり豊田でも同様だろう。細貝と柏木や芝崎、高橋、山口などとどっちに可能性を感じるかを考えてほしい。

おいらにはこのことが本田などにも当てはまるのだ。万全でない本田よりは憲剛のほうがいいと思っているのだ。
場合によってはフィットしていない香川よりも乾や清武のほうがいいかもしれないと思っているのだ。

いつだって皆が万全で戦えるのならザッケローニの采配だって構わないが そうでないときのザッケローニの判断がおいらには理解できないから監督が代わることを望むのだ。

もし協会がブラジルでベスト8以上を望むならザッケローニは代えるべきだろう。
いまの代表選手だけで行けるかどうかを協会がどう判断するかによるが、面倒だからこのままでとやりそうで怖すぎる。
まぁ今年の前田がいまのところ結果が出ていないように来年は覚醒するかもしれないっちゃそうなんだが・・・。

おいらは監督は本田が出れなかったときのこと香川が出れなかったときのことなど誰かがいないという設定も踏まえたチーム作りをしなければいけないと思っている。
誰かが出れないとなった時に、出る前から結果が見えるようなチーム作りをしているようではプロの指導者とは言えないと思うね。
本田が香川が遠藤がいなくても勝てるチームを作るのが仕事だと思うぞ。
長友が故障してが手術などが必要になり1年を棒に振ることだってあり得るのだ。
ほかの選手でもそういう可能性があるという事だ。
一番の理想は誰が出ても同じシステムでやれるっていう事だがさすがに誰もでは無理だろうから少なくても複数の人間が代わりを務められるぐらいは準備するべきだろう。
それが代表をつくるということではないだろうか?

十人いれば十通り?
2013年06月23日 (日) | 編集 |
おいらのザッケローニ批判に対しザッケローニは正しいというコメントが・・・。
(おいらのブログとは関係のないところの記事なんですが)

いいか?一度だけ、解説してやる

内田を変えて宏樹を投入するのは守備ではなく、攻撃に転じたいから
豪徳ではなく宏樹なのは宏樹のほうが攻撃として使えるから(身長、クロス)

前田を変えてハーフナーなのは、攻撃に特化させたいから
攻撃的なサイドバックというカードを切った後にその的になりうる選手を投入して、
得点の確率を高めるのが狙い

ザックは間違っていない
ピッチに立ってる人間からするとここまで分かりやすい監督からの指示はないよ

そして、ザックは343の信奉者とか言われるが、それは全く違う
そもそも今の実質5バックのようなイタリアで行われてる343と
ザックがイタリア時代にやった343は違う
あれは、いい攻撃の選手が3人いて、彼らを生かすために生まれたもの
今やろうとしてる343は日本の世界でも稀なコンスタントに走れて
攻撃に参加できるサイドバックを生かすために生み出そうとしてるもの

というもの。

まず内田に代えて酒井というのはそれほど気にならない。
というのも結果的に内田のオウンゴールというものがあり精神的にもトラブルにならないようにという配慮もあったかもしれないし酒井の攻撃力に期待というのもわかる。

次のハーフナーは突っ込みどころ満載だろう。
攻撃性を高めるなどというのはある一面でしかないだろう。
相手にはキエッリーニなど背の高い選手がいる中高さで勝負する意味に疑問があるのが一点。
そしてハーフナーが入ったのにそこにハイボールを上げるなどという攻撃に変化しなかった点はハーフナーを生かすようにしなかったわけで全く意味がなかったと言えるだろう。
まして多くの人が指摘しているが相手の足が止まっている中前田より運動量の少ないハーフナーを使う意味が見いだせないことだ。代えるのなら乾だろうという意見もあるわけで。

書かれていないがアディショナルタイムに憲剛を入れる意味などもっと疑問だろう。
遅すぎる。

システムについてはおいらも多様化するのは賛成だ。
3-4-3やおいらが望む3-5-2などが熟せれば厚みができると思っている。
今の世界では1トップは当たり前になってきているわけで4バックで両サイドが上るというのも間違いでないが現実的にはツルベの話でも分かるように両サイドが同時に上がるのは少ない。
そうなれば1トップに対し3枚が後ろに残ることになる。
3バックならボランチを減らすことも可能で日本の攻撃力を落とすことにはならないんじゃないかな。
システムに関して言えばやれるならやるべきだが現実的に機能しないのはザッケローニの指導力の問題だろう。
ちなみにトルシエはシステムを成功させている。

この人はこういう話で正しいと結論付けているが それはあくまで見方の問題でしかない。
結果的にザッケローニの場合は選手を交代したあとに点を取られている。
選手にメッセージがうまく伝わらない時点で指導力の問題だろう。
選手が悪いという話も選んだのはザッケローニでしかない。

ザックのやるサッカーはチェスのようってのは言い得て妙で
選手の良いところを生かそうとするサッカーをやってる監督だよザックは

日本のアイデンティティを生かす、日本にしか出来ないサッカーをやろうとしてるんだよ

ザックの目標は、長期的に見れば、日本のサッカーにアイデンティティを持たせることだ
それは、戦術だけではなく日本のサッカー文化が持ってる部分についても同じこと
彼は、はっきり言って今すげえことやろうとしてる

こういう人には言っても仕方がない気がするが一応・・・
チェスのたとえは辞めた方がいい。
少なくてもサッカーは選手交代という手札が持てる。
選手交代をうまく使えないザッケローニはこういうゲームには不向きだろう。
一応書いておくが清武や乾などは所属チームでそれなりに結果を残してきている。
そして代表にも選ばれているんだよね。
使えない選手ではないんだよ。
またJリーグで結果を残した選手を彼は選んでいない。
これは選択を間違えているというしかない。

中には今野レギュラー以外が使えない選手であるかのように言う人がいるが、それは正しくないと思う。
だって少なくてもどこかで結果を出した選手が選ばれているわけだろう。
うまく機能しないならある意味使い方が悪いというものだ。
これまでのザッケローニを見ているとレギュラー以外の選手へのチャンスがあまりに少ない。
清武などはそれでもチャンスは生かした方だがそれでも今の代表ではポジションは取れていない。
MFなどはいくら優秀でもチャンスはほとんど貰えないだろう。
理由は固定化された選手が多すぎるからだ。
本田や香川への特権的な使い方を辞めれば多くの選手がテストできるはずだ。
それでもやれる能力のある選手が選ばれていると個人的には思っている。
選手の能力が足りないというのであればザッケローニが使わない以外で理由を挙げてほしい。
数少ないチャンスをいい形で貰えているかを考えながら教えてほしい。

例えば乾や清武などは昔セレッソで香川と組んだ経験があるが三人そろって使ったことがあるのだろうか?
誰かを使うときにその選手を生かす形でフォーメーションが組まれているかというのは結構重要なことだと思う。

おいらには本田を生かす形の中でしか(もしくは本田がいないときに形だけのテスト)与えられていないように見える。
つまりフォーメーションのバリエーションなどは考えるが選手の個性に対するバリエーションなどは全く考えられていないように感じるのだ。
結果的に本田が不調なら日本は苦戦するでは全く進歩がない。

いろいろなケースで戦えるということをやるのが監督だろう。
今の本田なしでは戦えないなどというのならそこらのサッカーファンでもできるというものでしかない。
それでも今ならザッケローニよりはうまくできるんじゃないだろうか。。。

もちろん表題であげたように人それぞれで考えるわけだからおいらの意見も正しいとは言えないだろう。
見方などいくらでもあるのだから。
ただ、日本は決して選手層は薄くはないと個人的には思っている。
ただ、代表でうまく機能するまでに成熟された選手はいまのところ多くはないのだろう。
しかしそれはチャンスを与え時間をかければ花開く可能性があるとおいらは思っている。
走するためには勝ちゲームで思い切った選手交代をする必要があると思う。
それは本田や香川、遠藤といった選手をどんどん代えることで経験が詰まれると思うのだ。
それができなければ日本代表が強くなるのに時間がかかると思うな。

話が出れば出るほど・・・
2013年06月23日 (日) | 編集 |
日本代表の談話などが出てきている。

本田の談話がある。
http://worldfootballnews.doorblog.jp/archives/29673644.html

おいらは本田の話はハッキリ言って好きではない。
ストイックに見える人もいるのだろうが、実はものをよく知らないのではないかと思えることが結構あるからだ。
そして自分のことだけを言うのならいいが他人の話も最近はしている点も気になる。

談話の中で上げている勝ち方がわからない。などというのはその一例だろう。
少なくても日本は2001年のコンフェデで準優勝しているし2010年のワールドカップ前の不評からグループリーグを勝ち上がったのはプラン通りに戦えた結果だろう。
おいらは時に思うのだが、本田や香川など世界へ出た選手の言葉の中に思い違いがあるのではと思っている。
取れるだけ点を取ってやろうとかもっとやれるという声にそれがあると思うのだ。
おいらは勝つ試合で大量に点を取る必要を感じていない。
イタリアがかつてカテナチオと呼ばれる戦術を愛したときに1-0で勝つのが美しいと言っていたわけだが、そこまでではないにしろ大量得点は必要ないという事に気が付いてほしい。
要は勝ち続けることが大事でリードしたら心がけることはどう終わらせるかに心を配れることが大事なんだと思うのだ。相手によっては次の得点が終わらせるのに大事かもしれないし相手によっては虎の子の1点を守ることを考えるべきなのかもしれないわけだ。
それがコントロールできるようになるってことが大事なんだと思う。

簡単に考えればスペイン相手に1点選手できたときに2点目を強引に狙いに行くなんてことはありえないだろう。
まずは1点を守ることに心を砕くべきだと誰もが思うはずだ。
日本は一人や二人で攻撃して簡単に取れるチームではない。
点を取ろうとすると前がかりになるしかないわけで そのことは同時にリスクになるわけだ。

相手によっては2点目を取ってしまえば相手の気力を奪い試合を決定づけることになるのかもしれないから2点目を狙いに行くべきなのかもしれない。
そうした使い分けができることが大事なのだろう。
そしてそれは本来選手が判断をするよりはまずはベンチが明確な指示をするべきものだと思う。
選手が判断をすれば人によっては違う判断をするだろう。そしてそのことは危険なことでもあると思うからだ。
ベンチの指示は近い選手に伝えたりして全体に伝えたり、選手交代で意思をはっきり示すことだと思う。
おいらがザッケローニを批判する理由の一つが彼の選手交代は意図が分かりにくいことにある。
負けているときにディフェンダーを変えるとかありえない。
動けない相手にハーフナーを使ってポイントを作る攻撃なんてのもありえない。
相手はそこさえケアすればいいことになる。(まぁ実際は変わっても攻撃のスタイルが変わらなかったんだが、そうするとより動きの悪いハーフナーを使ったことに全く意味がないだろう)

ザッケローニの考え方で問題なのは負けているときや状態の悪い時に打つ手がないということだろう。
彼は成功体験を基準にする傾向があるようで、うまくいっている時は動かない。
ところが負けていたり押し込まれたりする状況では成功体験基準では思い付き以外の行動ができないことになる。
重要でない試合では積極的に選手交代などの動きをすることでうまくいけば成功体験が増えることにつながるわけで選手起用の幅も広がるというもの。
良い時ほど動くべきだと思うのだ。
ただ、重要な試合は少しン変わってくるけどね。保守的に考えればだれもが認める選手起用が後の自分への攻撃を減らす材料にもなるわけだから・・・・

ザッケローニはそうした試合でもあまり動かないわけで結果的に成功体験が乏しいまま大事な試合を戦うことになっていると思うのだ。

ある記事で日本代表には2部の選手が起用されていると指摘されている。そこでは2部の選手でもいい選手は貴陽しているとと耐えているが とんでもない話だ。
今の日本のように得点ランキングの回の選手が呼ばれて上位の選手が全くいない代表などどこにもないと思う。
ちなみに2部の選手の一人の今野はチームではボランチの選手だ、それがセンターバックで仕事をしていることも伝えるべきだろう。

ヨーロッパや南米ではレベルの高い試合が頻繁にあるが海外組がいつも呼べるわけではないので国内で活躍する選手が代表で呼ばれるケースが結構多い。
すなわち選手には代表になれるチャンスが多いのだ。
それに比べ日本はいつも決まった選手だけが使われている・・・・・

本田の話に戻すと条件が良ければ強豪にも通用すると言っている。逆に言えば条件がなければ通用しないと言っているのと同じだ。これじゃ戦えないだろう。
先日のイタリアのような沿道や香川に対する緩いディフェンスがそれならアジアでだって無理な話だ。
ただアジアではそれでも戦えるというだけで次にイタリアとやったって先日のようにフリーにはしてくれまい。

プレッシャーが来ている条件でわかるのは遠藤や本田が狙われると香川も動きが取れなくなるわけで、そういう場面ではパスの出し手になる選手を増やすというのも手だろう。
幸い日本には憲剛や清武などそういう動きができる選手がいるのだから・・・。
おいらが監督なら本田を変えるんだがどうしても本田を使いたいなら前田を下げ本田を上げパスの出し手になる憲剛か清武を加えることでパスが回ることを選択する。
ザッケローニが最後にやったのは岡崎を上げることだったが岡崎は2列目からでも動けるのでマークがきつい本田を上げるべきだったと思うな。
とりあえずパスが回れば香川は使えるだろう。
本田にマークがつけばディフェンスも下がるのでチャンスもできるだろう。
本田が厳しく考えるなら自分が動けないときには自ら交代を要請するぐらいの気持ちも欲しいとおいらは思う。
彼がおかれている役目はそれほどのものだからね。彼が動けないと全体の動きが悪くなるのだから。
(本来はそのことは選手が判断することではないのだがザッケローニにはそれは無理だろう)

おいらとしてはせっかくの駒は皆使って足るべきだと思う。
特に勝っているときにね。
そうして成功体験を積むべきだろう。
それが代表の底上げにつながる一番の方法だと思う。
今のレギュラーが出続けることでは代表の底上げは無理だと思う。
(個の力をあげるのには時間がかかると思うよ)

本田、香川、遠藤であっても積極的に入れ替えることを望みたい。

セルジオが監督交代の議論をと
2013年06月23日 (日) | 編集 |
言ったらしい。

おいらもその通りだと思う。

ところが、サッカー好きな中にはセルジオはいつも批判ばかりで誰をなど具体例も挙げずに批判したいだけだろなどとセルジオ批判をしているのを目につく。

おいらはセルジオに賛成だ!

日程を見ろ!走れないのも仕方がない?
違うだろ?何のために控えがいるんだ?本田や香川、遠藤は不動などと考えるから過密日程に答えられなくなるのだ。清武や乾を読んで使わない戦術が問題なんだろう。

ブラジルだってどこの国だってエース的な選手の交代もやっている。
3人まで交代ができることを皆うまく使っているのにザッケローニはうまく使えていないじゃないか?
交代すれば失点をする。交代のメッセージが選手にうまく伝わらない交代をする。
充分指導力にもんだいがあるだろう。
理解できない選手の責任?選手は監督が呼んだんだろ?じゃあ監督の責任だ。

誰をかわりにすればいいんだという声もあるが、個人的にはネルシーニョやクルピ(現役監督なんで厳しければ西野でもいいし探せばいる!)などを候補にすればいいのだ。

おいらは個人的に本田や香川を特別視してほしくないのだ。
全員を平等に評価し、全員で戦うシステムを作ってほしい。
能力のある選手を読んでいるわけだし出場停止や怪我だってある。
選手を固定化することで錬度は上がるのかもしれないが、それではレギュラーが出れなくなった場合に戦力が落ちてしまうだろう。
多くのパターンを持つことも戦力アップになるはずだ。
本田がいないと勝てないってのも本田がいないパターンが急ごしらえになっている感があるんじゃないだろうか?
現にいない前提で戦ったフランス戦は勝てている。
負ける試合もあるがしっかり準備できていれば戦えることはフランス戦でわかうだろう。
おいらが指摘しておきたいのが本田がいない場合の選手起用をいまでもザッケローニが迷っているように見える点だ。香川を真ん中に置くのか置かないのか、トップに誰を使うのか、香川を使った場合に誰を使うのか などしっかりとした方針がないように思う。
本田がいない時を普段使わない選手を見る手段程度でしか考えていないからしっかりしたフォーメーションができないんじゃないかと思うのだ。

さらに言えば本田シンパがいう本田が作るタメ?を基準にチーム作りをすれば本田がいないとチーム戦術ができないことになってしまう。
誰が出ても同じコンセプトで戦うことができないという事になる。いや、コンセプトは同じかもしれないが確実にリズムが変わる。
これって有益なんだろうか?
リズムを変えたい交代ってのはあるよなぁ。。。
しかし、そのパターンの練習ができているのか?って話だ。
本田がいない>清武が出る?乾が出る?トップは誰?
練習しているんだろうか?

個人的にザッケローニに対してまずは選手選考に疑問を感じるし(今季結果が出てない前田やハーフナーを呼び佐藤などが呼ばれないなど)選手起用にも疑問を感じるし選手交代にも疑問を感じるし、さらには指導力そのものにも疑問を感じている。
まぁ指導力でいえば指導で結果が出たとハッキリわかるのはトルシエだけだったかもしれないが。
(オフトは代表を変えたという感じはしているけどね、最近の監督は代表の戦術に関してはろくに帰られていないと思う。岡田監督はワールドカップで成功したように見えるが結果的にはやろうとしたことができずにああなってしまった結果成功しただけに思える)

おいらが挙げたネルシーニョなどは日本人選手を使い鹿島で実績を上げ柏でも実績を上げている。クルピはいい選手をうまく使っていることは海外に出る選手をみてもセレッソで活躍する若手を見てもわかるだろう。
日本人では西野氏だが、オリンピック代表も率いた経験もあるし柏、大阪での実績から戦えるチームを作っているのも確かだろう。個人的には点を取るチーム作りが気に入っている。

おいらは日本にまだいるいい選手を無視するかのようなザッケローニの考えは全く受け入れられない。
海外組の穴だけ国内組で賄っている仕事が嫌いだ。
ほかにもFWの起用に見える狭量さも嫌いだ。大柄以外受け付けないのだろう。

目の前で結果を出した選手しか使わない姿勢も嫌いだし。責める選手交代ができないのも嫌いだ。

個人的には嫌でしかたなかった岡田監督よりも嫌いだ。
(日本びいきのところなどは好きなんだが能力が足らない)

南アフリカ当時の代表より今の代表が強いか?と聞かれるとおいらはそうでもないと思う。
タイプが違うし何より南アフリカ当時は失点をしないチームで負けないサッカーをしていた。
いまでは勝つか負けるかのサッカーをしていると思う。
弱いチームには勝てるが少し強い相手には勝てないではなく負けるチームになっている。
前のワールドカップでは少し強いチームにも負けないサッカーをしていただろう。

海外で知られる選手が出てきている中で結果的に強くなったかは疑問という内容を見てこのままあと一年この監督についていくというのは個人的には耐えられない。


おいらはワールドカップで日本に活躍してほしいのだ。

ネルシーニョやクルピ、西野氏などのほうがいいと思うのは国内組に正当な評価をしてくれるだろうという期待が大きい。そして確実にザッケローニよりは選手交代がうまいだろうと思うからだ。

できればセルジオのいうようにザッケローニ批判が起こり監督の交代に至ってほしいが、協会は人事が面倒だという事でこのままいくんだろうなぁと思う。

そうそうなんならトルシエでもいいぞw。

メキシコ戦
2013年06月23日 (日) | 編集 |
やはり相性が悪いのと ザッケローニの采配で負けてしまったという感じがする。

ザッケローニの采配というのはサイドに酒井を使ったり交代選手の使う順番が間違っているところなどだろう。
酒井に代えて内田はカードの関係でわかるが、なぜ次の交代が吉田なんだ?
負けている中ディフェンダーから変えるってのはなんだ?

ちなみに今日の交代は酒井はいいとして次は本田だろ?
コンディションが悪いのか全くボールが収まっていないじゃないか。
トラップしたところを狙われまくっていた。
本田はシュートまでいったところは良かったんだが、スタミナが見れるのも早かったと思う。

メキシコに負ける理由は相手のプレッシャーがかなり有効的に効いていたのが大きいだろう。
パスなどに対し細かいことだが確実に足をだしひっかける場面がたくさんあった。
こういう姿勢が日本のパス回しを簡単にさせないことになっただろう。

香川も良くなかったが最後の得点に絡むパスは流石だ。

それにしてもザッケローニの選手交代の直後にイタリア戦もメキシコ戦も失点をしてしまっている。
監督の選手交代で確認作業などでマークが甘くなるのかこういう悪い流れはどうしようもない。

きょうは遠藤もパスミスを繰り返したし、イタリアのようにとことんフリーにしてくれればのびのびできるがプレッシャーに弱すぎる。

それにしても本田は完全に狙われていたな。本田がボールを持つことを予測して複数でプレスをかけられている。
それもファールを取られると危険なエリアの外で厳しくいっていて日本のリズムはこれで崩れた気がするね。
結果的に本田へのパスコースが使いずらくなりボール回しが遅くなり前に出ることも難しくなっていた。
おいらとすれば狙われているとわかっているなら(まして後半は動きも鈍かったし)交代させる勇気も必要だと思うな。

それにしてもザッケローニ、MFに駒はいるんだから使わない手はないと思うんだけどなぁ。
清武や乾は変化をつけれるし憲剛だってもっと長い時間使うべきだろう。
本田、香川、遠藤に加えいまでは岡崎も不動のメンバーにしてしまえばせっかく持っている駒の価値も無くなるというもの。

おいらにはどう考えてもザッケローニじゃ日本はワールドカップで勝てないと思う。
本番はコンフェデよりは相手は弱くなるのかもしれないが、ベスト8に入るには強いチームにかたなければいけないわけで今のままザッケローニがアジア基準で安定を追いかけるならもしかするとグループリーグはかてるかもしれないが16から先はないと思うし、今日のように本田が狙われればグループリーグでも苦戦すると思う。
おいらとしては本田にプレースタイルを変えてもらいたい。
ゴールから遠いところではボールを簡単に裁き持つんならゴールに近いところだけにしてほしい。
ココならファールをもらう事でも大きなチャンスにできるからね。

それにしても今日のメキシコ戦、メキシコ人以外ではマンチェスターUのサポーターは大喜びだろう。
エルナンデスのゴールと香川のゴールにつながるパスが見れたんだから。。。。

日本代表・・・
2013年06月22日 (土) | 編集 |
先日のイタリア戦の興奮から日にちが立って明日の未明には最後の試合になるメキシコ戦を迎えようとしている。

おいらは2ちゃんのサッカーの記事から久しぶりに過去の映像をたくさん見たんだよね。

海外からは日本の急成長などという言葉が言われているが、実はそんな話はずっと出ていることに改めて気が付く。
2002年のワールドカップ以後、日本人は結構海外に出ていっている。
そりゃあ今のバブルみたいにはなってはいないが、それでも十分注目されていたことがわかる。
特に2001年に行われたコンフェデでは日本は決勝まで勝ち進み準優勝になったわけだが、その時のチームは確かに強かったよなぁ。
そしてその前に見た映像が中田のイタリアでの活躍などを紹介したものですよ。
本田がすごいと言われる中で 当時の中田もかなり強烈です。
戦った相手もすごい。

本田も確かに結果を残してきてはいるが、実際に戦った相手の質を考えると中田とはまだ差があるような気がする。
ペルージャに行った中田が注目を集めたのがユベントス戦だったわけでその後もローマでポジションを争ったのはイタリアの至宝ともいえるトッティだ。
トッティの存在に控えに回ることも多かったがローマの優勝に大きくかかわるシュートを決めたのも中田だった。

本田のフィジカルがすごいと言われているが中田は体格に恵まれているわけではないのに本当に強かったのが映像で改めてわかったね。
そして当時でも強豪と十分に戦えていることを改めて知ることになった。

埼玉ドームでイタリアと戦ったときに柳沢のボレーで先制したときも引き分けたんじゃなかっただろうか?
(日本で戦ったというハンデがあったかもしれないがブラジルの気候でまいっていたイタリアにもハンデはあるだろう)
昨年フランスに勝ったが、今のフランスではなくジダンをはじめスターが勢ぞろいしているフランスとも負けはしたが結構いい勝負をしていたりウェンブリーでいい試合をしたこともあったわけだ。

選手にしたって中田以後小野や中村など注目された選手もいたわけでワールドカップを迎えるたびに日本が注目されているのも確かだろう。

そう考えるとイタリアに善戦したで大騒ぎをしている状況って日本もそして世界も何も進歩していないように感じる。善戦なら日本はずっとやってきているじゃないんだろうか?

今日本が期待している代表ってのは世界の強豪に内容を伴った勝ちだろう。
善戦ではダメだし、日本の進歩をアピールできはしないだろう。
いまはおソロ気を持って伝えられているが後年では結果的に負けたことでこれまでと同様の扱いになってしまうだろう。
そんなことは2001年のコンフェデで準優勝した日本がいまだにダークホースでしかないことを見れば簡単のわかるだろう。

本田への評価は多くが本田崇拝にも似た形だが、反面おいらも含めていまだに懐疑的だろう。
理由は本田のリズムにあるといえるだろう。
良い時の本田というものをおいらは知らない。
本田を見ていると明らかにリズムが遅いのだ。
シンパはそれをタメを作ると言っているが、個人で作ることはおいらなどに言わせればリスクでしかない。
パスを回せば個人でやる必要がないと思うのだ。
ゴールに近い場所でやる分にはファールをもらってもチャンスになるし、突破できても大きなチャンスになるからいいのだが、本田のキープの多くはゴールから遠いところで行われている。
中田との違いを考えれば中田はそういう場面で大きな展開に結び付けるパスがでていることだろう。
本田で目に付くのがキープの後のパスに横パスや後ろへのパスになってしまっている点だ。
これって中村俊輔とかぶる。
本田と中村の違いは精神性の違いだろう。
本田は言葉で押し出しが強い。結果は別にして前向きな発言は共感を得やすいのだろう。

中田についてもいろいろあるが、おいら個人では中田は本当にすごかったと思う。
ただ、実はピークが長くなかった選手だったと思うのだ。
そして結果的にローマにいってしまったために出場機会を減らすことで拍車がかかってしまったように思うんだよね。ローマではなくほかの中堅チームであれば試合に出続けることでもう少し良い感覚が続いたんじゃないかと思う。まぁそれでもその後の人脈はすごいけどね。

おいらは世界の一流国ってのは7~8チームに絞られると思っている。
主にワールドカップを取ったことがあるチームだ。(残念ながら始まった当時に勝ったウルグアイは除くだが)
5回のブラジルに始まって、イタリア、ドイツ、アルゼンチン、スペインと勝っていないオランダが少し抜けたチームだな。そして少し差があってポルトガル、イングランド、フランスに加えてその時点で勢いのあるヨーロッパのチーム、いまならスイスあたりがそれかな。さらに少し差があってメキシコやウルグアイなどを含めたワールドカップ常連国となる。
おいらの考えでは日本はヨーロッパでワールドカップに行けるかいけないかの境目当たりの国と同等ぐらいだろう。ウクライナやスウェーデン、チェコ、クロアチアなどと同等か少し下(これらの国って強い時は本当に強いんだが安定しない面があるんですよね)。
アフリカではエジプトなんて国は強いね。
ほかのアフリカ勢は強いのか弱いのかわからんw。
いろいろな面でモチベーションが安定しないんだろうな。

メキシコ戦でザックをはじめ皆が勝ちたいと言っているが個人的にはメキシコ戦のほうがイタリアよりやりにくいと思っている。
メキシコは皆が運動量があるチームでスターは少ないが多くの選手の能力が高い。
パスサッカーのお手本にしたいチームだろう。
パスを出してすぐに動くなど基本ができているためにプレスに対しても強い。
日本のような相手にも余裕を失わないだろう。
日本はボールを追えば疲れてしまうだろう。
勝つためには少なくてもポゼッションで相手を上回ることが前提になると思う。
イタリア戦のように遠藤や香川へプレッシャーをかけないなんてことは想像できない。
加えてブラジル戦で見せたメキシコの個人技は日本には脅威になるだろう。
ドリブルのうまい相手は日本は苦手だ。

日本が勝つにはセットプレーが重要だろう。

余談だが、久保のプレー集も見たんですが こういう選手を代表でもっと見たかったように思ったね。
空中戦も強いしロングまで打てる。
ちょっとおつむが弱かったんで戦術理解とかに難があったかもしれないが、ボレーもうまかったしなんでもっと代表で活躍しなかったのかと思うね。
強くないチームで戦ったのか久保がこんなだから強豪になれなかったのかはわからんが、覚醒すれば間違いなくワールドクラスだった気がする。

まぁ今の日本代表が本当に強いのかそうでないのか おいらにはわからない。
いまでこそ世界に出ている日本人は多くなっているが、中田ぐらいしか世界に出ていなかったころも個人的には日本人は下手ではなかったと考えている。
それこそジーコに指導力というものがあったなら日本はもっと早く世界の注目を浴びていた気がする。
中田がいて小野がいて俊輔がいて、同時期に小笠原や遠藤もプレーしていたんだぜ?

人材的にはトルシエのころのほうが厳しかったかもしれないがトルシエのほうが結果が良かった。
これが監督力の差だろう。
ディフェンスもあのころはなんだかんだで弱くはなかった。
ただ戦術をうまくこなせるのが宮本だったり盛岡だったりで体格に恵まれなかったけどね。

そう考えると、いままたトルシエが監督にってのもありなのかもしれない。
彼なら二つ返事だろうw。
まぁネルシーニョがいいけどねw。

イタリア戦 その後のその後
2013年06月21日 (金) | 編集 |
イタリア戦でのプレーは香川も本田も良かったし遠藤や長谷部も持ち味が十分発揮されたと思う。

その理由はモチベーションとイタリアの緩すぎるプレッシャーによるものだろう。
アジアでだってこれほど緩いプレッシャーなどないと思う。
さすがに本田の所へはプレッシャーはあったと思うが遠藤の所がゆるいし香川がポジションを自由に変えたことで香川へのプレッシャーも弱かったから本田から簡単にボールがさばけた。

ちなみにおいらの本田への評価は基本的に厳しいと思う。
個人的に長く持つ選手が好きではないことが大きな原因だ。
本田のキープ力云々という話などある意味無駄なものだと思っているからだ。
簡単にパスをさばいてもボールを失わずに済むわけで個人でキープする必要を感じないのだ。
本田がキープできるとしても個人での対応などリスクでしかない。
ほかの選手が上るタメを作るなどというのも意味がない。飛ばしパスができればそれで補える話でしかない。
本田を評価するには本田が関わり狭いところでパス交換ができたり最終的には本田はシュートを打たなければ良かったという評価はしたくないのだ。
そういう点で見ればイタリア戦での出来は良かったと思っている。
本田は出るからにはもっと強引なシュートをするべきだと思うね。
横に流れてシュートチャンスをうかがうプレーなどよく見るが結局打たないのでは魅力は半減してしまうだろう。
本田のキープ力を評価するならゴールから遠いところではなくゴールに結びつく場面でのキープ力でなくてはいけないと思う。
おいらの目にはそういう面がしばらく消えていたように思えるのでイタリア戦で何本かの試みがあったのは非常に良かったと思うのだ。
体の強さは確かに武器にもなるがメッシやネイマールにそれがあるかといえば 無くったって困らないことは理解できると思う。キープ力はあるけどね。

本田がイタリア戦ほどのチャレンジをいつでもしてくれれば嬉しいと思うね。

それと、多くの人が善戦を喜んでいるが結果的に負けたことはもっと厳しくいう必要があると思う。
選手は感じていると思うがザッケローニはそれで喜んでいる節があるので注意したいと思うな。

負けて得るものも確かにあるかもしれないがこういう試合は勝たなければ失うもののほうがはるかに大きいと思う。
海外の記事などを見るにつけ個人的には特にそう思っている。
控え選手の層の薄さを指摘されるのは間違いだと思っているし、経験のなさなどを指摘する声もあるが それも間違いだ。吉田はプレミアでプレーしているし今野だって長い間代表に身を置いている。
日本ではこれ以上ない経験を積んだ選手だ。
海外の選手だってフル代表で試合をする経験の少ない選手だっているわけで経験の問題という話ではないと思う。

ザッケローニをイタリアのメディアなどは持ち上げているようだが、実はこの監督の問題が一番の問題だと思っている。
代表は今年に入って満足のいく成果を上げていない。
ワールドカップ予選にしても最悪な結果こそでてはいないがポテンシャルをじき出したと言える結果が出せていないのだ。理由はあるだろうがここで勝つという試合で負けたり引き分けたりであって今年の代表の出来はよくないのだ。ワールドカップ予選に関して言えばなく年の結果がすごく良かったことで大事にならなかっただけだ。
ブラジル戦の失敗をイタリア戦でも見せてしまったのもザッケローニの指導力によるものだと思っている。
昔の日本の話でワールドカップのオーストラリア戦が思い出される。
リードした場面でまだ攻める気でいた攻撃陣とバランスを考えた守備陣の気持ちのズレがオーストラリアの反撃を呼び結果として負けてしまっている。
イタリア戦でもそういう葛藤があったのではないかと推測できる。
そうでなくても後半開始早々に失点をしたのは前の試合のブラジル戦と同じなわけで、そこを注意するべきベンチの責任は少なくないと思う。

世界は忘れてしまっているようだが、日本に人材がいないわけでもないのだ。
南アフリカ大会で見せた日本の堅守を選手たちは皆現役で今でも活躍している。
あくまで今野代表はザック好みの選手だというだけのこと。

そう、日本がイタリア戦で勝っていれば控え選手の層が薄いとか経験がとか弱点はとか言われずに済んだのだ。
代表だけの話ではなく控え選手や代表に選ばれなかった選手の評価も下げてしまったのだ。
攻撃陣は評価されたがその功績はザッケローニと活躍で来た選手だけに送られたものでしかなくなった。
この試合に出れなかったがドイツで評価された乾や清武などの評価さえも下げたも同然なのだ。
勝てば次の可能性が見えるから悪い評価は変えるチャンスもできたが負ければ悪い部分の評価はそのままになってしまうのだ。
日本が強豪に勝つことが増えなければフロック扱いも消えないのだ。
日本のサッカーがより早く認められるには勝たねばならない試合だったのだ。

今更イタリア戦をやり直せないが、メキシコ戦で修正され勝利すればいいんですが 正直メキシコのプレーは侮れないし良いプレーヤーの得意の攻撃は日本の苦手なタイプに思える。
一番やりやすい相手に後れを取ってしまったツケは大きい気がしてならない。

それにしてもザッケローニが監督でいる間は新しい選手の活躍は厳しいと感じてしまう。
やはり第二代表ぐらい作る必要性をおいらは感じている。

代表で経験を積む手段として出る機会をなかなか与えられない乾や清武、柿谷や豊田、そして芝崎や大迫などアジア以外での経験を積ませる方法をなんとか作ってほしいものだ。

イタリア戦 その後
2013年06月21日 (金) | 編集 |
海外のこの試合の反応があちこちのブログで上がっている。

概ね日本のパスサッカーに驚き評価を得ている。

反面、日本人の反応は複雑だ。
この出来をとりあえず褒める人もいれば戦犯探しのようなコメントに腹を立てる人もいる。
おいらは基本的に選手はいい時も悪い時もあると思っているし皆いいプレーをしようと思っていることを疑ったこともないので個人攻撃のようなコメントは嫌いだが、サッカー文化の深いヨーロッパなどで試合ごとに選手に点数をつける文化は正に試合ごとに戦犯を探すことに他ならない習慣に思えるのだ。
点を取ったらいい点をつけ失点につながる行為には悪い点をつけるのが当たり前になっているのだ。

そう考えることで強くなってきたのだろうと思う事にしている。

さて、本題だが。。。。
海外のサッカーファンが日本の代表に対し経験不足だとか控え選手の層が薄いなどと書いていたり日本人のファンでも今の代表が今うまい選手の代表のようにとらえている面があることに多少憤りを感じるのだ。
代表選手はあくまで監督の草々実現のために必要と思われる選手が選ばれるのであってそのポジションでうまい選手が上から順に選ばれているわけではないと改めて考えてほしいのだ。

わかりやすくいえば前田がフォワードで出る機会が多いが、FWの資質を問う基準の一つだろう得点ランキングでは前田よりいい成績の選手はいくらでもいることは日本のサッカーファンなら知っているだろう。
センターバックで起用される今野だってボランチが本職である。
なんでセンターバックで使われてんの?とおいらは思うわけですよ。
対人が強くユーティリティーなんで控えにいるならわかるが本職のセンターバックを押しのけてポジションを取っているわけですよ。ザッケローニが今野をほかの本職のセンターバックよりも高い評価をしているから使われているというのが現状であって監督が代わればそのポジションには闘莉王がはいっているかもしれないし中沢が入っているかもしれないのだ。
センターバックから今野が外れれば今野がサイドバックになったりボランチで使われる可能性もあるわけでほかのポジションで今使われている選手がベストではなくなるかもしれないのだ。
(あくまで今のベストな選手はザックにとってのベストであるが)
センターバックの基準で考えれば今野は背が低いという問題点があるが栗原などを使えばその問題は解決する。(ほかの面で問題が出るかもしれないが)

今日の試合で活躍した岡崎にしても個人的には彼のポジションは本来FWだと思っている。
岡崎よりもMFの仕事をうまくこなせる選手はいると思うんだよね。相手バックス脳あらをついて得点に絡む能力はほかのうまいMFよりも岡崎のほうがあるからいま岡崎が右のMFのポジションを取れているのだろう。
同様にいろいろと考えると香川が左のMFにいくことで本来そのポジションにいる乾が使われにくくなってしまっているわけですよ。もしかするとそのポジションには宮市なども候補になるかもしれないし代表で使われない若手にもそのポジションのいい選手はいるとおいらは思っているのです。
FWにしてもこのところ前田とハーフナーばかり使われていますが、大迫に可能性を感じているしオリンピックで注目された永井だっているわけです。
監督が違えばDFだって闘莉王や中沢、岩政などがスタメンに入るかもしれないわけですよ。
海外で活躍していないが南アフリカで起用されていた大久保や松井なんて選手だっている。
代表に入ったり落ちたりで言えば柏木や槙野などもいるしJのチームの中心選手でありながら代表に縁がないなんて選手もいるのが現状なんですね。

ヨーロッパの国などは欧州選手権やワールドカップ予選など強い相手や弱い相手によって代表をその試合限定で頻繁に試す機会もありますが 日本はそういう試合が全くないに等しい。
アジア大会などは所詮アジアレベルになってしまうしキリンカップなどで試される選手が現実は代表の控え組の調整試合的になってしまっているわけです。
これでは代表の中心にいない選手が海外の強豪相手に経験を積むなんてことが全くできないことになります。
結果的に若手は海外に出た選手だけが注目されることになってしまっていると思うんですよね。
でも大迫なんてのは個人的にですがいまの前田よりは可能性を感じるんですけどね。。。。
選手層が薄いと言われる控えに永井がいたら面白くないですか?ってことなんですよね。
選手交代の準備をハーフナーがしていると聞く残念な気持ちを考えればそういう選手がいるほうが嬉しいと個人的に思うんですけどね。

おいらは出来るなら日本にもいい選手がたくさんいると外国のサッカーファンに知ってもらいたいと思うんですよね。
だから、できれば第二代表的なものを作ってヨーロッパなどで経験を積ませるなんて試みをしてほしいと思うんですよね。
ザッケローニのような監督の場合 わかりやすく海外組を押しのけてレギュラーのポジションを取っていると言える選手は遠藤しかいないと言えるんじゃないだろうか。
FWは無視してだが。今野のセンターバックは海外組が吉田しかいないしね。

おいらは海外組はそれなりに評価はするが国内組が大きく劣っているとは考えていない。
特に若手のために第二代表的なもので海外を経験させることをするべきだと思う。
まぁJリーグのチームが反対するかもですが。
オフシーズンにヨーロッパでリーグ選抜や代表と試合をさせてもらえばいい経験になると思うんだけどね。
日本選手がドイツなどで活躍しているいまなら良い日本選手を見定める場にもなるのでヨーロッパの理解も得やすいと思うのだが。


なんだかんだで 言いたいことは もっといろんな選手を代表に呼んで使ってやれよー!ってことだ。重要なワールドカップ予選やアジアでの公式戦以外では海外組を使わないぐらいの気持ちでいいと思うぞ。

結果的にだが、おいらはザッケローニが大嫌いだってことだな。

イタリア戦
2013年06月20日 (木) | 編集 |
代表はファイトしていた。

勝てる試合だったと思う。

ただ、個人的にはザッケローニの采配で負けフラグがたったと思う。

前田に代えてハーフナーを入れたことだ。
あの場面でハーフナーを入れることって必要だったかということだ。

日本がボールを回せていたこと。
フィニッシュまでいけていたこと。
などを考えるとあの選手交代は必要なかったように思う。

イタリアと日本の差があることも感じた。
それは前半でのピルロのプレーだ。

コーナーキックになった際に日本の選手たちが給水をしているスキを突かれたプレーだ。
守備陣形ができる前に蹴られたことで簡単に失点をしてしまったのだ。

2点をリードしている場面で勝ちきれないのが今の日本の欠点だと思うな。

こういう試合ができるのにブラジル戦のような試合もしてしまうのが今の日本代表なのだろう。

今日の試合ならば日本はもっと点を取っていなければいけなかった。


それにしても今の代表の失点癖はどうしたものかと思うなぁ。。。。


南アフリカが失点を防いで勝った戦いなら今は点を取れるようにはなったが 同時に思わぬ失点をしてしまうチームになっているのが非常に残念だ。

個人的にはこういう試合をしたことでザッケローニの采配への信頼度が増すことが心配だ。
今日の試合でもザッケローニの選手交代は決して良くはなかったと思う。

岡崎が得点に絡んでいたしボールが持てていたことを考えればハーフナーを起用するよりも岡崎を前にだし清武や乾を出した方がより効果的になった気がする。
まぁ選手にそれほど疲れが見えていなかったので交代をしないのがベストだったと思うんだけどね。

それにしても、スリリングな試合だった。
こういう試合は勝たなければダメだよ。

もうすぐ二戦目だが
2013年06月20日 (木) | 編集 |
コンフェデのブラジル戦の敗北に代表は完敗などと声を上げたが、ある意味滑稽だ。

完敗と言えるような戦いさえもしていないだろ?

まさに親善試合の負けのままに戦ったというしかない。

おいらはアジアでの戦いと世界での戦いをしなければいけない日本は結構微妙な立場にあると思うのだ。
アジアでの日本ってのは責めることを基本にしなければいけないのだが、世界の強豪と戦ううえではそのままやっていてはその差が詰まらない気がする。
本来は日本はメキシコのようなチームになるべきだと思うのだが、日本はその決定力においてメキシコ並にはいまのところなれていないし、他の面でもメキシコに劣っていると思う。

現状では正直にアジアでは何とか今の形でも勝てるがブラジルと戦うためには南アフリカでの代表のような ある意味往年のイタリアのような戦い方をするしかないように感じてしまった。

今の日本はうまく機能すればアルゼンチンやフランスにも勝ったりできる力を発揮するが、反面で先日のブラジル戦のようなもろさも見せてしまう。
自分たちを中学生と言ってしまった長友にしても良い時の動きにほど遠い始末だろう。
うまく動けなくさせてしまうのがブラジルの戦術であったり力の差なのかもしれないが、とはいえブラジル戦でいい試合をしたことがあるのも現実なのだ。

南アフリカで日本が躍進したようにいわれたのは松井であったり大久保の献身的な動きやディフェンス陣の跳ね返す覚悟のようなものが周りに伝わったことによると思う。
その結果がオランダ戦のような試合ができたことだろう。
負けてしまったが、あの大会でのオランダは結果的に強かったと言えるチームだったろう。(あのチームは好きではないが)

ちなみにおいらはブラジルとの相性の悪さと相性の良さの両面があると思うのだ。
オリンピックでブラジルに勝ったことやコンフェデで準優勝したときはブラジル戦でいい試合をしたもので こういうときに結果的にブラジルとの戦いが象徴的になるというのが相性の良さであり 結局強くなったと言われても勝てないのが相性の悪さになっていると思うのだ。

現実的にも、イタリア戦などではブラジル戦のような脆さは見せないように思うのだが、そういうチームがブラジルと戦う際の様子を日本ができないことに日本の未熟さを感じる。

今大会を前にメキシコなどはワールドカップ予選で勝てずにいる。
引き分けがとにかく多いのだ。
弱いと思える相手に勝てないが強いブラジルともいい試合をしてしまうのもメキシコのように思えるのだ。

何故メキシコがそういうことができるのかというとボールを持っていない選手の動きの質の違いにあると思っている。そしてボールの貰い方とうまさにあると思うのだ。

まぁそれでも日本だっていい面はあるのだろう。。。。
うまくいえないがw。

とりあえず、日本で大口をたたいていた選手たちがブラジル戦で白旗を上げたかのような発言を簡単にしてしまっていることに個人的には憤りを感じる。
ブラジルには白旗を揚げイタリアにはまた強気になれる精神面がよくわからないw。
イタリアはワールドカップにブラジルに次ぐ結果を残しているチームであることを忘れているのだろうか?

それともイタリアでプレーする長友やドイツで結果を残しつつある選手には同じヨーロッパのチームはブラジルほどの怖さを感じないのだろうか?

個人的には口で語るより結果で示してほしいと思う。

そう考えるとワールドカップ出場を決める前後の本田などの言葉に個人的には奢りを感じてしまう。
本田を知る人などは彼を擁護する向きもあるが、個人的には出来の悪い本田>憲剛などという見方ができないのだ。合流以来ろくな準備ができない選手が出続けていることに違和感があるのだ。
結果が出ない選手が代表のスターターに名前が常にあるのも理解できないのだ。

ある番組で元レッズの福田がメンバーを固定して錬度を上げるほうがいいなどと言っていたが、今年活躍した選手が来年活躍できるといえないのがサッカーだろう?
今の前田がいい例だろう。
だから今結果を出している選手を使うという事が必要なんだとおいらは思っている。

メッシがバルサでの活躍ほど代表で活躍できないことなどを考えれば本田や香川に拘る理由もないと思うんだよね。
ザッケローニは大事な試合ほどメンバーを固定してしまう傾向があるが、いまの本気の強豪との戦いでこそいろんなメンバーを使うべきだと思うな。

まぁ残りの試合はもう少しいい試合にしてくれ!

水道橋博士の話が続いているが
2013年06月19日 (水) | 編集 |
おいらが橋下氏を嫌いなことはここを見ている人ならわかると思うが、博士の問題など本来議論の的になっているような話ではないだろう。

あの場で橋下氏の話に反論できなかったコメンテーターがお粗末なのは否定しないが、橋下氏の発言を無双などと言っている人もどうかと思う。

橋下氏の強気の裏付けなど実はたいしたものではないと思う。
少なくても番組のアンケート結果などは限られた条件の人間が出したケチ論でしかないのは言うまでもない。
おいらは委員会は結構見ているがNOマネーはごくたまにしか見ていない。
見ている層はといえばたかじんの言いたいことに期待する保守的な考えの持ち主なわけで、慰安婦問題でも普通に否定派が多数派なのは明らかだろうと思う。
また、橋下氏は外国人特派員の前での話で外国人が大人しくなったと考えているならそれも正しいのかどうかも疑わしい。
単純に橋下発言に不快感を示した人間があのコメントで不快感から抜け出したなどと思えるのならお花畑の考えだろう。

おいらは橋下氏の考えに似ているかもしれないが根本的に彼の考えとは決定的に違う。
彼が韓国などに関する問題を語る際に言う話し合いというキーワードをおいらは完全に否定するからである。
竹島の共同管理などという話を持ち出した際もすでに実効支配している韓国にとって共同管理などについて話し合うのは後ろ向きでしかないだろう。ある意味自治元力に問題がある発言をしただけだ。
今回の話でも、強制性を橋下氏は問題にし国家の関与の定義も含めて話し合いの結果によっては改めて賠償をしなければならないとまで言っている。
ここもおいらとは相いれない。
普通に考えて、慰安婦問題が日韓基本条約で議題に上がったかなどは別にしても1990年代まで大きな問題になっていないことからも韓国の政治的な問題でしかないとおいらは考えている。
ついでに、橋下氏が言うような共同研究などというものが答えを出せる状況になるなどというのは橋下氏が現実逃避していると言わざるを得ないだろう。
まっとうな意見を言っているようで実は現実味がないんですよ、彼の話は。
政治家だから答えを出さなければならないとコメンテーターに食い入ったが、橋下氏にしてもいくらコメントしたって所詮野党の党首であり市長の立場でしかない。
国家の方向を決めれる人間ではないことであることも間違いなく彼が責任をたらされることはあっても責任を取ることはできない存在でしかないのだ。
コメンテーターの答えと実は大差がない意見を言っているだけだ。
コメンテーターと政治家の違いを語ったつもりなのかもしれないが、その程度の話でしかないのだ。
彼が有名人であるために彼の発言は取り上げられ場合によっては問責などに発展するかもしれないが国政レベルでの影響は与党の人間が失言するほどでもない。

あの場面で橋下氏の意見に反論できなかったコメンテーターが恥ずかしいだけで橋下氏の発言が正しいという話ではないのだ。
橋下氏が自分が正しいと主張するのを誰かが証明したわけでもないし、橋下氏の意見が独自の考えを主張しているに過ぎないと言ってやるだけで良かったのだ。
番組のアンケートまでは橋下批判のほうが多いというアンケートなどもあったわけであることを一言言ってやるだけでいいのだ。
そして、あなたの発言で国益を損なっていると思うと言ってやればよかっただけの話である。
それを橋下氏に納得させようなどと考えるから言葉に詰まるのだ。
そう思っていると言い続けるだけで実は十分なのだ。
番組のアンケートだけでも少なくても2割程度の人は否定しているわけで、そこで橋下氏を説得しなければならないわけでもない。

捕鯨問題などでもそうだが、正論をいったとしても受け入れない人が確実にいるわけで橋下氏のような主張はあまり意味がないと思う。
おいらも慰安婦問題でいってやればいいとよく書いているが、基本的にはひとつひとつ質問をしどう考えるかを聞いてやればいいと書いているつもりだ。
同じことを橋下氏が言っているように感じるかもしれないが、彼は結果的に世界の不特定多数に発信してしまったのだ。
おいらは慰安婦問題で日本を非難する人と質問形式で彼らに考えてもらうべきだと言っているのだ。
当時は朝鮮は=日本という状況下であったこと、売春が合法であったこと、日韓基本条約があること、慰安婦問題が1990年代まで大きな問題でなかったこと、韓国や韓国が議題に出すアメリカ議会などで日本が非難されているが
朝鮮戦争で韓国が慰安所を日本式で作っていたことや米兵が利用していたことなどをどう思うか聞いていくだけだ。

少し前の委員会でケビン氏が慰安婦問題を否定的に語ったが宮崎氏だかの確認が絶妙だっただろう。
アメリカは法治国家なのに慰安婦問題は人道問題として扱われ不思議なことに法的根拠がないことが支持されていることをどう思うかというわけだ。
慰安婦問題は痴漢事件と一緒で推定無罪ではなく推定有罪で考えられていることを問題にしなければいけないのだ。

言いたいことは何だったかをうまく伝えられないが、橋下氏と考えは似ているようで実はおいらとは決定的に違うという事だけは言っておきたい。
話し合いは個人的には無意味であると考えているし、慰安婦問題はこちらが一方的に弁明にも見える形で言い放つのでもなく批判的な人間に対し一つずつ状況を確認し合うことで問題の本質を考えてもらうことが大事なのである。
慰安婦が当時必要だったという話が所謂従軍慰安婦(性奴隷)が必要だったと語られたことがそもそも橋下氏が起こした問題なのだということをもう少し理解する必要があるだろう。
言葉の問題だと橋下氏がいったところで事態はそうでない受け止め方をした人がすでに大勢出てきてしまっていることが問題なのだ。そして その中にはいくらこうだからといったってすでに受け付けなくなっている人間がいることが問題なのだ。
そういう意味ではやっぱり橋下発言は問題はあるのだ。

まぁどうせ彼には聞く耳はないんだろうが。。。。。

コンフェデで
2013年06月18日 (火) | 編集 |
本田を使いるづけるのはどうかと思う。

理由は単純だ。
ワールドカップ予選のために帰国してからというもの本田はほとんどを別メニューで通している。
おいらが得ている情報では皆と同じメニューはどうやら1~2日しかこなせていないようだ。

これでは彼のポテンシャルを生かせないと思う。
あくまで個人的な見解だが、本田と憲剛の差なんてそれほど大きなものではないと思っている。

もちろん個性が全く違うので人によってはもっと大きな差があるという人もいるだろう。
本田はあたりに強くキープ力があるという人がいる。
しかし、おいらにはその反面彼がキープする分常に攻撃が遅れるという点を指摘しておく。

憲剛の持ち味は早いパス出しで視野も広い。
そしてミドルを打つ勇気にあふれていることを挙げたい。

おいらは常に思っていることだが、今の日本のスタイルでは香川のいいところが出ないように思うのだ。
香川の本来のスタイルはやはりボールさばきのうまさに加え少ないタッチでボールをさばけることにあると思うのだ。
しかし、今の香川ってのはサイドでボールをもらい近くに人がいればパスの交換で抜け出るということもあるが 多くの場面で相手と対峙しボールを自ら運ばなければいけない局面を迎えているように思えるのだ。

そうではなく、マンUでハットを決めたときのようにワンツーの交換でニケ出すような動きに特徴があると思うのだ。
それには本田のように構える対応よりは速いパス交換ができる相手と組むことのほうが生きると思う。

おいらなら、岡崎のワントップにトップ下香川、右の清武、左に乾、香川のすぐ後ろに憲剛を置きたい。
ワンボランチで細貝でいいと思う。
もしくはもはや今野をワンボランチで使いセンターバックに栗原でもいいと思うのだ。

ワントップの岡崎が動くことで乾や香川が入り込むスペースが生まれる。
乾や清武は香川ともプレーの経験もあるし、憲剛のスルーパスも強力で速い攻撃を得意にする日本にはためを作るよりもあっていると思う。

本田が本来の調子が出せるなら違う戦力もあるかもしれないが、ずっと別メニューでいるのなら違う方法をする必要があると思う。
いっておくが、必ずしも本田がワールドカップに出れる保証はないのだ。
故障すればこれまでのプランが全部水の泡になるような戦いしかできないのではどうしようもないだろう。

違う戦いをするのも必要なことだと思う。

遅ればせながらブラジル戦
2013年06月17日 (月) | 編集 |
いやぁ、しょっぱい試合でしたね。

先発メンバーをいじったことは評価する。

それにしても、展開がまずかった。
早い時間の失点でファイトする意欲が欠けたように感じる。

特に後半早々の失点はいただけない。
この失点で余裕を持たれボールを回された。
2失点のせいもあるのだろうが、皆がハードワークできていない感じがした。
個人的には内田だけが寧マールとのマッチアップを楽しんでいただけのように感じる。

それにしても個人の力が全く通じなかった感じがある。
ドリブルは一人目、二人目から三人目と行く中で皆引っかかっている。
おそらくはパスできる位置に人がいないことでドリブルを迫られパスできる位置に人がいないために第二、第三の人間がプレッシャーに加わったことも原因だろう。
この試合で選手も完敗だという声が聞こえたし中にはプロと中学生という長友の声まであったが、個人的にはそういう問題だけでもないと思う。
簡単に言えばチームの状態がよくないのだ。
昨年に比べおそらくだがボールをもらう位置への動きが今の代表には足りていないように感じるのだ。
そのせいで今年の成績は散々になっていると思う。

いまの代表は個人レベルではもしかすると過去最強なのかもしれないが、過去最強のパフォーマンスを見せたことがないように思うのだ。
本来は今野代表よりは強くないかもしれないが、結果的にかつてイングランド代表とやった試合や南アフリカでのオランダ戦などのパフォーマンスのほうがよかったとさえ思える。
南アフリカの日本はどの国もが驚くほどのパフォーマンスを見せていた。とにかく皆がハードワークをしていたのだ。
いまの代表にも当時のメンバーがいるが全体としてあれほどのパフォーマンスを今の代表で見せたことはないと思う。
オリンピックの日本代表も同様で成績を残した理由を挙げれば皆が本当に戦ったと認められる動きをしたことがすべてだと思う。

一方でいまの代表はメンバーの質は高いのかもしれないがかつての代表の評価された試合ほどのパフォーマンスは見せていないと思う。

個人的にはチーム作りに問題があるとみている。
一つはザッケローニの本田依存体制だろう。
本田がいない場合のシステムがほとんどできていない。
来年の話で、本田がけがなどで出場ができなければ本大会を前に一気に日本の望みまで無くなりそうな準備しかできていないように思える。
もう一つが、フォワードの出場基準がなんとなくひどい。
前田を使うのは理由としてはわかるが、おいらが見る限り前田は去年の前田ではない。
マイクはまだ正直言って代表レベルではないと思う。
現実的にはこの二人を起用し続けているわけで、これではどうしようもない。
ザッケローニは身長に拘りすぎているのではないかと思う。

ブラジル戦で元鹿島のオリベイラがコメントしているが代表がいうほど差はないし長友の中学生というのは絶対に違うしたとえそう思ってもプロなら口に出すべきではないとしている。

おいら個人の気持ちだが、ザッケローニの役目はすでに終わっていると思う。
できれば、ネルシーニョかピクシーにでも代表監督をやってほしいと思うな。
日本人なら西野氏だ。
いまのような知名度優先に見える選手起用ではなくその時調子のいい選手をもう少しうまく使ってくれそうな気がする。
今まで日の目を見なかった選手が注目されるようになるかもしれないしね。

ザッケローニじゃ駄目だ。
サッカーは実際には選手がプレーをするのだが、実力以上のプレーと思われるプレーが南アフリカかもしれないし、そこには今とは違う選手の気持ちがあったように思える。
おいらは岡田監督は大嫌いだが、ザッケローニよりはずっといいと思う。

まぁ岡田監督のワールドカップイヤーは今の代表のようでもあったかもしれない。
今年のプレーはイラク戦で勝った以外はハッキリ言ってしょぼいだろ。
強い相手には全く通用していない。

とはいえ、あのときだって年明けて時間がたちさすがに6月になればいい試合をしたものだ。
今年はあの時以下だと思う。

まぁブラジルのようなタイプが日本は苦手なのは重々承知はしている。
イタリアやメキシコにはもう少しましなプレーが見られると思うけどね。
それでだめならザッケローニは変えるべきだと思う。

どうしちゃったんだろう。
2013年06月17日 (月) | 編集 |
パチンコの話です。

先日、勝った翌日にも行ってみたんですが負けました。
当たってミノルハザードに行ったんですが、そのまま抜けてしまいました。
その後は見せ場もなく。。。
昼頃いって空いてる台に座って1000円だったんですが、結局26000円負けました。

んで、週明けで今日も行っちゃいました。
用事をこなしたあとでいつものようにクロユリに座って11000円いいとこなしで移動です。
久しぶりに北斗に。
きょうは負ける予想でした。明日が店休日でこういう日にはまず勝てないのがおいらの日常です。

ところが、5000円を投入して1000円で微妙なリーチからの当たりです。
強い予告もなしにラオウVSフドウリーチでした。
ちなみにおいらはこれで当たったことがありません。
が、もしかするとという流れを感じていた矢先ボタンを押しても緑の予告でやはり微妙だったんですが 初めて当たりました。
昇格することがなかったんですが直後に再びあたりを引き結局14連荘。
17箱107600円、約95000円の浮きです。

今月に入っていくら浮いているんだろう?なんとなくだが30万は超えている気がする。
おかげで無駄遣いも結構している。。。。
おかんのお世話になっているホームには何度もお土産を買っていっている。
自分もなんだかんだで服を買ったり無駄遣いもしている。

そろそろ負けると思いつつ好調は続いている。
クロユリ団地で稼いでいたのはさすがに厳しくなってきたようだが いまだに運だけは続いている気がする。

あまり投資をしないで連続で負けたらしばらくは止めよう。。。。。

これも違うんでないかい?
2013年06月17日 (月) | 編集 |
川越シェフの店の話で頼んでもいない水を置いていき800円も請求されたという話から派生した問題でどこかの記者が記事にしている。

この話は水問題に対し川越シェフが年収300万や400万の人間が評価するんじゃねぇ!といったという話で盛り上がったわけだが、川越シェフが釈明したという内容だ。

本人の発言とは違った意味でとられたと記事では書いてあるのだが、川越シェフの発言(書いた?)内容では結果的に年収300万円や400万円の庶民としか取れないだろう?
どこでどう捻じ曲がって本人の発言と違う意味なんて言葉になってしまうのか理解できない。

年収300万や400万の人間を仮に庶民に置き換えたところで川越氏の言わんとすることは一般人に批判する権利などないってことでしかなく発言の曲解しようがないと思うんだよね。
そこまでの店にした苦労などというはなしもだしているが客にとって大事なのは味であったりサービスでしかない。苦労したから高い金額にしていいとかまずくてもいいとか、店の不手際に目をつぶれというのは筋違いでしかない。

2チャンネルの記事でも川越シェフの店についての評価を扱った食べログでも★3,5と評価も決して高くなく順位をつければ1万位ぐらいで高級店でもなく川越氏の発言が見当違いだと指摘している。
また、他の客からもいろいろと問題点が指摘されていることからも、川越氏の話がいいわけでしかないことがよくわかる。

おいらは違法の人間で川越氏の店になど行くはずもないから気にすることもないのだが、一つだけ問題視しなければいけないのがこの記事のほうである。

上で書いたとおりに川越氏の発言が違った内容でとらえられたと書くのは正しくないだろう。
どうせ書くのなら、本人が意図しなかった表現をしてしまったことをお詫びするならわかるんだが、発言自体は明らかに差別する発言でしかないということだ。
おいらのような素人が書いている分にはごめんなさいで許してもらえるかもしれないが、メディアで大勢の目に留まる媒体にいる人間が間違った表現をするのはどうかと思うのだ。

前にも書いたがどこかの地方新聞では誤字脱字は当たり前、こんな表現は使わないだろうというものを使っている。記者レベルでは間違いはあるかもしれないが、これをそのまま記載させる上司ってのはどういう仕事をしているのかと思わずにいられないね。

メディアのみなさん、もう少し勉強するべきだと思いますよ。

橋下氏 水道橋博士・・・
2013年06月16日 (日) | 編集 |
やかじんNOマネーという番組で橋下氏の慰安婦の問題をパネラー全員で批判したら、番組のアンケートで橋下支持が圧倒したらしい。

そして今回 橋下氏本人が番組にきてパネラーなどと意見を交わした結果、橋下氏が小遣い稼ぎのコメンテーターという発言をし、それに対し水道橋博士がコメンテーター辞めます宣言をし途中退席してしまったようだ。


個人的には記事から動画でその様子を見たが、バカだと思うね。
番組はレギュラーを含めパネラーによって成り立っているんだが、視聴者はパネラーなどの性格な度とは別に基本的に保守系の人間が多く見ていることは間違いがないのに。。。
たかじんや長い間ロクに見ていなかったので知らなかったが青山氏などの存在で保守系が見る番組なわけで、アンケートを取ればこういう結果が出ても何もおかしくはない。
それを背景に橋下氏は強気に発言をしていたわけで、博士などパネラーに人たちは 橋下氏に対して結果的に日本および日本人が世界から悪い意味で注目をされたという話でただただ押せばよかっただけだし、単純にアンケート結果も番組の性格上保守系の意見が多く反映されただけと突っぱねればよかっただけのこと。

橋下氏は番組後もこの話題で水道橋博士に追い打ちのツイートをしていたようだが、橋下本人の性格の悪さが出ている話でしかないだろう。
おそらくは、日本全体でアンケートをやったってこのように橋下氏が支持されることはないという事は普通に想像できる。
橋下氏の言っていることの多くにおいら個人も賛同できる面はあるが、歴史家などで調査をし日本の国家的な関与などが認められれば謝るなどという話や韓国と共同でなどという話には到底賛同できない。
少なくても従軍慰安婦の話が1990年代まで大きな話題になっていなかったことなどもあるわけで韓国によるプロパガンダとして突っぱねるべきはないだと思う。
韓国のロビー活動などで慰安婦の問題はホロコーストなどと同様に語られると橋下氏が言うのならもっと慎重な姿勢は必要だろうしそうでなくても普通に一対一で話せば簡単に相手を論破できる話だろう。

先日そこまで言って委員会でも、単純に相手に質問をし丁寧に相手の話を聞き出していけば日本を悪く言う人たちの論理が破たんするのは判り切っている。
そこでも持論を曲げない人もいるわけだが、どちらが論理的かぐらいはだれにでもわかるはずだ。


話を戻せば博士の頭に血が上ったんだろうが、本来この話の中で橋下氏が小遣い稼ぎの云々っていう部分は汚い言葉を使った橋下の失策だったはずなんだが、博士が退場したことで彼の失策は通ってしまったのだ。
ツイッターでは言い過ぎだと書いているようだが、博士への追い討ちにもなっているが実際にそこは謝るべきところなんだと思うね。
当の橋下だって結果的に政治家になっているが小遣い稼ぎをしていた人間だし、現実的に(個人的には不要なんだが)テレビなどのメディアではそういう人間を飛鳥としているようなわけで、橋下氏の発言は単に敵を大勢作っただけの話でしかない。

ちなみに橋下氏から答えを言ってみろと言われた大谷などは躊躇せずに答えればよかったのだ。
考えれば簡単にわかる話だが答えたところで政治家でもない人間の話など現実味などないのだから。
しかも、橋下の答えを聞けば納得しただろうが橋下の答えだって無理のない答えでしかないのだから。
現在の状況ではこう、話が変われば答えは変わるということで 彼はこの津論に際し十分な戦略を考えてきたのだろう。パネラー人は人数が多いことで完全に油断していたというしかないと思う。
もう一つは、番組のアンケート結果についての認識がしっかりできていないのが敗因だ。

予定にはなかったがPに
2013年06月12日 (水) | 編集 |
昼に散髪に行くつもりで家を出たところで歯のかぶせが取れた。

とりあえず散髪をしたのだが、敗者は昼休みになったので時間つぶしにパチンコにいってしまった。

駄目元のつもりが相変わらず相性がいいのか8500円で7で当たった。
都合7連で39400円、3万円ほどの浮きになった。

その後は歯医者と整形外科にいきましたよ。
かぶせを付け直してもらい、ひと月近く出ている痛風のために医者に行ったわけです。

うわさのフェブリク錠もゲットです。

それにしてもクロユリ団地は相性がいい。

ザッケローニ 本田依存と言われ激怒したん?
2013年06月12日 (水) | 編集 |
記事ではワールドカップに出場を決めた記者会見で記者から指摘され怒ったと書かれている。

おいらもその通りだと思う。
本田がけがなどで出ていない試合でも勝った試合が多いのは確かだが、そんなことよりも本田が調子が悪くてもザッケローニは変えないだろ?
本田はいない試合ではポジションがまるで決まっていないのも指摘しておく。
当初は本田が出れなければ憲剛が出ていた。
途中からは香川を使いだしているが残念なことに香川を使う場合などはサイドに置く選手がいつも違っていたりする。
もう一つ言えることだが本田依存にしている原因の一つがフォワードの起用法があると思う。
ザッケローニの趣味がはっきり出ているのがフォワードの選手起用だろ。
前田とハーフナーばかりになっている。
言っておくがほかに点を取っている選手を読んでも決して使わないのがザッケローニだろう。
彼の趣味っていうのがおそらくは身長だ。
背が高くない選手をフォワードで使いたがっていないのだ。

背が高い選手だって香川などは嫌いではないと思うが愛称で言えば飛び出してくれる選手のほうが相性がいいと思うのだがザッケローニはそういうタイプの選手を使わないのだ。

きょうのイラク戦などハーフナーではなくほかの選手を使うべきだと思うんだけど使わない。
おいらならワントップに岡崎か佐藤、香川のトップ下の乾と清武を使いたい。

こういう起用法はザッケローニはしないのだ。

いま代表が点を取れていないのは判りやすいと思う。
前田は昨年は好調だったのだ。今年が全然ダメなのに使い続けているから代表も点を取れていないのだろう。

本田が出るときはベストメンバーと言われる布陣に近いものを使い本田が出れない試合ではどこかいじってくる傾向が本田依存体質を作っていると思うのだよ。

まぁ簡単なことだがもう少し点が取れそうな選手をフォワードで使えば状況は変わってくると思うんだが。

負けましたねw
2013年06月11日 (火) | 編集 |
結局今日も朝からパチンコに行ってしまいました。

1500円で当たったんですが、チャレンジボーナスでそのまま終わり。
更にしばらくしてあたるがやっぱりチャレンジボーナスでそのまま終わり。

その後も続けて予定の25000円を500円オーバーの25500円でまたまた大当たり。
今度は7で当たったんでミノルボーナスをゲットできたんですが、これももう一回スーパーになっただけで終わり。
二箱ですね。

はい、飲まれて終わりでした。
出にくいと思える台で3回も初あたりを引いておきながらボロボロでしたね。

良いんだか悪いんだかw。

意地の張り合いですかね。
2013年06月10日 (月) | 編集 |
2チャンネルではまだ乙武批判が続いている。

個人的にも仕方がないかもしれないと思う。
理由は簡単で乙武氏は和解したとしながらもツイートは消していないらしいし、店にはまだまだ無言電話が続いているらしいのだ。
更にスレッドには乙武信者がいまだに店側をディスっている記事があるのだ。

それに加え、乙武氏が動けば自身のゴロが飛び出してきているというからこの話題は消えないのだろう。


ちなみにだが、本人が講演でイギリスではウェブで車いすで利用できる店を検索できるが日本ではできないと語ったらしいが、多くの人がどこそこでできるなどと日本でも普通に検索することができることを指摘している。
もっとも、件のイタリア料理店を訪れる際に自分で下調べなどほとんどしないと言っていたことからすれば適当に語ったとみるしかないだろう。

ちなみに、おいらは乙武氏を批判しているがネットで使われるような外見からきているだろう達磨などという呼び方は好きではない。
乙武氏とほかの車椅子ユーザーが別物であることも念頭に置くべきだと思う。

ちなみにだが、障害者に優しい云々は否定はしないが国策で個人商店などにそれを適応するには現実的に無理があると指摘しておく。
ジーさん、バーさんがやっている焼き鳥屋で同じ理屈が通るかを考えればすぐにわかることだろう。

おいらにしても古本屋に車いすで来られても対応などできるはずもなかった。
店は狭く車いすで通れるほどの広さなどなかったわけで、それでもやるべきなどという人がいたらとっとと追い返していただろう。

現実的に無理なものは無理なのだ。
イタリアンレストランだって暇な時間なら対応も違ったかもしれないし、前にも書いたと思うが乙武氏はそもそもどうやって銀座に行ったかを考えればいい。
彼は金もあるわけでおそらくは専用車で有資格者に連れられて行っているはずなのだ。
更に帰りも同様だろう。
あの時間、彼は女性と二人っきりになるためにほかの連れを自ら排除していたはずなのだ。
それだけで充分な乙武氏側の問題が大きいとわかると思う。

彼を人間的に好きになれない点は弱者を強者に帰る術を大いに利用している節があることにあると思う。
自分でもともと口が達者だったと言っているだけに論点のすり替えなどが得意なのだろう。
この問題だってじっとしていれば本人が誤らずとも 関係のない人には悪く言われることもないのだろう。
そういうことをよく知っているのだろう。

ちなみに意地の張り合いというのはイタリアンレストランの店主さんは関係ないですよ。
彼がもし無言電話に困れば番号非通知は拒否するように設定し無言電話の番号を控えれば済むことだ。

ここでいう意地の張り合いをしているのは乙武氏を批判するものと擁護するものによるコメント合戦のことである。
乙武氏本人は謝ることなくすでにこの話題からは撤退しているようだからね。
無言電話をする人ってのは普通に考えて信者なんだろうが注意するでもなく生暖かく見守っているのだろう。

素手の教員時代の問題なども露出しているわけで公にはメディアも扱わないだろうが爆弾には違いない話も出ていて今更口出ししないことが件名なのはよくわかっているのだろう。

まぁ、本人同士がすでに口を出していないので乙武氏が嫌いな人は嫌いでいいと思う。
信者は信者の気持ちのままでもいいが、店に無言電話をするような人ならもう少しまともな人間になってあげないと乙武氏が悪く見えることになるよというしかない。
常識がない人ばかりが信者に見えるからね。

2チャンネルはルールがあるらしく何日後かにスレッドは消えるのだろう。
信者などが新しいネタを出すからいつまでたってもこの話題が消えないのだ。
まぁこの話題が大好きな人にはちょうどいいのかもしれないが、おいらは乙武氏は嫌い!で終わらせることにする。