| Admin |
捕鯨の話で・・
2013年03月31日 (日) | 編集 |
日本の捕鯨についてあれこれ意見が出ているんですが
その中でいろいろと勉強されているんでしょう、いろいろと書いている人がいたのでその内容を上げてみますね。

生態学的に、海洋環境で、クジラが増えすぎるのはありえないこと。


人間の食用魚とは食生が被らないケースの方が大きい。魚が減ってるのは人間の過剰捕獲や、環境破壊。

魚を食べるクジラも、その年に多い種類をよく食べる傾向にある。

餌が無くなったら餓死して、環境包容力に適った数に減少する(例 米国東海岸のコククジラ)

一般的に言われるヒゲクジラのほとんどは、一年の半年以上を絶食状態。

クジラの糞は魚やプランクトンが増える事に大きく貢献してる(鉄分に富み、植物プランクトンの育成を助長)。

寒い海で餌を食って、温かい海に回遊するが、栄養素が比較的少ない温かい海のあたりでも糞をするから海洋全体の生体系の扶養化に欠かせない。

クジラの死体にしか群がらない底生生物も多数確認されており、死体になっても生態系に貢献。


下も書いておくよ。

逃げるようで申し訳ないけど、ソースを貼るの面倒だから英語でも何でも探してみてくれ。

何人かから要求されればソースだすけど、英語の科学論文(しかも長い)からのも多いから、項目を見つけ出してリストアップするのもちょっとキツい。

長くて纏まってないけど、後は自分で判断してくれ。


・マルハなど、大手の水産会社は、軒並み捕鯨から撤退している。理由は、将来性がないから。

・よくやり玉にあがるホッキョククジラは、一万何千頭以上にも数が回復してること

・日本の調査捕鯨は国際的に認められている訳ではない。日本側は、調査捕鯨をやめる代わりに沿岸捕鯨を許可するという申し出を蹴っている。調査捕鯨で得られた結果は、海外の研究者たちからは(感情抜きにしても)まったく相手にされてない(クオリティの面で)。

・調査捕鯨で捕ったクジラは、調査されずにスグに箱詰めされたり、内臓などを海に垂れ流すのも多い(環境汚染になる)。

・ミンククジラは日本側が出した生息数よりも大幅に少ないこと

・かつて日本の捕鯨の味方だったC.W.ニコル氏が日本の捕鯨を見限ったこと(大量違法捕鯨)

・日本でも、江戸時代位の捕鯨の一番の目的は油、肉は食べられたこともあったけど、捨てられてきた事も多かった。

・外国の捕鯨の介入がなくても、日本の沿岸の何種類かのクジラは日本の捕鯨で減少した。

・もともと捕鯨を行っていたのは一部の地域だけで、多くの漁村では捕鯨は忌み嫌われていた(捕鯨は海岸を汚すし、海藻や魚などが非常にダメージを喰らう。クジラ付きと言われる魚の群れも来なくなる)。捕鯨会社が設立されて暴動が起こったケースも。

・日本は南氷洋捕鯨時代から、数多くのルール違反&多国籍船舶を使った違法捕鯨を、他国の領海内で多数行っていたこと

・シーシェパードは海外でも厄介者扱いされてるし、日本の捕鯨よりも外国の捕鯨やアザラシ猟との対立の方が歴史が長い。

・しかし、それでもシーシェパードが評価されている面があるのは、大量の密猟をしていた海賊捕鯨船(例 シエラ号;日本も大きく関与)を体当たりで沈めたり、石油の汚染などにも積極的にキャンペーンを行ってきた歴史があるから。

・グリーンピースは鯨食を認めていること。

・それ以外にも、日本の漁業全体で、外国の漁民たちの生活や貴重な生物群の生体系に、局地的だが大きな被害がもたらされてきた事(例:ニュージーランド南西部のフィヨルドランドペンギン)

・日本は先進国中でも、「ボン条約」に加盟していない数少ない国家であること(中国ですら加盟済み)、理由は捕鯨と亀。

・世界的に象牙の取り締まりが活発化してた時代に捕鯨の為に象牙の推奨も行ってたこと

・世界最悪の捕鯨と言われる、旧ソ連の大量違法捕鯨に関し、これと協力・黙認して、捕鯨推進に有利に働くように策略を行ってきたこと

・IWCでの途上国へのODAの提供の代わりに捕鯨賛成をするように裏工作(他国の役人を女で釣る事も)

・日本沿岸の捕鯨や漁業に回すべき援助金まで、調査捕鯨に突っ込んでること。

・ナガスクジラ(絶滅危惧)や子供のクジラまでも調査捕鯨で捕ってること。

・日本の沿岸でも、密猟は未だに続いてること。

・伊豆でもそうだが、沿岸の捕鯨やイルカ猟から回復できてない種類や地方個体群が多すぎること。


結局、日本の漁業は全く世界から信用されていないってこと。

とある。

おいらはこれらの言葉の真実を知らない。
いくつかの問題について単純においらの疑問を書いてみる。

まず、クジラの数についてだが おいらは日本以外にクジラの詳しい調査をしている国を知らない。
そんな中で日本が挙げている数よりミンククジラの数が少ないなどという情報の確かさをこれを書いた人は信じているようだがなぜそう言い切れるのかが理解できない。
おそらくは民間で調査をしている人がいてその資料に基づいて語っている人の話を信じているのだろう。
調査捕鯨のクジラを調査もせずに解体し箱詰めにしている話なども出ているが関係者以外ではわからないはずの情報ですよね?確かだという証拠はおそらくは上げれないと思いますよ。
どこかの国のように誰かの証言というはなしでしょう おそらくは。
こういった話にはこちらの正論を言わせてもらえば単純に日本はIWCに加盟しておりそこで認められた調査捕鯨の範囲で捕鯨をしているということですね。
これを書いた人が日本は信用されていないと書いているわけですが、ではなぜ日本に捕鯨の割り当てが与えられているのでしょうか?
少なくても基本的に日本は認められている範囲でしか捕鯨をしていないことになっています。
こう書くのは日本がズルをして捕獲しているとかいているからですが、世界中でそれがわかっていながら捕鯨の割り当てがされているのはなぜでしょう?
捕鯨の話が出るたびになぜ日本は捕鯨をするのでしょう?という話になりますが、答えは捕鯨が必要とされているからとしか言いようがないですよね。
捕鯨の必要性がなければクジラを取ることはないでしょう。
ついでに、日本にクジラを取るなという人がいます。
不思議なことにです。

上でも書きましたが日本はIWCに加盟をしています。
そしてそこで認められた地域で認められた数までしか捕鯨はしておりません。
(なんやかやで認められた限度まで捕鯨ができなかったらしいですよね)

日本に直接捕鯨反対を言ったところで日本は捕鯨をしたわけですから直接言っても無駄ですよね。
単純に皆が嫌っているというのなら調査捕鯨をIWCが認めなければいいのではないでしょうか?
そうさせるように運動をすればいいだけのこと。
それでもクジラを取りたいと日本がIWCを脱退した時に日本に直接文句を言うべきだと思いますね。
少なくても日本以外にもクジラを取ることが認められている国がありますよね。
捕鯨の話になると不思議に日本だけが非難されていますがどういうことなのか理解ができません。
沿岸捕鯨と日本の南極海付近の捕鯨は違うというのならIWCで捕鯨禁止地区に指定すればいいだけのこと。

ちなみにですが、髭クジラは半年ぐらいを絶食しているというように書いていますがハッキリ言ってあり得ないと思います。髭クジラはぽランクトンなどを動いている最中にも捕食しているのではありませんか?
もし仮に絶食しているとしても、それは体内にそれができるだけのエネルギーをため込んでいるからできるのでしょう、それはイコールでそれを蓄えるために絶食に入る前に大量に体内にため込んでいるからでしかありません。
人間のように普通に食べる分量で食べる時期の半年をすごしているのではなく それこそ半年食べない前提の食事をしているという事でしょう。
半年食べないからといってクジラの捕食が少ないという事ではないという事ですよ。
こういうのをクジラの生態として挙げている時点で生態的になどといっているが説得力に欠けると思いませんか?
クジラが減った理由でいろいろな人が油を取るために欧米が乱獲しただのクジラのひげが欲しいがために乱獲したと書いています。
これは上で書いていた人などとは違いますが 反論は過去は過去ですって。。。

過去を過去と言えるなら日本がしてきたダメなことってのは過去のことなんじゃないんでしょうか?
他国の捕鯨の割り当てを日本が享受されたらダメなんでしょうか?
この方は日本がやった違法なことってことであげているんですが、それってそういうことなんでしょうか?

おいらはよく知りませんが、マグロを海外から日本が買ってはいけないんでしょうか?

仮にクジラの肉の売買が禁止されているとして日本がそれをやった当時に禁止されていたのでしょうか?

彼が書いた日本の不正っていうのはそういった背景もなく面倒なので自分で調べてくれと書いております。
おいらも面倒なので調べる気にもなれませんが、少なくても日本はIWCから認められて割り当てをもらっています。
彼が信じる日本が嘘を言っているという資料が正しいのなら日本が調査捕鯨を許される理由はないと考えますがいかがでしょう?
捕鯨反対を訴える人たちが作った資料ならその資料が不正で成り立っているとも考えられることでしょう。

もうひとつ、ODAをだしに票を買っていることを不正のように書いております。
しかし、そもそも捕鯨と全く関係のない国に投票権があることに疑問はないんですか?
WikiにはIWCのページに参加国が増えた経緯が書かれています。
本来捕鯨をしてこなかった国が参加する意味があると思いますか?もともと食べてこなくて捕鯨をしたこともない国にとっては参加するメリットは票を持つことで利益が得られるから以外にないことは明白でしょう。

おいらはクジラの肉の味を知っていますし、千倉で勝ってたれというビーフジャーキー的なものもたべていますが 現在ではほとんど食べることもなく個人的にはなくても困らないものではあります。

それでもこういう抗議に対しては違和感しか感じないのですよ。
単純に日本の捕鯨を止めさせたいならIWCに講義をするべきことで世界的な機関に認められている権利がある日本を直接批判することがおかしいと思うからです。
おそらくは日本を批判する二兎たちの多くはIWCに加盟している国の人たちだと思うのです。
仮に批判をする人たちの意見が正しいのなら自分の国の代表に調査捕鯨をなくせといえばいいのでは?と思いますけどね。
日本がODAを餌に票を買っていると批判するなら関係のなかった国にはIWCから去ってもらえばいいのではないのでしょうか?日本も無駄に交渉する必要がなくなるというもの。

捕鯨する日本を批判している人の中には捕鯨をする日本を野蛮だという人もいるでしょう。
しかし、正直にいってそれは違うと思いますよ。
少なくても捕鯨によってクジラを守る団体であるIWCに加盟をし、そこで認められた捕鯨をしている日本を直接批判するのは筋違いでしょう。
自分たちが食べないとか自分たちの価値観を人に押し付けているわけで、自分たちの国も参加をしている団体の決定を無視して日本を批判していることは野蛮な行為ではないのでしょうか?
少なくても組織を知っている人たちのすることではないと思いますね。
IWCに自分たちの代表も出しているんじゃないんでしょうか?

まぁとはいえ言論の自由は認められていますから意見を言うことは構わないと思いますよ。
でも、ほとんどの日本人が食べることもない犬や鳩、ウサギなどを食べる人は野蛮だと言ってもいいということにもなりますよね。
いうだけは言論の自由だからですね。でも、日本人はそうはしないでしょう。
他国の文化に敬意を持っているからね。

一応養殖のように人間が管理しているものとそうでないもの云々という話もあるかもしれませんが、日本の理屈でいけばクジラの生態の管理のための調査捕鯨でもあるという事になります。
生態系に影響がない範囲でとっていると。。。
美味しんぼという漫画では絶滅に近い種はアメリカがたくさん捕っていると指摘していた。
批判する彼らはこういうことには無頓着でしかない。


ちなみにおいらが書いていることで事実と違うことがあるかもしれないが、IWCの許可を得て日本が捕鯨をしていることには間違いがないだろう。
その内容への批判はIWCにでも言ってくれ。
日本に直接批判をしたところで黙殺されて終わりだろう。
IWCに言うことが最善の策だろうと言っておく。
スポンサーサイト

体質変わらず・・・
2013年03月31日 (日) | 編集 |
民主党のことですね。

電話で起こされテレビを見ると石破氏と細野氏がテレビで議員定数の話で対立していた。
違憲判決で無効の話がでていることに自民党はまず0増5減を優先して決めたいと言っているのに対し細野氏の民主党が抜本的な対策でなければダメだと言っている。

さてさて先の衆議院選挙は対策のないまま行われたのはどういう経緯だったかを思い出すことを民主党は拒否しているのだろうか?
三党合意があった0増5減を採択せずに選挙を行ったのは民主党ではなかったのだろうか?
その結果が違憲判決・無効という結果になっているのではないのだろうか?

一事が万事この調子に思えてならない。


決められない民主党。
この言葉に尽きると思う。

民主党が自民党のアラを探し文句を言えば すべてが自分たちに跳ね返ってしまうように思えるのだ。
先の与党であった自分たちができなかったことがそのまま自民党への文句になっているからだろう。

結構前の話だがたまたま見た国会答弁で細野氏が年金問題で自分たちがやってきていた委員会を自民党が辞めたことを問うたものがあった。自民党は組織を買えただけと答えていたが、そもそも民主党は自分たちの政権で完全解決を約束していたのではなかっただろうか?
年金問題を取り上げると結局自分たちの出来の悪さを露呈するだけという事に彼らは気が付いていないのだろう。
議員定数問題も結果的に自分たちの時代で何もできなかったのを棚に上げて語るしかできないことが最大の問題だと感じていないのだろう。
議員定数は今後の当選者数などにかかわる大事なことではあるが、民主党が何もしないでやった選挙の結果が今の違憲判決や選挙の無効という話になっているわけで、この話を続けることは結果的に自分たちを苦しめることに気が付かないのだろう。

おそらく次の参議院選挙では野党第一党の座も失うのは確実だろう。

ちなみにだが海江田氏はまだいいが、細野氏に関しては民主党のどの政権でも重要なポストをやってきたいわゆる戦犯の筆頭でもある。
大きな顔をしてテレビに出続けることは決して本人のためにはならないことを本人はわかっていないのだろう。

きょうもたまたま見た記事で安倍総理に憲法クイズなる答弁を強いた議員もいたらしい。
メディアはどうしても安倍政権だけは許せないのかもしれないが、あまりに無意味な政治を何とかするような記事を書いてほしいと切望する。

原発の維持費が年間1兆2千億円
2013年03月30日 (土) | 編集 |
停止中の原発の維持費が年間1兆2千億円かかるという記事がでていた。

共同通信の記事だが電力9社でこれだけかかると経済産業省が発表したというのだ。
有識者にはこの中に余分な経費があるのではないかという声があるという。

これっていうのはおそらくだが原発の経費が安いという中には含まれていないだろう。
いったん初めて辞めると言ったときにこういう経費が掛かるのなら原発は決して安いものではないと言えるだろう。
実際に使っていなくてもこれだけの金額を使わないといけないというのは誰も知らなかったと思える。

結果的にこれから払う電気代にはこの費用も加えた形で請求され負担しなければいけないことになる。
ありえんだろう。
安いという表現は詐欺行為と言えると思うな。

なんだかなぁ。
2013年03月30日 (土) | 編集 |
チラッとだけ朝まで生TVを見た。

まぁ全部見る勇気も気力もおいらにはないわけで。。。

言いたくはないが経済学者みたいな人間が集まってどうだこうだと言ったって彼らは政治を動かす力もないし警告的な話はするが結果的には結果論で批評するだけの存在でしかないだろう。

ある人などは景気を良くするには市場にお金が回らなければいけないのを知っていながらワイドショーで節約術を教えているのである。
きょうも結果的に見て経営者がバカだと言っている人間がいた。
皆が経営者になって海外を使って儲ければいいなどといっている。
およそ皆が経営者になってなどというのは机上の空論で現実味がない話である。言いたいことは和商は理解できるが突拍子もない話だし、そもそも円高が止まらなかったのは当時の民主党と日銀がちゃんと動かなかったためでしかない。

正直に言って経済をテレビで語る人間のほとんどが実質的にどうしようなどと思っていない存在でしかないだろう。本気で同行したいなら政府について動くしかないが彼らは決してどのような道は選ばないと断言してもいい。
早い話が彼らは市場動向が好調なら仕事がなくなってしまう存在なのだ。

先ほど少し書いた話では円高なら海外に投資をし海外での力をつければいいなどというのは企業の立場でいえばその通りだが、それって結局儲かった金を海外に通しをすることでしかなく日本に住んでいる人間には社員以外にメリットがない。その社員でさえも日本全体の景気が悪いという事でベースアップも置いてきぼりにされかねないのである。
つまり儲かるのは経営者や株主だけで実質的な恩恵がない。
一方で日本に雇用を設ける行為は将来的に皆が成長できる足掛かりを保つことにもなるわけで、不況の中でできるだけ維持しようとしていた経営者などは国益のために頑張ろうとした人間だし 逆に言えば企業の成長を止めたバカな経営者にもなるってことだろう。

要するに結果論で経営者がバカってのはあまりにも暴力的で意味のない話になる。
おいらからすれば、彼が言う見識のある経営者が海外に投資ばかりをしていたし今後もするって経営者は企業の利益しか考えない売国奴にもなり得る存在に思えるのだ。
利益が出たってどうせその利益はまた海外に投資をするという人たちでしかなく、自分やせいぜい社員は儲かるが日本国民は利益をあまり受けられない形を彼らは選んでいるわけだから。

つまりどの立場でものを見るかでこういう話は全く違うものになると言えると思う。

つまり今やっている彼らの討論など全く意味がないものだと言えるという事だろう。
円高で儲かる企業もあれば損をする企業もあるし、国民にとってどうかという点でも同様に円高ならばガソリンが安く買えたりするが輸出産業が儲からない(=輸入産業が好調になりやすいよね)。
縁が安くなれば輸出企業は利益を出しやすいだろうが、ガソリンなどは高くなるし輸入にも響くことになる。

円高ならば海外への投資はより有効になるし円安になれば製品は売れるが投資をすればよりお金がかかることになるだろう。

彼らが無駄な話を多くするわけだが、肝心なのはどういった点を重要視するかで結局のところ賃金のベースアップが確実にできることへ向けた対策について彼らがかたることなどほとんどないであろうことは予測しておく。
アベノミクスに難癖はつけれても彼らがその方法を語れるようになるとは思えないからだ。
今の日本ほど長いデフレ状況を経験した国もなければ海外の不安要素が今ほど複雑な時もそうざらにはないと思えるからだ。
まぁ彼らは批判することが金儲けになるという事だけは理解はしているのだろう。
しっかり不安要素を上げ批判しているのだから。

つぶやき
2013年03月29日 (金) | 編集 |
大したネタはないw。

ニュースの中に男子受けのいい出身地というのがあった。
その中に福岡というのがある。
理由には方言がいいというのがあった。
おいらも一時期久留米にいたわけだが、個人的に分析すると福岡がいい理由として九州で一番流行っているという点を上げれると思う。
これは言い換えれば九州の美人と言える人間が集まりやすい要素だからである。

小さいころに神戸にもいたし中学から社会に出てしばらくは東京都下から千葉、埼玉など首都圏にもいたが 個人的に福岡の女の子のレベルは高いと言えると思っている。
神戸に関してはせいぜい帰省したわずかの時間しか知らないんだが、それでも神戸のイメージは流行を感じないおしゃれなイメージを持っている。
しかし、これっていうのは女の子自体のレベルではなくセンスの話でしかない。

おいらが知れる範囲など小さく狭いものでしかないが、それでもイメージとしてどこよりも足がきれいだったりするのが福岡なように思う。
言っておくがあくまでおいらが知った範囲でのことだ。

東京が地方出身者が集まる都市であるわけだが、福岡も基本はおんなじなんですよね。
したがって普通に考えれば美人も集まるがそうでない人も多く集まっているはずなわけで ある意味おいらの勘違いなのだろうと思う。


話は変わるが、同じように いろはす という飲み物も記事になっていたと思う。
おいらはこの飲み物が好きである。
理由は味が濃すぎないからです。
個人的に不思議なことにコーヒーやお茶は濃いものを好んでいるのだが、ジュースなどは薄いもののほうが好きなんですよね。
したがって1Lのパックのジュースなどは結構水で薄めたりして飲んでいるのだ。
最近は水にいれてジュースにする粉末なども買っているんだが、1リットルの水で薄めるのに倍の2リットルで薄めて飲んでいる。

いろはす という飲み物はおいらが出没する場所にはそれほどおいていないのだが、見つけると結構買ってしまうのだ。ただ、おいらが知る限り500ml(実際は555mlかな)のペットボトルしか見たことがないのが残念です。


国会議員の一票の格差が話題になっている。
正直、何をいまさらである。
結果的に裁判で無効の判決がでたからだが、これには少々疑問を感じている。
それは格差自体はこれまでも認める判決は出ていたが、結果的に選挙は有効という判決が出続けていたことに問題を感じているのである。
判例主義というものが存在し、以前の選挙は有効という判例に習ってきたわけだろう。
では、いまになって違法で無効という判決が出たかを考えたときにこれまでの裁判の正当性すら疑わなければならないと思うのだ。
つまり無効の判決がでたことで過去の判決への疑問が生じるだろう。

本来こういった判決が変わる場合ってのは何かが変わったなどわかりやすい理由が存在しなければならないはずなのだ。
そうでなければ過去の判決の正当性が無くなってしまうだろう。
憲法や法律は変わっていないし選挙制度で緩やかにだろうが定数是正にむかっているはずで、にもかかわらず過去では選挙は有効の判決でありながら今年は場所によってではあるが無効の判決が出たわけだ。
何が変わったかと考えれば判決を下す裁判官が変わっただけに思えるのだ。
では、司法の立場でこれでいいのか?と考えたときに 人によって判決が変わるというのは正常な状態ではないといえるはずだろう。
法の解釈を巡って人によって意見が違うことは理解しているがこれまでの判例主義はこういった矛盾を生まないための手段だったように思うのだ。
それが、今回人によっては無効であるという結果が出てきたという事だろう。
悪いばかりではないのはわかるが、裁判というものの意義自体が問われることも確かなように思う。

ちなみにだが、選挙というのは国が大金を使って行っているものである。
無効の判決のために選挙のやり直しがなされるとすればその責任はどこが取るのだろうか?
制度の問題はあるのだろうが、税金を大量に使って選挙が行われていることを考えれば選挙をする前に司法はその違法性について発言する義務のようなものがあるのではないかと思う。
さらに選挙管理を行う部署は再選挙となった場合責任をどうとるのかを考える必要はあると思う。
どうなっても再選挙となれば税金が再びつかわれることになる。
果たしてこの判決で正しいのかと個人的に疑問を感じる。
少なくても違憲判決を出した裁判官の責任感には疑問を感じることになる。
違憲判決をだすのなら選挙前に声を上げる必要があると思うからだ。
職域というもので訴えがなければいいというものかと考えれば司法の立場での発言が必要な経協だったのではないかと思うのだ。
まぁとにかく人によって判決が違うという事例を作っただけだと感じるのだ。

ヨルダン戦を振り返って
2013年03月29日 (金) | 編集 |
まぁ今更なんですが。

とりあえず日本が苦しんだ理由がいくつかあると思う。

ざっとあげれば

 年明けの試合が強くないこと
 グランドの状態がよくないこと
 大音量のため味方の支持がよく聞こえない(海外組が多く、声が聞こえないのは結構なハンデだろう)
 
 と、いったことが挙げられる。

個人的には前田やガンバ勢がJリーグで結果が出せていない中この試合が行われたことが負ける原因になったように思いますね。

前田のヘディングが最初にどちらかが決まっていれば違った展開になっていただろう。

まぁ結果はすでに出ていて、日本は負けたのである。


とはいえ、グループの首位には変わりはないし 負けた試合の後はずっと勝っているというデータもあるらしい。
(岡田監督やオシムのころは知らんがザックになってからは勝っているらしい)

更に日本が3位などに落ちる可能性は引き分けのない結果が大前提になっているようで 日本は残り2試合のうち一つでも引き分け以上の結果を出せば自力でブラジルにいけるのである。
仮にだが負けたとしても日本を上回る可能性がある国が引き分けもできない状況に変わりもないわけで、現時点でも十分に有利なことに変わりはない。


個人的なことではあるが、これで良かった面があると感じている。
それは、試合前にテレビ朝日でスマップの香取慎吾が応援団長に就任して2大会続けて世界で一番早く出場を決めていてこの勢いで3回目もと言っていたんですね。
おいらはこうしたテレビのごり押しみたいなのが嫌いですのでこういった結果が出続けるのがなくなることもありかなぁと思いましたよ、本当に。
とはいえ、それはこの試合の前に行われたオーストラリアの結果がわかっていなくて まさか引き分けで日本が引き分けても決まらない状況が前提で思ったことなんですけどね。。。。

次のオーストラリア戦はホームですからここで決めてほしいですね。

ヨルダン戦の試合後の後味が悪かったらしい
2013年03月28日 (木) | 編集 |
おいらは気が付かなかったがレーザーの他にもいろいろとあったらしく、ヨルダン戦は結構後味が悪い試合になったようです。

ザッケローニは相手の選手から首切りポーズを何度かされ頭に来たらしいし、サポーターは試合後にヨルダンのサポーターに囲まれヨルダンの国旗にキスしろと迫られたり 形態をとられたりした人もいたらしい。
女の人はお尻を触られたり痴漢被害もあったという。

アジアで試合をしてここまで治安の悪い試合は中国で行われたアジア大会など以来ではないだろうか?
中国の場合は警備が割としっかりしていたから日本のサポーターが被害にあうということもほとんどなかったと思うのだが、今回ばかりは日本が負けたために彼らを有頂天にさせ結果的に被害が出てしまったようだ。

このことについてはレーザーなどより厳しく協会に指摘してもらいたいと思うな。

サッカーに限らずスポーツはファンあってのものであるわけで、海外との試合はより重要だし注目を浴びる。
ワールドカップの南アフリカ大会などでも現地に応援に行った人はいたが こういう後味の悪い結果を聞いたのはおいらとしては初めてかもしれない。

サポーターが被害にあったということが一番後味が悪いことだよな。。。。

ヨルダン戦
2013年03月27日 (水) | 編集 |
まぁ仕方がないだろう。

結果的に負けてしまったわけだがワールドカップが遠のいたわけでもない。

遠藤がPKを決めていればとか前田のヘッドがバーを叩いていなければとかいったところで仕方がない。

決めるべきところを決めれなかったことが敗因だろう。


強いて言えば個人的には前田はチャンスを作ってはいたが消えている時間も多く前田が先発したことがベストではなかったという事だろうと思う。
ザッケローニがこういうフォーメーションを使ったこと自体が個人的には問題だろう。
(とはいえとりあえずは勝つチャンスも引き分けるチャンsも作っていたわけだから失敗というほどでもないが)

カナダ戦がおいらから見れば意味のない試合にしてしまったように思うのだ。
清武を使わずに乾を使い、カナダ戦の後半でいい形を作っていた憲剛もまるで使う気がないのだから。
ついでにハイボールで相手が強い状況でペナルティーエリアの外からシュートをする人間がいなかったのも問題だろう。(長谷部の当たりそこないがエリア付近で最も遠いシュートではなかっただろうか)
本番前にせっかく試合を組んでも意味のない試合にしてしまう傾向があるように思う。
エリア付近の中央は相手の守備も厚かったわけでミドルなしではばらけることもないだろう。

まぁいくら言ったって仕方がない。
おいらとザッケローニでは考え方が違うからね。

それにしてもだ。。。。日本というチームは年が変わったあとは強くないよなぁ。
海外組が多くなってシーズン中の人間が多くなっているのに。
それもこの試合はすでにJリーグが始まっている時期であるから年明けの試合と呼ぶのもどうかってぐらいではあるんだよね。

どういえばいいかわからんが、前田はまだ点が取れていないしG大阪の遠藤にせよ今野にせよ今日の試合での欠点がどうこうではないが基本的にチームがJ2でも勝てないでいるわけだ。
海外組が多いとはいえこういう選手をどうしても使わなければいけない代表の基本方針ってのがおいら的には納得できない要素でもあるんだよな。
おいらならもう少し勢いがあるチームの選手を使いたいところではあるね。
日本ほど国内リーグで成績を上げているのに使ってくれない国もそうはないと思うぞw。

捕鯨についての話
2013年03月26日 (火) | 編集 |
海外の記事を翻訳したもので捕鯨についての反応ってのがあった。

今回見た分ではヒステリックな人もいたがそれでも割と好意的な意見が結構あったと思う。

元々はBBCによる日本人が捕鯨をしクジラを食べる理由というような内容の放送に対する記事だったらしい。

いくつかの問題でヒステリックな捕鯨反対者は間違っているというしかないな。

まず、日本の捕鯨についての文句を言う相手を間違っているということ。
日本は少なくてもIWCに加盟をしそこで許可されたものしかとっていない。
これはその取る地域などを含めて合法的にやっている行為であるということをもう一度理解するべきである。
この事への講義は日本にしたところで日本は合法的にやっているというしかない。
抗議は許可を与えたIWCに対して行うべきことでしかないだろう。

ついでにアメリカ人の捕鯨反対者に対しては特に言っておきたいが、アラスカに住んでいるイヌイットなどの先住民が食べるために許可されて捕鯨をすることに理解ができるなら、同様に古くから食べてきた日本人が許可された範囲で捕鯨をすることに理解をしないのはおかしいだろう。
彼らには今の日本でクジラを食べなくても食生活が成り立つだろうというのはいささか乱暴な話ではないかと思うんですよね。
日本人がクジラを食べることを問題にするならこの時代にほかにも食べるものがあるであろう今 犬を食べている国もあればサルを食べる習慣を持っている人もいるわけですよ。
野蛮だという声は時々聞こえるが基本的にそういう習慣を持っている人たちにも日本人は理解を示していると思っているが捕鯨を反対している人はどうなのだろう?
日本の捕鯨に関していくつかの勘違いもあるようで、絶滅危惧種になるようなクジラは生態系に影響が及ばない範囲でしか日本は捕鯨をしていないはずです。

殺し方が野蛮だという声もありますが、人間の都合で殺される動物に対してこの殺し方はいい殺し方で日本の殺し方は悪い殺し方だというのはどうなんでしょう?

動物に対して虐待だなんだというのであれば西洋人もフォアグラなどを作ることは辞めるべきでしょう。
意図的に肝臓をふと褪せているわけですからね。中にはそうした行為に対しても反対をしている人はいるのでしょうが、捕鯨のように日本だけが特に悪く言われることはないと思いますよ。

前にも書きましたが韓国などでは偶然網にかかってしまったクジラが何千頭も捕られています。
こうしたことには批判の記事を見ませんがどうなのでしょう?
まぁ一つには沿岸捕鯨で自国の領土でなら許されるという面はあるのでしょう。
では、和歌山で行われているイルカ漁に関して映画も作られるほど日本だけが批判の的になるのはなぜでしょうね。

今回の記事で見かけた内容で日本の商業捕鯨が遠方へでていったのはマッカーサーの許可があってというような話が出ておりました。

おそらく日本の捕鯨は基本的には沿岸捕鯨で古来あったものが戦後の食糧危機で遠方での商業捕鯨につながったという事だろうと推測できます。
日本の捕鯨は伝統はあるのは間違いはないのでしょうが実質的のそれらは捕鯨ができる地域限定のものであったことも間違いのないことでしょう。
戦後に多くの人が記事らを食べたのは安く買えたのが理由でしょう。
IWCによって規制された後の若い世代ではクジラを食べたことがないという人も少なくないと思います。

食べなくていいものだから捕鯨を止めろでは他国の文化を否定するだけになってしまうでしょう。
少なくても伝統的に捕鯨をしありがたい食料としていただいてきた文化までも否定する理由はそこにはないはずです。
ですから個人的には伝統などを守る上で必要な分だけをできれば沿岸捕鯨で賄うのが一番理にかなったものに思えるんですよね。
このことは日本の商業捕鯨という面でですね。
一方で今後世界の人口が増えたり天候などの変化で起きるかもしれない食糧危機に備えるために食料にもなり得るクジラという資源の調査はしておくべき という理屈にもそれなりに正当性はあると思います。
欧米が商業捕鯨を辞めたのはクジラの油の変わる資源が見つかったためでしかありません。欧米の捕鯨は油のためだけに捕鯨をしていたわけですよ。
IWCが日本の調査捕鯨を認めている理由までもかんがえることも必要なのではないでしょうか?

オーストラリアの人たちもよく捕鯨に反対の意見をだしていますが、よく考えてほしいと思いますね。
彼らの中にはホエールウォッチングなど観光資源としての価値も見出しているのでしょうが同様な観光資源であるカンガルーは食べたりしていますよね。食べなくても殺している。
彼らの中には自分たちの海でと言っている人もいるが現実にはIWCの許可が出ている範囲でしか日本は捕鯨をしていないのですよ。
これは日本が悪いのではなくその地域で記事らを取ることを認めているIWCが悪いってことなんじゃないんでしょうか?
捕鯨に反対する声の中には野蛮だとか文明人がやる行為ではないなどというようなニュアンスを使う人がいるが、仮に反対する人が文明人であるならば日本に文句を言うのではなく許可を与えているIWCに文句を言うべきでしょう。少なくても日本は国際機関に許可された範囲で行っているからです。

日本には捕鯨の文化があり規制するための組織IWCに加盟をしそこで許されている範囲の中で捕鯨を行っている。
この意味をもう少し理解する必要が日本を非難する人には必要なことだと思います。

面白いよな
2013年03月25日 (月) | 編集 |
報道ステーションで沢登が香川はサイドがいいと言っていた。

根拠が香川は前を向いた時のほうが働けるからである。
あいたたた!これが日本でトップにいた選手のいう事かと。

前を向いた方が怖いのはサッカー選手なら普通に当たり前だろう。
相手を背負ってプレーできるという意味では本田のほうがうまいのはわかる。
しかし、どこのチームでだってこんなプレーが得意だと言って褒められる選手はポストプレーを求められる選手ぐらいだろう。
しかも例であげていたのがカナダ戦だけである。

沢登氏は覚えていないかすっ呆けているのだろうがドルトムントでは香川はトップ下でぷれーをして結果を出してきた選手である。
できるできないで語るんならやってきた選手なのである。番組でも紹介していたがマンUでも多くはトップ下に入っている。
彼がサイドがいいという根拠などハッキリいえば否定されているともいえるだろう。
カナダ戦は前半は相手に支配されボールもまわらない状況だったのだ。

おいらがサイドを好まない理由の一つが前にも書いたが香川はパスの交換で状況を打開する選手だという点で中央にいるよりもサイドで孤立するケースが心配なのだ。
サイドでは中の選手がすばやく寄ってこなければ後ろにボールを戻すしかなくなってしまう。
中央でも人がよってこなければ自力で前を向くかやはり後ろに戻すしかなくなるが香川の場合後ろに戻した後の動きでリターンを受けることで前を向くのがうまい選手だと思うのだ。
したがって、パスの選択肢が広い中央のほうが向いているとおいらは考えている。
要はパス交換ができる選手が常に近くにいるという事が肝心で基本的にはトップ下に置きたい。

個人の趣味でだがサイドにはドリブルで突破ができる選手にいてほしいという願望がある。
長友はサイドバックだが、彼などは一瞬で相手を置いていく力がある。
香川も狭いところを抜けたりするのはうまい選手だがとりわけてドリブルが早いなどという選手ではない。
同様に個人的には岡崎もサイドで使いたくない思いがある。
岡崎も早くはないのだ。彼の特徴は動き出しの速さにあるわけでサイドでキープをした場合に結局サポートが必要になる。

日本のパス回しがうまくいっていれば香川がサイドでもいい距離にサポートさえいれば確かに問題はないと思うが、これはうまく回った時限定になるしサイドではスルーパスのセンスが生きないと思うのだ。
まぁほかのトップ下候補もスルーパスが出せる選手なので香川である必要はないのかもしれないが。。。。

ただ、香川の能力が発揮しやすいポジションはと言われればトップ下だろうと思うのだ。
で、個人的にはマンUみたいなFWがいない日本では1ボランチにしてCMFを香川と別に置くことを個人的には望むのである。

まぁ沢登のいうことは今のフォーメーションのままで考えたポジションであり、何らかの理由をつけるためにつかったのが前を向いて何でもできるという事なのだろが ちょっとお粗末な話だと思うな。上でも書いたができるできないで言えばやってきている選手だからだ。
日本代表でできないというならシステムや戦術があっていないのである。

そういうことだ。

関東には流れていないので
2013年03月25日 (月) | 編集 |
昨日のそこまで言って委員会で非常に重要な話が合ったと思う。

司会のたかじんの復帰の買いではあったが、肝心なのはそこじゃない。

尖閣諸島の近くの島を台湾人が保有していて、中国側が売ってくれと迫ったが中国には売らないと断った夫婦が殺されたという話である。
所有権は子供に移ったらしいが領土問題が浮上している現在この島の存在は大きな意味があると思うのだ。

基本尖閣よりも日本側の島らしいが、そこの所有権が中国にでも移れば中国がどんな話を持ち出すかと考えれば大変重要な事態だといえるだろう。

尖閣の売買で大きなお金が動いたわけだから普通に所有者が日本人なら大きな相続税がかかるわけで払えなければそれを売るなどしなければならないしそれについても日本の領土なわけですから規制だってあると思うのだが、なにせ所有者が台湾の人となるとそこらへんがおいらにはわからない。

単純に日本が買い取れば何も問題はないのだが、はたしてどうなるのか。
こういった話がニュースにならないことが非常に危険な気がする。

あらてめて見る本田?香川?
2013年03月25日 (月) | 編集 |
サッカー日本代表のトップ下の人選についてである。

おいらは常々香川をトップ下にと書いている。
しかし、現状では香川がトップ下で使われる際に本田不在で使われるケースやチーム全体のコンディションに問題がある場合に限って香川がトップ下にきていると思う。
前にも書いたが香川がトップ下に入るならそれなりにふさわしい条件を整えてやる必要があると思っている。
それは香川に近いポジションにボール交換ができる選手を置くということである。

それには基本的においらとしては1ボランチを実行してもらいたいと思っている。
守備的になった場合遠藤などが1ボランチでは心もとないが個人的には1ボランチでやる場合に今野などが努めれば十分いけると思うのだ。

個人的にはトップに今一番ふさわしいのは岡崎だと思うし両サイドには清武に加えドイツで結果を出している乾を使い香川のそばに本田や憲剛、場合によっては遠藤でもいいがこういうボール交換ができる相手を置くべきだと思う。
単純にいまザッケローニがやっているフォーメーションのままで香川をトップ下で使うには厳しいのかもしれないと思う。
香川自身はドリブルで抜いていく選手でもないし本田ほどのキープ力があるわけでもないだろう。

しかし、CMFならばキープ力が生きるかもしれないがトップ下というポジションはシャドウ-ストライカー的なものが必要でその力に関しては香川だろうと思うのだ。
本田がトップ下と言われているが現状ではトップ下ではなくてCMFでしかないと思っている。

トップ下というポジションを言えば適正は香川にこそふさわしいと思うのだ。
しかしそれには条件がいるということである。
ドルトムントでもそうだったと思うが基本的に近くにボール交換ができる選手がいてこその香川だろう。
ザッケローニが今のフォーメーションでいくなら香川が真ん中に入ることは正直難しいと思う。
そして個人的な意見ではあるが乾も本田がセンターにいる場合ではなかなか使われないように感じるのだ。
香川がそのポジションに来ることが予想されるうえにプレーの内容においても本田がとるであろうポジションと香川が取るであろうポジションの違いもあるように思うのだ。

WCの本番は別にしてアジアで戦う際に基本2ボランチいらないだろ?
フォーメーション的にも相手も1トップの場合は現状多い。4バックでサイドが上がっていても二人で1トップを見ると思えば十分でなければならない。
そう考えれば日本が取るべきフォーメーションは1ボランチだと思うな。

まぁどうこういったって前にも書いたと思うが所詮はザッケローニの考え方次第でしかない。

あれこれいったところで仕方がないということだろう。
ザッケローニも3バックとかやりたかったようだが現状では4バック、2ボランチの戦い方で結果だけは残っているのだ。
個人的には本当の強豪に対した時にいまのフォーメーションでは守るだけなら何とかなるかもしれないが点を取ることには厳しいと思うし点を取るサッカーをしてもらいたいのでフォーメーションはいじってほしいと望んでいる。

それにしてもだ、個人的な感想でしかないが本田をトップ下でという人には記事で書く際に本田△と書く人が多いように思える。
ハッキリ言って個人的にこういう書き方は好きではない。
本田はキープできるかもしれないしパスもつなげることはおいらも認めている。
一方でキープすることはスローダウンにもつながるわけで個人的には好きではないのである。
間を作るにしても個人で持つよりも安全にパスを回すことでも間はできるわけで、おいらとしてはそういう展開を望んでいるのだ。

岡田監督よりはザッケローニのほうが基本、評価したいと思うが それにしてもせっかく呼んでも使わないとか使ったとしても使い方に疑問が残る。
やりたいサッカーでメンバーやポジションを決めるのだろうが、どうせ使うなら選手にあった使い方をもう少しするべきだと思うな。
フォーメーションが最優先では選手が生きてこないこともあると思っている。。。。

まぁサポーターが10人いれば好きなフォーメーションや選手起用も10通りできるぐらいなんだと思うので、監督やほかの人の意見が間違っているという事もないしおいらの意見も考え方の一つだと思うけどね。
まぁ好きに語り好きに見るのだ大事だろうと思うな。


面白いね
2013年03月24日 (日) | 編集 |
カナダ戦での感想を多くの人が語っている。

香川にダメを出す人がいれば皆のコンディションが悪い中それなりにチャンスを作っていたという人がいる。

そんな中で出場していない本田を絶対的に押す人がいるんだよな。


おいらは基本的に本田のプレースタイルは好きではない。
どちらかといえば憲剛のほうがうおっぽど好きである。

それでも本田が選ばれれば本田にも活躍してもらい日本が勝つことを望んでいる。
本田を押し香川を批判する人は香川のプレーに一人でドリブルで抜ける力がないとかミドルのシュート力がないとかいう声が出てくる。

おいらもその点では否定はしないが、香川は香川で人との連携には優れた面があると思っている。
一人で抜けないならワンツーで抜けるセンスがあると思うのだ。味方にパスをだしすぐにもらえる位置に入れる選手でもらい方がうまくシュートにつなげるのがうまい選手という評価である。
おいらから見れば香川は周りに引っ張られるケースが多い。
香川の周りでうまくサポートしてやれば香川も生きてくるし香川と連携する選手も生きてくるのだが、残念ながらまだ日本の選手の間では香川がボールを出しやすい位置に入ってくる選手が少ないように思える。
そういう意味では憲剛や本田は香川からボールをもらい香川に出せる選手ではあると思う。

おいらが本田を憲剛より下に見てしまうのは本田の場合狭い地域で香川などと連携する以外では本田がボールを長く持ってしまう傾向が好きではないのだ。本田はボールを失わないで入れる選手ではあるのかもしれないが個人的にそういうスタイルよりは簡単にボールを回す選手のほうが好きなだけである。
本田だってやればできるのだが、彼はボールを持つのが好きな選手であるために基本的にそこでボールが落ち着いてしまうのが好きではないのだ。
このことは実は香川にも当てはまると思っている。
香川のプレーで彼が簡単にプレーしない(できない)ときっていうのは結局香川自身もいいプレーができていないと思うのだ。
単純な例でいえば香川が先日ハットをやった試合で見せたような香川がボールをだし見方が再び香川にボールを返しワンタッチでいい位置にボールを落としてシュートをするようなプレーこそが彼の持ち味だと思うのだ。
おいらが香川をトップ下に押す理由は彼のプレーが生きるポジションが本田に比べてよりゴールに近い位置でプレーできる特徴があることによるもので、個人的には下がってきてボールをもらい簡単なプレーができなときは香川とて普通の選手になってしまうという事だと思っている。

現状の代表ではザッケローニが本田がプレーしやすいように人を配置しているからこそ本田が日本の神様のような形になっているが香川を真ん中に置くときには香川を中心にした選手を必ずしもおいていないことは理解するべきだと思う。
正直、おいらなら岡崎のトップで右に清武、左に乾、ボランチもしくはそれより高いポジションで憲剛を使ってトップ下に香川を入れたい。

日本代表での香川のプレーでいつもおいらが残念に思うのが香川が左にポジションを取ってボールをもらったときに香川自身でボールを運ぼうとするプレーでボールを失うケースが多きことだ。
昨日のケースでは同じようにサイドでボールを持った際に中央や後ろにボールをはたいた後の動き出しで相手をかく乱し酒井がサイドでフリーになりセンタリングを上げるというプレーでチャンスを作っていたがそれは香川がボールをサイドで持った時にサポートに入る選手がちゃんといたからできたと思っている。

最初に香川がトップ下に入っていた時は香川にもうまくボール入っていなかったし乾や岡崎、さらには前田にもボールがうまく収まらなかったことで香川のせっかくのチャンスも生きなかったと思うのだ。

おいらはいつも代表監督が選手を試すときに不思議に思うことがある。
選手の使いどころがどうも間違っていると思うことだ。
海外や国内でいいプレーをしている選手を招集してはいるんだが、まず使わないし使ったとしてもその選手が生きそう環境を作ってやらないことに疑問を感じるのだ。
もう少しせっかく呼んだ選手なのだからその選手が生きる環境を作ってやったうえで実際にプレーさせてやることをするべきだと思う。

とはいえ、カナダ戦でせっかく乾などはスタメンに入ったし数は多くはなかったが得意な形に持ち込んだシュートを放ったわけだが残念ながらドイツでプレーしているほどには精度がなかった。
若い力を使ってくれる監督ならそれでもいいがザッケローニなどの場合、そういう形を持っている点は評価はしてくれるだろうが実際に大事な試合では安全策を常にとりたがる傾向にあるように思え本田が出れる状況が整えば出るチャンスは少ないものになってしまうだろう。
乾などはこういう試合では決めなければいけない試合だったと思う。
長友も乾のように積極的に中に入ってシュートに持ち込むことをインテルでもやっているので長友も怪我が治れば余計に乾のポジションが無くなると思える。

個人的な意見でもう一ついえば 内田の持ち味についてだが 内田の能力は代表では生きにくいと思う。
内田はきれいなクロスを上げれる選手だが、残念なことにこれにはまる選手は岡崎ではなく前田やハーフナーのタイプだろう。
カナダ戦のような状況では前田は死んでいたしハーフナーも不調に思え内田のいいところが出せなかったように思う。
ザッケローニのような監督なら内田がけがとかがなければずっとスターティングを外れることはないと思うが、個人的にはFWで使う選手によっては内田よりも駒野のほうがいい時があるように思うなぁ。まぁ酒井でもいいんだけどね。。。。。内田の守備もドイツでうまくはなったんだろうが酒井などは内田より背が高いという利点もあることだしね。

まぁそれにしてもサッカー好きがこういう話をする際に持論が絶対みたいに書いていることは非常に多いよね。
おいらだって自分の好みで好きに書いてはいるが人の意見は別に否定はしない。
本田にしてもおいらは本田がドリブルでボールを運べる選手なら彼が長くボールを持つことに否定的にはならないがそういう選手ではない。
為を作ったりボールを落ち着かせることはできる選手だとはおもうが 個人的にはもう少し早いテンポでボールが回る展開が好きなので彼のスタイルが好きではないわけだ。
メキシコなどは皆それなりにボールはもてるがボールを簡単につなぐことを優先するスタイルに思える。
こういうスタイルがおいらの好みなんだなぁ。

国によってはサイドから個人でドリブルで前に抜ける選手がいるが、そういう選手が日本にいるのであればそういう選手は少しぐらい長くボールを持ってもいいと思うけどね。そういうテクニックを持っている選手も嫌いではないからね。
ただ、日本にはいないと思っているだけで。。。。(日本では割りと小さいころからつなぐサッカーを教わるのでそういう選手が育たないのかもしれないしね)
相手のゴールの近くで勝負するプレーならやる選手はいるけどね。

まぁ個人的にはさっさとWCへの出場を決めてコンフェデでは乾や清武、両酒井などがプレーできればいいなぁとは思っている。できれば遠藤や長谷部を使わない試合を見たいと思うのだ。

サッカーのことになると夢や希望が多くていくらでも書いてしまうが個人の好みであり希望でしかない。
実際にはザッケローニが仕切るのだからなるようにしかなるまい。

ついでに、海外のメディアが試合ごとに採点をしているのだがそのことに個人的に大いに違和感を感じていてサッカーなんてものは個人でできることなど基本的にたかが知れていると思っており、いい選手でも評価が低い時があったりしてその見方に疑問を感じているんだが、日本もどうやらそういう見方が一般的になっている気がする。
たった一試合でああだこうだと言いたがるのがそういう現れなんだろうなと思う。
明らかな問題点があった選手以外は本来もう少しおおらかに見るべきだろう。

カナダ戦
2013年03月23日 (土) | 編集 |
ザッケローニが前半 香川をトップ下で使ったが良い評価はえられなかっただろうことを残念に思う。

Jリーグが開幕する前の代表はパス回しに不安があり、この試合では特に前田が死んでいた。
この試合、前半だけトップ下で後半はサイドに回っている。
前半を持ってトップ下で使われないようになるのが個人的にはもったいないと思うのだ。

まぁほかにも乾にしても前半はボールに触れる機会が少なく彼の形ができない状況であった。

おいらは憲剛と香川は相性がいいと思っているので同時に使うことは非常にいい影響が出ると思っている。
個人的にはワンボランチにしてセントラルミッドフィールダーの位置に憲剛をいれ香川とのパス交換を今以上に有効に使ってほしいと思うのだ。
同時にサイドにボールがもてパスもうまい乾がつかわれることが望ましいと思うのだ。
この場合、遠藤か長谷部がポジションを失うことになるが、それでいいと思う。


試合自体は日本の出来の悪さが目立ったと思う。
パスがつながらないうえ、相手とのコンタクトがあった際にことごとくボールを失っていた印象がある。
これは怪我を嫌うことで激しく行けず当たり負けしているためだろう。

もうひとつ、数は多くはなかったが決定機を何度か作っていることは評価できるだろう。
しかしハーフナーがことごとく外した。
練習試合だから構わないが 個人的には本番でもハーフナーは使われる気がする。
理由は単純に失点した場面がコーナーキックからで身長があるハーフナーを守りでも使いたいと考える気がするからだ。
個人的にはこれには賛成しかねるが身長をザッケローニは思っている以上に重要視している面を感じているおいらはこういう選択を思想な気がするのだ。前田が動けていれば前田でいいんだが。。。。

身長を気にしなければ本来は岡崎でいいはずで、そうすることによって右サイドに清武が使える。
これはセレッソで一緒に戦った香川、乾、清武の連携も期待できるうえ、この三人が動き出しの早い岡崎へのスルーパスが出るチャンスだろうと思うのだ。加えて憲剛がいれば縦への楔が協力になることは間違いがない。

おいらが憲剛を買っているのは彼が代表の中でミドルを積極的に打つ少ない選手だからである。
本田や長谷部も時々うつが今回本田はいないし長谷部は憲剛ほどには積極的ではないと思う。

ブラジルへ向け今回は早くから中東に出向き調整をしているわけで26日の決選にはまだ日にちがある。
少しでも連携をよくして本番では日本らしさを出してほしいと思うね。

個人的には中東のチームには裏を取る動きができる選手を使ってほしいこともあり岡崎のワントップを期待したい。


きょうの独り言
2013年03月21日 (木) | 編集 |
よく韓国の人の反日記事を見ます。

そんな中でよく出てくるのが日本人は歴史を勉強していないという言葉。

だが、彼らこそ歴史を知らないと思うのだ。

先日見た記事ではWW2で日本人に殺された韓国人が300万人とか言っている人がいたし、普通にWW2の戦争責任を問う人たちがいるのだ。

彼らの頭の中では朝鮮人は当時日本の一部であったことは知っているようではあるんだが、日本人と一緒に戦争していたのは朝鮮人でWW2で戦争責任が問われるならドイツにとってのオーストリア同様に朝鮮にも戦争責任があるという事を理解していない。
最初に挙げた日本人に殺された云々ってのはどういう場面で殺されたのか教えてほしいものだと思うね。
だって基本日本と朝鮮は同じ立場であり戦う相手ではなかったのだから。

朝鮮が日本から独立したのは戦争が終わってから連合軍によって独立させてもらったものであり日本から朝鮮人が独立を勝ち取ったわけではないことを理解してほしいものだ。
日本人が歴史を知らないという前にそのぐらいは知っておいてほしいと思う。

ついでに日本の慰安婦についてとやかく言う外人がいるが、それは基本日本が海外の人間に対して行ったことを問題視しているものとおいらは理解している。
で、当時の朝鮮人は日本人と同等だったことの理解がなさすぎる。
外国人が慰安婦になったわけではないという考えができない人間はこのことについて語るのは見当違いだと思うね。
少なくても、慰安婦は普通に日本人が多かったことや破格の条件でやっていたこと環境が劣悪だとか言うことを問題にするのも見当違いだろう。
少なくても性病の検査などはしっかりしていたし環境が悪い云々は当時の兵士なども同様に環境は良くなかったのである。そのことを理解する必要はあるだろう。
アメリカの捕虜がひどい扱いを受けたという記事があったのだが、日本軍より多い人数のアメリカ兵が投降しただでさえ食料に問題を持っていた日本軍が食料を求めて長い距離の移動をしていく中、同行させた捕虜がマラリアなどの病気や飢えで亡くなったことを指摘したものらしく捕虜は手ぶらで日本兵は装備を背負って同様に歩いたことが虐待にあたるということらしいのだ。
アメリカはジープyトラックで移動するのが基本らしいのだが日本は当時は歩くのが当たり前だったわけでアメリカのやり方を基準に物事を考えることからして間違いなのだと気付いてほしいと思う。


さて、話は全く変わるが個人的にサッカーが好きなのだが 結構前から思っていることがある。
FIFAっていう組織が腐っているように思っているのだ。
オリンピックで韓国の選手が旗を掲げた云々などは小さいことだとおもうのだが、それよりももっと腐っていると感じるのが最近発表されたらしいベストイレブンがスペイン勢で占められたことに代表されるような偏った考えがまかり通っていることですね。

こういっちゃなんですが、最近はスペインリーグばかりがもてはやされすぎていると感じている。
プレミアリーグやセリエA、ブンデスリーガなどにもいい選手はいるし結果を残した人がいる。
そうした人間が必ずしも正当な評価を受けているとは思えないのだ。

スペインリーグがずっといい評価を受けている理由を考えてみればいい。
代表がいい成績を残していることは確かだが、リーグ戦でメッシやC.ロナウドが圧倒的な得点を挙げている理由を考えてみてほしい。単純にバルセロナとレアルの2強のリーグであることで彼らは得点を挙げまくっているだけだろう。
彼らがプレミアでやった場合、得点王争いは当然するだろうが現在スペインリーグで上げているほどの得点はおそらくとれまい。
バロンドールをメッシが取り続けていることに不満はないが候補者のほとんどがスペイン勢というのはFIFAの関係者が節穴だという証拠だと思う。
今年のプレミア勢はチャンピオンズリーグではベスト8には残れなかったが例年なら2~3は残っているだろう。
これはスペインリーグを上回ることもあり結して格下ではないと思う。
メッシやロナウドの成績は立派だしイニエスタやシャビだっていい仕事はしていると思うが、ほかのリーグの得点王などがそれより下に見えてしまうことにもう少し違和感を持つべきだと思う。
単純にスペインリーグ(実際はレアルとバルサだけと言っても過言ではない)以外のリーグで戦っている選手が意味のないものにしか見えてこないからだ。
現状ではバルサかレアルにいなければほぼチャンスがないと言えるからだな。
したがって個人的にはこうした選出はあってはならないものだと思うのだ。

こういう選出に各国のサッカー担当記者が異を唱えないことも危機的だと思うね。

久しぶりの大勝利!!
2013年03月20日 (水) | 編集 |
パチンコです。

割と2月は相性がいいと勝手に思い込んでいたので2月の途中から久しぶりにやってたんですが、思うように勝てず2月だって結局3~4回ほどしかしていませんでした。
で、3月に入り先々週?に行ってみたところ7万ほどの勝利だったんですが、調子にのって続けていったところ3万、2万と続けてまけていたんですが 今日目が覚めて昼前から行ってみたところ久しぶりの大勝利でした!

7万勝ったときにやったのがG1ドリームの新しい奴だったんですが、次にやった時に連荘できずに負けたんですよね。
その次はあたりが引けないので見切って冬のソナタに移って負けを少し取り返し結果的に2万ほどの負け。

で、今日は行くまで何を打つか決めていたわけではなく行ってみて北斗の角第二最初に座って6千円ほど打ったんですが、いいアクションがなく移動。
すでに昼だったんですが、昨日当たりまくってた台が放置されていたんでそこで勝負しました。
おいらがいく店ってのは前日の当たり台は敬遠される傾向があるようで おいらは時々そういう台を狙っちゃうんですよね。
いじってなければ出ることがあるので。。。。

で、1万円の残りの4千円から2千円を使ったところで当たりが引け期待できないかなと思ってたら連荘できたんですよね。夢想モードに落っこちても引き直しで連荘です。
で、8箱まで出たところで連荘終了。
おいらは前日の様子からまだいけると踏んで突っ込んだんですね。
さらに間髪おかずに拳王ボーナスでしたっけ?で当たったあとは大チャンスもはずしまくり残り3箱を切ってしまいました。
2箱は残そうと思っていると再び拳王ボーナス?で当たりどうせすぐに左打ちに戻ると思っていたら100人倒しそこから大連荘が始まったのです!
最初は4Rばかり続いたんですが16Rが来てからというもの負ける気がしません。
途中で夢想モードに落ちても引き直しラオウでやっていたのですが、相手にカイオウを選ぶとケンシロウがおいらのキャラにかわり強いはずのカイオウにも負ける気がしません。
最後のほうはバタバタ4Rを引いたり16Rになったりを繰り返して25連ぐらいしたんですね。27かもしれませんが。
最後はバトルがストーリーのようになってカイオウがやはり宗家の血は絶やさねばならないという言葉と共に夢想モードに落っこちそのまま終了しました。

おいらは15万コースにいった?とおもい そのまま終了しました。
まぁ結果的には+162200円です。

ハッキリ言って予想外です。
3万も儲かれば嬉しいと思って今日は行ったんですよね。

こんなことがあるから時々はやっちゃうんですよねぇ。。。。
何回か行けばこんな儲け結局使っちゃうんですがね。

何回かこういう儲けが出たときにPCを買っちゃってるんですが、こういうあとは気が大きくなって負けるときの金額が大きくなるんで普通に自費でPC買ったのと同じになっちゃうんですよね。

最近は円安ですのでPCを買うとかありえませんが、無駄遣いをすることは間違いなさそうです。

愚痴ってことでいいかしら?
2013年03月18日 (月) | 編集 |
いやぁ、だーかーらー野球が好きになれないんだよなぁ。。。
(まぁ無理くりですがw)

WBCが朝からあると知り、偶然早く目が覚めたので(本当は膀胱が破裂しそうでだが)8時半からTBSの画面をみていたんだが、いつになっても始まらない。
実際の開始はそのご10時らしいとわかる。

TBSってのはときどきこういう詐欺商法的な中継をやるテレビ局だってことを思い出したよ。
ボクシングだったか格闘技で間もなくゴングといいつつ長々と待たせる手法でやっていたのを思い出したのだ。
今回のWBCも最後にきてこれと同じ手法を使ったようだ。
おいらは普段昼近くまで寝ている。眠い目をこすりつつ起きたのにこれだ。
まぁ事前に開始時間を知っていればこういう羽目になることもなかったのだろうが、野球自体は基本的に好きではないのでそこまでする気はなかったんだよな。
たまたま膀胱の破裂を抑えるために目が覚めたことでそんな気になっただけなのだ。

そしてはじまったわけだが、いきなり個人的には野球という競技をすでに敗退しているアメリカでやるリスクを感じたのだ。
解説者が言わずとも今日のジャッジが辛いと思ったわけだ。
基本的に日本のアドバンテージってのが投手力だったわけで外に厳しく低めに甘い今回のジャッジはハッキリ言って日本つぶしの手段に思えた。
相手の先発投手が台湾の王健民と同じようなタイプと言っていた直後だったのでわかりやすかった。
台湾戦では日本は低めを見極め浮いた球を叩くという事で点こそ奪えなかったがうまく戦っていたと思う。
一方、今日の戦い方では見逃すべき低めがストライクになるのである。
台湾戦と同じ戦い方ができなかった。
そのために選手は低めを意識するあまりボールに手を出すという事を繰り返していた。

8回にやっと来たチャンスも思わぬミスでつぶし、9回も見せ場なく敗れてしまった。

最大の敗因をおいらに言わせれば審判の判定につきる。
判定によって低めを意識しすぎたってことだな。メジャークラスのピッチャーがいない相手に打線が湿った原因がこれだからな。
練習試合ではメジャーの投手も打っていたのにである。

それと個人的に山本監督がこの大会でやっていた投手起用にも問題を感じる。
継投策を使うのはいいんだが、能見や杉内など先発投手を短く使うやり方は適していないと思うな。
先発の当社がリリーフで打たれたあとにまた先発投手を使うってのが理解できないんだよ。
先発投手とリリーフは試合への入り方が違うだろ?

それと前にも書いているんだがジャイアンツの選手を信用しすぎである。

まぁある意味、負けるべきして負けたってことだろう。



アメリカがこの大会で一番ダメな結果が日本の三連覇だったと思う。
アメリカが二次ラウンドで負け、アメリカに勝って準決勝を戦うチームが負け日本が三連覇してしまえばアメリカの立場が亡くなったはずである。
プエルトリコかドミニカが勝てば二次ラウンドで負けた言い訳ができるというもの。
今回の仕合はそういう意味合いもあったのである。
したがって日本に不利なストライクゾーンがこの試合で使われたように思えてならない。
まぁ相手も同じ条件だということだが、先に厳しい立場に追い込まれたのが後攻めの日本だったわけだし、弱いと思える相手投手陣にとってサイドより低めがストライクと言ってもらえることが有利だったことは間違いがないだろう。
そういうことだと思う。


まぁ試合が始まれば多少WBCに気を向けたが、今日の最大の愚痴は10時に始まる試合を8時半から放送するな!!ってことである。

ありえねぇ!!
2013年03月16日 (土) | 編集 |
TPPに参加するときの試算が公表された。

3兆円規模で経済を押し上げる効果が期待されるらしい。
6兆円を超える金額で経済を押し上げ農作物などで3兆円ほどの影響を受けると予測しているようですね。
打ち明けではコメが1兆円とか。。
更には砂糖は全滅する予想がたっているらしい。

北海道でのTPP反対の様子などがテレビのニュースで紹介されていた。

経済的な効果が期待される反面で受ける農業が受ける影響が大きすぎるように思えるんですよね。
米などでも三分の一が無くなる計算だし砂糖は全滅、酪農への影響も少なくない。
政府が農家へ行うだろう対策といえば輸出支援や結局補助金という事になってしまうのだろう。
それだけにとどまらず安い肉が入ればただでさえ少なくなってきている魚食などにも影響がでるなどもかんがえられるんだよね。で、農業ほどに漁業のことが考えられているかというのも大いに疑問を感じる。

砂糖などの生産にかかわっている北海道や沖縄周辺の島などには多大な影響が出ることも考えられる。

ただでさえ低い食料自給率がさらに減ることも考えられ本当にこれが正しいのか大いに疑問だ。
それに、政府が試算していない部分での影響は資産に含まれていないだろう。
大きな問題はTPPは基本的にはあらゆる関税をなくすという前提で、例外を作るように求めるシステムであることだ。
例外に漏れたものは関税が撤廃されるわけで後々問題が浮上するケースだって出るかもしれないのだ。

ネットではISD条項の問題に加え、医療、保健の問題が大きく伝えられているしネット民にとって肖像権や著作権の問題で日本が締め上げられることにも危惧している。

日本のTPP交渉参加について取り上げられたアメリカ人の反応も入ってきているが、彼らは彼らなりに日本による進出を危惧しているようだ。
そこに出てきていることから指摘されているのが結局1%の金持のためにTPPが考えられ運用されようとしているというものだ。
米韓FTAなどでも不利益を被ったアメリカ企業は相手国を訴えることができるなど韓国の法律よりFTAの条約が上を行くなどという事になっている。
アメリカがどうこうという話よりも結果的に一部の企業の利益のためにこういった条約ができている可能性は高いのである。
TPPは米韓FTAなどと違い多国間で行われるためにこういった不平等は少ないと思われるが、根底にあるのが企業のためという部分は否定できないものに思える。

今回試算でも安倍総理は農業などに与える影響の大きさを知ったうえで交渉に参加を選んでいることに大いに不満を感じる。
日本の食料自給率を考えれば自衛隊の補強などをしたってまるで意味をなさない可能性もあるのだ。
今以上に食料自給率を下げていては自衛もくそも無くなってしまうだろう。

更に日中韓FTAの交渉もするわけだろう。
TPP参加によってFTAのハードルが下がればさらに危機的な状況も考えられるわけだ。

試算の結果を見るだけで普通の頭なら参加など考えられないように思えるんだよな。
第一次産業を捨てる気になっているようにしか見えない。
単純に試算結果があてになるとも思えない上に試算結果でも十分に反対に値すると思える。

もう一つ、いつも言っていることだがおそらくこの資産には参加することで規制緩和をする分が入っていると思うんだよね。しかし規制緩和は参加しなくても必要なものはするべきなんだ。
そのことを忘れてはならないと思う。
参加推進派は参加することで規制緩和をすることばかり訴えているが不参加でも規制緩和はするべきなのだ。
すり替えた論点を使っていることは間違いがないことだと思う。

聞けば聞くほどTPPには参加するべきではないと思うな。

出来レースじゃね?
2013年03月14日 (木) | 編集 |
北朝鮮が休戦協定を破棄した。

今日の記事ではイギリスの記事として北によるソウルへの核攻撃の可能性などというのがあった。

今の世の中で核を使った国家がどうなるのか想像に難くない。


おいらが考えるのはこれは北と南による出来レースである。

南は現在円安ウォン高で苦しんでおり韓国によるウォン安誘導もできない状況である。
単純にウォン安になる方法をかん気たときに南北の緊張をあおればウォン安に触れるという考えが政府にあり裏で北への援助を約束の上こういう状況を作っているのではないかと思ってしまうのだ。

まぁ普通では考えないと思うんだがね。
テレビなどでは北の兵士などの訓練の様子や迷彩を施した車両が動いていたりするわけで偽装という感じでもないんだが、これで何もなければ結果 仮にウォン安にでも振れれば南によって願ったりかなったりの状況にだってなるように思えるんだよね。

おいらの妄想だけならいいんだが。。。。

TPP参加で揺れているが
2013年03月13日 (水) | 編集 |
15日にも安倍総理が交渉参加を表明するというニュースがでている。

それに先立ってきょう自民党が内部で話し合いを持ったという話だ。

例外品目で農作物で5種類と健康保険を明記するかどうかでもめたとか。。。

まぁなんにしたって今の流れでは表明まではいくんだろう。


先日ローソンの社長がラストチャンスといったらしいが、なんのラストチャンスなんだろう?
少なくても中国や韓国が参加していないレベルで日本のメリットがそれほど大きくないことは新聞などでも紹介されているものだ。
賛成派のいう規制緩和のメリットなどは自分たちの無能さのアピールでしかなく、必要な規制緩和はTPPと無関係でやるべき仕事だろう。それをTPPに参加しないと規制緩和ができないような表現をすること自体おいらには理解できない。

ちなみにだが選挙前に盛んに公明党への投票依頼が来ていたが今回はきっぱり断った。
その際にTPPの話題もおいらが出したんだが、公明党は反対だと言っていたが結局こうなってしまうわけだ。
今回は自民党も同様だろう。
選挙前には基本的に反対の立場を訴えていたが結局阿部政権でも多くの問題で公約とたがえることをしてきていると思う。
竹島の日の件もそうだが、TPPにも結果的に経済界に押され参加へ舵を切ったように思えるのだ。
安倍氏には期待するところがあるのだが、結局経済優先、アメリカの手先的な部分が抜けきれないところがあるように思える。
もう一つ、石破氏の娘が東電に務めているという話もあり当初から石破氏は東電に近い発言をしていたと思えるのだが原発問題を先延ばしにしその間減pつを再稼働させると決めている。
これは明らかに後戻りの感がする。
理由は昨年の実績でも原発なしでもある程度のやりくりでできることがわかっていることへの後戻りなのである。
確かに電力価格の問題はあるのかもしれないが、各電力会社などがアメリカのシェールガスなどにすでにアプローチをしていたりロシアとの関係を考えても今後エネルギーにかかる費用が上がり続けるという事もないと思えるんだよな、個人的に。
ここ1^2年は多少燃料費による問題はでるだろうが、そのために電力会社は値上げ申請をしているのだろう。
加えてメタンハイドレードの取り出しに成功したニュースが来たいま原発の再稼働は無くす方向で進めるべきだと思う。ロシアとの関係が良くなればLNGの買い付けがうまくいくかもしれないし、シェールガスをアメリカから買い付けられれば同様に中東から今買っている価格より安くなる可能性が高いだろう。
(これはアメリカに電力会社が言っている話の中で4割程度安く買えそうな話を聞いていることによる)

TPPに話を戻すが、先に参加している国(交渉にですね)からは後戻りしない議論が求められているようでどのみち厳しい立場に置かれそうである。
ニュースなどではあまり伝えられていないがラチェットやISD条項など農業問題以上に大きな問題が隠れている。
まぁ議員さんたちはそこまで理解もしているのだろうが彼らは自分たちの利害が有利に働けば知ったことではないと寝返りかねず信用できないのだ。
現に政権が変わった後でも復興予算とは別に国土強靭化計画などで地方の高速道路をふたタブ作り始める話などがかなり進んでいる。
大分出身の議員がその先陣を切っているのが心苦しい。

この夏には参議院選挙が行われるのだろうがおいらは民主党よりはマシだとは思うが自民党に投票する気にはなれない。
安倍氏にしても選挙前と政権を取った後では別人に思えるし旧来の自民党から変わったとアピールはされているが実態は変わっていないように思えるのだ。
小泉氏にも期待はあるが彼にしたってTPP賛成派である。
まぁ交渉参加に賛成で最終的な結論は別なんだろうが、見えている状況で賛成できるところがそもそも危ないと思っている。

まぁなんといったって結局は政府が決めることなんだろうからどうしようもないんだが、簡単に自民単独でなんでも決めれる政治にしてしまうにはちょっとまだ信用がおけないというのが個人的な感想である。

UKの記者って
2013年03月12日 (火) | 編集 |
今日の記事でマンUに関するものがあった。

ルーニーはファンペルシーにポジションを奪われ、10番にふさわしいのは香川だと書かれている。
そのうえでファーガソンが将来、ルーニーと香川はローテーションで使うなどと書かれているのだ。

ありえない話だと思う。
サッカー発祥の地であり世界で最も強いリーグと言われるプレミアがある国のサッカー記者が書いている記事がこの程度かとあきれてしまうのだ。

香川についてはドイツのほうが適正な評価がされていると思うね。
そもそも香川ってのはトップ下で生きる選手だとおいらは思っている。
これに関しては日本代表のザックもわかっていないと思うのだが、ドイツでは適正に評価されているだろう。
ゴールから遠いところでは香川はドリブルで抜けていける選手でもない。
香川のドリブルが生きる場所があるとすれば相手が反則をしにくいペナルティーエリアの中だけだ。
しかし、本領はドリブルでもなくワンタッチでボールをゴールできる場所に置くセンスこそが彼の真骨頂だと思う。それにはゴールに近い場所でボールがやり取りできる相手との関係が重要になってくるのだ。
いまユナイテッドでその関係がうまくいっているのがルーニーだろう。
残念ながらファンペルシーとはまだその関係が成り立っていないのだ。
そのルーニーとローテーションなどとなってしまえば香川はパスのやり取りがスムーズにいく相手を失ってしまうではないか。
このような記事がでることがUKの記者の頭の足りなさを感じてしまう。
また、同様に香川を再度で使うファーガソンのまずさを感じるのだ。
これはザックにも言えることだが、香川の持ち味を考えれば香川のポジションはトップ下でなければならない。
ザックは本田にバカみたいにこだわっているがそれが日本を世界から遠ざけているとおいらは思う。
どう考えても本田はMFの選手だ。ペナルティーエリアの中でプレーするセンスは香川には完全に劣るだろう。
いつもおいらが書くことだが本田と香川はいい関係は作れると思うんだが関係で言えば縦に考えれば香川のほうがよりゴールに近いポジションを取らせるべきだと思う。理由は上で書いている通りそのエリアは香川のエリアだからである。香川と本田は横でも関係は使えるがその時でもできれば香川が中にいるべきだと思うな。
ザックが本田を前で使いたいなら本田はトップで使うしかないだろう。
個人的には本田はボランチでだっていいとさえ思うんだが。まぁ理想は普通にセントラルミッドフィールダーでつかってやってその前に香川を置きたいところだ。

マンUでも香川はボールを触りながらリズムを作る選手なんで最終的にボール交換がうまくいくルーニーは常に香川のそばに置いておきたい。
香川を使うならトップ下におき、ルーニーはFWに入れておきたいのだ。
香川を使うならVPよりルーニーが大事なんだよ。
ユナイテッドがダメな試合ってのは香川がダメってより全体がうまく機能しない試合をやった時なんだよね。
縦に急ぐことでボールを動かすリズムが出ない試合がそういうときの特徴に思えるんだよな。

こと香川を使うことに関してはドルトムントのほうがマンUよりもうまかったということなんだろう。
トップ下に香川が常にいることで周りが生きたし香川も生きたのだ。
その結果がバイエルンにも勝ったしドイツを制したということだろう。

香川は一人で何でもできる選手ではない。
そういう意味ではルーニーには決して勝てないと思う。もちろんファンペルシーにも遠く及ばない。
しかし、他人を生かすことで自分も生きるプレーをすれば彼らに劣らないプレーができる選手だろう。
ルーニーはこれもできるがこれに関しては香川のほうがすぐれているように思える。

まぁなんだ、香川はトップ下で使えってことだ。
そしてルーニーがマンUにいるうちはセットで使えってことだ。
こういっちゃなんだが、マンUは弱いチームではない。
ルーニーとVPがセットでFWやったってなんの問題もないと思うがどうだろう。
この下の位置に香川がいればマンUの時代は揺るがない気がするんだが。。。。。

独り言だが
2013年03月08日 (金) | 編集 |
テレビではWBCの話題が増えている。

おいらは野球は好きとは言えないがスポーツ全般が好きなので見ている。

そんな中で中継やスポーツニュースで見たくない人間が出てきている。

誰かといえば桑田である。

体罰問題などで自身の経験しかあげずに体罰を批判している人間である。
一般的な人ってのは他人の意見なども聞いたうえで判断するものだと思うが彼の言葉には自身の経験と考えしかないのである。
普通の人ならそれで十分だと思うが彼の場合はメディアに出ているわけで自分の経験だけを人に押し付けて良いわけではないと思うのだ。
人の意見も使い、そのうえでこうだからダメというのならまだしも彼には自分がこうだったからダメでしかないのである。
当然説得力はないはずなんだが、中には彼の実績だけでそれでよしとする傾向がある。
おいらとすればほかの有名な選手などの経験については無視するのか?といいたくなるが桑田信者は盲目的になっているので話にならない。

最近、どこかで清原が語ったらしいがPL学園で先輩からぼこぼこにされたという。
桑田はそういった行為はされなかったらしいが、清原はそういった経験で強い精神力が養われたと語っているようだ。さらに昨今のPL学園の不振は当時のような伝統がなくなっていることによると分析しているようでもある。

PL学園の先輩による体罰の伝統は桑田がなくしたと言っている人がいるが だとすればPLを弱くしたのが桑田だという事になるようにも感じるね。

とはいえ、おいらとしても基本的には桑田を嫌っているわけではない。
体罰問題などでの意見の違いはあるが、彼の基本的な解説などで見られる選手側に立ったかのような発言には大いに賛同している。選手は手を抜くわけでもなく努力はしているが結果が出ないことがあるのだ。
好き好んで負ける選手などいまい。
サッカーなどでは負けが込むとスタンドに居座り凶弾する様子が見受けられるが選手が意図してそうしているわけではないのである。
こういった(おいらから見れば恥ずかしい行為)行動の抑止に桑田の解説などは有効に思えるのだ。

とはいえ、桜宮問題があったからこそ桑田のニーズが増え仕事が増えているのだろう。
したがって今 個人的には桑田は見たくないのである。

でもまぁとりあえずWBCの最中である。とりあえず頑張れ!ニッポンだ。


追記だが、ここのところ連日で各自治体で行われた体罰の検証が報道で見られている。
沖縄で何件の体罰が滋賀で何件のという具合にである。

個人的にだが、何件の体罰がありどう対応して今後はこうしますという報道より行われた体罰がどういうもので本当に体罰がダメだったのかという議論をしないことに違和感を感じるのだ。
現実問題として教師には体罰はすべてダメという中で桜宮の問題も起こり、中には教師が徴発されているという話まである。
今の世の中のすべて教師に問題を押し付けるような流れはただただおかしいと感じるのだ。
学校や教師にも武器は必要だと個人的に感じるのだ。

かの三宅先生も子供の躾は厳しくするべきと言っていたはず。
人格形成が未熟なうちは厳しい躾は必要なのだ。
個人的には学校に任せるならすべてを学校に任せるぐらいの気持ちが必要だと思う。

高校は義務教育ではない。
個人的には留年、停学、退学など学校が独自に判断をしそれを行使できるような環境は必要だと思うのだ。
学校が嫌なら学校に行かなくたって大検で大学にだって進めるのだ。
高校に限っては中学までと違った理解をするべきだと思うね。
不思議なことに義務教育でない高校に学区制などというものが存在しているのだ。撤廃するべきだと思うね。

ちょっと一言
2013年03月07日 (木) | 編集 |
なんか最近かけないんですよね。

そこまで言って委員会で勝谷氏が降板というニュースがあるんだが、これについては憶測しかない。
おいらは実はオリンピック関連で日本が強くなるとルールを変えてきやがるんだよ、あいつらはってのが意外に危険な発言だったように思える。
おりしも選考委員が日本に来ている中での発言である。(録画なんで当てはまっているかどうかは知らないんだが)

話は少し変わるが、捕鯨問題でも海外では間違った情報がまかり通っているように思える。
日本が捕鯨をして絶滅にひんしていると考えている人が大勢いるようだ。
しかし、真実は欧米が油を取るだけのために乱獲をしたことでクジラが減り絶滅に瀕した種類があるという事だ。
石油の発見によって油を取る必要が亡くなった欧米が突然政策を変え動物保護などに向かっていったわけで その過程で日本が悪という印象を作ってしまったのだろう。
ほかの捕鯨国が沿岸捕鯨という面はあるが日本だけがいつだって責められるのがいい証拠だろう。
先日の記事では韓国などたまたま網に入ったクジラの数は日本が捕鯨している数よりも多いのにまったく問題にならないのだ。
これって単純に日本への外交カードに使っているとしか見えないのだ。
おそらく日本が捕鯨をやめれば次はマグロで日本を責めるのだろう。。。。

もうひとつ慰安婦の問題がある。
ある記事ではすでにこの問題は軍の強制力のあるなしを離れ慰安婦の置かれた状況が問題になっていると書かれていた。
おいらとしては笑える話だ。
捕鯨の話と似た面が指摘できると思うのだ。
欧米人ってのはどうも自分たちが優位でないと気が済まないのだろう。
軍の強制性を除いた話でいいのなら当時の日本は売春が認められていた世界だというだけのこと。
いまでこそ否定している国はあるのだろうがおそらく当時では売春がまかり通っていた国など少なくないはずである。
つまり欧米人などは当時状況云々など関係なしに自分がいい子であれば満足できるのだろう。
先日おいらが見た資料では1940年代だったと思うが国連に人種差別廃止を訴えたのが日本が初でアメリカが反対したという記事があったのだが、こういう話は彼らには受け入れがたいのだろう。
当時の日本は売春が合法化されていた、欧米人でもそれは認めるが戦地に連れていくことを問題にしているかのような話をする人がいる。しかしそれならアメリカはどうかと聞いてみたい。
映画などで慰問に戦地に行く歌手などがでてくるものを見たことがあるが、慰安婦はいなかったのだろうか?
戦争大好きなアメリカ人は世界中にいるが彼らは性処理をどうしているのだろうか?
まさかの棚上げをしていないかと聞いてみたくなる。

慰安婦の問題で日本を責め続ける韓国はアメリカ軍や連合軍に対し、性奴隷を提供してきたという記事を見たことがある。
どこかで見たフレーズだが、日本人がやる売春は悪い売春で韓国がやる売春は良い売春だとでもいいたいのだろうか?
ことアメリカもこの話題には本来深くかかわりあいたくはないだろう。
普通に考えて世界に派遣されている米兵が性処理をどうしているかと聞かれれば返答をしなければならなくなるからだ。
日本では米兵による暴行や強姦が行われてきている。
日本がそうしたことが起こらないように売春婦を連れて行っていたという話をいくら否定したってアメリカは今でも実際にこういう問題を抱えているのだ。

忘れてはいけないが問題は当時は売春が合法であり、日本が戦地に売春婦を連れて行ったのは現地で強姦などをして病気になったりすることを避ける目的があったという事実を知っておくことである。
これが正常に機能したとかしなかったとかいう問題ではなくなぜ戦地に連れて行ったかの理由が政党にあるわけだという事だ。
今の人権に照らし合わせて議論をすることは簡単だがそれはおよそ正しくないという事を知っておくべきだ。

おいらは不勉強でしらないが、WW2当時、アメリカは慰安婦を連れていなかったのか?
連れていなかったとしたらだから権巻などが行われたのかと納得するしかないだろう。

ほかの国も同様である。


韓国については彼らは忘れたいのかもしれないが、最初の部分を少し間違えている。
日韓併合は異論はあるにしても韓国が望んで行われ世界的に認められたものだという事。
もう一つ、日本の戦争犯罪を指摘している韓国人があるが、勘違いするなと言いたい。
当時は君らも日本人で戦争犯罪の罪があるとすれば韓国も日本と同罪であるということである。
新しい韓国の大統領の父もまた大統領だったらしいが、日本の軍隊で中尉だったと聞いている。
日本の将校だったのだ。
日本が戦犯というならその大統領には責任はなかったといえるのだろうか?
朝鮮からの徴兵は最初は行われていなかったが募集を始めると募集の何倍も集まったと聞いている。
彼らは自ら戦地に赴いたのだ。

日韓基本条約が慰安婦問題でも問題になっているが、彼らがよく主張しているようにドイツを見習えば日本は韓国に対しなんの対応も必要としなかっただろう。
ドイツが併合したオーストリアはドイツと共に賠償する側にまわったのだから。
韓国人は被害者のように自らを置いているが実は戦犯側なのである。
そのことを理解する必要があるね。