| Admin |
選挙の仕組みを伝えてくれていたが
2012年12月15日 (土) | 編集 |
MSNの記事でいまさら聞けない選挙の仕組みを解説してくれていた。

おいらは政党政治といまの選挙システムに問題があると思い比例代表は支持政党なしと書くつもりでいるが、これを見ると支持政党だけでなく今の選挙システムの問題ありとも書きたくなる。

本来地元意識が強く出る小選挙区のシステムにおいらは反対なんだよね。
せめて中選挙区ぐらいにしなければ地元に良い顔をすれば国政に対する考え方などに問題があろうとも当選するかもしれないと思うのだ。
先日 二階氏が紀伊半島に高速道路をぐるっとまわしたいなどという発言があったが、防災のためなどいろいろと理由はあるとおもうがこういう地元意識と国政との関係の兼ね合いには小選挙区の出し表よりはもう少し大きな地域の代表のほうがより公正な気がするので小選挙区より中選挙区のほうがいいと思うのだ。(本来地域代表などなくしてすべて全国区でもいいとさえ思っているのだが)

記事を読み込んでいくとやはり残念な結果がわかってくる。
投票する人は2票を入れることになる。
選挙区の投票と比例代表の投票である。
しかしここで注目しなければいけないのが比例代表である。

ここが複雑で重複立候補している人が多く、選挙区で落ちた人が復活当選してしまうのだ。
さらにそれを問題にするのが政党による候補者の割り振りなどである。
選挙区で当選したいとは比例候補から除外されていくのだが、候補者の少ない政党などでは選曲で下位で落ちた人が比例で復活当選するケースがでてきてしまうらしい。
ある候補が当選候補の7割近い数字で落選していてもそれより下位の人が政党による比例順位が上であったために当選候補者の50%足らずの得票率でも比例で復活当選してしまっていたらしいんですよね。
候補者が地域で支持されていないにもかかわらず比例で当選してしまうシステムは比例代表の悪い慣習だと思うんですよね。

まぁ所謂少数政党に起こることなんですが、少数政党で国政などへの影響力は低いので大きな意味はないのですがそれでも地域で負けた候補者が政治家になる(それも候補者より票を取った人が落選しているのに)のは大いに問題でしょう。当選すれば税金がその人に使われ選曲で負けた人が発言権を得るわけですから。

記事では多くの政党が選挙区の候補者が比例にも名を連ねているそうですが公明党はその中で選挙区の候補者が比例には名前がないということらしくその点では評価できると思います。
もっとも個人的な考えですが、政党を作っていながら過半数に満たない候補者しか擁立できない正統はマニフェストの実効性がそもそもないわけで過半数に満たない後者しか擁立できない正統は大きな口を叩くなといいたいですね。
そういう意味では公明党などはたとえ与党に連立しようとマニフェストが合致していればいいのですがそうでないものは連立する政党のマニフェストに歩み寄らなければならず じゃあマニフェストはいったい何なの?という状況がはじめからあると思うんですよね。
社民党が連立した際も自衛隊について口をつぐんだこともそういった表れだと思いますね。

まぁ社民党まで連立政権に入れた民主党の問題もあったとは思うんですけどね。


個人的にはもうひとつ政党政治で問題があると思っているのが党議拘束ですね。
比例で当選した人は仕方がないと思うんですが、選挙区で当選した人は地元の人の票で当選したわけで国民の声が反映されるとは限らない党議拘束ってのはふさわしいものではないと思うんですよね。
自民党には政権党になった場合、党議拘束は無くす事も考えて欲しいとメールはしたんですが、どうなるんでしょうねぇ。


話は少しそれますが、そもそも政治家って人たちはどうも足元に弱い人の集まりだと思うんですよね。
安倍総裁なども憲法改正などと訴えていますが、一方で選挙制度などの改善には問題ありでしょう。
そのひとつが街宣車のことですね。
一昔前なら住宅街に回っても問題がなかったかもしれませんが、おいらが住む大分市などでは新日鉄に勤める人も折り3交代ぐらいで仕事がされているわけでしょう。午前中にやっと眠れる人が昔と違っている中で朝から宣伝カーが回ってくれば騒音公害でしかありません。
しかも、回ってきたときの状況ってのは移動しながら回るわけですからせいぜい候補者の名前ぐらいしか寄稿内わけで 個人的にはうるさいと思った候補者などには絶対に投票したくないと思うこともあるのではないかと思います。
住宅地などを回るのはせめて午後からと規制はするべきでしょう。
回ってもいいが、せめてスピーカーは使うな!ぐらいは規制して欲しいものですね。
もうひとつ、いまやネットを使っている人も多いわけですからここももう少ししっかりとした制度化して欲しいところですね。
橋下氏などがツイッターでつぶやいているのも問題があるのかないのか?
本人は候補者でないのでかまわないと言いつつ、選挙違反で捕まるかもなどとも口にしているようですが 候補者でなくればいいというのなら選挙後につかまる人のほとんどが候補者ではない人でしょうから 氏の言っていることは少し違うようにも思えるんですよね。

まぁ今回の選挙後には定数の削減など公約があるわけですからついでに制度についてもしっかり変えていって欲しいと思いますね。

地域で支持されない人が政治家になってしまう制度や地域格差を是正しやすい小選挙区を廃止して中選挙区にする。
死に票を少なくするための比例制度かもしれないが重複候補者の規制や比例による選出の数の削減などは絶対に必要なことだと思いますね。


まぁなんだかんだで民主党政権が終わることはほぼ確実で結果的にはいいことなのでしょう。
しかし、実際には本来これまで言われてきたような政界再編とは程遠いことしか起きず支持政党を決められない人が大勢できてしまっただけで たとえどこが政権をとっても国民の期待が得られる選挙と言うには程遠いものでしかないようです。
消極的選択で自民党支持という人が多くでてきた選挙という総括になってしまいそうな状況でしかありませんよね。自民党は変わったという声を自民党はだしていますが(確かに一部の重鎮は引退しましたが)それでも派閥は存在し重鎮の域の掛かった政治家が残っているし族議員がいなくなったわけでもないでしょう。

おいらは自民党の期待できる政治家が自民党をでて新しい風を起こすことを期待したんですが結果的に期待できそうな人は自民党に残り変わったとアピールするにとどまっているんですよね。
支持母体などを整備することを考えれば必然の結果なのかもしれませんが、これで何かが変わるなどと言う期待はできないのも自明の理でしょう。
消極的棄民等の選択と言う言葉がつくのが今度の選挙後の政権運営にすくなからず影響が出ることは期待したいですね。
(政治家に期待などしてはいけないんだが。。。)

まぁなにはともあれ少なくてもテレビなどで党首討論や政党の公約などを聞く時間がなくなるのは悪いことではないと思う。
どうせ、言ったことがそのままやれる政党などありはしないし ましてや言うだけ番長のような人たちの声を聞かなくて済むのは悪いことではないだろう。

明日のテレビでは選挙戦の報道が盛んに行われるんだろうが おいらの関心はクラブワールドカップのサッカーのほうが大きく所詮政治は一部の人がやることでしかない。

それなら楽しめる分サッカーのほうが数倍いいと思うのだ。。。。
スポンサーサイト

中国のBBSで南京の犠牲者はそのうち40万人を超すぞ とあがったらしい。
2012年12月09日 (日) | 編集 |
これに対し、戦争直後の犠牲者数がいつの間にか数千万人になっているのを上げる人もいた。

まぁ個人的な疑問だが、前に中国人で南京の犠牲者はもはや実体がないという人がいたね。
原爆で亡くなった人が一人の桁までわかっているのに対し南京は1000人もわからないのではと書いていた。

おいらは当時の行政の具合はわからないのだが、当時の南京の人口が25万人などと伝え聞いている。
どうやって人口がわかったのだろう?戸籍はなかったのだろうか?
ならばどうやって徴兵したのだろう?
日本人ならどこで亡くなろうが戦争でなくなった人の名前などは概ねわかっているだろう。

中国人は全く名前がわからないのだろうかと疑問に感じるのだ。
一族郎党皆死んでいるからわからないというのなら何で死んだ人の数はわかるのだろう?

人数が関係なければ南京の前にあった通州事件についての見解を知りたいし、人数が膨らむことは資料をもみればすぐにわかることだ。
中国はそろそろ名簿をだすべきじゃないか?と思うね。

少なくても当時に世界からメディア関係の人が中国にいて地域ごとの人口などもわかっていたようだ。
ならば戸籍とまではかなくても年齢など細かいのはいらないが名前ぐらいはだせよ といいたい。

日本人は差別的?
2012年12月05日 (水) | 編集 |
これも外国人がよく話題にしている話のようです。

今度日本に行くんだがどう?とかいう話がでてくるようなんですね。

まぁ日本びいきの人がよく見るサイトのようで多くはそんなことないよという意見がたくさんでるし過去に日本を悪く言ったり書いたりする人はその理由がわかっていないと言ってくれる人が結構いたりします。

温泉などで外国人お断りなどとされたという話なども、以前に大浴場のお湯を抜かれたりした苦い事件があった末の対応を知らないために差別的と受け取ったのだろうなどと外国人がいってくれているのです。
この差別の件ではテキサス親父ことトニー氏のメッセージでも見たことがありますが、本来日本人は友好的であり外国人お断りの本当の意味は迷惑な外国人お断りなのだが、区別できないことで外国人お断りになってしまうのだということを言っておられました。
その通りだと思います。
そうはいっても日本に長くいる人の中にも、疎外感が抜けないなどという人もいるようなんですよね。
だけどおいらが思うに、それは日本人だからとか外国人だからというよりは文化の理解度の問題に思えるんですよね。
日本人の本音がわからないだとか言っている人は長く日本にいても疎外感がなくなることはないんじゃないかと思うんですよね。
日本人だって最近の若者は・・などという言葉はいつの時代でもいわれるように世代間ギャップというものに近い感覚で日本人の感覚と外国人の感覚が違うことが原因だと思うのです。
テレビなどに出てくる外国人の中には日本人以上に日本人ぽいひともいたりして それらの人がそういったそばいかんを持っているかと聞かれれば少ないのではないかと思うんですよね。

個人的には勉強しなかった人間ですので詳しくは知らないのですが、ユーチューブやテレビの番組で知る日本人はトルコやスペインだかポルトガルの難破した船の乗組員を助け本国へ帰れるように協力したとかユダヤ人が逃れるために助けたとか 昨日?だかも見ましたが WW2の際にイギリス艦隊と戦い海に漂流していた400人余りを乗員200名強の駆逐艦で最後の一人まで救助した話などおよそ差別的には思えません。
あるとすれば生活習慣の違いによる区別なんだろうと思うんですよね。

アジアの中でさえ少なくない国が言葉にしないと相手が理解できないというのは当たり前のようで暗黙の了解、や遠まわしに言う日本の習慣は独特なのでしょう。
国際化の中 日本も変わらねばならない部分もあるのでしょうが、日本に来る人にはそういったことについてもう少し理解をしてほしいと個人的には思いますね。
日本人は人種や見かけでは差別をすることは少ないが生活習慣の違いなどで区別をするのだということを覚えてほしいと思いますね。
先にも書きましたが、それは最近の若者ということばやゆとり世代という言葉がどちらかといえば悪い意味でよく使われていて日本人と外国人の違いなどよりもジェネレーションギャップのほうがよっぽどある国ではないかと思いますw。

それにしてもアジアの中にあっても日本は特殊な文化を持った国なのでしょう。
島国であったためということもそうなんでしょうが日本語という特殊な言語にも大きく影響を受けていると思いますね。文末を変えるだけで意味が全く変わってきますよね。
そのために日本人は話の流れや雰囲気で相手の言わんとすることを察することに慣れたように思うのです。
そのために英語などのような言葉を使う人たちとは違う精神性を培ったのではないかと勝手に想像しています。
まぁ中国も日本語に似ているらしいのですが、あちらは大陸であり長い戦乱の歴史があるために異民族と常に対話してきたことで日本とは違う形に生育したのでしょう。

なんにせよ、個人的には日本はおよそ差別とは無縁であるとすれば経験による区別があるだけだろうと思う。

まぁユーチューブなどに出ている日本や日本人をよく見せる動画(日本がアジアを独立させたと感謝する外国人のこえを集めた動画とかイラクで自衛隊に感謝のデモが起こったなどというやつがいいですね)を見てほしいですね。
日本をよく見せるために特化したものかもしれませんが、ある一面は感じさせてくれると思います。

ある統計で日本人の寿命が世界2位だった。
2012年12月05日 (水) | 編集 |
まぁ海外の声を聴くブログででたいたんですが、統計もとによって順位は違うと書いていましたが、日本は83、91歳で2位でした。

海外の声では日本が1位だと思っていたというものや、震災があっても2位なのかなどという声もありました。

ちなみに1位はモナコ。89歳強という結果です。あそこはお金持ちが集まるところですからある意味ここは入れちゃいけないだろう?と個人的には思いますけど。

日本が2位。

10位から見るとフランス、カナダ、リヒテンシュタイン、イタリア、オーストラリア、アンドラ、サンマリノまでで4位までになっていました。
3位がシンガポール。

ある意味納得です。

イタリアの人が書いていましたが、上位の国は医療制度がしっかりしていて助成金が出ている国だということらしいです。
おいらもこの意見に賛成ですね。

中にはのんびりしている国(日本がこれに含まれるのか?)が上位だという人もいたり、日本が上位にいるのは肉より魚を食べたり食生活に違いがあるという人も結構いたりするようです。
とはいえ、実際は食の欧米化は進み肉の消費量は増えている中で寿命が延びているのでこれは一概に言えないでしょうけどね。まぁ食べ過ぎないというのは欧米と違うところかもしれませんが。

逆に不思議とするところでは日本では自殺が多いのに上位にいるなんてというのがあったりします。
自然災害や自殺といったマイナス要素があるにもかかわらず長寿なのは不思議なのかもしれません。

また、上位の国は日本を除きアメリカよりも平均休日なども多いと(ああ、さっきのイタリア人の分析でした)も書かれていましたね。

まぁこういうのっていつでも日本は例外側みたいですね。
喫煙率が高いのに長寿国ってのもそのひとつでしょう。

個人的には日本の場合、薬漬けでとりあえず生きているって人の割合がほかの国より多いんじゃないかと思うんですよね。
こんな統計があるかどうかしりませんが、国別で毎日薬を飲む人の割合でも調べればダントツに日本が多いのではないかと思うんですよね。
予想なんですが、外国ではよっぽどの重病人か裕福な人以外は毎日薬を飲む人ってそう多くはない気がするんですよね。一方で日本人は中年ともなれば薬の世話になっていない人はそれほど多くはない気がします。
おいらのように脳梗塞になるまでは痛風で本当なら毎日薬を飲まなければいけないのに医者に通うのが面倒で薬を飲まなくなっちゃうケースも多いと思うんですよね。
そうでなければ医者からは毎日薬を飲めといわれるのに医者に行かないことで薬を飲んでない人も少なくないように思います。
まぁ老人の割合が多いから薬を毎日飲み続ける人が多いのか。薬を飲み続けているから長生きをして結果的に老人比率が高いのか わかりませんが。。。。

それにしてもです。
死亡届の未提出が表面化した事件もあったし本当の日本人の寿命ってあってるのか疑問は感じるんですけどね。

北欧の国やキューバなど、医療費が無料という国もある中 そうした国がここに入っていないのも不思議ですが 同時にそういった国の薬への依存度などももう少し議論の対象になり日本でも一般レベルで語れるぐらいになればいいと思うんですよね。

ほかの国でこういう言葉があるか知りませんが、薬さえ飲んでれば安心するという傾向は少なくない気がするんですよね。こういう人がいることも薬漬けの政策が行われる原因なのかもしれないと思う次第ですね。



世界で活躍するMADE IN JAPAN
2012年12月01日 (土) | 編集 |
おいらは海外での日本というものを知ることが結構好きなんですね。

加害の反応を知るブログの紹介サイトを毎日のように見ているし、ときにTV東京系の和風総本家と言う番組をみたりNHKで見れるCOOL JAPANというものも見ている。

そうしたところで紹介されるMADE IN JAPANはあまりに広きにわたっている。

和風総本家ではフランスの修復士が何度か登場し愛用の品が日本製のオンパレードだと紹介されている。
ある人は刷毛が大事と紹介され日本で刷毛を作っている人がその作業風景を見せてくれたり霧吹きが大事と言う人には霧吹きを作る職人さんが紹介されると言った具合だ。

そのほかにもガウディが作った邸宅の鐘が盗まれた後金を作ったのが日本人だとか、ノーベル賞の晩餐会で使われる唯一の外国製品が日本製のナイフやフォークだと紹介されている。

そういったことが見せられる途中でも画材などでも多くが日本製品が使われると言った具合で紹介もされている。

そうそう、ウイーンフィルハーモニーで演奏する人の中でフルートも日本製を愛用する人が多いというのもあったっけ。
パルテノン神殿の修復で使われるチタンも中国製の安いものが使われるようになるまでは日本製だというのもありましたね。

また、海外の反応を教えてくれるサイトでは日本製ののこぎりの評判も高いというのがありました。
日本以外の多くの国が押し刃で有るのに対し日本性は引き刃なんですがその使い勝手の良さに海外でもファンは少なくないようです。
電動工具ではマキタのファンも多いし、KOMATSUのブルドーザーなどもファンがいたりする。

TV東京の宣伝ではないが、ガイアの夜明け・未来世紀ジパング・カンブリア宮殿など おいらが好きな番組が結構ある。ほかの局では夢の扉2などもほぼかかさず見ている。

海外の評判を教えてくれるブログでは日本は変態の国のようにいわれることが多い。
悪い意味ではなく日本人が作るものがこだわりのあるものが多いという意味においらは受け取っている。
外人から見てこういった発想は日本人ならではで場合によってはくだらないかもしれないようなことも日本人はまじめにやってくれるということなんだろうと思っている。
その一端がみれるのが記事を紹介する分でよく出てくる言葉に また日本人がやってくれた というのがあると思う。また、~かと思えばまた日本人か などというのもある。

前にも海外の反応を紹介するブログについて書いたと思うが基本的に日本に興味がある人がみているのであろうことで日本を良く思っている人が多いのだろう、悪い言葉は少ないが日本人として普通でもどうやら日本はちょっと変態的なんだと思う反面日本のこだわりとかどんなことでもやってしまうスタイルを結構誇らしく感じるんですよね。

ときにこうした物に触れ日本の底力を感じるのも悪くないと思いますね。

富士フィルムの薄型テレビに欠かせないフィルムの技術や東レの技術などもあまり知られていないが実は世界に欠かせないものだということも知っていれば日本の危機など言われてもまだまだ捨てたものではないとも思えるんじゃないかと。。。。



早くも。。。
2012年12月01日 (土) | 編集 |
記者クラブの質問に対し早くも維新の会の現状が現れたようだ。

発表されたマニフェストのようなものには原発はフェードアウトと書かれていたが、記者クラブの質問で石原代表にされた質問では核武装はあきらめるのかというもので これに対し石原氏はあきらめないと言う趣旨の発言をし直させたはずだと言ったのだ。
つまりは原発は失くさないということだ。
この点では維新の会が出した文書と違う内容の発言が党首から出たことになる。
すなわち まだまだ一枚岩ではないということだろう。

ついでにだが夜更かしをしていたのだが、今日は金曜日で朝まで~をやっていたのだが、各政党の政策について話し合う番組をしたかったのだろうが、維新の会の代表で出てきた人はいずれは無くすという趣旨の発言をするのだが、それは記者クラブでの石原氏の話の内容と一致しないと思うし 何よりも司会である田原氏がこの発言内容を把握していないようでいきなり興ざめだと思ったね。
党首の発言を知らないで今日の番組をやろうというのだからお粗末にもほどがあるだろう。
まぁ朝まで~などというのは結局おいらから見れば田原氏のオナニー番組にしかみえず結論の出ない話のすり替え番組だとしか見えないのだ。
話の腰を折るのが誰よりもうまい司会者の番組など時間帯からも見る価値もないだろうが。。。

いずれは維新の会のぼろが出るとは思っていたが思ったよりも早くやってくれた気がする。