| Admin |
大前健一の記事
2012年09月29日 (土) | 編集 |
尖閣諸島にかかわる中国の主張の理由を書いたものが出ていた。
その元になっているのは東京大卒の井上氏の記事を下にしたものらしいのだが、日経BPネットというところで載せられていたんですね。

2チャンネルには2番ですでにその元記事の説は論破されていますよ、と出ているのである。

そのことを知ってか知らずか大前氏はそれを引用しているのだ。
目新しいことが書かれているかどうかも知らないが、結局自分が認めたいものだけを信じたいということからこういった記事が書かれるのだろう。

先日、従軍慰安婦の問題を知らない日本人は吉田氏の著書を読め!という記事があったのが思い出される。
韓国の記者が その内容は嘘でしたということが日本ではすでに知られていることを知らずに?書いた記事である。
従軍慰安婦については日本ではその本の話を聞いた済州島の人によって調べられそのような事実はなかったという話まで出回っていることも知らないのだろう。
逆に言えば、日本人は歴史を知らないという韓国人だが、実は韓国人が自分たちで調べてそのようなことはなかったということを 日本人を無知呼ばわりする当の韓国人が知らないのである。

大前氏も恐らくは尖閣問題で中国の主張の理由は何か探したんでしょうが、残念ながら論破された記事のほうを採用してしまったということなのでしょう。
もしかすると日本の主張を裏付ける資料を発見していたのかもしれないが、都合のいい記事のほうがありがたかったのかもしれませんね。
それでも日経BPでしっかり記事になっているわけです。
載せた側は物書きが書いたものだからと裏は取らないのかもしれないが、そういった記事が反日の材料にされるのが今の日本タイ特亜の性質だから気をつけて欲しいものである。
スポンサーサイト

お友達が好きって。。。
2012年09月29日 (土) | 編集 |
自民党の安倍総裁の人事についてメディアがお友達好きと書きまくっている。

馬鹿かと。

派閥に配慮などということならお友達にはならないだろうし、お友達ということは逆にいえば信頼が置ける人を抜擢する本気人事であるとも言えるはずだ。

安倍氏がやりたいことを理解していて実現に向け腹を割って話ができることってのはすごく重要だと思える。
テレビなどで評論家やコメンテーターの中には安倍氏の過去に病気で総理を投げ出したという人もいるならば余計な負担の少ない人事は逆に必要なことでもあるのだろう。
ことさらお友達人事がいけない理由を考えても選んだ人が無能であるならば批判も理解できるが実際は配慮がされた人事ではないのだろうか?

いってはなんだが、国家公安委員長などの人事で民主党がした人事に比べれば地底の人事はそれよりはマシだろう。

それにしても今日本におけるメディアってどれほど民主党が好きで自民党が嫌いなんだろう?
いまネット民などではメディアが中立などと考える人はほとんどいないだろう。
すべてのメディアにバイアスがかかり独自の路線で好き勝手に書いている。その中でメディアには外国人枠でもあるのだろう、本当に自虐史観で物事を考えたがるところばかりだ。

ネットでは大手新聞などが否定的になればなるほどこれは正しいことなんだな、と考えるユーモアが存在するが ユーモアだけでなく事実そういうことなのかもしれない。
韓流が流行っているといえばいうほどさめていく感じになっているが、メディアがこうだといえばその逆を行えばいいということだw。

そういえば不思議な日本では親中派はデモを起こされものが破壊されたのに謝っているのはどう考えても不思議だろう。とても不思議な幻想の世界に住んででもいるのだろう。

基本的においらも安倍氏や石破氏などはほかの政治家よりずっと好きではあるが、自民党という政党自体については今の日本になった元を作った政党であり決して好きではないし長老が残っている中自民党を支持する気もないが、それどもはるかに民主党よりはマシである。

基本戦略が一番いいと思えるみんなの党もTPPは賛成でおいらとは会わないし維新の会は最近書いている通り橋下氏の考えが滅茶苦茶になってきており支持するには危険すぎるようだ。
発言力が大きいだけに批判の対称になれば途方もないダメージを受けるだろう。
事実、竹島発言では一気に支持率を下げたとも聞く。
とりあえず大阪で実績を作り、起爆剤の問題発言はいいが 実際にも負の問題発言は失くさないと国政の場は立てないような気がする。

そうなってくれば言いたいことがハッキリ伝わる小泉進次郎などに期待をしたい気もあるが、基本的に自民党でという部分がおいらには気に入らない。
個人的には安倍氏や石破氏、それに小泉氏らには自民党から離れた立場で政治に携わって欲しい気持ちでいっぱいだ。
ちなみに民主党の人間にはこれっぽっちも期待はしていない。

安倍総裁のカツカレーとメディアの罠
2012年09月29日 (土) | 編集 |
さっそく安倍総裁の昼食のカツカレーが高すぎるとメディアが伝えている。

一部メディアでは石破氏も同じものを食したなどと書いているがニューオータニで飯を食えば誰が食ったってそこそこの価格になっているはずだろう。

それをあたかも安倍新総裁の金銭感覚がおかしいとでもいいたげにメディアは報道している。

おいおい、菅総理の末期は料亭三昧だったんじゃないのかしら?

自民党の議員さんが勢ぞろいするわけでニューオ-タニが会場になり損子で飯を食うという段取りなんだろう、ニューオータニにある店で食べた結果が3500円のカツカレーだろう。

民主党政権末期で政治家に厳しい状況とはいえ、どこかメディアが伝える民主党の政治家と自民党の政治家の扱いに違いがあると思わずにいられない。

安倍氏の主義主張を取り上げるならまだしも昼食のカレーの値段を取り上げている時点でメディアの志の低さを感じるね。
しかも、一紙だけならまだしもどこもかしこも同じことを書いている。
一言で言えばメディアの質の悪さ以外にいう言葉がないと思う。

メディアは中国や韓国よりだとは知ってはいるがいったいどこの国のメディアなんだろう。
そして背後でうごめく某広告代理店。。。。

これで新聞やテレビがネットより情報の質が高いなどとよく言える。

ネットで見た情報を2~3日遅れで伝える記事も多く。内容が広がってでもいればまだいいが、そのまんまが記事になっているものをどういえば質がいい報道になるのだろうか?

某系列局などは新総裁に安倍氏が決まった瞬間からバッシングが始まったといわれている。
大事な中韓にとって厳しい総裁だからということなのだろう。

まぁわかっている人はわかっているだろうが、メディアの質の低さはいまや尋常ではない。
ネット民のほうがよほど勉強しているように思える(まぁ全員がというわけではないが中には学者並みの人が大勢いる)。

中国の主張がおかしいからでしょ
2012年09月28日 (金) | 編集 |
国連の場で日中間ですったもんだのやり取りがあったらしい。

まだ詳しくは見ていないが、少なくても日本は国際司法裁判所に訴えられ結論が出れば受け入れると宣言している国である。
国連かも異国の中で主要国の置くがこれに入っていないらしいが、このことからすれば中国は裁判所に訴えれば日本は応じなければならないことになる。
しかし、国連などで中国の主張はするが裁判には持ち込もうとしないのが中国が裁判では勝てないと見越している証拠だろう。日本は尖閣については領土問題は存在しないという態度であるが、国連の場でこういったも問答を起こして尚存在しないは少し無理があるかもしれない。

まぁ中国はむきになってあーだこーだ言うなら裁判に訴えればいいのだ。

もっとも、世界中が日本と同じような客観的証拠に基づき判断するともいえないのが難点ではあるが。。。


海外の翻訳ブログなどを見ても、なぜ日本は真珠湾を攻撃したのか?などというものがあり、その中でアメリカ人や欧米人などでさえ当時の日本の状況を理解しておらず、またアメリカが日本に対してどうやってきたかを知りもしないのだ。
昨年だったかに元アメリカ大統領が書いた本などでもアメリカが日本を戦争に引きづりこんだ理由が書かれたいるらしい。
原書らしく おいらは英語が読めないので詳しくは知らないが 真珠湾を攻撃させたのも投じの合衆国大統領らしいですよ。

先日テレビで見た番組によると空け理科人はニューヨークがどこにあるかも知らない人が大勢いるというような本を出した日本人がゲストにいましたが、所詮はこんなものなのでしょう。

まぁ韓国が日本人は歴史を知らないといっているが、これは先日も書いたとおり韓国人に都合がいい歴史は知らないというのが正しいと思う。
少なくても多くの戦後生まれの韓国人は韓国人に都合のいい歴史しか知らないと思える。

ハンガンの奇跡というのが誇りらしいが、日本の援助なしでそれはありえなかったと書いておこう。

ちなみに日中関係が悪化と言われているが一方でこれを喜んでいる国も少なくないみたいだ。
インドやベトナムなどはこれを機に日本からの投資を招こうという動きがあるらしく今がチャンスと思っているらしい。
反日国家の中韓に投資などせず友好関係を築ける国と手を組むのが吉だと思うんだけど、日本にはどうにも理解しがたい中韓好きの人たちが存在しているようで 残念なことに経団連など中国の市場をどうしても捨て切れに方々や文芸家などが逆に日本を批判しているのである。

普通に考えれば同じお金を使うなら安全で使った分の効果も期待できるところで使うべきなのだが、そう思えない人たちが日本には存在してしまっているのだ。
言いたくはないが過去の中国に過大な評価をしそれから抜け出せなくなっている人たちだと思える。
WW2で主に日本が戦った相手は中華民国であり、中国共産党は日本と直接はほとんど戦わずに中華民国と戦って得たのが今の中国であり、覇権を握った民族も入れ替わっているのが実際の中国の歴史であって今の漢民族が築いた歴史など実はたかが知れているということだろう。

ちなみに尖閣問題は過去において棚上げされたわけだが、いまになって中国が強行に出ているのは今なら戦えるという思いがあるからだろう。
しかし、そうであるならば裁判所に訴えるべきだろう。
国連で演説しようが日本もことこれに関しては引くというものがありえない。
引くということは政治家が国益を損なうということだから国民を目の前に引くということはありえない。

いきつくところは揉め続けるか戦争をするか裁判をするかになると思えるが、早い段階で中国が裁判は望むことはないだろう。
理由は簡単で今なら日本に負けるからだろう。

まぁこの件が落ち着くの恐らくはおいらも死んだ後になるように思える。
いくら中国が騒ごうがほかの国が騒ごうが日本が戦後に行ってきた実績を見てもらう以外に何もないと思う。
少なくても領土問題は敗戦によっていくつかを抱えているのは事実だが、少なくても拡大路線ではない。
そこが中国と違うところだ。
ハッキリ国連の場でいえばいいのだ。
中国が明確に領土を主張しだしたのは海域で資源が見つかってからであることを言えばいい。
中国が日本領と認めていた資料を出せばいいのである。
日本はあめりかから変換された事実がある。このことは日本単独の問題ではないことは誰が見ても明らかだ。
中国が自国の地図を持ち出したのとはわけが違う。
国連の場で中国に恥を欠かせない配慮があるのかもしれないが、公に資料を出せばいいのだ。
ただそれだけでいいと思う。

少なくても、最早配慮は必要なく今後こういった問題を出してくれば中国が日本領と認めていた事実とアメリカが出したいくつかの資料を国連の場で見せつければいい。
それが一番手っ取りばやい。

なぜここまで配慮しなければいけないのか
2012年09月28日 (金) | 編集 |
橋下市長の言葉を見てしまった。

日本が過去に迷惑かけたのは事実。中国や韓国に謝ったから、お金を払ったから、もういいというものではない

と書かれている。

これに関して詳しくは見ていないのでどの程度で受け止めればいのかはわからない。


こと、これらの件に関しておいらの考えを少しだけ書きたい。

先日のNHKの番組で桜井女史が言った言葉がある。
正確ではないかもしれないが要点はこうだ。

日本はこれまでにも何回も謝罪している。中国や韓国の人たちは謝った後にいろいろな人がそれとは違う発言をしているなどと反発をしているようだが、謝罪は政府の公式見解でありそれらと異なる意見は個人的な発言に過ぎない。
政治的に見れば公式見解に勝るものではなく個人の考えまで規制はできない。
というものだったと思う。

基本的にはこれに尽きると思う。

そしてもうひとつおいらは訴えておきたい。

戦後何年たっていると思っているのだろう。

恐らくは政治家などでも最早戦争当時を知っている人間などかなりの少数派だろう。
中国や韓国の人たちは何を望んでいるのかわからないが、戦後生まれがほとんどの国に対し今何を謝罪しろと言うのだろうか?
チベットに人が番組で中国の人に虐殺があった、日本に誤れをいい続けるのはおかしい 中国人もこうやって苦しめた人に謝るべきでは?といったときに 私は生まれてなかったよ、何を誤れというのだと開き直っていたが、いまの中国や韓国の人が日本に謝罪を求めるのは何をさせたいのか本当に疑問に思う。
まぁ個人的には何があったってどうせ許さないのだから 最早気にしないことでいいのではないかと思う。
いつも書いていることだが基本的に歴史観も違えば考えの元になっているものが違うのである。
日本人は水に流すということができるが中韓の人たちにはそれができず(できる人は元論いるだろうが)、弱みと思えばどこまでも付け込む人が圧倒的な気がする。

従軍慰安婦の問題に関してもおそらくだが、いずれ当事者がいなくなっても日本人というものがこういうことをする人種なのだと思い込みそれを他国に認めてもらいたいのだろう。優位に立っていたいのだ。
しかし、その影で韓国がベトナムで行ったことや普通の生活でも家政婦への暴力など粗暴な面が多かったり性犯罪が多いという事実を忘れ去ったかのように日本には当たるんですよね。
優位に立っていたいという思いが強すぎるのでしょう。

中国も同様で人にはきつく当たるが自分にはどこまでも甘い。

先ほどあげた例が顕著だが、日本には厳しいがいざ自分が責められれば開き直るのである。

中国や韓国に関して思うのだが、日本のところをそれぞれの国に置き換えて考えるということができないのだろう。
中韓は日本の国旗を焼いたりするのは平気だが時刻の国旗が同じことをされれば馬鹿みたいにヒステリックに非難する。自分がされるのはいやだが、自分がするのは平気なのである。

ハッキリ言ってそろそろ日本は政治的に公に今の時代の人たちには無縁の話だとするべきではないかと思う。謝罪は政府が公式に何回もしている。
国民の大半はすでに戦後生まれであると公に声を上げるべきだと思う。
一時的にはこれはそういう問題ではないという声が出るだろうが、それに際しどこかで戦争と直接関係がない国民に謝罪を求めるのはもういいではないかと言ってもらえるようにしておけば それはそれで国際世論にも納得する声は多くなると思う。
少なくてもドイツの場合は一般的なドイツ国民とナチスは違うもので通っているわけで、日本の場合は違うという話になるというものではないだろう。
ましてや、戦後の日本の行動は世界で一番国際貢献を考え平和主義を貫いてきたという面が必ず認められると思う。
まぁ東亜三国に関しては期待はしないが、それでいいのではないだろうか。

人を見るのは難しい・・・
2012年09月28日 (金) | 編集 |
橋下市長のことですね。

最近の橋下氏の発言などで維新の会に不安を募らせている。
恐らくこういう人は少なくないと思う。

まぁ元々結構簡単に発言の趣旨を変える人ではあったわけだが、大飯原発の再稼動に反対>歓迎から再び停止を求めるとか 慰安婦発言で証拠がない>心ならずも慰安婦になったひとには配慮が必要 とか 竹島の二国で管理発言とか 心配になるには十分な気がします。

ほかにも外国人参政権などについても基本的に容認する考えであったりTPPは賛成の方向らしいし、どこかで流れの強者の側に立つ姿勢も感じます。

世論を考えればそういった感覚ってのは必要なのかもしれませんが、個人的にはそれって日和見的にも感じるんですよね。

何かをするときに力が必要になればどこかに擦り寄るという部分も垣間見えてしまうんですよね。

個人的には時々目にする松井氏の発言にはそれなりに一貫性を感じるんですが、維新の会の広報的な橋下市長がトップであるならば多くのことで共感はできるとしても ではこのまま信用して任せられるかといえばハッキリ言って不安ですね。

大阪でやっているうちは松井氏などの声とともにまだ許される発言があるかもしれませんが国政の場では正直いまのような手のひら返し的な部分はただただ不安に思えますよね。

個人的のも同様の内容で維新の会にもメールを入れているんです。(いくつかの問題で市長の言うことが納得できず選挙では投票できないという内容ですね)

おいら個人では地方分権や公務員改革など多くの点で維新の会には共感していますし、その実行力も嫌いではありませんが橋下氏がトップである中で大阪だけならまだしも国政にでてくるとすれば不安感はぬぐえないように思えます。
また、比例代表の問題で脱藩政治家をいれるにしても今のやり方はあまりにもお粗末に思えますよね。
選挙で勝てなそうな人ばかりが維新の会に合流したってそれに意味がないのは明らかだと思うし、個人的には前にも書いたように思うが既存の政党に頼らず地方自治体などと共闘していく姿勢を貫くことのほうが重要だと思うんですよね。

仮に比例代表をにらむとするならばみんなの党との連携や一部で噂のあったような安倍氏を引き抜くぐらいのことができなければ失敗だと思えるんですよね。


正直にいうと安倍氏や石破氏なども期待している(すべてを良としているわけではないのですが)のですが、個人的には自民党のままでやろうとしていることが理解できないんですよね。
おそらく本来国民の多くが期待しているのは政界再編であり既存政党のままで改めて政権奪還をしたって大きな成果がでるとは思っていないと思うんですよね。
既存政党には長老がいて古い体質が残っているからですね。
それを変える事が一番望ましいと思うんですね。それには既存政党を壊し新しく政党を立ち上げるぐらいの流れが欲しいと思うんですよねぇ。。。。

自民党にはきたい死体人はいる。けれどその人たちが思う存分手腕を振るえるとは思えないし、みんなの党にしても力不足感はぬぐえない。
維新の会の勢いに期待はしたいと思ったが、広報役である市長穂発言や今の状況に不安は拭い去れず、また公約の内容にもすべてを良しとすることもできずに 今のマニフェスト選挙では選んでしまえばすべてを認めたといわれる始末なわけで少しでもマニフェストと意見が違うなら投票しないほうがいいように思えるんですよね。
実際には圧倒的多数でもなければ法案を通すためにキチンと審議され内容も検討されるんでしょうが、これまでの政治を見ていると法案の内容が不十分とわかっていてもとにかく通すことが重要で内容はとりあえずでも通してしまうということがよくわかってしまったんですよね。
(子供手当てや消費増税の問題などがそうですよね、問題点が指摘されながらと通すことが重要で内容はお粗末なままでしょ。まぁ一方で外交人参政権問題などのようにずっと法案を提出されながらもなんとか食い止めているものもあるにはあるんですけどね)

まぁとにかく橋下氏も知事時代はまだいいところのほうが目に付いた気がするんですが 長くメディアに露出してその発言を多く聞いていると果たしてこの人がトップでいいのかと不安に思ってくるんですよね。
維新の会が2トップで松井氏の存在が大きいのであればまだいいんですが全国メディアには橋下氏だけが登場するわけで これを見ると不安になるのも仕方がない。

個人的にはスキャンダルなどどうでもいいが、国民として不安に感じる発言には橋下氏の発言に本質的に不安を感じるんですよね。
右傾化しているといわれる(それでやっと中道よりになるんでしょうがw)今の時代に、問題の発言は決して小さくはないと思いますね。

まぁ橋下氏を中心に話を書いてきましたが、自民党のトップに安倍氏が知多途端メディアの一部はもう叩き出しているようですね。
2チャンネルなどで書かれていたことですが、今の世の中メディアは左よりでネット民の一部がそれに対して対抗しているというんですけど おいらにはこの言葉は真実に近いように感じます。
政治を事なかれ主義にしたのも自民党政権末期の自民下げ民主あげの記事などメディアが左よりすぎるのは普通に感じられることだと思いますね。

日本が右傾化してもそれでやっと中道よりにもどるだけという見方はおそらく正しいのでしょう。
とするならば、メディアが左よりでネット民の一部がネット右翼などといわれたりもするが実はその中の少なくない人間が実は中道なんだろうと思えますね。

おいらは2チャンネルは見るだけで書き込みませんが、そんなわいらでもネット右翼認定の意見に賛成することも少なくなく これが右翼なら右翼でいいやと思えることも少なくありません。

まぁ政治については気にはなりますが、おそらくは最終的に今の流れでは支持政党なし!で投票することになりそうですね。
安倍氏や石破氏などには期待はしたいんですが彼らが選んだ方法は政界再編ではなく自民党で行うであっておいらにはこの決断は支持できないんですよね。
もっとも、長老といわれる人たちの力をいかに排除しやりたいことができる政治にできるかが鍵で そこさえクリアできれば期待できるかもしれませんが、おいらにはこの壁は大変厚い気がしてならないんですよね。とにかくがんばって欲しいものです。

国連が中国の海図を公開って
2012年09月28日 (金) | 編集 |
もちろん中国の海図など単独で俳味がないのは当たり前なんですが、おいらには中国がやっちまった感を感じますね。

なぜかといえば、今時点での中国の領土認識を公にしてしまったことに当の本人が気がついていないんでしょう。

巷で言われる沖縄も実は日本の領土ではない、というのも中国がやっていることのひとつなわけですが 国連に対し今時点での沖縄の領有権が日本にあり(まぁなきといっててもいいんですが)少なくても中国にはないと自ら指し示したことになりますよね。

まぁ尖閣も日本の領土で間違いがないわけでこのこと事態は大きな意味など本来はないのですが、国連の場で今時点での中国の認識を示すということが第二列島線といわれるものを将来的に示す際にハッキリいって大きな障害にさえなるように思えるんですよね。

もちろん、そんなものが認められるはずはありませんが今後こういった主張をする際にも障害になりうるものでしょう。

とはいえ、中韓に至っては都合よく物忘れをする傾向にあるわけでいつまたもっと自分達の領土を広げて話を作り出すかもしれませんけどね。。。。

おいら思うんだけど
2012年09月26日 (水) | 編集 |
国際的な公の場で中国や韓国に質問をしてくれないかなぁ・・・と。

中国には中国が主張する中国の領土ってのはどこからどこまでかを聞いて欲しいね。
尖閣や南沙諸島はもちろんいうだろうが沖縄なども主張してくるのだろうかと聞いてみたい。
中国が拡大路線なのはおそらくどこの国も知っているだろうが、いまどきそういう考えの国など中国以外には考えられないだろう。
聞いておけば今問題になっている件以上には今後領土問題はおきえないというちょっとした言質をとっておきたいという意味なんですけどね。

話はすこしづれるが、国連で中韓が連携して日本の歴史認識を改めさせるという記事があったんですね。
まぁ中国の記事らしいので内容はどうでもいいんですが、個人的にはこれって実はいい機会に思えるんですよね。

日本の歴史認識云々いうならと中韓のお互いに質問をさせてもらって、韓国に対して日本では朝鮮半島は長いこと中国の属国として存続したと教育しているんですがこれは嘘か本当かと中国と韓国に問いただしてみたいわけですね。
中国に対しては同様に中国共産党の政策 文化大革命や天安門事件は国内で教えていますか?と聞いてみたいわけですね。
南京事件についても、中国ではいつの間にか被害者がどんどん増えるんですが、いったい何人なんですか?と。
日本では2万人~最大でも20万人という説があるんですが。。と聞き 人数派問題じゃないといわれれば、実はあまり出だしたくはなかったんだけどと通州事件での日本人が虐殺された話を持ち出すというのはどうでしょう。

韓国に対しては、併合当時の日本の資料によると日本の国庫から持ち出しで勧告にさまざまなインフラを施し、人口は2倍以上に寿命も大幅に伸び識字率が数%からこれまた過半数の人が読み書きができるようになったのだが、日本の何がいけなかったのかと世界の人の前で問いただしたい。

先日のNHKの番組で櫻井女史が勧告の人と話をする中で、お互いの国の考えや教育が違うことは当たり前で そのことをお互いが知っていて相手に干渉しないで政治や経済の付き合いをしていくことが成熟した考えではないかと言っていたが、そのことを韓国の識者といわれる人間達は理解できないか もしくは日本に対してだけは認識が違うこと辞退が許せないという考えのようでした。

よく韓国からの記事を見ると日本人は歴史を知らないという話があるが確かにそうだろうとは思う が、もし仮に韓国が主張する歴史だということならばそれは歴史を知らないんじゃなくて韓国がいう歴史をしらないだけでしかない。

韓国は日本は韓国にひどいことをしたといつもいうが、韓国がベトナムでやったことや 問題になっている竹島の占有に際し日本の漁船を拿捕し44人だったと思うが命を奪ったことは酷いことではないのだろうか?
やられた側は忘れないということであれば、ベトナムの人は忘れないし、内容は少し違うが台湾の人たちだって中国が国連に加盟することではじき出される際に韓国が台湾に車を売りつけながら約束を保護にしたことなど忘れられないとしても仕方がないことだろう。
どこかの国では韓国の企業が架けた橋が落ち、日本が架けなおしたというのがあったが こういった恥ずかしい問題もやられた側は忘れないということなのだろう。

歴史問題を多国間で討論するならテレビで生中継しながらやればいいと思うね。
政治家の都合のいい歴史などには興味はなく正しい歴史を問題にするなら隠したい歴史も公にするつもりをお互いに持つべきだろう。

中国と韓国が国連の場で歴史問題をもちだすならば日本は堂々と受ければいいのだ。
各国にテレビで生中継してもらって中韓が隠す問題も取り上げればいいのだ。

アメリカの記事で日本が最近右よりになったという記事がけっこうでているらしい。
しかしその中で、右傾化してやっとほかの区に並みの中道になってきたという話があった。
おいらも実はそういうことなんだと思うね。

とにかく、出るとこでてはなしをしようじゃないか。
お互いに痛い腹を見せればいいのだ。

日韓の 対立を克服できるか? という番組。。。。
2012年09月23日 (日) | 編集 |
NHKの番組ですが おいらは途中から見たんですが また無意味な番組をやっているなぁという思いがしました。

最初にチラっとみたんですがチャンネルを変えたんですが、途中で見てみると桜井氏が出ていたんで途中からしっかり見たわけです。

最終的に桜井氏のいうとおりに歴史認識の違いの壁は超えられないということになるんでしょうねぇ。

個人的には韓国の歴史認識について途中で桜井氏なり誰かが韓国の代表者に過去において中国の属国だったことを韓国は認めますか?と質問してほしかったぐらいです。

2チャンネルでよく言われるが歴史とは日本にとっては真実であり中国にとってはプロパガンダであり韓国にとってはファンタジーだと言われている。

この番組では先に中国と日本の対立をやっていたらしいが おいらはそこは見ていないので韓国についてだけ書くが、おいらがブログなどで得た情報では韓国では古代の四大文明に加え韓国の文明を入れて五大文明などといっているひともいるらしいし当然中国の属国だったこともなかったことになっているらしいし、併合前から韓国人は優秀だったと伝えているらしい。
よく出てくる併合前の南大門付近の写真と併合後の写真などを見比べるなdということを韓国では行わないのだろう。
都合の悪いことは知らないふりをしているのだろう。

中国の列車事故で中国は埋めようとしたことを韓国は笑ったかもしれないが、日本式の古墳がでたときに韓国も埋め戻したという話もある。

番組では歴史認識の差を埋めることができない雰囲気になったわけだが、基本的な教育による認識の差は埋められないと思う。

併合に関して韓国では日本による搾取と教えられ日本の資料では東北を置いておいて朝鮮に国力の多くを投じ朝鮮に学校を作ったり病院を作りインフラを進めて併合時に人口を二倍にし寿命を著しく伸ばし作物の生産量を倍にし、識字率も大幅に上昇させたとされているわけですよ。
数パーセントしかなかった識字率の朝鮮人が優秀だった?笑わせる。

今もって親日であることで罰を受ける国にいくら日本が主張をしても理解する韓国人がでようとしても政府からしてそういったことを全否定しようとしている国である。
経済などでいくら近くなったとしても根本的に理解しあえないことは間違いがない。
少なくても韓国で教える歴史がもう少しまともにならない限り理解し合えるなどとはありえない。

そのことは日本で生活している韓国人でさえネットで情報を取れるにもかかわらず韓国の教えだけを信じようとすることでもわかると思う。
まぁ中国や韓国は世界中でその土地にいる同胞が同様に政府の意のままに反日活動などをすることでもわかるだろう。

解かろうとしないのだ!

話し合いなど意味がないということだろう。
少なくても日本では国内で意見を戦わせることができるが中韓に関してはそれさえもないのだから。

地球温暖化に影響深刻 米紙社説で懸念とか
2012年09月23日 (日) | 編集 |
ニュース記事である。

ほかにも
「日本は右傾化」戦後最も対決的と米紙
 
というのもあった。

アメリカが勝手な言い分でものを書いていると思う。

脱原発で温暖化懸念とか どの口で言うってなもんですね。
京都議定書の際に自分のところの不利益を考え否定的になって否定的だった国はうったいどこの国だというのだ。
更に言えば省エネでいえばはるか先を行く日本の温暖化云々考えるより時刻の省エネ、環境対策に心を砕くべきだろう。

日本の右傾化についても日米安保で明確に日本指示がアメリカから打ち出されない状態で国防をするには独自でやるしかないのではないか?
それとも日本は常にボディーブローを受け続けろとアメリカはいっているのだろうか?
ばかばかしい話である。
尖閣の問題にアメリカが中国に対し沖縄とともに日本に返還された日本の領土で安保の対象だ!と初めからいっていれば何も日本国民が自分たちでなんとかしなければとはならなかっただろうし、そもそも中国がいまのように強行してくることもなかったはずである。
自分たちの行いを省みず日本を語るしぐさはまさに自分の理屈で動いていて日本に独自に強行する国になってほしくないということなんだろう。

それにしても、日本ってのは何をされても耐えろと思っている国ってのは実は中国や韓国よりアメリカが一番そう思っているようにも感じるね。。。。

なんでもありの中国
2012年09月22日 (土) | 編集 |
尖閣問題で2チャンネルに書かれていたことだが(一応ソースは別ですが)、中国の反日デモには日当が出ていたとのことですよ。
デモに参加すると100元だとか。。。
そして尖閣に船を出せば燃料代で300000元ほどのお金が出るというのだ。
100元はちょうど一日の平均的な日当らしい(平均的な月給が3000元とからしいので)、燃料費は140万円あまりになるという。

民間で盛り上がったデモかと思えば実は裏に政府が金を出している政府主導のデモということのようだ。

一方でアメリカが日本よりの意見を直接中国にぶつけた途端、平和的な解決をと副主席の口から出てきたわけで。

まるでアメリカさえいなければすき放題してもいいぐらいの感覚を持ち合わせていると言うことなのだろう。

中国は軍事費に莫大な資金をかけていることでも有名だが、拡大路線さえなければ中国国内の貧しい人たちへの何らかの資金に回せるというもの。

そもそも今の状態でも中国にわざわざ喧嘩を売る国などありはしないのだ。
今の世の中好き好んで戦争をと考えているのは中国と景気に苦しんだ際のアメリカぐらいのものだろう。
アメリカはといえば明記が上向いているだけにわざわざ戦争など起こしてほしくもないだろう。

尖閣は日本の領土とは言わないまでも、アメリカは日米安保の対象だと指摘しているわけで これで当面中国がおとなしくしてくれればいいのだが 当の中国はと言えば南沙諸島などの問題もあるために先覚を譲るということもありえそうもなく中国がこれまでにやってきた嘘の主張は覆ることもないのかもしれない。

短い時間だったが。。。
2012年09月22日 (土) | 編集 |
テレビ東京系の番組内でアメリカの一人当たりのGDPの7割近くあった日本のGDPが2050年には57%程度になるという話があった。
そのとき韓国が105%で中国が53%とかと言う予想数字だ。
ゲストなどで田原総一郎などがいたがコメントは短めだった。。。。

しかし、こういった数字を出すのはいいが おいらは絶対にこういった予想筋があたることはないと思う。
理由は簡単だ。2~3年後でさえろくにわからない人たちが予想しているからだ。

日本は仮にその数字が当てはまるとしても今の状況では韓国が105%で世界一などありえないと思える。
理由は簡単だ。韓国を引っ張っている輸出の中で世界で独自技術を使ったものがないからだ。
シェアを奪っている大きな理由は安さというのが理由だからで、GDPがあがれば人件費が上がる。
つまり製品の優位性を失うことに等しくそこで優位に立つ技術なりが見えてこないからだ。
2チャンネルなっで言われる韓国の輸出商品についてだが、海外への貿易ではあまり儲けがでないで韓国国内の販売で利益を上げていると書かれていた。
事実かどうかはわからないが、アメリカでダンピング問題で複数の製品に罰則が下ったのではなかっただろうか?

アメリカはかつては自動車などで世界をリードしたが日本などに追い抜かれるとIT分野で世界を制した。
日本が今、韓国などとの価格競争に敗れた後に何ができるかが問われていると思うが日本人にもアメリカに負けない何かがやれると思っている。
製品では負けてしまっているが、部品などでの有利は今も続いているし、企業によっては今も好調を続けていたりするし家電メーカーなどもこれまでに培ってきた省エネなどは今後も生きる力になると思うし、これからも何かを見つけると信じている。
言っちゃなんだが、2050年にいまの中国が存在していると考えている時点でおよそ予測は外れるだろう。

2050年の予測ではおそらくアジアが伸びると踏んでいるように思えるが下手をするとすでにアジアの時代は終わりアフリカの時代になっているかもしれないのだ。

日本人が外の世界に出るようになれば今までとは違う世界の発展が起きる可能性があるとおいらは思う。

まぁとにかく数年後が見えない人たちの2030年や2050年に予想など意味を持たないとつくづく感じている。
そもそもこれらの根拠はおそらくだがこのまま行けばだろう。
しかし、そうならないための政治があるはずである。
加えて技術の発展などで経済などはどう転ぶかわからないのである。
いま圧倒的に強いアメリカ発のITだってどこかで画期的な技術が生まれてしまえばその姿も変わるかもしれない。
もっとも、日本にその技術が生まれた場合はその技術は販売力のなさによりアメリカを経由しないと世界に広まらない気がするわけだが。。。。

mane- no
2012年09月22日 (土) | 編集 |
そうだ!中国を罷免しよう!
2012年09月19日 (水) | 編集 |
記事を見ていると愛知の大村知事が中国のことを常任理事国がやることか?というのがあった。

内容としてはきわめて弱めで貿易相手同士なのだから冷静にということだったが、おいらはここにもヒントがあると思う。

中国は国連の常任理事国であるわけでGDPも日本を抜いて世界2位と言われるわけだが、分担金の負担額は極めて少ない。
加えて常任理事国に資格があるのかどうかはわからないが、中国の場合は周辺国と国境問題をいくつも抱えているわけで ある意味紛争の中心の国であると言える。
国連の役割がどのようなものかわかりづらいし常任理事国に求められるものがあるとすればリーダーシップなんだと思うがその国が紛争の中心国ということなら常任理事国を罷免してはどうかと思うわけですよ。
中国は面子を重んじる国だろうからこれは暗に効くんじゃないかと思えるんですね。
紛争相手は賛成するだろうし、中国の反対によって議長声明などが発表されなかった問題についての今後の抑止力にもつながる可能性はあると思うんですよね。

個人的には今の国連はあまり昨日しているとは思えず、本来なら敵国条項に支配された国連など日本が入っている価値などないと思ってはいるのですが、代わりになる機関などもないし常任理事国でもない日本がアメリカに次ぐ拠出金を取られているわりに発言権のなさなど理不尽が多いと思っているわけで日本に問題ばかり押し付けるかの国は分担金は少なく常任理事国であるために発言権だけは強い。
韓国なども経済が好調などと言われる反面こういった拠出には支払いが滞るなど財政面では表向きとは別に韓国の内情は厳しいように思える。

とにかく中国がダメージと感じるほどに中国の考えが世界から孤立していると自覚させる必要があると思う。
いまどき拡大路線をとっている国など中国だけだろう。
経済が安定してきている中国ならば本来なら貿易で相手と関係を作ることができるはずなのだが、圧倒的利益を追求するために周囲と摩擦を必要以上に起こしてきていることを中国が自覚するべきだろう。
中国は拡大路線をとらなくても中国の影響力はすでに大きく、逆に言えば問題を起こさないほうが中国の力はより世界に大きくできるはずだと思うんだが。。。。。

まぁ共産党にはそれなりに理由はあるのだろうけど。。。。

少なくても、国際紛争の中心の中国を常任理事国から罷免したいと国連に訴えるぐらいはやってもいいはずだ。
もっとも、今の国連の制度では拒否権事態を当事者の中国が持っているのでどうということはないが、世界が考えるきっかけぐらいにはなるはずだろう。

中国の反日デモの真の仕掛け人は誰か  とな?
2012年09月17日 (月) | 編集 |
馬鹿でもなれる大学教授?

どこかの大学の人らしいのですが、中国の反日デモの仕掛け人は誰か?と聞いてくる大学教授がいるらしい。

おいらの頭の中ではネットなどの規制で真実にたどり着けない中国人をつくっているのが中国共産党だろう。テレビでは抗日ドラマを流し反日教育にいそしんでいるわけだから中共以外にこの質問の答えはないはずだ。

前にも記事にしたが、かつては中国も尖閣諸島を日本の領土と認めていたことは日本で調べれば隠しようがないのだが、中国ではそういうこともわからなくなっているのだろう。
一部にはまぎれもなく日本の領土と言う人もいるが、残念なことに日本にも中国の領土といっている人がいるのだろうし 場合によっては中国にあげてしまえばいいぐらいの人までいるようだ。

先覚の領有権の主張はまぎれもなく海底油田の存在により出てきた問題で、過去において中国の地図でも日本の領土としていたものすら都合よく忘れることができるのがかの国の特徴でもある。

デモも暴徒化し日本車が燃やされたりそーパーが略奪にあったりしているようだし、ツイッターなどでは中国で仕事をしている家族が暴行にあいかなり厳しい状況にあるなどと言う話もあるようで(メディアではそういうことは記述がないのですが)本当に危険です。

デモに参加した人が自分の車に戻ったら日本車だったので裏返っていて泣き喚いている写真などもでているのが笑えたが。。。

ちなみのこの教授?は石原知事が売国奴だといっているらしい。
この程度で教授になれるのだから誰でもなれそうなものである。

プロパガンダで教育をしテレビで毎日抗日ドラマを見ている人たちにとっては日本は悪そのものなのだろう。
ネットでは中には冷静な人もいるわけだが基本的に日本がいくら証拠を出そうが中韓の人たちは聞く耳を持っていないわけだから始末が悪い。自分たちの都合がいい論破された証拠のほうを信じているのである。

それにしても尖閣に中国船が1000艘向かっているという話もあるのだが、政府はこれに対してどう対応するのだろうか?
ここが正念場にも思えるね。

中国や韓国は都合よく物を忘れる。。。
2012年09月15日 (土) | 編集 |
琉球も釣魚島も日本領ではない 国際法が証明=中国報道
という記事があった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120915-00000006-scn-cn

言いたいことはよくわかるが、最近おいらのなかでよく出てくるしんぶん・赤旗の記事がある。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik10/2010-10-05/2010100502_02_1.html

尖閣諸島は日本の領土だとハッキリ書いている。

中国のこういった記事が出てくることが不思議なんだが、なぜかといえば中国国内にも過去において中国が尖閣諸島を日本の領土だと認めていた証拠などいくらでもあるからだ。
古い地図などではハッキリ尖閣を日本の領土に区別されていたり、日本の証拠とされる中国から発行された感謝状にも日本国~八重山郡尖閣諸島と書かれたものがあるわけだ。

琉球までも日本ではないと言っているが、過去においては中国も認めていたのだから それを棚に上げて都合のいいことを書くのはあまりに都合のいい頭の構造だろう。

尖閣問題に限らず虐殺などと言う話を中国は持ち出しているが、基本的に南京の前には通州事件などもあるし、それをおいておいて日本だけを非難するのもどうだろう。
ネットなどでは中国の日本批判に対し中国がやってきた政治のうえでの虐殺などについて自らを省みない行為に本当に都合のいい考えしかしない人たちだと改めて感じる。

ちなみにこの都合のいい頭を持っているのは中国人だけではない。

韓国の人の頭も相当なものだろう。

日本が酷いというが韓国がベトナムでやったことや、台湾の国連から追い出される際にやったことや海外での三重のために着いた嘘などの話は少なくはないし、竹島を実行支配する際に行った行為についても日本人相手なら許されると考えることもどこか正気ではないように思える。
正気でないという点ではいまの日韓関係のせいもなくはないかもしれないが韓国人がよくいう差別だと言う反面で韓国では親日的な発言に対し処罰される法律がある。
これって特定の人種に対する差別であり韓国こそナチスの人種差別と同じことをしている国である。

ハッキリ言ってどこの国に法律であの国のことをよく言ったら罰を与えるなどという国があるだろうか?
国連事務総長に法律で人種差別をしている国がありますと訴えてもいいようにさえ思える。

それにしても、日本の周りにはこういった都合のいい頭を持った粘着質がいるのはどうにかならないものかと思う。

よくドイツが日本と比べられるが、実は日本とドイツを比べても意味などなく近隣諸国の差が戦後処理の差になっていると思える。

ちなみにだが、ドイツは戦後保障は実際には十分に行われていないと言うことらしい。
一方で日本はと言えばきっちり果たしている。
が、粘着が約2カ国ありこれに加えて北の朝鮮を加えた3カ国だけに問題を常に蒸し返されているのだ。



こうれでいいのか?共産党
2012年09月13日 (木) | 編集 |
従軍慰安婦の記事を書いている。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-09-13/2012091315_02_1.html

韓国の李容洙(イ・ヨンス)さんという人の体験を書いたものらしいのだが、

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik/2002-06-26/13_0201.html

同じしんぶん・赤旗の記事なのに内容が違っているです。

これを証拠として取り上げるのはどうかと思いますね。

事実はわからんが、共産党といえば南京の記念館を作るのにお金を出しただの慰安婦関連でも金を出していると言ううわさがあるんですよね。。。

韓国の李容洙(イ・ヨンス)さんという人についても、

http://blogs.yahoo.co.jp/x1konno/31823357.html

で、証言が何回も違っていることが書かれています。

政治家などの証拠がないというのに対し、韓国では慰安婦だったと言う人たちの証言が証拠だ!といっているようですが、これらを見て果たして証拠能力があるのでしょうか?

ちなみにほかの人の証言もことごとく内容が変わっていたり証言の内容が実際の状況にそぐわないことばかりだそうです。

いま政治家の発言などでも河野談話の再検証や朝日新聞の記事についても見直しするように声をあげる人が増えてきています。
これは必要なことだと思いますよ。


正直いって韓国が海外で新聞などにメッセージをあげているようですが、いっそのこと勧告の主張とその反論まで載せた広告を打ってもいいぐらいに思いますね。

おいらはこのところ海外の反応を扱ったブログなどを毎日見ているんですが、海外では(まぁ日本も同じなんでしょうが)ほとんど勉強することなく誰かの主張を信じ込む傾向があります。
それも反論があったところで数多く主張したほうが目に付くのでそちらを信じるというもののようです。
しかし、その主張の内容についてことごとく反証してしまえばその後の主張の真実味も失うというものでしょう。
それぐらいやるべきです。

まぁ基本的に欧米は日本による戦争でアジアの植民地を失ったわけで反日的ではあるんですがね。。。。

震災などで今の日本人の性向などを見る機会も増え 日本人の言葉の真実性を感じてくれればいいんですが 一方で東京電力や政府の隠蔽体質も世界に広まってしまったわけで ここでも政府のために悪い印象を与えていることが残念ですね。

まぁいろんな意味でいまは日本が変わるチャンスにも思えますよね。
できればいい方向へ向いてほしいものです。





あらあら。。。オーストラリア負けちゃったのね
2012年09月12日 (水) | 編集 |
昨日は日本がイラクに勝ったわけだが、今朝早速オーストラリアの試合の結果を検索してみるとFIFAのホームページでヨルダンに2-1で負けちゃってるじゃない。

これで日本が勝ち点10、2位にはオーストラリアに勝ったヨルダンが勝ち点4で入って来ている。

強いと思われたオーストラリアは3位の勝ち点2、イラクも勝ち点で2となった。

ブラジル行きが近づいてきた気がしますねぇ。

次はオーストラリアとイラクがつぶしあうのでどちらがが勝っても勝ち点は5までしか行かない形です。
ヨルダンは次がオマーンで勝てば勝ち点7まで伸ばしてきますね。

そこで最終予選の半分が終わる。

日本はその時点で2位との差を3もしくは5開いて後半に望めるようです。一番いい結果は皆が引き分ければ6の差をつけた形ですがさすがにそこまで甘くはないでしょう。

しかし、3位チームとの差を考えれば早ければ後半の2試合を戦った時点でワールドカップ行きを決めれるかもしれず優位に立ったのは間違いなさそうですね。

ずっと思っていたことを言います!
2012年09月11日 (火) | 編集 |
るろうに剣心の俳優さん?
佐藤さんっていうの?

おいらには樋口くんに見えるんですが 似てませんか?

ずっと思っていたんですが、言えませんでした。

TVタックルを見たんだが。。。。
2012年09月10日 (月) | 編集 |
タックルでも2030年に原発をどうするかとやっていた。。。。

馬鹿ばっかしで討論してもまったく意味がないと個人的には思う。

少なくても政府がいろいろと試算をしているようだが、18年後の状況が今の試算で把握できていたならば今の日本の状況にはなっていないと思うので何をやっても無駄だと思うね。

いまは日本の周りの海に資源が眠っていることもわかっている中、その開発に力を入れれば状況が変わるかもしれないしシェールガスが安く輸入できれば状況もいっぺんするわけで いまの政府の試算にそれらが加味されているとも思えず議論するだけ無駄に思える。

少なくても新規で原発は作らず、いまある原発も最低限の稼動に抑え(必要がなければ動かさなければいいのですが)そして一刻も早く廃棄物の最終処分場の場所を決め作っていくことをしなければいけないと思いますね。

メディアや政府は原発に変えて再生可能エネルギーを考えているようですが、それには大きな問題として価格の問題が出るわけで当面LNGや石炭を使った火力にスタンスを変えるべきだと思うね。
その上で再生可能エネルギーのコスト面でも有効なエネルギーにしていく活動も続けるということが必要だと思う。

まぁひとつにはロシアとの外交をしっかりやってLNGのパイプラインでも引いていけば両国の国益にもかなうものになり相することで北方領土の問題にもいい影響が出るように思うんですよね。

まぁ2030年にはまだ18年という月日があることをもう一度考え、そしてこれまでの日本が10年後をまともに予見できたことなどなかっただろうことを改めて考えるべきだと思いますね。

日本の借金の話ですが
2012年09月08日 (土) | 編集 |
海外の声を翻訳して紹介するブログに最近ハマッています。

その中でオーストリアの人たちが日本の借金がヤバイというのがあって、それに対して日本の人たちがあれこれ声を上げているんですね。

お金を刷ればいいという話もあるし、それはできないという人もいる。
日本は大丈夫だという人もいれば、いや実は危ないという人もいる。

個人的には大丈夫のほうに一票なんですが、詳しいことはわからない。

だーかーらー、一回政府が声をあげてみれば状況がわかると思うんですよね。

EUの危機で日本の支出も求められていますよね。
でも、世界中が日本の借金についても知っているわけですよね。
国連関連で日本はアメリカに次ぎ資金の提供もしているわけですよね、発言権は全然アメリカと違いますし常任理事国よりも拠出しているがまったく発言権がないわけですよ。

借金大国として名をはせているわけですから、今 あちこちからお金を要求されているがお金がない ちょっとお金を刷ってもいいかしら?と声を上げてみればいいと思うんですよね。
国連関連で日本の資金がなくなれば?
アジアやアフリカへの日本からのODAがなくなれば?
海外の国国債などを日本がひきうけなくなれば?
などなど日本がお金を使わない国になれば世界経済がどうなるかを世界の人たちに直接聞いてみればいいと思うんですけど。

危機だと言われながら不思議に円高が進むわけですよ。
これって一説にはなんだかんだで円をもっていると得をすると世界が見ているということですよね。
長期的に見ても円は円高に動くと世界が見ているわけでしょう。

最初に書いたブログではオーストリアの人の意見で日本はギリシャより厳しいと書かれていた。

では、お金を刷るという方法が有効かどうか勝手に判断してしまえば問題が大きくなるわけですからあらかじめ世界に問えばいいと思うんですよね。
日本に金を出せというのであれば日本は借金大国でありますから出せません。どうしてもと言うならば金を刷ってだしますが?と声を上げればいいと思うわけです。

普通に考えてお金を刷れないという人の意見で勝手に円をすれば信用不安で円が安くなるというのですが、今現在円が高すぎて日本は困っていると言われているわけです。
ある意味願ってもない機会なわけです。
円を刷って国債を買っている銀行などの企業は投資先がなくなり困ると言う話もありますが、円高ならば外国の企業や資産を買えばいいことでもあります。
まぁこれはアメリカが嫌うことでもあるとも言われているわけですが、関係ないでしょう。

いま韓国に日本はやられているとも言われていますが、ウォン安政策で伸びている韓国企業を通貨スワップで守っているのも日本政府です。
ウォンが更に安くなれば韓国の輸出は有利でしょうが韓国国内はインフレで立ち行かなくなります。
それでなくても韓国は上位10グループでGDPの75%を稼ぎ出しているらしく国内はボロボロともいえます。

まぁ日本の美点かもしれませんが、金は出すが口は出さない(だせない?)で大金を世界に巻き上げられていることに声を上げる勇気を持ってほしいと思いますね。

ちなみにおいらが日本は大丈夫と思える根拠は日本が破綻した場合の世界経済を考えれば破綻できないでしょ?ということによるんですね。
一流企業が破綻してもそれは一企業のことですが国の破綻ではそうはいきません。
日本は世界中にお金を貸していて破綻>取立ての構図になれば世界中が大変困ることになります。

ならば借金の元になりかねない対外支出を理由にお金を刷っても良いかな?と聞いてみるのも方法のひとつだと思うんですよね。

机上の計算でお金は刷れないという意見に対し単純に声を上げて聞いてみればいいと思うわけです。
借金までして国連など世界に対して責任を負う日本が金を出さないといえば、それに対して世界が判断をすると言うことになるでしょう。
それは机上の理屈とは違ってこれからの日本または世界の考え方の新たな基準にもなりえると思うんですよね。
そのことによって国連の常任理事国のあり方などにも新たな考え方も生まれるかもしれませんね。
常任理事国に見合った救出をしていない国が実際に存在していることを世界中で認識できる機会になるとおもいますね。

まぁそれには政府が世界に対してメッセージを打ち出すことが必要なんだと思いますね。

日米安全保障条約は大事ですが、これだけに頼るのは危険という声もずっとあるわけでならば世界が日本を必要とするかどうかを直接聞く手段にもなることでしょう。

日本を批判ばかりしている国にも日本の重要性を理解してもらう手段にもなるとおもいますよ。

日本のメディアって
2012年09月04日 (火) | 編集 |
今ニュースで原発を0にした場合電気料金が2倍になるとやっている。

おそらくは根拠なくやった試算をそのまま報道しているのだと思える。

今年の電力予想などを見てもわかるとおり実は根拠が薄いことは明らかだろう。

こういった試算の発表は国民への脅し以外の何者でもないと思える。

2倍とする試算の内容としておそらくだが原料費の試算など甘い見通しをそのまま使っていると思え原発を動かしたい姿勢を出しているだけだろう。

これって実は世論誘導のためのものでしかないと思える。
個人的にはこういった発表って試算を詳しく伝えるものでなければ扇動罪と言えるぐらい酷い報道に思える。
少なくても伝える際に燃料の試算についての内訳などをしっかり報道しないと単に国民に不安を与える材料でしかない。
これって国の安定とは逆の方向にあり、こういった報道をさせる国の姿勢にも問題があるといえるだろう。

おいらは先日、電力会社がアメリカのシェールガスを2015年以降だったと記憶しているが今より3~4割安くLNGを買い付けるという話をニュースで見ている。
さらにロシアのLNGがヨーロッパで余りつつあるという話などからもロシアから安く買えるかもしれないなどという話を聞いている。

これらの話と2倍になるという話はおよそ結びつきにくいものだと思えるわけで、政府の試算に裏があるようにしか見えないのだ。
震災の直後から東京都による発電所の話などからも効率のいい発電所の話などもあるわけで今ニュースでやっている試算などは電力会社のプロパガンダそのものにしか見えないのだ。
もうひとつ価格をあげる要素とすれば政府が決めた太陽光発電の42円という買い取り価格と自然エネルギー比率による価格マジックがありそうな気がする。

まぁなんといっても原発事故があったのに東電の社員の給料が大きく下がったという話をおいらはまだ聞いていないわけで(民間企業並になったとは聞いていない)、どうせ東電あたりに試算をさせ検証もろくにしていないのだろうと推察できてしまう。

そしてメディアも政府の発表のままに疑いもせず報道してしまうのだから始末に悪い。
まぁどんな発表があったとしても国民は半信半疑で聞いているからとりあえずの混乱に結びつくこともないのだろうが。。。。。。
原発推進派だけはこの発表を鵜呑みにし都合よく原発がなければと訴えるに違いないのだが。。。。

支持政党なし!
2012年09月02日 (日) | 編集 |
基本的に維新の会やみんなの党に近いものを感じています。

しかし、TPP参加などでは相容れません。

今の政治はマニフェスト至上主義的になっています。

公約を掲げて選挙をし公約を破れば叩かれる政治であるために柔軟にあたるということができにくくなっていると思えます。

となれば、概ねでこの政党を支持できても一部で決定的に違えばそれはもうその政党を支持できないということになるはずですね。

つまり、おいらは選挙で支持できる政党を持たないことになります。

マニフェスト政治などと言うと聞こえはいいが、いまのマニフェスト政治は政党の柔軟性を失くす悪い影響のほうばかりがあるように思えます。

選挙になれば義務ですから投票はしますが、白紙もしくは支持政党なし!ということしか意思表示できないということになりそうです。

おかしいくない?
2012年09月02日 (日) | 編集 |
ニュースで反日デモがニューヨークやヨーロッパに飛び火か?と書かれている。

しかし実態は単に中国人や韓国人が在米や在欧の中国人や韓国人に呼びかけて行われそうだというものでしかない。
要は世界中の中国人や韓国人による日本へのデモでしかないのだ。
(一応デモは中国人主体のようですが)

韓国は旭日旗に反対する声明を世界にいる韓国人が声明を出すことでまるで世界が反発しているかのごとくにしている。
そしてそれを日本のメディアは彼らの意向のままに報道しているのである。

本来メディアは日本の主張を報道していながら相手方の意向のまま報道していて違和感はないのだろうか?

今のメディアは取材をしないでどこかの記事をそのまま報道する傾向が強いためにこうした報道が行われるのだろうが、せめて日本が不利になりそうなことに関しては裏を取るぐらいのことはしてほしいものだと思う。

まぁネットの記事などをみていればわかることだが、キムチのおいしいものを決める大会の協賛や委員にメディアなどのお偉方の名前がずらりと並ぶ事態を見れば日本のメディアが韓国の資本にいかに操られているかがわかるというものだろう。
新聞、テレビ、雑誌などのメディアのトップにいる企業がことごとく参加しているのである。
そりゃあ韓流などというものが捏造されてもしかたがないということだろう。


竹島問題で日本が単独で提訴するという話にどこかの国の人が実質的に意味がないという発言をしたことがニュースになっていた。
理由は簡単で韓国の金が世界に回っていてこの件に関して金をつかまされた人が日本を支持しないためだと書かれているにである。
アメリカのマイク・ホンダ議員が中国や韓国の代弁者になっているがまさに世界の識者や議員がいかに金のために政治をしているかを物語っているものだろうとおもう。
日本の政治が駄目なのはいうまでもないが、どこの国の政治化なども似たようなものでしかないということなのだろう。