| Admin |
日本男子の健闘(サッカー)
2012年07月30日 (月) | 編集 |
初戦でスペインを下し、モロッコにも勝ちました。
好調ですね。

この戦い方はワールドカップと似ている気がする。
ポゼッションは高くはないのだが、危険を減らし速攻で相手にプレッシャーをかけている。

ワールドカップでは本田が期待の的だったが(個人的には同意しかねるのだが)、いまは永井の存在が同様のようにも見える点でも似ているように感じる。

初戦ではチームの意識がすごく高くて前からのチェイシングも良かったしマークの受け渡しに皆が声を出していたようにも見え相手に対して複数でプレッシャーを与えていたように思える。

モロッコ戦では疲れのせいか激しいプレスはかけられなかったようだが、なんとか危機は回避し長いがあげた虎の子の1点を守りきった。

スペイン戦でイタリアの評価が日本のFWはシュートを打つな、ゴールまでボールをドリブルしろとまでかかれたわけですが、モロッコ戦で得点につながった永井のチェイスに持たれても安全という判断ができなkったのがモロッコの敗因といわれてしまうかもしれないね。

とはいえ、永井はJリーグでも調子は良く今世間で言われるほど足元が下手ということもない。
結構きびしいパスにもうまいトラップをして見せたりゴールに流し込むようなシュートも吹かすことなくうまく決めるセンスを持っているのだ。
現にスペイン戦ではずしたシュートも一本目はポストのわずかに右、日本目はキーパーに当てたわけでゴールマウスにかすりもしないシュートを放ったわけでもない。

永井が特にクローズアップされてしまってはいるが、清武のシュートや山口のシュートが外れた印象まで背負わされているようにも思えるのだ。
特に永井は走り回っていつもより疲れた状態ではずしたことも忘れてはならないし、清武もおそらくいつもよりアドレナリンがでていたんじゃないだろうか。
決定的なチャンスをはずした山口にしてもボランチの位置から駆け上がって決定的なシュートが打てる位置
にいたことが素晴らしい。

まぁそれもこれも、トゥーロンで勝てなかったことでオーバーエイジの選手が入り守備が安定したことや強いフィジカルを経験したことも大きいのだろう。
結果的にワールドカップで日本が勝ちあがったような守備的なスタイルが永井という選手の存在や組織的なディフェンス力とあいまって結果が出ているのだと思う。

ここまではいいことばかり書いてきたが、こと采配については個人的には疑問に感じざるを得ない。

交代選手ではまずは斉藤が出てきているわけだが、個人的な感想では日本でいうテクニシャンは国際大会ではなかなか通用していない過去を協会は感じていないのだろうかと疑問に思えるのだ。
若い年代では通用するかもしれないが国際大会ではなかなか通用していないのが現状だと思う。

同じ使うのなら海外でプレーしてフィジカルを体験している宇佐美を使う方法もあるだろうが、宇佐美が斉藤ほど守備にがんばるかといえば疑問は残るのだが。
また、スペイン戦で大津が得点はしたわけだがモロッコ戦では一本のシュート以外はそれほど機能していたようには思えない。相手をひきつける動きなど画面ではわかりにくい貢献はあったのかもしれないが、大げさなアピールで審判から偽装プレーを想像させたことまで考えれば後半早々に交代させる方法もあったように思える。
さらにいえば、きつい日程を考えれば前のほうの選手を入れ替える方法も使うべきだと思うんですよね。
結果的に永井選手が点を入れて勝ったわけですが、衝撃的なほど動き回った永井などは休ませ手も良かったように思うんですよね。
いつも思うことなんですが、長いに注目が集まってしまったわけですが、オリンピック関連のページを見れば日本の注目選手はバイエルンにいた宇佐美と書かれていたりするわけですが、関塚監督はこれまでに使っていません。
まぁ海外にいたせいでこれまでも出場する機会が少なくて連携などに不安があるのかもしれませんが、もっと多くの選手を使うべきだと個人的には思うんですよね。
おいらはいつも思っているんですが、永井など特別な選手を除き日本の代表に選ばれる選手って能力に大きな差などはないと思っているのですよ。
より多くの経験をつませることや海外へのアピールなどを考えもっと多くの選手にプレーする機会を与えるべきだと思うんですよね。
若い世代はちょっとしたことで大きく変わることだってあると思うわけで、それなら多くの選手に経験させてほしいと思うんですよね。
決まった選手を使う安心感ってのはあるかもしれませんが。。。。。

それにしても、スペイン どうしちゃったんでしょうねぇ。
ホンジュラス戦でもシュートを大量に打ちながらの無失点での敗戦。
日本戦、ホンジュラス戦を通じてオフサイドがないというのもこの結果に影響しているように思えるのはおいらだけでしょうかね。

日本の次の相手はホンジュラスですが個人的には大幅な入れ替えを望みたいですね。
後ろがしっかりしていれば失点は抑えられると思うので前線は入れ替えてほしいと思いますね。

ワールドカップの結果で日本人が海外で多くプレーできるようになったと思うので、できればより多くの選手が海外のメディアに触れる機会を与えてほしいと思うんですよね。
女子ほど評判は高くない男子チームですが、ぜひがんばってほしいと思います。
スポンサーサイト

オスプレイの話で
2012年07月23日 (月) | 編集 |
ブログでオスプレイについて詳しくわかりやすく書かれているのがあったので張っておきます。

http://chinshi.blog102.fc2.com/blog-entry-133.html

ワイドショーでいろいろな人が住民の理解が得られるまでとか語っておりましたが、政府の説明が足りないということに加えメディアの出している情報のいい加減さというものにも問題があるように思えますね。

たとえばオスプレイという一言で海兵隊仕様のものと空軍仕様を一緒にしていることなどがありますね。
海兵隊仕様のものに限ればかなり安全というデータが出ていて導入間もない空軍仕様はなれないせいもあるのか事故率が高いわけで合わせたって老朽化したヘリをそのまま飛ばすリスクを考えればオスプレイの導入のほうが安全という話まであるようじゃないですか。

もうひとつ個人的に思うことがあるんですが、基地問題などでもそうですが日本人ってときどきかなり我侭になるんですよね。
全員が全員ってわけでもないんですが、便利だからと使ってきた原子力発電でできた核廃棄物はどの自治体もおそらく最終処分場の受け入れを断るんじゃないでしょうかねぇ。
沖縄の基地負担軽減を考えながら自分の地元は嫌といってみたり。。。

もう少し冷静な判断があってもいいように思うんですがいかがでしょうね。

一応、おいらの住んでいる大分も予定訓練コースですがおいらは気になりません。
だって車の事故より少ないんですから。

オスプレイの問題
2012年07月23日 (月) | 編集 |
この問題は実際難しいと思うね。

事故が多いのは確かなんですが、能力を考えれば配備された場合の影響は少なくないはずだと思うんですよね。
その航続距離などから尖閣をはじめ台湾までもその行動範囲に含まれることで中国への牽制になるのも間違いがない。

これは基地問題なども含めて反対することは中国の確信的利益ということにもなると思う。
このことは理解しておく必要はあると思う。



馬鹿なのだろうかと思う。
2012年07月21日 (土) | 編集 |
2チャンネルに
教えて欲しい ---「原発起動」より「即時停止」が安全だと言う理由を!

というのがあった。何を言っているのかよくわからない。

元ネタはこちらです。
http://agora-web.jp/archives/1474228.html

いくつかの事柄を挙げているようだが、自分の書いている中に答えもあるのではないのでしょうかねぇ。

稼動させているほうが停止したときに比べ人員が充実しているから安全では?ということを書いているが、普通に考えてみれば答えは明白だろう。
稼動させていれば冷温停止までの時間がかかるのである。
今回事故を起こした福島の原発にしても安全な状態にするには何十年もかかるといわれているわけで停止したから即安全ではないのは誰もがわかっていることだろう。したがって停止したから最少人数で対応するから不安ということにはならないはずである。
逆に言えば不安な人数で管理させるようではダメだということだろう。

コメントで即時停止を望む人に廃棄物をこれ以上出さずに済むといっている人がいる。
そのとおりだよね。

ドイツを例にしていろいろと書かれている部分がある。
他国と比較する必要などどこにもないのに。。。。

フィンランドは核廃棄物の最終処分場を始めて作りはじめた国でありほかの国ではまだ作り始めてもいないことは多くの人が知っているだろう。
10万年とも言われる時間をかけなければならない処理をする場所が果たして日本にありますか?
北海道の実験施設の地下数百メートルの場所だってかつては海の底だった形跡があるわけで地殻変動について予測ができるはずもなうんじゃないでしょうかねぇ。

日本が地震などの自然災害が頻発する国と自分でも書いておきながら韓国に原発があるので意味がないなどと言っているのも理解しがたいですよね。
韓国よりも日本のほうがより危険な状態にあるという認識はないのだろうかと思う。
東海地震をはじめ東南海、南海地震など国内で懸念される地震はあるわけで同様のものが韓国にあるのだろうか?
フィンランドは地質学的に19億年変わらない地層に処分場を作ることにし住民も国のためだからと理解し建設を認めたわけだが 果たして日本人に国のためだからと地元に最終処分場を作ることを認める自治体などでてくるのかを考える必要もあるのではないだろうか?稼動させるということは処分も考えなければいけないはずだが。


先日見たテレビでは現状でもダンプカー1700台分以上の廃棄物がありその量は1万トンを超えていると見たように思うのだが、この処理が決まっていないだけでも十分不安に感じるのが普通の感覚だと思うのですが。

日本にある核廃棄物の再処理場が大きな事故でも起こせば北半球が終わるという話がある。
本当かどうかはわからないがそれほどの量があるということなのだろう。 

さらに日本の場合はやっと稼動させた大飯原発の近くにある断層が活断層であるかどうかを再調査するという話まであるわけで こんな状態で稼動させることは危険だとしか言いようがないではありませんか。

原発の事故で直接亡くなった人はいないから安全といっている人がいますが、地元を離れなければならなくなった人たちの生活を考えたり 直接ではなくても原発事故のせいで自殺された人たちなどは原発事故が起こらなければ死ぬこともなかったのではないでしょうか?

実際は即時停止してもしなくても危険度はそれほどすぐには変わらないのかもしれませんが、少なくても冷温停止にかかる時間を使わないで済むことや廃棄物をこれ以上増やさないことができるわけです。

少なくてもこの記事を書いた人はどちらがリスクが少ないかを自分で考えたことがないように思えてならない。
いろいろと比較し書き綴っているが 命のためにとデモに参加している人などと比べリスクの差を安易に考えているとしか思えない。
生活のために原発を稼動させたいという人たちは正直だが これを書いた人は不誠実な印象を受ける。



少しうれしい変化かも!?
2012年07月19日 (木) | 編集 |
最近いままでほとんど見なかったニュース23という報道番組を見ている。
(毎日ではないのですが)

ニュースの伝え方などにいい思いを感じない部分があったから見なかったわけなんですが、先日チャンネルを変えている途中で変化に気がついたんですね。
何が変わったかというとコメンテーターが変わっているわけなんですね。
これまでは年寄りの訳知り顔が意見をしていたんですがいつのまにかU35の人たちが意見を伝えているのです。
個人的にこれはものすごくいい傾向のように思うんですよね。
テレビや新聞の論説委員だとかいわゆる評論家などはどこかの顔色を伺った発言があると感じているのですが、自分達が作っていく将来を思う発言を期待してみたいですね。

30代40代の人が今まで以上に表に出てきてもっと意見を言える社会ってのが望ましいと思っていてこういう傾向は望ましい変化だと思いますね。

西欧人って馬鹿?
2012年07月12日 (木) | 編集 |
オリンピック関連でロンドンオリンピックでマックやコカコーラがスポンサーから締め出されるかもっていうのがあった。
ジャンクフードが肥満にどうだこうだといっているらしい。

一方で日本食が肥満にいいとかいう幻想も流れているようだ。
そういう面は日本食には確かにあるとは思うが、アジアの中では日本人が肥満が少ないってのは幻想じゃないかと思うんですよね。

ちなみにおいらは日本から出たことはないわけだが
それなりに太っている。米がすきなんですよね。

日本に限らずアジアでは欧米に比べて細い人が多いということはあると思う。
それは欧米人ほど食べないからであると思う。
日本食だって食べ過ぎれば太るのだ。

カロリーという概念はそもそも欧米で生まれたものだろうと思うんですが、それを欧米人ってのは思ったほど理解できていないように思えるね。

マックやコカコーラがダメということでなく食べ過ぎるから太るということをもう少し冷静に理解する必要があると思う。
場かなメディアだけがそういっているのであればそれも仕方がないとは思うんですが、医師や政治家がそういった発言をするのだから困ったものだ。

ちなみに西欧人と批判しているが、日本だってまともではない。

理由のひとつはメタボというものの基準をみればはっきりわかる。

ウエスト85センチ以上がメタボなどとやっている。
身長などを考慮しない基準を作っているのである。
それに加え医者などはメタボはダメといっているが一部では小太りのほうが長生きするという話まである。
まぁ本当なら西欧人は馬鹿?などと批判できる立場にはないのがわかるねw。

しいて言えば日本では女性を中心に細いのがかっこいいなどと妄信している人が多いことがあって極端な肥満の人が少ないだけのこと。
歴史的にみても腹八分という言葉があり満腹にする習慣がない人もいるというのが理由なのだろう。

オリンピックに関係してこういうことを言う人たちってのはどこかで利害関係があってこういう発言をしているのだろうけどおよそお門違いでしかないと思うのはおいらだけだろうか?

違和感が。。。。
2012年07月12日 (木) | 編集 |
MSNのニュース記事でバドミントンの潮田の引退に違和感がというのがあった。

9月に引退するのを発表してオリンピックに望むということに反発したのだろう。

古い人間だからかもしれないがと断っているが、それは違うと思う。

サッカーの選手などでも今年限りで引退などといいながらプレーすることは普通に行われている。
しかも、サッカーは特殊かもしれないが代表を引退するといいながら所属チームでは現役を続けるということも少なくはない。

矢折れ刀つきまで戦うのが昔の考えなら世界のホームラン王 王貞治の引退はどうだ?
単に自分の納得のいく成績が残せなくなったからとはいえ当時の王選手はそれなりに立派な成績の中で引退したわけだ。
潮田選手の場合は女子であることも考えに入れねばならないと思う。
選手の活躍できる年齢や女性としての幸せを考えることも必要だろう。

さらに言えば、これを書いた記者はテニスの伊達選手の引退についても違和感が。。。と書いただろうか。
たとえ書いたていたとしても、引退後の伊達選手に批判的になっていたかと自問するべきだと思う。

伊達選手は引退後にも若い選手の育成や裾野を広げるべく活動をしていたわけだし、いまでは現役に復帰して活躍までしている。
おいらは伊達選手は絶頂期に引退したことで今の年で現役を続けるモチベーションができたようにしか見えない。
子供ができなかったことが引き金の一つではあるが、伊達選手が30まで現役を続けていた場合、おそらくだが今の状況はなかったのではないかと思える。

ついでに言えばスポーツ選手は皆怪我と戦っている。
ライターがあげた新庄選手はちょっと例外だと思える。

スポーツ選手の引退について考えれば、自分が納得のいく数字が残せなくなった王選手の考えも立派だが、いまだに現役を続けているカズのような姿勢も立派だろう。
どちらが正しくどちらが間違っているといえるだろうか?

スポーツ選手は現役を退くということに対して誰よりも悩むはずである。
そのことを周りの人がとやかく言うべきではないと思う。

まわりでいうのはせいぜいまだできると惜しむことだったり今後の人生の成功を祈ることだけではないかと思う。

ちなみに、ライターは住もうを例にあげ引退した力士が再び土俵には立てないと書いているが、上で述べた伊達選手は復活をしている。
バドミントンで復活があるかないかはわからないが自分の思い込みを おいらの部ログのような誰が読むともわからない(しかも多くの人の目には留まらないはず)ところではなく大勢が目に留めるであろうニュース記事で書くということには大いに疑問を感じる。

まぁこんな疑問は毎日感じてはあいるのですが。。。

国が買い取るったって。。。
2012年07月07日 (土) | 編集 |
尖閣諸島の3島を国が買い取るというニュースを見ている。

しかし肝心なことを国はわかっていないように思える。
それは所有者が民主党政権には売らないとずっと言ってきているということだ。

いくら国が希望を言ったところで売り手がいやだといえば成立することはないわけで、ただのパフォーマンスでしかない。

ついでにいえば、国が買った場合に隣国を刺激するという点でも今まで民主党政権がやってきたこと媚中政策からも反しているように思えて政府の考えがまったく見えてこないわけだ。

まぁ世間が見えない民主党政権らしいといえばらしいといえるだろうね。