| Admin |
韓国の横断幕 その2
2011年09月30日 (金) | 編集 |
中国の記事をブログで翻訳してアップしているブログがありまして、見てみると先日書いた全北の 大震災 祝 の横断幕についての内容が書かれておりました。

中国では韓国のやったことを応援する人もいれば恥ずかしいという人もいるようですね。
まぁ韓国でも同様なんですけどね。

おいらはやっちゃいけないとこと感情は別物だとは思っているので、気持ちがそうであろうと横断幕はいけないと思うのですよ。
少なくてもあれを掲げた人はその場ではいい気持ちだったかもしれませんが、韓国内でも批判の声はあるし海外ではハッキリ言って中国を除けば批判だらけだろうと思います。

しかし、そんなことよりサポーターの一部がやってことで少なくても全北はチームとして謝罪しなければならなくなっているわけです。
サポーターが応援しているチームに大きな迷惑をかけるということに思いいたらないところが一番残念ですね。

中国にしても韓国にしても日本が相手なら愛国無罪という意識があるようで時に限度を超えることがあるように思いますね。


ちなみにですが、サーチナというところがチームが謝罪する文章を掲げたということを伝える半面、韓国の一部メディアがアジアカップ?大会?で日本のサポーターが旭日旗を掲げて韓国を侮辱したと言っているらしいのです。

これを見た2チャンネラーなどは どこで掲げていたか証拠を見せろだの そもそも旭日旗は今でも海自の旗として使われており、韓国などとの合同演習などでも掲げられており韓国軍からも講義設けていないものだと言っている。
更に、日本は韓国と戦争をしたこともないのになぜ旭日旗が韓国人の気持ちを逆撫でにする材料になるのかわからないとも行っています。


おいらも海軍に韓国人兵士はいなかったのか?と思いWikiを見てみたら韓国人の軍属は基本的に陸軍みたいですね。
韓国併合などで兵隊が朝鮮半島にいったとしてもおそらく陸軍だと思えるので、基本的に海軍の使っていた旭日旗はもしかすると韓国人の勝手な思い込みのために嫌われているような気がしますね。

韓国人が日本人を嫌うのは勝手ですが、言いがかりは決して良いことではないでしょう。
しかも おいらが不思議なのは韓国の場合 こうした憶測でものを言ったりすることをメディアがしたり 場合によっては国会議員などが平気でやるんですね。

日本でデモなどが少ないというのはおそらく中国や韓国の反日デモをみているからではないでしょうかねぇ。

戦後から60年安保ぐらいまでは日本でも結構デモなどもあったのだろうと思うのですが、高度経済成長などを経て国民生活が豊かになってきたことと、中国や韓国の反日デモなどを見ているとデモが無秩序に思えデモをする人が秩序がないというように考えるようになっているように思いますね。

日本でもことサッカーに関してはサポーター同士のいざこざや応援するチームの不信に対しサポーターが一部暴走する傾向があります。
チームを愛するがゆえなどという声もあるかもしれませんが、そうした行動でやはりチームにもおおきな迷惑をかけるということを知っておく必要があると思います。
チームが謝罪することはもちろん、場合によっては制裁も受けるのです。


ちなみにデモについて日本人が抵抗がある と書きましたが、それでも立ち上がらなければならないときもあります。
それがフジとフジのスポンサー企業に対するものですね。
反日デモなどと大きく違うことは秩序が保たれていることでしょう。
一部外部の組織が問題を起こすことはあるようですが、ネットの呼びかけに集まった人たちは秩序を持ってデモしてるみたいです。
(逆にデモではないところでちょっとイキスギがあるかもしれませんけどね。。。)

今回の横断幕によってそれを見た日本人が不快な気分になりますが、その満足感を得るために韓国のサッカー協会や応援するチームが日本に対して謝罪をするハメになっているわけです。
チームを応援したいのならルールは守るべきでしょうね。


ちなみに 最初に書いた中国の記事を翻訳しているブログで前に面白い記事があったように記憶しております。
それは、中国人が中国で行われていた女子サッカーのオリンピック予選でなでしこJapan を応援してくれた中国のブログを紹介したものでした。
中国人がなでしこ頑張れと書いた旗を持って会場になんどもいったという話で 中国人が結構なでしこを応援していたことがわかるものでした。
勇気あるなぁ、とか羨ましいなぁとかいう声が結構あったようです。
そこで、やはりなでしこを応援する横断幕を掲げようとしたらしいのですが、中国の関係者からここが映るのはダメと厳しくチェックされたと言うことでもありました。
で、しかたなくそこを隠すようにして掲げたということが書かれていました。
韓国と比べて中国には自由がないようにも見えますが事前に不適切なものは掲げないようにしている点では 韓国にも見習うところがあるように思えます。

忘れてはいけないのが2002ワールドカップでの韓国のスタンドの光景ですね。
ハーケンクロイツを出したり、対戦相手に対してそれはもう酷い光景だったわけです。
カーンの遺影を模したものが出されたりもしていたわけです。
観客だけではなく選手もサポーターの後押しに気が大きくなっていたのでしょう、意識的にファールをし放題でしたし得点した際のパフォーマンスも冬期オリンピックでのスケートを思わせるものなど行き過ぎがあったと思います。
国民気質なのでしょうね。

日本が相手だとただ謝罪するにもどこかで相手に対し文句をつけたい!という習性のようなものがあるんでしょうねぇ。。。。。。

おいらとしては日本で韓国人だからというのを在日の人や韓国人は差別と言うかもしれませんが こういう相手だから日本人は自分にとって有益でないと区別するわけですねぇ。
アメリカ人や台湾人だったらどうするんだ?と聞かれれば、アメリカ人や台湾人は日本人に対して韓国人みたいな真似はしませんと答えるだけでしょうね。
議論ができる相手には議論しますが、韓国人と中国人には議論はするだけ無駄です。


ああああ、また脱線してしまった。
このへんで。。
スポンサーサイト

久しぶりにパチンコに
2011年09月29日 (木) | 編集 |
久しぶりに昨日パチンコに行ってみた。

1ヶ月ぐらいは行っていなかったように思うんですが、行ってみましたよ。
当然台は結構な数で新しい台に変わっています。

まずは打ったことのない台でもとやってみたのですが2万3千円使っていいとこなしです。
というか熱そうな演出でも全くあたりません。
で、台移動しました。
やったのはセイント星矢。
これも打ったことはありません。
前日 結構出ていたような台です。
大分では前日出た台というのはどうやら敬遠される傾向が強いんですが、おいらは個人的に好調なだいはいじられていなければ翌日も出ることがあると踏んで結構打つんですね。

しかし、恐ろしいほどにあたりません。
右側に付いている役物が動けば熱いってのはわかるんですが、簡単には動いてくれません。
そのほかにも暑そうな演出が結構あるんですが、そういった状態でも おいらが座った台は当たらないんです。
自分の左右の台が当たる中、おいらはひたすら投資をしておりました。
途中からなんとなくなんですが、確率変動に入っていると確信してしまったんです。
当たらないんですが、熱い演出が結構頻繁に出るようになってたんです。
しかし、投資はどんどん増え止めるに止めれなくなりついには合計で6万2千円になったとき、出玉なしの当たりを引きました。。。。。
確率変動状態で最初にあたったのがレギュラーボーナスです。
嫌な予感はしたのですが、なんと結構伸びたんですねぇ。
二度三度と次回大当たり確定は逃したんですが、都度引き直し結局二重数回の大当りをいただきました。

上皿だけを打ち込み終了したんですが、投資が全部で6万2千円、回収が9万1千600円となりました。
約3万円の儲けです。
この台に4万円近く投資をしてやっと当たったことになります。

大当りを続ける中 左隣のおばちゃんが おいらが確率変動を確信した状況と同じような状況になっていますがなかなか当たりません。
これっておいらが置かれていた状況に似ているのです。
そしておいらが出玉なしの当たりを引いたリーチをなんと2回も外しているのです。
ダメだったのかなぁ。。と思っていたらかなり熱い演出で大当りを引きました。
その後伸びたかどうかはわかりませんが、おいらが当たらない中先に座って出していた大当りの後 その台は1200回ほど当たりを引けずにやっと当たったことになっていました。
おばちゃんの前に結構な数でもち玉を持っていた人も大方飲まれやめていったあともなかなか出なかったということですね。

それにしても、新しい台ってのは暑そうな演出が今までより空気みたいに軽いんですよぉ。。。

派手な音がしたりしてもカスリもしないんですね。
最初に打っていた台なども(なんだったのか思い出せないんですが)結構頻繁に大きな音の予告が来てもリーチにさえならない、音に加え連続演出の(思い出した!ポロゴルファー猿だ!)4番目まできてもリーチにすらならない
というのですから。。。。
当たり確定演出以外は外れるという傾向がものすごく顕著になっている気がします。

そういう傾向はガロなどでもあったんですが、ここまで酷くはなかったように思いますね。
出玉が一気に増える方向が進んでいる中、この日打った台は両方とも右打ち消化のない台だったわけです。
つまり出玉を増やす際にそれなりに時間がかかるという台なわけです。
それにしては演出に熱さはあるんでしょうが、空気的な感じがいなめないのは恐ろしいですね。

多額の投資をしていたおいらですが、あたっていなかったら またここまで伸びてくれなかったら と思うと恐ろしくなります。

ちなみにいつも行っていた店なんですが、今日29日が店休日だったのです。
おいらの感覚では休みの前は出ません。
なんとか勝てたのは奇跡だったように感じます。

雑談ですが
2011年09月29日 (木) | 編集 |
サッカーのアジアチャンピオンリーグで韓国の全北が東北の大地震 祝という横断幕を掲げた。
これに対し韓国のネット上でも議論になっていたようだが、日本サッカー協会は厳重に抗議したという。
全北はホームページで謝罪文を載せたとも書かれている。

つい先日似た話がベルギーでもあった。
川島が講義をしチームも相手チームに講義をし謝罪文が乗せられたという話だ。

サッカーでは人種差別撲滅の力をいれていてこれに違反した場合はかなり厳しい制裁を受けることになるのである。
こういった酷い行為があった場合、チームが即座に謝罪するのはそうした背景があるためでもある。
にしても、サッカーで差別など相手を避難言葉に厳しいことがわかっていても どうやら人間はそれをやめることができないということなのだろう。
(すべての国でそうだとは言わないが。。。)
これがサッカーはスポーツの名を借りた戦争とも言われる所以であるのかもしれない。。。。


話は全く変わるが、TBSで紳助のあと番組にナインティナインの番組が入れられると言う記事をチラっと見た。
TBSには悪いがいまやナインティナインは岡村の嫌なら見るな!によってネット民から嫌われている芸人のトップクラスである。
不視聴の対象になっている人物である。
先日もナインティナインの番組の視聴率が下がったというスレッドが2チャンネルに掲載され、メシウマ!とか酒がうまいというコメントがおおきに出ていた。
視聴率が取れるという人選をしているのだろうが、よくリサーチをしないと一部で不視聴のトップクラスであるナインティナインを起用することは結果的にどうなるか大いに楽しみでもある。
視聴率が取れなければテレビ局の完全な過ちということになるように思えるし、ネット民の威力ということについても馬鹿にできないということにもなるかもしれない。



どうなんでしょう。。
2011年09月29日 (木) | 編集 |
そうそう つまらない話なんですが昨日の深夜ケーブルTVのムービープラスなどが映らなくなりました。

地上波の放送やBSが写っていたので回線の故障ではないと思うのです。

衛星放送の一部だけが映らなくなったわけです。
衛星放送のなかでは一部停波の予定になっていたので おいらの想像では停波の処理と移すべき放送の処理が手違いで映らなくなったと思うのです。

まぁ別に仕方がないわけです。
見たかったラグビーのワールドカップの中継が見れなかったといったところで過ぎた時間が戻せるわけではありません。
ケーブルTVでは長期的に放送スケジュールが組まれているわけですからちょっと差し替えてというのも難しいでしょう。仕方がありません。

一応念の為に加入しているケーブルTVのホームページに停波のお詫びでもでているかと確認しに行ってみればお知らせやお詫びといった言葉が一切ありません。

するとおいらの家だけが映らなかったのだろうか?
おいらは何回もチャンネルを合わせ見れるようになっているかを確認したが深夜のうちには回復はしていませんでした。
いまはちゃんと映っています。

一応メールを入れてみました。
いれたばかりなんですが、昨日の深夜うちのムービープラスなど一部チャンネルが映りませんでした。放送事故でもあったんでしょうか?あった場合謝罪文などを載せるべきではないでしょうか。という内容です。
メールをしたばかりなんで返事はまだきておりませんでしょう。

ふと思い出したことがあります。
なんでだったかは覚えてないんですが、コミュニティーサイトでおいらが加入しているケーブルTVの評判を見た時のことです。
かなり悪かったことを記憶しております。
(おそらくネットの回線速度か何かを調べてだったように思いますが)

ケーブルTV局などはお客様にお金を支払ってもらって成り立つ会社ですから映らないってのはあるいみ契約不履行なわけですよね。
どうせ契約に関する書類などに不慮の事故などでの免責事項ってのがあって守られてはいるのでしょうが、少なくても事故があったら謝罪文ぐらいは載せるべきだと思うんですけど、違いますかね。。。
別に金返せといっているわけではないのです。
深夜の放送を楽しみに寝ずに見ようとしている人だっていたかもしれませんからね。

まぁおいらの家だけ映らなかったとすればケーブルTVに謝りますけどね。。。。。

震災で19兆円ってことは。。。
2011年09月29日 (木) | 編集 |
今国会で19兆円とやっている。

やっぱり民主党は12兆円の国民負担と税外収入の7兆円で全ての対策ということになるのだろう。

税外収入というのが国が今ある税金で賄うということなのだろう。
すなわち歳出の削減や国の資産の売却によるものということなんだろう。

ちょっと考えてみればわかるが、国民が負担するものは一般会計が主体になるものでつまり毎年40兆円足らずの収入に対して10年でやるというものだろう。

一方で政府がやる文というのは国の税収全体を対処に持たもので400兆円(この数字はちょっと適当に出しているんですが)の見直しと本当に税収の外にある資産の売却によって作るお金が7兆円だということだ。

ちょっと待て!

この比率、おかしくないか?

いつも書いてるが民主党のバラマキは毎年40兆円である。
今の一般収入より多いのが現実である。
(公務員の給料が32兆円というのもあるが)

ここをいじれば大きな財源がでてくることは明らかだが、いまの政府はそれをやらないと言っているに等しいのである。。

個人的に見れば明らかにこの内閣の姿勢はおかしい。
大きな財布はあまりいじらず小さい財布から大きなお金を出そうとしているのである。
しかも大きな財布を持っている人はへそくりも持っていてそのへそくりも使って数字を大きく見せているのである。

おかしいだろ。

おいらからすれば大きな財布を持っている人が大きな金額を負担するべきだと思うのだが。。。。
しかも、この政権を取る際に大きな約束を国民にしたのが民主党である。
公務員の給料の2割カットである。
これが約束の期限である政権内で行われれば(過去2年で出来ていないわけだから)確実に6兆円が節約できるのである。(少しはやったと言うかもしれないので6兆円までは出ないと思うが)
これも復興に当てられる予算になるはずなんだが、これもできませんと白旗をあげていることになる。

さらに言えば、政府が負担するなかに おそらくだが 道路財源などで震災が無くても東北で使われる予定だった金額が含まれている可能性がある。
これらが政府の負担分に入っているとすれば政府は自分の財布を極力使わない方向でいるとしか思えない。

復興に対して政府は政府が努力していることは復興を理由に増税をすることにしか見えてこないのが現状だ。
何やってるんだというしかない。



喫煙の面白い現実。
2011年09月29日 (木) | 編集 |
たまたまNHKにチャンネルを合わせるとインドネシアのタバコ事情の特集?をやっていた。

インドネシアでは喫煙者がそうとう多いという。
拍車をかけたのは規制が始まっていたアメリカのタバコメーカーが原因のようですね。
現在では(正確かどうかはわかりませんが)ロシアに次いで世界で2番目の喫煙者数を誇る国になっているともネットで書かれておりました。
動画で有名になった2才でプカプカタバコを吸う少年もインドネシアの子供ですね。
児童による喫煙も喫煙者の4%にものぼるって話もでていました。

インドネシアでは400万人がタバコ関係の仕事についておりタバコによる税収が6000億円と歳入の1割もあるために規制もしにくいのが現状だとNHKでは紹介されておりました。

で、おいらは んじゃあインドネシアの喫煙事情と健康被害についてちっと調べてみるかということでネットで検索しあちこちを見ているわけです。

インドネシアとは関係がなく日本のデータで面白いことがわかりましたね。
それは肺がんになった人に対するデータなんですが、肺がんに対する喫煙の寄与率というものが出ているものです。
PDFなんですが、一応URLを
ttp://www.niizashiki-hp.jp/tobacco_000.pdf.pdf

これによると男性の寄与率というのが71,6%、女性がなんと15,6%なんですよ。。。。
不思議でしょう?
更に喫煙者に限って調べた結果というのも出ていて、こちらは男性が77,5% 女性が57,3%となっています。

おそらくこれを読み解くと、肺がん患者のうち男性ではほとんどが喫煙者であると言うことだろうと思うのです。全体で71,6%だったものが喫煙者に限って見た場合で77,5%ってことですからね。
一方で女性を見てみるとこちらは大きく違いますね。
喫煙者への寄与率を区切り良く半分に置き換えてみると女性の肺がん患者ってのはおそらく喫煙をしていない人が7割を占めているということだと思います。
まぁ受動喫煙というものの存在もあるのかもしれませんが、寄与率ってのはそうしたのは含んでいないのでしょうか?
とりあえずこの内容で見ると男性の方が喫煙リスクが高いように見えるね。

寄与率って どうなんだろうとググッて見たんですが、また関係がないけれど面白い記事にあたってしまった。
PDFです。
ttp://www.ncc.go.jp/jp/information/pdf/20101021_tobacco.pdf

ここでおいらが感じたおかしな部分ってのがあって それは受動喫煙に関してなんですね。
PDFの一枚目の2、推計ってところに出ているやつです。
人口寄与危険割合ってやつなんですが、これを見ると不思議なことに男性より女性の方が危険割合が高いんですよね。
寄与率ってやつがハッキリ理解していないので おいらに間違いがあるかもしれませんが、寄与率っていう定義があるようですので2つの資料で言うところの寄与率ってのは基本的に求め方は同じなんだろうと思います。
そして寄与率が高いほうが危険だということは間違いがなさそうですよね。

実際に比べて考えてみると女性の肺がん患者では非喫煙者が7割だと見れるわけで受動喫煙に対し女性の方が抵抗力がないと見れば もしかするとキッチリ当てはまるのかもしれませんね。
(これは寄与率というのに受動喫煙が含まれていないと仮定してですが)

しかし、不思議なことは男性は喫煙者の寄与率が77,5%もあるのに受動喫煙のリスクが女性に比べ相当に低いことが不思議だと思いませんか?
女性では喫煙者の肺がん寄与率も男性より低いという結果がでているようですけど、一方で受動喫煙のリスクは女性の方が高いというわけです。

喫煙に対して女性より男性の方がリスクが高いというデータと受動喫煙に関して逆の結果がでていると見れるように思うのです。
(おいらには知識がありませんので間違っているかもしれませんけどね)

おいらが思うに、喫煙リスクが高い男性の方が本来受動喫煙のリスクも高いという結果がでなければおかしい と思うのは間違いなんでしょうかね?


長くなってしまうので、最後にもう一つだけ。
最初の資料の続きに 肺がんと喫煙のリスクの関係というデータがあります。
なぜこのような資料になっているのか理解できないのですが、禁煙後の年数でリスクを分けて表示しているものがあります。
禁煙後9年までの人は不思議なことに喫煙を19年未満続けている人より高いリスクになっております。
問題は 本来何年吸って何年やめたか ということと被験者の年齢がこういうデータには大きく関わっているはずだと思うんですよね。
この資料もそうですし2番目の国立ガン研究センターのデータもそうなんですが、患者の年齢についてまず書かれていないんですよね。
ほかの資料でも大体当てはまることなんですが、患者の年齢はまず資料に記載されておりません。
おそらく根本的データが医者にかかった人が対象でその際に年齢の記述がないのだろうと思います。
(もしくは意図的に年齢を隠している? 大阪大学だったかのデータで年齢が書かれていたものを見た記憶があるんですがリスクは明らかに50歳を超えて高まり60>70と年齢が高くなるに従って亡くなるリスクが上がっておりました。おそらく普通に死亡する年齢層とかぶっていると思います。まぁ死亡理由の一位がガンですから当然といえば当然ですね。しかし高齢になって亡くなるリスクが高まるのは決してガンだけのせいではないでしょう。)


それにしてもインドネシアの実態を調べていたんだけどなぁ。。。。。
どうしても脱線してしまうのが おいらなんだろうね。



ひとりごと。
2011年09月28日 (水) | 編集 |
亀井氏から総理に対し公務員s宿舎への批判が出たようだ。
国民が苦しんでいるときに公務員だけがいい目を見るような事をしてはいけないといったらしい。

それに先立って総理はと言えば改めて宿舎建設を取りやめるつもりはないといったようですね。

鳩山氏や菅氏に比べれば人間らしい野田総理ではあるが、そこはやはり政治家である。
誰の方をむいて政治をすればいいのかといえば国民ではなく官僚や経済界、そしてかの国の方しか見ていないようだ。

国会ではどのような話が出ているか知らないが、復興のためには復興国債が発行できればいいわけだ。
復興と国民の負担はさもセットであるかのように言うのは間違いだ。

間違ってもらっては困るんですが、今の政治では実際に無駄が多いことは民主党が言い続け、事業仕分けをしたことでもわかるように明らかなのです。

上でも書いたように一旦事業仕分けで取りやめになったはずの公務員宿舎を復活させたのも民主党なのです。

前にも書いたように民主党が毎年捻出しているバラマキの金額が40兆円とテレビで行っていたわけで、三党合意では民主党のマニフェストの見直しが含まれていたはずです。
ところが野田総理はと言えば 言葉では私を信じてくださいと自公に対していっているが 現実では見直しを拒否しているとも取られかねない行動をしているのである。
今回の復興財源も所得税や法人税、その他の増税についてはなぜ急ぐ?と聞きたくなるほど議論をしている反面政府がやるべき無駄の削減などに対してなにかやっているのだろうか?
三党合意でバラマキの見直しなどができればそこでも座アイゲンは捻出できるはずだが、政府から出てくる言葉はいまのところ税外収入というものの話しかでていないわけである。

もう一つ、民主党がおそらく勘違いしていると思うのが政府が出した復興増税案では11兆円だったのを民主党として12兆円にしたという話が出ているが、おそらくだが復興費用がそれで多くなると勘違いしているのではないかと思うのだ。

間違って考えてはいけないと思う。
復興増税はあくまで復興費用の中で国民が直接負担する金額なのである。
ここが増えたから復興費用が多くなると勘違いはしてもらいたくない。
民主党がやったことはあくまで国民の直接負担を増やしただけのことである。
国民の立場に立てばここは減らす努力をするべきだったろう。

まぁそんなことよりも本来は復興国債を全部日銀が引き受ければ そもそも国民負担などいそいで求める必要もないのである。うまくいけば後になってからも国民が改めて負担する必要もなくて済む話かもしれないのだ。

おいらが民主党が政権を取る前に常常行っていた言葉をずっと忘れずにいる。
それは例え財源がなかった場合、必要なところから順番に予算をつけていく という言葉である。
これが実行できていればおそらく朝霞の公務員宿舎など今作るということにはなっていないはずである。

まぁ民主党の悪口を書いたらいつまでだって書けてしまうのでこのへんで。


それはそうと、昨日ニュージーランドで行われているラグビーのワールドカップでの日本の戦いが終戦となりました。
20年間勝てない日本は終盤までリードしておりましたが、結局追いつかれ同点のまま終わってしまいました。
グループで一分け三敗で最下位でしたね。

今回のワールドカップンでの日本はハンドリングエラーも多く、トンガ戦のように集散の遅れが少し目立ったように思えますね。
そして何より後半の途中から一気に体力的に厳しい展開になっていました。
体格にハンデはあるかもしれませんが、途中までの頑張りが最後までもてばもう少しいい試合ができたと思います。
とはいえ、フランス戦でも途中まではいいところを見せ最後のカナダ戦でも一縷の望みを抱かせる頑張りはありました。
勝てないとはいえシッカリ出場権を得て頑張っているところは見せれたんじゃないでしょうか。

日本とは別においらはなぜかロシアに興味を持ってみていました。
日本よりランクも下だしグループの相手も厳しいんですが、すごく頑張っていたように見えました。
フィジーVSサモア戦も面白かったし、アルゼンチンの頑張りも見れましたし、ラグビーもやっぱり面白いですね。

で、バドミントンが終わって今は 東レパンパシの女子テニスを見ております。
伊達選手は初戦で格下の選手に負けてしまいましたね。
大会前から不調だったようですね。
USオープンのtチャンピオンが1回戦で負けてしまったし、ウォズニアッキも簡単な試合ができていないようですね。
出場選手のレベルをみてもランキング上位者が結構いたりするので どの試合もそれなりに見ごたえがあります。

スポーツの秋も本番を迎えつつあるなぁと感じますね。。。。

タバコについてちょっと調べてみた
2011年09月28日 (水) | 編集 |
ワールドキャリアというところでわかりやすい図式が掲載されていた。

いつの資料か知らないが、たばこ税について海外との比較や消費量がでていた。

ttp://www.worldcareer.jp/ranking/detail/
(頭のhを抜いています。見たい場合はhをつけてURLを完成させてください。)

資料では日本は税率60%となっていますが、Wikiによるとおよそ65%と出ていました。
(おいらは63%だとおもっていたんですが)

少し古い資料なのかもしれませんね。
喫煙者数も現在日本は23%と言われておりますからこの資料の数字は少し古いのでしょう。
(おそらく1箱300円のときでそれも古めの数字に思えます)


で、金額の高いところ低いところなどがありますが、日本は低いわけです。
ここを取り上げて海外より安いという指摘がされているんですね。

税率にしたって高いところは確かに80%をこえているところや70%台だって確かにあります。
ポーランドを見てください。
日本の下にあります。
$2,58と価格は日本より安いのですが、税率は87%もあります。
オーストラリアは金額は$7,18で日本の3倍はありますが、現在の日本の税率65%(もしくは63%)より安いのです。
価格が高い国が税率も若干日本より高かったりしますが、金額レベルになると3倍以上も高かったりするのです。
ポーランドは税率は高いが金額は安い。
オーストラリアは金額は3倍もするのに税率は同じぐらいです。
イギリスやドイツなども日本より税率も若干高いのですが、価格はといえばやはり3倍以上なんですね。
価格が高い方こそ贅沢品に入っているのでしょうね。

この資料で取り上げ方っていうのが金額の高いところが
世界で最もタバコの価格が高い国、ノルウェーは、1箱なんと11.48ドル。日本(1箱=2.82ドル)の4倍以上も高額なのだ。
ノルウェーが、1箱あたり約8.7ドルでのタバコ税であるのに対し、日本は約1.7ドル。

いかに日本が安いかというように書かれております。

さぁアメリカと比べてみましょう。
アメリカは1箱$4,79と確かに価格は日本より高いですが、税率はどうかと言えば36,9%です。税額でもほぼ日本と一緒です。
税率は日本よりはるかに安いのです。要は製造原価や経費が高くついているだけなのです。

その下の喫煙率というのも出ていますね。
あらあら、タバコの価格が高いドイツやイギリス、一番高いノルウェーも日本より喫煙率が高いじゃないですか。

もっとも、喫煙本数は金額が高いだけあって日本よりはるかに少ないという結果はでているわけだが。
ビッグマックとタバコ代を比較しているが国によってビッグマックの中身が違ったり戦略が違うだろうから意味の無い話である。


欧米の先進諸国ではもはや当然のことで、屋内の公共の場はもちろん、パブなどの酒場も含め、飲食店でも全面禁煙を実施している国も多い。また、タバコの広告を全面的に禁止したり、メディアで喫煙シーンを流さない国もある。公共の場における受動喫煙の可能性を一切排除することはもちろん、健康に害を及ぼす、喫煙そのものを抑制しようというのが、グローバルスタンダードなのだ。このような禁煙政策もあり、欧米の先進諸国では喫煙率の数値以上に、タバコの消費量が減っているというわけだ。 

とも書かれている。
たしかにそのとおりだろう。

こうやって表にしてもらえばわかりやすいというものだ。
しかし、こうやってくれたおかげで分かることもある。

こうも書いてある。
昭和40年頃の日本は、男性の喫煙率が80%を越えていたというから驚きだ。

日本は行方不明の長寿の方々が大勢いるらしいので果たして現自治がどうかは別にして長寿国として知られている。
かつて喫煙率80%もあった国であるがなぜか長寿なのです。
これがいわゆるジャパニーズパラドックスなんですが、こうやって比べてみると良く分かることがあります。
実はジャパニーズパラドックスなんてないのだということですね。

日本より喫煙しているスペインだって同率で3位の長寿国です。
喫煙率も喫煙本数も日本より上ですね。
税率は日本より高いですが価格は今の日本と同程度か若干安いぐらい?のようです。
(海外の価格がかわっていなければですが)

その他多くの国も寿命ではほんの数才の違いで大差はないんですね。

もっとも平均寿命なんてものは乳児死亡率が低い国が高くなっているだけかもしれませんけどね。

こうやってちゃんとした資料をだしてもらえばそこから見えてくるものがありますね。
日本人がヘビースモーカーだと指摘していますがたしかにそれは価格が原因かもしれません。
しかし、ここで見えないものとしては例えば日本では低タール、ニコチンの少ないものが好まれるということなどですね。
本数が多い=ニコチンやタールの摂取量が多いではないということもできれば取り上げて欲しいものですね。

最後の一行はそれなりに大事です!

海外と比べて日本は消費量は多いかもしれないが、有害物質の摂取に関してはもしかすると多くはないのかもしれないということです。

増税をしたいために高い国と比べることはよく出てきますが、その理屈は正直あまり意味がないと思います。
価格と税率を見れば元々価格が高いということが明らかにわかります。

政策はそれぞれの国の事情で違うのです。
タバコ増税をしたければ高い国を訴え、安くしたければ(そういう人はいないかもしれないが)安い国を基準に話すだけのことだ。
アメリカのように価格は高めだが税率は安いって国だってあるわけだ。
世界中で皆が同じタバコを吸っていれば比べようもあるかもしれないが現実には違っている。


政府は海外と比べたりするなら
自動車関連勢が日本の税収の1割を海外と比べて議論してくれますか?
公務員の報酬も海外と比べて議論してくれますか?
と問いかけたいね。

小宮山大臣が禁煙協会の人だってことだけは理解した。

法案 決まるのだろうか?
2011年09月27日 (火) | 編集 |
おいらは仕組みが分かっていないので、この法案が通るのかわかりません。
民主党内でも実際には大いに揉めているというのはわかっております。

馬鹿な議員がツイッターで実況中継していたらしいので。
18人から意見を聞き8人が賛成意見を10人が反対意見を述べたとあります。
しかし、税調の一方的で強引な形でそのまま進めるらしいということも書かれていたようです。

さきほどNHKのニュースで通りそうだというのも流れました。
所得税が今より4%で10年あがる、タバコは1本2円程度で1箱では40円以上の値上げ(JTなどがほかの費用の値上げを申請しなければ40円のまま?)ということらしいです。

民主党内で意見の調整がつかず強引にやってしまうということなようです。

おいらがわからないのは、国会で可決されなければ法案は通らないというはずなんですが、通るんでしょうか?

野党が反対しても党議拘束をかければ除名覚悟で反対票を投じなければ衆議院は通過しますよね。
参議院はねじれているので反対になるかもしれません。
(問題は復興財源という名分がついていることなんですねぇ。本当は財源何か決まらなくても国債さえ発行できれば必要なお金は集められるんですが、復興を遅らせるのか?などという言葉を使って脅迫する人がでてきそうですよね)

おいらが見てきたいくつかの番組では復興財源のための増税は 必要ない! という意見が主でした。

バラマキをやめる。日銀が国債を全部買い取る などで対応できるという話だったわけです。

一人や二人の意見ではありませんでした。
当然政府もわかっているわけですが、増税をする絶好のチャンスなわけです。
税調を取りまとめる元財務大臣の藤井氏などが強引に進めているわけです。

ことによっては参議院で否決された場合法案は廃止 というのもあるようですが、物によっては衆議院が優先されるため参議院で否決されてもってのもあったとおもうんですよね。

そこいらが おいらにはよくわかりません。

みんなの党の江田氏なども増税は必要ないと言っていました。
どこをどう考えても必要としないでもいけそうなんですね。民主党がマニフェストなどの見直しをやれば。。。。

しかし、現実に起こっていることは復興増税 仕方がないことだ とマスコミがニュースなどで受け入れる話ばかりしているのです。(討論番組とニュースの姿勢は別物ですね)
復興のために受け入れましょうと言っているように聞こえて仕方がありません。

どうなってしまうんでしょうねぇ、本当に。
民主党内での調整段階から実は反対派の方が多数だったりしているのに 進めてしまうんですよ、これ。

これが政治なんでしょうか?

集英社につづき小学館もか。。。
2011年09月27日 (火) | 編集 |
先日 加藤某の韓流批判の記事を集英社がプレイボーイで記事にしていたのを紹介した。

今度は小学館である。
おそらくポストにでもでているんでしょうねぇ、おいらはネットの記事を見たわけですが。

文筆家で女性用アダルトグッズショップ「ラブピースクラブ」代表の北原みのり氏という人の韓流批判を批判した記事である。


フジテレビに起きた抗議デモ。どう思われました?

北原:なんて醜いんだろう。彼らの中には「日本の女がなんで俺たちより下の韓国人に行くんだ」というやっかみがあるんですよ。日本文化を貶めるなとか、フジテレビの偏向とか、バカ言えよ、素直に整形しろよって(笑)。筋肉鍛えろよ(笑)。

俺はモテない、俺より下の韓国人がなんでもてるんだろう。悔しくてたまらなかったんでしょうね。最近、デモの首謀者が彼女が出来たからデモ辞めますというニュースがネットに流れましたが、まさにそれを表しているじゃないですか。

ほかに
ファン層は20代から70代まで、日本の女の8割の年代が韓国に向いている気がします。 とも書いている。

一応、
北原みのり氏プロフィール 
1970年生まれ。女性のためのアダルトグッズショップ「ラブピースクラブ」代表のほか、文筆活動も行う。最新刊に「アンアンのセックスできれいになれた?」(朝日新聞出版刊)。


ここには入れていないが、氏の言葉の多くは要は日本人より魅力的だということらしい。
韓国男性の方がエロいという理由なのだとか。。。。


まぁそう思うのは思想の自由であるから勝手に思えばいいのであるが、ここで取り上げたいのは 誠実集英社といい、今回の小学館といい よくもまぁこういう文章を載せるよなぁと言うことだ。

ゴシップ誌だってあるわけだから書いてはいけないということもないのだろうが、要は簡単にフジの擁護記事を書いているわけだ。
この北原氏が書いている内容には、

日本文化を貶めるなとか、フジテレビの偏向とか、バカ言えよ、素直に整形しろよって(笑)。筋肉鍛えろよ(笑)。
と書かれている。

自分のエロ目線で感じていることを書いているだけである。
上にも挙げたが女性の8割をむいているだって。。。。
おそらくだが、基本的に興味がなく伝え聞いたなかからフジを批判している人を批判しているだけだろう。

多くの記事の中ででもの中には女性もが目立つというのを全く知らないのであろう。

大体フジ批判ともてたいとどう関係するというのだ。
なかには彼女ができてデモをやめたって人がいるかもしれないが たった一人を取り上げて全てを知ったふうに言うのはどうかと思うぞ。
しかも、整形しろよだと!!
余計なお世話だ。
それこそ自分の商売道具を勝手に試していればいいと言ってやりたい。

まぁこういう批判をする人たちは自分たちが好きで仕方がない国の人たちと同様に頭の中に御花畑が存在しているのだろう。
基本的に議論ができない人たちなわけですね。
価値観も違えば論理的な話もできないわけです。

加藤某にしても、日韓ワールドカップを例にあげていた。
おいらからすれば よりによってサッカーの話題はいかんだろって話である。
韓日戦の表記もサッカーなら ワールドカップで日韓で頑張れという雰囲気を出したい日本のマスコミと日本の相手を応援し審判を買収してワールドカップのワースト10のうちの4つをこの大会の韓国戦が占めている事実や、スタジアムの内外で行われた韓国人の悪行を わざわざ思い出させているわけだ。

ああ、ここに触れると熱くなってしまう。。。。

とにかく 出版社の大手ってのは結局放送メディア何かとおんなじで既得権益を守ろうとする側でしかないわけだ。
したがって、メディアの自由を妨害しかねないメディアに対するデモにはなにがなんでも批判するって話なんだろう。

おいらは今は小学館の漫画も買っていたりするが、やめようと思えばやめれるからいつだって不買はでもいいんだが。
もっとも、デモスレで集英社も不買?と聞いてみたら様子を見ると帰ってきたが 漫画の不買はさすがに2ちゃんの層には厳しいかもしれんけど・・・・。
おいらはマンガ喫茶で読めば済むから不買でOK。
2ちゃんねらーだって その気になればコンビニで立ち読みで済ませれば不買はできるはずだ。
出版社の思想と漫画家の思想が必ずしも一緒ではないだろうし、週刊誌と漫画も違うだろう。
スレッドでは漫画の場合ちょっとしたクレームでも制作内容が支えられて利するケースは少なくないらしい。
(おいらは知らんがね。)
週刊誌はそれこそ編集長が突っ張ればよほど売上部数が下がらなければやれるかもしれないが。。。
漫画と週刊誌は違うってことなんだろうね。
週刊誌は韓国特集など実際にテレビなどの片棒を担いできた経歴もあるわけだしね。

でも、不思議なんですよねぇ。
本来はフジ批判ってのは韓国が好きだとか嫌いだとかってことが全く関係ないとは言わないが、フジが対象になった経緯などをキチンと整理すれば フジがやっていることとその他がやっている韓流押しは結構違うんだよね。
日本ということに誇りを持ちたいという人による気持ちの悪い韓流押しが批判されているのだと理解していれば無理にフジ批判を批判する必要もないと思うんですけどね。

韓国嫌い、韓流嫌いだけではデモはもっと小さなものですんだはずである。
ついでに書いておくが本当に不思議なんですが こういう記事ってわざわざ載せなければ煙は立たないのに、こうやって煽るかのように記事が出てくるんですよね。
いまのところフジだけが対象(スポンサーは別にして)なんですが、自分から対象に加えてくださいと手を上げてくるのはなんででしょうかねぇ?
本当に不思議です。
まぁ考えてみれば電通の仕業あなんでしょうかねぇ。。。。。

たかじんのそこまで言って委員会でも前々回に取り上げ、お茶を濁して終わりましたが、局にこれなら取り上げない方がよっぽど良かったとメールしました。
(おそらくその週の支持率は相当に低いものになっていたと思います)

わざわざ取り上げて反感を買うってことをする理由が知りたいですねぇ。

メディアとして共通する意識があってどうしてもフジを擁護したいというならそれはそれでいいのですが、果たしてそういう意識で批判の批判を記事にするのでしょうかねぇ。。。。。。

東電には甘すぎる!
2011年09月27日 (火) | 編集 |
第三者委員会が出した東電の原発事故での賠償の試算が3~4兆円という記事がある。

え?たったそれだけ?と皆が思うことだろう。

原発から半径?キロ内は今後何年?何十年?かは人が住めない場所になるという話である。
保証が必要と思われる人たちは福島県内だけのとどまらないはずでもある。
更にとりあえず撤去が必要な汚染された土壌が東京ドーム23杯分もあるともいわれている。
近隣の都県などでも水産処理をした際に汚染された土壌が出続けている。

福島では職場がなくなったり仕事ができなくなった人たちも大勢いるだろうし外へ出ることさえ危ぶまれる状況が続いているわけだ。

誰が考えたって3~4兆円では収まらないと思うだろう。

賠償に必要な書類をつくるのに必要な書類が数百ページもあるとも聞く。
まるで嫌がらせのようだという声も出ている。

事故から半年以上も立ち生活のために福島を離れた人も少なくはないだろう。

東電の処理が遅くなればなるほど福島を離れる人が多くなり賠償額が減るとでも考えているのだろうか?と疑わずにいられないような状況である。
そうでもなければ3~4兆円などという試算は出てこない気がする。

原発周辺の土地を国が買い取るなどという話もあるが これは国がやることで東電は関係がないと決め込んでいるのだろう。

国会中継でも自民党の塩崎氏が東電に甘いと追求していた。
事故の収束に係る資金は東電関係者と国民しかお金を負担する人がいない中で、東電社員や株主などの負担が減ればその分国民の負担が増えることになる としてまずは関係者の負担をどれだけできるのかを決めていくことが重要だと言っている。

東電の給料が高いと言われる公務員の給料より高いことやこれまた無茶苦茶に高い企業年金などについてももっと整理が必要で日本航空と同様に国が整理機構を作って徹底的に対応することも求めていた。

この夏半減されたというボーナスだって それでも40万円という金額で出ているのだ。
その間事故の被害者はどうだったかを考える必要はあると思う。

東電そのものも事故に対しその責任を取る姿勢が甘いと言わざるを得ないし、政府も東電に甘いとしかいいようがない。
電力会社はどの地域でも経済会のトップに近い位置についている。
経済に与える影響は確かにどこよりも大きな影響力を持っているだろう。
しかし、それは政府の思惑により地域独占ができているからである。
電力会社がいくつもあれば果たしてこのような状況は生まれているか疑問である。

いま再生可能エネルギー法案も通り新たな事業者も出てくるだろう(おそらくでしかないが)が、肝心なことはそれを通す電線はいまもって既存の電力会社のものを使うしかないのである。
東京都が自分でガスによる火力発電所を持つらしいがそれでも東電の送電網に乗せれば今より高い電気代になるとも言われている。
送電網がもっと安い料金で使えるようにならなければ例え再生可能エネルギーなどを作る会社が出来たとしても国民の負担は増えることになる。
それでも再生可能エネルギー(自然エネルギー)を作る側は発電コストと共に送電コストについて多くの費用が取られることによって簡単に儲かることもないだろう。
日本では既に昔から自然エネルギー事業に対し補助金を出していたわけだが、結局送電コストというネックがあるために研究自体が進まなかったという経緯があるのである。

昨日も書いたが 日本の政治ではとにかく法案を通すことが大事なのだろう。
問題点が分かっていてもそれについての対処を同時に考えたり(まぁ考えて入るのだろうが対策ができなくてもとりあえず法案だけは先に通してしまうということなんでしょうね)処理がまったく出来ていない。
再生可のエネルギー法案は通したが 問題のネックになっている送電網について議論はされているが決着を見ていないわけです。
送電網についての決着がないうちは結局様子を見ることになってしまうだけになるかもしれませんね。
法案を通すのは送電網のことも一緒にやらなければ意味が半減してしまうというのにねぇ。

仮に送電システムが既存の電力会社と別の組織になるとかもっと安い利用しやすいコストで行われれば おそらくだが鉄鋼業のように制作過程で大量に熱が出るような事業者などが電気をつくることにもっと力をいれたりする可能性もあると思う。
また、いまもある民間の電力会社が安定した電力を必要としている団体だけに売電しているのがもっと民間への展開もできるだろう。
現状では電力の利用量の規定が厳しく 予定範囲を外れると罰金を取られる仕組みだそうだ。
大きなリスクが電力会社の送電線を使う際に伴っているということである。


正直 今のままでは東電など既存の電力会社は規模を縮小させ他の会社が電気を作ろうとも送電網さえ握っていれば必ず儲かるシステムの上で仕事をしているわけですね。

政府に支えられ必ず儲かるシステムで仕事をしている電力会社は果たして一般の民間企業といえるのか疑問だろう。

まぁ本来純粋な民間企業とはいえない東電などがこのような事故で大きな賠償を背負ってしまった場合は一時期でも国有化するなどの対策をするべきだと個人的には思うね。
責任の明確化や事故処理などについて原発に関しては東電がとか政府がと行っている場合ではなく政府が責任をもって処理するという姿勢を見せるためにもそうするべきだろうと思う。

政府の対応が基本的に甘いわけだが、給料を公務員並みでいいといった大臣に経団連の会長が政府が口を出す問題じゃないという趣旨の発言をしたらしい。
経済会にとって電力は重要なものであり電力会社のえらいさんが各地の経済会で高い地位にあることが言わせている言葉ではないかと思えて仕方がない。
今後も現状では電力会社が独占的な地位のままであるなら電力会社に媚びることも経済会の仕事なのだろう。


やってられねぇゃ!

朝霞公務員宿舎建設「変更するつもりない」野田首相が明言
2011年09月26日 (月) | 編集 |
マスコミがニュースで復興財源の話を多く取り上げる中、事業仕分けで一旦廃止が決まっていた朝霞の公務員宿舎の建設が始まっている。

国会で総理は野党からの追求に対し、表題の通りに答えている。

民主党は本当に不思議なところで、廃止を決めた当事者が今の閣僚に籍を置いているのである。
自分のした仕事を評価していない内閣に閣僚として残っているわけだ。
大臣として選ばれるってことは能力があるという判断なのだろう、しかし一方で過去にやった仕事については全く否定されたことにもなっているわけだ。
まったくもって矛盾だらけである。

しかも、いま政府の中では東電の原発問題の保証についての話し合いや復興財源についての議論がされている最中に無駄として廃止を決定されていた宿舎の建設が行われているのである。
言葉を変えれば、国民には負担をお願いするが公務員の待遇についてはこれまでどおり優遇しますよ、そして民主党の好きにさせてもらいますよと言っているのだ。

支持率稼ぎで行なった事業仕分けは野田政権の支持率がなぜか高いという結果がでているために無視してやります。とやっているわけだ。

そもそも民主党は大きな億票として公務員改革をうたって政権を取ったわけで、公務員宿舎の建設はまったくこれに反した行動でしかない。
そしてよりによって震災と原発事故でもっともお金がいる真っ最中にこれを行なっている。
意識の低さが現れていると思えて仕方がない。
普通の感覚であれば、時期をずらすぐらいの配慮はあってしかるべきだろう。取りやめるのが普通の感覚である。

ネットでは野田政権の支持率がマスコミの発表が以前50%をはるかに超えていることに不思議を感じている。
閣僚人事が発表された時点で野田内閣の実態が既に見切られているのである。

フジ批判などでも マスコミの発表の信用性がすでにないということはネット民ならわかっているが、ネットをしない人などには未だに有効な情報操作なんだろうね。

復興財源でも書いているが本来復興財源そのものは国債によって賄われるのだろうが、どれほどかかるのかもわからないうちから所得税の増税が10年などという話になっている。
増税ありきでやっているから復興費用にかかわらずあげてしまえ!えいやー!とやっているのは明白である。
本来であれば復興費用がいくら。それを賄うのにじゃあ何年だね となるのが本当の議論だろう。
いま政府が議論しているのはいかに税金を集めるかが目的で復興費用と関係の無い議論でしかないだろう。
閣僚に今 復興費用で何にいくら使うのか聞いてみて国の予算を同やりくりして費用を捻出し国民がいくら負担しなければいけないのかという内容を説明できるハズがないのである。
自分たちの仕事をしないうちから国民への負担だけ議論しているのが現状なのである。
本当のおそろしい政治家の集まりである。

復興国債の償還期限を決定しいくら調達して国の予算を組み換えたり国有財産の処分などでいくら作る、国民にはこれだけ負担してもらわねばならないというのが順番のはずだ。
国民負担にしても償還期限に応じて毎年いくらかかるという説明の上で増税となるのが本来の姿だろう。

民主党のやり方を見ているといつだって順番がおかしい。
子ども手当などの法案もそうだが、問題点が指摘されているのに強引に通し 挙句に問題点が指摘通りに噴出している。
こんなことの繰り返しである。
出てくる問題点に対し法案を通す前に対策が出来ていれば子ども手当の時に地方自治体がやらされた問題点の対応など必要なかったはずなのである。
人が動けばお金がかかるわけで、法案についてもう少ししっかりとした議論が出来ていれば無駄なお金を使わずにすんだのである。
事業仕分けで無駄遣いをなくすと言っている民主党のやり方からして無駄を作っているわけだ。
多くの国民が民主党を事業仕分けしろと思っていると感じるほどだ。

結論ありきでやるから順番など関係なくできるわけで、ここから問題意識をもってやって欲しいものだ。

なんか忘れてる?
2011年09月26日 (月) | 編集 |
なんか忘れてる?と思ったら毎週見ていたそこまで言って委員会を見なかったんですねぇ。

2ちゃんねるのスレッドを見ていて今日の番組についての書き込みを見てはじめて気がついた次第です。

まぁ先週の放送を見て 所詮マスコミだと思い、テレビ局にこんな内容で作るなら触れないほうがマシとメールしたおいらですから見ないでもいいという思いがあったのでしょうか。。。。

とはいえ、まともな意見がでる数少ない番組であることも事実で。

それにしても、元官僚に言わせるとすべての省庁に問題がありどうすればいいかまで分かっている。
しかし、どうにもならないのげ現実って どういう世界なんでしょうね。

(一応ユーチューブで内容は見ました。)

出てくる内容は省益ばかりを追求するとか 仕事をしないとかいう話ばかりですね。

岸氏の話で興味深かったのがあります。
財務省が増税路線しかないのは仕方がない部分があるという話ですね。
財務省による財務省の役割を考えたときに出てくる結論は増税しかない という話です。

有効な税収を上げる手段を考えたときに財務省で最も考えられるものが増税だというのです。
ある意味正しいと言っているんですね。
しかし、これは本来の国益や他の省庁の考えなどを考慮しない場合ということになるそうです。
つまり財務省が財務省の役割だけのことを考えた場合に出てくる結論として正しいと言っているのです。
しかし現実には省庁は基本的に国益を求めるための組織であり自分のところだけを考えていてはいけないはずなんですね。
経済への影響も考えなければいけないし、国民の状況なども当然考慮しなければ意味がないのです。
海外との関係なども考慮が必要な場面だってあるかもしれないわけです。

ところが今の日本では省益を追求などという言葉が聞こえる状態でほかの組織との連携などは取られておりません。
岸氏曰く 本来それらを考慮し官僚にこうしろと支持するのが政治家の役目であり民主党政権ではそこが一番出来ていないとも言っています。

組織が独立している事の弊害があり、政治家がそれを是正することもできていないのが今の日本の最大の問題なんでしょうね。

民主党が言っていた政治主導や、国家戦略室などはいったいなんだったんでしょうねぇ。
省庁間のつながりをもたせるのが政治家の役割ではなかったんでしょうかね?

日本の政治が根本から問題なのは安全保障に対する考えがなっていないからという太田氏の意見も参考になりましたね。
訳の分からないというかわかりにくい人ですが、日本は戦争をしないんだから安全保障はいらない的な考えでまともな政治ができるはずがないというのは正しいように思えますね。
外国では国務省といって自分を中心に考えるのを日本では外務省と呼び外国をむいているというのも納得できるはなしでした。(名称はどうでも少なからずどの国も相手国よりになるのは仕方がないという話もありましたが、それでも日本はひどいとも出てましたね)

少しはまともなところもあるでしょうと言う声にはありませんという答えが返ってくるぐらいですから(官僚経験者からですからねぇ)やっぱりろくなものではないですね。

おそらく現在のような状況になっているのは縦割りが大きな問題の要因なんだと思います。
それだけが問題ではないでしょうが、今の財務省による増税ありきの議論から増税への影響がもっと考慮された議論に変わるようならそうするべきだと思います。

ただ、議論を聞いていて思ったのですが 結局官僚が得ている既得権益を崩す有効な方法は政治家が正しく政治をし完了を正しい方向で使いこなす以外にないのかと思うわけです。
となれば 当分のところ日本が良くならない気がしてなりません。。。。。

少なくても官僚が悪い部分はハッキリしているし そういう官僚の悪さをさせない方法が政治主導であるのは確かなようですが、声高にそれを言っていた民主党の不甲斐なさをみれば期待できないこともわかりましたよね。
かといって自民党ならどうかといえば 民主党は違った意味で期待薄に思えるのが残念ですね。
これまでに やって来たこと、やらなかったこと を考えれば自民党なら という気にはなれませんね。


おいらは いままで日曜のイベントとしてそこまで言って委員会をみてきたんですが 忘れていても意外と気にならないものだったんですねぇ。
まぁ所詮はテレビですから。
なければ困るというものでもないわけです。
そして 改めてフジTVはなくても問題がないことを認識いたしました。

忘れていても意外と平気なんですね、テレビって。

むむむ。。民主党!!
2011年09月25日 (日) | 編集 |
むぅぅ。
書きかけでエンター押したことになってしまった。

動画をダウンロードしながらだと どうにも動作が重くなっていかんね。


ニュース記事を見ると どうやら野田総理も自身の考えを変えタバコ税の増税なども念頭にという発言になったらしい。
と、思ったら忘れていた人物が更に後押ししている。
岡田氏が足りなかったらなんでも増税といったらしい。
どこまで無節操なんだろう。

おいらは先日も書いたが今話題に上っている増税の議論ってのは基本的に復興増税について語られているはずである。
所得税や法人税を時限で区切り増税するなどの案が主体のはずだ。
ところが今 マスコミなどを賑わしているたばこ増税や相続税の増税は果たしてこの案件に適しているのだろうか?
タバコ税を期間限定で増税するという案ではないはずだ。
ぞ相続税を期間限定で増税する?まさかね。高級増税の議論でしょう。
復興にも使われるかもしれないがこれは基本的に恒久増税であり復興増税の議論とは区別しなければいけない。

ところが民主党の議員はどさくさに紛れて恒久増税案を復興増税に紛れ込ませているのである。
不思議なこと?にマスコミもそのことに全く触れない。
なぜならマスコミは自民党政権から民主党政権になる際に強力に後押しをし、また今でも民主党の不祥事をろくに報道しないことでもその協力ぶりが伺える。
麻生総理の時に感じの読み間違いなどを大きく取り上げたマスコミである。
ネットでは溢れているが民主党の閣僚などの不正献金疑惑についても国会中継などでは報道されるが民法のニュースなどではほとんど触れられることもないのである。
テレビ局などマスコミの多くが中国や韓国に寄り添った報道をしているわけで 中韓に寄り添う民主党政権を応援しているのであろう。

もう一つは、昨日?も書いたが、復興増税は基本的に2年から数年しか必要のない税収の対策のはずである。
場合によってはもう少し長くなるケースも考えられなくはないが、民主党がばらまいている金額が毎年40兆円とたかじんの番組で言っていた。
復興財源が仮に20兆円ならバラマキを少し減らし毎年10兆円減らせば2年で、5兆円なら4年で増税をせずに用立てることが出来るのである。

マスコミではすでに復興増税はやるのが当たり前という姿勢で記事が書かれている。
全くおかしな話だと思う。

また償還期限が60年などというものが現在でも使われている中で復興財源を短い年数で処理しようとする理由は増税をやるたい!以外にあるのだろうか?
仮に60兆円かかったとして60年で償還すると考えれば年に1兆円ということになる。
はたして復興増税は必要なのだろうか?
そもそもが100年に一度とか1000年に一度の災害だとして想定外なのだろう?
100年計画で復興財源を出せばいい話ではないのだろうか?

おいらには今の復興財源議論は増税をしたい財務省発信の目論見を民主党政権がそのまま実行しようとしているだけにしか見えない。

復興財源という名称を使うからには復興に当てる財源の確保が目的で規定の金額のめどが経てば本来なら元に戻すということなのだろう?
法人税などの話ではそういうことなんだと理解している。
ところが、所得税などは下手をすればそのままになってしまうかもしれないわけだ。
国が背負っている借金を減らすためといえば政治家は通ると思っているフシがある。
現にたばこ税や相続税は復興財源に入れられてしまえばおそらくは減税されることはないと思われる。
そういうものがすでに議論の場で財源として上がっているのである。

日本では過去に2度消費税の増税が行われている。
その時にどうなったかと言えば法人税が下げられているのである。
結果的に消費税を上げただけの税収はアップしていない。
5%になった際に少しでも日本の借金が減っただろうか?

今のままでは例え少しばかりの税収が確保できたとしても、一般会計で上がってくる収入は減少傾向から抜け出せず、単に財務省の管轄の財源が増えるだけで財務省の力が強くなっておしまい というのが目に見えていると思う。

民主党の議論にマスコミが乗じて宣伝しているが子ども手当等で毎年5~6兆円が使われているのである。
他にもバラマキで使われているお金を有効的に使うだけで毎年数兆円が捻出できるのだということを頭にいれておく必要があると思う。
自民党と公明党が民主党にマニフェストの見直しを迫っている。
もしかするとこれだけで復興増税なるものが必要なくなるかもしれないということを考えて欲しい。

農業への個別保証なども実は本当に必要な制度かどうか怪しいわけですね。

素人のおいらでもわかるようなことが政治によって何一つ変わらないというのも本当に不思議な話です。
そして、いまは復興増税をしなければいけない という風潮になっていることも本当におかしな話だと思います。

復興にはお金がいる。
だったら国債などを発行してすぐにお金を用立てる。
これは必要なことです。
国債のの支払いに何を当てるか これについての議論が増税に決まっている というのがおかしいと言っているのです。
果たして今の民主党の頭の中に民主党のマニフェストにあった子ども手当の見直しなどのバラマキを止めて復興財源に当てようなどという考えが入っているのでしょうか?
大いに疑問を感じます。
日本人の他人の痛みを自分のもののようにという気持ちに漬け込んでいるような手口が見えている気がしてなりませんね。

いいか悪いか・・・
2011年09月25日 (日) | 編集 |
中国の汚職事情がレポートされた記事がいくつかあった。

極めつけ?は、これかなぁ。
業務請負で便宜を図る見返りとして、北京の企業幹部らから計約746万元(計9100万円)相当の金品を受け取った。携帯大手の元副社長。。。。
判決は執行猶予2年付きの死刑である。

日本ではおよそ考えられない罰であろう。

しかし、中国という国はそれでも汚職は蔓延している。
中国共産党中央規律検査委員会が今年重点的に取り組んできた党、政府機関の裏金取り締まりで、これまでに5万8千件余り、計266億元(約3200億円)を超す簿外資金が見つかった。保有規定などに違反した公用車も17万台以上あった。
という記事もある。

日本と比べれば桁はずれである。

共産主義で一党独裁の中国ですからやれることも大きければ裁く刑罰も厳しいものもあったりするわけですね。

政治家や官僚などは影響力が大きく手にできる利権なども自然と大きな者になる。
才能に見合った賃金とは別に 利益を得ようとする行為についてはもっと厳罰を課してもいいように思うんだけどなぁ。
さすがに死刑はいきすぎだが。。。。。

日本のシステムで一番大きな問題は各省庁が完全に独立してしまっていることなんじゃないかと思う。
そのために省益を追求することがもはや自然に行われている。
その結果が先日も書いたが、たかじんの番組で言っていたように日銀は紙幣を市中に流せばいいものを自身のバランスシートの方が大事だといい、財務省は省益のために増税路線を貫いているようなことになる。
評論家がある程度わかることがいつまで立っても改善されないことが日本が抱える最大の悩みなのではないだろうか?
もう少し省庁間の連携なり政治の介入がうまくいけば基本的な考え方がもう少しうまくいくだろうと思う。
しかし、民主党が掲げていた脱官僚は いざ政権を取って見ればただの空論でしかなかったことがわかった。
所詮、政治家は官僚のこおt疾戦術に踊らされ官僚の手助けなしには何もできないということが露呈しただけだったように思える。
最後まで抵抗する人がいないでもないようだが、そういった人は官僚のさじ加減で結局消えていっている。

やはりどう考えても、公務員が法によって守られていることが最大の原因に思えて仕方がない。

アメリカなどではトップが変わればスタッフも丸々入れ替わっていると聞く。
お抱えのブレーンが官僚に変わって知識を与えてくれるから踊らされずに済むという状況を作っているのだ。

日本の場合は政権が変わろうが内閣が変わろうが、官僚は変わらない上に例え失敗をしたところで責任を取る人もいないのである。
お抱えのブレーンの場合失敗すればその立案者などの責任者を首にすることなどもできるし やっていることだろうと思う。

日本の政治家は委員会や有識者会議などをしたとしても基本的に官僚が選ぶ人選でやっていることだろう。
もし仮に官僚が独自にブレーンを持てば完了に選定させずにブレーンが読んでくることもできるわけだ。
すなわち大臣などが例え専門的な知識を持たなくても信頼が置けるブレーンを持っていれば大臣の役目は決断することで済むはずである。
現状では官僚以上に知識をもった人がいない状態で頼らざるを得ないことが官僚のいいなりにされる理由だと思う。
官僚以上に知識をもった人がやるか、自分の代わりの頭になってくれる人材を集めてブレーンを作るしか官僚には対抗できないと思うね。

まぁここでこういうことを書いたところでおいらなどが思いつくことなどすでに頭のいい人は言っているわけで。
できないことが問題なのだろう。
しかし、なぜできないのかはまったくわかりませんねぇ。。。。

政治家って職業に二世議員が多いとか少ないとか問題になっている部分がありますよね?
さきほどのブレーンなど官費で賄うことが問題なら それこそ鳩山元総理のように裕福な人は独自にブレーンを持てばやれなくはなかったはずだ。
麻生元総理も同様に資産家である。

ブレーンを使っていい政治をすれば献金だって取りやすくなると思うのは浅はかなのだろうか?

また、そういうシステムに反発する勢力があるとすれば どうして反発するのかよくわからない。
たとえば仮に 庶民が政治に参加できなくなるなどという反発があるだろうか?
お金がなければブレーンは抱えられないのだろうか?
おいらはそうは思わない。
日本をなんとかしたいと考える人が無償で協力してくれる場合だってあるはずだ。
お金を貰わなければやらない という人もなかにはいるだろうが、決してそんな人ばかりではないはずだ。

いいたくはないが、某資金団体の秘書のようになんの役に立っているかわからないような仕事で秘書など雇わずに政策秘書にもっと金をかければいいだろう。
政治にはお金がかあkると言う議員さんも大勢いるが、どの政治家を見てもみすぼらしい感じを受ける人などいないわけで、それなりに贅沢をしているように見えるのは おいらの気のせいなのだろうか?


きょう書いた中国の罰などは極端な例でしかないが、日本でも立場を利用した悪事についてはもう少し罰則を厳しくするべきだろう。
そして何より、公務員の身分保障について見直す必要性を大いに感じる。

およそ社会人らしくない行いをし、処分の対象になってつまらない裁判をお越している公務員が毎年どれだけいるだろう?
それらにあたる人や時間、お金がどれほど無駄になっているだろう。
問題があった際に責任を取らない公務員がどれほどいるだろう?
などと考えれば身分保障などもってのほかである。
スト権が必要なら認めればいい。
実施前に通知する条件でやればストの時はアルバイトでも雇えばいいのである。
そうすればストをした人たちが別に必要のない人間だということがハッキリするだけのことだろう。

制度を変えれば公務員一律に給料を下げなくたって賃金を減らすことはできるはずだ。
頑張っていると認められる人たちにはそれなりに、簡単な仕事にはそれなりに給料を支払えばいいのである。
地域によっては一般の3倍近い給料が平均して支払われるというようなお粗末な状況は改善されるはずである。
おそらく大分も公務員の給料は結構よかったはずだ。
民間の倍以上あるのではないだろうか。。。
市役所に行って仕事をみていても職員が皆 それほどの仕事をしているようには見えないはずである。
医者や警察官、消防士などが特別なことは明らかに分かるわけで。
(そうはいっても先日テレビで見たが海猿こと潜水士などの危険手当は1回数百円程度だったように思う。これが現実だろう)

日本のシステムのここが悪いと多くの人がわかっている。
それを正すことができない 理由が知りたいものですね。。。。。。

その2
2011年09月24日 (土) | 編集 |
先程の続きになるのだが

最終的には日銀がお金を刷れば解決という話で終わった。

更にお金とは 世間を回すもの という金言?まででた。


お金について考えたときに、ふと昔と今の若者について考えるに至った。
昔は宵越しのお金は持たないで男は女にお金を使いまくっていた。
当時はバブルと呼ばれていたわけです。

いまは若者は大手企業に就職するために一生懸命就職活動をするが一方で中小企業への就活はしない。
酒タバコもやらず車ももたずデートも割り勘、自炊生活をしお金を使わない。

あまりに対照的です。

お金が世間を回すもの という考え方に基づいたものであれば 実はバブル世代のお金の使い方が結果的に正しく、苦しいから節約し倹約している今の若者は実は自分たちで自分たちの首を占めているということになるのでしょうか。。。。

ワイドショーなどでも賢いお金の使い方 みたいな特集をして胡散臭いエコロジスト?評論家が出演しなるべくお金を使わない方法を伝授している。
これって自分で自分の首を占めている行為なんでしょうかねぇ。

おいらにもそう見えるんですよね。
昔、一億総中流だったころには一番安いものは売れなかったわけです。
中ぐらいのものが売れたんですね。
今は安いものしか売れません。
だから価格競争がすごくなり結果的に経営努力と称し下請けがいじめられ収入が減っている。

安いものが売れない風潮が起これば過度な価格競争はなくなり収入が安定するように思えるし、その上で宵越しの金は持たない気質がついてまわればお金が巡り巡って戻ってきそうな気がしてきますね。

今の若者が堅実に見えているが もしかしてとんでもない間違いなのかもしれませんね。
確かに堅実でお金を貯めるのは悪いことではないかもしれませんが、日本が破綻した場合 貯金している価値というものがいつ何どき価値が一気に下がらないとも限らないとは想いませんか?
モノの価値ってのはそれほど大きく変わらないかもしれませんが、お金の価値ってものはどう変わるかわからないという考えにはいたらないのでしょうかねぇ。

韓国がいま好調な原因に韓国の貨幣価値が半減したことがあり いまはその影響で強い韓国になっているという話がありました。商売の上では価値が半減したことで競争力が生まれたわけですが、お金を持っているだけでは半減した場合半減した価値しかありませんよね。

日本は今円高です。企業は商売をする上で苦労をしているところも多いでしょう。
しかし、一方ではお金を溜め込んでいる人などからすれば海外での円の価値が上がったわけですから同じお金で多くのものかより高いものが買えるようになっているわけです。
それもこれも使えばこそなんですね。

お金って実はつかってこそ意味があるようにおもえますね。
もちろん、簡単に使いきれないほど大きな金額になればそれはそれで力にもなるでしょうけど。
基本的に庶民が持てるかねぐらいなら使ったほうがより有効な気がします。。。。。

増税しなくても日本経済は破綻しない
2011年09月24日 (土) | 編集 |
たかじんNo Mo マネー という番組でやっている。

復興財源は単独の10兆円がとりあえず必要だという。

毎年40兆円をばら撒いてきた政府にとって単年の10兆円など 全く問題がないという。
こういうときこそ埋蔵金をつ合えばいいとも言っている。

建設国債は60年償還で毎年の負債は2000億円でしかない。
復興財源を5年や10年で償還するという姿勢にも疑問が残るとしている。

パネラーは皆の総意として日本にはお金が余っていると言っている。
銀行にはお金が余っているというのだ。
それを市場に回せばいいともいっている。

いま世間で復興の財源は財務省主導で増税ありきですすめられているからにほかならないと言っている。
復興会議では有識者が意見をいったあとに財務官僚が いい話ですね、じゃあ復興財源は増税で としめくくっているというのだ。


こういう人たちの言葉を聞くたびに思うことがある。
なんで原因や対策がわかっていて、できないかなぁ。。。。。

デフレの原因は日銀が自分のところのバランスシートばかり気にしているから。
アメリカは通貨を3倍にしたのに日本は1、2倍で 円高になるのは当たり前だという。

日銀は自分の庭先だけを考え財務省も自分に庭しか見ていない。
だから今のような状況が生まれているとまで共通して言っているのだ。

そこまでわかっていてどうしようもなく ズルズルいっている日本って不思議だろう。
出演者の竹中元大臣が大臣時代にアメリカの人が紙幣を刷れといい、竹中氏も日銀に促したところ日銀の人がバランスシートが大きくなると言ったらアメリカの人がso what?(だから?)と聞き返したというエピソードまで話している。
更に順序は逆になっているが今のままなら大手企業の25%が海外に本社を移すといい、日経だかの調査で社長に直接聞いたという話では3割が3年以内に海外へ移すことを考えているとも言っていた。

おいら個人では出たい奴は出て行け という考えなんでだからどうしたというところですが。。


それにしても、評論家の多くがわかっている原因と対策が 政府は全く分かっていないし 対策もできないということに政治不信の根源があるように思える。

結局最後に行き着くところは政治家が官僚を使いこなせず省益を追う官僚と先が見えない政治家によってこの国は収められているんだなぁという絶望感しかないように思える。
番組で出てくる言葉がそのまま現実かしていればもう少し違った日本がそこに見える気がするねぇ。
もっとも、部分的にはその評論家も考えがまとまらないのも現実なんですけどね。

スポーツ大好き!
2011年09月23日 (金) | 編集 |
地上波で見る番組はないんですが、ケーブルTVでなんやかやと見るものがあります。

今現在 ケーブルの放送ではニュージーランドでラグビーのワールドカップが行われています。
先日も書いたことがありますね。
何をどう忘れたか覚えていませんが8強の何かを忘れてしまっていたのを覚えています。
ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア、イングランド、フランス、ウェールズ、アイルランド、スコットランドで8つだったですね。おそらくスコットランドを忘れていたのでしょう。
調べてみるとワールドカップでの悪しき記録を持つ日本もなんだかんだでランキング13位ってのにもびっくりします。
このグループではトンガよりランキングは上でしたが負けてしまいましたねぇ。
前に対戦したときは勝ったらしいので残念ですね。
日本の最終戦はカナダですが、カナダはランキングもうえの国でありトンガにも勝っていますので苦戦しそうですね。
トンガ戦ではルールを厳密に知らないおいらにはトンガによるターンオーバーの多くがピックアップや横から入る販促に見えてしまったのは贔屓目かルールがわかっていないからなにかなんでしょうねぇ。
なにせフランス戦よりもターンオーバーされてましたからね。
ラックになった際に日本の集まりが遅いのか相手が上からボールを拾い上げているのがほとんど相手ボールになっていましたからねぇ。。。。


ほかにもヨネックスオープン バドミントンもやっていますねぇ。
改めて見ると面白いですよねぇ。
素人目には神業っぽいテクニックが結構あったりして見ごたえがあります。
中国という大きな壁(中国系の選手も含めてですね)がありますが、それを除けば日本だって決して弱いわけではないので楽しめます。

モータースポーツも面白いです。
おいらは四輪よりどちらかと言えば二輪のレースの方が隙なんですが、スーパーバイク選手権や元GPも結構見ていますからねぇ。
加えて海外サッカーもあります。
プレミアリーグの試合などはBSなどでも放送されていますから楽しめますね。
今年のマンチェスターユナイテッドは絶好調に思えます。
とにかく点が取れている。
アーセナル戦は極めつけですが、チェルシー相手のだって本当ならもっと点が入っていてもおかしくなかった。
現時点では世界一強そうなイメージです。

サッカーで言えばおいらの環境では残念ながらスペインリーグを見る環境がありませんけどね。
ドルトムントやバイエルンの試合、インテルなどの試合は時々ですが見る機会はありますからね。

おいら的には一番放送の多い野球は見ないもんで 個人的にはその分Jリーグの放送をして欲しいと思っております。
深夜などではそれなりにJリーグの放送もあったりしてますのでそこで こそこそ見ていますけどね。

ケーブルでは水泳なんかもやってたりするんですが そこはおいらにはそれほど興味もなく。。。。
(オリンピックとかなら見るんですけどね)

いまやっている大会などが終わってもサッカーでは天皇杯などの中継があるんじゃないかなぁと期待はありますし、おいらにはバラエティー番組とかはなくても平気そうですねぇ。

そうそう、忘れるところでした。
おいらは実はテニスなんかも好きなんですね。
テニスもしっかり放送はあるんですが、テニスの場合みたい選手が出ていないとあまり見ない傾向にありますね。
ナダル最高!ってとこです。

これに映画もとりあえず見ているわけですから。。。。

いまは何回目か忘れましたけど かもめ食堂を見終わったところです。
どうというところのない映画ですが なんとなく気に入っている映画の一つですね。

PCの合間とかに見ているのでこれで十分でしょう!
とにかくスポーツ番組大好きです。

(アメフトのシーズンなんですが さすがにこれはあまり見ませんねぇ。。。)


復興増税議論と議員
2011年09月23日 (金) | 編集 |
ニュース記事では復興財源なるものについて書かれることが多くなってきている。

個人的な意見だが、政府発行すればいいと思うんだよな。
信用がどうと書こうとかいう輩がいるが 信用を失えば通常は貨幣価値が下がるとなるのだろう。
どっこい今は超円高が問題になっているのである。
政府が紙幣を刷ればいいじゃないか!と思うのだが。

復興財源ではなぜかタバコ税や相続税が議論になっているようだ。
復興財源に一部消費者の求めるのがタバコ税の増税。(しかも復興財源って基本的に期限付きでないのかしら?)
同様に相続税が復興財源に果たしてふさわしいのだろうか?
復興財源で言われているのが所得税や法人税であり、それらは期限付きで行われるとしている。
相続税が期限付きっておかしいでしょ?タバコ税も期限付きっておかしいでしょ?
これらは期限を切らずに増税分にしたいのでしょう。
復興財源という名目で恒久増税をしたいわけでしょう。
これってハッキリいって詐欺でしょ。


昨日だかの記事に国会議員の報酬カットが9月で終わるということに対し みんなの党が継続法案を出すべきだという話がでていた。
国民には復興増税をお願いします(どうやらその中に恒久増税を含めてね)。私たちは9月でカットは止めて通常の報酬をいただきます。
じゃ、おかしくねぇか?

マスコミも不思議なことに復興財源にタバコ税や相続税があがっていると疑問視することがないのはなぜなんだろう?
復興財源という名目での恒久増税を容認しているというより応援でもしているのだろうか?
恐ろしい世の中になったものだ。

不思議な発見をした。
2011年09月23日 (金) | 編集 |
某加藤氏のスレッドが意外に伸びているんですね。

フジ批判を書き込むスレッドに適当なのがないためでしょうね。

その中で安易に韓流を流している理由が安くてそこそこ数字が取れるっていう理由があるんですが。
そしてそれについて書かれた意見の中に、なかには冬のソナタみたいに数字が取れるやつが出てくるかもしれないという話があったんですよ。

そこでおいらがふと思い出したのだ そこまで言って委員会で某田島氏が言った言葉です。
韓流に嵌っていたんですがとにかく長くて卒業したという話です。
朴一氏が補足していたわけですが韓国では週に2回放送があって大体100話のものが多いという話ですね。

さて日本のドラマを考えてみましょう。
1クール3ヶ月に週1で流せば12話になります。
昼の帯びでやれば週5で20週5ヵ月は不発でも継続しなければいけなくなります。
(途中で打ち切りがなければですね)

そもそも論ですが、日本のテレビの形態に合ってないと感じませんか?

日本では番組改編が行われます。しょっちゅうですね。
そのために番組の宣伝のために特別番組を制作し出演者などを集めてろくでもない番組を作っています。
おいらはそのたびに見るものがなくなってしまうわけですが。。。。

改めて言いますが 韓国ドラマって基本的にの本のシステムと大きく違って長いんですよ。
したがって不発でも長い間放送し続けなければいけないんです。
NHKのようにスポンサーを得ていない局では問題はないかもしれませんが、民放ではスポンサーにより収入を得ています。
番組がこけた場合はスポンサーに与える大きな影響が出てきます。

これが衛星放送なら視聴者からも課金しているわけですから問題はありません。

つまり、韓流ドラマを流すってのは大きな賭けでもあったはずなんですね。
それまでの枠を韓流を流すために変えてしまっているわけですから。

MSNの記事で昨日ロケットニュースというものでフジについての記事がでてました。
フジが番組で手抜きをしすぎだという批判です。
バラエティーで過去に使った場面を何度も使っているなどという話です。
最近は制作費をかけずにネットのおもしろ動画などを集めた番組などを紹介するだけ という番組を何度か見たことがありますが そういう手抜き的な番組が増えているということでしょう。
(ロケットニュースってのは今まで見たことがなかったんですが、ここの過去記事でもフジ関連は結構ありましたね)

韓流の話に戻しますとこれまでの1クール3ヶ月が韓流を流すと5ヶ月になります。
(場合によっては2時間ぶっ通しという手も使えますけどね)

これも手抜きの手法のひとつなんでしょうかねぇ。

一応いっておきますが(実は大したことではなかったんですが)不思議な発見というのは韓流ドラマが日本の既存枠と大きく違うというところが発見だったのです。(たいしたことじゃない?? そうかもしれん。。。。)

もう一つ日本の番組がつまらないという話がありますよね。
韓流が優れていると行っている人もいます。
今のテレビ局が韓流を押し日本のものよりもいいとも言っていたりする人がプロデューサーで番組を作っていたりするからそうなってしまうってことなんではないでしょうかしら?
つまらない小道具を使って物議を呼ぶ そういう番組を作っている人が韓流大好きという事実。
そりゃあ日本のドラマがつまらなくなっても仕方がないわけですね。

この場合、本来取るべき方法ってのはそういうプロデューサーを下ろしてもっと才能のある人を抜擢することが必要あんじゃないんでしょうかねぇ。
韓流ドラマを買ってくるってことは いつまで立っても後続はでてきませんよ?
つまりは買い続けるってことでいいんでしょうか?

まぁとにかくこれまでの日本のテレビ的システムにはあってないんじゃないでしょうか?

ちょっと反省!
2011年09月22日 (木) | 編集 |
昨日書いた中国で有名な某氏の記事について。

おいらが表題にしたものは実は2チャンネルのスレタイでした(スレッドタイトル)。

よく読んでみるとフジテレビ叩きという表現を某氏は使っていない。
書き出しから韓流批判について述べているだけである。

スレタイに踊らされたおいらがフジといえばデモと勝手に結びつけただけの話のようだ。
ちょっと反省しなければならない。

韓流批判についてフジを擁護している記事であることは確かであるがデモの内容の話について書かれた話ではないというだけのことだ。
したがって、韓日戦表記問題などはこの記事とは関係がない、フジが回答した件も関係の無い話だということだね。


しかし、韓流が流行っているというのは果たして本当かについては議論の余地はあるだろう。
きょうのスレッドでも韓流雑誌が今では30誌も出ているというのがでているが、でていることは問題なく受け入れますよ。
問題は売れるかどうかである。
しかし、これにも多くの問題がついてまわる。
本来なら単純に売れるかどうかを見ればいいのであるが ややこしいことに自主買いということがあるから厄介である。
韓国ブランド委員会なるものがユーチューブの再生回数を意図的に挙げたことは周知の事実である。
また、CDなどの売上の上位にK-popのタレントが入っているというのもそうなのかもしれない。
しかし、2チャンネルなどで聞こえてくる声には売れているわりにテレビなどのメディア以外では聞かないなどという話もある。
ブランド委員会の金で電通などが買いまくっているという話があるからだ。
AKBなどもそうだったが総選挙の投票権のために一人で複数枚購入し投票権を得たあとネットで格安で販売されるなどということがあったとも聞いている。
売れた数は果たして視聴者が買ったかどうかが問われているのである。
2チャンネルにはテレビの番組の視聴率を載せてくる人などもいる。
それによると音楽番組やバラエティーで韓流を取り上げた際の視聴率が軒並み普段より悪いという結果がでている。捏造することも可能だろうが、はたして捏造したのだろうか?

視聴率を調べる会社がある。
電通を筆頭にした企業が出資した会社である。
その会社の発表でフジが三冠を撮り続けているのだろう。。。
かつてのスターがニールセンは信用できるが。。。と語った話などもあるようですがニールセンはもはや存在しない。

今の韓流と呼ばれる現象は韓流を推し進めている媒体とそれを検証する媒体が同じなのである。
そこに真実が存在するかどうかが極めて疑わしいということなんですよね。

韓流を推し進めたい人たちの代表になっている人たちの一部がこの加藤某氏であったり先日とりあげたジャーナリストであったりするわけだ。
名前が売れているか売れてないかが問題になる部分はあるのかもしれないが基本的に推し進めたい側に関係のある人たちが韓流は存在しそれを受け入れるべきだという主張をしているだけの話である。
2002年のワールドカップを引き合いに出したことは昨日書いたようにキッパリ否定しておく!

スポーツに疎い人の与太話でしかない。

今回記事を載せた媒体は集英社であるが、集英社だってTV東京でオリジナルの番組をやっている。
雑誌にだって広告収入は入っているのだろう。
そこに電通の影が見える。

テレビで韓流スターの出迎えに数千人などという話のいかがわしさをネットでは伝えている。
写真などを使い割増を指摘する人もいる。
そんなメディアが伝える韓流は果たして本当に存在するのだろうか?
ユーチューブなどでは韓国人が韓流のアンケートで実は韓流などはないというような動画も存在している。
番組のアンケートなどでも実は韓流などは存在しないという結果がでているものもある。

メディアの信用がなくなっている状態でメディアだけが公の電波を使って韓流はスゴイとやっていることに疑問が生じるのは決して不自然な話ではないだろう。

不思議ではないでしょうか?韓国で実績もない新人が日本でデビューすると気にいきなりスター扱いで出てきているのが今の日本における韓流なのである。
韓国では無名の人たちが日本で有名だというのである。
誰がその人たちを持ち上げているのだろう?
売り出したい人たちしか考えられないと思うのは不自然なことでしょうか?

韓流を擁護する人たちが今回の加藤某氏のようにいくらでも出てきている。
そうした人たちはこういう韓国で無名の人たちがいきなり日本でスター扱いをされることの不自然さをどう理解しているのだろう?
売れているという根拠はメディアの声や自主買いして数を捏造しているというセールス以外で確認ができているのだろうか?
直接街でアンケートを取ったのだろうか?
メディアではアンケートなどをとった結果などを発表している場合があるが悲しいことに編集という便利なことができてしまうのだ。
それこそ 笑っていいとも で鍋といえばチゲが全世代で1位を独占などという放送が物語っている。
(ちなみにおいらはチゲなるものを食べたことがない!)

プルコギピザが人気ナンバー1とやれてしまうのが今のメディアである。

どこに韓流の存在を確認できるというのか不思議である。

少なくても真実はメディアの報道にあるわけではなく民間の意識の中にあると思うのだが。
バイアスのかかっていない結果が報道されるのであれば信用できるソースとして認めたいが 悲しいかなそんなものは存在しない。

韓流が流行っているとしたいメディアと存在しないという2チャンネラーの戦いになってきている。
世間では確かに企業が韓流に乗っかろうという風潮は見える。
コンビニが乗っかったり、弁当屋が乗っかったり。。。。確かに溢れている。
それは認めよう。
問題は実際にその恩恵を乗っかった企業は受けているのだろうか?

ネットでは捏造かもしれないがあるコンビニのチラシに 当店には韓流は着ませんでした と書かれているものがアップされている。
乗っかった企業が韓流に乗っかって大儲けできました!という報告でも沢山でてきているのだろうか?

メディアに関係するひちがいくら声を上げたってダメなんですねぇ。
彼らは自分の利益で動いているわけだから。。。。。

こんな人たちを動員しなくても韓流に乗っかって大儲けできました!って声を乗っかったコンビニや企業に上げてもらえばいいじゃない?
それが本当の流行の証明でしょ。

もっとも、それすら金を使って嘘つかせる恐れも否定できないのが残念だね。
だって、後ろに韓国ブランド委員会って財布があるんだから。。。。。

ついでにだが、安くて数字が取れるという韓流ドラマですがシッカリ数字でデータをでせばいいじゃないかと思うんですがいかがでしょう。
安くてそこそこ数字が取れると皆言っている。
数字を出せば説得力というものが違ってくるんではないでしょうか。
なぜか数字が取れるという声はでているが数字が出てきたことがない。

まぁとりあえず、スレタイに踊らされたという点では 思い違いの記事を書いてしまったと反省はしておかなければなりませんね。

おいらももっと注意深くしなければ。。。。。

フジTV叩きは行き過ぎたナショナリズム!
2011年09月22日 (木) | 編集 |
これは集英社の記事で筆者は誰が行っているのか知らないが 中国で一番有名な日本人 加藤嘉一の逆に教えて
という記事で書かれている内容らしい。

http://wpb.shueisha.co.jp/2011/09/21/7063/

氏は中国在住のコラムニストらしいが、最近では中国事情に詳しいということでテレビなどにも出ている人らしい。

フジテレビを擁護するわけではありませんが、この問題についてまず確認しておきたいのは、テレビ局は「韓流ドラマは視聴率が取れる」から放送しているということ。ビジネスとして視聴率が取れそうな番組を選び、スポンサーを獲得するというのは当たり前のことです。

と言っています。

この人は中国のインターネットなどにも詳しいという話だったと思うのですが、2チャンネルは見ていないんでしょうか?笑っちゃいますね。

デモについても内容を知らないんでしょうか?デモのプラカードなどは見ていないんでしょうか?
フジがホームページに掲載した文章を見ていないんでしょうか?
いくつかの質問に対し答える形式になっていましたよね。

おそらく知っていると思います。

それでもフジへのデモはなにがなんでも韓流批判としての話だけに終わらせたいようです。
インターネットを使えない人たちにだけでもどうしても隠しておきたいんでしょうねぇマスコミは。

しかも協力し合って成功した例が日韓ワールドカップだとまで書いているんですねぇ。
いい加減にしろってことです。

ワールドカップの共済に際して韓国は財政難で日本が肩代わりして競技場などを作った。
そして韓国は審判を買収してベスト4に残った 世界で過去最悪のワールドカップと言われる大会を上げているのです。
地上波のメディアでは扱われませんでしたが、おいらは当時CSで多くの試合などを見ました。
韓国が日本の試合で相手を応援していたのは当時は多くの人が知っていることです。
韓国が対戦相手の宿泊施設の前で大騒ぎをして眠るのを妨害したりしたことなどもスカパーでは伝えておりました。韓国人で日本でコーチなどの経験があった人なども恥ずかしいと言っていたのを覚えています。

2002年のワールドカップが成功したなどと思っているのはおそらく世界では日韓ぐらいのものでしょう。
ワールドカップのワースト試合のベスト10の中にこの大会の韓国戦がいくつも入っているのを知っているのでしょうか?
当時のことを語る中にはトルコや日本などの健闘をたたえる声はあっても韓国のベスト4を称えることはないだろう などという声があるのを知らないんでしょう。

ああ、こうやって書いてしまえば嫌韓の話になってしまうw。

そうじゃなくて、フジのデモの理由は韓流の放映時間が一番の原因ではないということに全く触れていないのがこういう文章全般の問題なんですよね。

知らないんじゃない、見る人に知られないように工作をしていることが問題なんでしょうね。

それにしても、こんな人までフジ擁護に駆り出されているんですねぇ。
先日もあるジャーナリストのツイートの話を書きました。

メディアに出ている人たちはどうしてもフジへのデモは韓流批判が原因にしたいんですねぇ。

フジが反日と書いてしまえば敵が増えるからなんでしょうね。
わかりやすいものです。

つーか、中国のネットにこの人などを使ってフジデモは韓流批判の表れとでも書いてもらってるんでしょうかねぇ。
中国人も馬鹿じゃないですから、すでにフジへのデモが韓流批判だけが原因じゃないことを知っている人が大勢いますっての。
それに中国国内でも韓流批判が高まっているという状況まで生まれているのに。。。。

いわゆる文化人って言われている(自称?)人たちを総動員してでも韓流批判にしておきたいんでしょうね。
一方でBUBUKAなどのゴシップ誌などでは真実に近いものが書かれ出したようですね。

いっちゃあなんですが、フジなどのマスコミがあの手この手でこうやってくれると ますます闘士が沸くってことに気がついていないんでしょうかねw。




画像所持に廃棄命令や罰則規定=児童ポルノ規制で条例案―京都府
2011年09月22日 (木) | 編集 |
こういうスレッドが立っていた。

児童ポルノの規制ってのは実は難しい問題なんだと思うんですよね。

まずポルノの規定は誰が見てもわかるようなものなんでしょうか?露出されていなければOK?
きわどいと判断される(誰が判断するねん?)ものもポルノ?

など、多くの問題があると思うんですよね。

こんなこと言っちゃいけないのかもしれないが、子供の写真を取るのが趣味で小さい頃の裸の写真なんか撮っているのもアウトってことでしょう?
中学生や高校生は友達といった海での写真だって女の子のカッコなどによってはアウト?
親戚といった海でも我が子と一緒に写ってしまった写真もアウト?

さらには海外ではたまたま落としてしまった児童ポルノをゴミ箱に入れていただけで刑に問われたケースもあったらしいし、気に入らない上司のPCに入れられたケースもあるという。

人を陥れやすい条例ってのはそもそもどうなんだという議論はないのだろうか?

人権擁護法案にしてもそうだが、人権侵害の判断基準ってのがそもそも明確ではないだろう。
誰でもこれはアウトって納得するものは別にしても人によって判断基準が違うっていうのはあるものではないのだろうか?
それこそ自分の子供の小さい頃の裸の写真は人によっては児童ポルノって判断になってしまわないのだろうか?

しかも単純所持で罰則となれば それこそ知らない間に他人ががPCにいれてしまえば罪になってしまうのだろう。

まぁ条例にしても人権擁護法案のように人権委員が判断すれば令状なしで家宅捜査できるというような規制がなければそれほどきついものではないと思います。
逆に言えば嵌めようとする人がいれば密告によって冤罪が成り立ちやすいということでもあるかもしれません。

子供のための法律というのはわかるんですが、順番がおかしいという感じがしますね。
おいらは興味はないんですが、アイドルの水着を掲載した雑誌などが売られていて(未成年でもね)、児童ポルノを規制しようってのはどうなんでしょうね。
高校生のセックス経験率なども上昇していると言われる中、果たしてこの条例に意味があるんでしょうかねぇ?
プリクラでおっぱい写真を取る子なんかもいるって話でそれを所持している女子高生はこれの取締の対象になるのでしょうか??
それをもらった彼氏は取締の対象になるのでしょうか?

先の民主党の子ども手当法案も見切り発車にて多くの問題点が事前に言われる中その通りに問題が出ました。

政治家って人たちは分かっている問題点を克服できないままでも条例や法律を施行したいのでしょうかねぇ。
それってあまりに学習できなさすぎだと思うんですが。。。。。


まぁおいらは基本的に児童ポルノや2次元ポルノにも興味はない。
しかし、こういっちゃなんですが18歳未満だって下手な成人より体が発達している人は存在している。
それらまでも積極的に排除しようとは思わない。

曖昧な定義で条例などをつくり冤罪を生んだ時に誰が責任を取るのだろう?
また取れるのだろう?

おそらくこういう条例を作ろうとした人が責任を取ることはしないだろう。

自分の中の正義だけを主張し他人の心配など聞こうともしない人がこういうのを作れるんだね。


今の日本ではいじめ問題では不思議なことに加害者の人権を言う人がいる。
環境がそうさせただの云々と。。。

一方で痴漢に関しては被害者の声しか聞かないのである。




大昔に夜コンビニでショーケースの前で女性がかがみこんで胸が見えたことがある。
胸元のあいた服を着てノーブラだったのだ。
おいらを見て睨んだが おいらはのぞき込んだわけでもないのに罪悪感が出てきてしまった。
これっておいらが悪いのか?

今のような状況が続けば こういう場面でも男が悪いという条例ができそうで怖いね。

箸休めで。。。?
2011年09月21日 (水) | 編集 |
Rの法則?って番組を初めて見た。

たまたまカレーの食べ方ってのをやっていたので少し興味がわいたのだ。

どうやらこの番組 高校生の生態をしらべているのだろうか?

カレーの食べ方はルーをすくってご飯にかけて食べるだろう。。。。
いちいちまとめてってのの言い訳はなんだ!
おいらはすくって食べたってご飯つぶひとつ残さずに食うぞ!
ご飯をルーに寄せていくことはあるがルーをご飯に寄せることはほとんどない!
お皿をきれいにというならご飯が乗っていたところにルーを寄せると汚れるだろうが!

ご飯をルーに寄せれば汚れる面積が少なくて済むんだよ!

まぁハッキリ言って好きに食え!!!!!!

美味ければいいのだ。

そんなことより後ろの女の子たち!
パンツが見えてるぞ!

おかしな国だよ、日本は。
2011年09月21日 (水) | 編集 |
前に玄海原発のメール問題で 賛成派に意見をするようにという話で世間からは圧倒的な非難の声があがったわけだ。
おいらは基本的には原発反対だが(過去の記事を見てもらえばわかると思う)、一方的な反原発への用語もどうかと思う。
反原発はいいとしても、もっと公平な議論が欲しいと思う。

なぜかと言えば、今起こっている反原発のデモなどでも金銭が渡るような動員がなされているのである。
このことはブログでこんなアルバイトをしたというものがハッキリあったのを確認した。

賛成派の組織票はダメ(まな板の上の鯉だから?)、市民団体などの組織票はOK というような(その際に金銭がわたっている可能性が今回のアルバイトでも考えられる)偏った考え方が起こることがおかしいんじゃないかと思うんですよね。

何度も書きますが、おいらは基本反原発であります。
デモをするのはフジデモを応援していることでもわかると思います。
だからといって反原発デモに日当付きのアルバイト入れちゃダメでしょ。。。。。。

おいらは正直言って市民団体なるものを訝しいものと捉えております。
やってる高動画怪しいでしょ。
前に沖縄の基地反対派が風船を上げた話でもやっていい事と悪いことの区別がつかない人たちを批判したことがあります。

正しい主張をするのなら汚い真似はやめるべきでしょう。
反原発のデモが6万人(主催者発表?)が例え3万人になったって おいらは構わないと思う。

体制側がやる行為についてメディアは色々と書くが反体制側の行いについて全く触れないのもおかしな話だと思う。
まぁメディアなんてのは不思議なもので政治などについては反対性側を擁護し 流行などではそれにそtっていないものを認めない。
あくまで自己都合で動いている媒体でしかない。

おいらは原発はなくなって欲しいと思うが、自分たちだけが利用しているわけではないことも考える必要はあると思う。
ちなみにだが、少なくても福島の事故まで何も言わなかった人たちは事故があったからすぐに原発を止めろというのはあまりに無節操に思えるね。
東京都が天然ガスを使った発電を独自に東京でやろうとしていることだって実際に施設が完成するには4年ほどはかかるらしい。
政治家などがテレビなどで話している内容でも実際にこのまま原発を進めるというのは現実的ではないという話も多い。

おいらはマスコミが取るアンケートなどの風潮が(二択論理だね)そもそも世間を騒がす原因だと思う。
ドイツなどでの脱原発だって目標は2022年だっけ?
10年はかけてやるという話だ。
それも、フランスという電力供給源を持っている国の考えとしてである。

日本は周りにフランスのような国があるわけでもないことも考えないといけない。
(おいらはこれについては脱原発でも日本の技術で可能だとみているんですけどね)

ドイツやイタリアを見習うというのなら政府が計画をまとめる時間は与えなければいけないと思う。
ヨーロッパと同じ状況にないのだから。。。。

その中で脱原発を訴え続ければいいのである。
マスコミも普段は経済界のことを心配しているくせに脱原発の運動には理解がありすぎないか?と思えて仕方がない。
現実的な対応を考え提案していくこともマスコミの勤めのように思うのだが。。。。




もしかして本末転倒?
2011年09月20日 (火) | 編集 |
飯を食うためにニュースを見ていたら来年度から自動車性能の見直しで各社燃費の向上に力を入れているとやっていた。
なかには運転者の技術を採点して燃費のいい運転を心がけるようにというものもあるらしい。

バカかと!

使い勝手のいい車をつくるというのならわかるが、燃費のためにいい運転を運転者に強いるなんてのは考え違いも甚だしいと思うのだが。
車ってのはもともと人の足に変わるものとして発達したものだろう。
筋から言えば人に合わせるべきである。

各社豊富な車種があるからそこで人が選べばいいと言う考え方もあるかもしれないが、そんなものは当然でどの機種を選んでも人が優先されたものでなければいけないと思うぞ。

まぁおいらには新車を買う予定なんてものはないんだけどね。



ちなみに ニュースで今度は日産が海外の部品をこれまでより使うと言ったらしいなぁ。
日産はもう外国企業だからそれもアリなのかもしれない。役員の会議は英語で役員数も過半数を外国人にするともいわれている企業ですね。
外国人株式比率でも外国人がもっている株の方が多いようだし、いつ本社が海外に出ていってもおかしくない企業である。
おいらはこういう会社はどんどん海外に出ていけばいいと思っている。
付いていく人もいればいけない人もいるだろう。
それでいいと思う。

日産やトヨタがなければ困るということもないのだ。。。。。いすずでもダイハツでもスズキでも車はあるからね。

痛い人はいるもんだね。
2011年09月20日 (火) | 編集 |
ジャーナリストという輩でツイッターでフジデモを批判している人は結構いるもんだね。

フジの日の丸交換でもめたのを見たけど、なにあれ?人の家で同様のことがあったらいちいち交換して回るの?などとツイートしている人がいた。

どうせおいらはツイッターなんてしないから基本的には気にしないけど痛いねw。
デモの対象になっているところだからに決まっているじゃないか。
しかも、デモに参加した人の多くが日の丸を持参しているわけで。。。。。

こういう人に反論したってハッキリ言って無駄ですよね。
どうせ理解し合えないんだから。最終的には私たちはこういうことも知っているなどと自分たちの土俵にもってこようとするだけだ。

前にフジの元アナウンサーって人のブログを見たことがある。
同じようなものでしたね。
言いたくはないがたった二つだけで言うのもなんですが、wという笑いを適度に散らしている。
しかもその前の文章が相手をいなすかのようなもので ハッキリ言って見ていて気持ちがいいものではない。
意図的にやっているのか知らずにやっているのかわからないが、文章を扱う 言葉を扱う仕事をしていたしていた人がやっているかと思うと残念だね。
おいらもブログで使っているが使うのは自嘲とかふざけて使っているわけで意図的に使っている。

元フジアナの方の場合は韓日戦表記についてなどフジの良くない点は良くないと指摘を一応している。
もっとも、それとは別にデモを懸念するかのような話がその何倍も費やされているので始末に悪い。
批判に対しても、言葉の使い方などを悪い点を指摘したり聞く耳を持ちませんので悪しからずw。(直接こう書いていたわけではないが)このような印象をうける書きかたをしていて見ていて気持ちが悪くなったのを思い出す。
wで表す笑いのタイミングがどうにも不愉快にさせるのである。

ちなみにだが、ジャーナリストの方は多くは見ていないが所詮ジャーナリストなどという職業である。
言葉遊びはうまいものだ。
いつ私が日の丸を粗末に扱いました?だの、こういうところは元アナウンサーと同様である。
元アナウンサーは韓日戦とやったり表彰式のカットについてはフジが悪いという意見も述べていたわけだが、どうせジャーナリストなどという立場の人間はメディアなどでは韓日戦や日の丸・君が代についてはメディアに乗せた発言は出来ない(もしくはしない)んだろうと思える。
ツイートなど一部のメディアでフジよりの立場で反感をかったところで彼らには痛くも痒くもないのだろう。
なんせ金になる職場そのものが表現を制限された場所であり 基本的にフジヨリの立場をとらざるを得ない いわば見方の後ろ盾を得ているのであるから。。。。。

こう言う声を上げる人たちってのはおいらなどが知らない場所で悲惨なことが起こっているのを知っているとかそういうことを言うのだろうが、反面韓日戦の表記などどうでもいいと思っているのだろう。
そうでないとしても そんなことより今はこっちだろうとでも言いたいのだろうが、それこそ偏っている話だ。

おいらはいつも書いているがこっちかこっちの二択なんてのはマスコミのアンケートぐらいのものである。
マスコミの施行にほかならないと思っている。
人間ってのはひとつのことしか考えられない動物ではない。
原発や震災に関しては政府の動きの方が大きな力になることは明らかで、一報でこのフジの関連の問題は国民が声を上げなければこの国が動かないことは分かっているからこそ動いていると思っている人は少なくないはずだ。

ジャーナリストなどは我々からすれば大きな力を持っているのだろう。メディアを通じて発信できるチャンスを持っているわけだ。
しかし、実態を知りつつ報じない嘘つきでもある。

実態を知りつつ韓流の放送時間だけを取り上げたり人気があると言い続けて取り上げるのは嘘つきだろう。

なぜそうなのかといえば都合が悪いからでしかない。
タレントがフジを擁護する、ジャーナリストがフジを擁護する わかりやすくていいんじゃないか?

おいらたちは気持ち悪いからデモを応援し、こうやってブログでとりあげるのだ。
スポーツで日本を応援し活躍した人を貶めるようなテレビ局はいらないのだ。
リトルボーイ、ファットマンJAP18などやられて平気な人は平気でもいいが、気持ち悪いと声を上げることに文句を言われるいわれはない。
(事由があるから言ったって構わないけどね。。。。)

しかし、せっかくジャーナシルトなんだったらメディアでちゃんと取り上げて言ってみろと言いたいね。
韓日戦いいんじゃないですか?日の丸君が代 映さなくたっていいんじゃない?と言ってみればいいのだ。
表現の自由ってのは取り上げない自由ではなく取り上げていいんじゃない?って言えることが自由なんじゃないのだろうか?

こそこそデモを批判しないで公の場で発言するチャンスを得られる立場にあるんだったら公にいえばいいと思うんだがどうだろう?

まぁどうせ相容れない考えかたなんでお互いに好きに言い合っていればいいんだろうけどね。

おいらはおいらで気持ち悪いことをなくす努力をするだけだ。

マスコミはジレンマに陥ったと思う。
2011年09月20日 (火) | 編集 |
ASAHI.comで 韓流番組、なぜ増えた? TV局「自前より安い」・韓国「輸出」に力 という記事が書かれている。
この中で韓流の放映時間がながいフジにデモがおき続いていると書かれている。
結果的には取材をし、海外の番組が増えることについての話になっているわけです。

フジへのデモについて書かないのは もしかするとマスコミが自分たちの主張する呪縛のようなものに陥っているせいではないかという気がしてきました。

その呪縛は日頃マスコミが主張している表現の自由というやつです。

この言葉は非常に曖昧で自分たちがこれを侵してしまえば次は自分たちに帰ってくることが考えられるんですね。

そのために韓日戦とフジが使うことに文句をいえば 次に自分たちが使う表現にも文句をつけられても仕方がなくなってしまう、また日の丸・君が代を映さないということに関しても自分たちが普段から表現の自由などと言っている手前 移さないのはおかしいと言えなくなっているんではないでしょうか?

昨日も書いた話で、教師の国歌斉唱や起立を拒否する話にもこの自由という呪縛があると思います。
一般では制限された仲の自由という考え方が確立されていると思うのですが、公務員やマスコミの連中には既に得ている特権を守るための手段であってこの言葉が最優先されているように思えるのです。
そのためにその自由という言葉が一般で思っている以上に重くのしかかっているのではないでしょうか。
まぁ教師のいう自由は完全にエゴですけどね。

マスコミは表現の自由を犯される恐れがある今回のフジへのデモについては触れたくても触れられない状態に陥っていると言うのが正しいように思うのです。
韓日戦というのが常識とネットでは書けます。
しかし、テレビなどのメディアでそれを言ってしまえば表現の自由をマスコミ自体が規制してしまう行為にもなりかねない。
日の丸や国歌に関しても批判してしまえば 次は自分たちが表現の自由を失いかねないということにつながるかもしれないということを恐れているのではないかと思うのです。
まったくこれはジレンマというほかないと思いますね。

簡単に考えてユーチューブやユーストリームのデモの放送などが結構な数の人が見ているわけで、ニュースで取り上げればそれこそ視聴率は取れるわけです。
分かっていてもフジの表現の自由を取り上げて それこそ世論でこの表現はおかしいという判断が出てしまえば今度は自分たちが使う言葉も制限されかねないということになってしまいます。
フジと同調という言葉も出ていますが、さすがにこれだけ時間があってメディアのほとんどが(ネットメディアは除くかな?)韓日戦という呼び方や日の丸・君が代、浅田選手への扱いという内容に触れないのは異常ですからね。
結局、事実を知りながらマスコミが表現の自由という呪縛によって真実を書けなくなっていると言うことではないかと思うのです。
表現の自由を奪いかねない韓日戦の呼び方問題や 同じく日の丸・君が代問題についてテーブルに上げることさえも拒否しているということではないかと思います。

おいらは本来 表現の自由などというものは議論の上で合意し成熟させ形どっていくのが健全な表現の自由のあり方だと思うのですが、マスコミは身を守るためにその議論すらやめてしまっている状態だと見えますね。
ネットではそれこそ自由にそういう議論が出来ます。

自由ってのは規制の上にあるのだと堂々と書けるんですね。



すこしズレますが、前に嫌韓流を書いた山野車輪がフジのデモについて批判するかのような発言をネットの討論会のようなものでしておりました。
作家という立場でこのことを考えたときにやはり表現の自由は守りたいということなのではないでしょうか?

マスコミは取材をしたときに多くのなかから言葉を選んで掲載したり報道したりします。
時には取材者の意図と違う表現になることもあると思うのですが、そういった際の言いわけでもこの表現の自由という言葉は重要なのでしょう。

おいらは前にも韓日戦や日の丸・君が代がマスコミにとってのタブーなのでしょうか?と書いています。

どうやら本当にこの話題に触れることはタブーなのだという気持ちになってきました。
それは自分たちを守るためにそうすることが必要だからということで各社共通の理解があるということなのでしょう。
ナショナリズム云々とも書きましたが どうやらそれはお門違いで単にマスコミが保身を図るために必要なのだと感じますね。


テレビという存在がつまらなくなってきているという人は少なくないはずです。
ひとつの原因は規制が行われてきたからです。
エッチな表現は規制によって少なくなりました。過激な表現も減っています。
やらせとわかる表現も少なくなってきました。
討論番組でも昔はそれこそ殴り合いが始まるのではないかという場面までありましたが、いまではそこまではなかなかいきません。

制限がそうさせていったのでしょう。その結果テレビというメディアが面白くなくなってきたということなのでしょう。
規制が悪いという訳ではありません。
自分たちで作った規制でやっているのが今のテレビなんでしょう。

ネットにだって規制は必要な部分があります。
問題は何を規制し何を守るかのはずです。

今のメディアは表現の自由を守るために正義の議論をなくしてしまった時代遅れのメディアだということなんでしょうね。
金儲けの手段になってしまった番組をながすことが仕事なのでしょう。
誰のための番組づくりなのか、なんのために放送権を与えられているのか などを考えてみることが必要な気がします。
おいらは今の放送メディアが表現の自由を守ろうとする行為は視聴者のために守ろうとしているのではなく発信する側のために守ろうとしているだけにしか見えません。

まぁだからこそテレビなどのメディアが時代遅れになってきているわけなんでしょうけどね。。。。



きょうのフジデモでアルソックが暴れたらしい。。。。。
2011年09月19日 (月) | 編集 |
2チャンネルによると、きょうのフジ本社へのデモで掲げられていた日の丸が薄汚く破れているのを見かね、フジ側と協議の結果一旦は交換をするとフジ側が答え、その後何度か催促するも交換せず社長は交換を拒否したという話になったようです。
しかし、一旦は交換に応じた経緯からデモ側が相手の了承の上で交換をし(このときにフジの警備のアルソックが周りを取り囲むちょっかいをだしている風にも見えるが)交換した日の丸を上げる際に君が代を歌ったころからアルソックが暴れ出したということらしい。
(この動画はユーチューブで見れます。)
おそらくアルソックが依頼者であるフジTVに無断で行動に出ることは考えられず、君が代が聞こえたことでフジ側が排除司令をアルソックにだしたのではないかと個人的には思っています。
動画を見てみればわかりますが、日の丸交換の際にもアルソックの他にデモに随行していた警察も近くで見ています。つまり警察も交換にかんしては問題なしと見ていた模様ですね。
最終的には行動にでたアルソックからデモ隊を警察が守るというかたちになったようですね。

いきさつは2ちゃんねるやデモについて書かれているブログなどで詳しく見ることができると思います。

アルソックに押し倒された人などもいたようですがアルソックはその後フジ社屋に消えたという話で逮捕者など話ということです。

それにしても不思議な話です。
交換を認めたんならフジの社員が立ち会えばいいのになぜかアルソックが周りを囲んでおります。交換の最中にもちょっかいをだしつつにおいらは見えましたけどね。。。。
フジ側が敷地内に入ることもなかには社内に入ることも認めていたという話もあり、本来なら揉め事は起こらなかったはずなんですけどねぇ。

おいらが予想するように君が代を嫌ったフジ社内からの支持によってアルソックが行動を起こしたというのが最も信ぴょう性があると思いませんか?

まぁフジがいろいろやってくれればこの騒動は飽きっぽいネット民でも続けられるし騒動は構いませんけどね。

フジ関連のデモはで四日連続で行われたようですね。
大阪や名古屋で行われたデモでもチラシなどを配りこの状況を伝える努力が行われたようです。
テレビなどのマスコミがどう伝えようが継続することで真実が分かってくるでしょう。
花王の不買でも徐々に効果が出て来ているようですし、フジとは完全に戦闘状態に入った感じですね。
フジ自体はデモなど堪えないようですがスポンサーは違うと思うし、事は韓国ブランド委員会という存在もあるわけです。
この存在が世間に知られれば日本としての対応を考える必要を国民が感じれば状況を変えることができるかもしれません。
政権交代も必要ですけどね。。。。。。。

恐ろしい世の中だ、こんな人が弁護士?
2011年09月19日 (月) | 編集 |
肝心なことは後から書きますが、その前に。

教師が基本的人権を教えてきたが君が代は歌いたくないというのを弁護士が憲法を立てにとって擁護しているという話がでていた。
橋下知事の政令に対しての問題ですね。

バカかと!

憲法は大雑把なことしか書かれていないから詳しく補足するために法律がある。
弁護士ならわかるよね?
憲法で保証されたさまざまな自由ってのは術tに優先されるのであれば社会など成り立たない。
弁護士が憲法で保障されているからと弁護士法を破って平気な訳はないだろう?
社会人なら会社の命令と個人の自由と断れば処罰の対象になってもしかたがないだろう?
なぜ教師だけは個人の自由が認めろっていえるんだ?

それこそ世間知らずでしかない。
教師が教えてきた基本的人権の教え方に間違えがあるんだろうね。
法律の意味や国民の義務についてしっかり理解していない人が教師なんかやっちゃダメだろ。
同様に、この問題で弁護士が弁護するなんてのも弁護士の脂質を疑われても仕方がないと思えるね。

教師は教えるのが仕事だろう。
給料を支払っている自治体が会社と考えれば業務命令違反をした時点で処罰の対象になったって仕方がないだろう。
法律に背いてほかの国の国家を唱えと言っているわけでもないだろう。
法律に定められた君が代を歌えといっていることになんの問題があるというのだ。
ちなみにだが、おそらくは歌えとも言っていないと思うぞ。
単に立って静かにしていれば問題は起こらないはずだ。
ここで反論している人って人が国家を歌う際に起立もできないと言う人の集まりを擁護しているのだろう?
どこの世界にわざわざ事を荒らげるような行為をしたがる人が教師として雇いたいとおもうのだ?
公務員は法律で守られているという思いがあるからそういったことができるだけではないか。

そのことを分かっていながら擁護する弁護士ってどう考えても脂質に問題ありだろ。
法律に守られていることが分かっているから政令が出来ることが怖いという人の弁護に回っているのだろうが、っ世間ずれした考えでしかない。
それとも多額の弁護料でもでるのだろうか?
なんにせよ、この問題でいくら騒ごうがなるようになるだけのこと。
ほかの裁判でも教師側が敗訴していたと記憶している。
騒ぐなら騒げ!そして負けろ!

ちなみに元記事は赤旗らしい。。。。。
自己弁護かよ!