| Admin |
マジにテレビで放せる内容なんだろうか?
2011年06月30日 (木) | 編集 |
ついさっき報道ステーションでじいさまの原発研究の顧問なる人が福島の原発事故の安全性について語っていた。
他の番組などでも、同様にこの程度では影響はないだろうといっていた。

このじいさま、たしか そこまで言って委員会で原発を止める手段の一つとして爆発させるのもありだといっていたんでないかな。
ほかにもやりようがあるが政府の判断によってはそういうとめ方もあると。。。。。

原発の停止による電力不足で企業が他国にシェアを奪われる前に国民が判断し再稼動させるべきといっているのである。
おいらにはこうした人物はただの学者馬鹿に思える。

同じ研究者の中で危険と指摘している人が大勢いる中、こういう根拠のない話をテレビで放送するのはどうかと思う。

じいさまが出した比較の話はあくまで一時期の大量の放射線の話であることや、健康被害が出たときにじいさまが責任を負うかといえばほぼ100%負わないだろうことを考えれば無視するべき意見だと思える。


おいらのまとめでは、

こんなやつをテレビでしゃべらせるな!

と、いうことだ。

 
スポンサーサイト

政府と電力会社
2011年06月27日 (月) | 編集 |
海江田大臣が停止している原発には必要な安全対策は終わったという記者会見をしたようだが。

数日前にテレビ番組で浜岡原発の安全対策をやっていた。
砂丘に加え防護壁の設置はいいとしても 電力が完全にこなかった場合の予備電源を建物の上部に設置することで津波対策?。
それもむき出しのままで。
雨風に晒された状態で十分ということなのだろうか?

冷却設備が動かない想定に対しての対策が小型ポンプ十数台を小型トラックに載せた状態で準備しているようです。
これで足りるの?

地震対策が1000何とかというレベルでゆれ対策をしたという。
これまでよりは30%ほど強化したらしい。
しかし、番組では過去の大型地震の際の揺れがこの対応レベルのゆれの2倍以上あったといっていた。

学者の先生は更に浜岡原発の面した海は遠浅であるために数百メートルさきに水を取る吸入口があるらしいのだが、途中でラインが壊れるとは想定していないようで 心配だとも指摘していた。

原発を動かしたい電力会社と やはり動かしたい国の組織に属した保安院が策定した安全基準?対策?を誰が信じられるといえるのだろう?

しかも、大臣が対策したと発表したものの実情が浜岡原発の対策例?

ありえないでしょ?

予備電源の津波対策が屋上に持っていっただけでむき出しの機械でいいのか?
耐震補強の根拠は国民を納得させるのに本当に十分といえるのか?
冷却の問題は本当にコレで十分なんだろうか?

突っ込みどころ満載にしか見えなかった浜岡の対策程度の対応をどこもがなされているのなら、信用できるものではないと思う。
この対策を世界の伝えたら笑われそうに思えてならない。

電力危機の回避という目的のために何かしたという実績を見せたいだけにしか見えないね。
地震で断層ができ給水ラインが途絶えるというシミュレーションはないのだろうか?

国民へは30%補強度合いをアップなどという数字で誤魔化せるとでもおもっているのだろうか?

大臣が必要な対策が取れたと思って発表できるレベルとは到底思えない。



伊達公子はやっぱすごい!
2011年06月23日 (木) | 編集 |
ウインブルドンの2回戦でヴィーナス・ウイリアムスと戦って惜敗してしまったが、あわやと思わせてくれる試合をしてくれた。

この人はときにものすごい試合をしてくれる。

1回戦の勝利は2番目の年長の勝利らしい。

ウインブルドンで何回も勝った相手にフルセット、しかも最終セット6-6まで粘った姿はすごいとしかいいようがない。

やっぱり伊達さんはすごい!







節電に関する~
2011年06月22日 (水) | 編集 |
ニュースで、真夏日になったきょうの節電の様子をやっていた。

ビアガーデンでは照明を減らすなどしているという。
東京タワーは夜8時で消灯する。
インタビューを受けたOLがエアコンをつけないようにといっている。

不思議です。

これらはほとんどが夜間のもので一部時間帯は節電の必要があるかもしれませんが、本来電力危機として言われている時間帯と無縁のものに感じます。
ビアガーデンは営業開始時間は節電が必要かもしれませんが、半分以上は電力危機とは無縁に感じます。
東京タワーは全く持って帳尻あわせの節電でしょう。もしくは象徴的なものというだけでしょう。
OLのエアコンなどといえば帰宅後のエアコンなどつけていても電力危機とは無縁のものと思われます。

脱原発のためにどうしても従来の消費電力量を抑えるためというのなら少しは理解できますが、ピーク時が重要でありそれ以外は大きな問題ではないと思います。

一方で、不安視されていた熱中症で亡くなった方がいるとも伝えられていましたね。
ビニールハウスで農作業中にということでしたが。


節電の取り組みでテレビが取り上げたのが夜間の節電なんてのは、本来の節電にかなったものなのだろうか?
マスコミがこういう節電の煽り方をしていて本当にいいのか疑問に思えてならないね。



書けません!
2011年06月20日 (月) | 編集 |
きょうはすでに5~6回、記事を書いているのですが、全部消してしまっております。

纏まりません(いつも纏まってませんが)。


堀江氏出頭、モバイルPC、などいくつか書いたんですけどね。

堀江氏だけ悪者にしていいのか?検察は?マスコミは?おいらには株価が大きく下落した責任は検察とマスコミのせいだとしか思えないのだが。

モバイルPC100円?携帯電話の料金体系は変わったのに。。。

書けません。

2チャンネル記事から
2011年06月18日 (土) | 編集 |
政府の対応のまずさが建設業界に大きな影響を洗えているという。

みなし仮設住宅制度ができたことで仮設住宅の利用が芳しくない上に仮設住宅を作るために資材を集めるように支持されていたプレハブ住宅メーカーは大量の資材を不良在庫として抱える可能性が大きくなっているということらしい。
しかも、震災の際に助力してもらった韓国に対し資材の調達を大量に約束していたらしい。

この時期に政治家がゴタゴタすることに対して、そんなことをしている場合か?と批難する声があると思うが本来ならその通りだろう。
しかし、今の政府がいまのままで政治を行っていけば被災者の力になろうと考える人たちにも少なからず悪影響を与えかねないという事も考える必要があると思う。
仮設住宅でもこうした問題があるのだが、ほかにも政府の支持は多くのことであるのではないのだろうか?

しかも、震災への対応に対するお礼などと韓国から資材を多く買うってのもどうなのかと思う。
景気が悪い中、なぜ韓国?震災で多くの人が仕事をなくし 総でなくても失業率が上がっている今 内需へ向かうように指導するべき政府の判断が韓国なのである。
しかも、対応のまずさのせいで 不良在庫になりそうな勢いだというのである。
ありえない。


話は別の問題へ。
海江田大臣が橋下知事の15%の節電批判に対し、西のほうは節電意識が低いというニュアンスの発言をしたらしい。
馬鹿かと!
誰でもわかることだと思うが、知事の発言の目的は自治体を飛ばして発信した電力会社への姿勢に対する批判なのである。
東電の原発への対応でもわかることだが 東電の考えはまず東電のことありきなのである。
言われているのが、海水を入れてしまえば原発が使用できなくなることで躊躇したとか、数値を過小に伝えていたような節があるとか 賠償に対してお役所仕事のようだとか。。。

そうでなくても、地方でも重要ポストを得続ける電力会社である。
地域の住民にとって必要不可欠な電力を一手に独占しているからこそなのだが。

特権階級の特権意識が表れているのである。
政府はそういう電力会社とともに歩んできているから電力会社を擁護するか、はたまた考える力が足りなくて履き違えた感想を持っているかにしか思えない。


ついでにマスコミにも文句をいいたいね。
関西電力の節電の要請は実はしっかり時間帯を伝えていたらしい記事を見つけた。
日中から20時までと言っていたらしい。

ところがマスコミが伝えるニュースでは単に節電要請と伝えるところが多すぎる。
たまたまおいらが見ているところがそう伝えているだけかもしれないのだが。。。。

しかも、ワイドショーなどで取り上げる内容は単に節電となっている場合が多い。
そこで多くの国民が履き違えるんだと思うが、大事なことは日中の節電なのだ。
常夜灯の半減やエアコンを切って窓を開けて寝るなどという方法は間違っているのだ。
(今回の原発問題に発生した節電にたいしては)

政府が正しく節電方法を伝えていないのか(電力会社が?)、役所が間違って判断しているのか、マスコミが正しく伝えないのか?
もしくは節電といえばと拡大解釈をエコとして国民に伝えるマスコミがあることで多くの国民が間違って捕らえてしまうのか。


それにしても管おろし関係の記事がやっぱり多いですねぇ。
いくら記事があってももうしばらくは総理に居座りそうなんで、そういう記事はいまは見ないようにしていますが。

理解できない!?
2011年06月18日 (土) | 編集 |
島田紳助の通販王決定戦という番組を見た。

まぁある意味芸能人のマスターベーション番組だと思うが、商品には興味はあるので見たんですけどね。

その中で番組市場最高の売り上げを見せた家庭用ソーラーシステムについて疑問が。

システムの紹介の中である家庭が紹介されたのだが、つける前に16000円ほどだった電気代が9000円ほどに、そしてその上に18000円ほどの電気を売っているといっていた。

ソーラーシステムの代金が105万円なんだが、12年で元が取れるとも言っていた。

ふーん、と思うかもしれないが、考えてみると不思議な計算で理解が出来ないのだ。
電気代の差し引きをしてみると毎月電気代使用量で9000円+の上18000円を売っているのだから その分を足して毎月27000円得をしていることになるはず。
面倒なので25000円で計算しても毎年30万円の得が出ているはずなのである。
いまなら国から11万ほど?の補助金が出ているということでに加え地域によっては自治体からさらに補助金が出ているとも言う。

おいらが計算すればどう考えても3年で元がとれるんだが、番組では8年といっている。

これはつまり、このシステムについて番組が知らせていない点があるということではないのだろうか?
はたまた、紹介した家庭の話が極端な例という自覚でもあるので8年といっているのだろうか?

8年でもとがとれるということなら毎月の得する部分が1万円弱ということになるはずで、そうであるとすれば紹介した家庭は極端な例ということになり課題広告に当たる可能性があると思う。

まぁ こういう話はそもそもがおいらのケツの穴が小さいからでてくるんだが 理解しがたい内容に思えて仕方がないのである。。。。

きょうのチラシの裏
2011年06月16日 (木) | 編集 |
実は昨日ヤマダ電機で外付けのHDDを購入した。

おいらは2Tの安い物が欲しかったのだが、棚にはバッファローのものが1万ちょいで価格設定されていたわけだが実際に棚には隣にあるIOデータの物が置かれていた。メーカーが違うので人目でわかるのだが おいらはバッファローのそれが欲しいわけだ。
在庫がないかなど知りたいので店の人にこの表示と陳列は別物ですよね?と暗にこの商品はないのかと聞いてみた。
店の人は別物ですね、店頭に並んでいる分しかないので在庫切れですねと言うのだ。
一応陳列前らしき買い物籠がそばにおかれていたのでそこは確認してくれたのだが。。。。

仕方がないと思いつつ、せっかくパチンコで勝ったのだから同等の価格の商品を探しているとおいらが探している商品らしきものと似ているのではないかと思われる少し高い商品を見てみると値札と品番が違うではないか。
そう、おいらが欲しい商品がそこに置かれていたのだ。
価格が高い値札のところに!
何が違うかといえばUSBの対応なのだ。おいらは2,0対応のパソコンしかないので安いものでいいのだが、値札の高いやつは3,0まで対応していたのだ。そしてそこに2,0対応の安いものが置かれていたのだ。

おいらは出来ればさっきの人に確認してみたかったのだが、見当たらないので他の人にこの商品 実はこれですよね?と確認し そうだ ということで買ったわけです。

ヤマダ電機などの店ではお客様のために店員がうろうろしているのではないのか?
と、思うのだが実際は禄に調べもせずありきたりの対応なのだとつくづく感じたわけです。

おいらは客で、HDDが欲しいからないといわれても探すわけで だからこそ見つかったのだ。
店の人間は買うと決まってる人には構わないでもいいのかもしれないが、店の人に聞いてないと言われ 別のものを探してて見つけたときに店員の言葉が軽く聞こえてしまうのだ。
まぁ店員もただただウロウロしているわけではないのだろうが、せめて客がないといってしまった商品を見つけても探してくれたと納得できるぐらいの事は見せて欲しいものである。

スチュワーデス、いまはキャビンアテンダントであるが、客が新聞や雑誌を頼んだ際に他の人がもっていってないとわかっていてもわざわざラックまで行き調べた上でお断りするという話がある。
そうしろとは言わないがもう少し買いに来た客の立場に立って欲しいものである。

まぁこれしきのことは普通の店では当たり前の対応かもしれないが、家電量販店はしのぎを削っている業界であり、ヤマダ電機といえばその最たる存在なのだと勝手に思っているおいらは残念です。
都内の一等地の店舗なら違った対応をしたのではないかと勝手に想像してしまうおいらなのです。。。

まぁおいらも人間が小さいからコウ思ってしまうんでしょうね。

極端なアンケート。
2011年06月16日 (木) | 編集 |
にんにく卵黄のCMのことである。

よく映るのですが、見るたびに嘘だろと思う。

元気をつけたいときに食べるものが圧倒的ににんにくだというアンケート結果を出しているのだ。

普通に考えれば頭の2文字いらないでしょ?

にく 肉だろ、普通の答えは。

このアンケートってこの中から選んでくださいって聞いたアンケートにしか思えないのだ。

それを堂々とアンケート結果としてテレビで放映しているのであるからメディアのだすアンケートは信用できないのである。

時期総理にふさわしいのは?
などというのも結果を見ればメディアへの露出が多い人が選ばれる傾向があると思う。
おいらには今の総理は誰?と来ても答えに困るような人の意見が多く反映されてないかい?と思わずにいられない。
もうひとつ言えば、普通に考えて総理候補なんてものはマスコミを通じて総裁候補として取り上げられるような人しか一般人は知らないのである。
こんなアンケート意味があるのか理解できない。
大臣職なんて一般人が聞いたことがないような人がなってるのが現状ではないのだろうか?
逆にいえばマスコミに出てばかりいるような人が大臣になったってろくなものではない気がしないでもない。

長妻氏は年金がライフワークのようにしていたと思うがそれでもろくな成果があったとは思えず、普段奈にやってたかわからない人でもマスコミ受けがよければ大臣になれてしまうのである。
本来大臣は専門職であると思えるのだが、知識がなければ官僚の言いなりになってしまうだろうことは明白だろう。
自民党が長く政権を握り大臣職を狙う議員が良く勉強することは間違いないと思うのだが、反面 今の民主党の議員たちが頼りなく見えるのはそうした自民政権が長く続いた弊害でもあるのかもしれない。
まぁそれ以外にも民主党体質みたいなものがあるように思えるけどな。

話を戻すが、こういったアンケート結果はこれだけだと思いますか?

おいらには大抵のアンケートはその結果に大いに疑問を感じてしまう。

たとえば、テレビの視聴率調査!
おいらはNHKをあまり見ないのは間違いないが、視聴率一位だというフジっておいらは一番見ていないテレビ局なのだ。NHK並みに見てない気がする。

おいらが普通と違うというのもあるかもしれないが、多くのアンケート結果はおいらの考え方と一致しないのだ。
こんなアンケート結果ばかりが出ているとアンケート結果って意味があるのかわからない。。。。。

生活保護取り消し!?
2011年06月16日 (木) | 編集 |
東電からお金を受け取って生活保護が取り消しになる事案がたくさん出てきているという。

日本らしい対応である。。。。

お上の決めたことが絶対で融通が効かないのである。

きょうマスコミで大きく取り上げられていることで改善されればいいのだるが。。。。


仮設住宅に未入居が増えているということで雲仙普賢岳の災害の際に取られた措置が麗として取り上げられていた。
仮設に移っても3三食の食事か、一人一日千円のどちらかを支給し続けたというのだ。
それも最長4年間も。

東北の災害は自治体でそうした措置を行うには規模が大きすぎるということはあると思うが、だからこそ国が対応するべきなんだと思うのだが、現状国がしているのは東電からお金を受け取れば生活保護を打ち切るという酷いものだ。
ここでも政治家や官僚が気にしているのは財源ということなのだろう。

先日も書いたが、政府はお金を作れるのであるから こんなときこそ思い切った方法を取るべきなのではないのだろうか?

政府がお金を作って至上にお金がでればデフレを招くなんて話もあるらしいが、いまは違うだろ?被災者は生活をとりもどすことで消費は生まれるがそれがデフレに繋がるという要因になるだろうか?
お金が出回ったとして、それは復興の基盤になることがあってもデフレに繋がるとは決して思えないのだが。

復興費を作れというのではない、生活するのに必要なお金を配れといっているのである。
生活保護と同程度ぐらいは必要かと思ったが、そこまでなくたっていいだろう。
それにしたって光熱費と食事代だけでも月にすれば相応にお金はかかるのを忘れてはいけない。
政府は義援金を生活費にもつ買えと思っているのかもしれないが、おいらは生活を保障するのは政府の責任であって義援金は国民の善意で生活を立て直す費用の足しにという思いであると思っている。

東電の保障などは財産への保障であって生活費とは別の次元の話であろう。



汚染水の処理なんだが
2011年06月16日 (木) | 編集 |
先日のガイアの夜明けで東電の原発事故の対応についてやっていた。

いま話題の中心にある汚染水の処理なんだが、多くの企業による共同作業になっているらしい。

海水除去はどこそこ、油を抜くのが東芝だったか? セシウムはアメリカの企業?ほかにフランスの企業も入り多くの企業による共同作業になっているようだ。

マスコミなどは疑問を感じないのだろうか?
発表をそのまま聞いているのだろうか?

一社で出来ないと説明があったのだろうか?

おいらは先日テレビで汚染水にある薬品を入れるとセシウムもヨウ素も1000分の一以下になるという話を見たと思うのだ。
塩分や油分の除去は必要なのかもしれないが、なんで工程を複雑にするのか理解できない。

もしかすると、事故に際しフランスやアメリカの協力があることへの配慮かもしれないし、もしかするとフランスの企業などは除去によって出る廃棄物の処理までしてくれるという好条件があるのかもしれない。
ないかもしれないが。。。。。

上で書いた薬品は新しく作ったものらしいが要はその薬品が汚染していたものを吸着するというもので高濃度の廃棄物が出ることもわかっているんだけどね。

ちなみにこの設備で500億円かかるらしい。
(現在東電が進めている処理施設のほうですが)

現在、装置の実験、実験で一日一日が過ぎていっているが どうにもおいらには一社でやればこういった実験の数が多くならないで済むのでは?という疑問があるのである。


ちなみに装置のかかる費用は500億円らしいが、運営費や廃棄物の処理にどれほどのお金がかかるかはわからないね。
前に見た1t=1億円で20万tの20兆円というほどはお金はかからないみたいだね。

「自民は人間の感覚から遠い」福島党首
2011年06月15日 (水) | 編集 |
ニュース記事だが、正確には石原幹事長が言った言葉に対して 通常の人間の感覚から遠いといったらしい。
そのほかに自民党がやってきた政治について利権政党だ!と批判したとなっている。

二つをつなげてこういう表題になったらしいが、ニュースなんだから正確に書けといいたい。

まぁ、それとだ。。。。国民の支持を得られていない政党の党首が言っても お前が言うな!と思うのはおいらだけだろうか。
おいらには普通の人の感覚がわかっているならもっと議席が取れていると思うのだが。。。

サマータイムは増エネ。。。
2011年06月15日 (水) | 編集 |
ニュース記事でサマータイムのアンケートを実施したところ、51%強がよかったとしているらしいが、なかには家に帰る時間が早くなって増エネです なんて答えがあったらしい。

節電、省エネという面ではそういう面もあるのかもしれないが、いまの節電のブーム(ブームという言葉は不適切かもしれないが)は そもそも電力の供給量があぶないということから始まったはずだ。
昨日も書いているが、基本的に電力消費は家庭よりも企業が動いている日中の消費が大きいはず。
それであれば個人の負担増など微々たる物でしかない。
(チリもつもればということもあるが)

オフィスや工場などで消費される電力が減れば全体で見れば省エネができるというものである。

質問の仕方が悪かったのか、冗談での受け答えなのかはわからないがこんな話がニュースで書かれているのだから節電の目的がどうにも違ってきていないかと疑いたくなる。

そもそも停電の危険をなくすためのはずなのだが、その中で個人の節電が目的になり停電をさけるためというのが置き去りになっているような気がしないでもない。

常夜灯の半減や夜中に窓を開けて寝るというのも、防犯上どうかと個人的には思っている。
まぁ窓に関して言えば、場所によっては問題はないのかもしれないが。

原発事故によって命をたってしまわれた方のニュースがあるが、不用意な節電で犯罪が増えたなどということがあればこれだって原発事故の影響ということになるかもしれない。


いま世間で節電といわれる部分には本来は停電危機を回避するためのものであるはず、そして日中に電力会社が限定して言わないのは燃料費を抑えるため(いわば電力会社の利益のため)だろう。

その本来の節電目的にほかの要素をからめて全国的に節電しないと悪みたいな空気になっているように思う。
節電が悪いということではないが、本来の目的だけは見失うべきでないと思うし行きすぎた対応には弊害があるかもしれないことを忘れないように注意するべきだと思う。
節電でエアコンを使わないことで熱中症になってしまっては元も子もないのだ。
常夜灯の半減で犯罪が増えても意味がないと思う。
停電危機はとにかく日中の電力消費が問題だということをマスコミはもっと伝えるべきじゃないかと思うのだが。

電力料金は値上げしないと!???
2011年06月14日 (火) | 編集 |
原発の停止などで火力などにシフトすることで費用がかさむためという名目がある。

多くの日本人は、こういう時期だから仕方がないとそのまま受け止めることだろう。


しかし2チャンネルなどを見て東電の実態などを知ると そのまま受け止める気にはならないと思う。
東電の社員は高卒だろうが最終的には皆年収1000万を超えるらしい。
その上年金は企業年金を含め年間600万円を超えるとも言う。

高給で問題視されている公務員の更に上をいっているというのだ。

地域独占のお墨付きがあることでそれが可能になっているわけだ。

電気料金はコレまでにも上がってきているが政治家はこうした東電などの状況を知りながら料金の値上げを認めてきたわけだ。
一方では民間企業として扱い もう一方では特別扱いしているわけのわからない企業が一般からかけ離れた報酬を支払っているのだ。

今回、原発問題で各地の電力会社も燃料費が高くつく分値上げという向きだが、それって電力会社の高給を保証したまま行われていないだろうか?
東電は事故を起こしたから給料のカットなど下としても仕方がない部分があるかもしれない。
しかしその他の地域の電力会社はどうだろうか?
確かに燃料費は原発より余計にかかるかもしれないが、電力会社が地域独占によって高給が保障される状況を認めた形で素直に値上げに応じていいものか疑問に思う。

電気料金値上げをどう思うかアンケートをとっても今なら仕方がないという意見は多いと思う。
しかし、電力会社の社員が公務員より高い給料を得ているなどという話や風島原発がIAEAから20年も前に危険性を指摘されていてそれを無視したことなどを話した上で値上げをどう思うか聞いてみればいい。
日本人は冷静だからそれはそれこれはこれでいいという人も大勢いるかもしれないが、ただただ仕方がないということからモヤモヤした気持ちにはなるはずである。

各地の電力会社は形の上では民間企業であるが、電力の独占が保障されたことで世界で最も高いといわれる料金になっている。
利用者は(ほぼ全国民なんだろうけど)電力会社の社員の高給を保証するために高い電力料金を払っているともいえるのだ。
料金の改定には政府が審議しているようだから政府もそれで良しとしているということでもある。
馬鹿を見ているのは国民なんだよね。


消費税の増税についてもいま過半数の国民が仕方がないと思っているというデータが出ていた。
おいらもずっと昔からそうは思っている。しかし、今このタイミングでの増税には否定的だ。
なぜなら、政府がやれることをしていないからだ。
そして昔と比べ意識も変わってきている。元々、国民の借金という意識はなかった上(あくまでも借金は政府がしたのであっておいらはそんな借金をした覚えはない!)政府は試算を温存しているし公務員の人数や給料をどうにもできていないではないか?そして無駄遣いを減らすといいつつ目立った成果はどこにもない。
国民が消費税の値上げや電気料金の値上げを仕方がないと受け入れるのには結局政府が何も出来ないとあきらめるからに他ならないからだと思う。

ふぅぅ、いくらここで書いたって政治家は電力会社の味方だからなぁ。。。
どうすればいいんでしょうね。

馬鹿なの?
2011年06月14日 (火) | 編集 |
ニュースで節電のために夜間照明を減らすなどしている自治体があると聞いた。

馬鹿なの?

と思ってしまう。

電力は夜間の使用量は決して多くないはず。
企業が電力を多く使う時間帯が電力不足の原因だべ。
ワイドショーでは節電で照明を減らすことで犯罪が増える可能性を指摘している。

マスコミでも若い女の子に節電について話を聞いたりしているケースが結構ある。
しかし、学生であったり社会人として働いている人は実際の電力消費のピーク時に家にいたりすることは少ないはずだ。
マスコミはもっと実態に即した行動を促すべきではないのだろうか?

おいらはこうしたインタビューにモヤモヤしていたのだが、いま 気がついた。

インタビューで若い女の子などが家の窓を開けて寝ると答えたり、きょうのように夜間照明を減らすなどということをマスコミが宣伝するかのような状況は注意喚起のようでもあるが一方で犯罪に走らせる方向へも向いているように思うのだ。

普通に考えて、日中のピーク時は電力供給に問題が出る恐れはあるんだろうが夜間は余裕はあるはずだ。
節電のお願いなどいろいろな形で放送されているが、夜間は電力ダウンの危険がないのならその旨しっかり伝え、防犯などへの配慮もあってしかるべきではないのだろうか?
電力会社のお願いの仕方、そしてマスコミの節電の促し方 ドレを見ても言葉足らずに思える。

日中の電力不足の可能性に対し、待機電力を減らすなどという話はいいとしても夜間の電気使用を減らすために防犯をおろそかに考えるような風潮が出ることがあってはならないとおもう。

日本人ってのはどうも後先考えずにこっちとなれば突っ走ってしまう傾向でもあるのだろうかと思える。

電力の節約でいきなり夜間の照明看板などの火が落ちるなどという象徴的な行動が取り上げられるからこういう行動がでてくるんだなぁとも思う。

おいらが知る限り夜間は電力はこれまでも余っていたはず!
正しい情報を出して欲しいし、マスコミは現実に即した節電を促すべきだと思う。

チラシの裏ということで
2011年06月13日 (月) | 編集 |
2ちゃんねるでニュース記事やそのコメントをいくつか見てきた。

どこぞでは時期総理候補に今の民主党執行部の人間ばかりを並べており、それに対し共同正犯ばかり並べて民主党にヨイショしてなんになる?とか書かれていた。

タバコには食欲減退効果があるというのもあった。
タバコについてはあまり書かないで置く。
否定派には2種類いて、迷惑をかけない範囲の一部容認派ととにかく否定する2種類だな。
都合のいい資料は認めるが都合の悪い資料は一生懸命あら捜ししてでも否定する。
まぁおいらもタバコに害があるとする資料などのあら捜しを人間なのでそれを悪く言う資格はないのですが。
ちなみにいくら争ったって理解しあえない部分があるので仕方がない部分がある。

ほかにも震災関連の記事なども見た。
なかには芸能人がワイドショーで国会議員に強い言葉を投げかけることに対してのコメントなどもでていた。


人によって考え方は違うと思うのだが、たとえば総理大臣の問責決議の問題。
いまこんなことをやっている場合か?と疑問を呈す人たちがいる。
ある意味ではそのとおりだと思う。
ある意味とはそういう声を上げる人たちの思いは政治家や閣僚が普通に人間として被災者などにしっかり動いている場合しか頭に浮かんでいない場合(多少ニュアンスが違うかもしれないが)で、誰もが被災者などに対しどうすれば有効に短時間でいい方向にと皆が考えてくれると想定してのものだと思う。

もう一方でいくらこうしたほうがいい、ああしたほうがいいと進言なりしたところで物事の決定が遅い、またはそういう方向に進んでくれないという思いがあれば、仕組みを変えたほうがもっといい方向に進むと考えればそういう動きが出てもおかしくはないと思うのね。

阪神淡路大震災の際に地元に対策本部を作ったというのだが、今回はそうした話をずっといわれていても作らないし、3ヶ月たってもガレキの撤去が進んでいないという話もある。
また、義援金にしても多くがまだ手付かずの状態だという。
義援金はその分お会いが公平にということや、役場の機能を失った場所などもあり分配方法などが問題になっているのかもしれないが、被災者にとってはそろそろ限界だろうと思う。
超法規的手段という話もあるが、今の政権にあってはそうした決断力を求めるのは無理なことだろう。

被災下自治体でも首長がいいところとそうでないところではすでに格差もあるとも言っていたように思う。

難しい問題は山ほどあるんだろうが。。。。

ガレキの撤去にしても、漁港あたりはどこそこの管轄、道路はここは県道、ここは国道だから国交省の許可がいるなどとやるより地元で判断できれば。。。
そう考えて権限の委譲をすればことは早いのではと思うのだが、これこそ地方分権にほかならないと思うのだが。
縦割り行政に対して無駄が多いというのはずっと言われてきたことで、それをなくす手段として叫ばれたのが地方分権だと思うんだよね。
残念なことだがこういう非常時になったときに特に今の仕組みが面倒くさいということが改めてわかると思う。

地方分権に対しての受け取り方で色々意見は分かれるとは思うけれど、決して好き勝手できるということではなく国が定める方針の先にあるものであり、問題点は話し合って結論を出していけばいいのである。

いま官僚の力がつよい理由のひとつは財源を握っている点が大きいと思う。
財源を官僚が有効に使う一つが天下りであるわけで、官僚が握る財源が小さくなればその分天下りのポストもなくなるはずだ。
もっとも官僚が実際にお金を持っているわけではなく予算を配分する資料を作っているだけのはずなんだが。
大臣を始めとする政治家が有能であれば拒否できるはずなんだがなぁ。。。。

しかし、地方に権限を委譲した場合には大枠の予算だけの取り扱いを国がする、地方がその予算をそれぞれに割り振るとした場合、官僚の権限は減る。
しかも、国が馬鹿な使い道をした場合には国会議員はリコールできないが自治体の人間はリコールできるのであるからして今よりは抑止効果は高いように思える。

今回の震災でひとつ思ったことがある。
おいらは民主党の政治は嫌いである。
しかし、被災した民主党の議員の人の話を聞けばその議員は被災者のためにいろいろなことをしている。
役に立っていると思った。
そして、被災地の首長の中にはいい首長がいるとも思った。
はっきり言ってそういった人が国政をしてくれていたら。。。と思うのだ。


話は全然別の方向になるが、日本政府はお金を作ることが出来るらしい。
前に麻生前総理が日本の借金は極端に言えばコレをすればゼロに出来るみたいな話をしたことがあると聞いた。
これをしてしまえば、国際的な信用がなくなるなどということでやれないという人もいる。
しかし、こういう時期である。
被災者に対しお金を作ってしまうのいうのもありなんではないだろうか?
被災者の生活支援のためにだけにである。
復興費用に当てるのではない。
仕事をなくし食事をするのにも困る人たちがいるわけだから。(避難所では食事はでるだろうが、避難所を出れば個人で何とかしなければならないらしい)
多く渡せというのでもない。生活保護を受けている人たち程度には最低いるだろうといっているのだ。
それができれば義援金は生活のためにではなく生活を立て直すために使えるのではないかと思うのだ。
政府は考えてもいいのではないかと思う。

日本の甘さ??
2011年06月11日 (土) | 編集 |
2チャンネルを見て驚いた!

東電の社員の年金は平均で450万円、大卒なら600万円などとでているではないか。

国会審議で東電の社長は年金の減額はしないと言ったらしい。

こういった企業が日本では守られるのだ。

日本の電力は地域独占の形で行われている。
おかげで世界で最高水準の電力の価格になっている。
競争がないのだからコストカットがしっかりやられているとは思えない上に、高水準の報酬が社員には支払われるのである。

海外のメディアなどではつぶすべきという意見も出ているらしい。

ところが日本ではこうした政府のよる保護がされてきた企業ってのは守られるんですよね。

日本航空がそうでしょう。

日本航空の場合は国が間に入り結局企業年金にまでメスが入ったのである。

ところが東電の場合、現状ではどうやら守られるような雰囲気である。
年金に手が回るかどうかはわからないが、国が補償の手助けをするらしい。
(国にも国策としてやってきたことや、安全基準の制定など多くの問題があるので当然といえば当然ではあるのですが)

東電は被災者への保障などでいくらかかるかわからない負債を背負うほかに、汚染土壌や汚染水の処理もしなければならないわけで、事実そうれだけかかるかはわからないが汚染水の処理には1tあたり1億円で単純計算で20兆円かかるという話も出ていた。

これはフランスの企業による処理の話だったのかもしれず、コレだけかかるとは思えないんですが、それでもこれについてはあくまで水だけの話である。
ちなみにすでに水質改善した水を海に放流するという話もでているぐらいであるから最終的な処理に困っていることだろう。
水は海という最終手段があるかもしれないが、(あくまで処理後の前提ですがね) もうひとつ土壌やガレキの処理はそう簡単ではないだろう。
まず原発そのものが停止するなり安定したところで、すでに汚染されたものの処理があるわけです。

汚染されたものは原発にもっていくという学者もいましたが、自治体はそれを良しとするはずもなく処理するために集める場所からして探すのが難しい状況だし、処理の仕方や処理後に残るものについてどこにおけるというのだろう。
数十キロにわたる範囲で東電が土地を買いその中心で管理するしか方法がないのではないかとさえ思える。

まぁいままでの政府と東電のしてきたことを考えれば地域を犠牲にしてなんとかしそうで怖いのですが。

安全基準についても大人と子供を一緒に考えるとかいままで政府がやってきたことにも大いに疑問はあるし、汚染されたものの処理についてはコレまで以上に国民に負担を強いる場面も想像できてしまうのですね。

普通に考えればこれだけでも数兆~数十兆かかりそうに思えるのだが、それだけの表面に出ていない負債を抱える企業が生き残れるとは考えにくい。

2ちゃんねるでも、これだけ地域の人たちの将来をめちゃくちゃにしていながら社員のためといい国民年金の数十倍の年金額を守ろうとする姿に違和感を覚えるし、そういう企業を存続させる気でいる政府にも違和感を覚える。
今回は東電が対象ですが地方にある電力会社は似たようなものである。

政府の方針も見えてこない中で、各地の電力会社は節電の協力をテレビなどで訴えているがこの現状に反発したのが橋下大阪府知事である。
根拠を示さず画一的に15%の電力削減を目標にし、独自に動いてしまった関西電力。
TVタックルによるとどうやらその関電の社長だかが関西の経団連のトップに座ったという。
国のためにという面はあるのかもしれないが、国によって特権を与えられた企業がその座を利用して一般と比べてはるかにいい待遇を得るということがこの国では常識になっているように思える。

公務員のレベルで言えば一番差が少ない東京でも一般企業より高給を得ているわけで、酷いところでは2倍を超える自治体もあるわけだ。
実際はこれ以外に日本航空や電力会社など国によって保護されてきた事業者が一般より遥にいい待遇でいるわけで、どうなってるんだこの国は。。。と思わずにいられない。

他にも考えてみれば疑問は多い。

赤字で民営化した旧国鉄、JRだって赤字の補填にさまざまな税金が投入されているのに、一等地に土地を抱えていたりもするのである。
売れ!と言いたい。

国も同様である。
国の借金が900兆を超えるという話が良く出るが、国が持っている資産が数百兆円あるとも聞く。
日本という国が一般家庭なら破産しているという話もよく聞こえるが、こういう場合利子だけでも負担になるわけで本来なら借金の総額を減らすことで利子の負担を軽くすることを考えると思うのだが、なぜかこの国では国有財産にてをつけず国民から搾り取ろうとでも思っているかのように語られるのである。
900兆の利子と450兆の利子の差額は有効に使えるはずではないのだろうか?
利子が1%だとすれば4兆5000億円の差額ができるのである。
これだけで大きなことができるだけの金額なのではないのだろうか?

震災で東電が値上げになるのはもはやほぼ確実である。
火力発電の燃料費だとかいうはなしでもあるが、それでなくても日本の電気代は世界でも最も高いわけで。
政府はコレを認めるようである。

これによって企業はコストが今までよりもかかることになる。

政府は雇用の拡大を掲げているが、企業はより条件のいいところを求めて海外にいくことも視野に入れるはずである。
この国はやりたいことと実際にやることのギャップが酷すぎる。

アメリカの大手の電力会社がつぶれていたらしいのだが、その際 電力供給の支障はいささかもなかったらしい。

東電をつぶすと社債を買っていた企業、人に大きな影響が出るとしてつぶせないという話もあるが、やってしまえばそうでもないんじゃないかと思うね。
だって、そういう人たちってもともとお金持ちなんだもん。
お金を転がして金儲けしてきた人たちを保護する必要があるんだろうかともいえる。

最小不幸社会とどこかの首相がいっていたが、実はいつまでたったって持つものだけが守られるということを証明しているようである。
おいらには東電の社債を買った人たちが生活費で買ったとは思えない。
利益を得るための投資で買ったはずである。
本来投資にはリスクが伴うものであるが、東電だけが守られるのは納得がいかない。


とにかくいままで政治家や官僚が作ってきた日本の状況は正しかったのだろうか、いまもっと考えなければいけないと思う。
日本という国は少数意見を大きく取り上げる面があると思う。
しかし、結局 持つものが優遇されるのである。
政治で言えば議席が多いほうが強い、お金持ちがないやつより強いのである。
そして、民間人より公務員が守られるのである。
一般の企業より、国に近い企業が守られるのである。

改めてそう感じるのである。

管総理を他人に厳しく自分に甘いというが、実は日本の体制そのものがそういう体質なのではないのだろうか?

結局。。
2011年06月08日 (水) | 編集 |
管政権発足から1年たったらしい。

こっちの話はとりあえずおいておいて。


原発誘致の補助金システムのシステムなど官僚が考え出すシステムの常習性って。。と思うのです。
ほかにも、道路整備などについてもですね。

道路などを作る際に地元に一部財源があれば国から補助金を引き出せるシステムなようですよね。
そのために地方自治体は自転車操業のように借金を作りながら国から補助金を取り道路建設、整備にお金をかけるシステムのようだ。
道路建設を控えるようにといったところで、自転車操業の自治体もいまさら止められないというジレンマがあるようだ。

そして原発の誘致では補助金も時間とともに減っていくシステムで最初に補助金で箱物などを作った自治体が運営費などで先細っていく財政を豊かに維持するために2号機、3号機と増やしていくようになるシステムが組まれているらしい。
一度こういった補助金のシステムの甘い汁を吸ってしまえば相当の決意がないと抜けられないのである。

きょうニュースで玄海の原発が新たな対策が講じられれば再開を受け入れるという事を言っていた。
住民の不安とは別に自治体はもはや国の補助金がなくなることは考えられないのではないかと思えるのです。

ある意味、こういった補助金システムで住民の意思と引き換えに金をえるという考え方はどうなのかと思いますね。
もちろん、他と違う判断をした自治体に何らかのメリットをということ自体は考え方として間違ってないとは思いますが一度落ちてしまうと底なし沼のようになるのはどうかと。。。



話は変わりますが、そこまで言って委員会などをみていると勝谷氏などがいつも言っているオーラン~っていう藻を使った発電(石油に代わる素材らしいのですが)やアメリカで研究されている今の原子力に変わる燃料(原発のシステムをそのまま使えプルトニウムがでないシステムで原発より案是だという)ものもあるらしいのだが、政府の発電にかんする指針ではそういったものの話はまったくでてこない。

なぜかはわからないが、元官僚の人の解説によると電力業界の力が強すぎて政府が指針を示せないためだというのである。
自然エネルギーの研究に昔から莫大な費用をかけてきているのですが、一向にその成果が見えないのはそういった電力の買取システムが構築されないからだというのである。
やったって結局買ってもらえなければ成果がでないことになり研究が進まないということらしい。
現在電力の生産と供給が一体になっているためのこうした成果がえられないというのだ。
生産と供給が別になり、新たな発電システムで出来た電力が買ってもらえるシステムになればもっと有効な研究が進むというのである。

日本には多くの温泉があり地熱発電の可能性は大きいし(多くは温泉地や国立公園などになっており実際にうまく活用できるかどうかという問題はあるらしいのだが)高知の沖合いには多くのメタンハイドレードがあるともいわれているし、勝谷氏のいうオーランなんちゃらは畑で栽培できるという。
これも火力発電のシステムをそのまま利用できるらしい。

こうやって考えれば電力の可能性ってのはもっとあるように思えるんだが、なぜかそこまで言って委員会以外のマスコミの討論などでは今までの火力、いままでの原子力、水力、その他自然エネルギーでしか論じられないのである。

ひとえに今の電力システムが考え方を限定させているということのようだ。

先日ドイツに住む人の電力システムが紹介されていた。
ドイツでは電力の生産会社と供給会社が別で市民が供給会社にどこの電力を買うか選べるシステムになっているらしい。
この会社は安いけれど100%原子力による発電、この会社は100%自然エネルギーによる発電だがコストが高いなど発電システムと料金が発表されている中で個人の判断で選べるというものだった。
ドイツは脱原子力の姿勢を決めたらしいがそんなドイツは現在フランスの原子力による電力を買っている。

ドイツの例を見ても選べることはいいことだが、まだただちに脱原発ができないのは仕方がないことだろう。


原子力発電にしてもシステムはどんどん進んでいると思うのだが、日本の安全委員会や保安院などが東電とズブズブで安全基準など基準が甘くなっているのは大いに問題なんだと思う。
もしも仮にもいまさらなんですが、基準が厳しく新しい設備でないと稼動できないようであれば。。とも思えるのである。
東京電力は今回賠償に当たっていろいろなことを講じているようだが、年金などについては見直していないらしい。
実は東電も日本航空と同様に多額の年金が受け取れるシステムらしい。
東京電力など電力会社も国の保護の下で営業している一般企業であり世界で最も高いレベルの料金システムがあるのも国の保護のおかげともいえる中でのこういった年金体制などは一般から見て理解できるものではないと思える。

地域独占が約束されている企業が高い利益を上げ優遇された報酬を受け取る状態は今後改善されるべきだろう。
電力会社は地域でも相対的に重要な地位を占め、政治にも大きく結びついているとも言う。
あくまでもそれは国の電力事業にたいする独占を認めているからという点での上でだろう。
多くの問題点が浮上してきている中、基本的なことから考え直す必要があると思う。

なんかおかしくない?
2011年06月07日 (火) | 編集 |
地域のニュースで福岡でプログラムの不具合で免許証のICチップの不具合が172人分でたという。

原因はわかって修正したという話で ニュースでは172人に連絡をし交換に応じるというのだ。

ちょっと待て!

警察の発表がどうだったかはわからないが、交換に応じる?
おかしな表現ではないか?

おいらが知っている限り免許の書き換えではお金を払って証紙を買い添付しているはずだ。
不良品が出た場合、取り替えるのは当たり前で 交換に応じるなどという言葉を使っていいのか?
普通は不手際がありまして交換させていただくというところではないのだろうか?

制度として免許の書き換えが必要なわけだが、免許を交付してもらうために少なくてもお金は払っているのである。
一般的にはそういう人たちはお客さんなわけで、迷惑をかけておきながら交換を申し出なければ何もしないといっていることになりませんか?っての。
不手際で発行された免許証を交付された人が悪いのかって聞きたくなるんですよ。

これはマスコミの発表がそうなのか、警察の発表でそうした言葉を使ったのかわかりませんが このニュースを見た人は(特に不具合のある免許を貰ってしまった人など)どう思うか考えて欲しいと思う。
まぁ172人に連絡をする(した?)らしいので そのときは申し訳ございませんぐらいは言っていると思うんですけどね。

公的機関で昔は公僕などという言葉も使い国民のためにという意味があったと思うんですが、応じるなどという言葉を使う時点でなんか上から目線だと思うんですよね。

おいらはマスコミってのは ある意味言葉のプロ集団だと思うんですが平気でこんなニュースを流しているのがどうにも納得がいきませんね。


まぁ難癖つけてるだけなんですが。。。。

ペプシのドライ
2011年06月03日 (金) | 編集 |
TVで宣伝しているので買って飲んでみた。

コーラは基本的に好きでどちらかと言えばペプシ派ですが、今度のドライはイマイチ、イマニの印象です。

おいらは飲むときは一気に結構な量を飲む方なんですが、このドライは後味がボケるというかなみづらい印象ですね。
別に甘味が欲しいとかというわけではないのですが後味が味気ないというのが感想です。

おいらはお茶系では昔はジャワティーが好きだったんですが、早々に販売中止?で買えなくなった印象です。

近年では近くのスーパーで安売りのジャスミンティーが好きだったんですが、これも需要が少ないのかすぐに扱わなくなりましたねぇ。
(安売りといってもオリジナルブランドの日本茶やウーロン茶のペットボトルよりは高かったんですが)

コーヒーなどはドリップしたものは基本的にブラック。
インスタントは少し砂糖を入れて飲むのが好きですね。


こんなおいらですから、甘さはどうでもいいというか なんですがこのペプシのドライに関しては後味がスッキリしない印象ですね。
炭酸のボトルをそのまま飲んだ後味に近いというか。
海外などではそういうのが好きな人がいるらしいので日本でも受け入れる人はいると思うのですが、おいらにはもう少し味のある感じの炭酸飲料の方が好みですね。

慣れてくればもう少し飲みやすく感じるのかもしれませんが、これ以外にも飲めるものがあるのであえてこれを飲み続けるということにはならない気がします。

おいらの感想はこんな感じですが、大々的にCMをやっているわけですがヒット商品になるんでしょうか???



騙されるほうが悪いのか?
2011年06月03日 (金) | 編集 |
昼間の内閣不信任案は否決されました。

民主党の代議士会で辞意ともとれる発言をした総理ですが、夜中になって周辺に辞めるつもりはないと漏らしているらしい。
鳩山下総理の動きで不信任案に反対することにした議員は多かったように思う。
マスコミには鳩山氏の総理対人はそう遠くないという記事がでていた中での総理自身の手のひら返しのような発言だ。

賛成から反対にかえた民主党議員はどういう気持ちなんだろう?


考えることはいろいろあるが、政治家が馬鹿なのか民主党が馬鹿なのか、はたまた国民が馬鹿なのか(国民は全部ではないと思うが)なんにせよ いまは民主党が政権を維持することが確実になったわけで一般人の手の届かないところでこの国の将来が決まっていく(もしくは停滞してしまう)ことになるんだろうと思う。


復興に向けて応援する人や頑張っている人の話がたくさんある中で、一番大事なことが遅々として決まらないことが残念で仕方がない。




気になる原口発言!
2011年06月02日 (木) | 編集 |
マスコミは不信任案一色だが、おいらには代議士会での原口発言が気になって仕方がない。

民主党の代議士会の質問の場で原口氏が私たちの目にしてきた数値と3桁違う、子供たちを逃がしましょう!と放射能の数値について話したことです。

タレントの山本太郎氏がすでに子供たちを守ろうと行動し仕事をやめるという話も出ているわけですが、政府の発表してきた数値が実は甘い判断である危険性が改めて問われる内容の発言ではないのかと思える。

マスコミは不信任案の行方が気になって仕方がないのだろう。
原口氏の言葉を取り上げているところはまだどこもないのだが、総理の行方も気にはなるが 実はそれ以上に大きな問題がここにあるように思えて仕方がない。

もし、原口氏が言うことが事実であり子供たちが危険に晒されているとするなら総理の行方などよりも国の根幹に関わる話ではないかと思っている。
なぜ、マスコミがここに食いつかないのか不思議でもある。
政府が知っていて隠しマスコミがそれに協力でもしているのかとさえかんぐってしまうぞ。


もし、原口氏が言うような状況にあるのであれば避難の基準をしめしている政府の責任は極めて重いと思うし、仮に数値を押さえて発表している者がいるならばその責任は極めて重大だと思う。



おいらは閣僚が東電の対策に不満をいうことが多々あったようだが、個人的には東電よりも この国難に際し陣頭指揮するのは政府でなければならないと思っている。
しかがって閣僚が東電に不満をいうこと自体政府の危機管理能力の力不足を感じずにはいられない。
そういう意味では今の内閣の力不足は問題であり早急に変えなければならないとは思う。
そういう意味では不信任案の行方も大事ではあると思う。
しかし、原口氏が持っている資料がいつ出てきたかは知らないが これが出てきたのなら国会で不信任案をやるより国民の避難のほうが最優先事項に当たるのではないかと思う。

マスコミが国民の声の代弁者を語るのであれば、このことが一番に扱われるべき事柄ではないかと個人的に思えて仕方がない。

この発言への具体的内容が少しでも早く行われることを望みたいですね。