| Admin |
日本と韓国の不安!?
2010年12月29日 (水) | 編集 |
TV東京系で今放送されている番組で、日本の東南アジアへの影響力が減っているとやっている。

確かにそうなのだろう。

TVなどの番組で韓流が流行り、若者を中心に韓国の影響力が増しているらしい。

家電などでサムスンなどの力が近年 増大しているのも周知のことだろう。

それには実は政府の判断で企業に選択をせまったなどという話がでていた。

たとえばサムスン。

携帯電話を徹底的に売る出すことでシェアを拡大したらしい。
そこにいってもSamsunのロゴを見ることになるわけだが、そうした努力でいまの勢力をつくってきたらしい。

当然、いま韓国では日本以上の格差社会になっているという。

日本と韓国の違いをおいらはふと感じたのだ。

日本では独占禁止法でもって市場への会社への影響力を規制する法律がある。
一方で韓国ではそういう法律があるかどうか走らないが、国を挙げてブランドを後押ししているように見える。

当然そうなれば他の会社の力が弱くなってしまうのではないのだろうか?

韓国の家電ではサムスンとLG以外の会社のことはおいらは知らない。
ほかにもあるのかも知らないが少なくても日本では他は有名ではないだろう。

日本では家電といえばソニー、パナソニック、(サンヨー)、東芝、日立、シャープなど多くの企業が競争している。
車でも同様だろう。
韓国ではヒュンダイしか おいらは知らない。
日本では、トヨタ、日産、マツダ、スズキ、ダイハツなどなど多くが存在している。

ある意味同じ土俵で戦っているとは思えない部分が存在すると思うのだ。

韓国政府が後押しをして企業のブランド力が確立する反面、韓国で他の企業が育つことは非常に難しい状況になっているのではないだろうか?

今現在、韓国は世界市場でその競争力を増しているかもしれない。
そのために国内の生活は果たして満足がいくものになっているのだろうか?
韓国政府は相次ぐTPPやFTPなどを格国と結んでいる。

これは確かに輸出産業には効果的であろう。
反面 農業などへは支援することはあっても就労人口は今後どうなっていくかは危ういのではないのだろうか?
おいらは詳しくは調べていないが明るい状況ではないと思う。
そのひとつの証明が、圧倒的な学力社会の形成の割りに 今現在でも就職率が非常に厳しいものになっているということでもわかると思う。
おいらは九州は大分で、福岡の放送を見ているのだが 先日も少し取り上げたが韓国の人が日本に就職先を求めるケースが増えているというのだ。
韓国の就職難は日本以上に厳しく そのために日本での就職を希望する人が増えているということらしい。
九州では韓国や中国人の観光客を増やすことを目指す傾向にあるのでそれなりにニーズはあると思う。

しかし、韓国は経済発展とうらはらに格差が広がるということで韓国国内に大きな摩擦が今後生まれる可能性もあるだろう。

ある意味では日本以上の発展をしている反面で不安についても日本以上に増しているかもしれないということだ。
まぁ日本の官僚や政治がしてきたことと韓国の発展を考えた場合に日本と同様に韓国が苦しむかどうかは少し違っているかもしれませんけどね。。。


日本で法人税云々をしたところで韓国の一点集中に勝てるかどうか 違う考え方のもとで勝負になるのかどうか 根本から考えてみる必要があるように思います。
たとえ韓国のやり方が競争力で有利であったとしても韓国国内を考えてそれが正しいのかどうかも疑問ではありますがね。 

独占禁止の日本と一点集中の韓国 どうなんでしょうねぇ。。。。
スポンサーサイト

サッカー協会 いまは無理!
2010年12月28日 (火) | 編集 |
財政的に今は無理というのが代表への返事ということらしい。

ワールドカップのボーナスは頑張ったわけで、協会が努力してないわけではないということでもあるらしい。

しかし、どう考えても協会は努力する姿勢が薄いのである。

予算なんてものは事前に予定すればいいだけのことだ。

代表を公式にスポンサードしている企業は実はそれほど多くはない。
協会が同じ業種などからは認定しないためだが、その気になればもっと多くの企業を集めることもできるだろう。

チラッと強化の決算を見てみたんだが大雑把過ぎてまるでわからない。
ここでわかるのは財団法人であり、国からも予算を得ているわけでキッチリ帳尻あわせはできているということだけだ。
ちなみにだが、今回のワールドカップ招致のための費用は9億5000万円とのこと。
前回2002年のときには89億円を使っているらしいことからすれば質素ではあるが、招致活動がなければ9億円あまりの金額が使えたことにもなる。招致失敗の責任は問われるべきことでもあるはずだ。

また長きに渡って代表への勝利給の改善などが行われていないことから協会が積極的に取り組んでこなかったか、首脳部に能力がないかのどちらかだということだろう。

少なくてもおいらにはこの問題がマスコミで取り上げられるまで本気になって考えていたとは思えない。


まぁ、どうであれ選手は改善は要求はするが呼ばれて拒む人間も少ないわけで、選手には頑張ってもらうしかない。
(代表引退を宣言している人は中村俊輔と加持選手がいるわけですからね)




MSNのスポーツニュースって。。。
2010年12月28日 (火) | 編集 |
おいらのPCのホームってのがデルの設定でMSNのニュースページなんですよ。

したがって見る機会は多いのですが、最近つくづく思うのですが、最新ニュースは別にして書かれていることに多少疑問があるのです。

何かっていえば 実は書かれている内容が2ちゃんねるで見たことがある内容が記者によって繰り返し書かれているように思えてならないのです。

2ちゃんねるのスレッドなどには記事元が書かれているのですが、それについて書かれた意見の中に出ていたことが1~2日送れて似たような内容で記事になっているのである。

たまたまかもしれないが、おいらにはどうにも2ちゃんのなかに書かれていたことをヒントに記事にしたとしか思えない。

おいらは日刊スポーツのネットページも毎日見ているのだが、比較すると良くわかるがMSNの記事が2ちゃんねるで見た内容に完全に似ており、一方で日刊スポーツにはそういった記事がほとんどないのだ。

ちなみにきょうの内容は亀田兄の3階級制覇についてなのだが、バンタムが今回王座決定戦であることは周知だったのだが、相手選手が一時期引退していた選手であることなどは知ってる人は前から知っているのだろうが、しっかり2ちゃんねるで指摘されていたのだ。

すぐに書かれていればこれほどネットの影響を感じなかったかもしれないが気になる記事が後れて書かれてくるとどうしても 2チャンネルで指摘されていたことをあとで書いたようにしかみえないね。


いまの世の中、この程度の記事っていうのはネットでスレッドを検索し 気になった内容があれば それについて再び検索を繰り返せば書けなくもないのだ。

先日日本代表の待遇改善に疑問を呈した記事があったのですが、そこでも2チャンで見た内容に少しプラスで記事になっているのだが、書かれ方が~だという、とか ~らしい という文章が多く、どうやら内容について独自で取材をしたわけではなくどこかで聞いた内容を合わせて文章を作ったのが明白だった。

取材をしない記者の文章ってどうよ?と思わざるを得ない。
その上、2ちゃんねるで見た内容のあわせ技って。。。。

隙間を埋めるためだかわからないが、こんなものを乗せていてネットのニュースについて新聞より信憑性がないなどといっているのである。

ネットには虚実の記事があるのは明白だが、2ちゃんねらーは疑わしいものはすぐにニュースソースを求めるわけでまるで根拠のないことばかりをいっているわけでもないのである。
ソースのはっきりしたものや、気になることを自分なりに再検索していけば確実に地上派のテレビ放送や大手新聞などが取り上げない内容を知りえることができるのもネットならではのことでもある。

2ちゃんねるで気になることを取り上げること自体は悪くないと思うのだが、もう少し自分でも取材したりして欲しいものである。
ネットで得られる情報だけで記事にしていいのであれば、一般人から記事だけ買い取ったほうがよっぽどいい記事が読めそうな気がする。
なんせ、2ちゃんねるに書き込んでいる人は その道に詳しい人もかなりいるのである。
下手なスポーツ記者などより詳しいかもしれない人まで書き込んでいたりするのである。

そうした人が若干 汚い表現であるかもしれないが生の声で書き込んでいるのが2ちゃんであるので、もし仮にだがネットのニュースにそういった人がまともな文章で寄稿していれば いまおいらが指摘したような記事より読み応えがあるように思えるのだ。

看板をしょった記者にはもう少し自分で取材しました!って思える記事を書いて欲しいものです。

いそがしかった。。。
2010年12月26日 (日) | 編集 |
ゴールデンタイムのTV番組。

おいらは概ねテレ東京系のまぐろ漁を扱った番組を見ていたのだが。実はきょうはTBSでボクシング、フジでフィギュアスケートをやっていたわけで。

ボクシングはほとんど見なかったが、偶然最後のほうだけ見てしまった。
最終ラウンド、ムニョスダウーン!
VTRを見たら直前にいつものバッティングが!!!!亀頭が相手の顔に直撃。直後にダウン。

亀田が勝ったらしい。
2ちゃんで確認してみたら自己採点ではドローとかいう話や、相手が一時期引退していた選手でできレースという指摘もあった。
スポーツ新聞のネット版では、3階級制覇には違いはないが、亀田の3階級のうち2つは王座空位の決定戦であり 特に今回は亀田、ムニョスともにバンタムでの実績がないことに加えムニョスは先ほども書いたように一時期引退していた選手で額面通りに受け取れないという指摘もあった。

更に弟の防衛戦では多くが判定で負けてるだろという声の中、どうやら防衛を果たしているらしい。

見ないで正解だったな。

おいらはマグロ番組とスケートの切り替えをそのころしていたわけだ。

村上選手と浅田選手を見たところでマグロ!

CMでチャンネルをまた変える!
といった具合になっていた。

浅田選手が終わった段階でマグロと少しだけのボクシングになりうまいぐあいに最後の安藤選手の最後のシーンが見れたのだ。
スケートでは珍しいガッツポーズまででたほど納得の演技ができたことで安藤選手が優勝したわけだが、おいらの予想通りに浅田選手は復活をアピールできる演技ができたと思う。

採点競技なので浅田選手が安藤選手に負けてしまったのも今期の戦績などから仕方ないと思うし、それを抜きにしても今回の安藤選手の演技は良かったのだろう。
しかし今期の成績不振で印象が良くなかった浅田選手がここに来ていい演技ができたことは非常に嬉しいことでもあった。
おいらは少しびくびくしながら見ているせいか点がでるまでは不安を持ちながら見たわけで、こういうのって審査する人も同じような思いを持ってみているんだろうなと勝手に想像してしまった。

それと比べれば成績を残しその上で本人が納得する演技をした安藤選手の点がいいのも納得である。

で、急いでまたマグロ!だったのだが、ときすでに遅しであった。。。。

結構いい場面を見逃した気がする。
チャンネルの切り替えで爆釣の後半などを見逃してしまった。

身になる番組の時に限ってというか スペシャルのときは他のチャンネルもスペシャルなわけで録画という面倒なことをしないおいらには忙しい日になってしまった。。。。

夢の扉
2010年12月26日 (日) | 編集 |
TBSで日曜日の夕方にやっている番組です。

新しい技術などに挑戦し実現して言っている人たちを取り上げ今後の目標を聞いている番組です。

きょうは細胞シートで医療の革命を目指すという内容なのですが、とりあえずは角膜シートを使って視力の回復をというところで厚生労働省の認可が下りていないため 海外での評価が高くヨーロッパで普及させることを目指すことになっているというところでした。

以前にも北九州のロボット製作会社で生まれた車椅子についても 日本では実用化に話にならず海外で使いたいという話になっておりました。

こういう番組を見ると、いつも思うことですが 何で日本で開発された技術への評価が外国を通じてしかできないのか
本当に不思議に感じます。

成果がわかりやすいものについてはそうではないんだろうと推測しますが、こういう革命的な研究についての評価が日本にはできないのかとなんだか残念に思えて仕方がありませんね。

日本で勧められた研究が実用化される際にそのまま日本で行われれば付帯設備などの研究も海外に先んじることができ結果 商品にもつながることも考えられるのに 海外で先に普及してしまえばそういった恩恵もなくなってしまうのではないでしょうか?

また、今回の放送では医療行為まで関係しており 医療の現場でも結果的に海外での臨床結果が先に出てくることでその後の研究については海外に遅れをとることにも繋がりかねないのではないかと思います。
まぁ医療に関して言えばどの国で結果が出ようが世界でその技術なり研究が生かされればいいのかもしれませんが。


おいらは日本の官僚の先見性については否定的にならざるを得ない印象だ。
全国に空港を作ったり港湾整備をすることで他の国のハブ化に後れを取ったりすることからもそうだし、他の国で認可されている医薬品が日本ではなかなか認可が折りないという現状について 国の方針として考えていく必要があるように思うね。

体質が想像できる!
2010年12月26日 (日) | 編集 |
TVを見ていたら今年のCDの売り上げのベスト10が嵐とAKBで独占だとでていた。

おいらは歌番組など見ないから多分その10曲はまったく知らないと思う。

そして、このことからおいらが想像できることがあるね!

おそらく両方とも歌で売っているというよりはキャラで売ってるってことだろう。

嵐は知らないが、AKBに至ってはおいらが毎日立ち寄るサイトでその商法についてよく取り上げられている。

おたくが何枚も買いあさっているというのだ。したがって仮に50万枚売れたとしても買った人が50万人いるわけではなく実は10万人だったりとか下手をすれば5万人だったのかもしれない。
以前ここでも少し書いたが どう見てもせいぜい300円ぐらいの焼きそばを握手券付で800円で売るというような商売をしていたという。
一人でいくつも買うためにそこらじゅうで捨てられる羽目になった焼きそば。。。
その際とでは焼きそばをつけずに握手券だけで売ったほうがいいのでは?と書いていた。
AKBはある意味 おたく層狙いで商売が成り立っているのだろう。

音楽に関して言えば おそらくすでにCDの時代が終わっているのであろう。
ネット配信でダウンロードする時代になっているということだろう。
まぁそれでもおいらは今年何が売れ流行ったのかは知らないわけだが。。。。。


おいらはまったく興味がないのだが、TVでこの2組がすごい!とやっているので そうじゃないだろ?ということでとりあえず書いてみました。

きょうのニュースを見ても
2010年12月25日 (土) | 編集 |
きょうのニュースでわかること。

日産の11月の生産で海外での生産台数が過去最高を記録したそうだ。
東芝はLSIの生産をサムスンに委託するというニュースもでている。

大きなニュースではないですが、法人税減税5%を決めたわけだが、これらの記事を見て本当に意味のある政策に思えますか?

一部記事だけでの話しのように見えますが、おいらが思うに これが今の本質だと思う。

法人税減税はある意味では世界から見て高い法人税を是正するもので悪いことではない。

しかし、今の日本でそれが有効化どうかは別問題だと思う。
税収不足に悩む日本の政府がいまやることではないように思える。
いまのままではさらなる税収不足を招き、雇用が増えることに繋がるとも思えないなぁ。。。


話は少し変わるが、昨日のTVでアマゾンが送料無料で成功したというのがあった。
もちろん、そうなる背景で輸送業者が輸送コストの削減を強いられているのである。
どこかが儲けるシステムというのは往々に下請けのどこかにしわ寄せがきているということを考える必要があると思う。
法人税減税で企業が楽になればその分誰かがその分を負担するのだ。

違反者に緩すぎると思うが。。。
2010年12月23日 (木) | 編集 |
先日大阪でノーヘル、無免許の16歳の女子高生が警察に追いかけられタンクローリーに突っ込み亡くなった事件がある。
2ちゃんねるでは多くは自業自得と書かれているわけだ。

おいらもそこまでは言わないが、違反者の方を持つ気にはなれない。

中には過剰な追跡によって事故が誘発される恐れがあるから後に所有者を出頭させてなどといっている人もいるようであるが、盗難車なら罪のまったく問えなくなる話だ。

そんなことよりなぜ逃げるのかが一番の問題だろう。
4キロほど追跡すれば追跡を止める傾向にでもあるのか?事故の直前に追跡を止めた旨発表されているらしい。
(確かめてはいないが)

現行犯の違反者を見て追跡を止めるなどという国は日本以外にあるのだろうか?

逃げ得などがあるから逃げてしまうのではないのだろうか?

まぁこの問題はいくつかの意見にわかれるだろうし 根本的には解決しない話になると思えるね。。。。


話は少し変わるが、おいらにはきになることがある。
2ちゃんえるの他のスレッドで万引きについても書かれたものがある。

物事を簡単に考える傾向がどうやらついてきているのではないのか?と思ってしまう。

このバイクの問題もそうだが、興味本位や遊び心でやっているのかもしれないが 免許が必要なのは安全に運転することが必要とされることだからだろう。
それを無免許で乗って更にノーヘルである。
その危険性が今回の結果だろうと思える。

万引きの話に戻ると、たかが万引きであるかもしれないがれっきとした犯罪である。
学生などで学校への通告などですんでいるうちはいいかもしれないが、場合によっては職を失ったりする可能性まであるわけだ。
古本屋をやっていたときに同い年のおっちゃんが前に来たときつい万引きしてしまったと告白してきたことがある。
お金を返してきたのだ。
おいらは別になんとも思わないが、少なくともその人への信用はなくなってしまった。
名乗り出たことは評価できるかもしれないが、いっそ話さないほうが良かったと思うね。
聞いてしまえばそれまでだ。
おいらが思ったことは場合によっては警察に連絡され家庭なり会社に連絡されてしまえば大事にもなりえるのだ。
なぜそのことに思いいたらないのかが不思議でならない。

交通違反も見つかったら素直に対応すればいいのだ。
罰金なり原点はあるだろうが、そのことで命を取られることではないはずだ。
中には違反で点数が厳しくなり逃げたくなるかもしれないがあくまでそれも自分がしてきたことの結果でしかない。
少なくても点数が消えるまで安全運転すればいいのだ。
できないのは自分が悪いのだ。

日本人は少し過保護すぎると思えて仕方がないな。
老後などについても政府の対応に期待しすぎるなどと言う声が外人からは聞こえてくる。
もちろん北欧などそれについてしっかり対応している国では頼っても正当な理由があるわけだが。

警察から逃げることは本来それだけでも問題なわけで、そのことを抜きにして警察に責任問題をもっていく風潮におかしなものを感じる。
もし、追跡で事故が起こり被害がでたときに警察が追いかけたから事故が起こったということを言う人がいることが問題だろう。
逃げたから事故が起こったのである。
そのことだけはくれぐれも間違いがないようにして欲しいものである。

今年の話題で
2010年12月23日 (木) | 編集 |
報道で気になっていることがある。

羽田の国際線乗り入れで 成田がどうなっているかほとんど取り上げられていないよね?

激安航空会社が乗り入れることで海外旅行がより身近にとか 便利さとか使い分けとか 色々取り上げられている。
一方で、成田の話題がほとんどでてこないのである。

代わり映えがないからでてこないのか、あえて出さないのかわからないが 森田県知事はいまの成田のあり方に満足しているのだろうか?



なぜ?マスコミの不思議
2010年12月23日 (木) | 編集 |
きょうは過去を振り返ったりする番組ばかりで面白くないよね。

で、たまたま日テレのを少しだけ見たんです。

そこで取り上げられたのは地域主権(民主党曰くでおいらは地方分権であってほしいのですが)で、来年度から地方交付金が配られるということに対し報道では地域で商業施設などを新たに作って失敗したとかそういう事例ばかりを流しているのである。
なんでこんな報道をするのであろう?不思議でならない。

おいらは普通に考えて行政の予算が原因でできないことなどを地方の判断で使えるお金を使って市民の思うままに使えるお金だと理解しているのですが、どうやらマスコミをはじめ多くの人ってもしかすると新たに何かをしないといけないとでも考えているのでしょうかね?

その前にチラッと見たときは介護の予算が今後莫大になるとやっていました。

他にも医療に問題を抱えていたり教育に問題を抱えていたりするって事に対し予算がなくてできないこととかあるのではないのでしょうか?
地方に予算の使い道を任せるってのはその予算でそういったニーズを地方で吟味して使えってことじゃないんでしょうか?
切実な悩みのところに国からのひも付きでないお金を使え!という趣旨ではないのでしょうか?
うちの地域では介護に使おう、うちなら教育だ!というようにひも付きでないお金を使ってくださいということだとおいらは思っているのですが、違うのでしょうか?
宮崎は道路の整備が遅れているという。
なら、この予算で道路を作ってもいいわけでしょう?そのための紐付きでない予算でしょう。
校舎の耐震化をやらなければいけないのができてなければこの予算で優先的にやればいいということでしょう?
確かに地域振興のために使ってはいけないというわけではないでしょうからそう使いたいところもあるかもしれませんが、それしかありえないみたいな報道ではおかしいと思うんですけどね。

地域主権(地方分権?)に反対する材料のように扱うことに疑問を感じましたね。

行政サービスで予算がなくて困っていることを国が判断してやるより地域にあった形で独自に割り振りしてより適正に行政に生かせるようにするための方法ではなかったのでしょうか?
なんでこんな扱いをするんだろう?

マスコミの悪意ある意図を感じるなぁ。。。。

民主党 質問趣意書に制限?
2010年12月23日 (木) | 編集 |
質問趣意書に制限をつけることを考えているという話ですね。

面白い!やれやれー!

もうすぐ自分たちに跳ね返ってきますよ。

民主党が次の衆院選後も与党でいられる可能性などほとんどないだろうに。。。。。

野党になれば政権党の幹事長室に民主党議員も陳情にいくんでしょうねぇ。
秘書がやったことは秘書の責任でいいんですよね。

なんか民主党が今の政権を守るためにやることは近い将来与党になるところを保護するための政策にもなるってわかっているのかしら?
つくづく先が読めない人の集まりですねぇ。

日本プロサッカー選手会(JPFA)の高木義成副会長 辞任!?
2010年12月23日 (木) | 編集 |
どうやら、代表の待遇改善の話がマスコミを通じて知ったなど選手協会の連絡の不備などが理由らしい。

それはそれで問題にしてしかるべきだろう。
副会長がその話に加わっていないということは大いに問題だし、選手会にしたって代表に選ばれていた選手だけの問題ではなく今後呼ばれるかもしれない選手はこれからどんどんでてくるわけだから選手会全員の問題なはずだ。
そういう意味では副会長にしてこういう状況は連絡の不備というだけでは済まない問題かもしれないね。

したがって、副会長を辞任という点については本人の意思は尊重されるべきだろう。


数日前に、サポーターから「代表ってお金(のため)なんですか?」と聞かれたことが契機になったと説明。ボイコット案も浮上しているが「オレは金を払ってでも(代表に)行きたい」。代表歴もなく、あくまで「イチ個人の考え」と断っての発言だったが、一枚岩をうたっているJPFA側の足並みの乱れを示す事例となった。

とニュースには出ている。

この点だけはもう少し深く考えて欲しいと思うなぁ。

代表に呼ばれた多くの選手のコメントが紹介されているのでわかると思うが、代表には誇りを持って戦ったいることがわかると思う。
ただ忘れてはいけないのが多くの選手はプロなのだ。
サラリーは基本的に所属チームから貰っている。
代表での怪我や故障は何の保障もされず本来断ることがプロなのかもしれないとさえ思える。
(代表に呼ばれることで認知され給料が上がることもあるだろうが)

特にヨーロッパなどで活躍する選手は長時間の移動などでコンディションを崩す危険もあるわけだ。
代表選手を取られることはチームにとっても問題なわけで、そうまでしても代表として出場しているわけだ。

そう考えればそれ相応の待遇があっても問題はないはずである。
多くの面で日本は世界基準に近づいている現状で代表の勝利給などの待遇が良くないといのは逆に日本サッカー協会の怠慢でしかないともいえるのではないのだろうか?
理由を挙げて勝利給をあげないようにしているとも見えるサッカー協会の考えのほうがおかしく思うのはおいらだけだろうか?

ちなみに高木福会長が 俺は金を払ってでも~という件があるが、それは本来趣旨が違う話だろうw。

代表にふさわしいと選ばれた選手が出るのが理想であって金を払ってでも出たいというのはとりあえず今回の問題にはなんら関係のない話である。

小倉会長などが言う 出たい選手でやればいい というのもまたおかしな話で、極端にいえば 金を払ってでも出たい選手を集めて代表戦をやればいいのでは?とさえ言いたくなってしまう。
代表は少なくともサッカー協会だけの選考ではないはずだ。
代表監督は勝つことを義務付けられ勝つための選手を呼んでいるはずだ。
そういう選手の多くはプロであり、サッカーで金を稼いでいる人でもあるわけだ。
本来そうした選手はチームが勝つために体のケアなど体調管理も仕事なわけで、チームにプラスになるかわからない代表の仕事はプラスばかりではないはずだ。
そう考えればもしかすると代表に呼ばれても断ることが本当のプロなのかもしれない。
それでも選手の多くは呼ばれれば集まるのである。
ならば呼ぶ側の姿勢が問われるのではないだろうか?

この問題で大事なところは長年その待遇がほとんど改善されていないことだろう。
日本の組織の運営力はそれなりに評価されていながら、代表の待遇という点ではほとんど改善されていないということが問題なのであって 協会がそれについて意識が低いことが問題なのである。

選手にとって代表に出ることが名誉であるとともにリスクであるということをサッカー協会側の認識が薄いことが問題なのである。

副会長の金をはらって~は呼ばれない選手の声であって呼ばれている選手は当然改善されたほうが嬉しいに決まっている。
選手は金が出ないからといって手を抜くわけではないが、勝利給が高ければ自然とモチベーションは違うはずである。
ただ頑張るっていうのと、よ~し頑張ってボーナス稼ぐか!では後者のほうがより力がでるというものだろう。
プロであればなお更だ。

アフリカの代表などが代表ボーナスの問題が発生するのは所属チームへの責任と代表の待遇に問題を感じるからであろうと思うのだ。なぜアフリカだけがそうした問題がでるのかといえば他の地域では代表の待遇がそれないだからではないだろうか?
そう考えれば、今回代表チームの待遇の改善問題がでたということでも日本サッカー協会の待遇が実はあまりに酷いということの理由であって選手がどうこう言う問題ではないように思える。

給料などが日本より安い韓国であっても勝利給などは日本より高いのが普通であるし、ワールドカップの出場ボーナスの配分がオーストラリアやニュージーランドが半分が選手関係者にまわったものが日本は25%であることなど話を聞けば聞くほど日本サッカー協会の選手への気遣いのなさばかり見えてしまうのだ。

選手への待遇が不当でないというのであればサッカー協会は財団法人なわけだから 協会の職員などの報酬を選手会に説明し選手への対応が低い理由を説明するべきだと思う。
代表を選ぶ権利が協会だけにしかないことから好き勝手言うのは協会の意識に問題があると思えるな。

高木副会長の発言については全文がわからないのでなんとも言いがたいが、書かれているまま受け取ると同じチームから代表に出ている楢崎に不満を言うなといえるのだろうか?楢崎などは高校を卒業して間もないころからずっと代表に呼ばれているわけだが、これまでずっと同じ待遇でやっていることになる。
グランパスでは給料はずっとあがってその責任も大きくなっているだろう。
ならば本来なら代表戦のあいだにチーム練習をしたほうがよっぽどグランパスに貢献できるはずだが、実際は代表にいっているのである。
選手はサラリーを保証してくれているチームに迷惑をかけないように考えているはずだが、代表に呼ぶ側はそれにふさわしい扱いをしてくれているだろうか?
協会がするべきことは所属チームへの保障や呼んだ選手への待遇でしめすしかないと思うのだが。。。。。

前にも書いたが輪ーるdカップ招致で使った金額があれば代表への待遇改善などいくらでもないだろう。。。。
資金が云々ということであれば協会がスポンサーを少し多く集める努力をすればいいと思うのだが違うだろうか?

要は協会の姿勢ひとつのように思えるのだが。。。。。

失敗だらけの民主党政権
2010年12月23日 (木) | 編集 |
まぁ一番の失敗は国民が民主党を選んでしまったことですな。。。。

まったくもってうまく騙されました。

懸念する声はずっとあったわけですが、選挙前にぞれを否定する民主党議員の自信たっぷりに騙されたわけですね。

いろいろと改革を目標にマニフェストを掲げてきたわけですが、実はやりかたまでは考えていなかったということでしょうね。
思いつき政権という声がありましたが、一番的確な表現だったかもしれません。

時間をかけてねったマニフェストだったんでしょうが、実は国民受けすることを書いただけだったようです。

その証拠が政権を取ってからの政策実施のあり方が物語っていると思いますね。

国民からすれば後回しでいいような夫婦別姓や外国人参政権などの問題緒早くから問題視して議論がされたように思う反面、公務員改革など重要な問題では 実施するに当たりまず法改正が必要なはずなのに後回しにしております。
もし仮に、早期実現を目指したとすれば真っ先に人事院の廃止など障害になる案件を議論するべきだったでしょう。
初めての政権で不慣れという声もでましたが、あまりにもお粗末でしたね。
いくつもの案件を同時にこなせる力量もなく、何かを始めても制約だらけで実は実効性に乏しいという結論が出て終わりという有様です。

終わってみればただの人気取りでしたと気づかされるものばかりだったように思います。

ほとんどの案件で思うのですが、やっぱり何をなすにしても実行に当たっての法整備からはじめるべきを後回しにしている点が目に付きますね。
これがすべての失敗の原点でしょう。

もうひとついえることは、自民党政権時代に批判しまくっていた 誰も責任を取らないという点で民主党は自民党をはるかに超える責任を取らない政党だということでしょう。
政治資金問題にはじまり民主党幹部は責任を取っていない。
鳩山元総理の母親からの資金提供についても弟はアクションを起こしましたが本人は逃げとおしたつもりのようです。
小沢氏に至っては元秘書ら3人が起訴されたわけですが、やっぱり本人は無関係で通しておりますよね。

失言や暴言に関しては自民党時代に負けず劣らずです。

何より、民主党政権で思うことは残念なことに多くの政策などで国民の支持が実質得られていないということですね。
よく耳にするのは民主党執行部の後になって国民は理解してくれるだろうという声ですね。
なぜ後になって理解するというのでしょうねぇ?
その時点で国民が理解できるだけの説明ができていないということなのでしょう。
ある意味では単に自分たちのためにだけ突っ走っているともいえるのではないでしょうか?

この国民の理解を得られていない行動の多さが特に目につきますね。


まぁこれ以上悪口を書いても書き足りなく感じてしまいますので、とりあえずはこの辺で終わりますが マニフェスト作成に関してしっかり準備できていたのであれば、実際に行動する際にやるべき順番ってのがあったはずです。
実際問題として、政権発足時には民主党はなんでも法案を通せる環境にあったことを忘れないでいただきたいですね。
公務員の給料の削減は人事院の反対でできないというのであれば 人事院のありかただって変えることができたのです。いまからだってできなくはないですが、真っ先にやるべき政策であったはずだし そうしていれば野党の賛否などかんけいなしにできたということを忘れないでいただきたいのです。

いま多くの政策実現のための財源がないといわれておりますが、ギリシャなどの内容はわかりませんが日本は世界で一番の公務員天国であるということに変わりはないと思います。
これの妨げになる事柄の排除ができないようでは何事もすすまないでしょうね。
民間の給与所得が一番いい東京でさえ公務員の給料には追いついておりません。
地方では2倍に近い格差があります。

税収にたいする公務員の給料の大きさを考えれば真っ先に手をつけるべき問題だったはずですし、いわゆる埋蔵金といわれるものの発掘にしても実は金額の大きい財務省の特別会計などは手をつけられていないわけですよ。
民主党内でも仕分けは前回で終わるべきとの声なども出ていることでもわかりますが、実は難しい問題はほとんどが棚上げ状態です。

今年のニュースのトップでやるべきことは 何がどうこうということよりも 総理が変わってもやっぱりダメだった民主党政権!というのが本来一番のニュースではないでしょうかね。。。。
残念なことですが。


来年は早々に解散総選挙ということになってほしいものですね。

サッカー日本代表の待遇
2010年12月21日 (火) | 編集 |
明らかに安いよね。

協会会長は 出たくない人間はでなければいい といったらしいが、そういう話ではないだろう。

選手が問題にしているのはサッカー協会は潤っているのではないのか?という疑問があるからではないのだろうか。

ない袖は振れないということならば話はわかるのだが、もしかすると協会の役員なり職員はそれなりに貰っていないか?という点が問題だといえる。

totoなどでの収益もあるはずだ。
代表ユニフォームなどの売り上げがあったとしても選手に利益は還元されない。

代表で怪我をしても保障もされない。

名誉しかないではないかという話だよね。

記事によれば全国の施設などを充実させることにお金は使っているなどという話もでているが、何十年も前の制度がそのままっていうのは動なんだ?といわざるを得ないと思うが。。。。。

Jリーグの選手会の会費?も年間20万とかありえない。

プロ野球などと比べて圧倒的に年棒が安いのがサッカーの世界である。

スポーツで稼ぐことを考えれば野球が一番稼げているわけだが、肖像権などまで含めればサッカーよりもゴルフなどのほうが稼げるかもしれないし、当然 競艇や自転車、ボートなどの公営ギャンブル選手のほうが稼げるのではないだろうか。

そう考えると、サッカー選手は選手がサッカー好きでなければ割に合わない仕事かもしれない。
柳沢や松田などのかつての代表選手であっても30少し超えればチームからも抗争外を突きつけられるわけで、ある意味野球以上に厳しい選手生活である。
野球などが選手交代が多いのに対しサッカーでは厳密に言えば1試合で3人しか交代枠がないためレギュラーとその他の選手では待遇も違うことだろう。

会長が選手に対して この待遇でやるという選手だけくればいい ということからしてナンセンスである。
明らかに選手を駒としてしか見ていないのではないかと思うね。

施設などの整備も大切であろうが、肝心の選手の待遇が悪ければ将来サッカーで飯を食おうという人が出てこなくなってしまうではないか。
そんなことも考えられない人がトップにいること事態恥ずかしいと思うけどね。

ワールドカップ招致にいくら金をつぎ込んだか知らないが、可能性の低いことに金を使うなら選手の待遇をもっと考えればいいではないか。

海外の選手で自ら代表引退を宣言する人がいるが 金をくれるのはクラブであってクラブ優先になるには仕方がないだろうね。
日本より待遇がいいところですらそうなのであるから、加持のように早い段階で代表を辞退する選手が今後増えてきても仕方がないかもしれないね。

下手をすれば数十万円のために怪我のリスクやコンディション維持が難しくなったりすることを考えれば、クラブの試合に徹して活躍したほうが自分のためだともいえるし、実際に金を出すクラブのためにもなるだろう。

それにしても日本サッカー協会はセコイね!!!!!!

今年を振り返って その一
2010年12月20日 (月) | 編集 |
TVで振り返りをやっているのでそこからひとつ。

サッカー ワールドカップで必ず出る映像に対して一言です。

カメルーン戦での本田のゴール。

トラップしそこなってるが 運がいいんだろうなぁ 右足にあたり絶好の位置に。。。。

本田は確かに運には恵まれている。

よく見て欲しい。左足でのトラップで少しミスってボールが暴れ右足にあたって絶好の位置に来ているのがわかるはず。

TVタックルの特番を見ているんだが
2010年12月20日 (月) | 編集 |
つくづく思うね。

政治にもっと庶民の意見が反映されなければいい方向には行かないんじゃないかなぁ。

いままではこの手の番組ではそれほどいい意見が出ているとは思えなかったんだが、今日の話はなかなかいいと思う。

本質を突く意見が結構あったように思えるのだ。


法人税減税も効果があるとは思えない人が結構いるようだしねぇ。

最後の質問で民主党政権は失敗だったというのが36人?
自民党に戻したいってのが23人?

失敗だと感じる人が少ないのと自民党に戻したいってのが少し多すぎるのが 難点かなぁ。
おいらの即座の判断では失敗が40人を超え、戻したいは15~6人だと感じたんだが。。。。

若いフリーターの人が語った言葉が一番おいらは気に入ったね。

資本主義の限界が来ているんだと思うね、おいらも。

今の状況で何やったっていい方向には向いていかないと思うね。
企業は安いコストを求めるのが市場原理なわけで、多少のことでは国内に雇用や資本の投資は戻ってこないのは明白だろう。
サムソンに日本の家電が押されるのは技術力に大差がない上に製造コストが(労働賃金が日本より格段に安いのだから)法人税のわずかの減税でどうこうなるものではないのだ。
それも、元々は日本が持っていた技術を安い労働力を海外に求めて技術を流出させた企業にも大いに責任があるのだ。
しかし、それでも企業はもはや安い労働力を海外に求めなければ戦えない状況になってしまっているわけで、いまさら国内の高い労働力に頼れない情況なのだ。

韓国も安泰ではないだろう。
就職先がないらしい。

とはいえ、韓国のほうが日本より先が見える政治家がいるのかもしれない。
もしくは官僚かな。
空港や港湾の整備で見事にハブ化することができ実際に成功しているわけだ。

日本が見習うべき点はそういったところだと思う。

日本の政治ももう少し先を見据えた政治を心がけていって欲しいと思うね。

まぁ今の政治家でこの人ならって人がいないのも確かではあるから 当てにできないのがつらいところではある。

CMでわかること!?
2010年12月20日 (月) | 編集 |
いまTVを見ていて思ったことです。

ニンニク卵黄のCMでしたが、なんでこんなにCMやれるのだろう?
CMは一本でも結構な金額だというよね。

今一番CMをやっているのがどうやら携帯ゲームらしいのだが、ソフトバンクの2倍ぐらいはやっているらしい。

どうやら儲かっているということだろうね。
携帯無料ゲームの無料部分はさわりだけであとは課金システムでどんどん儲かる仕組みなのだろう。
CMで興味を引き、ゲームをやってすぐに課金システムにはまっていくということで利益はドンドンあがっていくのだろう。
そして目を引くのがTVショッピングと健康食品だ。

TVショッピングなどは 今ならもう一組ついてくるってのがあるが、そのままでいいからもっと安くとはいかないんだよねぇ。言いたくはないが原価に対して価格設定がおかしいんじゃないのかしら。
CMで商売しているから当然その分も原価に含まれているのだろうが、本当におかしな価格であるといえるだろう。
おいらはTVショッピングなどで買い物をしたことがない。。。。

中にはジャパネットなど有名商品を安く売っているところがあるわけだからそれは 別に評価しなければいけないと思うのだが。。。
TVショッピングなどで人気がある化粧品などの有名社長などは安売りをしながらも大もうけでいいところに住んで別荘まで持っているわけだ。
やっぱり思うことだが、原価いくらだよ?商品価格の設定がおかしくないか?っておもうのだ。

それでも買う人がいるから儲かってしまうってことななんだろうけど。。。。。

更にきついのが健康食品だね。
TVショッピングなどは比較的CM料金が安い時間にやっているのに対し、健康食品はいつでもやっている。
利益率はどれだけなんだろう。。。。

ネットなどでも懸賞金などがもらえるところでも必ずいいポイントをもらえるのが健康食品などを扱っているところだね。
儲かってますっていっているようなものだ。
やっぱり思う原価率低いんだろうなぁ。。。。。


これでわかることはTVでCMの数が多すぎるところは ちょっとうさんくさいところだというのがわかる。
たとえいい商品であったとして 独占であつかっているからといえ 原価率が低いしょぷひんを扱って儲けている会社であることは間違いがないのである。

言い換えれば原価が安いのに商品を高く売っている会社であるといえるわけですよ。

しりすぼみですが、それだけは感じました。

政治家の本能がそうさせるのか?
2010年12月20日 (月) | 編集 |
民主党のドタバタについてである。

政倫審への出席を求める話し合いが小沢氏を中心に行われている。

執行部のほうでは年始からの国会でしっかり議論するために今でなくてはならないのかもしれない。
しかし、いまでなければ本当にいけないのか?という疑問がおいらにはある。
なぜなら、新党結成で政党助成金の件があるからだ。
詳しくは知らないが、どうやら通常新党結成は12月に多く起こるらしいのだが それは助成金のためであるという。

いま民主党でゴタゴタしているわけだが、執行部側では小沢氏の政倫審への出席をさせることが一応の目的であるわけだが、おおよそ出ないことは折り込み済みだろう。
そのくせ、いまになってどうするという結論を持っていないのである。
小沢氏側は両院協議会をして執行部の責任を追及する構えであることなどから、小沢氏への離党勧告なり除名処分の決定が早いほうが本来であれば望ましいはずでもあるのだ。
除名してしまえば協議会そのものに意味がなくなるはぜであるわけで、意思決定が遅れれば遅れるほど自身に不利な場面が考えられるはずである。
にもかかわらず、管総理は決定できないのだ。
2ちゃんねるのスレッドに、俺に意思決定させるな!というような表現のスレッドがあるのだが、それほど決められない総理であるということらしい。


新党結成なら12月ということがあるから今なのか そうでないのかはハッキリわからないが そのことがなんらかの影響を与えていることは間違いないと思う。
小沢氏側で考えればこれが1月ともなれば新党などという声がこれほど取りざたされることもないかもしれないし、そうでないかもしれない。
しかも、来年そうそうに小沢氏の案件が審議に入るとも言われているわけで裁判が始まってしまえば新党といったところで参加する側の気持ちも鈍るかもしれないわけで。

いまこの状況でそういった政倫審の話がされ、もしかすると証人喚問まで言われだすことは民主党にとって果たして動なんだろうかと思うんだよね。
まぁどうなろうがかまわないんだが、どうせなら1月にはいってやったほうが良かった気がしないでもない おいらである。
どちらにせよ、執行部の多数派工作に大きな影響が出ることは間違いがないわけで 政権運営の大きな障害になることも間違いない。
いよいよ、民主党崩壊か!!!と期待せずにはいられない。。。。。

丹羽大使 対中ODA増額要求??
2010年12月20日 (月) | 編集 |
丹羽駐日大使が中国に対するODAの増額を具申したらしい。

ODA強化による環境ビジネスや人材交流の促進が、
中国に進出する日本企業の利益や日本の国益につながるとの見解を示した。とのこと。

丹羽氏は元伊藤忠商事の相談役だったらしく、おいらの感想ではここでも経済か ということ。

経済人と呼ばれる人間たちは本当に中国に進出するリスクがわかっているのか心配で仕方がない。

中国共産党の一声で今までの投資が水の泡になる危険があることをわかっているのか、水の泡どころか下手をすれば適当な案件を元に訴訟でも起こされ大金を巻き上げられる可能性だってあるのをわかっているのだろうか。

企業の利益のために税金を使うって事の意味をも一度考えて欲しいと思うね。

おらは法人税減税についても企業の確約なくして減税するべきではないと思っている。
国内の雇用の拡大の約束をして欲しいのだ。国内に一部でも投資をして欲しいのだ。
減税方針はすでに決まってしまったようなので、これだけは国民にたいして企業は責任を負うべきだと思う。

丹羽氏のODA増額の具申ははたして正しいのか 大いに疑問に感じる。

駐日大使という立場で日中関係について考えた結論なのかもしれないが、そもそも中国との付き合い方がいままでもこれからもうまくいっているのか、うまくいくのか?ということから根本的に考え直してみる必要はあると思う。

仕分けという言葉が昨年から言われているが、民主党的に言えば費用対効果で対中関係は問題がないのか検証するべきだろうと思うぞ。
経済的には多くの利益ももたらしているかもしれないが、一方で知的財産権など多くの損失も考えなければいけないはずだ。契約問題や商標登録の問題などでも多くの問題も発生しているようである。

丹羽氏は環境問題などで日本から積極的に関わっていき、結果的に交友関係が良好になることを望んでいるのかもしれないが、そうはうまくいかないかもしれない。
かつて、日本の協力でインフラの整備が進んだ韓国などでも完成したら韓国の手柄とされ、結局日本は影に追いやられた経緯があったように思うのだが、反日の国に接する際にこっちの都合で相手が動いてくれない危険を考えれば深入りするべきではないと思う。

経済的に考えても中国がアフリカなどで行うODAなどを考えてもODAをする国にODAをする意味があるとは思えない。
競争相手に金を上げる意味がわからない。

日本政府には普通に大人の考えをしてもらいたいと思う。

日本の政治に関わる人間って本当に夢想家だったり考えなしだったりでまともな人がいないのかとおもってしまうね。

何でこんな人が外交官やってるんだろう。。。。。。

阿久根市議会リコールの署名が定数を超える!?
2010年12月19日 (日) | 編集 |
阿久根市の問題は結構TVなどで深夜 放送されております。

おいらとしては市長を応援したいですね。

市の財政が黒字化してきているという話もありますが、それは単に数字合わせができているということであって本来行えるはずの行政サービスなどが行われない結果が黒字化ということですよね。

公務員の給料などが民間と比べて適正であるならば 実質的に使える予算が増えるということですよ。

阿久根市の場合、市職員の給料の平均が700万あまりらしいですが鹿児島県の民間の平均所得は340万円台だという話で約2倍の報酬が与えられているわけです。

議会の人間も実は年に数回議会にでるだけで700万を超える報酬を受け取っているらしいですし、市長によるとこれは韓国の約3倍、アメリカなどの5倍以上という金額のようです。

黒字化しているから問題ないというのは完全な勘違いでしょうね。
黒字化は当然であり、その上で行政サービスがしっかりできていることが重要なわけですよ。
何年度の分かしりませんが、職員の給料の合計が17億円だそうですが、仮に半分で県の民間の平均ぐらいにすると行政サービスが8億円強余計にできることになるわけですよね。
それが福祉であったり教育であったり国民に還元できるということです。

おいらは基本的に市長のやり方には問題を感じます。

ですが、いまの二元代表制が行われている以上 こういった問題は必ず出てくることでしょう。

名古屋でも河村氏と議会でもめ同様のことが起こっていますよね。

現状の改革を訴えて首長が当選しても、議会が変わらなければ何事も変われないのですね。

正直言えば、この制度では何事も変えることが難しいのですよ。
せめて、首長の選挙と議会の選挙が同時に行われないと意味がないように思えますね。

国政でもそうですが、解散権は総理大臣にしかありません。
これも大いに問題ですよね。

国会議員と地方議会でやり方が違うことも問題です。

そもそも論になるかもしれませんが、議会のあり方からして議論をしなおしてもいい時期になっているのではないでしょうか?




法人税減税と相続税の対象拡大
2010年12月19日 (日) | 編集 |
今回の法人税減税のために所得税の増税、相続税の免除金額の引き下げで どうやら中小企業はピンチに陥りそうだ。

法人税の減税で政府が見込んでいるのは雇用の拡大のようだが、大企業などは利益の投資先を主に海外に向けているのが実情でありすぐに雇用が回復する見込みはなさそうである。

中小企業で法人税減税を望む声もあるが、国内での生産が増える前提があると思うが はたしてそのように動くのかが不透明である。
政府の思惑の大前提に企業が上げる収益の投資先があくまで国内への投資が前提であるわけで、ここが崩れてしまえばこの減税で実際に得をするのは企業と投資先に当たる外国でしかなくなってしまうのである。

普通に考えて、企業は投資とともにこれまでと同様に内部留保をある程度確保するだろう。
今回円高で内部留保をくいつぶしたわけで、今後同様に何があるかわからないと考えればまずは体力の回復が先決であるだろうし、マーケットが海外に向いている今投資先も主に海外にいくのも仕方がないかもしれない。
政府はそういった企業に税金をゆるくすることを決めたのだ。

しかし今までは消費税の増税と合わせて法人税を下げてきたわけだが、今回は法人税の減税が単独で決定している。
当然、穴を埋める税収などないわけだ。
そこで政府が考えたのが 高額納税者への課税である。
最高税率を上げることで少しでも税収をあげるということにしたわけだ。
さらに、相続税の面積金額を引き下げることで税収を上げることを考えたようだが、TVでは中小企業の社長などが個人的に会社に貸し付けたお金なども対象になるらしく代替わりするようになった際 相続税が重くのしかかり経営を維持するのが難しくなるケースガ増えそうな状況となるようです。

大企業を優先し、中小企業には実質つらい税制になっていくようですね。

おいらとしては、経団連との交渉に際し少なくても当面国内への投資の拡大、雇用の拡大の約束は取り付ける必要があると思います。
そうでなければ、いま法人税減税をする意味がないと思うわけです。

東芝だったかが先日投資の8割を海外にという内容をこのブログで書いてますが、これでは法人税減税する意味がないと思うのです。まぁないわけではないですが、企業にとってはあるけれど国内向けにいい事はあまりないというのが正確な表現でしょうか。

相続税などの話にすれば都内で住宅を持っている人たちなどは他人事ではないでしょう。
土地の評価額が高ければ預金がなければ相続税を払えず、土地を手放さなければならないなどという自体も生じるかもしれません。
3人家族で8000万だったのが4800万になるということはある意味極端で土地付で考えれば多くの人が今回の改正で引っかかってしまうことになるかもしれませんね。

企業にはいいことかもしれないが、代わりの税金を負担しなければならない国民にとって今回の法人税減税で国内向けにいいことが果たしてあるのかどうか 疑わしいとおもいますね。

外貨を獲得しなければいけないのかもしれませんが、メーカーなどの大企業優遇のために多くの人たちが今回苦しくなるのです。
なんでいま法人税減税なのか おいらには疑問でしかありませんね。

企業が海外に出て行くのは仕方がないのです。
賃金格差があるのですから、この流れを簡単に止めることはできないでしょう。
かつては国内での生産は賃金が高いけれど品質が高いこともあったと思いますが、品質が変わらないとすれば賃金が安くつくほうに移行するのが自然です。
いまはそういう方向に向いているわけです。
法人税減税があったとしても、海外への投資が優先というのも自然の流れとして当然かもしれません。
だから なお更 いま法人税減税をする必要性を感じないのです。
輸入産業は円高で利益を出しているわけで、なにも輸出産業を優先して考える必要はないはずなんですが、なにせ経団連という組織のえらいどころが輸出産業の人間ですからねぇ。

政府はこの法人税減税をひとつの成果として考えるかもしれませんが、おいらには今の時点でこれを行うのは愚行にしか見えません。
しかし、実情では中韓などの税制を考えればやらざるを得ないということもあるのでしょう。

それにしてもおいらには何で今?としかおもえませんね。
民主党政権においては財源の見通しもないまま 誰かと民主党の利益のために簡単に税金を扱う癖というか習性があるようで。。。。。
これでは日本の政治はなりたちませんよね。
どうにか早くまともな政治が行われるようになって欲しいものです。

2ちゃんとマスコミ 海老蔵事件
2010年12月18日 (土) | 編集 |
結構 温度差があるんだよね、書かれている内容が。

マスコミでは言葉を選んでいるせいか 元リーダー側の立場での報道が結構あるんだよね。
一方で2ちゃんでは すでに実名がでており、さらに事件があった店のオーナーなどが元リーダーの仲間内であることなども記載されている。

某プロダクションやエイベックスなどとの関係や 一部芸能人の名前まででて組織の関係まで書かれているのだ。

その中では、マスコミが海老蔵氏に否定的な発言をする理由として 名前が出ているところからの圧力みたいなものがあるともいわれている。

こういう関係を(事実かどうかは知らないが)見せられると やっぱり芸能界は元々やくざが興行をするなど関わりが続いているのかなぁとおもわずにはいられない。

2ちゃんねるでは圧倒的に海老蔵氏側は示談などに応じる必要はない、できれば警察は組織をしっかりあぶりだしてくれ、たぶんできないだろうけど。。。などという反応のようです。

政治と一緒で ここでも一般人とマスコミの間に温度差があるように思えます。


小沢氏 政倫審拒否!!
2010年12月17日 (金) | 編集 |
岡田幹事長に文書で出席しないことを告げたという。

理由は3つ。

(1)裁判を今後行うことが確定している私が、国会の政治倫理審査会に自ら出席しなければならない合理的な理由はない(2)政倫審の審査や調査は、立法府の自律的な機能であり、司法府への介入を避けるなど慎重なものでなければならない(3)まもなく始まる刑事裁判の中で、清々粛々と検察審査会の起訴議決の可否も含めて闘い、事実を明らかにし、潔白を証明する-などとしている。

おいらが思うに 小沢氏の主張は一般人の立場でしか通用しないとおもうのだが。

小沢氏は政治家であることから無罪であることの証明だけではすまないと おいらは考える。
あくまで潔白を証明しなければならないはずだ。
裁判でわかることは無罪でしかないのである。
そう考えると 出席こそが無実をあかす唯一の手段だろう。
1の言い訳は潔白を証明するといいながら なんらその行動を起こさずただただ司法の手段での無実を潔白だとしたい小沢氏の立場を如実に表している。潔白というのは無罪であるということではなく無実の証明が必要だと思うぞ!
2に関して言えば簡単にいえば司法で争われるのはあくまでも無罪をあらそうものであり、検察側に証明の責任があるわけだ。一方で無実の証明というのは小沢氏が明らかにすべき問題であろう。
元秘書など3人が有罪になっている責任を政治家として証明するためにはまったく行動を起こさない小沢氏が証明する方法は政倫審をへて証人喚問に出るしかないのである。
3はすでに述べているがあくまで無罪を争うものであり、無実を争うものではないのである。

ちなみに、いま福岡の放送では原口氏がTVの生放送で出席する必要なしと言っている。
言っている内容はいつもと同じ。争っている内容はすでに決着しているというのだ。
これはイコール 検察審議会の議決が意味がないといっていることに等しいね。
検察の調べでは不十分として審議会で起訴にしたわけだから それ以上の調べをしろよという国民の声であるわけだ。
無駄ですよと、決めてかかっている発言である。

次の選挙で原口氏落ちてくれないかなぁ。。。。。

小沢氏が元秘書3人を起訴された状態で証拠がそろわなかったことをして白という政治家に政治に参加する資格があるのか疑問に思うぞ。
自分たちが野党の立場で与党にそういう人物がいた場合 同じことが言えるのか本当に問いただしたい思いがするね。

手のひら返し、2枚舌 民主党を表現するには そういった言葉をつかわないと性格に民主党についてかけないぐらいである。
民主党の中に それをただそうとする動きがあることは幹事長をはじめ存在している一方でかたくなに小沢氏を守ろうとする動きもあるわけだ。
民主党の代表選の際にもわかっていたことだが、やりたいことすら違うではないか。
まぜひっつの政党として存在しているのか理解できない状態にあるともいえる。

さっさと解散するべし!

小沢氏から金をもらった人たちも選挙で もう一回国民の信頼を問うべきだとおもうけどなぁ。

佐賀県民ではないので原口氏のライバルに投票することもできないが、こいつは落としたほうがいいかもしれないと最近つくづく思うね。
衆議院選挙前TVにでまくって国民を騙した急先鋒がこのひとですよ。
大臣時代も結局なにもできなかったのもこの人ですよ。
大臣を外れた途端 言いたい放題!そして小沢氏擁護です。
選挙前に小沢氏から500万円受け取ったのもこの人ですよ。

政治家にまともな人は存在しないとつくづく思いましたよ。。。

アルゼンチンがブラジルを抜いて世界一!?
2010年12月16日 (木) | 編集 |
サッカー選手の最大の輸出国がこれまでずっとブラジルだったらしいのだが、ついにアルゼンチンがブラジルを抜いたということらしい。

アルゼンチンは2009年から2010年の間に1800人の選手を他国に送り出して1400人あまりのブラジルを上回ったということらしい。
この5年間ではアルゼンチンの選手の海外移籍は8倍になっているらしい。

おいらとしてはなるほど!という気持ちがある。

なぜかといえば、ロナウドをはじめブラジルの選手たちがオフシーズンに帰国して戻ってくる日を過ぎても帰ってこないなどお騒がせのきじなどを良く見ることや、負けゲームに出ている選手などが大した怪我でもなさそうなのに交代を要求するシーンを何度も目にしているからだ。

一方でアルゼンチンの選手はブラジルの選手に比べハードワークをする印象がある。
たまたまそう思っているのかもしれないけどね。。。。


日本では日系人の存在などで圧倒的にブラジルとの関係が深いがおいらの知るアルゼンチン人は勤勉だった要に思えるね。
ブラジル人はといえばサンパイオやドゥンガは別にして、ラモスやトゥーリオにはいい印象をもっていない。
昔柏にいたちっさなフォワードも帰国した後に戻ってくるのが遅くなった気もするしね。

マラドーナなど一部の天才的な選手を除けばファンタジスタ的要素を持つ選手はブラジルに多い気もするが、地味に活躍している選手はアルゼンチンの選手のようにも感じる。

テベスなどはどんだけ走るんだ?ってぐらい動き回っている。
一方でブラジルの選手はいいところに出てくるが、結構手を抜くこともしっかりやっている印象がある。
それが悪いことというのではないが、おいらとしてはチームのために汗をかく選手といえばブラジル人よりはアルゼンチン人に思えるのだ。

もちろん、チーム事情で欲しいタイプの選手は違うわけでただ単に汗を各選手は国内の選手でもいいと感じるかもしれないけどね。

おいらとしてはアルゼンチンの選手がもう少し日本に来て活躍する機会があってもいいように思うんですけどね。


ブラジルの選手が嫌いってわけじゃあないのだが、プレーと直接関係がないのかもしれないが勤勉さでアルゼンチン選手を取ったほうが実は得なんじゃないかと思うのですよ。

もしかすると おいらと同じような思いがこの結果にでているように思えなくもないと 勝手に想像して満足しているわけです。
まぁ、東欧などでもいい選手がいたりするわけで日本にもっと来て欲しいとも思うんですけどね。。。

海老蔵事件!加害者側の発表また延期!?
2010年12月16日 (木) | 編集 |
2チャンネルのスレッド、なくなってるのがありますねぇ。

暴走族の元リーダーが診断書提出へってのがあったんですが、今見たらなくなってました。

そこでは、加害者側の周辺情報などもでていたようですね。

マスコミが海老蔵氏に批判的な報道をするわけとか(内容が正しいとかどうかは知りませんよ、もちろん)
伊藤容疑者がどんな人物だったかとか、リーダー側の内容がいかに矛盾があるかとか 書かれておりました。

まぁ海老蔵氏を庇うわけじゃないけどってことばも結構ありましたけどね。

先日、NHKで居合わせたという人の証言?みたいなのが放送されたらしいのですが、ネットのニュースではそのことで海老蔵氏の話が違うと言う記事になっていたんですが、同じものを捕らえてそこでは海老蔵氏が介抱していたのを伊藤容疑者らが勘違いをしてという言葉を捕らえて海老蔵氏が介抱していたことを居合わせた人が証言したのと同じだと書かれていた。

もちろん、海老蔵氏が介抱していたという言葉を発しているのを知っているだろうから単に言葉尻を捕らえた発言であるだけかもしれないがね。

ちなみにだが、伊藤容疑者などを含むあのあたりの勢力?ってのは朝青龍の事件や麻薬がらみの多くの事件に関係があるとされているのだが誰一人として逮捕されていないということらしい。。。。。

こう聞けばあそこの組織?と警察の間柄などにも疑問がでてくるわけで、芸能界などとの関係なども黒い関係が想像できてしまうらしい。

まぁおいらは常日頃から興味がないと書いているわけでここで取り上げる機会が多くなっていることは遺憾だが、何度も記者会見を中止(延期)している姿などを見るにつけ胡散臭さを感じている。

そうしたおいらの感想とは別にマスコミは海老蔵氏の言葉に対しての反論に興味があるのか その会見を盛り上げるかのような報道に終始しているように思える。

そうそう、診断書だってどういういきさつかは知りませんが、診断した医者というのもなぜか精神科の医師だということらしい。
怪我した人の診断が精神科の医者ってことでも診断書に対する疑惑が2ちゃんねるではでていたねぇ。

時間が立てばたつほどリーダーの傷は直っていっちゃうよねぇ。。。

リーダー側の弁護士はよく口にしているが 大げさになって損をするのはどっちか良く考えようと言っている。
まるでや○ざの脅し文句である。

とにかく 一般庶民のおいらからすればいかがわしい世界の事件であり、展開も闇の中の出来事である。
言いたくはないが 警察が途中でマスコミの報道について抑制させるためにもなんらかの見解なり発表でもしてくれればいいのにと思うのだがどうでしょうね。

携帯ゲームの罠
2010年12月16日 (木) | 編集 |
無料です!

この一言に騙される人はやっぱりいるんだね。

おいらはエロサイトにいくんで、注意深くなているからそういう罠にはかからないのだ!
(いくつか失敗を経験したからねぇw。)

ゲームそのものが仮に無料であっても通信費は別だわね。
普通に考えて。

それとこういったネットの無料ゲームなどで有料アイテムを販売することで儲けるっていうシステムが普通にあるらしい。
(あるらしいってのは実際にやったことがないからね)

一応無料のゲームサイトを立ち上げた人から そういう課金システムの話はきいたことがあるのよね。

おいらは携帯ゲームのCMを見るたびに 無料です!ってことばに嘘付けっておもってましたよ。

日本人ってどうなのよ
2010年12月15日 (水) | 編集 |
ニュースの特集でパワースポットをめぐるトラブルについて包装してました。

昨今のパワースポットブームで神社なのではこれまでの10倍にもなるかという人が訪れているらしい。

そのため、近場の商店や飲食店の駐車場までがその店を利用しないにも関わらずに駐車されるなどで、本来利用したい人がこれない状況にまでなっているという。
個人の駐車場ですので帰りにでも使ってくださいとお願いしても利用しない人がおおいという。

また、御神木などの囲いを壊す人や樹皮をはがして持ち帰る人もいるらしい。


おいらは不思議衣思うのだが、ここにいく人たちはなんでいくのかしら?

ご利益があると聞いていっているんだろうが、おいらに神通力があって参拝されたとして人に迷惑をかけてきている人にご利益を与えようなどとは思わないねぇ。

見せの駐車場を勝手にされる商店の人は自分で対応しているようだが、本来こういった作業は神社側がやるべきことではないのだろうか?
まぁ商店も神社のおかげでにぎわうこともあるだろうし檀家であったりするかもしれないから神社だけって言うのは正しくないかもしれないが交通整理ぐらいは神社で準備する必要はあるとおもうけどなぁ。。。。

いい年をした人間がご利益目的で現地に行き道が混んでイライラするのもわかるが人の敷地に無断で車を止めたり注意されれば逆切れしているようでは何のためにきているのかわからないと思うね。

こういった問題や河川敷の禁止区域でのゴルフの練習をしている人などをみていると 本当にいい年の大人が分別がないなぁとつくづく思いますね。

今の若い者は という言葉がいつの時代でもいわれるようですが、現代ではいい年をした大人が。。。。って言葉も口に出してはいわれないけれど 多くの人にそうおもわれているのではないでしょうかねぇ。
自分がよければとか人がやっているからとか どうしても自分本位にものを考える習慣がついてしまっているようですよね。


自民党もどうかとおもうが。。
2010年12月14日 (火) | 編集 |
法人税減税の財源が定かでないことを自民党の石原氏が批難しているらしい。

おぃおぃ、自民党は法人税を20%台にする目標をたてていなかったですか?
財源は消費税増税で賄うということでね。

民主党政権になる前に消費税の議論で景気回復を条件に検討をしていたようだが、一向に景気回復の兆しもみえないまま増税を訴える自民党もどうだかなぁ。
少なくとも民主党は無駄削減を口に出していた。(できてないけどな)
自民党はなにかしたのか?

自民党の執行部などの発言を聞くと以前の自民党となんら変わった気がしない。

まさか、今度はかつて自分たちが自滅したように民主が自滅して政権を握れるとでも確信しているのであろうか?

まさかねぇ。。。。。。。

言いたくはないが、自民党は勝つと思うが自民党だけで安定多数が取れる状況まで勝てる保障はまったくないと思うけどねぇ。
消費税の増税を見据えることは必要だとは思うが、自民党のお歴々のかつての発言などでも無駄の削減はほとんどできないみたな発言ばかりであり、やろうとする姿勢すら薄く見えて仕方がない。
民主党は口先ばかりであったが、無駄の削減事態は正しい判断であり、実効性がついてくればある意味自民党よりよっぽどましである。
ただただ、幹部などに中韓にどうしても頭を下げていたい人間などがおり、安全保障の問題であまりに情けないことも民主党の政権担当能力がないところでもあるのだが。

正解がもし再編することになれば、場合によっては自民党が第一党であることすら難しくなるかもしれないわけで、民主党が自滅しているとはいえかつての自民党をイメージさせるような発言には気をつけるべきだと思うけどなぁ。

しっかり国民を見て、理解し説得力ある発言は受け入れるが 今の自民党の民主党への批判の多くは批判が目的であるだけに見える。
自民党にもいい人はいると思うが、幹事長などの発言はいただけないと感じるね。

おいらとしては自民党も分裂するべきだと思っているのだが、いまのままでは難しいかな。
民主党が勝手に自滅していっているから自民党内に大きな問題が起きなければ分裂する意義がないもんなぁ。

まぁおいらは選挙になったって今の自民党には投票する気はないから どうなってしまうかわかりませんね。

日本の政治はどうなってしまうんでしょうかねぇ。

二次元ポルノ規制条例について
2010年12月14日 (火) | 編集 |
2ちゃんねるによるとニコ動調べだかで95%ぐらいが条例に反対らしい。

条例についてはおいらは基本 賛成である。

しかし、その解釈範囲などの不明確さなど多くの課題があることも事実ではあろう。

ハッキリ言って今の青年誌などでエロく描いていることで連載を得ている漫画なども数多く存在するのは事実だろう。
そういうニーズがあるともいえる。

いい年の人間が見ることに反対はないが、青少年(個々の年齢については微妙ですね)がこれらを見る機会が普通にあるということには疑問を持ってしかるべきだろう。

おいらにはネットなどで反対する多くの人間が多分いわゆる成人であるであろうことを考えると反対意見がこれほど多いということはある意味で驚きだと思うなぁ。

ちなみにおいらも漫画喫茶に良く行くし漫画は好きである。
だからそういう意見もわからないではないが、基本そういう表現しかないような漫画についてはおいらは飛ばして読んでいるかなぁ。あまり好きではないのだ。

中には少年誌のいわゆる不良漫画などでは悪役側がレイプまがいの行為をだしたりするわけで、こういったものが動判断されるか疑問があるから反対ってことなのかもしれない。

おいら個人は青年誌が18禁で売られればすむことなんで おいらはそうなれば見たければ堂々と18禁コーナーで買うなり見ればいいと思うんだけどなぁ。

漫画家の多くも反対しているねぇ。
そういったエロの表現をしない人までが反対しているわけで、規制する側とされる側の立場で解釈についての問題があるからということなんだろうね。

すでに実施されている児童ポルノの問題でも17歳で撮った宮沢りえの写真集の扱いなどで大いに問題になっているわけだ。写真集自体に17歳の明記はないが誰もが17歳のヘアヌードであることは知っているわけで、可とされるものと不可のものの区別がつかないものは基本的にオークションなどでも扱っていないわけですよ。
(まぁ写真集をオークションに出品して出品停止になったおいらも何度もこの辺は書いてますけどね)

単純に年齢だけで判断する規制側(判断基準がわからないためにオークションサイトは年齢とコスチュームである程度分けているのね)は、ダメというんだけど、おいらからすれば17歳のヘアヌードが19歳の過激なヌードよりよっぽど綺麗な写真に見えてたりするわけですよ。
年齢が若くても芸術作品として捕らえられていればOKだったり、更に言えば芸術作品であれば無修正で性器が写ってしまってもオークションで売れるみたいなのよね。。。。。

こういった条例で規制される際の大きな問題点は 結局 誰基準なの?ってのが明白にならない点だと思うんですよ。
そういう意味ではこういった規制で思わぬところで関係なさそうなところでも被害がでたりすることがあるということも考えられなければならないということらしい。。。。


そして、もうひとつ考えなければいけないことは 少し前にこの問題が争われた際に出版社側と事前に協議がされなかったことが問題になっていたと思うのです。
その後協議はされたのでしょうか?
出版社側は自主規制について何らかの行動をおこしたのでしょうか?
そこらへんが我々一般人には伝わってこない話なんですよね。

おいらは古本屋をやっていてビックリしたんですが、成人漫画って結構売れるんですよ。
おいらにはその良さ?が理解できないんですが売れるんです。

で、そういったものを買う人って(すべてではないと思いますが)多くは写真雑誌とかじゃダメなんですよね。
2次元でないといけないんですよ。
そういう意味では、規制が直接犯罪に繋がるということでもないと思います。 

また、規制が強い国などのほうが実は犯罪件数などが多いという話もあるようです。
規制されている国があるから規制したほうがいいということではなく、日本人の場合だけかもしれませんが欲求のはけ口として都合のいい方向になっているともかんがえられませんかねぇ?

16~7の女の子でも成熟して見えれば性の対象に考えれるのは仕方がないことだと思うんですよねぇ。
だからといって現実に近くにいるそういった人たちにどうこう考えるわけでもないわけですよ、普通は。

反対の理由はある程度想像はつくわけですが、一方でいまの世の中にあふれる性表現についての出版側の規制が見られないことが問題視されているからこそ条例が検討されるのだろうということも考えるべきだと思いますね。

少なくても出版側が自主規制をすることが求められることは確かで、そのやり方しだいで条例が実際に取り締まるかどうかを考えるぐらいになっていくべきだろうとおいらは考えるのですが、いかがでしょうね。
とりあえず、条例をだしてきた東京都は いまの出版物の性表現について問題意識をもっているということですから。

出版側が反対の意向を示すのはかまわないとして自主規制で実質的に取締りの対象にならない方向にもっていくしかないのではないでしょうか。。。。

性犯罪とすぐに結びつける考え方は不自然であることもありますが、出版側が性表現のあり方についてもう少し考える必要がある事は間違いないと思いますね。
ちょっとエッチなほうが売れるということをもう少し掘り下げて露骨な表現をすくなくしてエロを考えてもいいんではないでしょうか。チラリズムの世界ですねw。

まぁおいらはエロは漫画よりは小説みたいに文章だけのほうが好きなんで、漫画にエロは求めていないわけで。

漫画家の先生方は規制が必要と考える人がいることを考えて作品はつくるべきでしょうし、規制する側は作品の内容を理解する努力をするべきだろうと思いますね。


ニュースからいろいろ
2010年12月13日 (月) | 編集 |
まずは海老蔵事件。
警察らしい?

双方の意見が食い違うから再び 海老蔵氏から聴取。さらにマスコミいわくだが、これから同席した人からも事情を聞くという!?
事件発生から何日もたっている今からですか?
傷害事件程度では警察は本気で動かないということなのでしょうか?
これだけ世間を騒がせている事件で今頃こんなことを言っているって ありですか?
容疑者側は出頭に際して携帯電話などをもっておらず仲間については関係ないという姿勢を容疑者は貫いている一方で出す出さないと匂わせながら診断書をちらつかせるなど海老蔵サイドに揺さぶりをかけている。
明らかに準備万端だ。
警察はいままでなにをやっていたの?といわざるを得ない。
(まぁ発表がないだけで動いていたと信じたいけどねぇ。。。。。。????)


続いては法人税減税。
経団連会長が改めて政府を批判。
実質減税5%は絶対にやって欲しい!政府の方針通りにやってくれってことらしい。
TVではタイが8年間エコカー生産などで優遇税制により法人税が0になることから自動車メーカーが海外に現地法人を作ることを懸念するなどといっていた。
出て行けばいい!!とおいらは思う。
法人税減税しようがしまいが、これらに関わる産業はでていくさ。
法人税も関係はなくはないが、結局のところ人件費の問題がありタイではないかもしれないが自動車産業はでていったほうがいい!と おいらは思うよ。
元々トヨタに始まる看板方式などという利益追求主義がいまの社会の元になったように思え、日本にとどまる理由は元からない気がする。
貿易摩擦の元にもなっていたし現地法人を作る魁でもあったわけで 今の情勢では海外に出てしまったほうがいいと思う。
おいらは自動車に引きづられ、他の経団連の中の企業も団結しているように思える。
法人税の減税があったら海外に出て行くのが止まるのでしょうか?
おいらは止まらないと思う!
アイルランドや今回のタイなどの法人税は政府主導で行われている。
成熟した経済を営んでいる国ではできないやり方だと思う。
日本がいくら頑張ったってこれらの国のやり方はできないわけで、出て行く企業を引き止める必要もないと思う。
出て行けばいいのである。
そして、日本での販売にしっかり税金をかければいいのである。
出ていかない企業と比べれば日本国内での競争力に差がつくわけだからそれでいいではないか。
(まぁ日本から全部なくなるわけではないだろうけどね)

たとえ減税して日本に残ったところで海外への投資の方向が変わるとも思えない。

おいらは日本の近くの国がある程度生活水準が上がるまではもはやどうしようもないと思うね。
まだしばらくは労働賃金の格差が大きいうちは減税しようがしまいが海外への流出は止まらないと思えるし、ならば労働賃金が日本と近い線になるまではこの動きは止まらないってことだろう。

唯一大きな障害になるのは中国だね。
一部、リッチがすでに存在する一方で農村部などでは年収で数万円ほどで生活する人たちも混在しているわけで、この大きな格差が安い労働力を維持させてしまう可能性もあるからねぇ。

民主党の話は明日以降だなぁ。

ではまた。