| Admin |
ついでにw
2009年11月30日 (月) | 編集 |
民主党の文句書いてて 追加ですw。
事業仕分けについてで思いだしたんですが、そもそも民主党は独立行政法人など天下りの受け皿になっている所を廃止にするといっていたわけで、今回の事業仕分けについても本来なら予算をどうこうというのではなくそういった法人を廃止すればいいところがいくつもあったのではないかと思うわけですよ。
さきほど続けてみていた報道ステーションで誰かが天下り先に二重に三重にもわたるそういった資金を止めるために必要な資金も止めるというような発言を耳にして だったらそういった法人をつぶせよ!と そういえばそういうところは廃止すると言っていたのではないかと思い出したわけです。

事業仕分けそのものはいいと思うのだけれど、つぶすといっていた所がすぐにつぶせないしわ寄せをどこかに与えていないか?ということなのです。
技術開発などは予算が減ればやれることも経るわけだし1年間の遅れは相当大きなものになるのではないのでしょうか?

どうにも民主党のやっていることなのですが、順序がどこかおかしかったり内容が屈折してきているような気がします。

まぁ、だからといって自民党ならとは決しておもわないのですけれどもねw。

とにかく頼みますよ、本当に!
スポンサーサイト

おかしいよね?民主党議員。。
2009年11月30日 (月) | 編集 |
TVタックルを見ているのですが、川内議員ですか?
事業仕分けは本来国会議員が委員会の中でやるべきだといっていた。

わかってるんなら何故そうしない?

予算案についても、税収など 今わかっているもので足りないのは明らかなのに ただ大丈夫という。

大丈夫の根拠が見えないから株価が下がっているのではないのでしょうか?

株価で悪影響を与えているのがわkっているのなら その根拠を早急に明確にするのが政権与党のつとめなのではないでしょうか?

おいらは自民党の大村議員が口先男でキライなのですが、今の状態では多くの民主党議員も同様なように見えます。

そもそも赤字国債の発行はいまは不況ということばでかろうじて許されるという雰囲気がありますが、
赤字国債はおくまで発行すべきものではないはずです。

いまの国家予算の中で(一般会計)一番大きな予算って赤字の利子なのではないのでしょうか?
まぁここまで大きな数字になっているために民主党がすぐにどうこうできるものではないとは思いますが来年度以降も赤字国債は発行するというのであればやっぱり。。。ということになるわけですよね。
無駄は減るのかもしれないが・・・。

もしできるものであれば、日銀が赤字国債を引きうけ無利子にするとかでなければ 税収の有効な活用などができないのではないでしょうかねぇ。

でも、どうも政治家ってやつは 終わってからの発言が都合がよすぎると思いますし 当然ではありますが やる前の発言はもっといいことばっかり言ってますよね。

半年はある程度仕方がないとは思いますが、そこまで総理は自分自身が我慢できるのであろうかしら???

事業仕分けについても 多くの人がおいらより好意的にみているようですが おいらには自分の都合で結論を急ぎすぎているとしか思えません。
悪い点の改善などもっと有効な議論ができていなければいけないはずです。
そうでなければ乱暴になってしまうのです。
どうも政治家は数に弱いっていう傾向が強いようで (まぁ仕方がないのかもしれませんが) 肝心のところがそのために外してしまうってこともあるのではないのでしょうかねぇ・・。

でも、TVなどの討論を聞けば いつの時代もそうなのでしょうか 自民党のときも民主党になっても都合のいい言葉だけがでてきていますよね。
評論家などが言っていることのほうがまともです。


最後に自己採点で85点90点ですか^^;
甘すぎます!

円安になれば景気は回復する!?
2009年11月27日 (金) | 編集 |
と、ある評論家が言っていました。

輸出産業の多くは採算ラインが1ドル90円~95円に設定されているとニュースで見たように思います。

現在86円台で推移しているようですが、これでは日本の機関産業ともいえる電機、車などが悲鳴を上げても仕方がないのでしょう。
以前、どこかのブログで自国の通貨の価値が上がってつぶれた国はない!というのを見ましたが、このままでは日本は危ないのかもいsれませんね。
自国の通貨の価値が上がれば輸入に関してはメリットが大きいのでしょうが、日本と言う国に関して言えば資源がなく輸入した物を加工して輸出するなど技術立国なように思います。
かつては、日本だけがその技術力を持って優位に輸出できたなどあったかもしれませんが、昨今は海外で同様に加工され日本より安く出荷できるという状況があれば 当然 日本のものが売れなくなってしまうということもあるのでしょう。

そういう意味では円高は問題が大きく、本来90円を境にもっと早くから政府が介入するべきだったのでは?と思います。

景気回復の一番の手段が1ドル=100円にすることだという話もその通りかもしれません。
日銀が中小企業の負債を買い取り、猶予するというやり方もありなのかもしれません。

素人のおいらが詳しくはわかりませんが、評論家などがそういう案を考えるのであるなら そういうことなのかもしれません。
そのために日銀がどう動くかはおいらにはわかりませんけど、いまのまま日銀が何もしないでいるというのはそろそろ限度ではないでしょうか?

それにしても、流通産業ではここをチャンスとばかりにプライヴェートブランドなどで激安商品が数多くでておりますが、逆に言えばデフレをつくっている元凶になっているということなんでしょうね?
買う側とすれば悪いことではないように思いますが、結果として安い労働力を求め海外に仕事を持っていっている張本人なわけですよね。
一方で雇用の促進、一方で安い労働力を求め どんどん海外に。。と、矛盾だらけになってきております。
現状、流通業界では海外に労働力を持っていったいるほうが勝ち組のように移っておりますが、こういった考えが諸悪の根源なのでしょうか?
おいらにはよくわかりません・・・・・。

でも、政府として早々に手を打って年末年始を安心して迎えれるようにして欲しいところです。

事業仕分け その?いくつだっけ・・
2009年11月26日 (木) | 編集 |
やっと生中継しているサイトを見つけました。
いままで探しもしなかったのですが、とりあえず探してみました。

ニュース・スパイラルというところを見つけました。

あまり深くは考えないで見ていたのですが、冒頭の部分でこのような文章がありました。

大手メディアからは「財務省のいいなり」「3兆円の削減は期待できない」といったピンぼけ批判が多いが、この作業の意義は「すべてが公開される」という一点にのみある。

というところです。

この文章について書いた人がどういう理屈で書いたかわかりませんが、一部賛同でき また一部では全く見当ハズレだと思いますね。

賛同できる点は国民に見える形で問題点を指摘している点。
(これについての審議については全てが是というわけではないのですけどね)

見当ハズレというのは問題点についての対応がその場で民主党が選んだチームで結論ズけられる点にあります。
問題点がわかることが意義であるとするならば その後の廃止や削減などの結論についてもっと議論されるべき余地があるのではないのでしょうか?
そのまま民主党チームが結論を下すまでいってしまうと 逆にその意義さえ消してしまうことにもなりえるのではないでしょうか?

問題点が指摘され見直しなどの評価にノーベル賞を取った方の中からも かけられる費用が正当な形で作られるように仕分けすることが本当に必要なことなのでは?と言われていたと思いますが その通りだと思います。

おいらも結果的にはこの仕分けでいい点はそこしかないとは思いますが、本来この作業の意図はそれだけではなかったはずなのです。
1時間で結論を出すやり方に そもそもあるのでしょう。
この民主党のパフォーマンスは賛否両論あるでしょうが、個人的にはマイナス部分が際立っているように思います。

まぁ選挙の時期のせいで時間的猶予がないからこうなってしまったという部分はあるのでしょうが、圧倒的多数の悪い影響がでてしまっているのではないでしょうか?
衆議院で三分の二を持ってしまったが為大した議論もなく以前の自民党がやったような数を武器にしたやる方を(自分達が否定していたやり方ですね)恥ずかしげもなくやってしまっているのです。

おいらはこういう議論をする際には一方に偏った人選で議論するべきではないと思っております。
もちろん、説明する人に意見を言ってもらえるように配慮はされている部分もあるのでしょうが、こちらの意見を言わせてくださいと言った方もいるように短時間のため結論ありきの議論をするのであれば結果だけ発表するほうがよっぽどマシです。
民主党議員の嫌な面を見ないですむかもしれませんからね。

毎日のようにニュースでやっていますが、ニュースを見る限り毎日 やっぱりおかしいとしか思いません。
仕分けチームと、財務大臣や総理など一部幹部がめだつだけで これが民主党がやりたかった事かと思えば やっぱり民主党ではダメなのかと思わざるおえません。

鳩山VS鳩山 のニコニコ動画などを見ていると 総理大臣の椅子はそう長くはないと思いますが 正解を牛耳ってた人たちは与党も野党もなく引退してもらって 政党に関しては再編してもらって本当にいい政治をしてもらえる人たちだけ政治に携わって欲しいと思います。

民間人のほうがよっぽどいい政策をしてくれそうです。。。。

むむむ、ニコニコ動画の鳩山VS鳩山 
2009年11月26日 (木) | 編集 |
鳩山さんが鳩山首相に質問、鳩山首相が答弁するというもの。

作った人はすごいですねぇ。

いま2パターンあるようですが、すごい勢いでクリック数が増えているようです。

まるで過去の質問が自分のためにあったようで こうなってくると過去の鳩山さんが虚像のように思えてきますねぇ。

たぶん、マスコミで取り上げられることでしょうが 民主党にとっては笑い事ではないかもしれませんw。

日に日に民主党が嫌になってくる・・・。
2009年11月25日 (水) | 編集 |
事業仕分けについての報道などをみていると日に日に民主党政権が嫌になってきますね。

藤井財務大臣のことも(前から好きではなかったですが)、総理も 嫌になってきますねぇ。

委員の決定を尊重する発言につきますけどね。

戦略が見えない、判断基準が曖昧、要は財政の問題のためということがハッキリ見えます。

一番は総理のリーダーシップが全く見えないせいかもしれませんが、仕分けに関しても多くの人が言う財務省の問題点が隠されたままのようです。

ちなみに民主党にメールしておきました。
さっさと解散しる!と。。。。
あなたがたには無理ですとw。

頑張ってる人は大勢いるのでしょうが、そういった声も聞こえてきていますが 総理や首脳陣の方針がおかしいと思いますよ。
大臣がある程度頑張っても 結局政府方針を動かせないでいるのなら その大臣のがんばりにも無駄がでてくるわけでしょう?
いまのままで進むなら民主党はいらない かな・・・。
なんとしても参議院では負けさせないと。

ワタミにちょっと感動w。
2009年11月25日 (水) | 編集 |
先日ここでワタミの社長がTVのコメントでタバコ税について話していたことに文句をかいたわけですが
懲りないおいらは実はワタミにもメールを入れて文句をいったわけです。

酒の悪いところが見つかれば事業から撤退するのですか?というようにw。
個人で意見を言うのは構わないけれどTVなどで言う分には責任がちがってくるわけですよ。

PCが壊れていたせいでメールの確認など出来ていなかったのですが、なんとワタミから返事がきておりました。
社長ご本人からではありませんが、本人ではありませんが本人と一緒にメールを拝見しました。誤解を与えかねない言葉を発したことについてあらためて考えます。貴重なご意見有難う御座います。健康に留意してくださいね。というような内容でした。

アレだけの会社ですから、返事が来るとは思っていませんでしたがこうやって返してきてくれたことにちょっと感動しております。
まぁおいら個人の感情で書いたものだし1喫煙者の意見なわけですから 本来は無視でいいのだと思うのですが ある意味ではやっぱりああやって成功した人は違うのかな?と感じてしまいます。

まぁ社長は請われてTVなどで発言をされるわけですから、個人の意見として話してもなかにはおいらのように噛み付いてくる人もいるのかもしれません。
基本的にはああいう人は嫌いではないのですが、ことタバコ税についてはおいらにも(意味はないのですが)こだわりみたいなものがあって一言いいたくなるのです。

そのこだわりの一つは諸外国と比べられることについての反発。
これは都合のいいときだけ持ち出されるテクニックの一つでしょう。比較するなら他のことも比較して見直せといいたくなるのです。

もう一つが、タバコの有害性をいう資料についてですね。
おいらにはその資料の根拠が理解できないのです。
タバコに害があるのはわかっているのですが、そういった資料はタバコだけが有害のようなかかれかたをしているものが多いのです。
じゃあ、その資料では喫煙のみの人と喫煙もする酒も飲むという人とどれだけのサンプルでどう違うかくらべているのでしょうか?非喫煙者の酒を飲む人と比べられているのでしょうか?
そういったサンプルの情報などについてしっかり書かれているものはほぼ皆無なのではないでしょうか?
そういったことに何の疑問も持たずに鵜呑みにすることがおいらにはできないのです。
まぁ有害ということについて反論することは何もないのですけれどね。。。

平均寿命で15年短いというのですから おいらなどは年金を貰えるころには死ぬということになるのでしょうからおいらの年金は政府丸儲けなことでしょうw。
ちなみに年に数回医者にかかるのですが(痛風と腎臓関係・結石などですが)基本的に医者が嫌いで本来は毎月通って薬を飲み続けなければならないのですが 定期的に通うということが苦手なわけでいかなくなって 痛くなって初めて前の病院にはいきにくくなり新しい病院にいくと言うことの繰り返しをしております。
だけど、タバコを吸っているから痛風?腎臓?って思うでしょ?
30ぐらいまでは酒も飲んでいましたから そっちの影響の方が大きいかもしれないと自分なりにおもってしまいますよ。医者に行けばお酒は控えてくださいとはいわれるがタバコは止めてくださいといわれることはないし・・・。

こういうおいらに状況でもタバコが原因とされてはいないのか?と思うわけです。
影響はあるでしょう、たぶん。。。タバコのせいで血圧は上がり気味になったかもしれませんしそういうこととは関係なしに間接的に影響はあるかもしれません。
が、これはタバコはあくまで間接的な影響なのであって主な原因ではないと思うのです。
そういった事柄がこういうときに出てくる資料でハッキリわかるものなのでしょうか?

熱くなってしまいましたが、ワタミはおいらがだしたメールに個人名も添えて返事をくれた。
その誠実さを感じたわけです。

社長の仕事の一部としてコメンテーター的なことがあって請われて発言を求められ個人の意見を言う。これは仕方がないことだと理解しています。
ただ、嗜好品ってのは多少なりどこかに理性を持って嗜好しなければいけないものなのではないでしょうか?
コーヒーだって量が多すぎれば害はでるわけです。胃が荒れたりカフェインの効果だって無視できなくなったりするはずです。
節度とマナーが大切という風に言って欲しいところですね。

ちなみにいまは何度も書いて消してをしておりますw。
ついつい感情的に色々書いては思いなおしては消し・・・w。

ワタミはえらい!ちょっと感動。
でも、おいらは酒は飲まないのでワタミにはいきませんがw。




民主党に違和感だらけ?
2009年11月24日 (火) | 編集 |
困ったもんです・・・。

民主党の動きに違和感だらけっす。

脱官僚・天下り禁止といいつつ 自分達がやっている人事はなんなの?

天下りの基準はなに?

事業仕分けに聖域はない!はずなんだが・・・・。

国家のビジョンはなに?

小沢氏・鳩山総理の疑惑は?

総理は強く出たかとおもえば すぐに謝る。

地方分権を訴えていたが いま本当にそういう方向で動いているの?

予算編成は大丈夫?

おかしなことばかりです。

昨日TVタックルに亀井大臣がでておりましたが、評論家の意見や一般人の意見の方がよっぽどまともに見えます。
郵貯のお金があるからお金はあるんですっていってたように思うけど、それは国民の財産ですからね!運用はできるけど政府の金じゃないと言うことは忘れないでくださいよ。

よく日本の借金にたいして国民の貯蓄がこれだけあるから大丈夫というような意見がでておりますが、運用で回すことが出来るお金には違いがないかもしれないが あくまでも国民の個人のお金だと言うことを忘れないで欲しいのよね。
借金は有利子の負債、貯蓄は預かり物でやっぱり利子をつけて返さなければいけないお金なんですが、日本は大丈夫?といわれると国有資産や貯蓄がこれだけあるから大丈夫っていわれるんだけど、借金は国の借金で国民一人一人の借金じゃないからね、実際は。貯蓄もそうなのです。
あくまで国の借金であって国民それぞれの借金じゃないと政治家は考えてくれるのだろうか?
不安ですね。
税金などで返さなければいけないわけだから国民の借金といえなくはないわけだが、政治家が国民のためを言い訳に作った国の借金なのです!

それにしても、インフラはまだまだという自民党議員がいるけれど、じゃあ いままで自民党政権でやってきたインフラはなんだったんだ?と大きな声で問いただしたい国民に自民党は気づいているのだろうか?
政治家とはこんなものかとおもわずにいられない・・・。


先日PCが壊れた
2009年11月24日 (火) | 編集 |
ちょっと間があきました。

実は愛機1が突然真っ暗になったのです。

デルのInspiron6400です。

理由がわからず、何度か電源を入れたり 愛機2でネットを調べたりしていました。

電源は入ってデルのロゴが赤く表示され その後真っ暗になるというところまでわかりまして 翌日デルのチャットサポートで連絡。
すると液晶の不良だろうということでデルに修理に出せばざっとで4~5万かかるだろうと言われました。
まぁこういうメーカーなんで部品交換というより悪い部分のパーツ交換が基本のようでして、おいらには4~5万なら新しいものを買ったほうがいいかもと思ってしまうほどですよね。
(ちょうどパチンコで10万ほど勝っていましたから・・・)

とはいえ、この愛機1もプロセッサーはコア2デュオを使っているわけだし、安物とはいえグラフィックもBTOでつけております。
このまま使えなくなってしまうにはおしい。。。。

そこで液晶画面が暗い、などで概ねの情報を得てPC修理で検索 大分の近場でやっている修理屋さんを見つけて修理に出したわけです。

バックライトの交換だけで費用は16800円でした。

パソコン工房などに聞いても4~5万って言われていたことを考えると しっかり修理してくれる所に修理に出すということがいかに大事かと思ってしまいます。

プロセッサーやグラフィックにこだわらなければ4~5万といえばPCが買えてしまう金額なわけです。

ネットをうまく使えない人など普通に大手の電気屋あたりに持っていって4~5万を払うかも知れないし下手をすれば買い替えまでしてしまうかもしれません。

それが16800円で修理できるという。
(自分でやれる人は数千円で済むようですが)

知らない人は損をするってことですね。

ちなみにデルのサイトでPCを買い換えることも頭にありちょこちょこ見ておりました。
プロセッサーi7搭載のノートでグラフィックがついたものがいまは11万ほどでかえるという・・・。
おいらの愛機2も買ったときは84800円だった?けど、いまでは同じようなものが(サブウーハー付きになってたが)で89800円 デルもいっときの激安から足を洗ったようです。
同じものが即納タイプになって94800円を考えると おいらの愛機2も安かったんだなぁと改めて思う。


もっとも、数日の間に先日勝った10万円はどこかに消えてなくなっているわけだが・・・・。

ともかく、知らないやつは損をする。
肝に銘じておこうと思う。

フジのニュースで事業仕分けを
2009年11月15日 (日) | 編集 |
おいらと同じように高圧的で、やり方自体を好ましく思っていないという意見を持ってる人が少なくないように報じておりました。

どう見たってすでに結論が出ていることを わざわざ人を呼んでパフォーマンスしているようにしか見えません。
3兆円と言う金額も一人歩きしているせいかもしれませんが、本来いま仕分けしなくてもいいようなものまで仕分けになっていたりするんでもっと突っ込まないといけないことがほかにあるんじゃないかと思うのですねぇ。

タバコ税の増税についても 表向きはあくまで健康を気遣っているように申し合わせているようですが誰が見たって生きず待っている税収を上げるのが目的であることは明らかです。

とってつけたような言葉やパフォーマンスには国民の理解は得られないように思います。
(まぁタバコ税は圧倒的に吸わない人のほうが意見は強いのかもしれませんが、小数の喫煙者の納得のいく話ではないと思います)

政治家が国民が選んだ代表であるならば こういう事業仕分けにも一定数の野党議員の存在も必要なのではないでしょうか?
そうでなければ、多数の民主党の独断を誰が止めるのでしょうか?

この事業仕分けの仕組みも権限もすべて民主党の書いた絵図に則っているわけで、選挙で自民党や他の政党を支持した人たちの意見は全て黙殺するということにはならないのか?という問題になるのではないのでしょうか?
今のやり方を見ていると結果的に民主党がやっていることは数を武器にした弱者切捨てにも見えてしまうのですね。
もちろん無駄を省く、国民に見えないところを見せるというのは必要なことなのですが、やり方 見せ方には現状において問題があるとしか思えません。

もっとやりようを考えるべきだと思うし、このままでは小沢氏の黒幕説など 民主党にとってよくない話がどんどんでてきそうですね。


話は全くかわりますが、ぉぃぉぃフジTVさんよ、法定の様子の似顔絵を問題にだしてきているけど2チャンネルとか意識してるんでないのん?

おいらはこんなつまらない話題をとりあげる必要があるのか?と疑問に思うし ちょっとなにかに迎合しているのではないのでしょうか?
まぁおいらはマスコミキライだからいいけど・・・。

JALの問題でググってみたら
2009年11月13日 (金) | 編集 |
JALに対して個的資金の注入に反対意見の方が多いようですね。

JALが利権の巣窟になっているらしく、体質改善が難しいということで切ってしまえということのようです。
そして、OBの一部が反対している企業年金のことにも色々かかれておりました。

JALがつぶれてしまった場合企業年金はどうなってしまうのか?
おいらにはいまでもよくわかりませんw。

ただ、少なくても年金全部がなくなるわけではなく加算部分がなくなるようですね。
まぁチラッとみたところでは受給額が全てあわせて49万円とかでておりました。
当然、個人差はあるのでしょうが。。。
それでも、国民年金のみの方に比べると破格の価格ですね。
(おいらの亡くなったオヤジも船員保険があって結構な金額だったようですが、現役引退からすぐになくなってしまったため本人はもらえず、お袋が半額?だかを受給しておりますがそれでも中々の金額のようです)
更に、そこでは東京電力だかはもっと高い金額が設定されているとも書かれておりました。

ニュースでJALの中間決算で1300億円を超える赤字が計上されたようですが、銀行筋の債券に対する見方でもわかるように現状では再建は難しいというのが本当な気がします。

JALといえば空の日本代表のようなイメージが付いて回っていると思うのですが、ここはある程度シビアに考える方がいいようにも思います。

一旦、倒産するのもありなのではないでしょうか?
若干無責任な意見かもしれませんけどね。。。

少しはなしはずれますが、こういったことをブログに書いている人は 民主党の現状に不安を感じている人が多いようです。

マニフェストで書いたことと現状が違ってきているという内容であったり、事業仕分けのメンバーの人選についてであったり 一部ではおいらのように民主党の独断先行的な様子であったりですね。。。

今となっては その昔 小沢氏が民主党には人材がいないと失言したことが 実は本当だったのかもしれませんねぇ・・。

現状では一枚岩に装っているけれど 見え隠れする意見の食い違いなど 本当に不安が一杯です。

昨日のニュースでみましたが、総理がいまからスリムになっていなければいけないと言っておりましたが あまり急ぐと簡単に支持率を下げるのではないかと思います。

事業仕分けのニュースなどでは 事前に資料を見て審査をしているような映像をニュースで見ますが
こんっ形で報道するのであれば すでに結論ありきで結果の発表だけでいいようにおもうのはおいらだけでしょうか?
数日前のレンホウ議員の冷たい質問が目に焼きついております。

多くの内容は利権、天下り関係の問題はあるとは思いますが おそらくそれらが重要な案件に結びついて行われているのでしょう それを単純に切る、ということではなく健全に推進できるようにメスをいれるのが本来行われるべき事業仕分けであって 数字合わせ的におこなわれているのではないかという疑念さえ浮かんできております。
事業そのものが無駄ということではく、事業そのものも当然議論されるべきではありますが 事業にからむ無駄をなくすことが本来の目的でなければ この事業仕分けというものが それまでの自民党政権で行われてきたことを 一部の人間の議論、判断で簡単に切るという ある意味 暴挙ではないかとさえ思えてきます。

ニュースなどでは比較的 好意的に前向きに報道されておりますが どうにもニュースをみていると採算がとれないものは全て無駄という印章がつよく これでは文化は育たないのではないかと思います。
赤字は切るというようにしか見えないのですね。

ちょっとこれでは 日本の将来が不安です。。。


民主党の事業仕分け・・・
2009年11月11日 (水) | 編集 |
ニュースで誰かが言ってましたが、弁護士のいない裁判のようです。と。。。

事業仕分けをすることに反対はないのですが、このやり方はちょっと問題な気がします。

そもそも事業について短くない議論があったのだろうと思うのですが、政権が変わったとたん民主党議員と民主党議員の選んだ人たちによる独善的裁判のような形で仕分けされているようです。

事業仕分けっていうのはこういうものだったのかと考えさせられます。

数分から数時間?の聴取で(それ以前に資料には目を通しているのでしょうが)即決の裁判のようです。
先にも書きましたが事業仕分けについては予算削減の意味からも必要性は感じておりますが、チームの人選から今日ニュースでみせられているやり方について問題があると思いますね。

ちょっと民主党あせりすぎなのではないのでしょうか?


危険な匂いがします。。。。

民主党にメールして2ちゃんをのぞけば・・
2009年11月08日 (日) | 編集 |
タバコ税について2ちゃんねるでは相変わらずでした。。。

数からいって増税反対はやっぱり少なく、相変わらずののしりあいです。

酒税をあげろ!って意見には論点のすりかえだ!とか、酒は節度をもって呑めば害はないがタバコは少量でも毒だ というような話の繰り返しになっておりますね。

酒は毒にも薬にもなるのかもしれませんが、個人的に我侭で言わせて貰えば加齢臭が臭いように鮭を飲んだ人もやっぱり酒臭くておいらは苦手です。
おいらがタバコを吸うのでおいらにはわかりませんが、おいらのことをタバコ臭いと思う人もいると思います。
自分が吸うのは平気ですが、自分のタバコの副流煙も他人のタバコの煙も苦手です。
ついでにパチンコに行いえば おいらは自分が打っている台の灰皿は綺麗に使いたい人間なので灰皿を汚く使っている人には近寄りたくないって気持ちです。

そういう思いはおいといて、税収不足を喫煙率が30%をきっているといわれる中で世論の反対もすくないだろうとタバコ税増税を しかも、健康被害を理由にして出してくる姿勢が許せません。

民主党にメールして、いままでブログで散々擁護する意見などを書いてきたが どうやら民主党は数を頼りに暴君のような政治をするようで今後応援しないどころか数を減らさないと大変な世の中になると攻撃すると書いておきましたw。
正しいと思うこともあるけれど、野党の時には自民党の三分の二に文句を言っていたが多数の与党になれば同じことをする、ある意味ではそれ以上に危険があると思うようになったってことですね。

マニフェストを守るためにはなりふり構わないって姿勢も感じるし、国益という名目のためなら少数の犠牲はやむをえないという姿勢を感じるわけです。
喫煙者が減っていることで増税に関係おない人は賛成するでしょうが、それは数の暴力であることには変わりがないのです。
それも、都合のいいときだけ出す海外との比較までするわけで。。。。

じゃあ、諸外国の税収の比率の比較でもしっかり出してみろってんです。
よその国の消費税が高い高いという割りに5%の日本と同じくらいの比率しか全体に占める割合がないってことは、諸外国ではそのほかにしっかり税収が確保されているということでしょう。

大きい問題には蓋をして小さいところでもうありやすいところを狙うっていう姿勢が問題です!

参議院戦ではタバコ税の増税反対派はせめてもの抵抗で他の政党に投票するしかありません。
おいらはもう絶対に民主党にはいれませんw。

特別会計にメスをいれてもいまの民主党では大した成果も期待できそうもないというのがだんだんわかってきたし、地方分権もダム問題などを見ていても地方の意見は関係ないという姿勢が見えてきている。
地方便県なら地方がいいと思う方向に進めさせる権限も与えるべきとおいらは考えるのだが、どうやらマニフェストを守るのに必死でそういう志を感じられなく見える。

おいらが前から望んでいた ここから政界再編に早く切り替わってもらいたいものである。

バンキシャで和民の社長が
2009年11月08日 (日) | 編集 |
タバコ税の増税に賛成ですといっていましたねぇ。

個人の意見では結構だと思います。
その中で健康被害がでるものは国として禁止すればいいと思うというのもその通りだと思います。

が、一方で飲酒にまつわる問題を棚上げしているのでは?と思わずにいられません。
自分のところで全面禁煙の居酒屋は失敗しているわけですよね。

前面禁煙のファミリーレストランをやって段階的に居酒屋などでも全面禁煙にという発送もご自由にどうぞ ですが、タバコを吸っている人が人間ドッグで引っかかる人が圧倒的に多いという発言について飲酒している人のことは考えているのでしょうかねぇ?

飲酒している人の血糖値や高血圧、肝臓の状態など飲酒しない人と比べた情報を持っていていっているのでしょうか?
こと、健康被害が出ているということになれば居酒屋チェーンを撤退するのでしょうか?
ファミリーレストランなどで酒類はおかなくなるのでしょうか?

飲酒があることによって起こる事故についての問題だってあります。

どうも都合のいいように考えてはいないでしょうか?

喫煙者の多くが酒ものんでいるということで健康被害をタバコに置き換えていると言うことはないのだろうか?
(おいらは酒は飲みませんけどね、極たまにしか そう数ヶ月に缶ビール350ミリ缶1本ぐらい)

まぁ、昔飲んでいたこともあるし遺伝的にも体質的にも痛風、結石などあるし 肝機能障害の状況もでているのではありますけどね。

それにしても報道番組などで個人の意見を言うのが今の傾向なんでしょうが、ニュースは公平であるべきだし平等であるべきところで個人の意見を聞く、言うっていうのはどうなんでしょうねぇ。
討論番組とニュース番組が一緒になってきているというのは問題があるように思います。

話はかわりますが、たかじんのそこまで言って委員会では タバコ税増税に反対意見が多かったですね。
喫煙者には喫煙権がいまは認められているわけで、そのことをないがしろにしがちになっているということを被喫煙者の金さんがいってくれました。
健康を前面にだしているが、増税は税収アップが目的なのは誰の目にも明らかであり そうであるならばタバコ税の増税でなく消費税について言うのが筋だというのが委員会の多くの人の意見だったように思う。

それにしても、600円で翌年700円、その次が800円だぁ。。?
ふざけるな!

民主党は解散だわ!つぶしてやるw。
とうことで、民主党にメールいれてくる!

川崎F ナビスコの賞金を返還、選手ほかに出場停止や減棒など
2009年11月06日 (金) | 編集 |
おいらの擁護的な書き込みとは別に多くの批判記事もありましたねぇ。

その結果がこういうことなのでしょう。
それも身内の処分としてこうするということで、公の判断はまた別ということです。

フロンターレの社長が選手が負けたからといってふてくされても仕方がない、つぎ頑張ろうとおもうしかない 見たいな発言もしたようですが 個人的にはやっぱり選手を擁護したい気持ちですね。

握手の拒否についてはいかんとは思うけど、ガムをくちゃくちゃしながらとかいまどき仕方がない部分もあるかなぁとも思うし(肯定するつもりはまいけれど)ファンに背を向けて壁?カンバン?にもたれかかるってのも選手の脱力感からだとおもうし まぁ表彰式だからしっかりせい!ってのはわかるのですが 個人的には負けたチームへの表彰ってのはやめた方がいいことなんじゃないかとも思うのですよ。

準決勝で負けたチームが3位決定戦なしに3位になる場合もそうですが、負けたチームはあと一歩で勝てたのにという思いがあるわけで結果は2位もしくは3位という立派なものでもその場で表彰されるのにどうしても抵抗はあると思いますよ。

自分達が勝つつもりでやってきたことに対して自分達が勝てなかったことに対する憤りみたいなものが態度にでてしまったということなんでないでしょうか?

そういう意味では表彰のスタイルも昔ながらに2位のチームもその場でなんてアマチュアのように考えるのは今後考え直す機会かもしれないと思います。

大人の考え?では2位の表彰ってのも 素直に受けるべきなのかもしれませんが 個人的にはプロならカップ戦の2位ってのは意味がないに等しいことと考えてもいいのかもしれません。
特にフロンターレは決勝に何度もでていながら勝てていないということからも 今回選手が勝てなかった落胆も大きいと思います。

今回は特に酷かったという書き方をされたようですが、負けて表彰されたチームの多くは表彰される気分ではなかったのではと思います。

協会側もいい機会だから2位の表彰は その場でするのをやめる方向で考えてみてはいかがでしょうか?

きょうのパチンコも大負けっす。
2009年11月04日 (水) | 編集 |
きょうもいってしまったのですね。。。

明日が定休日なんです。
そして自分の経験では定休日前に出たためしがないわけですが、それでもいってしまったのです。
そして案の定負けました。
いいとこなしです。

先日、少し遅めにいっていいところなく2万円ほど負けている状態で25回当たって(確変が23回)で、バラゴモード14回まわして止めている台に座ったのですが、バラゴモードで気になるハズレがあったので継続して打っていたらザルバミッションに突入、そして保留4にして画面をみていたら保留を消費しないではないですか・・・。
そして再びザルバ登場。
のしかしてきた?と思っていたら見事に7で揃いました!ザルバミッションのあたりを始めて見ました。
そしてそれは5連荘で終了。そのまま打っていたら1箱使わないうちに再びあたりを引き18連荘。
最終的に22箱。
約10万円弱の儲けが出ました。

今日、その台をみてみるとなんとその日は都合81回当たっていたのです。
おいらが止めたときで48回のあたりだったのですが、夕方以降に33回の当たりがでたってことですね。すげぇ!

で、きょうはいいところなし・・・。
チャングムから入ってハットリ君、ガロ、冬のソナタ2、再びガロ。。。ハットリ君の単発しかあたりがありませんでした。。。。

定休日前にはもういくまい!

鬼武チェアマン激怒って・・・
2009年11月04日 (水) | 編集 |
ナビスコカップの決勝で負けた川崎フロンターレの選手が準優勝のメダルをすぐにはずす選手が多数みられ、中にはカンバンにもたれかかる選手がいたことに激怒したというニュースがあった。
川渕さんも同様だったらしいのだが、どうなんだとう・・・。

おいらは個人的に選手の気持ちはわかる気がする。

選手は冠が欲しいわけで1回戦敗退も準優勝もある意味ではかわりない部分があるのだと思う。
もちろん実際はサポーターの応援に応えて勝ち続けるのが理想なわけで、1回戦負けと準優勝では大きな違いはあるのだが、選手としては優勝という冠が欲しいのである。

チェアマンなどはスポンサーなどに気を使う面もあってそういう怒りに達したのだろうが、戦ってきた選手は準優勝のメダルが欲しいわけではない。

世界的にもそういう選手の態度が見て取れる傾向にあるというのだが、激怒するほどのものなんだろうかとおいらは思うわけです。

天皇杯などでもJ1のチームがベストメンバーを出さなくてはいけないなど、協会側は言っているが J1のチームとすれば控え選手の試合の場を作る意味でも格下と思われるチームとの試合でレギュラーを休ませる意味でもベストメンバーを組む理由は見当たらないと思うわけですね。
そういうチームの事情をわかっていながらも要求することについてもっと協会側も考える必要はあると思う。
J1にとどまれるかどうかのチームなどはリーグ戦をベストで戦いたいわけで そのためにほかを犠牲にする というのも戦術である。
にもかかわらず、協会側はそれは許さないというのはどうなんだろう?

個人的にはチェアマンの発言のいくつかに違和感を感じているので(数年前からですね)素直に聞き流せばいいのかなぁと思います。

あんまり年のことは言いたくはないが、70歳で協会のトップってのはどうなんだろう?
頭がすでに固くなっているんじゃないかしら?と思うよね。
年をとると権力に酔う部分もでてくるだろうし、新しい流れについていけているのか心配にもなりますし・・・・。
個人的には好きじゃないですね。鬼武さんは・・・。



みやねやに谷垣氏がでて話しているが
2009年11月03日 (火) | 編集 |
社会保険料が増大するのに対応するのに消費税の議論は必要と話している。
税制の見直しを23年にするつもりだったみたいな発言もあったように思います。

そういうのはその通りでいいんですが、どうにも政治家は都合のいいように話をしすぎだと思うし、それについてのコメンテーターの話にも情けない気がします。
その方たちは内容を理解していていいのかもしれないんですが、なんでその対応が遅くなっているのかについて何故聞かないのでしょうねぇ。

もっと早くから対応しておくべきだったのではないでしょうか?

社会保障費ひとつとっても、増大に対して消費税という考え方についても企業の社会保障費の割合が先進国の中で日本は低いほうになっていることなど突っ込みどころはいくらでもあると思うのですが・・・。
カコの消費税の導入にしてもそのたびに法人税の減額がおこなわれてきたことについてももっと追求するべきではないのでしょうか?
法人税の減税で企業が国際競争力がつくということもわかるのですが、消費税の増税に合わせる形で行われることなど個人的には疑問が一杯です。

谷垣氏は小泉政権で無駄の排除をやってきたといっておりますが、小泉政権でやったのは無駄の削除ではなくて必要な部分を縮小していたわけで無駄を切ったわけではないのですよ。
道路財源などの見直しはもっとやるべきをやりきれなかったなど確かにやって形はあるのですが・・。
小泉政権時はやりきれなかったのですね。
そしてそれも政権が阿部氏、福田氏、麻生氏と変わっていく中でうやむやになっていっているものも沢山あるのではないでしょうか?
最後の麻生氏の補正予算について言えば、選挙に負けそうで後ろ足で砂を掛け捲った感まであると思いますよ。
景気対策は必要だったとはおもいますが、その内容が付け焼刃であったとおもうし また政権交代に際して官僚はかけこみで天下りをしている姿なども伝えられ 自民党政権が天下り対策を容認しているという印象ものこりました。

まぁTVなんてものは時間が短いこともあり全てを聞き出すことなどできないのでしょうが、それを見ている国民は政治家の都合のいい言葉を聞いているしかなく本当に疑問を感じることの答えは決して聞くことが出来ないしこんなことなら聞かない方がまだマシな気がします。

昨日の国会の答弁でもマニュフェストの公約が出来なかった責任をどうとるのかと言う話も出ておりましたが、自民党は国民に責任を何か取ったのかと問いただしたい気持ちは国民全員が感じているのではないかと思いますね。

予算がない!一般会計が国債の発行なしに語れないものにしてきたのは自民党であり見えない特別会計があいかわらず見えないのはマスコミにも責任があるし、もちろん政治家にも責任があるとおもうのです。
特別会計に関してももっと国民全体で議論できる場にしていかないと未来はないとおもうのですが・・・。

一般会計では90何兆円の話をしているわけですが、日本の国家予算全体は200兆円を超えているのではないのでしょうかねぇ。
そこにメスをいれないことには再生はありえないと思うのですが・・・。



ここでまたタバコ税か。。。
2009年11月01日 (日) | 編集 |
もうね、民主党にメールしまくってますよ。
タバコ税増税反対って。

安易すぎる。。。

税収不足が露呈しているのに4年間は消費税増税について議論しないなどといっていたため、とりあえず少しでもとりやすいところからとろうという意志がみえみえです。

大臣の発言でも、健康のメンを考えても増税ってのは理屈に合ってないでしょう。
税収を上げたいからとハッキリ言えばいいのに。
どうせ今や喫煙者より非喫煙者の力のほうが強くなってきて世論では賛成意見が多いことでしょう。

ちなみにおいらは政府がタバコ税の増税について出している資料など全く信じておりません。
都合のいい数字をだしているだけなのでしょうから。

税収が不足しているなら今の税制そのものを根本からかえる方向でかんがえないと意味がないと思いますよ。

企業がしはらっている社会保障費もヨーロッパなどに比べて日本は圧倒的に少ないことや、20%近い消費税をとっているとされるヨーロッパの税収に占める消費税の割合と5%の日本の占める消費税の割合がほとんど同じであるなど日本は低所得者が負担している税金の割合が他国より多い状態になっているわけですね。
そして使う方でも、公共事業費のありかたもヨーロッパなどの4~10倍もの割合で使われています。
こういったものを諸外国と比べずにタバコの販売価格を比べてどうしようというのでしょう。。。

おいらは個人的にタバコ税の増税をいうときは政治に能力がないときではないかと考えているので始まったばかりの民主党の政治ですが、すでに行き詰ったんだろうと思います。

来年度予算案で過去最高の一般会計予算がでているようですが、これについては特別会計の予算の見直しなどである程度繕えるものもあるかとは思いますが、どうにもならないのであれば消費税の議論を素直にするべきであって一部愛好家に負担を強いるものではないと思いますね。

大臣は健康面を押し出して述べているようですがこの時期にこういった増税の話をもちだすこと自体税収目的に他なりません。
なんせ、大臣は抱えてる問題がたくさんあるわけで今の時期ほとんど一日中予算について考えていると言ってもいいと思います。
肝炎の問題についても内容に賛同はしても予算については現状で付いてない予算が発生するわけで考えないではいられない時期でしょう。

いまここでタバコ税の話をするのは間違いなく予算がらみですよ。
聞こえがいいように健康面を考えると としておりますが、税収目的でしょうし 反対意見があるとしても今の民主党のやり方は独善的ですから やるでしょうねぇ。
まして非喫煙者が多い今なら世論の半数以上はついてくるのもわかっているわけですから。。。。

ただ、ダムの問題などでもそうですが やり方が独善的で今のままでは民主党こそが切り捨てをする政党のように思えてきます。
政権を握って間がないために何事にも急ぎすぎているようにも思えるし、公約で赤字国債を出さないといっていたわけだが、今年に限っては諸方面に配慮すれば仕方がないかもしれないと個人的には思うんですが。
長妻さんも野党の先頭に立つぐらいまでで一杯一杯だったかなぁと思い始める反面、いきなりの重責で しかも自民党のあってきたことの見直しから始めなければいけないハンデを考えると国土交通省と厚生労働省を一人でこなす前原大臣や長妻大臣が気の毒に感じるのも事実ではあります。

それにしても、このタイミングでタバコ税をいいだすかぁ・・・と言うのが本音ですね。

おいらは反対です!