| Admin |
コンフェデレーションカップ
2009年06月29日 (月) | 編集 |
南アフリカ大会も終わりましたねぇ。

根性で決勝を見ました。

まぁ一言で言えばブラジルの出来が悪かったですねぇ。

目に付いたのはトラップですね。
難しいトラップは簡単にこなすのですが、トラップで大きくはじいて取られる場面が多かった。

簡単なミスからボールを奪われピンチにしていたという印象ですね。

一方のアメリカは らしいサッカーを確実に点にしていったというところでしょうかねぇ。

それでも、ずっと負けなかったゴール前のヘディングで最後にルシオに決められたのは やっぱりブラジルの底力なのかなぁとおもいますね。

ただ、途中でブラジルがゴールかってときに審判の判定がノーゴールになったのは誤審でしたねぇ。
リプレーではほぼ間違いなくゴールを割っていたように見えます。キーパーがかき出したボールがバーに当たって外に出たわけですが角度的にも内側から外側にはじかれた形でゴールインしていたようです。
気の回しすぎなんでしょうが、スポーツにおいてアメリカ有利な判定が多いのが気になっているおいらには いやな判定でした。

それにしても、今回の大会で思ったのはエジプト、南アフリカの2チームの出来のよさにはビックリしましたねぇ。
当初はスペインとブラジルで決まりとおもっていましたが ゲームを見るとアフリカの2チームの出来が素晴らしかった。
南アフリカはサイドからの攻撃に早さもあったしいい形がいくつもできていましたね。

エジプトもブラジル戦では点の取り合いで敗れてしまいましたが、底力を感じます。

アメリカも結果的にはよかった・・・・。

予選リーグではギリギリであがって来たわけですが トーナメントではチャンスを生かすということが出来スペインに快勝、ブラジルにもひと泡吹かせておりました。

3位決定戦と決勝は意地とでもいいますか、スペイン、ブラジルが勝ったわけで南米チャンピオン ヨーロッパチャンピオンは伊達ではないなぁというところでしょうか。

でも、こういう試合を見ると やっぱり日本代表がベスト4などと言うことには抵抗を感じますね。

2001年のコンフェデで準優勝した事実は残っていますが、決勝のフランス戦ではあきらかに力の差がありました。

今回ブラジルなどは本調子には見えなかったけれど アフリカ勢の攻撃力 アメリカの堅い守りなどをみるとやっぱり中々世界の壁は厚いおもわざるをえません。

それでも、出るからには予選突破できるぐらいには頑張ってもらいたいもので、決勝トーナメントで間違いでも起こればベスト4ってのは見えなくもないわけですからねぇ。。。
まぁそれでもいいとこベスト8ってのが最大の目標ってとこではないかなぁ・・・。
まだちょっと差が大きいですよねぇ・・・・・。
スポンサーサイト

コンビにのお弁当の問題が
2009年06月28日 (日) | 編集 |
某大手コンビにの弁当の値引きの問題がありましたよね。

サキヨミでやってましたが、もったいないという問題や微ランドイメージなんてことを言っているようですが、要はオーナー側が不利益なためであると思うのですが・・・。

おいらが知っている限り 売り上げにはインセンティブが発生するがロスは店の負担だったとおもうんですよ。
この形であるためにFCと言われるアドバイザーみたいな人間は売り上げ至上主義になるわけですね。
そのために売れ筋商品が欠品することを恐れより多く注文するように指導が入るわけですね。
で、売れ残りがでたら店の負担で処理、全部売れれば売れた中の何十パーセントかが本部に持っていかれるわけです。
本部側は売れれば儲かるわけですからオーナー側の損はある意味では関係がないのです。

そういうシステムである以上、こういう問題は絶対にでてきます。

本当なら痛みを共有できる関係にするためには損益も一定の割合で本部もかぶるシステムにして初めて対等な関係にできると思うのですよ。

それでこそFCと呼ばれる人の手腕がわかるのであって、売り上げがいいから優秀ということではないとおもうんですけどね。

過去にコンビニに転職して財産をなくしたという話しは数々ありますよね。
おいらが読んだ小説にもそれを題材にした本がいくつかありました。

個人資本の割合でインセンティブが違っており自己資本が少なければ本部の取り分が多くなり それこそ朝から晩までどころか一日中働いても 結果的によそに働きに出たほうが稼げるなんてことも多数あるようです。

大きな町の駅前などは本部の言いなりでもいくらでも稼げるわけですが、田舎のほうでは一家で働いても厳しい状況は自然とできます。
その中で食品の廃棄を全部見せ側がかぶるのは厳しいことで、そこはある程度自由があってもいいのでは?と素人でも考えますよね。

でも、痛みが共有できるシステムということであればロスも共有するシステムが正しいようにおもうのですが・・・・。

ちなみに、別の店で売るなどを考えてみるのも などとのたまう人もいましたが ただでさえこういう店の期限は短いのに別の店って・・・・。しかも、ロスの金額が店の経営を圧迫するような中で別の店って・・・・。
こういう人が解説と言うか、話しをしていることが世間離れしているかとおもいますね。

何百万も何千万もだして オーナーという夢にかけて 売れ残りの廃棄という現実の苦しんでいる人のことはもっと世間に知ってもらう必要はあるとおもいますね。
過去にそういう問題もあったとおもうのですが そういう話題が出なくなって久しいですけど現実は何も変わっていないようですよね。
一時期コンビにオーナーの自殺が相次いだことで問題になったんじゃないかとおもうのですが・・・。

東国原知事の国会議員はやっぱりダメかな
2009年06月27日 (土) | 編集 |
ニュースでどこかの会合の様子がでていました。

宮崎のために総理になるみたいな発言をしておりました。

前にも書いたのですが、地元のためにとかいうひとには本来国会議員になるべき資格がないように思われます。

地方の行政は地方で、そして安全保障や外交に そして国全体の進路に国会議員は集中するべきだと思います。
東国原知事は 選挙はマニュフェストを見て応援するところを決めると言っていたのにいざとなったら自民党で出馬など支離滅裂だと民主党の議員さんが言っていたようですが そういう面はあると思います。
前にも書いたように実際に宮崎のためとか地方自治のためなら 与党になるしかないし ましてやどちらかといえば地方分権に好意的でないと思える自民党ということが問題なんだと思いますね。

口では宮崎のためと言いながら 国会議員になったほうが自由にTVなどにもでれるし 結局自分がそのほうが都合がいいというのが本音のように思えます。

まぁ、国会議員を望むにしろ 今までの地方行政をこういう風にしてきた張本人の自民党を選んでいること そのこと自体が大いに問題なんだろうと思います。

まぁ民主党やその他の野党にも問題はありますけどね。
要は優先順位なんだろうと思うのです。
すべての根本に地方分権があるのであれば よりそれに近づく方法を模索するのが正しいとおいらは思うのですけどねぇ。

それに、橋下知事のように ある意味では国会議員より知事のほうが発信力を得ている部分もあるだろうと思うのです。

評論家の舛添さんは言いたいことがいえたが 大臣になってしまうと結果的に嘘ばかりついているようになっているのでもわかるとおもうのですが・・・・。

部外者のおいらが見ている分にはあ東国原知事の国会進出は どうにも自分の都合のように思えてなりません。

東国原知事が自民党?
2009年06月26日 (金) | 編集 |
総裁候補なら出馬みたいな記事が目に入ります。

いくつかの疑問があるのよねぇ。

その一つは、まず宮崎のために国政に という記事。
おいらは地元意識が強い人に国政に参加して欲しくないわけです。
地元に利益をなどとのたまうと権力をバックに不正やエコヒイキが行われそうで怖いのです。
国会議員は地元を捨てて欲しいのですね。
知事たちが言う地方分権には内政は地方にゆだね 国は外を向いて政治をするという考えがあると思うのですが、宮崎のためにという言葉に疑問です。
もっとも、言葉のあやで本来は地方のためにと言いたかったのだろうと推測はできるのですがね・・。

もう一つは、なぜ自民党?
今の勢いはどう考えても次の政権は民主党です。
野党にいって何をするのでしょう?
これはニュースなどでも単純な疑問ででていますよね。
おいらは実際に地方分権に進まないのは当然官僚の反発があるからだと思っていますが、一方で官僚とつるんでいる自民党議員の反発の影響も大いにあると思っています。
地方分権を進めるのは今なら以外に簡単で 多分小泉政権の置き土産の三分の二以上の議席ってのがあるのですが、民主党が三分の二以上を獲得もしくは連立で三分の二以上を確保すれば一気に地方分権に進むと思います。
まぁ実際には税源委譲など多くの問題があるわけですぐにできるというものでもないでしょうが一気に具体化することまでは可能だと思うのです。

そういう意味では地方自治体の長も東国原知事も民主党を応援すればいいと思うのですが、国政はそれだけではないために単純に民主党支持というわけにも行かないのでしょうね。。。

ただ、知事が国政に参加するつもりで政党に大きな提言をするつもりであれば ある意味では与党に入らなければ意味がないように思います。

ちなみに、現在は知事の立場で宮崎、宮崎と言っていますが 今後もし本当に国政に参加するのであれば宮崎と言う言葉を地方に置き換えること そして、地元優先と言う考えを捨てて国全体を考えることができなければ国政に参加する意味がないと思うのです。
単純に宮崎のためということで動くには知事の職のほうがいいように思うのですがねぇ・・・。
知事ならそのままでも 国政に影響を与えることができると思うのですが・・・・。

西松事件で不思議に思うこと
2009年06月25日 (木) | 編集 |
いまさら書くのもちょっと変なんですけど、2ちゃん記事からなんで小沢氏だけを攻めるのか不思議に思うことがあるので書きましたわん。

一つは、仮に小沢氏の天の一声ってのがあるとして 前にニュースでチラッとみたのですが建設関係の業者などはみんな献金しているように報道がされていましたよね。
確かに架空団体をつくってってとこらは違法性があるのでしょうが、みんな自社の利益のために献金してたんですよね?
議長になってた鹿島の人の話が陳述ででてたようなんですが、たぶん鹿島も献金してたんだろうとおもうのですが、それも見返りをきたいしていたのではないのでしょうか?

西松から献金を受けた政治家が大勢いるということ、建設業界で小沢氏の献金をしていたのが西松だけならこういう裁判もあるかもしれないが、おいらの推測では東北に出ている多くの建設業者が献金していたなら そういう業者にも捜査はしっかりおこなわれているのかどうか?
それと、西松、小沢氏の関係以外でも 同様に捜査がしっかりおこなわれているのかどうか?

公平な捜査という言葉が適切かどうかはわかりませんが、そういったことは必要な気がします。

ちなみに、個人的には建設業の談合は日本の箱物主義の政治のせいで行われると思います。
そして、談合はほぼなくならないというように思っております。

便義上は良くない制度ですが、同業者のなかで必要性があるから行われている制度なんだろうと思いますし、そういった建設業者にたかる政治化がいる以上なくならないだろうと思います。

何度も書きますが、個人的には小沢氏はキライです。
が、おいらの中では いまは民主党の(ある意味では自民党以外ならどこでもいいかもしれませんが)
政治改革が必要だろうと考えているので この件の重要性よりも与野党逆転が必要だろうと思っているのですね。

とりあえず、民主党が政権をとって公務員改革、官僚改革、地方分権、特別会計の一般会計化などに手をつけてくれて国民にその内容を明示してくれることが望みで 更に言えば その後政界の再編が行われてくれれば尚良しですね・・・。
なんせ、民主党の国防論など お粗末ですから 支持できる内容ではありません。

なにより社会生活の安定と税金のざさんな使い道を正すことが優先課題と捉えているから今は応援することにしております。

参議院で可決された母子加算の復活議案に 自民党、公明党が説明会のときから欠席し議決の際も退席したことなどを知るとアニメの殿堂の予算よりすくない金額の母子加算の復活事案を決めるのに退席まですること自体 与党の姿勢なんだろうと思います。。。

追伸、きょう 社長・島耕作 の3巻を読みましたよ。
    部下のインサイダー取引で引責辞任をしないでくださいねと 言われる 島耕作が書かれていました。
郵政の社長の問題ですが、ダイレクトメールの悪用問題や200億円にのぼる申告漏れなど 多くの問題があっても 現実の社長ってのは引責辞任などの言葉がないんですねぇ・・・。

民間会社の問題ということを総理はいっていますが、誰も責任を取らないっていうのはお役所仕事そのままな気がしますよねぇ・・・・・・・・・・・・。

南アのコンフェデレーションカップ
2009年06月25日 (木) | 編集 |
FF11をやっているときにコンフェデの準決勝でスペインがアメリカに負けたということを聞きました。

まぁ番狂わせですね。
でもまぁ、コンフェデですから・・・・。
なんせ2001年のコンフェデでは日本が決勝でフランスに負けたとはいえ準優勝していますしねぇ。

それは、ともかくスポーツニュースのウェブサイトなどでいろいろみていますと、今回のコンフェデでは
宿舎で盗難などが結構あったようです。
中にはそのことで南アの報道から お金がなくなったのは売春婦を買った(犯罪行為)ためではないかと報道され集中できなかったとエジプトなどはぼやいていたそうです。

別件で、南アフリカの男性の4人に1人が強姦をやったことがあるとデータがでたそうです。

冒頭に書いたように盗難が何件かあったことなどと合わせると本番のワールドカップの成功には結構な覚悟で応援にいくなどしないといけないかもしれません。
治安などは決して良いとはいえないようですから・・・・。

ちなみに選手などは国を挙げて守ってくれるでしょうが、応援にくるサポーターは自分たちでまもるしかありません。
まぁ、なんらかの対策はするんでしょうけどね・・・・。

ブラジルは負けないといいけどなぁ・・・・・。

それにしても・・・
2009年06月25日 (木) | 編集 |
政治家って職業はなんとまぁ汚い職業ですねぇ。

やっぱりというか、どこの政党でも(公明党と共産党はないかもしれないが)政治家の手には余りキレイとはいえないお金が沢山集まってるようですね。

西松の問題にしても小沢氏にとどまらず、自民党では二階氏や森元総理などの名前が上がっているし民主党だって山岡氏の名前もあったんじゃなかったっけ?

そして、今度は商品先物取引の会社が迂回献金疑惑で与謝野大臣や渡辺下大臣などの名前もあがっている。

個人的には、多少の思惑つきのお金があってもそれほど気にしないが、税金はキレイに国民のために使って欲しい気持ちはあります。
公共事業にカラムお金だって水増し請求など国民に損がでることでなければ献金など民間の接待と変わらない行為なんだろうと思うのですが、今の政治家のやり方はどうにも国民に不利益になる予算の取り方でしかないように思えるから困ったものです。

そして、国会の審議では自分たちのことは棚に上げてお互いの批判に終始している。
国会の予算だって考えられないようなお金が動いているのにです・・・・・。

政治家がお金がかかるっていうなら 投票する有権者がお金のかからない人を選ぶしかないんだろうと思うのですが、そこはしがらみや惰性で投票する人が大勢いるからこれもまた困ったものです。

どっかの議会が(町議会だか村議会だったと思うが)実質仕事をした分以外の報酬をなしにしたってのを聞きましたがいっそ国会議員もボランティアでやってもらったほうがスッキリしそうな気がしますね。

市民オンブズマンなどは手弁当でやってるんでないかと思うので、絶対に出来ないとはおもわないのですけどねぇ・・・・・。

知って得する!とかで
2009年06月23日 (火) | 編集 |
財布にお金がないのになぜ使う?ということで 箱物や道路を作るのをやめれば作っていた建設業者が職にあぶれるというような話しで 納得する人がスタジオではほとんどでした。

なぜ納得するんでしょうねぇ。

税金で建設業者をまもっているだけじゃないですか・・・・。

他の業種の人は不景気になれば苦労するのに建設業者は不況になれば内需拡大とかいって優先的に箱物を作ったりしていち早く潤うシステムができていて ずっと続いているわけです。

こういうシステムを許しておいていいのかということですね。

それに建設業を守り続けるということは永遠にそういったお金を政府が使い続けないといけないわけです。
ここを変えないと無駄遣いは(道路補修を外国ではどうやってるか知りませんが毎年やる道路補修など無駄ではないのかしら?)減らすことができないと思います。

日本では技術革新が進んでいるのに なぜ道路は毎年補修しなければいけないようなものしかできないのか?不思議でなりませんよね。

箱物を作っても維持管理で予算がつづかず 地方自治体の赤字の元になっているものなど 胴考えても計画性がなさすぎます。
一時的に予算がつくことで内需が拡大するのでしょうが、結局計画性がないために税金が無駄につかわれているのです。

そもそも、借金が多すぎて有利子負債が多く 集めた税金の多くが借金と利子の返済で消えていくわけです。

今後もずっと建設業を守り続けるというのであれば 日本の将来って安心して年を取れる国には絶対になれないと思いますねぇ。
いつかは箱物、道路の予算の健全化をしなければならないと思うし、それは早いほうがいいと思うのですが・・・・・。

それにしても、TVでの説明にそんなことしか言えないってことにがっかりしますわ。
普通に考えても建設業が守られることに疑問を持つことをもっと訴えるべきだと思います。
癒着や談合など いろいろ言われる中に建設業が多く絡むのも そういった構造のせいだと思うのですが そういった事柄にもっと焦点をあてるべきでしょうね。

それにしても、こんなTVの内容でいいんでしょうか?とおもわずにいられない^^;。

西川社長を
2009年06月21日 (日) | 編集 |
委員会を見ていたが三宅氏など西川氏はかんぽの宿の安売り以外は問題ないような発言をしていましたねぇ。

聞きながらそれは違うんじゃないの?と思っていました。

グループで8000億円強の利益をだしているようですが、それならばかんぽの宿をあそこまで安く売る必要があるのかとも考えられる。
赤字なのは利益を出すような体系になかったからで体質改善をすればわからないし、オリックスグループも老人施設への転換が目的ではなかったかという発言もあったが転用についての議論もあって良いのではないかと思う。

話しを戻しますが、ダイレクトメールの問題や あまり記憶にないのですがグループで200億円にのぼる申告漏れがあったそうで そういったことについてトップが責任を取ったっておかしくないと思うのだが、財界から呼んだということを一部の議員や評論化が擁護する原因になってないかと思ってしまいます。

ダイレクトメールの悪用なども大きな不祥事で誰か上の人が責任を取るべきことだろうと思うのですが
自民党の多くの人は責任を取るということをまったく考えてないかのようで、社長の留任を認めないのは郵政民営化に反対だというようにもって言って話しをすりかえたりしていると思います。

いいことをやっても、悪いことがおこなわれれば誰かが責任を取ることは普通であり トップの責任は当然問われるべきだとおいらは思います。
そして、それはかんぽの宿だけを捉えていうのではなく全体の評価で考えるべきだと思うのですね。
かんぽの宿についてだけを見れば 西川社長がすべての責任を負うというのはおかしな話で 元々箱物を作った人たちや行政の責任も大いにあるわけです。
たしかにオリックスとの間の問題については社長の判断なども問題はあるとおもいますが、個人的には鶴の一声でそうなったとは思えないのです。
そういう意味ではバックにいる人が問題で、社長留任を唱える人たちはそういったバックに関わっているのかもしれないとさえ思いますね。

西松の問題が政治がらみということであれば、郵政のかんぽの問題もそういうことで検察は調べるべきなんだろうと思うのですがねぇ・・・・・。

どうなんでしょうねw。

実は昔から
2009年06月18日 (木) | 編集 |
思っていたことがあって。。。。

たいしたことではないのですが、お掃除の洗剤なんですが シンクを綺麗にするってんでお酢の力でとかあったと思うんですよ。
汚れ落としに効くのはわかるのですが、あれって結局酸の力で落とすわけですよ。

酸といえば物を溶かす力があるわけで 金属も腐食するわけですよ。

お掃除といえば綺麗になるわけなんですが、酸の力でシンクの金属を痛めるわけですね。
使った後きっちり水洗いしなければ シンクを痛めて最終的には錆びの元になるわけですよ。

ふと、パイプクリーナーのCMを見ていて思い出したわけです。
これも酸の力で汚れを溶かしてパイプの通りを良くするというものですよね。
これも、パイプ自体を痛める危険性があるわけで、こういうものってどうなんでしょうね?

綺麗にはなるでしょう・・・・。
しかし、本体を痛める可能性をCMではまったく見せていないわけです。
一時期はいいでしょうが、長年使えば本体が傷ついたり錆びたりする可能性があるわけなんですよね。

個人的にはこういうCMを見るたびに本当にこういうものを売っていいんだろうかと疑問を感じるのです。
まぁ、使用方法などみたことはないのですが 説明どおりにやれば問題はないということなんでしょうが おいらのように使用方法などほとんど見ないで使ってそうな人も多分多いはず・・・・。

くだらないけど、いつも感じる疑問なのですw。

日刊スポーツのセルジオ氏のコメントに
2009年06月18日 (木) | 編集 |
ウェブで見ているセルジオ氏のコメント(選手選考を白紙に)ってのに噛み付いたものがあった。

3年かけて築いてきたものを白紙にしてどうする。積み上げていくのは難しいんだというような反論の記事でした。

おいらは親善試合やキリンカップの選手起用とワールドカップ予選の選手起用などを見ていて強化試合と位置づけているにもかかわらず 本番では違う選手を使うなどその起用法などに疑問を持っている。
そして、阿部が能力がたかいといってもセンターバックを任せるには相手が強すぎたことなどから中心選手がでなければ勝てないというチーム作りならやはり根本から変えるしかないと思う。

MF的な選手ばかりいるチームっていうのも問題があるように思えてならない。

代表ではそうでもないが、トゥーリオなどは浦和では故障が多い人間で1年間コンスタントに出場していないわけです。
そういう人間を中心に置くというリスクなどを考えれば他に安定しているセンターバックを選んでおくべきなのではないでしょうか?

それからセルジオ氏が言っていることってのは 岡田監督が言うベスト4という言葉にたいする言葉であり、今の選手ではとても無理といっているわけで そこを理解するべきだと思う。

個人的にはトゥーリオは嫌いなんだが、センターバックに岩政でもいれてトゥーリオをボランチに入れるなどもオプションで考えれるのではないかと思うんだが。

とにかく、岡田監督になって選手起用がまったく安定していないこと(故障など原因がないわけでもないが)など、選手を入れ替えたって問題はないと思われるのだが・・・・。
そもそも代表とそうでない選手でどれほどの能力の差があると思っているのだろう?
一部を除けばそれほど大きな差はないと思う。
昨日センターバックに入った阿部が岩政よりうまいセンターバックだと言えるような人ならこのままでいいかもしれないが普通の監督なら寺田だろうが本職のセンターバックを使うのではないだろうか?
オーストラリア相手にセンターバックが当たれないために負けた試合を目の当たりにしているだろうにねぇ。
より上を望むなら選手選考の白紙は必要だろうと思う。



北朝鮮が引き分けで本大会決めましたねぇ。
2009年06月18日 (木) | 編集 |
おいらの予想は外れてしまいました。

ボール支配率は圧倒的にサウジだったと思いますが、ボール回しが多く 肝心なシュートチャンスはそれほどなかったわけです。

日本でもよくあることですが、なんでこんなボール回しをするんじゃと思うのだが 勝たなければ確定しない状況のサウジが自分たちで時間を消費しているように思えた。

そのくせ 簡単にボールを上げる場面も多く ことごとく跳ね返されていたわけで・・・。

そういうことなら、もっと早めにパワープレーに持ち込んでも良かったように思うのだが 最後の最後まで同じパターンの繰り返しだったなぁ。
遠目のシュートが少なかったことも勝てなかった理由の一つに思える。

まぁ、決定的なチャンスをキーパーの正面に打ってしまったのも残念ですな。


それは仕方がないことですが、北朝鮮が勝ち進んだことで東アジアのチームが3チーム確定。
もう1チームがオーストラリアということで中東勢はバーレーンとサウジの勝者がオセアニアのチームとのプレーオフに勝てば1チームでれるということになったわけですねぇ。

中東サッカーのある意味では危機なのかもしれませんね。

まぁ 日本のサッカーも個人的には危機のように思いますけどね・・・・。

日本代表・・・
2009年06月18日 (木) | 編集 |
敗戦から少し時間が立って思うけどやっぱり岡田監督では不満だなぁ・・・。

先発クラスが5人抜けているけど、選手は進歩している みたいなコメントを見たわけで・・。

セルジオ越後氏が言っていたが 選手先行を白紙にして考えるぐらいのことは必要だと。

おいらも同感ですね。

人もボールも動くサッカーなんてのは 言葉は違えども加茂さんがやっていたことやトルシエのサッカーにだって当てはまるのではないだろうか?
いまどきそんなことは当たり前で、その上で個性が必要なのではないかと思う。

オーストラリアに取られた2点ともマークは阿部で はずされていた。
ボランチが本職でセンターバックはときどきやっているが本職ではない。
日本にいいセンターバックがいないかというと、岩政やガンバの中沢などもいい選手だと思うし両名とも背も高い選手です。
岡田監督は若い選手をたくさん起用しているがほかにもいい選手がたくさんいると思うのだが・・。
オランダで活躍した本田なども使っていたが、広島の柏木などもいい選手ではないか?
内田ぐらいのことは市川だって出来ると思うのだが・・・
まぁ言い出せばきりがなくなる。
そもそも4-5-1が適正なのか?
アジアで戦うときには悪くないと思うけど強い国と戦うときに4-5-1がいいのかどうかわからない。

本来おいらは攻撃的なサッカーが好きなのでレイソルやガンバで指揮をとっている西野監督に代表監督になってもらいたいのです。
(もっとも、クラブチームでのFWは外人が活躍してるんだけどね。レイソル時代もいまもw)

岩政なども2年連続ベスト11に選ばれているわけで・・・。
玉田が悪いとは言わないが ある意味 似たような選手ばかりでも仕方がないと思うのだが・・・。
いいときの高原や久保みたいな選手がいたっていいのではないかと思う。

いまの選手選考ではドイツの二の舞は間違いないと思うのよね・・・・。

なんとかなってちょー!

(そんなおいらは昨日書いたようにサウジVS北朝鮮がきになっている。イランは引き分けだったんでサウジが2点差で勝てばイランが生き残るのかな?)

党首討論の意義って
2009年06月17日 (水) | 編集 |
ニュースで党首討論の一部を見ましたが、お互いの粗さがしをする場なら意味が内容に思うなぁ。

これが、国民にどう写るかを気にしているのなら やらないほうがマシだと思う。

答弁も雑で一部がすべてとでもいいたいような荒っぽい議論ばかりですね。

誰も12兆全部が無駄といっていないのに、すべてが無駄と聞こえるような事案をしたり 本当に意味がないと思うなぁ。

民主党のは理想論って言葉でかたづけるなら 理想的な未来なんて見えてくるはずがないと思うのだが・・・。
それに至る方法論は議論すればいいことだと思うのだが、自民党のは既成事実でこれは切れないというのが多すぎるように思えてならないし そういったものほど実態が見えないか見せないんですよねぇ。
ちなみに地方交付金の出し方を変えなければ確かに地方は道路を作りたがったりするわけで そういったことを切り離したり ゆっくり議論していれば自民党のようになってしまうのだろうと思う。
議論すべき根本はやっぱり理想論でいいんではないだろうか?

総理は無駄がないように言っていたが、昨日だかおとといのニュースでは国土交通省の地方分担金の経費の明細がでていましたが、地方がやってる経費と国がやる分の経費の差が問題視されていましたよねぇ。
地方は節約しているが、国では同じことをやるのに経費が何割か余計にかかっているということ。
こういうのは無駄といわないのだろうか?
官僚の退職金まで地方に負担させるなど言語道断だろう・・・。

党首討論など 意味はないと思うね。

オーストラリア戦・・・
2009年06月17日 (水) | 編集 |
微妙だなぁ・・・。

個人的には勝ちに行ってもらいたかったけど、俊輔や遠藤など不在だし 中沢も抜けていた。

その割には守備に不安が少なかったが、一方で攻撃的にはなりきれなかったなぁ。

正直、協会の姿勢として負けてもいいかなという感じがあったと思うね。

オーストラリアもキーウェルなどいない選手もあったので お互いにベストとは言い切れないのかもしれない。

それにしても、日本はコーナーキックで点を取られるときってなんでボールが抜けてくるの?ってので取られるよねぇ・・・・。
1点目は仕方がないとしても、2点目のほうはいかんでしょ。

個人的には、監督交代希望っすね。
いる選手で勝ちに行ったという言葉はあったが、選手の問題かもしれないが 勝ちに行ってるとは思えなかったなぁ。
こういうのが、日本の監督の限界の気がするな。

こういっちゃなんだが、ドイツワールドカップ本戦はボロボロだったが その前の練習試合では日本はいいチームだったと思う。

そのころに比べるとやっぱり今のチームのほうが強いとは言い切れないと思うね。

オーストラリア戦・・・
2009年06月17日 (水) | 編集 |
なんというか、微妙ですねぇ。

ついに自民党議員にもかな・・・
2009年06月17日 (水) | 編集 |
ニュースによると検察審査会で二階氏の不起訴相当というのは問題ということで 捜査が続けられる模様ですね。

他にも、森元首相などの名前もあがっていたので そういった人にも捜査が及んで欲しいと思いますね。
当然 民主党でも名前があがっていた山岡氏なども対象にということになると思うのですけどね。

ただ、ひとつには小澤氏に関しても 本来有罪になるような証拠は出てこないだろうという話がありましたので、小沢氏の秘書と同等の逮捕などに及ぶかもしれませんが 結局無罪という話しになる公算もあると思うのです。

おいらとしては、こんな些細なことで政局に持ち込むことを考えていることが両党ともに情けない話しであると思います。
政治に金がかかるという話しはいつでもどこでもあることなんで 有効に使われるお金ならばある程度のことは国民は納得するとおもうのですが、どうにも私腹がふくらむだけのようなことを問題にするべきだと思いますね。

特に、そのために国民に損をさせるなどということは絶対にあってはならないと思います。

誰が描いた絵かしりませんが、あんまり変なことはしないほうがいいと思うのですがね。。。

ちなみに、西松だけが問題にされてますけど 個人的には談合は絶対にほかにもありますよ。
ということは、こういう政治献金は他のゼネコンにもあるということです。

ほりえもんの粉飾決算なんてのもありましたが、おいらがサラリーマンやってたところでも予算を達成させるために自分たちで倉庫借りて売り上げをたてて目標達成させたりしてましたよw。
会社の利益を使って売り上げを伸ばすということをしていたわけです。
売り上げは達成するのですが、倉庫代などを利益の中から不当に捻出するわけですから当選利益は減る、株主への背信行為ですよw。
ちなみに1部上場会社です。

これが現実なのに 出る杭だけがそういった行為をとがめられるのが今の社会なんじゃないのかなぁと思います。

まぁ、総理の言った国民の最大の関心事に自民党も乗っかったわけですねぇ。

国策捜査ではなく官製捜査なんだろうと思っておりましたが、解散しなかった麻生さんが画策したとは思えない状況ですからね・・・・。

検察もなにをどう頑張るのかわかりませんが、がんばってね と申し上げたい。

中東のサッカーって
2009年06月17日 (水) | 編集 |
明日 アジアのワールドカップ代表枠の4,5のうちの4カ国がきまります。

すでに日本を含む3カ国が決まっているのですが、自動的に決まる残りの1枠をサウジアラビア、北朝鮮、イランで争っています。

1チームが勝ち抜け、次点が3位どうしの戦いに勝って大陸間プレーオフ(オセアニア代表らしいんで勝てそうなきがしますが)にすすめ、1チームは敗退が決まります。

3チームの勝ち点差は1。

最有力なのはサウジアラビアかなぁ。
2位の北朝鮮と直接対決をホームで迎えるわけで、会場はスポンサードが決まっている電力会社がチケットを買い取り無償で希望者に配布するようなので満員は確実です。

更にこの一戦のためにその会社は一人頭5000万円ほどの勝った場合のボーナスも準備しているとのことで、他にボーナスを決めている会社などの分も合わせれば5500万以上になるようです。
いわゆるニンジン作戦ですね。
中東の潤沢な資金がなせる業ですね。

一方で苦しいのがイランですが、韓国に勝って残りの試合が引き分けに終わると出場できるし引き分ければもう1試合の結果次第になり北朝鮮が勝てば得失点差で上にいけますが、サウジがかった場合1点差では得失点差で同じになり微妙な状況になります。

状況はサウジが一番有利な形なうえに 大きなニンジンもぶらさがっているわけですね。

しかも、こういってはいけないのかもしれませんが ここに来ての日本の試合を見ていると審判が買収でもされているかのような笛が吹かれています。
資金が潤沢な中東での試合でサウジに有利な笛が吹かれても仕方がないかもしれません。
観客のほとんどが文句を言わないでしょう。

そしてサウジは韓国とイランの結果を見た後に試合が行われるというのも有利に働くと思いますね。
例えイランが韓国に勝っても、サウジは(北朝鮮もですが)試合に勝てば2位で本戦出場が決まるわけですから、その場合 勝つための努力を惜しまずにできるわけです。
イランが引き分けた場合は引き分けでも両チームとも可能性が残るので無理はする必要がなくなります。

本来は同時にやるべきなんでしょうが、アジアは広いですからねぇ。
しかも、中東は暑いんで昼間の試合は厳しいでしょうし・・・。

まぁ、イランが正念場ですね。

それにしても、中東のボーナス恐るべしです。
代表の中でもこのボーナスより年収の低い日本人プレーヤーも大勢いるでしょうにねぇw。

不思議な理論?
2009年06月14日 (日) | 編集 |
先日、西川社長の再選をめぐって鳩山大臣が辞任もしくは更迭されました。

それ自体にどうこうはないのですが、ニュースを見ていると中川秀直氏などが 西川氏留任に反対することは郵政民営化に反対することだと発言しておりました。

これは乱暴な議論に思える。

鳩山氏は悪いことは悪い 誰かが責任をとるべきで 取るのならトップが取るべきだと考えているのではないのでしょうか?

それに対し、自民党が取った行動は鳩山氏の更迭(辞任)という形で 結局 官僚がやってきた誰も責任を取らないということを政治家がなぞった形の決着ということではないのだろうか?

民間人を社長にするということで小泉さんが頭を下げてこぎつけた人事らしいし こういう形のあと新たに社長になる人材がいるだろうか?との不安があるから留任などという話もあるようです。
が、個人的には誰かが責任を取るということは普通の会社であるなら当たり前のことなんだろうと思います。

まして、今は国が大株主という立場であるなら 国民が株主であるということであるのならば国民の利益にそぐわない行いがあったならばトップが責任をとるのが本当なんだろうとおもうのだが・・。

自民党としては自民党政権下で箱物財政をおこなってきた清算をしていなかったことが民営化で社長になった西川氏に責任を負わすことができないという面があるのではないか とは思う。
しかし、反面で誰も責任を取らない政治という結果が残ったんじゃないだろうかとおいらは思うのです。
官僚は責任を取らない組織という事実を政治家が後押ししているというように思えてなりません。

だから、政権交代が一度は必要なんだろうと思います。

さっさと選挙してくれw。

報道ステーションで元検察の人が
2009年06月12日 (金) | 編集 |
西松問題について古館氏が国策捜査の可能性について改めて聞いていたが、元検察の人が程度の酷いもの、証拠のそろっているものからやっているわけで今後自民党議員のことも出てくると思う。
決して国策捜査ではないと思うといっておりました。

しかし、この秋にかならず選挙になる状態で 政治資金規正法違反の程度の重い軽いは関係なく両方とも違反だということを考えれば 選挙に影響がでそうなことをあえてやっていること自体が国策操作と違うのか?
現に党首討論で麻生総理が国民の最大の関心事は西松問題ではないのかと言った。
鳩山氏が何も確定していない事 そして自民党議員にも同様の嫌疑がかかっている人がいるではないかと反論しておりましたが 総理が政局に利用しているではないか?
こういうのは国策操作といわないのでしょうか?
より重いほうはやる、軽ければやらない というのであれば政治資金規正法の額まで決めているいみがあるのだろうか?ということにならないのでしょうかねぇ。

何度も書いていることですが、小沢氏は所詮野党だということをもっと考えればいいのではないかとおもうのだが・・・・。
地元で勝っているから影響力が強いというのもわかるが、そうはいっても財布は与党が握っているということも忘れないで欲しいと思う。

それと、選挙に影響力があるのは明白なわけで 秘書が逮捕されているわけだし 証拠もあると言うことなんだろうからさっさと裁判でもすればいいと思うのだがどうなんだろう。

個人的には選挙前にさっさと結論をだせばいい話だとおもうのだが。。。。。

ちなみに国策捜査ってのは若干意味がちがっているのかもしれないなぁ・・・。
検察と言う官僚組織としての反民主の抵抗ととってもいいのかもしれない。

政治資金についていえば 個人的には利権の問題でも政治資金の問題でも トータルで考えれば圧倒的に自民党が汚いのではないかと思うのだが。
利権に近い存在が自民党であり、資金団体の数も圧倒的に多いのが自民党だからだ。
必ずしも数で決まるわけではないだろうが、小沢氏が悪く言われるゆえんの一つが元田中派という言葉が出てくることがある。
元田中派ってのは小澤氏に限らず元々が自民党なわけで 自民党内に元田中派は何人いるのだろう?
金権政治ってのは元々自民党がいわれてきたことではないのでしょうか?

そう考えても、小沢氏が騒がれていること自体は問題ではないのだが、自民党に手が伸びていない事実が問題なんだと思う。

そういうことも考えられない人が検察ってとこに集まっているとしたら検察という組織も問題のある部署だといわざるを得ないと思う。

カタール戦
2009年06月10日 (水) | 編集 |
走れないねぇ・・・・。

どうやら、日本は審判の笛が不利なときに どうにも足が動かないようですねぇ。
講義するならボールを動かされないようにしながら講義しないと・・。

それと、ちょっとづつですが トラップもずれていたように思います。

そんなことより、時々思うのですがホームの笛をあんなふうに吹かれてしまうことが時々ありますよね。これが一番悪いとおもうのですけどねぇ。

金貰って吹いてるのかと思うような審判がいますが、通常ホームに不利な笛を連発すると審判は帰りが不安になるような立場になるのでこういう笛は吹かないんですけどねぇ。
どこかで日本では大丈夫ってな思いでもあるんでしょうかねぇ。
ホームでこんな笛を吹かれてしまうことには大いに問題ありだと思います。

守備も不安がでてしまってましたよねぇ。
阿部がでてきてトゥーリオが安心してしまったのか前に出ようとしすぎです。
まったくいいとこなしですね。

まぁ、ベスト4などはどうでもいいことですけど どうにも意識が低い部分があるように思います。
TVなどではいろいろリーダーとして俊輔なども語ってますが、先日、きょうといい仕事がぜんぜんできていない張本人だと思いますね。
いいときの力は認めるのですが、ここ2戦の苦労は彼の動きにも問題はあると思います。

まぁ、南米予選などでアルゼンチンなどですら苦戦するわけですが 本番ではやれる そういうチームが本当に強いチームだと思います。
つぎ、がんばってw。

意識の問題か
2009年06月09日 (火) | 編集 |
きょう店に来るまでに感じたのですが、店の近くの右折のところが渋滞していたのです。
おいらは右折レーンに入る10mほど手前で(渋滞で止まっているわけですが)ウインカーをだしました。ちょうどレーンの切れ目で手前でもUターンできるので右折だなと解るあたりでだしました。

後ろに大分の代表的な路線バスがきました。
ウインカーはでていません。
のっそり動いています。
右折レーンが前に動いておいらはすんなり入ったのですが バスも入ってきました。
しかし、一向にウインカーはつきません。信号待ちでおいらの前に1台あるだけでバスは前から3台目なのですが ウインカーは結局動き出すまでつきませんでした。

本来右折車線に入るときにレーン変更の合図を出さなければいけません。
さらに、右折の手前なのに自分が動き出すまでウインカーをださない。

おいらは基本的にウインカーは自分を守るために早めに後ろに合図をするものだと思っています。
当然、後ろの車も円滑に走らせる為にも早めに出すべきものだと思います。

公共交通の代名詞の路線バスの運転手がこういうことではいけないと思います。
(当然ですが、多くの運転手は早めに出していると思うのですけどね)
バスがいきなりウインカーをだして止まられると後ろの車は対応が難しくなります。
キッチリ合図は早めにお願いします。


別件。
トライアルというディスカウントショップにいきました。
安売りの店で流行っています。
関東で言うところのロジャースですね。
缶ジュース29円とかでうっているところなのですが、行ったらカゴがないのです。
レジの横から一個とって そのまま山を入り口にもっていきました。
買い物が終わって入り口に目をやると どうやらおいらがもって行った山がほぼなくなりかけているようで誰も補充していないようです。
帰り際にもういちどカゴの山を入り口にもっていきましたが、こういうことって客がやることではないはずだと思い一応店の人に言っておきましたが、生鮮食品の人にいったので伝わるかどうか・・・。

折角の繁盛店なんですがお昼に入り口のカゴがなくなっていることに気が付かないようでは先行きが心配です。
レジが混んでいる。袋詰めするところにカゴがたまりまくっている状況に目が行かないってのはやっぱり問題ですよね。

親爺の独り言です・・・。

メタボって・・・・
2009年06月08日 (月) | 編集 |
先日TVでやってましたが、ちょっと太っている人のほうが長生きだと言う事実。

そして、日本だけ?が 女性の基準が男性の基準よりゆるいってこと・・・。

何を元にこういった基準がでているのか本当に不思議です。

TVでは、体重÷身長(M単位)÷身長(M単位)で出てきた数字が25を超えると太っているに分類されると言う。
が、しかし 実はそのぐらいの人が一番長生きしているという事実があるそうです。

勿論、全員がそうということではないようで その中でも筋肉量が多い人ほど長生きということらしいのです。
ただ、当然そういう人ばっかりででてきた一番長生きということではないので太っているということがやせている人よりも長生きだという事実は変わらないでしょう。

それと、長生きということと病気をしないということはイコールではないと個人的には思いますけどね。

ですが、いま国で発表している目安の根拠については疑問を感じますね。

この根拠ってのはある意味で国が都合のいいように出した数字?と思えてなりませんよね。

保険の優遇などもメタボ検診でどうこうって話(詳しくないのですが)を見た気がするのですが、多少きつくしておかないと国がメリットがないということなのではないかと疑ってしまいますね。

こういう事実をメタボの数値をだすことと共に公表してなければならないと思うのですが、メディアの人たちも疑問を持たないことに不思議を感じます。
まぁ、TVで見たってことは気になってる人がいないということでもないんでしょうけどねw。

日本の掲げる数字には なんとなくですが 裏がありそうに思えて仕方がない きょうこのごろ・・。

チラっとみた サンデープロジェクト
2009年06月07日 (日) | 編集 |
まあBSでやってる再放送なんですけどね。

自民と民主で財源の討論を馬鹿な田原氏が議論させていた。

そもそも野党にキッチリした数字をだせという田原氏は馬鹿だと思う。

官僚が野党にはハッキリした数字を示さないというのに 野党に細かい数字を示せということ自体が無理な話だと思う。
ハッキリした数字を示さないという根拠の一つが 地方自治体に負担させている公共事業費の地方負担分の内訳であると思う。
橋下知事や猪瀬東京副知事などが言っていたが、でたらめな内容なのです。

そういった情報をだすところを野党は相手にしているわけです。

委員会がまとめた内容を官僚は数行だまって書き換えることで意味をうやむやにしようとするような輩なわけです。

したがって、野党に細かい数字をだせというのは基本的に無理があるのです。

自民党の石原氏が小泉内閣のときに1兆何千億かの無駄をはぶいたなどといっていましたが、小泉内閣で削った中には医療費なども含まれており 個人的には省いたのは無駄ではなく数字合わせで削っただけだと思います。
ついでに、政権党が変わったからといってすぐには変わらないと言っておりましたがそれはその通りでしょう。なぜなら自民党がないといっていた埋蔵金をだしてきて使っているし、今後数年にわたって使い道の決められた予算を組んでいるではないですか。

野党がすぐに変えられなくても、予算の使われ方が国民の目で見れる形作りをしてくれればそれだけでも自民党の独裁政権だったものにメスが入ると思いますよ。
それこそが、政権交代の一番の目的なのではないでしょうか。

まぁ、外交などの面で民主党にも賛同できないところがあるのでいつまでも民主党の応援もできませんが、国の予算などの方向付けには今回ばかりは民主党に勝ってもらって地方分権、公務員改革などやってもらうとともに、税金の流れを国民に見えるようにしてほしいですね。

石原氏も自民党の中ではまともなほうかと思ってましたが、やっぱり間違いだったですね。
自民党の人間は個別に議論できずに大雑把にしか物が見えない集まりでしかないですね。
いいところを含んだ中に悪いところを隠すのが得意なようです。
分けて争点にして話してほしいですね。

使うべきところに無駄を隠して争点にするやり方はおかしいと思うのです。
そういう手法は決して得策ではないとおもうのですが・・・・。

それにしても、田原氏の議長ってのはいつ聞いてもありえない進行だと思いますね。
持論に反することはすぐに切りますからねぇ。。。。

南アフリカ出場決定ではあるが
2009年06月07日 (日) | 編集 |
精彩がなかったねぇ・・・。

審判の影響もあるでしょうし、芝の影響もあるのでしょうねぇ。

選手に疲れがみえたねぇ。

パススピードがなくて危険に思えることも多かった。

後半の選手交代は おいらなら中村俊輔から交代させたけどねぇ。

疲れのせいか、あたり負けしてボールを取られることも多くなってたし ボールを追うのも緩慢におもえたし・・・・。

そういう意味ではやっぱり岡田監督をおいらは納得できないのですね。

でもまぁきょうのところは 結果だけでとりあえず良しとするかw。

あとはベスト4などというからにはトップで終わって欲しいところですね。

オーストラリアはベスト4にいけるチームではないし ここで結果がだせないようなら口に出してはいけないように思うのです。
日本のマスコミはCSのアナウンサーを除けば そのことをまともに捕らえてしまって勘違いをしてしまうからねぇ・・・・。

FIFAのベスト10に入るチームってのは本当に強いですからねぇ。

とりあえず今月は@2試合残っています。

どういう選手起用をするか ある意味では楽しみです。

日本人って
2009年06月06日 (土) | 編集 |
東京で5000円相当のダイアモンドを無料でプレゼントってのに一気に5000人がつめかけたそうな。

しかし、店側はダイアモンドについて一人一人にじっくり説明して渡したため一日で330人しかくばれず残りは整理券を受け取って後日時間指定になったそうな。

それに対して並んだ人から文句がたくさんでていたという動画がありました。

このために会社を休んできた。
駐車違反の切符をきられた。
などなど・・・・。

配る側はメリットを考えるのは当然だが、無料に飛びついて文句を言う人たちはある意味で筋違いである。
店側は約束どおりプレゼントするわけでその日にもらえるとは多分言っていないと思われる。


話は変わるが、エコ家電製品にポイントがつくという話で飛びつくのも日本人ならではだと思う。
これについては まだ何に使えるとかいう話すら検討中なのだ。
しかも、レシートやらを取っておいて後に申請するかたちなんだからレシートもしっかり取っておかなければならないわけで面倒くさがりのおいらには到底理解ができないわけだ。


その昔、関東などでは電気店の競争が激しく~が1円などという目玉を準備していたことがあったが前日から並ぶなどする人がいた。
おいらとしては その分の日当を考えれば数千円は確実にプラスして考えるべきだと思うのだが、そうやってでも並ぶ人が大勢いるのも日本人なんだなぁ・・・。

まぁ日本人だけがそうなのかどうかはわからないけれど・・・。
それでも おいらには5000円のダイアモンドが無料という言葉につられ自分の安易な考えですぐにもらえると思い すぐに貰えないときに文句を言う人たちが理解できないし 使い実ともわからず また、どうやって申請するかも決まっていないポイントをあてにして家電を買うひとも理解ができないんだよねぇ。
エコ家電に関してはある程度の期間があるわけで、実質的なものが決まってからでも遅くはないわけです。
何も決まってない時期に買うというのがわからんw。
まぁ、買い替え時をさぐっているときに話がでて飛びついたってのはわかるのだが・・・。

それでも不思議ですw。

ちょっとー、アメリカの交通違反者の逮捕 見ましたー?
2009年06月04日 (木) | 編集 |
TVでやってました。
アメリカで盗難車で暴走している車にぶつけスピンさせて犯罪者を逮捕するところを。

ぶつけられた車はスピンしてガードレールにぶつかり車は大破しています。
それでも彼らは他の車の安全を守るためだというわけです。
犯罪を犯しているほうへは容赦なしです。

一方日本では、信号無視など数々の違反をして逃げる車やバイクが事故ってはいけないと違反者を守るために追跡をやめるわけです。

違反者が他人にかける迷惑より違反者をまもることが大事だってんですから・・・。
迷惑の中には他の車が事故に会う可能性だってあるのにです。

元々はそういうことはなかったとおもうのですが、いつのまにか深追いして事故らせたのが警察であるかのような報道がでるようになったせいでしょうね。

そもそも逃げることがいけないのにですよ。

おかしな人権団体みたいな人やマスコミが警察の捜査をさせにくくしているわけです。

違反して逃げるやつが悪いのです。
見逃せばそういう人たちはまたやるのです。
後の安全のためにそういう人を取り締まるのが警察の役目なんですが、逃げて事故った人が悪いのに追い詰めた警察が悪いというように中身が変わってしまうのはどうなんでしょうね。
追い詰めて事故なく取り押さえれば警察の手柄。
逃げた人が事故れば警察の失態ってのはおかしな話ではないのでしょうかねぇ。

それにマスコミが警察を叩くものだから警察は深追いできなくなった。
逃げるほうはそれをもはや知っているわけです。
逃げ切れば罪がなくなるので必死に逃げるわけです。

違反者が逃げるようになったのはある意味ではマスコミのせいではないのでしょうかねぇ。

そういうことを教えてしまったわけですから。

アメリカ式にぶつけて止めるのはどうかと思いますが、もっと規制なく追いかけてもらえるようにすることは必要なのではないのでしょうかねぇ。

FIFA....儲けすぎ
2009年06月04日 (木) | 編集 |
2008年度のFIFAの収支が175億円の黒字ということらしいです。

収入の多くは南アのWカップの放映権料などで、支出の多くはそのための拠出ということらしい。

今年度もスポンサーの撤退がなければ今年も黒字になる見通しとのこと。

スポーツの放映権料は高すぎると思うのはおいらだけなんだろうか?

先ごろ、日本もアジアカップだかわすれたが放映権料が折り合いがつかずに放送なしになったことがありましたね。

オリンピックもそうですが放映権料が法外な値段になっているようでちょっと恐ろしいです。

欧米でスポーツはプロ化しているものが多く ビジネスと捉える傾向が強いようですが FIFAのような組織が必要以上に利益をあげるということに抵抗がありますねぇ。

まぁお金がありすぎる状況になればアフリカなどの国への援助という形で調整とかはするかもしれませんがね・・・。

ある意味では漢検と一緒で儲けすぎてはいけないんだと思うのだがね。

世界で一番人気のスポーツと言われるわけなんで 儲けようとすれば可能だろうが ビジネスライクにやって欲しくはないという思いですね。

曽田正人先生
2009年06月02日 (火) | 編集 |
おいらに元気をくれる漫画を描いてる人ですねぇ。

チャンピオン連載時のシャカリキ!から読み始めているのですが、昨日の夜はめ組の大吾を読んでいて、さっきまでは昴を読んでいました。

続編のムーンがいま何巻まででているんだろうとネットで見ていたら 北沢拓という人のアシスタントをしていたそうな・・・。

そして もう一人 アシスタントだった人が 医龍を書いている人だそうです。

ちょっとびっくりしました。

今って新しい雑誌などで新人がどんどんでてきていますが、やっぱりアシスタントで画力があるひとはでてくるんだなぁと思いますね。

この二人の共通点?は女性を綺麗に書くことでしょうかw。

作風についてはわかりません。

曽田正人に関しては 主人公がちょっと特殊な人なんですよね。
シャカリキの自転車少年、何かに執り付かれたように坂に挑んでいく主人公。
昴では踊ることしかできない少女。
め組みの大吾ではピンチに冴え渡る第6感で奇跡のレスキューをする主人公。
カペタでは、カートからステップアップしていく天才レーサー。

しかし、それぞれに壁に当たりつつそれを乗り越える意志の力というか 前向きな感じに元気をもらっています。

それにしても・・・・・いますぐムーンが見たいw。
結末まで全部みたい・・・。

まだ連載中でみれないんだけどね。

ほりえもん
2009年06月02日 (火) | 編集 |
昨日、TV局のサイトのコメントを見ていたら ほりえもんの話しが少しでていた。

帰りの車の中でちょっと考えてみたんですが ほりえもんは 本当に悪いのだろうかということです。

結果的に財産を失った人はいるかもしれませんが、株というものはもともと保証されたものではありません。
パチンコでお金を使い果たした人が自殺しても自業自得とおもうかもしれませんが 将来を考えてライブドアに多額のお金をつぎ込むというのもある意味では似たようなもののように思います。
余剰金を流用するというのが素人の株の基本のように思いますが・・・。

それと、なにはともあれ株式会社で ほりえもん 一人でなんでもできてしまうと考えることに疑問があります。
ついでに言えば、検察も その後の影響は考えていたはずです。

おいらは、ほりえもんが 法を犯しているという自覚がなかったという話しはある程度信じることができます。
こういう人がでてきたことが想定外だったんでしょうが、日本の法律などが不完全であった結果、ほりえもんの手腕を排除するために法の解釈(実際に拡大解釈したわけではなく それまでとがめられなかった事柄などが不正と言われるようになったように思う)が変わってしまったのではと思ってしまいます。
経営者は株主の利益を守る義務はあるでしょうが、彼は会社を大きくすることが株主の利益になると考えていた。(本人もこういう話しはよくしていると思います)
そのために多少強引になっていたかもしれませんが・・・・。

また、村上ファンドも インサイダーの疑いとかってでましたが聞いてしまったものはしょうがない という言葉がありましたよね。
一社ですべてがまかなえないような場合、情報操作をするなどということも自然なきがするのですが・・。
マネーゲームの様相というのはおいらも決して好きではありません。
ただ、時代の寵児というような人が古い世代に押し殺されたのではないか という疑問がないではありません。
錬金術師的な彼らなので 古い慣習を通しているような三木谷さんは生き残ったけれど そうでなかった人は社会的につぶされたようにも思えます。
それは、そういうお金の儲け方について多くの人が疑問をもっていることで後押しされたのではないかとも思うのですね。

おいらは本当に起こっていたことがよくわかりませんから 推測などで書いています。
ついでにいえば、おいらは ほりえもんや村上氏から 別に被害もうけておりません。
めぐりめぐってなんらかの影響はあったかもしれませんが、そんなものはどういうことであっても起こりうるものなんで気にしたらきりがありません。

逮捕前には自民党から選挙にもでるような人間だったわけです。

イメージの好き嫌いや 結果論の好き嫌いではなく なぜこうなったかとかを考えてみると闇の中でTVなどに今でている ほりえもん をみてもおいらには世間がいうほど悪いとはおもえません。

損害賠償なども まぁ彼はお金はあるのでしょうから平気かもしれませんが 彼よりも 河野談話で受けた日本の損害などを損害賠償してもらいたいくらいです。
箱物行政をしていた人や、天下り官僚が得た利益なども賠償して欲しいですね。


ほりえもんは 記憶によると今でも犯罪を犯したと認めていなかったとおもいますが、おいらは今の日本で検察も裁判官も信用できないと思うので この問題も世間では決着しているのかもしれませんが本当の意味で決着することがあるのか疑問です。

あくまでも これはおいらの考え方なので実際に彼の逮捕によって被害を受けた方などは違う考え方をするとは思います。
そういう人の耳障りになっていたら 申し訳ないですが おいらは今の政治や司法などに疑問があるために疑心暗鬼なのかもしれませんが 素直にそう思っています。