| Admin |
知れば知るほど日本の税収は
2008年12月31日 (水) | 編集 |
イギリスの消費税は17,5%だったのね・・。

でも、食料品や公共料金は免税とかあるようですし、所得税などの課税対象になる控除の額が日本に比べるとみんな高いようですね。

つまり、日本の税金は所得の低い人が他の国よりたくさん税金を取られるシステムになっているようですね。

一方で、消費税とは逆にずっと下がり続けているのが やはりというべきか法人税です。

消費税導入依頼 法人税は下がり続けているようで 結局税収は減っていたりするようです。

どうやら会社を守らないといけないということでそうしているんだろうが、派遣などのシステムが過去最高の内部留保をだしていながら、景気が悪くなれば内部留保を消化することなく派遣切りをする会社をそこまで守る必要があるのだろうか?

チャント働ければ別に外資系企業だって文句はないとおもうのだが・・・・。

消費税アップの理由の正当性を訴える自民党だが、どう考えてもその前にやることがあるだろうと思っている人は多いはずなんだが・・。
スポンサーサイト

公明党の松あきら氏が
2008年12月31日 (水) | 編集 |
TVタックルで給付金について 民主党の議員さんが公明党の松あきら氏に 責任はとれるのか?という問いに取ると答えていました。

仮に法案が通って支給されても欄年の春から夏になるようですが、責任を取るってどうやるんでしょうねぇ?

おいらは次の選挙に今の与党が負けたら 正月早々に決める法案などの責任はどうなってしまうのか?はなはだ疑問です。

官僚にありがちな誰も責任を取らずにうやむやになってしまうってのを政治家がやるんじゃなかろうかと思いますね。

まぁ勇気があれば 誰かが国民の代表で損害賠償請求でもだせば責任者の追及とかできるんだろうか?

責任を取るなどと軽々しく返事をするべきではないのではないかと思います・・・。

幸満ちゃんの容疑者の取調べって
2008年12月31日 (水) | 編集 |
この事件の容疑者について色々供述が取れてきているようですが、個人的には捜査のやり方に疑問を感じます。

こんなこと おいらが言うべきではないのかもですが、多少の知恵遅れてきなものがあるようなので操作が誘導尋問的になってないか不安があるのです。

そこらへんは弁護士が手を尽くしてはいると思うのですが、それでも何となく不安です。

ただ それだけ・・・。

道路族のむかつく話
2008年12月29日 (月) | 編集 |
ガソリン税の一般財源化について道路族の議員がみな言う。

車に乗る人たちから取る税金だから道路に使うんだと・・・。

おいらは タバコ税の議論のときになぜそういう声がでないのかと思うわけです。

タバコ税で社会保障費を補おうって言ってる その口でガソリン税は道路につかうと言い張るわけですよ。
タバコ税に限らず酒税だってそうですし そのほかにも税金をとっているけれど目的税という名目があるかないかで判断するわけです。
そして何より ガソリン税に関して言えばそもそもの目的と違った目的をあつらえて延々取り続けている 詐欺みたいな税金ですよ。

それも、国民の名を語って道路を使う人間が道路を作れといっているといわんばかりの物言いです。

国民はもしそもそもの目的を違えて今のような形の税金を取るということに賛成反対の票を取れば反対してるでしょうが、政府は勝手に名目を変えて取り続けているのに(国民の意思に関係なく)さも車に乗っている人間が望んでいるかのように言うのは反則でしょう。

そもそも道路に使われる財源の多くを官庁で管理し、頭金がある文を借金の形にして交付するやり方で今のように一般財源化されても借金の返済のため道路につかわざるをえない仕様なんてありえないでしょう。
国が借金体質なのは自民党のやってきた政治のせいですお。

タバコ税は目的税でないから何に使ってもいい、ガソリン税は目的税だから道路に使うだけではおかしな話です。名目さえ変わっているのに・・・。

余談ですが、昨日のフジの番組で宮崎氏が言っていたことですがイギリスの消費税が15だか20%で国の税収の20数パーセントをしめるのに対し、日本は5%でも税収の20数パーセントであるというわけです。つまりは他でもしっかり税収をあげているということですね。
内容はわかりませんが、例えば法人税だったりということなのでしょう・・。
(これはちっと興味がわいたのでしらべてみますけどね)

安易に消費税に税源を求めることに問題があるってことでしょうね。



昨日フジTVで見たんですが
2008年12月29日 (月) | 編集 |
評論家の宮崎さんがパンデミックについてワクチンが2000万人分しかないって話のなかでみんなと盛り上がってました。

ワクチン接種の優先順位なんかもあるって話もありましたねw。

でも、ちょっと前に たかじんのそこまでいって委員会で 専門家の話で そこまで心配する必要はないと思うって話を聞いているのですよね、宮崎さんも・・・。

そのとき、日本はマスコミが煽りすぎだということもいっているわけで、番組が違えば言うことも変わるのかと思ってしまいましたよ。

TVにでてる評論家なんか こんなものかとw。


話はかわりますが、エコの問題もやってましたねぇw。

何回もあの先生の話を聞いているおいらは やっぱりエコは金がかかると思いましたよ。
リサイクルにはお金がかかっても それなりに意義はあるのかもしれませんが 製紙会社がハガキだかで再生紙を使用ってのが事実と異なった問題なんか見ても コストパフォーマンスは普通に作るより悪いってのはあきらかなんでしょうね。

でも、エコマークひとつにしても 政治的にはあれで巨額のお金が動き そこに天下っている人がいるとなるとやっぱり政府の指針一つで国民が踊りお金が動くっていうあり方には問題があるんでしょうねぇ・・。



労組って何を考えてる?
2008年12月29日 (月) | 編集 |
先日から来年度のベースアップの話で各労組がベースアップを要求するってでてました。
その中には派遣切りが激しい自動車各社のもあるそうです。

派遣切りを積極的にやって正規雇用の従業員のベースアップをするってどうなの?って思いますね。

好景気を支えたのが派遣で、不景気になれば切る。
しかし、正規雇用は賃上げするっていうのでは 納得できないって人は大勢いることでしょう。

政府や民間で派遣の人に色々支援する(税金を使うこともあるでしょう)中で 正規雇用は不況の波を避けるっていうのは 税金を払っている人がどう思うことかですよ。

なんかどいつもこいつも 病んでるように思えます。


ちなみに、自民党のCMで自民党だけが具体的に政策を打ってますみたいなのがありますが、そもそもこういう事態に陥らせた原因の多くは自民党にあるんでないでしょうか?
小泉さんのときに派遣法が変わってゆるくなっているのだし、他党の政策を実現させないのも自民党なわけで・・・今政策を実行できる政党が自民党しかないのですから CMの いいぐさってないんじゃないって思うのです。

そもそも、小泉政権以来是非を問うことなく政権を維持していて いまの自民党の政策以外に実行できない状況を維持し続けていることが問題です。

個人的にはこの状況で自民党の政策を実行するより 民主党の手腕を見て見たいと思っているのがおいらの気持ちなんですが・・・・。

話をもどしますが、こういう実情の中では 労組は自分達の給料の据え置きを訴え派遣の雇用を優先させて欲しいといってくれればカッコイイんですけどねぇ。

世の中こんなもんかって思います。

なんだかなぁ・・、自民党のお偉方の話って
2008年12月26日 (金) | 編集 |
今、太田総理の番組 見ています。

まぁ、中途半端で終わるのは仕方ないんですが 自民党のお偉方がいちいち言葉を挟むんですよね。
社会保険事務所の問題でも、自民党以外の政権の時代もあったとか 社会保険事務所の人員構成がこうでとか言っていましたが、そういったことも含めて自民党のほぼ独裁政権の中でおきていること
人員構成についても わかっていて何もしてこなかったからこうなっているのではないんだろうか?

言い訳も、見方を変えれば墓穴を掘っているということをわかってないんだろうと思いますね。

話はかわりますが、渡辺元大臣が反旗をひるがえしたように見えますが、それでもここにいたるまで
自民党にしがみついていたという事実はかわならいのですよね。

自民党の中では正当な意見を言っていますが、それでも今の今までずっとしがみついていたわけです。
選挙の前に旗揚げするかもしれませんが、期待は多少しますが 遅すぎると思いますね。
選挙を伸ばしに伸ばして麻生政権が支持率をここまで悪くするまで待ったわけですから・・・。

あわよくば自民党が盛り返していれば自民党の中で自分の立場を維持したいとの考えがあったのだろうと思います。
何もしないよりはいいけれど、遅すぎます。

まぁ、麻生しがみつき政権は麻生総理を自民党最後の総裁として消えると思いますが 任期満了まで選挙はしないでしょうね。

それにしても、医療費の問題もなにもかも 国民の意見など気にしないで自分達の思うがままに出した結論にのっとって話すのですから 私から言わせれば 根拠がないとしか言えません。
道路の整備を減らせばいいじゃないかとか色々意見がありますよー。
もっとも、単年では今までの道路の借金があるから道路のお金は必要でしょうが もっと社会保障費にお金を使って道路整備など減らせばいいんです。
そういう声をあなたたちに都合のいい人意外から声を聞いて見る必要があったんじゃないだろうかと思いますね。

それにしても、やっぱ太田総理の番組はつまらん!

車つながりで 12月。。。
2008年12月25日 (木) | 編集 |
今月に入って少ししてから おいらの通勤する道路で必ず渋滞しているわけです・・。

そうです、トイザラスの出入り口のせいで渋滞していたんです。

たぶん、孫とかに送るおもちゃなどを買っているのでしょう、平日休日問わず混雑していました。

24日にはさすがに混雑はなくなりましたが、師走というか わけのわからん車が多くなってきました。

数日前は信号が変わりそうでつっこんだ車が交差点のなかで立ち往生。
おいらは2車線の右側にいたんですが、その車のせいで信号一回分動かず。
その車のすごいとこは、隣の走行車線の車が通るスペースを空けていたてんです。
自分の前に目いっぱい詰めるのではなく 車が通れるスペースあけて追い越し車線の車を社団するように止まっていたんですねぇ。
恐ろしいです・・・・。

それと、いつものことですが片側2車線で右折するために1車線つぶして待っているやつが沢山いるのが頭にきます。
自分がいければそれでいいって感じの人が大分にはすっごく多いのですよ・・・。
トイザラスの隣のベスト電器を中心としたショッピングモールみたいなとこの出口から3車線よこぎって右折するやつとか・・・。
信じられません・・。
大分市にあそこの中央分離帯を開けているのを閉ざすだけで渋滞が減ると思うんだがといってやりたいところです。

とまぁ、あいかわらず大分は運転マナーが悪いのです。

これは、定例の愚痴ってことでw。

なんかおかしくないか?
2008年12月25日 (木) | 編集 |
ニュースで75歳以上のお年寄りの紅葉マークの罰金がなくなりそうな話を聞いた。

どうやら、75歳以上に聞いたアンケートの評判が悪いことと 紅葉マークの浸透がある程度できたということで罰金をなくし 努力目標にしようということらしい。

しかし、これはおかしいと思うわけです。

シートベルトの着用率が上がったから罰金やめますか?ってぐらいの話なんじゃないのかなぁ?

年齢宣言は差別とかってことを言う人がいるが、お年寄りの事故が多いってことは明白であります。
75歳以上でなく65歳でもいいくらいだ。
年齢による差別っていうんなら事故の比率をさげてください。
ついでに言えば、外国では16歳で取れるところもある免許が18歳以上っていうのも差別ってことにならんか?っ手話だす。

へんなところで、へんな反応を示すってのはどうなの?

紅葉マークの浸透率だっていつもつけるってのが75%程度で、ある程度浸透したから努力目標に変えますってのはおかしいと思う!絶対にです。

ちなみに直進のおいらの前に左折で割り込んできた紅葉マークなんて モタモタしてておいらは結構力強くブレーキ踏まされたことがあるわけです。
本人の意識はともかく 確実に体は動かないということを周りが教える意味でも紅葉マークは必要とおもうわけです。
罰金だって4000円って 他の罰金より安くないですか?

甘すぎると思うんですが・・・・。

がんばれ!橋下知事?
2008年12月22日 (月) | 編集 |
京都、滋賀と大阪でダムの側を通る道路の申請を国土交通省に出していたのが却下されたらしい。

おいらが見てるニュースでは役人が嫌がらせをしてくる と言っているようです。

橋下知事はうまーくTVなどマスコミを通じて 私はやることはやっているが 官僚が邪魔ばかりする。
と、こうやって事例を取り上げているようにも見える。

文部省の試験結果の公表の件でも 試験結果を有効に使うことをしない文部省は馬鹿ばっかりと言っていたり 各省庁の今までのやり方に対する不満をマスコミをうまく使って世間に訴えていると思うわけです。

それにしても、今回の国土交通省の対応もわかりやすいもので(言い訳は簡単でほかにもっとやらなければならないことがあったからby国土交通省) 傍から見れば嫌がらせですよw。

しかし、これで政治が成り立つってことが問題で 官僚が予算を握るってことが こういうことがまかり通る象徴になっているようですね。

  

ここまで社会が疲弊してくると もはや 言いたいことを言える民主党に期待してしまいますよね。
実際に政権を握れば どうなるかはわかりませんが、 今までの自民党のやり方ではよくならないってことがよくわかったと思います。
色々見ていると 自民党の若い世代にはちゃんと国を思う人はいるようですが 一方で大村議員のように場当たり的にいいことを言うが 実際は今までの自民党そのものって感じの人もいます。
みのもんたの番組で変えていくと言ったことが全然直ってないってのも見たし、ガソリン税の一般財源化はするべきと言いながら 一方で道路予算の確保を訴えるなど(必要な道路の分だといえば言えるが、胴考えても矛盾する言い方です)信用ならんです。

まぁ、そんなことは置いといて 橋下知事 頑張って欲しい!
そして堂々と 官僚がしてきたこと してくること マスコミを通じてでも世間にしっかり伝えて欲しいと思いますね。

トヨタカップ決勝!
2008年12月21日 (日) | 編集 |
退場者がでたのでもうちょっとマンチェスターが苦しむかと思ったが、結果はマンUの勝利と順調だった。

残念なことに今年の南米チャンピオンが日本ではほぼ無名のチームだったこと。

その力もイマイチ見劣りするものだったことだねぇ。

南米のチームらしいパス回しも玉の力が弱くするどいパスが少ないし、即攻にうつることもできないようなモタモタしたプレーが目に付いた。

ただ、ディフェンスだけはいいものがあったとは思いますけどね・・・・。

それにしても、さすが日テレ!

試合後に明石屋さんまがでてきて、雰囲気ぶち壊しですw。

個人的にはもうちょっと辛口の人の話や南米チームに思い入れのある人の話なんかが聞けたほうがよっぽどいいのですが、さんまがでたまんま続きそうだったのでチャンネルを変えましたw。

サッカーファンで有名ですが、ただそれだけな感じですね。

もうちょっと面白い試合を期待していたが まぁこんなもんでしょうw。



ガンバ3位なんだが
2008年12月21日 (日) | 編集 |
今、クラブワールドカップのトヨタカップの3位決定戦が終わって ガンバ大阪が勝ったとこですが・・。

若干、TVの放送で世界3位という言葉に違和感があるのです。

この大会の3位ではあるのですが 放送でアナウンサーは世界3位と連呼するんですね。

チャンピオンズリーグの8強にはいったどのチームと戦っても勝てる気がしないのに世界3位というのはどうにも納得できないというか違和感があるのです。

同様に南米の強豪チームにも勝てるきがしないので、あくまでこの大会の3位と理解しているわけなんですがw。

ちなみにですが、アフリカのいい選手はほとんどヨーロッパにいっているのとアフリカのチームの戦術についてはあまり怖いものではなく去年のレッズとともに今年のガンバも4強は順調なのかもしれません。

通常クラブチームのほうが代表チームより強いといわれていますが、アフリカに限っては代表チームが強いんだろうなぁ・・・。

それにしても、TVってのは盛り上げるためとはいえ 大げさすぎますね。

ついでに言えば、決勝がいつもヨーロッパと南米なわけで 元の直接対決を時差の少ない北米当たりでやってあげるのが一番いいような気がしますね。

リストラに乗じてタクシーの乗務員にと
2008年12月18日 (木) | 編集 |
報道番組でタクシー会社が乗務員を増やすということっをやっていた。

報道側はリストラや派遣の打ち切りなどで溢れた人の救済という意味でやっていたのかもしれませんが、先日おいらが読んだ本ではそうでないように書いてました。

不景気でもタクシーの乗務員募集がいつでもある訳ってことで書かれていたのは、タクシーはノルマがあって一律である売り上げまでは会社がもっていくとのこと。
そして、それを超えた売り上げの何割かが乗務員の手当てに回るということです。
売り上げがあがれば一定までは会社が持っていって、更に売り上げが伸びればその分の何割かも会社が吸い上げるわけです。

給料の目安はわかりませんけど、要はタクシー会社は車が動けば動いただけ儲かるわけです。
タクシーの運転手の給料は安いかもしれませんが、会社は乗務員が多ければちゃんと利益がでるシステムのようなんですね。

おいらが見た本では、運転手のスカウトをすれば紹介料までだしているとさえ書いていました。

ここぞとばかりにタクシー会社が手をあげてうちにきてくれってのは その内容をよく考えて見る必要があると思いますね・・・。

まぁ、それでも住むとこが保障されていくばくかの給料が出るっていうことが大事なのかもしれないけれど・・・・・。

中国人が思う 世界一スケベは日本人
2008年12月17日 (水) | 編集 |
という、記事を見ました。

別に否定はしませんが、どの国の男も大差はないかと思うのですが・・・・。

まぁインターネットなどで氾濫しているエロDVDなどもありますし、日本にある風俗店の形態などを考えてもバリエーションっていうか、すごいと思いますもんねぇ。

先日、某公共放送の土曜の夜中の番組で 日本の飲酒文化?について外国人の話がでていたんですが、出席していた外国人の女の人たちは なぜ女性がお酒をつぐのか と憤慨しておりました。

レストランなどにいっても女性は何もしなくてただ食事をすればいいというのです。
一方で男性は女性に気を使うわけです。

まぁ、紹介されていたのは日本の飲酒文化の一部ではありますが、接待での約束事などを紹介しており海外との違いをハッキリ感じるものでした。

イギリス人の若い青年はその中では日本の飲酒文化を魅力的といってましたが、ビールをつぐことなどイギリスでやったらやられる側は自分の酒を盗られると思い喧嘩になりそうだと言っていましたw。

海外では飲み屋さんでも女の子が横に座って水割りを作るなんてことも少ないだろうから、そういうのみ方をする日本人はスケベに見えるのかもしれませんね。
(一般的にワンショットとか、ビンごと渡すのみ方をする国が多いと思いますんで、日本は特殊かもしれませんねw)

まぁ、そうはいっても 日本人は性犯罪については割りと少な目であるということも知っていないといけないと思いますけどね。

アメリカや韓国に比べれば圧倒的に少ないのですから・・・。

まぁ、ムッツリスケベが多いってことなんでしょうかねw。

TVタックルで一般財源化について
2008年12月15日 (月) | 編集 |
TVタックルで一般財源化についてちょっと話していた。

その中で交付金と交付税の違いを言っていたが、政治家は利権について敏感だということだろう。

交付金にすれば国会議員は利権が生まれ、交付税にすれば地方が自由に出来るということで国会議員の手柄に出来なくなるということなんでしょう。


別に、地方は結局そのお金のほとんどを道路に使うという話も 単年で考えればそういうことになるのかもしれませんね。
なぜなら、借金で道路を作るシステムがあって 道路を作ると言わなければお金が出てこなかったわけで そのためにほとんどの地方は道路の借金があるわけです。
仮に道路を作らなくても前に作った道路の借金を返すのにお金をつかわなければならないのです。

また、面白い話をするものだと思ったのですが、ガソリン代で賄うのだから道路に当てるのが正しいと言っている。
おいおい、タバコ税を色々なことに使おうってのは誰だい?と問いただしたい。
タバコ税は精々数千億円、下手をすれば減収って話で、豊富なガソリン税の一部を一般財源化ってのは別に問題ないんじゃないんだろうか?

現に外国ではそうやっているところはあるわけで・・・。
金額的にも当てにならないタバコ税に比べて極めて安定しているガソリン税なら 地方にとっても計算できることだろう。

あれはあれ、これはこれ なんてのは政治家はみんな言うようだが、 タバコ税を上げるんならタバコを吸う人が病気になったときの補填に使うっていうことなら話がわかるんだがねぇw。

ついでに、自民党のTVにでまくっている大村議員さん、道路の財源確保に頑張りますと言っていたこと しっかりTVで写ってましたんで、今後一般財源化に反対勢力として認識しましたよ。
TVで一般財源化についてしゃべるとき、言葉を選んで話をするように・・・。

はやいとこ政界再編ってのを
2008年12月14日 (日) | 編集 |
TVの番組でかつての自民党の大物が政界再編について語ったようですね。

現在の執行部のほうでは、そういうことを否定的にみているようですが 実際には次の選挙はほぼ間違いなく自民党は負ける。

その前に泥舟を捨てて出て行く人は大勢いることでしょう・・・。

問題はこの再編に乗っかる民主党議員もいるだろうこと これによってまた色々変わってくることもあるだろうことですねぇ。

おいらはTVに出ている大村議員や山本一太議員などはいいことしか言わない(改善するといって嘘をついたことがある!)人などは信用できませんから 当然どうでもいいわけですが、一人 渡辺元大臣だけは公務員改革や行政改革で涙したことや言動を考えれば こういう人には頑張ってもあいたいところです。
自民党にいたんじゃ何もさせてもらえないけどね^^;。

地方行政の場で活躍している人間も大勢いるんだろうから そういった人に国政にも関わってもらえるようなシステムも作っていってもいいのではないかとも思いますね。

議員の数もスリムにしてもらってね・・・。

選挙があると公務員が儲かるってシステムもヤメにしてもらってねw。


きょうはボランティアの日?
2008年12月14日 (日) | 編集 |
おいらがしているのではないのですが。

サキヨミや情熱大陸で海外のボランティアを扱っていまして、微妙な気持ちで見ていました。

発展途上国の飢餓の問題はどうにかしなければいけないことですねえ。

しかし、誰もがわかっていることですが 日本国としての支援には制約が多く 実際にはどれほどの役に立つのか疑問がつきますよね。

日本の行政の中でも箱物を作るのにお金をつかって できたはいいけれど 維持費が毎年赤字になっているところは沢山あるわけです。
日本ではそれでも維持できたりするのでしょうが、途上国ではそれでは維持できずにそのまますたれてしまうなどということはザラのようです。
まぁ、労働力という点ではそれでもあったほうがよかったりするのでしょうけれど・・・。

それと、こういう問題で 日本は裕福なんだから拠出が多くなっていることにボランティアに携わっている人は何の疑問ももたないのだろうが、日本の拠出が抜きん出て多くなっていることについてもっと考えて欲しいとは思います。

国際貢献という聞こえのいいことなんで問題視されにくいのかもしれませんが、日本は実際は借金大国なわけで いいカッコをするために国際貢献の学を減らすことができず 借金をしてまでお金を出すということについてもっと考えて欲しいと思うのです。

日本は輸出大国で対外的になんらかの貢献をしなければいけないということもあるのでしょうが、いまの日本のバランスの悪さをどうにかしてほしいですね。

常任理事国でもない国がなんで2番目に多い金額をださなければいけないのか?とかですね。。。

アフリカの支援などで多くの金額を支援する約束をする。
悪いことではないと思いますが、その金額があれば介護の現場がもっといいものにできたりする現実があります。

自民党は長期の政権で、しかも重鎮が高度経済成長のなかで活動してきた人間のためか お金の使い道にずさんな気がしてなりません。

行列ができる法律~でも、学校を作るためにオークションを開いて億を超える金額が集まりましたね。
500万ぐらいで学校が作れるということでしたが、どう使っていくのか・・・。

日本人にはお金持っている人が多いってのもわかりましたけど、それでも反面で派遣社員が今日明日にも住むところを失うような自体もでている状況を おいらの悪い頭では整理しきれないのですね。

なんだかなぁ・・・・です。



なんだかなぁ・・・
2008年12月10日 (水) | 編集 |
リストラを発表する会社が増えているようですね。

それも期間従業員など立場の弱いものを対象にしているのが多い。
特に派遣などは就職先のない地方から募集して工場などに派遣されるため寮住まいのケースが多いようです。
この問題はかなり大きいと思うのですが、ニュースを見てたらなぜか麻生総理が政府に補助の容易があるようなことを言っていた。

そんなもん、政府の金でやることなんだろうか?
いかにも、労働者を救うようなことを言っているようだが 結局一時的に企業を助けるだけなんじゃないんだろうか?
本来ならそういう契約の打ち切りについてメスをいれ契約の途中打ち切りなどによる週宅の退去などという理不尽な行いをさせないことにするべきで、企業が退去させることの正当性を認めていることなんじゃないだろうか?
そして、企業が住人に対し保障するべきものを国の金を使って退去させるのはおかしいと思う。

就職の問題も、契約違反で訴えればかなりの確立で原告側が勝つはずだ。

これも、国が金を出すみたいな話を聞いたが どう考えても違うだろ?


ソニーが世界規模で社員を含む16000人規模のリストラをするという・・・。
理不尽なものもかなりあるはずです。

おいらは、雇用形態をくずした派遣法の問題がかなり大きいと思うんですが、こういう法を認めた与党の責任についてもっと言及するべきだし、派遣先に当たる企業の切捨てに対して マスコミを含めもっと企業の責任を追及するべきだと思いますね。

おいら個人的には不買運動が起こるくらいに盛り上げるべきことのように思います。

そりゃあ、ソニーなんかの場合ゲーム好きならPSなど 欲しいものはあるわけですが せめて普通の家電製品の不買ぐらいしたっていいと思うし、車関係も 中古車にして新車は買わないなど せめてなんらかの対応で社会的に こういう行為が悪いことだと企業に認識してもらう必要があると思います。

おいらは大分なんで大分のキャノンでやはり問題になっているわけです。
キャノンなんておいらは直接は関係ないんで不買もクソもないのですが、雇用契約を直接結んでないので文句は契約先に言ってくれというのがニュースで流れました。
こういう企業側の都合のいい労働契約で直接雇用契約のない人間に社員寮を提供することに問題はないのかというところまで今後の為に言及するべきです。

それにしても、政府は派遣社員などリストラされる方々の応援などといいつつ企業の味方をしているように思えるのはおいらだけなんだろうか?
味方するんなら契約の破棄などという行為についてもっと厳正に処分する方向を示すべきで、困ってる人たちの救済と称して リストラする側を庇うようなお金の使い方をしないで欲しいと思います。

農政んついてもわからんことだらけっす・・・。
2008年12月07日 (日) | 編集 |
米の問題なんかも なんで国内で減反などを行いつつ 国が輸入米を買わなければいけないのかさっぱりわかりませーん。

国内で作れるものをわざわざ買う必要なんかないじゃんって思うわけです。
自由競争にすればいいじゃんってことですわ。

おいらは米好きなんで国産米を食べたい。
貧乏してても安いからといって輸入米は食べないと思うわけです。
(もっとも外食で輸入米を使ってる場合もあるだろうから絶対ってことにはならないかもですが)

飼料米を輸入するのならわかりますが、そもそもそんなことは国がしなくても商社とかがやればいいわけで国が色々動くからややこしくなってる気がします。
米の価格の安定に必要なことなのかもしれないけれど、おいらは国がかかわっていいことがないように思えてならないんだよねぇ・・・。
いいものは今では海外に輸出されているものも沢山あるようですし・・・。

そこまで言って委員会でもアメリカがアイスクリームを輸入してますか?ってのにしてないだろうねぇってことでアメリカは守ってないじゃないかって話がでてましたが、なんでもかんでも守るってのは日本人の発想ってことなんだろうと思います。

そもそも、日本の食料自給率なんて低いってのは誰もが知ることで多分食料品を世界でもっとも買っている国の一つなんじゃないかと思うわけです。
それに対して そのことをアピールできない外交に問題があるのではないだろうかと思いますね。

確かに自動車や工業製品で日本の輸出の黒字は大きいのかもしれませんが、それが貿易の不均衡に繋がっているというのであれば いい製品を作れない諸外国に問題があるわけで 国内の農家の保護は国政の問題で他国にとやかく言われる筋合いのものではないと思うのですが・・。
(食料品なんて 言い換えれば武器と同じで国を守るために必要なもので農家を守るのは国の勤めなのではないかと思うんですけどね)

信長の野望でも戦争をする前にまずは国力をあげるために開墾や治水をします。攻め込むためにというのではないんですが攻め込まれたとき蓄えがないと負けてしまうのです。

国防に必要なものを他国に遠慮して守れないなんてのはナンセンスです。




パンデミック?の話題を
2008年12月07日 (日) | 編集 |
パンデミックでよかったか?なんかインフルエンザウイルスの爆発で世界中で大勢死ぬということをTVの番組でいくつか見た。

そんな中、たかじんのそこまで言って委員会で、今現在鳥インフルエンザは減ってきている。
神経質になっているのは日本だけだ。ということらしい。

去年はやった鳥インフルエンザのものについてはワクチンは作られているらしいしA型に関してはタミフルが効くという。

まぁ、TVの番組作りに丁度いい話題であるということらしい。
1世紀に3~4回こういったウイルスによる病気の爆発をパンデミックというらしいが、そんないつくるかもしれないことに恐怖していてもしかたがないだろうw。

と、思っていたら夜にそんな番組をやっていたw。

勿論、見てないす。

大麻って結局なんなのかしら?
2008年12月07日 (日) | 編集 |
昨日チャンネルを変えている最中に目に留まったのが 大麻の常習性についての話でした。

オランダでは全く規制がないという話ですし、アメリカの調査機関では 酒やタバコよりも常習性が低いという結果がでているそうです。

大麻は気持ちよくなって暴れだしたりする人がいないの?って疑問が沸くんですが そうしたらオランダなどではそういう事件が頻発していそうですが そういうこともないという。

では、なぜ禁止なんだろうということで ある一人がアメリカが作った法律にでてきたもので その理由は麻を日本で産業として発展させたくないという目論見で作られたという・・・。
本当か嘘かはわかりませんけどね。

おいらは当然やったこともないので 大麻の何がいいのかもわからないし 逆に酒やタバコよりも害のないものであれば 何故規制の対象になっているのかも不思議ですなぁ・・・・・・・。


こうやって考えてみると 今の法律 内容もすべてもう一回見直してみるのもいいかもしれないですね。

麻生さんが嫌いだからかもしれないが
2008年12月06日 (土) | 編集 |
サボタージュといわれての答えが、参議院での民主党の行動とどっちを国民が考えるのかというような発言をしてましたが、よくもまぁ自分に都合のいいことばかりかんがえられるなぁと思えてなりませんわ。

都合のいいように言葉遊びをしているとしか思えない発言、迅速にといったと思えば2次補正予算案の提出は先送りなど 延命措置に他ならないと思います。
自民党が有利になるまで選挙ができないのなら このまま任期一杯になるまで選挙ができないだろうし、その前に支持率は下がり続けることだろう。


おいらは、今一番の問題はタバコ税の議論なんだから・・・。
マスコミも増税やむなしみたいな報道せずにしっかり与党の政策のなさを伝えて欲しいもんです。

ちなみに当然ですが、自民、公明、民主党にメールでタバコ税増税反対のメールいれてやったぜ!

東金の事件の報道について
2008年12月06日 (土) | 編集 |
犯人であるだろうとは思いますが、容疑者の段階で 事件後のインタビューに映っている映像を放送したりすることってどうなんでしょう・・・。

万が一、違ったとしたら 取り返しがつかないことと認識しているんでしょうかねぇ。

以前四国だかで祖母と子供が殺された事件で、父親が容疑者ではないかというようなことを言った番組までありましたが、結局親戚のひとでした。
そのときの父親の気持ちをどう考えているんだろう?

容疑者の肩を持つわけではないけれど、容疑者の段階でこういう報道の仕方ってマスコミのするべきことなのかと考えてしまいます。

事件について報道することは、問題がないでしょうが 成人のため名前もでていますし 顔も報道されているわけです。
マスコミは一部で庶民の味方面している反面、こういう事件では犯人と断定されてない状態でこういう報道をするわけです。

未成年の実名報道など議論するべきこともたくさんありますが、こういうことももっと議論するべきだと思いますね。

またまたタバコ税の話題が
2008年12月05日 (金) | 編集 |
出てきたようですね。

先日、自民党の議員さんがすぐにはないと言ってたんですが やはりやることがなくてタバコに持ってきたようですね。

一両日中に決まるようですが、まったく自民党が政権を握っている場合にはこの話題は消えないということなんだろう。

ついでに言えば、マスコミの取り上げ方も 淡々と伝えているつもりだろうが どうにも肯定的に聞こえてしまうのです^^;。

さっさと政権交代すればこういう話題もなくなるのではないかと思ってしまいますね。

麻生政権が選挙をしないためにタバコ税があがれば これはもう麻生さんの責任だと思います。

今からさっそく自民党にメールしなくちゃ・・・・!

なんだかなぁ、景気が悪くなると救われるのは企業ばかり
2008年12月04日 (木) | 編集 |
契約の打ち切りって話題がたくさん出ていますね。

契約社員は契約を結んでも結局不景気になると途中で破棄されるわけですね^^;。

本来、労働基準法などで守られているはずなんでしょうが 派遣社員などはその契約も派遣会社と結んでいるのか 派遣先と結んでいるのか 判りにくかったりするし 結局泣き寝入りになってしまうのか・・・。

IBMなどでも社員がリストラされるというような話題がでていますね。
中には24時間だか48時間以内に止めれば支援金?をだすが、そうでなければ解雇みたいに言われたって話もでてました。
これは、明らかに不当解雇になるでしょうが 会社側はうまく言葉を選んで逃げているようです。

それにしても、ニュースなどで会社を守ることが必要で仕方ない部分があると言ってるコメンティターもいましたが、そんなのはおかしいと思いますね。

急に不景気になったみたいに言われますが、実際はその予兆はずっと前からあったわけで ここに至るまで何も出来なかった経営陣の責任は問われるべきだと思うし、もっと法律で会社でなく個人を守るべきだと思います。

保育園が急遽廃園になったのでも 経営会社の本業がうまく行かなくなったために廃園におちいったというのもありましたね。

共通しているのは、経営陣がほとんど猶予なしに契約の破棄や廃園を決め 周りの従業員や園児の家族、職員に迷惑をかけていること・・・。
弱者イジメの構図なんですね。

日本の法律はどうにも会社優先の傾向が強いんですが、政治がこういうことを改めていかないと大きな不況のたびにこういう弱者が痛めつけられるんですよね。

そうそう、内定の取り消しなんてのもありますね。

こういう企業は上場取り消しなど 処分をするべきです。

車関係は派遣社員を切り捨てる元凶です。
ホンダだかの社長がインタビューで今後もっと増えるかもしれないといっていたが、トップが公にそういう行為をしていると言えるようじゃ会社組織はいいだろうが、働く人間はたまったものじゃないと思います。
こういう会社側の立場がまかり通るのはおかしいことだろうし 弱者を守る法律が作られるべきだろう。
これも小泉内閣の規制緩和が及ぼした影響の一つなんだろうと思う。

こういう状況で公的資金が守るのはやっぱり会社なわけで、その会社は必要ならリストラをどんどんやるのだろう・・・。

いっそのこと資金投入などしないで企業に責任を取らせるべきなんじゃないだろうかと思う。

矛盾だらけの政治だよねぇ
2008年12月03日 (水) | 編集 |
麻生政権が来年度の予算を考えていますが、これってどうなの?って思いますねぇ。

なんせほぼ沈没しかけている船が今後を考えるっての これが現実的なんだろうか?

しかも、自民党の幹部など いわゆる爺どもが子供や孫の世代に借金を残すような案を政府に押し付けて通してしまった格好ですよね。

どうにも自分達さえよければというような感じがします。

確かに困っている人たちの助けになる部分もあるでしょう・・・。
しかし、今までのことを考えれば一部の人たちがそこに利権をつけて偏ったものにしている現状を払拭できなければこういうことは無駄に思えてなりません。

金融政策などといっても結局 銀行が生き延びることが一番で中小企業に力を貸すということは後回しになっているのではなかろうかと思いますね。

ただでさえ、バブル崩壊で金融関係には特典があって それでも守られている中で運用の失敗など銀行が抱える負債を肩代わりするなど 本来必要のないことだと思います。

バブルによって受けた恩恵を、多少なり景気が良くなった時点で恩恵を受けた分還元していれば おいらの考えも違うかもしれないけれど、結局金融関係はいつでも守られるだけってのは納得がいきません。

いっそ、日本の金融がこのままなら外国の銀行などももっと日本に招致して戦わせるべきです。


個人的には、道路などの公共事業を減らして社会保障費に当てるべきではあるけれど 現状維持する必要はまったくないと思いますね。

ちなみに高度経済成長が終わってる今も国際社会で日本だけが多大な負担を強いられている現状で納得している外交などから変えていかなければいけないと思います。

それこそ戦争責任はいつまで続くのかなど、問題をひとつひとつ考える必要があるとも思います。
今の国連常任理事国にどうしても入らなければならない理由もないと思うなか 国連に多大な拠出をする理由もないと思うし、IMFなどにも日本だけが異常に多い拠出を続ける意味があるのかももっと議論する必要があると思います。

国の威信のために国民がどんどん借金を重ねる必要があるんだろうか?

政治家にはよく考えていただきたいと思うのですが・・・。

まぁ、最後の自民党総裁になるだろう麻生さんが 次の選挙でも自民政権が続くと思っているとしてもいつまでも日本が世界2位の国だなどと誇る実質がないということを認識する必要はあるとおもうのですが・・・・。