| Admin |
きょうオリンピックが終わる。
2018年02月25日 (日) | 編集 |
最終盤に思わぬメダルが二つ転がり込んできて日本にとって最高成績という言葉ばかりが目立っている気はする。

その最大の原動力がスピードスケートであり高木姉妹の活躍ってことになるんだろうね。

それもこれもスケート連盟がナショナルチームを作って活動した結果だろう。

高木妹の潜在能力が開花するとともに世界的な選手になった妹と常に一緒にいることのすごさがでたのが正に最後のマススタートに現れたとおいらは思っている。
パシュートの練習でどこの誰よりもうまい風よけの使い方を知った姉はオランダ選手を徹底マークし利用しまくり一瞬のスキをついて戦闘を駆け抜けた。
そこに出たパワーも普段一緒に練習する妹の存在があるからこそ老いていかれることなくついて行けたのではないかとさえ思う。
つまりは何から何までもナショナルチームで得た経験を無駄にしなかったということだと思う。

ただでさえ少ない金メダルが今回たくさん生まれたわけで女子では初めての金メダルというのに高木姉をその大会で結果的に2個獲得してしまったのだw。
これは最初の金を取った小平やパシュートの時点で金銀銅とそろえた妹さえも霞む結果だろう。

とはいえ、姉がもっているものってのはだれがどう見たって小平や妹が持つものよりは劣っているとしか思えないのも事実だろう。

半面、ほかの人が持てない高木妹の姉ということを最大限に利用し努力した結果でもあるだろう。
個人種目で結果が出ない中チームで磨いた努力が増すスタートという種目で最大限に生きた結果が2個目の金だということは誰もが理解できるものだと思うし、こういう結果の出方は関係者にとって一番うれしいものかもしれないと思う。

チームの一員に徹した結果、自身のプラスになったご褒美の金メダルだからである。

そして女子のカーリング!
どうにも緊張感の薄い感じもありつつ試合終盤に劇的なドラマを生み出し続けた結果、最後の最後に最高のドラマが起こりメダルを手にした。

カーリングはそのゲーム性もあり長野以来人気はある程度確保しつつだったが今回最高のブレークを果たした感さえある。

まぁつっても冬季オリンピックだからねぇ。

納得できないことは普通に起こるw。
ジャンプではどうも日本人にはいい風は来なかった。
海外の超一流にもいい風はなかったかもしれないがやっぱり皆がいい条件で戦うのが見たいわけで そういう意味では風に問題がある今回のオリンピックは残念で仕方がないのだ。

ショートトラックは相変わらず気持ちが悪いw。
わけのわからない審議w。

カーリングでも普段は行わないという途中での石磨きがあった。

最終版のスノーボードクロスでも話題にさえあまりなっていないが韓国選手が謎の上位入賞。
準決勝で後着にしか見えないものが先着扱いでの銀メダル獲得w。
写真判定用の写真でもどうみても相手が勝っているのに掲示板では韓国選手がかってるんだよね。

かまわんけどw。

ショートトラックで中国選手がかわいそうだったが、次は北京だ。
やられたらやり返すでいいと思うぞ、中国はw。

それだけじゃない、政治の世界でも韓国いじめをすればいいのだ。

本来政治とスポーツは別物だが、スポーツの政治利用ってのは韓国こそがお家芸なのだから中国は韓国の舞台に上がればいいだけのこと。

いやぁオリンピックが終わってほんの1,2か月で面白いものが見えるかもしれない。
スポンサーサイト

ライガーの湯豆腐
2018年02月23日 (金) | 編集 |
うまそう・・・・。

ある有名人の湯豆腐ということで見ていると どうやら見た記憶がある建物が映っていた。

見た瞬間に
あれ?ここって 他局のリフォーム番組でやってたとこじゃん?と。

どうやらファンの間ではこの湯豆腐有名なのかもしれんが おいらは初めて知った。

若干手間がかかるのと一人で食べるのにどこまでやるのか?という最大の問題があるわけだw。


ちなみにおいらは冬の時期にはトマトシチューとホワイトシチューは定番であり作れば3日は同じメニューが続くw。

この冬の新メニューはすき焼きもどきと肉豆腐もどきだ。

材料はほぼ同じだが豆腐が入るか入らないかという大きな違いがある。

ああ、忘れていたがトン汁も大定番だ。

これらも同様に作れば3日は同じメニューである。

湯豆腐はさすがに3日は続けられないだろうw。

ちなみにトン汁の派生形はけんちん汁が存在している。

豚肉を鶏肉に変えみそ味を醤油味に変える。

ちなみにおいらの料理で重宝するのがカット野菜である。

カレー用のジャガイモとニンジンを向いたものは便利だが結構高価なのだ。

そこでおいらは業務用を扱っている店でジャガイモだけをカットし冷凍で売っているものを徴用している。
普通に丸のままを買えば圧倒的に安いのだが、なんせ一人用だし手間が惜しいw。

ちなみに好きな食材はあるw。

最近のブームは水菜なんだがシチュー系が続いたのと牛肉ブームのせいで使い道がなかった。

けんちん汁を作る時が来たのかもしれない。。。。。。

めぐり合わせなのか…
2018年02月23日 (金) | 編集 |
オリンピックの女子フィギュアを見た。

圧倒的だったメドベージェワが銀で15歳のザギトワが金メダルを獲得した。

日本の二人は大健闘の4位と6位である。
宮原に至ってはメダルに手が届くかも?と期待すらさせる内容だったのは素直にうれしい。

それにしてもだ、ザギトワがあと2か月遅く生まれていればメドベージェワは金メダル確実で大きな勲章を手にしていたはずだ。

同時においらは浅田真央選手を思い出していた。

年齢制限でオリンピックに出れなかった年は出ていれば確実といわれる中不出場になり、その後は出場するも結局金メダルには手が届かなかった。
それでも浅田真央選手が世界選手権を勝ち偉大な選手であることは誰もが信じて疑わない事実(韓国人は除くだがw)に変わりはない。
常にジャンプの最高難度であるトリプルアクセルにこだわり飛び続けたわけで彼女なら飛ばなくても戦えるはずなんだが 彼女のアイデンティティーであるアクセルを飛ばないという選択肢を持っていなかったのだ。

ソチで金メダルを取ったソトニコワやその直後に日本でもブレークしたリプニツカヤなどが今回はどこにも出てこないほどにロシアの選手層の厚さには驚かされる。

ちなみに何が言いたいかといえば、ソチでメダルを取った人たちが次のオリンピックに出れない国がロシアなわけよ。
最強と言われたメデベージェワが次の北京に出れる保証もなくこれほどの選手がもしかすると浅田選手同様にオリンピックの金メダルとは無縁で終わる可能性というものを感じてしまうんだよね。

一方で改めて長年にわたり第一線で活躍をつづけた浅田真央選手の偉大さがわかることな気がする。
コストナーなど長年出続け結果も出している選手はいるが浅田選手の実績ってのはちょっと抜けているように感じる。

バンクーバーで何度の低いジャンプの完成度を重視したオリンピックが難度の高い演技を求めるようになったのは浅田選手による部分は小さくはないだろう。

ちなみにおいらはフィギュアといえばこのサイトを見ると決めているサイトがある。

非常にわかりやすく解説をしてくれるしなるほどといつも納得をさせられる。
普段は旅行などを書いているが本当に品がよく人柄がいいのが見受けられるところだ。

きょうの結果についての記事とエキシビジョンの記事を早く見たいと思っている。。。。

もうすぐ・・・
2018年02月21日 (水) | 編集 |
オリンピックも終盤に入っている。

おいらは冬季オリンピックはあまり興味がない。

前にも書いているが不可解な判定を何度も見てきているからだ。

特に某国のお家芸ともいえるショートトラックでの判定だ。

今回も日本人の失格もあるし何より本当か?と思えるぐらい中国選手に厳しい判定の連続がある。

3000mリレーでも韓国が優勝したわけだが韓国は引き継ぎに問題があった可能性と最後に妨害をした可能性があったわけで審議の結果はなぜか問題なさげの中国が失格し決勝にすら進出できなかったオランダが銅メダルを獲得するという・・・。

確かに韓国選手が2位でゴールしたが失格したことはあったがその結果がショートトラック審判団への脅迫ともいえるような行為であり選手に至っては殺害予告らしいものまで出たらしい。

つくづくあの国らしいわけだが、負ければ他者のせいであり勝てば何をしてもいいぐらいなのである。

ついでに恐ろしいことにいつものように民族的に流れに迎合するという・・・。


今回は風の影響等で日本にとって必ずしもいいものではなかったが 日本は過去最高の結果を出している。

個人的には何よりも中国の気持ちを考えるとかわいそうでならない。


もっとも、オリンピックが終わった後になくことになるのは間違いなく韓国だろうことは予測がつく。

何事もないようなカーリングでも大会の途中で謎のストーン磨きなどで多くのチームが戸惑ったらしいこともある。
個人的にはアジアNO1の中国が振るわない理由も韓国開催にあるように思えてならない。

まぁおかげでカーリングで思わぬ楽しみになっていることは個人的にはプラスだが果たしてこれでいいのかは疑問だ。
日本女子もストーン磨きの影響でカナダ戦はボロボロだったrしい。

まぁオリンピックが終わってからが多方面で本当にみるべきもの、こと がやってくるのだろう。

羽生選手を見ていると・・・
2018年02月19日 (月) | 編集 |
ミッツ・マングローブがスケートをしているような気がしてならないw。

羽生選手が神対応なのは普通にわかっているのだが、その仕草はいちいちおいらの目には演歌歌手のそれに見えてしまうのだ。

カメラに向かって声を出さずに有難うございましたという姿などは演歌歌手が歌い終わった姿そのままだろw。

羽生選手を貶すつもりはまったくないぞw。

あべさだお主演の時代劇映画で羽生はお殿様役で出演していたわけだがなかなかの演技っぷりだったわけで、天性の役者なんだろうと思うわ。

まぁ羽生選手は少しでも早くプロになったhぷが儲かるんだろうけど、スケート連盟が離さないだろうなw。

個人的にはあっけらかんとしている宇野選手のほうに好感を持ってはいるが・・・。