| Admin |
解散総選挙についてメディアでは
2017年09月22日 (金) | 編集 |
大義がどうとか森加計隠しだなどというように報道しているようですが、やっぱりおかしいと思うわ。

そもそも国民の理解が得られていないなどという声があるが その大きな要因がメディアの偏向報道のせいだろう。
加計学園について国会答弁までしたが結局のところメディアが加戸氏の話などしっかりとした背景が語られているのを隠し続け報道しないことが国民の理解が得られていないなどという大きな原因だろ。

ネットでその辺のことを知っている人ならばこの問題で疑惑などないということはハッキリしているだろう。
森友問題も結局のところただ一つあの価格の適合性に尽きるわけだが、メディアはどうあっても近隣の土地との比較などはしないであの土地だけに焦点を当てたいのだろう。
まぁそれもこれも憲法改正主義の安倍総理への反発からだろうけれど。。。

近隣の土地がもっと安く売却されていることに焦点さえ充てればあの土地だけの問題ではないと気が付くはずであり すべてが安倍おろしの意ページにされているだけのことでしかないのだ。

要は安倍自民党に対するヘイトをメディアがこぞってしているとしか思えないわけだ。

こういう報道についてつくづく思うのが今のニュースやワイドショーがテレビ側もしくは新聞側が一方的な形で伝えるからだろう。
単純に生放送で質問をできる形になれば多くの事柄が変わるとおいらは思うわけよ。

今後もし放送免許がオークション制にでもなり今と違うオーナーの元で報道が行われるようならば(まぁ主にワイドショーや報道番組かな)では双方向で話ができるようにするべきでぜひそうやってもらいたいものだと思う。
もっとも、こういうケースで行動に移すことは所謂左チームのほうが得意とするところであるのが心配ではあるのだが。。。。

ともあれ、いまの安倍政権への批判の多くはメディアが野党と一緒になって作り出していることであるということは疑いようもないことだ。

もし総理が解散について発言をするならトランプ大統領のフェイクニュースではないがメディアが偏っていることなど堂々と言えばいいのにと思うわ。
まぁそうなってもメディアは都合の悪い部分は隠し彼らの都合のいいように編集して報道することだろう。
スポンサーサイト

サウジ戦については・・
2017年09月06日 (水) | 編集 |
言いたいことが多すぎて整理がつかないw。

したがっていつか詳しく書くと思う。

だが、予想通りオーストラリア戦の時に手のひらを返した輩はまた手のひらを返しているように思うw。

記事に書き込むような奴の多くは批判するのが大好きな人で 書かずにはいられないんだと思っている。
選手は常に勝ちたいと思っているがメンタルにフィジカル、その他を含めたコンディションが整わないといい試合を維持するのは難しいだけだ。

ちなみに普段組まない人間でプレーするのはハッキリとハンデだとおいらは思う。

加えてオーストラリア戦で成功例を見て感じた後には特にこの試合で感じた違和感は選手には大きかったに違いない。


一方で試合を見る側は成功例だけが頭にの追っているからうまくいかなければ其れなりに叩くのだろう。

おいらは常に思うのはうまくいったら選手が偉いのであり失敗すれば監督が悪いのだということ。

どういう状態であってもうまくいくだけの選手を用意することが監督の一番の役割だと思うからね。

そのために監督は多くの選手を呼びまたその中からベンチに入れる。

先発11人、交代枠3人と出場できる選手はわずかに14人まででありずっとベンチのいる選手が多いのだ。

ハリルはどうもそこのところをうまく使っていない気がしてならない。


が、そんなことよりも出場を決め浮かれている人たちのほうが気になるw。

WOWOWの池井戸ドラマ
2017年09月03日 (日) | 編集 |
今日の放送で池井戸作品の アキラとあきら が終わる。

おいらの感想はwowowで見てきた池井戸作品の中で一番気に入らないものになったかもしれない。

まぁ理由は行くか考えられるがこの作品だけがおいらが原作を先に見てしまってからドラマを見たからかもしれない。

ちなみにだが、wowowは多くの自主製作のドラマをやっているがおいらはほとんど見ていない。
真剣に見れば面白いものはあると思う。

また、今回の池井戸作品も見方を変えれば面白いかもしれないのだが。

その見方というのが、今まで見たものは過去に放映されたものを一気に見ているのが大きな違いだろう。
今回は一話一話(厳密には2話目の時に1,2話を一緒に見てから)時間を空けてみているということだ。

正直、今のドラマの多くが1話ずつ見ると展開がわかりづらく見るのに忍耐を要する気がするのだ。

もしかすると、今回の話も通しで見れば面白いと思えるかもしれないが、いまのところその予定はない。(一応録画はしてある)

一方、同じwowowのテレビドラマでも通常放送では間隔をあけるわけだがアメリカのドラマなどは再放送的なものは数話づつ一気に放送することがある。
これにより話の流れをある程度つかみ1話ごとのぶつ切れ感がなくなるってことがある。
その結果アメリカのテレビドラマにほとんど興味がなかったおいらが見ることに至ったものがある。

最初が暴走~ZOOってやつだった。
このシーズンいくつか知らんがおそらくは最終シーズン。

そして今まさに見ているのがエージェントシールドのシーズン4である。

まぁ日本のwowow制作のドラマも同様に一気見っていうことでやってることはやってるが個人的にはなかなか見るに至るチャンスがない。
アメリカのドラマも数あるなかでたまたま見てしまった結果でしかないからだな。

アメリカのテレビドラマはシーズンを重ねるのが今や一般的なのだろう。

結構前だが最初に見たのがHerosの1stシーズンだが、レンタルビデオ店で借りて一気に見た。
その関係で最近シーズン2も全部見た。
テレビにそれに出ていた日本人女優カタナガール役の子が出ていたのが結構前なので当然のごとく一気見である。

ある意味わかりやすく言えば一気見できなければなかなか見れる代物ではない気がする。

今見ているエージェントシールドも佳境に近づいてきているが内容はといえばオムニバス的要素が強くなり正直言えば岩だけを見るのが合つらい状況になっていると思う。つまり話の展開が飛び散っているので前回とのつながりが非常にわかりづらいので。
ある意味そういうものを補っているのが複数話を一気に見せることなんだと個人的に思う。

同時に感じるのがおいらが見た中である意味見やすかったのが池井戸作品である 花咲舞が~である。
このドラマはある意味1話完結がいくつか集まったものなのでたとえば見逃しても全く問題がなく見逃したものを後で見ても不自然を感じない展開で見れる。

おいらがなぜwowowの番組他テレビドラマに魅力を感じないかといえば おそらくは今のレンタルビデオの普及も一つの理由だろうね。
つまりは一気見が根付いてしまったのだ。
一度一気見を経験してしまうと時間を空けてみることが苦痛になってしまう気がする。
そう考えるとみるチャンス(一気見できる条件があるとき)に見ればいいやという考え方が不通にできてしまう気がするんだ。

実際、テレビ局側もこういったドラマを映像コンテンツとして販売、レンタル品として提供しているわけで見たい時に一気に見ると思えば何も一週間ごとに1話を待つことはないと感じるんじゃないだろうかね。

まぁおいらも昨日はというか作番から明け方までだがテレビアニメを一気見している。
異世界食堂という番組だ。

という風に今テレビのドラマが視聴率をとれない大きな理由の一つとして今の視聴方法のかったるさが原因だろうね。

ちなみにアキラとあきらの不満は原作とかけ離れた設定だな。

まず出てくる額が現代でのインパクトを考えたのだろうけど大きくなっている。
また、関係性が変わっているのも大きく違う点だろう。
途中でかかわりその後最後まで出てこない人が結構頻繁に登場している。
などなど。

最後も本来ひとひねり二ひねりしてあるのが省略されている。
もうひとつ大きく違う部分で役者の影響かもしれんが状況すら変わっている。

まぁこれまでも男女が変わっていたり色々とあったわけだからこれだけが特殊というわけでもない。

まぁ今後もできれば一気見するチャンスを多く持ってほしいと思うわ。

wowow事態は結構一気見できrチャンスは多いわけで地上波ではできない見方を提案してくれていると思う。

個人的には見るきっかけがなかなかないわけで それは単に自分の好みに合致するしない以前においらのテレビの見方が特殊なんだと思う。



やはり・・・
2017年09月03日 (日) | 編集 |
新聞のウェブ版で某文春砲といわれる記事を受けた有名人の記事が出ていた。

文春砲といわれる内容を端折ると音楽の発表会で指揮をしていたトランペット奏者の日野照正氏が中学生がソロを順番にしだしたときにドラムの子が演奏をやめなかったための駆け寄りスティックを取り上げそれでもやめなかったために往復ビンタをして静止したというもの。
父兄の中からも批判する声が出ているとも書かれていた。

いかしネットではその後、父親もあれはうちの子が悪いという話をし、殴られた当人も私が悪かったという話に加え父兄の話も話の一部だけが切り取られたなどというのが出てきており、逆に日野氏は悪くないという声が高まっていた。

実際にこの様子は映像として出ているのだが、文春のホームページに出ている部分は日野氏が駆け寄るシーンの直前からになっておりもう少し前から回していればまず、離れた位置からやめるように促す様子なども映っているというのだ。 

そして、ドラムの暴走にほかの演者も戸惑い演奏をやめるものまでいたらしいことも書かれている。

こうした話に対し単に暴力がダメという視点から日野氏をを批判する声があるのが今の日本の危機なのだと個人的に思うわ。

文春が挙げた動画を見てもわかるが、駆け寄った日野氏はまず声をかけそれでも演奏をやめない子供のスティックを取り上げている。そうすると子供は自分の手でドラムをたたきだしたわけで位置に戻りかけた日野氏は改めて子供に向かい声をかけているがそれでも止まらなそうな子供に対しビンタをしたわけだ。

ビンタをされた子供と日野氏だけを考えればいろいろと議論の余地はあるのかもしれないが それでも個人的には日野氏は正しいと思うし、それにもましておそらくビンタをされた子供も含めて何度も練習をしていたのだろうことを考えればびんたをされた子供以外の子供たちの晴れの舞台である発表会ということも考えるべきだと思う。
暴走した子供のためにその他の子供のことはどうでもいいのか?という話である。

おいらはこうした話を載せるのであれば違う意見も載せるべきだと思う。

芸能人などは話題を取り上げ自分たちを取り上げてもらえば目的は達するのだろうがそれでは本当に正しいことはわからない気がする。
メディアには報道しない自由なるものについて今言われているわけでメディアによって作られることの害についても考えるべきだと思うな。
この件、おいらは日野氏は正しいと思うわけだが そうではないという人がいたってそれはそれで問題はないとも思うが、こういうのって一方の話だけが露出することで議論されなくなることには大いに問題を感じるのだ。

いまどきって加害者の人権っていうのを盛んに言う人がいる一方でそれでは被害者の思いはどうなるのかという声も多数あるはずで一方の声だけが大きく取り上げられることこそが一番の問題だと思う。

まぁ基本はこういうのは無視をするんだが取り柄げられた芸能人の中に爆笑問題の太田がおり日野市は大した人じゃないなどといったらしいことが引っ掛かったのである。
こういう話に飛びつく人間が多いことをかあれは知っていてある意味炎上商法でよく口を出すのだから こいつ自身もたいしたげいにんどころか人間でもないのである。
自分が直接かかわる大物には媚びを売るだけの人間でしかない。

なんかもうね
2017年09月02日 (土) | 編集 |
予想はしていたがもはやハリルは良い監督だったてきな流れになっているのが怖い。

進退を濁したのが一変続けると自ら明かしたのに加え、選手の起用に圧力があったなどというのも もはや言いたい放題だ。
海外のメディアも選手起用をほめているから始末に悪い。

何度も書くが、おいら的にはだれが出てもそん色ない結果を出せたと思っている。

変わるべき選手はハリルと違ったが井手口は絶対にこの試合で使うべき選手だということは書いていたと思う。
唯一、外す条件が柴崎の先発時だけだと。
加えておいらには柴崎がスペインでの代表ウィーク前の試合で疲れているように見えていたわけだ。
(もっとも、スペインのメディアなどでも好調だといわれていたけどな)

おいらには好調だとしても疲れを見せていなければ最初の交代枠にはなっていなかったと思うんだよな。
(まぁ戦術的な交代という線はあるけど、活躍している選手を最初に変えることはほとんどないだろう)

ちなみに、いくら世間やメディアがロシア行きを決めたハリルを持ち上げようが彼の選手の使い方はハッキリ言って不満なのである。
毎回書くが、FKをける選手を用意しておかない布陣は納得できないのである。
また、ここは賛否両論あると思うが彼はCF以外は基本的に走れる選手を好む傾向が強いと思っていて、これがおいらとは違う考えなんだよな。
いや、走れることはおいらもそのほうが好みなんだが、サイドの選手はサイドの仕事はできるが真ん中の選手は仲もサイドもできるという考えがおいらにはあることが大きな違いだろうね。
したがっておいらには原口を中で使うという発想はない。

オーストラリア戦でもハリルは乾を使ったがおいらなら原口を使っただろう。
乾は好調で使ってほしい選手ではあるが体力的に原口が勝っているだろうというのがおいらの考えであるからだ。
まぁ乾はできることをやり責任は果たしたと思うけどな。

浅野も俺なら使わない。
結果的に浅野は点を取ったが、それは出場できたからでほかの選手なら取れなかったということでもない。
浅野は人から見ればそこしかいいところがないなどという声もあるようだが、積極的に守備をしたわけでマンツーマンでボールを奪う場面などもあり仕事はしたと思う。

井手口にしても結果的にMOMにふさわしい仕事はしたがおいらの推奨はもうひとつ後ろのポジションだったわけですね。
じゃあそこにだれが入るのかといえば香川だったり柴崎、小林など候補はいる。

何度も書くが基本的にあの試合に臨む姿を考えれば誰がでていても同様の結果が出た!とおいらは思っている。

したがって、ハリルを持ち上げるのは違うでしょというだけだ。

総当たりで戦うなかでハリルの選手起用が当たったってのはおそらくはこの試合だけだ。
交代で入れた選手が点を取ったことはあったが、そういうのは大きな問題ではなく じゃあその試合で先発した選手選考に問題はなかったのか?というところまで考えたらおいらには最善だとはけっしえ思えないのだ。

さきほどBSで初戦を落とした後のホームでのイラク戦をやっていた。
結果は後半ロスタイムで交代で入っていた山口のゴールが決勝点となり2-1で勝ったわけだ。
しかし、この試合もFKをける選手がいなかったし そもそもそこまで苦戦したのはチャンスを決めきれなかっただけである。
おいらは本田が決めていればこの試合もっと簡単だったと思っている。
本田が悪いということでもない。違う選手が出ていれば違う反応があっただろうと思うだけのことである。
山口はそれから使われるようになっていった。

それが悪いということでもない。
FKをける選手にこだわらないのがハリルであったわけでおいらは拘るべきだという点が最初から違うのだから仕方がないのだ。
サイドの選手を中で使う発想も同様である。そもそもが違うのだ。
おいらならサイドの選手を中で使うより中の選手に走れというだろう。

まぁそういうわけでワールドカップ行きを決めたからと言っておいらにはハリルを肯定する気にはなれないわけだ。

ただ、これはまだ予選の段階でしかなく本番までに改善されるかもしれないことは承知している。
本番に向けより武器は欲しいわけで選手も変わるかもしれないしハリルも変わるかもしれないのだから。。。

おいらは結果が出たときに手の平を返すことは嫌いだし、そういう風にサッカーは見ていない。
いつも書くことだが勝てば選手が偉いのであり負ければ監督が悪いのである。
おいらはそう思ってサッカーを見ている。
選手は負けるつもりで試合に臨んでいないのだから。