| Admin |
喫煙の話・・・
2017年02月15日 (水) | 編集 |
施設内を全面禁煙にする法案を通したい政府。

個人的にこれって個人の権利を奪うものに等しい行為だと思う。

健康促進法の一環で商業施設内での禁煙を義務付けるというのが法案の内容のようだが、ここには飲食店の考え方は一切入ることがない措置である。

これが実施されれば当然いわゆる飲み屋さんも対象になりうるわけだから飲食店にも大きな負担が強いられるようになるだろう。
場合によっては一気に飲食店の需要が減り家飲みが増えることになるかもしれない。
まぁ個人的には酒は基本飲まないので大きな影響はないのだが・・。
飲食店を経営する喫煙者の経営者は大いに反対するだろうし、酒飲みの喫煙者も大いに反対することだろう。

まぁ個人的には自分家と自家用車の中で喫煙すればいいことだから大きな問題とは感じないが、そんなことよりも国が率先して喫煙を排除しようとしている様が大いに問題であるように感じる。

もし受動喫煙をなくすことを考えるなら喫煙を国の法律で禁止すればいいのである。
そうでなければ喫煙は国から認められた権利ということになる。
もちろん、タバコには多くの税金がかけられているわけだ。
たかがタバコにかかる税金などタバコが関係する医療費に比べれば税金を払っているといったってまったく意味がないのだという意見もあるかもしれないが、ではなぜ飲酒は規制が緩いのだ?

喫煙と同様に飲酒にも大きな医療への問題があることはわかっているはずだ。

喫煙がガンの元なら飲酒も同様だし、喫煙に関して言われる中で普通の大気中の問題については多くは語られていないことも問題だろう。
光化学スモッグなどが問題視されていたころなら大気中の有害物質についても議論されただろうが今現在は喫煙だけが悪者に仕立てられているように思う。
おいらだって自分が成人病のデパートのごとくになっている原因の中には喫煙があることはわかってはいるが、決してそれだけが原因だとは思っていない。
なぜなら、喫煙者であっても長生きする人もいるからだ。

酒もタバコもやらなくたって短命の人もいるのである。

健康のことは取り合えず置いておいても、実際に憲法等で認められている権利を侵害している可能性は個人的には高いと思う。

国主導で法律にするならば一方にある自由を選べない問題は必ず起こるとおいらは思っている。
喫煙が認められている行為である以上、飲食店を経営する人たち及び喫煙者にも選ぶ権利はある!とおいらは思う。

先日、カフェに関する記事を見た。
海外から来たカフェよりもドトールコーヒーのほうが好感度?が高いというものである。
その理由の一つには価格的な問題もあるだろうが、もう一つ大きな違いがあるようで それが全面禁煙であるか同課の違いらしい。ドトールはおそらくは分煙なのだろう、喫煙ができるという話なのである。

また、ブラックといわれるワタミはいち早く全面禁煙の居酒屋をオープンさせていたらしいが成功はしなかったようだ。

理由は喫煙者がいかなくなると同時に喫煙者を含むグループでの利用が減ったからだろう。

つまり、商業面でのリスクが伴うのである。

もし、政府が飲食店の全面禁煙を主導するのなら 個人的には国として喫煙を禁止しろよ!と思うわ。


スポンサーサイト

今日見た 途方もない夢w
2017年01月27日 (金) | 編集 |
まぁ今朝とでもいいましょうか、布団の中で目も明かないまま頭の中で考えたというか見たというか 夢があるんです。

サッカー関係なんですけどね。

日本には宝ともいうべきMFがたくさんいたというかいるというか そういう国だと思うんですよ。

個人的には特に2006年世代と言いますか、その世代が今のJリーグを引っ張ってきたという思いがありまして その人たちにいろいろと聞いてみたかったりしてもらったらどれほど面白いか非常に興味があるわけです。

ちなみに、その選手ってのが中村俊輔、遠藤、中村憲剛、小野伸二、小笠原を集めていろいろとやってみたいんですよね。
本当は中田英寿も入れたいんですけど、彼はサッカーをあまり見ないらしいしちょっと入れても意味ないかと思いぬきましたw。

個人的には名波や藤田なんて選手も興味はあるんですが若干彼らは解説などを聞いたりしてなんとなく透けて見えるものがあったりするんで敢えて入れなくてもいいかwとなりました。


ちなみに企画はいくつかありまして

1、自分のベストゲームを解説するというもの。
2、個別に解説者としてゲームを解説してほしいというもの。
3、全員集まって一つの試合をワイワイガヤガヤ解説するというもの
4、全員が中学生ぐらいのチームをそれぞれ短期間指導してもらって対戦するというもの
5、個人的には究極に興味があるものだが、2006年のワールドカップに当時の選手を自分勝手に集めてチームを作ってもらうと  
うもの

彼らって今も現役なわけだし、それぞれがチームの中心になったまま人によっては個別に解説をするという企画などで楽しませてくれることもあるけれど 正直それが現状の解説者などよりもずっと面白かったりするわけですよ。
だったらどうせなら彼らそれぞれのものを聞いてみたいと思いませんか?
ついでに、全員そろったときはどういう化学反応が起きるかも見てみたいというわけです。
付け加えておくと、ある選手は寡黙だと有名なわけですから解説よりも指導者に向いているかもしれないかとっていう意味でわざわざ別にチームの指導当面も見てみたいなと・・。

そしてそれぞれに思いのあるであろう2006年のジーコジャパン。。。。
中心にいた選手に自分にとっての日本代表を選んでもらったらジーコとどう違ったのか非常に興味があるわけです。

おいらは基本的に時代が変わっていけばより新しい選手のほうが技術は伸びると思っているんですが、彼らは時代が変わっても現役でチームの中心にいる選手です。
テクニックなども変わらぬものがあったりする半面、新しいサッカーにもアップデートしていると思い興味がつきません。

おそらく皆普通に日本代表を選んでくれると思うのですが小笠原だけは鹿島のチームをそのまま代表にしそうな気がしてなりませんw。


最後に今の選手のほうが彼らよりも活躍しているという人もいると思いますが、おいらには彼らが劣っているようには思えないんですよね。
今もついて回っていると思うのですが、コミュニケーション能力などの関係がなければ彼らだって今活躍している選手と同等以上の結果を残せたとおいらは思っています。
半面、日本選手が海外で活躍することの意味について多くの疑問も個人的にはあります。
できる!という思いもありますが、一方で世界の監督をする人にとって日本人ってのは扱いづらい面が多く起用しにくい存在に思えます。まず第一は上でも挙げたように言葉の壁であります。
次にスタイルにあります。

外国では個人の能力に重きが置かれたりして戦術に当てはまらないと考える監督がそもそも使ってくれなくなることが多いように思います。
海外の名選手ですら監督の戦術的に合わないと全く活躍できないこともあるわけで、外国人枠で厳しい環境の中、日本人が結果を出すことは非常に難しいと思いますね。
そんな中、フランスに移った酒井がゲームキャプテンに選ばれたりして信頼を得ているという記事を見たり長谷部がユーティリティーに使われその能力の高さを称賛される記事を見るにつけ、根気よく使って見極めてくれる監督の少なさを感じるし 一方で日本人の使い方に理解を示してくれる人が増えてきている気がするのです。
まあラニエリのように一時的に岡崎をうまく使ってくれたが今期は多少贅沢ができたことでぶれてしまった人もいるのでまだ当てにはできませんけどね。。。。

さてさて、上の企画どこかで一部でもいいからやってくれないかなぁ。。。。。

日刊スポーツのK氏。。。
2017年01月18日 (水) | 編集 |
この間も書いた?(書いては消しを繰り返しているのでw)かもしれないが、日刊スポーツを毎日見ているおいらだが、そこに書かれているK氏なる人物のコラムで安倍総理のフィリピン訪問での話などにイチャモンをつけている。

安倍総理は金にものを言わせている、ミサイルを売ろうとして失敗 などという内容である。

意見がそれぞれ違うのはおいらは当然だと思うといつも書いているが、事メディアが公に発表するものに関してはジャーナリストたるもの裏も取らずに無責任は発言は良くないと思っている。

でだ、K氏に関しては裏取りをしているとは到底思えず単純に安部批判ありきで作文をしているようにしか見えないのである。

ちなみにおいらは安倍総理は嫌いではないが、安倍政権が大企業よりであることを感じており全面的には支持していない。
過去記事を見てもわかるがおいらは原発に大反対であることも一応書いておく。

K氏はおいらが感じるにどうも韓国よりの支持者のようである。
慰安婦についてもどうも韓国よりの意見が多いように感じるし、今回の記事でもミサイル話もあの朝日新聞デジタルでさえ真偽はわからないとあいまいな表現をしているわけだが ミサイルはいらない発言に関してミサイルの売り込みを失敗などと持ち出している。おいらの想像だが、軍事に詳しそうな右寄りな人の意見などには日本でも足りていないミサイルを売り込む?と疑問が出ていることを考えても軍事同盟的な話をミサイルにたとえたのではないか?と思っているんだな。

普通に考えたら武器輸出に関して国内でも反対意見が多いことはメディア関係者なら知らないはずはないだろう。

また、マネに任さた外交と(この部分こそ表題になっているんだが)言っているが、確かにそういうとらえ方はあってもおかしくはないが、普通に考えて相手が一番望んでいることに踏み込めばここはお金になるんじゃね?
南沙諸島に関して日本は関心も高く相手(フィリピン)が望むものに最高の敬意をもって対応すれば経済支援という結果がでたって何の問題でもあるまい。

安倍総理は民間のトップで言ってるわけではなく日本の外交として行ったわけでドゥテルテ大統領のようにハッキリものをいう人にはハッキリ欲しいものを与えることには何の問題もないんじゃないかと思う。

おそらくはほかの支援などのはなしもしているとおもうぞ?
だからこそミサイルの話がでたのではないか?と思うわけだ。
中国対策ではアメリカを含めた連携などの話をしたが故のミサイル話だろう。

まぁ、スポーツ新聞の政治記事なわけで 目くじら立てるほど真剣に読む人もいないだろうし 実際にこの記事にコメントはない。
(まぁおいらもそうだがウェブ版でコメントするにはIDを取って書き込まねばならずそこまでして反論する意味もないわけだ)

それにしても何度も書くかもしれないが、Kという署名だけど、ジャーナリストならしっかり本名で書けよwと思うw。

ワクワクが止まらないw。
2017年01月14日 (土) | 編集 |
いあぁ、今この時期に日韓の合意である慰安婦問題に対し 韓国の市民団体が領事館の目の前に像を設置したことで大使、領事の一時帰国に加え、通貨スワップ協議の停止などが日本から発動されたわけだ。

そもそも論で、朴槿恵大統領の権限停止の時期に合わせて像は設置されたんだろうが、韓国の論調は概ね日本批判である。
まぁ韓国人なら仕方がない反応だろう。

彼らに日本人だけでなく多くの国の人に備わっている理性というものが存在しないのだから。。。。

像が設置された場所が領事館の目の前の公道でありウイーン条約に抵触している場所なことを韓国の人たちの理性では受け入れることのできないことでしかないから問題になってしまうのである。
彼らには民意のほうが法律より大事であり国際感覚などというものが理解できないのである。

まぁ日本国内でも一部の人はそういう国同士の約束ということよりも韓国人の感情のほうが大事だなどという人もコメントしていたりするが普通の日本人の感覚からはおよそ理解できない理屈で韓国を擁護しているのだ。

名前も知らない映画監督なる人はアメリカから10億もらえば原爆について文句を言わないでいられるのかという頓珍漢な表現をしている。
もちろん、本来の論点はそこではない。
上でも書いたが、肝心なことは国同士が合意したということでありもちろん日本はアメリカと原爆についての議論で合意などというものをしていない。
韓国人で慰安婦について意見がある人たちがいることは思想の自由などの観点からも止めることはできないが 日韓で合意した内容については守る義務があるということが理解できていないのだ。
そして合意もしていない突拍子もないことを例えにして勧告を擁護している人があいることは日本の中でも受け入れられず(一部の人は受け入れるんだろうがw)にいる。

また記事をさがせばワイドショー的なものでもコメンテイターが韓国が政治的にやったことではなく市民団体がやったことに対し日本が過剰反応したみたいに言った人がいたらしい。
それに対し日本は約束通りなのに対し韓国が行動を起こした結果でしかないという意見を言う人が多かった的なものがあったわけだ。

当然な話だろう。

大統領の権限停止の時期を狙って市民団体が領事館の目の前というウイーン条約を無視した場所に像を設置したことが発端なわけである。

これは明らかに日本がことを起こしたわけではない。

日本はウイーン条約という二国間だけの問題ではないことに対し、対抗措置をとっただけのことである。
加えて大使、領事の帰国以外のことについていえば、約束をしても守られないことが発覚したことによるだれとこうしょうすればいいのかわからない状態に対する措置でしかない。

本来なら韓国の代表は大統領なわけでその直接の責任者たる存在がない状況だから停止したにすぎない。
これも日本が望んだわけではなく権限停止期間中に像を設置した市民団体の行動による副産物でしかない。

まぁ個人的に言えば(というよりも一般的にだと思うが)国内の世論があってもそれを抑える力のないまま国同士の約束をしてしまう韓国という存在がそもそも日本及び世界の常識から外れているとしか言いようがないと思うんだわ。

これまでに韓国の理解できない政治というものを見知ってはいるがいつまでたっても進歩がないのである。
韓国では国民感情は法を超えるのである。
セウォル号事件では普通に企業が起こした事故に対し国が保証をすることになったり船長などの罪がある意味不当に重くなったりするのも国民感情法という法律にない秩序の影響だろう。

おそらくは反日無罪なる事柄も相手が日本なら許されるということだが、残念ながらウイーン条約は二国間のものではなく国際条約であり反日無罪は通用しないが韓国の国民感情法では通るという認識の人が多いのだろう。通りませんw。

ちなみにおいらはこの韓国に対する記事は決して嫌いではなくむしろ大好きなおかずであるが、できる限り無視したいという気持ちがある。
多くがこのことに関する記事を載せコメント数などを稼いでいるわけだ。
中には次期大統領候補の考え方などを書いている記事もあるわけだが、そういうものに対し脊髄反射したい気持ちは一杯なのだがあえて斜に構えていたいと思う。

あいつらが今どういう反応をしようが、韓国の大統領選挙は一般的に6月だという見方が多いのだ。
つまり、6月まではあいつらには公に勧告を代表する責任者がいない状態なわけで何を言おうが権限がないのである。
代行的な人はいるかもしれないが現状の死に体の政権では実行力は伴わないわけだよ。

韓国は経済的にも3月以降苦しくなるという話もあるようで、いま日本に暴言を吐いている人たちも果たしていつまで同じ姿勢でいられるかわからないと思えるのだ。

まぁこれはあくまでもだが日本政府が韓国に非常にやさしい態度をとらなければという前提でだし、アメリカが韓国にやさしくしろと日本に行ってこないとも限らないので安心はできないのだが。

ともあれ、韓国は次期大統領が6月ごろまでいない、という認識のもと(コクを代表する責任者不在で)日本に対し対応を迫れるるということになるのだ。
このことに気が付いている韓国人はおいらが考えるより少ないと思えて仕方がない。

生暖かく見守りたいと思う。

日刊スポーツのウェブ
2017年01月12日 (木) | 編集 |
おいらは新聞側理に毎日日刊スポーツのウェブ版を見ている。

大きな理由はまぁ一番の関心事がスポーツだからという単純な理由である。
(もちろんそれ以外にも必ず除くページがいくつかあるわけだが)

でも、大きな不満はあるもので社説的なものがあるのだが、これにはイニシャルの署名しかないのである。
さらにこの記事に対し意見を描くにはログインが必要なのだ。

きょうも小池氏について書かれているのだが、おいらからすれば大いなる勘違いを正々堂々と主張しているのである。

内容は小池新党が自民党の拡大でしかないと主張しているのである。

小池氏が自民党のままであるからということらしい。

小池氏が進退伺を出してはいるがそれを対応するべき人が当時の谷垣氏は入院しており人事も変わったが引き継ぎもされていないことなど自分が納得する理屈を挙げている、
東京都連にしても選挙の敗北に伴い人事が変わったことも書かれているわけだが、Kという署名の方、小池氏に対してもだが自民党という存在に対し正しく向き合えていないのだろう。
引継ぎがなかったから小池氏に対して進退伺の対応ができていないのではないことを自分に都合よく理解しているだけなのである。
そもそも組織というものが不測の事態にあったから対応できませんなどということがあり得ると思いますか?
仮にあるとすれば一般の会社などではその組織力に大いに疑問を抱く程度のものでしかないわけで一般では相手がある以上そういう理屈が通るはずもない。
単純に自民党でその処理方法がうまくできないが故でしかないだろう。

一般的に古家氏が進める透明化は政治に求められているものでありいくつかの問題を抱えているとはいえ支持率が高い相手を離党させるのもはばかられるわけだ。
更に小池氏が劇場型と言われており敵を作ることで自分をよく見せることにたけているといわれる中支持率の高い氏の敵にわざわざ名乗りを上げることが得策でないから処理に困っているだけだろう。

それともう一つ、小池氏支持で氏の勢力に投票することが単純に自民勢力の拡大などというのも大きな間違いだと思う。

おそらくは一般的に自民勢力の拡大などといえば国政における自民党の勢力拡大を思わせるが、現状では小池新党なるものはあくまで都政に対してのものでその効果は都政の中でしか発揮できないものである。
しかも選挙で争うであろう相手の一番手が自民党であることもKと署名している人にはよくりかいができていないであろうと思われるのだ。
自民党の勢力拡大で本当に都合がいい人選といえば都連が推薦する人であり小池氏が選んでくる人間ではあるまい。

むしろ小池都政改革が進めばもしかすると過去の自民党都議のなかから訴追された利する人物さえ出てくるかもしれないことにも全く考えが及んでいないのだろう。

そう考えても自民党都連からしても自民党からしても小池新党が勢力を伸ばし小池都政が進むこと=自民党の勢力拡大ではなく 自民党のある面での危機にさえなりかねないことなのである。

K氏においては国会議員と都議のできることの違いをもっと理解することが必要な気がする。

ついでだから書いておくが、このコラムでKという署名で書かれる記事は結構ある。
正直、Kなる人の記事はおいらから見れば独りよがりのこじつけ記事が多いように思える。

新聞の社説などはおそらくは論説委員などそれなりの人が記事を書いていることが多いと思うんだが、Kなる人もそういう立場の人間だとすれば新聞自体の程度が知れると思うわ。

まぁおいらがほしい情報などはスポーツ記事が中心で見慣れた画面が都合がいいから日刊スポーツを見ているだけのことなのでわざわざ相手に歩み寄る必要もないのだから気にしなければいいだけのことなのだがw。

ちなみによく見るが的外れと感じているものはほかにもあるw。

蹴刊ガゼッタブログなるもの・・・サッカーの記事を載せているのだがおいらのブログと同様に他社の意見はまったく聞きたくないようでコメントできないのだが、多くの記事でおいらとはまったく違う見方をしているのである。
興味を引く見出しがある一方で内容はおいらの意見には合わないのであるw。
まぁ個人のブログに関してはそれでいいとおいらは思っている。

100人いれば100通りの考え方があっていいのがスポーツの味方というのがおいらの心情であるw。

日刊スポーツの記事はそういうわけにはいかない。
紙媒体でも発行しているわけだし影響力が違う。

まぁこういうコラムに対しイチイチ文句を書く人も少ないのは記事に対してコメントも少ないことで分かっているんだがw。