| Admin |
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


本当にバカみたい・・・
2016年10月27日 (木) | 編集 |
今テレビで五輪会場の話をしている。

競技連盟などが現状の案に固執する気持ちもわからんでもないが、メディアは議論の本質をとらえていないように思えて仕方がない。

本質ってのはなんだ?といえば予算が高すぎるっていうことがこの問題が提起された理由であるということだ。

都の職員(プロジェクトチーム?)がそれに対して代替案を出し知事がそれを検討してきたというのが経過だろう。

それがいつの間にか小池知事の思惑がどうだこうだみたいになってしまっているように思える。

それも、森元総理との関係性などと関連付けてあおっているように思えるのだ。

しかし、各連盟やIOCなどが原則通りという主張などをしている状態と小池知事の思惑を勝手に想像し興味深くしようと画策しているように見えてしまうわけだ。

では、この問題の出発点を考えたときに これって単純に大きく膨れ上がった予算を安くするために見直しましょうということだったはずである。

それがいつまでたってもどの案に落ち着くのか?といったことに話題が集中しているようにしか見えない。
現実も出来上がっていた予算についても再計算したところこれだけ安くできますよっていう話が今も出てきている。

おいらはメディアが取り上げなければいけない本質ってのは今になっても予算の内容が提示されないことを追求することだと思えて仕方がないんだけどな。

実際に予定されていた場所の調査なども行われていたりするのだろうが、それって仮に計算された予算の枠組みでやっているはずでこうやって予算が問題になってなお、いまだに予算の根拠的なものが出てこないことこそ問題にするべきだろう。

長沼のボート場や彩湖に作る案などは東京都のチームとは別に予算の枠組みが安い金額で出てきている。
彩湖なんかは東京都が彩湖でやった場合にかかると試算した金額よりもはるかに安い金額で出てきているわけだ。
ニュースを見ていると都の最終案では彩湖は外される雰囲気だが、穿った見方をすれば都の試算と大きくかけ離れた埼玉の資産を表出ださせないために外されたとさえ思えてしまう。

競技連盟だったり協会が予定通りと主張するのは結構なんだが、その中で一切予算の削減についての話が出てこないことについてそういった組織に大いに疑問を感じる。
五輪という大会を背景に東京をはじめ国にたかる気持ちだけが見えてきていることに正直嫌気がするんだな。

予定の場所に拘るのか?予算に見合った施設がほしいのか?その両方なのかはわからないが、譲れるところは譲るからこの場所でとかいう言葉が一切メディアから聞こえてこないことに連盟、協会に不信感を覚えるわけだわ。

ニュースで聞かれた中に予算の中に大きな金額の予備費的なものが含まれていることが伝えられていた。
予算削減で都が新たに提示してきた金額ってのはその予備費を大きく削ってきたのだろうが、実際のところ正しく予算が組めているのか?についての議論がそもそもほとんどされていないこと こそが一番の問題だと思うがいつまでたってもそういう話にはならないことが一番の問題である。

森元総理のイメージからとりあえず大まかな予算を決めてから それでやればいいじゃん?的な発想にしか見えてこないんだな。
これはこの場に限らず自民党政権で恒常的に行われてきた延長線上に見えるわけだ。
高度経済成長時ならよかったのかもしれないが国が借金まみれになった今もこれで行こうといってやってきていることを改めなければいけないと思う。

小池氏のオープンな政治ってのはこれを打破しようとしているものだとおいらは思っていて来月にも4者会談が行われるのに際し少なくても予算の根拠になる数字がメディアを通じて国民に開示された中で議論されなければいけないと おいらは思う。

小池氏の落としどころなんて言葉がメディでは言われたりするんだが、豊洲の問題も含め、基本的な問題ってのは都が本来明らかにしておくべき情報を明らかにしていないことこそが改めるべき問題の本質だとおいらは思う。

それなくして落としどころなんてものを探っていることに大いに疑問を感じてしまう。
正しい情報をしっかり開示することなしに落としどころに落ち着いたって同じような問題がまた出てくるだけだろう。
スポンサーサイト

興味深い・・
2016年10月20日 (木) | 編集 |
IOCのバッハ会長ほかが来日し小池知事らと会談等が行われている。

メディアの記事などを見ていると おいらには的外れな報道が多いように思えてならない。

ボート競技場など小池氏が長沼案を推奨し望んでいるがバッハ氏との会談でくぎを刺された的な文章をよく見るのである。

いや、そもそもが果たしてそういう意味の見直しだったんだろうか?と思えて仕方がないのである。


個人的に見えていることは小池氏のこれまでの流れとして築地の豊洲移転にしてもこの五輪騒動にしても公約で挙げたものだが豊洲移転は安全性、五輪は予算を懸念したものであり、五輪のボートにしたって豊洲にしたって小池氏が自分の意見を基にしたって話はそもそもないんじゃないのでしょうか?

常に都の職員の調査に基づいたものしか検討していないように思えるんですが・・・

例えば3会場の見直しを言い出したのは都の職員でありほかの候補を出したのも都の職員である。

小池氏はその3つの案の内容を検討しているだけでしかないと思っているんだが違うんだろうか?
3つの案の中での好き好きはあるかもしれないが。


バッハ氏の来日でメディアはどっちが勝つか負けるかみたいな扱いをしているが、個人的にはもっと気になることがある。

ボートの予定地である場所の工事がすでに始まっているということについてである。

正直、工事が始まっているのに まだ予算の内訳が出ていないということだ。

確かに、現状の環境整備については本予算が決まらなくても工事に向けての整備というものは可能だろう。
それに対してだけの予算さえ決まればいいのだから。

しかし、工事に入ったのがいつかは知らないがいまだに予算の内訳が決まらない上にバッハ氏の来日、韓国開催案が出るとともに500億近かった予算が300億円程度にすることが可能だという話になったわけだ。

これって実はすごいことで予算を見直すことこそが本筋であるはずの小池氏はこの二か月半で候補地がどこに決まろうとおそらくは200億円ほどの削減に成功したことになる。
それもたった一か所だけでの話である。

ついでに言えば、小池氏はといえば自身の給料を半額にしたうえでこれをやってのけたわけだ。

本来なら短い期間でこれだけの成果を上げたわけだから相応の報酬を得たっておかしくはないし、東京都民からすれば成果を上げたうえで給料も減らした都知事なわけだからいいことづくめでしかないはずである。

一方で、小池知事に対し意見を奏上している都の職員にたいしては本当に思うところだらけである。

ボート競技の開催地の件だが、現状の候補地の見直しはとりあえず今になってした わけだが長沼は宮城県が独自に予算はこれぐらいと発表し、彩湖に至っては埼玉県が独自に発表しなければ予算の検討すらしようとしないのが現状なわけだ。
これって東京オリンピックとい名前なのにいかにもいい加減な対応に見えて仕方がないんだが・・・・。

まぁ担当の職員にとっては見なければいけない人の顔色が誰になるのか?が大事でその一番手は小池知事ではない というのが今の実情なんだろう。
下の人間は上司の顔色をうかがうことが大事で、その上に人にとっては自民党の議員だったりってのが伺うべき顔色なのかもしれない。

しかし、過去を見てみると橋下氏の例を考えても大阪府が財政改革をしたことへの評価ってのは結局橋下氏なくしてはできなかったという評価でしかない。
いい結果を出した自治体ってのは結果的に知事に対し相応の評価をするだけで議会の議員などがその対象になることはないと知るべきだと思う。
知事の成功にとって議会などはただの抵抗勢力でしかないわけだ。

都の職員は議会・議員の顔色を窺う姿勢ってのは結局職員自体が腐敗しているかどうかが問われていることであり現状では職員の出来が悪いという評価にしかならないと知るべきだと思うわ。

小池知事は就任して間もないわけで 昨日などテレビを見ていたら橋下氏との実績を比べても何の成果も出していないから判断できないという話だったが、どっこい就任してまもなく五輪の予算を大きく削減に成功したという功績が確実に見えていることになる。
どういう結果がでるにせよそのことは間違いがなくメディアがどっちが勝つだの言っているが少なくても小池氏が負けることはないというのがおいらの見立てである。
だって予算が大きく削減されることは間違いがないことだから小池氏が負けることはないからである。

ちなみにおいらが思うにメディアには本来自分たちがやるべきことをもっとしっかりやってほしいと思うだけである。

今回の五輪関係でいえばハッキリとした予算の内訳を今になってさえ明示できないことへの追及こそが指名でありするべきことだと思うんだが国民の興味を引く見出しだったり記事がほしいがために横道にそれている場合ではないし それをするメディアこそが本当の意味で注目を浴びるはずだとおいらは思うのだが・・・・。

最低な気分だわ!
2016年10月13日 (木) | 編集 |
きょうはほぼ月一の病院に行く日。

このことは全く問題がないのだが、出がけにタブレットのポケモンGO!を起動。

外に出るまではよかったのだがポケストップが表示されない、真っ白なのだ。

理由は分かっている。

インターネットに接続されていません と表示されるのである。

家にいるときはケーブルテレビのWifiでつながっているのだが、外に出るとソネットのLTEがつながらないのである。

こういうことは時々あったが最近は頻発している。

病院から帰っても治らず結局ソネットに電話をしたのだが設定をしなおしても問題は解決しなかった。

結論から言うと、回線の込み具合などによる問題かAsusのタブレットとの相性の問題もしくは本体の問題であるということなのだ。

つまり、どうすることもできずにつながるまで待て ということなのである。

確かにこれまでもすったもんだした挙句にいつのまにかつながるという状況だったわけだが、今日の場合は朝からやっていて夕方だというのにまだつながらないでいる。
とはいえ一日中やっているわけでもなく外に出るたびに何度か試すだけなのだが・・・一向につながらないのである。

機械の問題?というのは少なくても家でWifiでつながっている際には時々出るポケモンが捕まえられることから位置情報などの問題もなくやれているわけで単純にソネット(NTTドコモ)の電波が拾えていないだけのことなのである。
その証拠にメールにもつながらないし検索もできないのである。

シムカードを使う携帯電話なら本当に問題なのであるが、タブレットでデータ通信だけで利用するタイプだからか つながらないのである。
ポケモンGOにかぎればタブレットは動作保証がないわけだから致し方がない部分はあるのかもしれんがネットにもつながらないのは全く話にならない。

Asusには以前Asusのアップデートで問題が発生し、初期化をしたわけだが その際に対応がよかった人もいたが対応が悪い人がいて怒鳴った挙句にほかの人から電話をさせろと揉めたこともあり 基本的に電話をする気にもなれないでいる。

最初に出た人は解決方法を探るためにもいろいろと教えてくれたわけで その後ソネットにも電話をし設定の確認などで懇切丁寧に教えてもらったわけだが設定に問題がないとなりもう一度Asusに電話をしたら あ、そうですか・・こういう問題は結構あります。初期化するしかないですね とあっさり言われたことに腹が立ったのである。
アップデートは自動で組み込まれるわけでその承認の際にこのような問題が起こりうる旨書かれているならともかくアップデートをすることで客であるユーザーに負担をかけることに何ら問題意識がない対応に腹が立ったのである。
まぁその後に電話をくれた人が最初に対応してくれた人で問題の解決まで親切に対応をしてくれたわけだから誰彼問わず対応が悪いというつもりは全くない。

今日もそうだが、こういったトラブルでユーザーは対応をするのに何時間もかけて苦労をしている中(この日もやり取りの前に一人ですったもんだした時間を含めれば3~4時間を費やした挙句に言われたのである。
さらに言わせてもらえば、何件も同様の問題が起こっているなら対応しとけって話である。
おいらはアップデートが来てもしばらくはアップデートしないでいたのである。

というわけで、相性の問題としてもいまさら機種を変えるわけにもいかないし下手な対応をされると余計に腹が立つかもしれないのでAsusには連絡をしたくないのである。

ま、今現在ポケモンGO!もタブレットの動作保証をしていないこともあるんだが 個人の認識としてタブレットはLTEに向いていない思うことで我慢をするしかないような気がしている。

まぁとにかくタブレットでポケモンGO!がつながらず 今日出かけようかな?と思っていたのをやめるようになった挙句ソネットとやり取りをして どうしようもない となったことで最低の気分である。

通信会社をかえたところでドコモよりつながる会社はそうそうないように思うんだよな。
ソフトバンクはハードも混みでないと使えなかったわけで使い勝手の大いに問題があるわけで・・・。

とりあえず、142種集まっているからムキになることもない状態だからまだいいんだが 半面そういう状況だからポケモンをするためだけに出かけないから余計に出かけるときに使えないのは痛い。


風間監督が退任かぁ・・・
2016年10月12日 (水) | 編集 |
おいらは攻撃的なサッカーが好きなんですわ。

過去には西野監督時代の柏レイソルなども大好きでした。
西野監督はガンバにいっても攻撃的なサッカーを貫きましたが、ガンバ時代は好きだったかといわれればそうでもなかったような・・・。

そしていまはフロンターレの姿が一番のお気に入りといえるわけです。

おいらは基本的にどこそこが好きで応援していてそのためにサッカーを見るというスタイルではありません。

サッカーが好きで結構場当たり的に見るタイプなんですわ。

ケーブルテレビを入れていてwowowmも見ているわけで、気が付いたときにサッカーをやっていればJ2だろうがACLだろうがスペインリーグだろうが見るわけです。

強いてみないのは南米の試合ぐらいでしょうか。
南米のサッカーは結構泥臭く正直あまり好きではありません。
代表のレベルの試合は好きなんですけどねぇ。

そんななか見ていて応援したくなるチームがフロンターレなわけです。

おいらが好きなチームではありますが、西野時代のレイソルしかり強豪といわれるまでにはなっても取りこぼしが必ずあって優勝候補にはなっても勝てないわけでそのままフロンターレにも当てはまります。

二位にはなれるんですけど勝てません・・・・。

ですが、攻撃的なサッカーはやっぱり魅力的です。
パスがつながって点が入る、かと思えば豪快なミドル一発なんてのも本当にワクワクします。

一方で広島などはフロンターレとは違い、同じようにつなぐサッカーでありながら時に大勝はありますが基本的に接戦を制すみたいなイメージで守備が固いわけです。
ですから、最近の成績はいわずもがなです。

おいらはもう一つ、攻撃的なサッカーでも取るべき人が点を取るスタイルが好きなんだと思います。

大久保を筆頭に点を取るべき人が点を取る、とはいえほかの人だって点を取るのですから余計に見ていて楽しいわけですよ。

ちなみに憲剛はフロンターレが大好きというわけではなかったころから好きな選手だったわけで、一方で大久保はフロンターレに来るまでは好きではなかった選手であったわけです。
うまいけどうまくいかなかったときに癇癪を起すっていうイメージがありそのマイナス効果で好きになれなかったんですが、点を取ることができれば癇癪が減るのに加えいまでは癇癪だって攻撃的な気持ちの裏返しだとさえ思えてくるんですから・・・。

そういった具合に勝てるチームに変えていった風間監督の影響力は大きかったとおいらは思っています。

それまでのフロンターレはいいサッカーも時々あるが力が出せないケースが多かったわけで、ミスをしてもいいぐらいに考え我慢強く指導していった監督の力は大きいと思っています。
あと2~3年やれれば守備ももう少しなんとかできるんじゃないか?とも思いますが、本人が5年で区切りにしたいと思っている以上仕方がないのかもしれません。

攻撃的なサッカーをやるときにはスター選手だけではなく周りにいる選手にもテクニックなどいい影響を与え、わきを固める選手が伸びるとおいらは思っています。
代表に入れる選手もでてきますし、代表に入れなくたってチームになくてはならない選手に成長していくのは見ていて気持ちがいいものです。
そのうえで優勝争いに加われることは選手にもいい経験になるでしょうし、自信にもつながりチームが存続していくうえで大きな経験になることでしょう。
そういう指導をしてきた風間監督が去るのは本当に残念だと思います。

そして個人的には風間監督のサッカー観というものが公平で中立的であり着眼点も好きなわけです。
これは開設者時代から感じていたもので批判一辺倒になったりせず、かといって贔屓すぎたりもせずというのが本当に余暇あったと思っています。

今後の去就については未定なんでしょうが、さらなる活躍を期待するものであります。

ついでですが、名古屋を辞められた西野監督もどうかまた復活してもらいたいと思います。
協会の技術委員もいいんですけど、表舞台で見たい監督だと思います。

チラシの裏 ポケモンほか近況
2016年09月18日 (日) | 編集 |
まず最初に いつも見るたびに突っ込みたくなるCMについて。

嵐の二宮が出ているトップという洗剤のCMを見るたびに突っ込みたくなるのである。
このCMは嵐の二宮が何かの拍子に挑戦状を受け取りトップの洗浄力を見せるものなのだが、ズボンのポケットに入ったものを洗うのだとかマトリョーシカのように重ねたものを洗うだとかを見せるわけである。
そこでいつも突っ込みたくなるのがいろいろな条件下で洗うのだが基本すべての洗い物に直接洗剤をかけるのである。

普通に考えてそれぞれに洗剤をつけるわけであるにもかかわらず改めてポケットに入れたりわざわざ重ねてみせるのである。
まったく意味がないだろw。
ポケットに入っているものを見せるならそれにわざわざ洗剤をつけるのがおかしいし、マトリョーシカ状のものにしたって内側のものに洗剤をつけないケースこそ正しい挑戦状だろうとおいらはいつも思うのである。
二宮が悪いわけでは決してないのだが、おいら的には必ず突っ込みたくなるCMといえるのである。

さて、ポケモンGOでありますが ハッキリ言って疲れてきていますw。
おかげで昨日などは部屋から一歩もでずにポケモンGOといえばおこうを部屋で何度か炊いたぐらいでした。
当然、たまごの孵化も一向に進展なしなうえにポケストも回ってないわけでボールも減っただけです。

ところがであるw。
おいらは夜はテレビつけっぱなしで眠くなったらそのまま寝るのだが昨日などはパラリンピックを見ていたおかげで正直いつ寝たのかさえ分からない状態(おそらく寝たのは明け方?)でありながら、夢でポケモンGOで野生のカイリューを捕まえる場面で目が覚めたように思うのである。
ポケモンGOを起動させてみたところ、イワークがいる。
一日表に出なかったこともありポケストに行くのもついでにと表に出たところ、プテラらしき姿が映ったのである。
プテラはといえばすでに持ってはいるがたまごからの孵化によるもので野生では見たことがなかったのである。
朝の5時すぎだったと思うが無事イワークともどもゲットである。
イワークはあ飴に、プテラはCPは低いが個体値が微妙だがそのまま持っておくことに。

その後再び寝た後で、少なくなっているボールを補充するうえでもポケスト巡りに出かけることにする。
朝の9時過ぎからである。
まぁ昼前に帰ってきてゆっくりすればいいやと・・・。
出かけ始めてほんの10数分後に!!!!となることが。

影がでているのである。
おいらの図鑑は139種集まっていて影がでるポケモンはわずかに3体しかいない!

その形から こ・れ・は・ポリゴンだーーーー!!とすぐに気が付く。
発見した場所は三川の大分温泉物語?とかいう銭湯?の前である。
おらはあわてた!
必死に動き回った挙句に姿を現した場所ってのがほぼもといた場所のすぐ横w。
最初に動き回ったときに反応はなかったあのにw。
CPは高いとは思えないがなかなか個体値はいいようでブックマーク付きでとっておく。

これで残るポケモンはカイリューとベトベトンの2体。

この二つは飴をもって進化し持てるものなので正直一安心したといえる。

安心したうえでボールもそれなりに増えたので早めに帰るw。
今日の飯はあのスーパーで寿司のパックを買ってかえることにしようw。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。